2020年3月3日 の記事

新型コロナウイルスのパンデミックはもはや避けられない!〜 ウイルスにも効くコロイダルシルバー、何よりも大切な「祈り」、そのほか有効だと考えられる様々な方法!

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の記事をご覧になると、パンデミックが避けられないのが分かると思います。もはや、「いつ大流行するのか、そして大流行した時に何人が重篤化するのかを考える段階に来ている」とのことです。時事ブログでは、新型コロナウイルスで武漢が完全封鎖されたことを見て、パンデミックは避けられないものとして、様々な準備をしておくように呼びかけて来ました。
 シャンティ・フーラに、ようやく待っていたコロイダルシルバーが届きました。現在、コロイダルシルバーを希釈する蒸留水を注文している所です。何とか間に合ったという感じです。肺炎患者に抗生物質が効くのは細菌性肺炎の場合で、ウイルスに抗生物質は効きません。しかし、コロイダルシルバーなら、細菌とウイルスの両方に効きます。電気分解で簡単に作れるだけに、医療関係者が何故コロイダルシルバーを試してみないのか不思議でなりません。製薬会社の薬に頼りすぎていて、知らないだけなのかも知れません。
 コロイダルシルバーが手に入らない方のために、ビタミンCの大量摂取ジム・ハンブルのMMS二酸化塩素を紹介しました。これらの方法が新型コロナウイルスに有効であるかは分かりませんが、治療法がない以上試してみる価値は十分にあると思います。
 それと、αトリノ水にも注目しています。あと、中国国家中医薬管理局が推薦した「清肺排毒湯」がありますが、日本では手に入らないかも知れません。
 さて、新型コロナウイルスの感染拡大に対して、トランプ大統領は「マイク・ペンス副大統領を新型コロナウイルス対策担当に任命した。政府はしっかりと対応している」と断言したとの事です。そのマイク・ペンス副大統領の「コロナウイルス対策チーム」の“一番有効なコロナ対策”は「祈り」であることを、Eriさんのツイートが示しています。彼らが「祈り」のみで、他に何もしないのであればアメリカ国民は絶望するよりないのですが、Qグループがいるだけにそういうことはないでしょう。
 「祈り」は神々に届き、必要な事は適切なタイミングで、全て与えられることを確信している人たちにとって、「祈り」は何よりも大切なものです。しかし、“日本は神風が吹く”と思って何もせず、“新型コロナウイルスは梅雨の季節や夏に突入”すれば自然と消えるだろうと呑気に構えている人たちは、最後に「神頼み」しか残されていない所まで追い詰められるかもしれません。両者は「似て非なるもの」です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米国防総省:30日以内にパンデミックになる!
引用元)
(前略)

https://beforeitsnews.com/survival/2020/03/within-30-days-the-coronavirus-outbreak-will-likely-become-a-pandemic-2749636.html
(概要)
3月2日付け

(中略)

米国防総省の専門家らは、新型コロナウイルスは30日以内にパンデミック・レベルに達すると予測しました。(中略)... 国防総省の報告書によると、国防総省は、新型コロナウイルスが世界的に甚大な影響を及ぼすことを見込んで準備を行っています。同時にトランプ大統領は、「国民に対しマイク・ペンス副大統領を新型コロナウイルス対策担当に任命した。政府はしっかりと対応している。」と断言しました。

(中略)

CDC疾病対策センターは、もはや米国内で新型コロナウイルスが大流行するかどうかではなく、いつ大流行するのか、そして大流行した時に何人が重篤化するのかを考える段階に来ていると述べました。
————————————————————————
配信元)



» 続きはこちらから

新型コロナウイルスの感染爆発は不可避!〜 品川駅で撮影された衝撃的な出勤風景の写真と、医療崩壊寸前の状況!

