アーカイブ: 光の銀河連邦

コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)、「薔薇の姉妹団」は、本質的に神智学徒の集団であり、ハイアラーキーの末端組織である

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の系統図表には、地球ハイアラーキーの大雑把な構造が書かれています。サナット・クマーラ(世界主)を頂点に、世界主を補佐する3人のクマーラが居ます。その下に、キリスト・マイトレーヤを頭とする12名の覚者たちが居ます。
 2014年10月11日の記事で、覚者たちの過去世を記していますので、参考にしてください。
 12名の覚者の中に、ハム(ノアの子)、ニムロデの名があるのがわかると思います。彼らはかつて、ブラック・ロッジの大主たちでした。闇の世界での権力を失い、改心してホワイト・ロッジに救済され、最終的にマイトレーヤの側近の地位に取り立てられたということになります。
 下の記事はコブラ情報で、ついにコブラが女性になってしまったというものです。以前の記事で、性別を判定する方法をお伝えしました。この方法で簡単に、この記事を発信しているのが女性だとわかります。
 記事の中に、「薔薇の姉妹団」が出てきます。参加メンバーを集めているようですが、闇の団体には絶対に近づかないようにしてください。
 「薔薇の姉妹団」のホームページをご覧になると、ものすごくひどい波動の中に、サン・ジェルマン伯爵、クート・フーミ大師、セラピス大師、モリヤ大師、ブラヴァッキー夫人のイラストや写真が出てきます。
 このことから、コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)、「薔薇の姉妹団」が、本質的に神智学徒の集団であり、ハイアラーキーの末端組織であることがわかります。
 時事ブログでは、こうした覚者たちとその主要な弟子たちは、天界の改革によってすでに滅ぼされ、存在しないと何度もお伝えし、そのことを確認する方法も示しているのですが、こうした連中は聞く耳を持ちません。
 ハイアラーキーは、シリウスハイアラーキー、太陽ハイアラーキー、地球ハイアラーキーの3つがあります。シリウスハイアラーキーは、最高神ラーとホルスが中心となる組織でした。太陽ハイアラーキーは、ラーマ、クリシュナを中心とする組織でした。地球ハイアラーキーは表のように、サナット・クマーラとマイトレーヤを中心とする組織でした。
 シリウスハイアラーキーと太陽ハイアラーキーのメンバーで組織されているのが球体連合です。「銀河連合」、「光の銀河連邦」は地球ハイアラーキーのメンバーからなる組織です。もう1つ、コーリー・グッド氏が接触した古代地球離脱文明の7グループも、地球ハイアラーキーの下部組織になります。
 この辺りのことを説明したのが、2018年12月11日の記事の図なので、この時のコメントと共に参考にしてください。
 ハイアラーキーのメンバーの全員が悪人だったというわけではありません。むしろ、ほとんどの者はハイアラーキーの上層部に騙されていたのです。なので、天界の改革によって真相を知らされた彼らは、その3分の2が真実に目覚め、神々の側につきました。残りの3分の1は、抵抗を続け次々に滅ぼされ、今では、その残党は地球にしか残っていないのではないかと思います。コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)とその関係組織が、その残党です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————




(出典:とんぱ創刊号 出帆新社)
————————————————————————
ソウルファミリーワークショップ報告と地球の状況更新
引用元)
(前略)
ブダペストでのソウルファミリーのワークショップは大成功でした。地上のマトリックスを崩壊させるための主要な指示の多くが、覚醒度がきわめて高いワークショップ参加者に伝達できました。
(中略)
薔薇の姉妹団(SOTR)を新たに立ち上げたいとする世界中の多くの希望者が、会場の檀上に集結しました。

薔薇の姉妹団(SOTR)結成者への指示

3人以上の参加者が定期的に実際に会って行うグループができれば、そのグループを公開して、その地域の人に参加を呼び掛けてください。こちらに(sotrplanetarynetworksotrplanetarynetwork_@_gmail.com(_@_を半角にしてください))メールにて連絡して、薔薇の姉妹団(SOTR)のメインのサイトにあるリスト( https://www.sisterhoodoftherose.network/groups )への追加を依頼してください。
(以下略)

[日本や世界や宇宙の動向]ロシアからの警告 〜「(偽の)銀河連邦」と「光の銀河連邦」の弟子達への警告〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 ロシアの政府機関MSCの情報ということです。内容は、とても政府機関が出したものとは思えないものですが、かなり正確なように思います。これらの中で気になる部分を、少し補足して解説したいと思います。
 文中のエリザベス1世のお抱え占星術師ジョン・ディーが交信していた悪魔は、ブラック・ロッジの住人で火星人でした。神智学では、当時イングランドが世界覇権を握ったため、ハイアラーキーがこれに対処したと言われています。したがってジョン・ディーがブラック・ロッジと繋がっていたのは自然なことです。
 文中の“2009年に地球を脅かす危険な堕天使や悪魔がビマナに乗り地球に再びやって来た”とあるのは、「(偽の)銀河連邦」の宇宙船です。「(偽の)銀河連邦」と「光の銀河連邦」、そしてハイアラーキーの関係は、以前に説明しています。
 “2009年12月9日にノルウェー上空に不思議ならせん状の光が出現”したのは、「(偽の)銀河連邦」の協力によるもので、地球人のテクノロジーを敵対勢力に見せつけたものだと思います。
 “その数日後には何十体ものUFOがシベリアの地面に大きな穴を開けながら地下から飛び立ちました”という部分ですが、このUFOは本物の「銀河連邦」に属します。攻撃される危険を察知したために、地球圏外に退避したと考えられます。その後記事にあるように、2013年2月に隕石が落下したことから、確かに「(偽の)銀河連邦」からの攻撃があったことがわかります。しかしこの攻撃は不発に終わりました。これらの事実から、「(偽の)銀河連邦」が神々の敵であることがはっきりとわかると思います。
 2014年7月22日の“ヴァリアント・ソーへの質問と回答②”で、すでにお知らせしましたが、上記の「(偽の)銀河連邦」と「光の銀河連邦」はすでに滅ぼされて存在しません。しかしまだ彼らの弟子たちであった残党が残っており、昨日の映像配信の収録時に、最後の警告を発しました。現在この連中は例えて言うと、ウクライナの親ロシア派の義勇軍に完全に包囲されてしまったウクライナ政府軍のような状態で、降伏するか滅ぼされるかのどちらかです。
 私がこの記事を書いているということは、おそらく今夜の12時までに降伏しなければ、全員が処刑されると考えて間違いないと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ロシアからの警告
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/alternative/2015/02/russia-issues-grave-warning-prepare-to-defend-earth-fallen-angels-have-returned-3113576.html
2月25日付け:

