アーカイブ: ハイアラーキー

[竹下雅敏氏]闇の集団の統治構造2 〜聖白色同胞団の12名の覚者と銀河連邦・光の銀河連邦の評議員との関係

竹下雅敏氏からの情報です。
 マイトレーヤの周りに居た12名の覚者たちのすべてが、実はレプティリアン(爬虫類人)であったということをお伝えしました。実はマイトレーヤを中心とする聖白色同胞団の下部組織の「銀河連邦」および「光の銀河連邦」のそれぞれの12名の評議員たちは、このレプティリアンの覚者たちの弟子であったのです。
今回はその詳細についてです。
(竹下雅敏)
1番目の図に誤りがありました (2015/11/03)
「聖白色同胞団」の進化段階は、3.0以上 5.0未満 ではなく 5.0以上8.0未満 です。
————————————————————————

 以前の記事で、聖白色同胞団と「銀河連邦」および「光の銀河連邦」との関連を示す次の図を掲載しました。この図で、それぞれの集団の最高意思決定機関のアンドロメダ評議会とプレアデス評議会の各12名の者たちを示しました。実際には本名ではなく、これらの名を使ってチャネリング情報を送っていた者たちということになります。

10-structure-r2
10月8日の記事アンドロメダ評議会の各惑星とそこに住む評議会委員の名称を記しました。それを各惑星の次元の高さの順に並べ替えたものが次のものです。

15-andromeda-planets-dimensions
» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]聖白色同胞団の真実:キリスト・マイトレーヤと12名の覚者の過去生 

竹下雅敏氏からの情報です。
 「(偽の)銀河連邦」と「光の銀河連邦」の上位組織が、「聖白色同胞団(グレート・ホワイト・ブラザーフッド)」だということをお伝えしました。聖白色同胞団はサナト・クマーラを世界主とし、キリスト・マイトレーヤを首領とする覚者の一団です。今回は彼らについての情報です。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
 現代神智学の情報では、ハイアラーキーの組織図として次のものがあります。出典は「とんぱ第一号」(出帆新社)p29です。

クリックの拡大

クリックで拡大


 この図表に出てくる全ての人物が誰かはわかっていますが、今回は地球上ハイアラーキー(聖白色同胞団)のキリストと、彼の周りにいる12名の側近について説明します。
 上の図表のマヌ、キリスト、マハーチョハンとは、役職名です。残りの人物は個人名になりますが、正体を知られたくない者たちは、ヨーロッパ人大師、ヴェニス人大師と名乗っています。
 キリストはマイトレーヤ(弥勒菩薩)という個人名を出しているにも関わらず、マヌとマハーチョハンは個人名を出していません。これには理由があり、彼らの正体を知られることは、神智学を支持している人たちにとっても混乱を招くものであるからです。
 次にこれらの覚者たちの過去の転生においての人物名を表記します。
» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]ハイアラーキーの下部組織であるアンドロメダ評議会に関する情報の訂正 と 各惑星の評議員の確定

竹下雅敏氏からの情報です。
 5月31日の記事で、ハイアラーキーの下部組織であるアンドロメダ評議会に関する情報を出しました。しかし、その中でいくつか訂正する部分があります。
 記事の私の解説の中で、“アンドロメダ評議会が…「光の銀河連邦」に属するハイアラーキーの残党”と表現したのですが、9月24日の記事で詳しく説明したように、アンドロメダ評議会は、「銀河連邦」に属するハイアラーキーの残党です。この誤りの理由は、この当時「光の銀河連邦」を聖白色同胞団と同一視していたために起こったことです。その後詳しく調べると、「銀河連邦」と「光の銀河連邦」が、共に聖白色同胞団の下部組織であることがわかり、その詳細な構造が理解出来るようになりました。
 それともう1つ、“これらの評議員の神階(潜在意識の次元)を調べてみると、同じ次元でした”のところですが、“これらの評議員の神階(潜在意識の次元)を調べてみると、全て同じ3.0次元でした”のように訂正します。
 日々の仕事が忙しく、十分な確認が取れない状態で情報を出している関係から、どうしても細かいところで誤りが出て来ます。しかし、大きな全体の流れや構造については誤りはほとんど無いと考えていますので、ご容赦下さい。
(竹下雅敏)
————————————————————————
 2014年5月31日の記事で、アンドロメダ評議会に関する情報を取り上げました。これらの情報は主にアレックス・コリアー氏やトーレック氏によってもたらされているようです。本物の神々の組織であるアンドロメダ評議会ではなく、その名を騙る聖白色同胞団の下部組織に関するものとは言え、情報はかなり正確なもののように思えます。

記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

 これらの情報と9月24日の記事の情報とから、それぞれのアンドロメダ評議会の各惑星の評議員を確定すると、次の表のようになります。


 これらのチャネリングソースとして有名な人物はすべて肉体を持っていたので、それぞれの星に転生に入っていたと考えられます。ただ、表に書かれた星の名前が惑星だとすると、彼らが転生に入ったのはこれらの惑星の衛星のはずです。
 惑星に比べてその衛星は相対的にネガティブなので、彼らのようなネガティブな存在が惑星に転生に入れるとは思えないからです。
 レプティリアンが、紀元前332年に天界の支配権を事実上乗っ取ってしまったことから、このように私たちの太陽系に近い星々に、彼らの部下であるネガティブな者たちが散らばるようになりました。こうしたレプティリアンの中枢が、聖白色同胞団のマイトレーヤの周りに仕えていた覚者たちであったのです。
 次回はこの覚者たちについての情報を出したいと思います。