竹下雅敏氏からの情報です。
 マスクがあってもなくても異様な光景だと思うのですが、その異様さに慣れてしまっていたということが「品川駅で撮影された写真」で分かるだけに、この衝撃的な出勤風景の写真が話題になっているのだと思います。
 それにしても「この人が能力者で本体っぽい」というツイートは、私の世代では思いつかない天才的なもので、確かに周りのマスクをしているサラリーマンは亡霊のように見えます。
 厚生労働省が避けるように国民に呼びかけている「換気が悪く、密集する空間、不特定多数の人が接触する場所」の典型が「満員電車」なので、このままでは「武漢の二の舞になるだけ」という気がします。
 “続きはこちらから”をご覧になると、恐れていた医療崩壊寸前の状況であることが分かります。通常のマスクなら、ハンカチで簡単に作れて、使い捨てマスクよりも遥かに使い心地が良いです。洗えば何度でも使えます。しかし、医療関係者には早急にN95マスクとゴーグルと防護服、手袋、消毒用エタノールなどを、必要な数だけ支給しなければ新型コロナウイルスの感染爆発に間に合いません。
 今、日本は「アビー地獄」の入り口にいるのですが、無能政権では回避するのが難しいと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
日本で撮影した出勤風景が衝撃的だと話題に!スーツにマスク姿・・・「ディストピア」「Walking Dead」
転載元)
(前略)

話題になっているのは東京の品川駅で撮影された写真で、そこにはマスク姿で歩くサラリーマン達がズラッと並んでいました。
新型コロナウイルス対策でマスクを付けていますが、この状況でも多くの人たちが仕事や会社を優先している様子に、世界からは「Working Dead」「ディストピア」などと驚きの声が相次いでいます。

(中略)


(以下略)
————————————————————————
配信元)


» 続きはこちらから

[Twitter]今年の「福寄せ雛」

 お雛さまの季節です。
毎年楽しみしている「福寄せ雛」ですが、
今年はさすがに、コレですね。
(まのじ)
(福寄せ雛:引退後のお雛さまが、いろんなシーンで大活躍。)
————————————————————————
配信元)


   今年は、、、

20/2/23 ソルカ・ファール情報:ロシアの疾病専門家がアメリカの諜報専門家とイランのコロナウイルスについて会話した結果、前者はスペインの刑務所にぶち込まれ、後者は頭部に銃弾を撃ち込まれる事態に

 先日、武漢市が以前から江沢民派の「臓器狩り」の牙城だったことをご紹介しました。彼ら上海閥は、クリントンと繋がっている中国版ディープ・ステート。これで、人造ウイルスがばら撒かれる先として何故に武漢が都合の良い場所だったのか、それに対して習近平が情け容赦ない対応をしているのは何故なのか、が多少見えてきました。

 もう一点、何故イランに派手に飛び火しているのかが個人的に謎だったのですが、今回のソルカ・ファール女史情報でこちらも裏事情が垣間見えてきます。
 イランでは、新型コロナウイルスについて24日に記者会見した保健省のハリルチ副大臣(※感染対策の責任者)が異様な汗だく状態。一日足らずで感染していたというシャレにならない展開になったため、記者会見に見事なオチまでついて世界中に発信されました。おまけに27日には、エブテカール副大統領まで感染しています。何だかもう、誰かの意図的な悪意を感じずにはいられません。
 しかも23日に行われたイランの総選挙では、コロナウイルスなどのせいで出足が鈍って1979年のイスラム革命以来最悪の投票率となり(※それでも42.6%)、4年前の前回とは逆に、反米の保守派が勝利したそうです。改革派を取り込んできたロウハニ大統領にとっては逆風になるのでは、と言われています。

 以上は、政権中枢部がコロナウイルスで追い込まれているという中国同様の図式ですが、致死率の隠蔽や他国から警戒されて入国禁止へ、という流れも似ています。
 翌24日のソルカ・ファール女史の記事が指摘していたのですが、当時イラン公式発表では感染者66人中、死者は12人だと主張していたにも関わらず、ゴム市だけでも既に50人が死んだと報告していたイランの議員がいたそうです。
 つまり中国公式発表の2%ではなく、実際にイランでは少なくとも致死率20%だったらしく、24日の時点でパキスタンとトルコがイランとの国境を封鎖しクウェート、バーレーン、イラクも同様にイランとの国境を封鎖しようとしていました

 中国もイランも、アメリカが敵視している国であり、イスラエルが第三次世界大戦をしたがっている国でもあります。2020年秋にトランプを絶対再選させたくないディープ・ステート、弾劾騒ぎも失敗して後がなくなったのか、傍迷惑な地球丸ごとジハードに突入した模様です。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:ロシアの疾病専門家がアメリカの諜報専門家とイランのコロナウイルスについて会話した結果、前者はスペインの刑務所にぶち込まれ、後者は頭部に銃弾を撃ち込まれる事態に
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

