アーカイブ: 予測と結果

[竹下雅敏氏]プーチン大統領は人々の前から姿を隠し、ナサニエル陣営の指導者として、今後の地球を背後から動かすことになります。

竹下雅敏氏からの情報です。
 写真のプーチン大統領は、替え玉だと思います。2つ目の記事を見ると、そうした噂がすでに出ているようです。
 以前、ブルガリアの予言者ヴァンガ氏の“ロシアは斬頭される”という予言を紹介しました。この予言が成就したということだと思います。
 おそらく、今後人々の前に姿を現すのは、替え玉になるだろうと思います。本物のプーチン大統領は人々の前から姿を隠し、ナサニエル陣営の指導者として、今後の地球を背後から動かすことになります。ジェイコブ・ロスチャイルドや習近平といったナサニエル陣営の大物は、今後、世界皇帝プーチンの指示に従うことになります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
オランド大統領:露仏は一連の複雑な問題で重要な役割を演じることができる
転載元)
242343

フランスのオランド大統領は、アルメニアの首都エレバンで行われたロシアのプーチン大統領との会談で、シリア、イラン、リビアなどの一連の複雑な問題で、ロシアとフランスは重要な役割を演じることができると述べた。 

オランド大統領は、

「私たちにはロシアを必要とし、一緒に検討するべき別の問題がある。私たちには、シリア、イラン、リビアなどの一連の複雑な問題におけるロシアの役割とフランスの役割が必要だ。私たちはこれらの問題に取り組んでいる。まさにそのために、ここエレバンで会談する必要があった」
と語った。

――――――――――――――――――――――――
プーチンに関すること
転載元より抜粋)
https://www.youtube.com/watch?v=UwJd0xz_p9I
ビデオの概略です。
2015年3月に投稿

数週間前にプーチンが突然、公の場から10日間以上姿を消した事件がありましたが。。。オルターナティブメディアは彼が殺害さたのでは、とか、恋人がプーチンの子を出産したためだとか、病気で療養しているとか。。様々な噂を流していました。

しかしプーチンが公の場に再登場した時、プーチンの顔が以前とは明らかに違っていたのです。長い間休養していたために太ってしまったのでしょうか。顔がふっくらとしており、顎の下のくぼみもなくなっています。目の形も以前よりも細く中国人のようです。鼻も小さく、唇も以前よりは大きくなっています。若返りのために(休暇中に)、整形手術を受けたのではないかとも噂されています。

しかし新たに登場したプーチンは本モノではありません。消息を絶つ前のプーチンの顔と比較してください。
細長い顔をしています。

プーチンは影武者或いはクローンが使われています。
新しいプーチンは指をクロスして微笑んでいます。このようにほほ笑むプーチンを見たことがありません。
新しいパペットのプーチンはNATOと共に世界大戦を勃発させようとしています。

・・・次のビデオ・・・
欧米メディアもロシア・メディアも再登場したプーチンは以前のプーチンとは違うと報道しているのです。さらに新しいプーチンの頭部には何か傷跡のようなものがあります。これは光が反射しているのではありません。

[カレイドスコープ]「47年間イルミナティーであった私が、今その秘密を話そう」・・・

竹下雅敏氏からの情報です。
 2014年9月5日の記事のコメントで、サダム・フセインは今でも生きていると書きましたが、この記事でそれが正しかったとわかると思います。
 記事では、ハリケーン「カトリーナ」がHARRPの産物であることが記述されています。天候兵器が存在することはこちらのホームページの雲の写真を見てください。その存在がはっきりとわかると思います。
 また、HARRPによってハリケーン「サンディー」が作られたことを、このシャンティ・フーラの無料動画の35分57秒〜39分58秒で解説していますので、参考にしてください。
 記事冒頭では、地下要塞について触れられていますが、少なくともこの中の最大のブラジルのサンパウロにある地下要塞は、私の直観では、すでに破壊されていると思います。要するにパワーエリートが逃げ込める場所が無くなっているのです。彼らが現在、第三次大戦を諦めた理由の一つにあたります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
「47年間イルミナティーであった私が、今その秘密を話そう」・・・
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[IRORIO]超富裕層が国外への逃走を計画中。反格差運動の盛り上がりに恐怖