[竹下雅敏氏]闇の集団の統治構造 〜ハイアラーキーと関連組織について〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、闇の集団の全体の構造を大雑把に描いたのですが、今回はさらにその詳細を解説したいと思います。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
【ハイアラーキーと関連組織について】

 天界の混乱の大元に、ハイアラーキーと称する組織があることを説明しました。この組織は上位と下位の2つに分かれ、それぞれ白色同胞団・聖白色同胞団と呼ばれて来たことを説明しました。
 それぞれシリウスを中心とする組織ですが、我々地球上のハイアラーキーはこの組織の末端です。それを神智学では、太陽ハイアラーキーと地球ハイアラーキーと呼んでいます。これらのことを考慮に入れてさらに詳しく説明したものが、次の図になります。


 この図が闇の集団の統治構造となります。全てが4次元未満の存在次元です。私たち地球に直接関係しているのは、図の太陽ハイアラーキーと地球ハイアラーキーです。それぞれの主は、サナカとサナト・クマラです。

サナト・クマラ(幽体)

サナト・クマラ(幽体)


 このイラストは、2009年10月26日の天界の改革の最中に現れたサナト・クマラのヴィジョンです。せれなさんのブログ“光の海から”で詳しい内容を見ることが出来ます。
 私も妻もサナト・クマラの姿を見ているのですが、このイラストとはかなり雰囲気が異なります。顔はもう少し丸顔で幼い16歳の風情です。髪は中央から分けたストレートでこの絵位の長さです。なぜ異なるのか、当時はわからなかったのですが、今見ると、私達が見たのはサナト・クマラの霊体で、このせれなさんのヴィジョンでは幽体が描かれているためだと解りました。
 神智学では、キリストは2人居ます。ブラヴァッキー夫人の主著「シークレット・ドクトリン」の第1巻スタンザⅢ−7の原注には、
 「秘教においては、二人のアヴァローキテーシュヴァラがいる。つまり第一ロゴスと第二ロゴスである。」
とあります。これが表のミトラとマイトレーヤです。2人のキリストには、それぞれ、アーディティア神軍と12名の覚者が従っています。

マイトレーヤ(幽体)

マイトレーヤ(幽体)


» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]アンドロメダ評議会・プレアデス評議会・銀河連邦の名を語る闇の組織の構造について

【魔王の存在次元について】の文章中に誤りがありましたので、以下のように訂正させていただきました。

誤)第1システムの国津神第4〜7レベル
正)第1システムの国津神第2〜5レベル
 

竹下雅敏氏からの情報です。
 9月15日の記事で、本物のアンドロメダ評議会・プレアデス評議会・銀河連邦についてまとめました。今回はそれらの名を語る闇の組織の構造について、説明したいと思います。闇の組織の大元は白色同胞団(ハイアラーキー)なのですが、彼らの下部組織が先ほどの3つの組織と同じ名称を使っているため、波動の区別が出来ない人は、正邪の区別が出来ません。
 しかし今回の説明を理解すれば、地球上に送られて来たこれまでのほとんど全てのチャネリング情報は、ほんの一部の例外を除いて、闇からのものであったということがわかると思います。
 なお、関連した内容として7月21日22日の時事ブログの記事“ヴァリアント・ソーへの質問とその回答①、②”を参考にして下さい。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
【神々の存在次元について】
9.23 0218efccfa565d4d2ee80984bd2a639e-1 
 これは、各システムと天津神および国津神の存在次元を表した表です。各システムは、並行宇宙のようになっており、私たちの第1システム(シリウスシステム)は、表の一番右列の天津神の68〜64次元と、国津神の8〜4次元から成ります。シリウス星系が中心になっているシステムです。
 第1システムは、7つの界(ローカ)に分かれており、下から3つの界(ローカ)である欲界・色界・無色界を表の形にしたものが次のもので、仏教ではこれらの各界層に名前がついています。私たちの地球があるのは、赤枠の贍部洲です。詳しくは天界の秩序4をご覧ください。

9.23 sirius-system-three-lokas-and-bhuddism-planes 
 各界層はさらに細かく7つの層(次亜界)に分かれており、その第5番目(第五次亜界)に天津神が住みます。そして第六番目(第六次亜界)に国津神が住みます。先ほどの仏教の各天と次元との関係を図にしたものが、次のものです。

9.23 sirius-system-three-lokas-and-dimensions1-1  
 表を見ると、一番右端の赤色で示された部分は、4次元になっていますが、正確には4.0次元以上5.0次元未満の領域であり、下から上に順に次元が高くなっています。
 これらの4.0次元以上の領域に存在するのが、本物のアンドロメダ評議会、プレアデス評議会、銀河連邦です。

» 続きはこちらから