■この記事のまとめ■
2月14日:ロシア農業省の調査団がカナリア諸島入り
✅不可解なコロナウイルスの発症例を調べるため
2月16日:現地空港で翻訳担当の官吏クラシーロヴァがスペイン当局によって拘束
✅ロシア外務省:どうやらアメリカ側の意向か
✅ロシアSVRの調査:翻訳官クラシーロヴァは2月15日、アメリカ国土安全保障省(DHS)の元職員ヘイニーと電話
➡イランでコロナウイルスが突如発生した件について話していた
2月21日:ヘイニーがカリフォルニア州で銃殺体として発見される
✅友人の牧師:「ヘイニー自身、危険が迫っていることを察知していたが、もうすぐ結婚の予定で、自殺する訣がない!」
✅友人の議員:「ヘイニーはオバマ政権最上層部を有罪にできる情報を握っており、それで身を守ろうとしていたので、自殺ではない!」

✅今回の極秘SVR報告書は黒塗り部分が多いが、それでも明らかにされた点
✅オバマ政権時代のクラシーロヴァの任務:
✅アメリカ側にロシア情報を翻訳して提供すること
✅DHS(米国土安全保障省)が得意先だったので、DHSのヘイニーと頻繁にやりとり
✅その後クラシーロヴァは別の省庁に配置換えされる

✅2019年5月:
✅DHSを内部告発したヘイニーからクラシーロヴァに再度連絡、イスラム系デーオバンド派に関する文書の翻訳依頼あり
✅同年6月:
✅ヘイニーがイスラム系デーオバンド派の諸組織による世界各地のジハード攻撃について公表
➡その中に新疆ウイグル自治区のテロ組織あり
✅一年足らずの現在:
デーオバンド派の大敵である中国とイランで、謎のウイルス大発生
➡両国で致死率が高い&イランは総選挙中だった

✅いちテロ組織だけで、ここまでの攻撃は不可能
✅国レベルの後ろ盾&資金源があった筈:アメリカとか?
✅ただしヘイニーが口封じされたため、もはや全容は確かめようがない
✅どうやらアメリカでは、未だにヒラリー・クリントンのコントロールが及んでいる模様


イランの新型コロナウイルス流行について会話した1人は投獄、もう1人は暗殺される


本日クレムリンに出回っている【ロシア】対外情報庁(SVR)の新報告書は実にゾッとする内容であり、【ロシア公文書の機密度として最上位の】「特に重要な」極秘情報に指定されていました。

――2月16日に【ロシア連邦】外務省MoFAからSVRへ通知および緊急要請が出されたことから、アレーシャ・クラシーロヴァというロシア市民の現状について調査が開始されたそうです。

――彼女は数箇国語に通じた生物医学の専門家で、動植物衛生監督庁ROSSELKHOZADZOR)の一部である全ロシア植物検疫センター英語版の翻訳の仕事を担当していました。

――2月14日ロシアの医師・科学者のチームと共にテネリフェ島スペイン領カナリア諸島を構成する8つの【主な】島のうちで最大かつ最も人口の多い島を訪れたのです。

――そしてラ・ゴメラ島というカナリア諸島でも辺鄙な島で、致死性の【新型】コロナウイルスに感染したというドイツ人観光客の不可解な症例を調べるべく、他の国際的な疾病専門家たちと合流しました。

――ですが2月16日アレーシャ・クラシーロヴァテネリフェ南空港ロシアへの帰りの便に搭乗する準備をしていると、スペイン警察が彼女を拘束して牢屋へ放り込んでしまったのです。

