2020年3月18日 の記事

2007年公開の『ザ・シンプソンズ MOVIE』で、トム・ハンクスの感染が予言されていたとして話題に /「新型コロナウイルス」の騒ぎで、EUを含む多くの国が封鎖され、実行しやすい大量逮捕

竹下雅敏氏からの情報です。
 米俳優のトム・ハンクス(63)と妻で女優のリタ・ウィルソン(63)は、新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかにしました。記事によると、2007年公開の『ザ・シンプソンズ MOVIE』で、トム・ハンクスの感染が予言されていたとして話題になっているということです。
 Eriさんのツイートによると、確定した情報ではないため判断保留としながらも、トム・ハンクスが「2日前に"小児に対する犯罪"で逮捕された」としています。今後も大物が続々と逮捕される予定のようです。「新型コロナウイルス」の騒ぎで、EUを含む多くの国が封鎖されることで、大量逮捕が実行しやすい状況になっています。
 “続きはこちらから”はコブラ情報で引用されていた「ドレイク・ベイリー(Drake Bailey)が報じた大量逮捕計画」です。予定通りだとトランプ大統領は3月20日に戒厳令を宣告し、その10日後に金本位制を採用、そして怒涛の大量逮捕へと向かう計画のようです。
 3月16日の記事で、トランプ大統領は「緊急事態でも米国民に食料品、薬、水、安全を十分に供給できるように…全米の食料品の流通を管理・監督することを計画」しており、“トランプ大統領とQグループは「世界を巻き込んだ最大の軍事作戦」を実行する”らしいとコメントしたのですが、間違いないようです。内戦に備えて、トランプ大統領は自国内の左派勢力に対して、低出力核ミサイルまで準備しています。
 ドレイクは「水、食料、トイレットペーパーなど3週間分の必要な物資全ての備蓄」を促していますが、これは「米国民に食料品、薬、水、安全を十分に供給」しようとするトランプ大統領のアメリカでの話。相当の混乱が予想されます。しっかりと備蓄して、その時に備えてください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トム・ハンクス、コロナ感染を「ザ・シンプソンズ」が予想していた? 偶然すぎる一致が話題に[動画あり]
引用元)
画像はシャンティ・フーラが別の画像ツイートに差し替え
 
先日コロナウィルスに感染していると発表した、米俳優のトム・ハンクス(63)と妻で女優のリタ・ウィルソン(63)。なんとトムの感染を、人気コメディアニメの「ザ・シンプソンズ」が予想していたのでは話題となっている。

トム・ハンクスがゲスト出演の「ザ・シンプソンズ」


(中略)
環境汚染が進んだスプリングフィールド(物語の舞台)にある湖が、強烈な汚染物質を撒き散らし始め世界をパンデミックに陥れたため、街全体をドームで覆い隔離される。外界と遮断されたスプリングフィールドは、雨もふらず風も吹かない地獄へと化した。

同作でトムは本人役の声優として登場。信頼性を失った政府のために「新たなグランド・キャニオン」を宣伝する。彼は「米政府は信頼性を失ったため、僕の力を頼っている。なので新しいグランド・キャニオンについてお知らせします。僕はトム・ハンクス、みんな政府を信じてみましょう」と、政府側についている。

また新たなグランド・キャニオンのCMの後、トムは「僕はトム・ハンクス。僕を直接見かけたら、近づかないでね」と、汚染物質に感染しているため隔離される必要があるといった皮肉ジョークをはなっているのだ。
(以下略)
————————————————————————
配信元)

 
 
 

» 続きはこちらから

元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長の島津洋一氏「(新型コロナウイルスは)日本人科学者がつくったHIV(エイズ)/Flu(インフルエンザ)キメラ(怪物)を基にした生物兵器」だと断定 ~2019年10月、武漢での「第7回ミリタリーワールドゲームズ」が新型コロナウイルスの始まり

