オオマサガス(αトリノ水)の新型コロナウィルス対策としての可能性はどうなのか?

 時事ブログでは、これまでオオマサガスの情報を追ってきました。
永久機関やトリチウム汚染水の無害化をはじめとして、その様々な分野への活用法はどれもが注目すべき技術ですが、今回の新型コロナウィルスへの除菌対策としても有効なのかもしれません。
 「αトリノ水」は、水と微量な塩だけでできているので、腸内細菌をみな殺してしまう抗生物質とは違って、安心安全な電解水です。
 「除菌はこれで大丈夫!」と、自信に満ちた大政氏。実績に裏打ちされた、その心強いお言葉には説得力があります。
 ぜひ希少なマスクを、αトリノ水で除菌して、陰干して、長持ちさせて下さい。
(しんしん丸)
私は新型コロナウイルスの関係で、αトリノ水シリーズ商品の“ひかりの水”に注目しています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

「αトリノ水」

「αトリノ水」とは、オオマサガス生成の際に利用する、振動攪拌技術を使った中性電解除菌機能水です。
食塩水を低周波で振動撹拌しながら、原子レベルで電気分解することによって、ナノ化した中性の電解水ができます。
こうして、塩が変化した塩素イオンが、除菌機能を持つというのです。
ナノ化しているので皮膚への浸透力が高く、また、水と微量な塩だけでできているので、安心安全です。
除菌効果は高いが人体にはやさしいというわけです。

薬事法があるので、治るとはうたっていませんが、データから除菌効果がかなり高いことがわかります。

増菌培養した各種菌での除菌効果試験データ


すべてのデータ画像:大政龍晋氏より提供
(菌・ウイルスの名称を黒塗りとしているのは、薬機法上の対応です。ご了承ください。)

※なお、αトリノ水は東京都から「化粧品製造販売許可」の認可を、保健所から「食品添加物の営業許可」「清涼飲料水の営業許可」の認可を受けているとのことです。

※また、αトリノ水は、用途別に様々な種類があります。
飲用、手指洗浄用、うがい用、点眼用、ペット用等々。

時事ブログでは、これまでオオマサガスの情報を追ってきました。

CO2を削減する混合燃料…オオマサガス80%、二酸化炭素20%
新燃料(クリーンエネルギー)…オオマサガス90%、プロパンガス10%
発電(フリーエネルギー)…入力エネルギーの2.5倍の出力エネルギー
レアメタル生成…放射性セシウムをプラチナに
様々な活用…活性医学への可能性、気象への利用、食品除菌・上水道除菌・代替農薬・化粧水・プールや風呂の除菌(αトリノ水)

まずは、早急にトリチウム汚染水を無害化したいものです。
また、その際にできる副産物のレアメタル。この画期的な錬金術はパラダイムシフトの象徴といってもよいのではないでしょうか。
さらに、CO2を削減する新燃料。入力より出力が大きい、永久機関の発電。活性医学への貢献。異常気象への対応。食品除菌や上水道の除菌、代替農薬として、安全な化粧水、プール、風呂などの除菌等々。
オオマサガスは、喫緊の課題に対しての答えです。
日本が世界に貢献し得る宝です。

どうか、αトリノ水が、新型コロナウィルスにも除菌効果がありますように。

下記の動画は2012年のTV報道です。
これ以降、TVメディアではほとんど取り上げられていません。



 おまけ


日本テクノさんの玄関で出迎えてくれた、見事な黄金比のカメリアちゃん♪
美しい!
心がゆるむと、身体も緩み、免疫力もアップしますね。

撮影:しんしん丸


Writer

しんしん丸

2015年のシャンティ・フーラ主催の関東交流会にてお手伝いをさせていただきました。平安の花を愛でる、幸せ者の一人として。

想念と電磁波の海たる東京で、ナディーチャート風水の結界ある自宅に引きこもっています。といいながらもよく出歩く、5種です。
もちろん、いろいろと出かけるのはほぼシャンティ・フーラ絡みです。ですから出歩いてはいますが、出歩いてはいないのです・・・と、どこまでもシャンティ・フーラ的な7種です。


Comments are closed.