――【この強引な措置についてロシア】外務省の当局者は、「アメリカ側からの何らかの要請が関係しているのではないか」と述べています。

» 続きはこちらから

ユダヤ問題のポイント(日本 明治編) ― 第21話 ― 蘭癖

 イギリス東インド会社を中心とする外国勢力がインドと中国を征服・蹂躙後、引き続き日本を侵略の標的としたのは自然なことです。
 明治維新とは英領日本の完成でもありました。こう見ると日本は受け身で外国勢力からの侵略を受けた側に見えます。無論その側面も強くはあります。
 しかし一方的に日本全体が侵略されたわけではありません。日本の中に積極的に外国勢力を引き入れて日本支配に導きながら、自分たちの支配力・権力・権勢を高めるのに務めてきた人物群があります。
 昨年12月26日の竹下さんの記事には、日本のサンカと呼ばれる勢力が日本のゴールドを海外に流出させて、それが「アメリカ独立、フランス革命、ナポレオン戦争、そして、永世中立国スイスの誕生」に繋がったとありました。
 これだと江戸時代の早い段階で日本の中で外国勢力と深く繋がり、協働する勢力があったことになりますが、幕末には外国勢力と繋がる日本の人物群の動きは顕著になっています。
 この人物群の最有名人が福沢諭吉です。万札の彼です。「天は人の上に人をつくらず…」の平等主義とされる彼が、外国勢力を日本に引きれ入れた一人です。
 先の12月26日記事のリンク先のるいネットには「福沢諭吉は、『賤業婦人の海外に出稼ぎするを公然許可すべき』という指示を天皇に与えました。」とあります。日本の婦女子を外国に売り渡させたのが諭吉というわけです。
 竹下さんはどこかで「紙幣に載せられる人物たちにまともな人間はいない」と語られていました、これはやはりどうも本当のようです。
(seiryuu)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(日本 明治編) ― 第21話 ― 蘭癖

オランダの実態 〜消滅していた国家


「2020年元旦をもってオランダは正式な国名ではなくなる。ネザーランドが正式国名となる」。このニュースが今年の1月に飛び交いました。2019年12月29日のYahoo!ニュースでは以下の解説がありました。

「オランダには、ネザーランド(Netherlands)とホーランド(Holland)という二つの呼び名がある。しかしホーランドは、ネザーランドとは異なり、それはまるでスペインを“マドリード”と呼ぶようなものであり、首都アムステルダムを含むある一定の地域しか含まないことになる。ネザーランド(Netherlands)は、オランダ12州の総称であるのに対して、ホーランド(Holland)は、アムステルダムを含む2州の地域の呼び名でしかない。」

ホーランド、つまり日本語表記ではオランダとは、アムステルダムあたりの地域名でしかないということです。

日本では、鎖国した江戸時代を含めてずっとオランダという国と貿易を今日まで続けてきたことになっています。しかし実際は、日本の貿易相手はオランダという国家ではなくオランダ東インド会社だったのです。


事実として江戸時代のある時期には、ナポレオンに征服されてオランダと呼ばれていた国家はなくなっていました。日本はオランダ人と貿易をしていたわけではないのです。元々がオランダ東インド会社は世界初の株式会社であり、多国籍企業です。オランダ東インド会社の本拠地がアムステルダムでありここが本社、日本のオランダ商館とはオランダ東インド会社の日本支社という関係になります。

アムステルダムとは、フェニキアを本拠としていたカナン族の黒い貴族たちが地中海から世界支配を目論み、本拠を移してきた地です。彼らはアムステルダムから更にイギリス乗っ取りの攻勢をかけた歴史があります。

オランダ東インド会社の本拠地がアムステルダムにあることを考慮すれば、オランダ東インド会社とはカナン族、つまりブラック・ロッジがその主体となった組織であったと見るのが自然でしょう。

Author:MaCRoEco [CC BY-SA]

日本編 前触れ2で見たように、江戸時代以前の日本侵略の外国勢力の主力はイエズス会でした。その侵略は密かにかなりやばい段階まで進んでいました。それに豊臣秀吉に続き、徳川家康も強い危機感のもとイエズス会を日本から放逐し、”鎖国”と称される体制を築きました。

イエズス会はブラック・ロッジに属していました。ところが、日本はブラック・ロッジからの縁を切ったように見えてそうでは無かったのです。江戸時代も貿易を続けてきたオランダ東インド会社は、ブラック・ロッジが主力となる株式会社の多国籍企業だったはずなのです。

明治維新にホワイト・ロッジ及びホワイト・ロッジ闇組織の関与があったのは既に見てきました。しかし基本的な路線としては、外国勢力にとっての日本とはブラック・ロッジの“シマ”だったと見るのが自然でしょう。それで維新後の日本をデザインしたのがイエズス会の別働隊のカルヴァン派のグイド・フルベッキということになるのでしょう。


» 続きはこちらから