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の記事は「新型コロナウイルスの起源は米国なのではないか」というもので、読者の方からの情報提供です。記事によると、“イランとイタリアで感染が広がっているウイルスは…中国で流行したものとは異なる”とのことです。
 3月2日の記事で、“闇の勢力のシオニスト工作員は、韓国、イラン、イタリアに武漢とは遺伝子系統の異なるウイルスを散布”したというコブラ情報を紹介し、正しい情報だとコメントしました。今回の記事はこれを裏づけるものになっています。
 記事の引用元では、“米国の今回のインフルエンザ・シーズンの始まりは2019年9月だ。同年10月、米軍人が参加した武漢での第7回ミリタリーワールドゲームズの期間中、輸入感染症に感染した外国籍選手がいた。同年12月、武漢で最初の新型コロナウイルスに感染した患者が発症した”として、「新型コロナウイルス」は米国が起源なのではないかと疑っています。
 私も同様に考えています。ここの所を理解する上で、ぴょんぴょん先生の「ドクターKを追え!」を、先に見ておいてください。元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長の島津洋一氏は新型コロナウイルスを、「日本人科学者がつくったHIV(エイズ)/Flu(インフルエンザ)キメラ(怪物)を基にした生物兵器」だと断定しています。
 そして、日本人科学者「ドクターK」のウィスコンシン大学の研究施設には、日本政府からカネが出ていたが、「2016年、米国立衛生研が実験室に調査の目を向け始めると、この致死的な研究を東大、北大、そして岡山大との協力下にある、安倍晋三の加計獣医学部に移した」と言っています。
 2019年10月に「米軍人が参加した武漢での第7回ミリタリーワールドゲームズ」が開かれたのですが、ツイートにあるように、“日本(自衛隊)はなぜか参加しなかった”のです。この「第7回ミリタリーワールドゲームズ」が新型コロナウイルスの始まりではないかと思います。
 数人の米軍兵士のワクチンに「新型コロナウイルス」を仕込んで、兵士を感染させておけば、彼らがスーパースプレッダーとなります。これならアメリカでインフルエンザが大流行していたわけも良くわかります。インフルエンザ患者と思われていた患者の中に、相当数の新型コロナウイルス感染者がいたのではないでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【CRI時評】米国にはウイルス起源の精査に協力する責任がある
引用元)
(前略)
米議会下院の新型コロナウイルス感染症に関する公聴会で(中略)… 「米国には、死因をインフルエンザによるものとされたが、実際には新型コロナウイルスの感染で死亡した人がいるか」との質問に対して、米疾病予防管理センター(CDC)のロバート・レッドフィールド主任は、「これまでに米国で実際にそのように診断された症例がいくつかある」と回答した。このニュースが出ると、世論が騒然とした。このやり取りは(中略)… 新型コロナウイルスの起源は米国なのではないかという疑念にさらなる証拠を提供するものとなった。
(中略)  
カナダのシンクタンクであるグローバルリサーチはこのほど発表した文章で中国台湾地区のウイルス学者の分析を引用し、イランとイタリアで感染が広がっているウイルスの起源について「両国はすでに現地で流行しているウイルスのゲノムを公開しており、中国で流行したものとは異なることが分かった。これはウイルスの起源が中国ではないことを意味している」と指摘している。文章はさらに、「西側メディアが集中的に中国に目を向けていたため、新型コロナウイルスは中国から他の国へ広がったと思い込む人が多いが、それは誤りであることが証明されたようだ」とも指摘している。
(以下略)
————————————————————————
配信元)


[YouTube]犬だと思ってる?!

編集者からの情報です。
犬そっくり~。
(ぺりどっと)
————————————————————————
A Cacatua que acha ser um cachorro
配信元)

[文春のスクープ] 森友事件で自ら命を絶った近畿財務局職員の遺書を入手 〜「すべて佐川局長の指示です」

竹下雅敏氏からの情報です。
 息を飲みました。安倍政権の底知れぬ闇が天下に晒される発火点となった森友事件、その渦中で亡くなった近畿財務局職員の遺書が存在しました。NHKを退職された相澤冬樹氏の取材を文春がスクープです。
自殺された職員、赤木俊夫氏は、死に至るまでの間、決算文書の改ざんの経緯を「手記」に残しておられたようです。文春の速報によると「すべて佐川理財局長の指示です。」との明言が見られ、当時の財務省、近畿財務局の関係者の実名で詳しく改ざんの状況を記しておられるそうです。国会での佐川理財局長の証言はガラガラと崩れ、議場で佐川理財局長に「強気でいけ」と偽証の指示を飛ばした安倍総理はもはや無関係とは言えない。そして安倍総理自身の国会答弁も虚偽であることが決定的です。
 それにしても苦しみと悲しみの中で、ご遺族がよくぞ遺書を守って下さった。赤木氏は「事実を、公的な場所でしっかりと説明することができません。」「事実を知っている者として責任を取ります」と、犯罪に心ならずも加担しなければならない現場の逃げ場のない悲痛を綴られ、最後にはご家族への想いを残しておられました。とても冷静に読めません。白々しく「哀悼の意を表した」財務省は「死人に口無し」と思っているのだろうか。人の命を軽々しく犠牲にし、今もなお籠池夫妻を苦しめている。
 この命がけの手記が、安倍政権のとどめを刺すものとなりますように。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「恵まれた時代」

新型コロナのニュースを追いかける日々。
経済崩壊の一方、地震も来るし、例年のような災害もあるかもしれない。
盆と正月がいっぺんに来るような、てんこ盛りに冷静に対応できるかな?
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ぴょんぴょんの「恵まれた時代」


最近頻発している地震


くろちゃん、来たよ〜!

おお、今日はビーツが余ってたんで、ボルシチにしたぞ。


うわあ、きれいな赤だねえ、そして、おいしそう!
どうやって作るの?

圧力鍋でかんたんにできるさ。
ビーツは皮むいて、千切りするだろ。
にんにく、トマト、じゃがいも、キャベツ、シチュー用の牛肉をぶちこんで、ケチャップ、赤ワインと水でヒタヒタにする。
そこにローリエを2枚ほど入れて、シューシュー言ったら弱火で10分。
塩コショウで味をととのえたら、できあがり。
とろみが欲しけりゃ、ハヤシライスのルウを加えるといい。

おお! さすが、男の料理だね!
サワークリームがあると、もっと本格的になるよ。

そんな、シャレたもん、うちにあるかよ。

知ってる? 貧血にいいほうれん草、あの赤い根っこを太らせたのがビーツなんだよ。


きっと、鉄分が多いんだな。

鉄は戦いに必要なミネラルだけど、くろちゃん、これ以上、血の気が多くなったら困るんじゃない?

いや、おれは戦いから、ほど遠いとこにいるから。

信じないよー!

決断力は、肝にあり。肝は血によって養われる。
血を元気にしとけば、肝が座るってな。
ちょっとやそっとじゃ、ビクつかねえぞ。

でもぼく、こないだの地震で、久しぶりにビクついたよ

あったあった、明け方だったな、ビックリした。

3月9日。時計見たら、朝の4時だった。


» 続きはこちらから