竹下雅敏氏からの情報です。
 超富裕層が民衆によって邸宅から引きずり出されることを怖れていると書きましたが、今日この記事を見つけました。やはり思った通りです。
 何故わかるのかですが、例えば特定の人物に意識を合わせて、その人の恐怖心とか不安といった感情のレベルを調べると、非常に高いことがすぐにわかるのです。チャクラの感覚を持っていると、簡単に出来るようになります。
 私は、これまで世界情勢に関して様々なコメントをしてきましたが、発言した内容の大きな流れは、まったく間違っていないと思います。それは勘でものを言っているのではなく、きちんと調べて発言しているからです。こういう能力を直観といいます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
超富裕層が国外への逃走を計画中。反格差運動の盛り上がりに恐怖
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[YouTube 他]日本人2人の殺害を警告 / 湯川氏人質動画、コラの可能性!? 〜2014年10月3日に予想した通りの動き〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 さすがに映像が合成であることが、メディアでも指摘されているようです。この動画が合成なのなら、次に出て来る斬首動画も合成ではないかという視点で盛り上がってくれるとありがたいのですが…。
 状況は、2014年10月3日のコメントで予想した通りの動きになっています。日本でもフランスと同様の、誰も死んではいない偽旗テロが演じられることになるのでしょう。メディアが大騒ぎをして、自衛隊の中東派遣、すなわち自衛隊をNATOに組み込むというブレジンスキーの構想が実現するわけです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
「イスラム国」か、日本人2人の殺害を警告
転載元)


――――――――――――――――――――――――
日本政府、ISISの身代金要求を拒否
転載元より抜粋)
6128eaa0b746baf91f5e7397d2ceff99_XL日本政府が、テロ組織ISISによる日本人の人質2人の身代金要求を拒否しました。

フランス通信によりますと、日本政府は20日火曜、声明の中で、「ISISの圧力や要求に屈するつもりはない」と発表しました。

ISISはビデオ映像の中で、日本政府に対し、この2人の身代金として2億ドルを要求しました。

この映像では、「日本政府が72時間以内に2億ドルを支払わなければ、2人の日本人の人質を殺害する」と強調されています。

これまでに伝えられた報告では、2人の日本人、後藤健二さんと湯川遥菜さんが人質に取られた時期については触れられていません。

以前にも、ISISは同様の殺害警告によって他国に身代金の要求を行ってきました。

――――――――――――――――――――――――
【速報】ISISの湯川氏人質動画、コラの可能性!?(画像あり)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。


3: ジャストフェイスロック(芋)@\(^o^)/:2015/01/20(火) 20:39:35.71 ID:sNQrJxbT0.net
太陽がいっぱいあるんだよ


16: レインメーカー(チベット自治区)@\(^o^)/:2015/01/20(火) 20:42:42.92 ID:7qgNJXnH0.net

みんな知ってた


17: ジャストフェイスロック(茨城県)@\(^o^)/:2015/01/20(火) 20:42:48.55 ID:maEfJFLK0.net
そもそも黒い人がコラ


19: ビッグブーツ(東京都)@\(^o^)/:2015/01/20(火) 20:43:22.39 ID:lYDQIMci0.net
影はしゃーない

612f92f0-s

78: ファイヤーバードスプラッシュ(チベット自治区)@\(^o^)/:2015/01/20(火) 20:58:36.80 ID:n/eoGDwF0.net

>>19
マジかよwwwww
ショックだわ(´・ω・`)


» 続きはこちらから

[ラジオイラン 他]レバノン駐在露大使、「アサド大統領解任は米の作戦外」

竹下雅敏氏からの情報です。
 2011年にシリア内戦が始まった頃から、シリア問題は注視して来ました。アサド大統領が非常に善良な人で、国民に愛されていることから、アサド政権が倒されることは無いと見ていました。
 この間、ロシアがサウス・ストリームを断念して、トルコ経由でEUにガスを提供することを発表した時に、トルコははっきりとロシア側についたことを示したわけで、この事によってアサド政権が倒れることはもはや考えられないと思いました
 今回これを裏付ける記事が出てきました。記事では、元レバノン駐在のアメリカ大使が、“アサド大統領を辞任に追い込むことがもはやアメリカ優先事項にないと語った”とあります。今年はシリアにとって、長い冬の終わりになると思います。
 その観点から言うと、2つ目の櫻井ジャーナルが取り上げたウォール・ストリート・ジャーナル紙の記事の、現在のシリア領内でのISが支配する領域が、当初の3倍に拡大したという内容ですが、おそらく間違いだと思います。記事では、これまでアメリカがどのようにIS側に武器と戦闘員を提供して来たかが書かれています。確かにこの作戦が当初の予定通り行われていれば、この通りでしょうが、現状は大きく異なっていると考えています。
 詳しいことはわかりませんが、ISはもはやブッシュ・ナチ陣営の手の内に無いと思います。非常に巧妙にコントロールされており、彼らはアサド政権を倒す意志は持っていないと考えます。今後の戦闘の混乱は、そのうちサウジアラビアへと向かうと考えます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
レバノン駐在露大使、「アサド大統領解任は米の作戦外」
転載元)
d234ae221ef5b982edec6688b45f7436_Lレバノン駐在のザスピキン・ロシア大使が、「アサド大統領を解任させることは、アメリカの政策から外れている」と語りました。

ザスピキン大使は19日月曜、レバノンの新聞「アッサフィール」のインタビューで、地域の状況や、シリアに対する各国の立場が変化していることを指摘し、「シリアに対するアメリカの計画に、アサド大統領の解任は含まれていない」と述べています。

また、「世界各国は、アサド大統領の解任がもはや不可能であり、現状においては武力でアサド大統領を解任させようとする人々に対する自らの立場を変えることが、理にかなっていることに納得している」としました。

さらに、「テロとの戦いには、全ての国の協力が必要であり、先ず第一にシリア政府との協力が先決だ」と語っています。

レバノンの新聞「アルジュムフリーヤ」が19日、伝えたところによりますと、元レバノン駐在のアメリカ大使を務めたジェフリー・ファルトマン氏は、レバノンのイスラム教ドルーズ派の指導者であるワリド・ジュンブラット氏との会談の際、アサド大統領を辞任に追い込むことがもはやアメリカ優先事項にないと語ったと報じています。

————————————————————————
米軍主導の空爆開始以来、ISの支配地域が3倍に拡大した背景には米国、イスラエル、サウジの動き
転載元より抜粋)
昨年9月、IS(イスラム首長国。ISIS、ISIL、IEILとも表記)に対する空爆をアメリカは始めた。サウジアラビア、ヨルダン、バーレーン、アラブ首長国連邦といった親米イスラム国を引き連れての攻撃だが、最初に破壊されたビルは、その15から20日前の段階で蛻の殻だったとCNNのアーワ・デイモンは翌朝の放送で伝えている。アメリカをはじめとして、攻撃したのはISを創設、支援、訓練してきた国々。情報が漏れても不思議ではない。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、それから約4カ月後、シリア領内でISが支配する地域は3倍に拡大したという。この間にアメリカはシリアの「穏健派反政府軍」に武器を供与して戦闘員を訓練、さらに400名のアメリカ兵を訓練のために派遣するとしているのだが、これまで訓練を受けた少なからぬ戦闘員が武器を携えてISへ「投降」している。訓練期間は「穏健派」、訓練が終わればISというようにラベルを貼り替えているだけにしか見えない。事実上、アメリカ軍がISに武器を提供、その戦闘員を訓練している。
4c4b786eda1a2e3aab079606899da17f9f5e8298.70.2.9.2 

2013年9月、退任間近だった駐米イスラエル大使のマイケル・オーレンは、イスラエルの希望はシリアの体制転覆であり、バシャール・アル・アサド体制よりアル・カイダの方がましだとエルサレム・ポスト紙のインタビューで語っている。イスラエルはこれまで何度かシリアを空爆しているが、ISを支援するものだと指摘されている。

イスラエルはアメリカ(ネオコン/シオニスト)とサウジアラビアと手を組み、シリア、イラン、そしてレバノンのヒズボラを倒すための秘密工作を始めたとシーモア・ハーシュがニューヨーカー誌に書いたのは2007年のこと。

ネオコン/シオニストがシリア、イラン、イラクの殲滅を口にしたのは遅くとも1991年のこと。ウェズリー・クラーク元欧州連合軍最高司令官によると、国防次官だったポール・ウォルフォウィッツがそう話していたという。

遅くとも1991年の段階でネオコン/シオニストはシリア、イラン、イラクの体制を倒そうとしていたわけで、この戦略は現在も生きているはず。ハーシュの記事は、ISがアメリカ、イスラエル、サウジアラビアの秘密工作で作られた戦闘集団だと示唆している。
1 2 3