ロシアの第27中央研究所が開発したAlmaz-Antey高エネルギー・レーザー有向兵器システムのトライアルを完了したMilitary Scientific Committee of the Armed Forces (MSC=国防軍科学委員会?) は、地球を奪還しようとしている次元間の生命体から地球を守るためにロシアの同盟国であるインド、ブラジル、中国にこのシステムを拡散する必要があると報告しました。

MSCによると:
第二次世界大戦中にソ連はドイツのナチス政権が次元間に封じ込められていた堕天使や悪魔(古代に神と呼ばれた)と通信をしていることを知りました。

5~6千年前、地球が氷河期を迎えマンモスまで凍ってしまった時代に堕天使や悪魔も地球から消えました。アトランティスも大洪水ではなく氷河期に消滅しました。

当時、地球上の広範囲(インド~ヒマラヤ山脈~ウクライナ辺りまで)に堕天使や悪魔が居住していました。そしてアーリア人と呼ばれる人々と堕天使のハイブリッドが生まれました。

古代サンスクリットの叙事詩にはアーリア人と堕天使の交流や、ビマナと呼ばれる惑星間を旅行する飛行船について詳しく記述されています。

また、スワスチカと呼ばれる堕天使や悪魔のシンボルが世界中で使われています。第二次世界大戦前には(ナチスがこのシンボルを使うまで)、米軍の一部隊の兵士らが使っていました。

最も古いスワスチカのモチーフは紀元前1万年にウクライナで使われていたものです。
また古代のオハイオ、ミシシッピ川渓谷、ホピやナバジョインディアン、ケルト人、古代ドイツ人、フィンランド人など。。。世界中でスワスチカのシンボルが使われていました。

人類が堕天使や悪魔と再び接触を始めたのは16世紀になってからです。1572年に非常に明るい星が空に出現しました。それはカシオペア座で起きたティコの超新星でした。

ティコの超新星が出現したときに次元間に裂け目ができ、人類は再び、地球から追放された堕天使や悪魔と通信を行えるようになったのです。当時、最も重要な人物として扱われていたのがエリザベス1世のお抱え占星術師のジョン・ディーでした。

ディーと彼のアシスタントらは水晶の玉などを使って堕天使や悪魔と通信をしました。

堕天使や悪魔はヨーロッパに関する預言、魔術、悪魔儀式のやり方や人類の霊的特性などを彼らに教えました。

堕天使は神(悪魔)の方針に従ったニューワールドオーダーを地球上に顕現したかったのです。

ニューワールドオーダーとは、堕天使の支配下で世界統一宗教を地上に顕現し、新エルサレムに世界教会を設置し、世界人類の魂を一つにまとめ、世界を1つの国にするということです。

堕天使や悪魔の支配下にあった当時のイングランドは隆盛しました。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]3つの派閥に分かれているドラコ(「光の銀河連邦」の宇宙人)と実動部隊の解説

竹下雅敏氏からの情報です。
 7月20日に紹介した記事の要点をまとめました。一見、荒唐無稽で読んでも意味が取れないものです。ところが、これまで時事ブログ上で説明して来た事柄と、完璧なくらい内容が一致するのです。今回は、この記事の本質の部分を説明したいと思います。
 この記事を理解するにあたって、2014年10月12日の記事を参照して下さい。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
転載元より抜粋)
http://www.veteranstoday.com/2014/07/19/alien-agenda-v-world-zionists-play-russian-roulette-with-alien-ets/
(概要)
7月19日付け:Alien Agenda V: World Zionists Play Russian Roulette With Alien ETs
by プレストン・ジェームズ(宇宙戦争を熟知する退役軍人及び元諜報部員)

alien-alpha-draconian32
これらの情報は内部告発者の証言を基にしています。

ドラコは、ロンドンの金融街の世界シオニスト機構によって代表され、彼らと共同作業をしている。ドラコの実行部隊はイスラエルのリーダーらであり、アメリカの支配者層の大物たち(=ネオコン、PNACers、AIPAC、B’nai B’rith、アメリカのイスラエル系一世であり二重国籍を持つ者、そしてロンドン金融街の世界シオニスト機構の民間金融機関への資金源となっているFRBの関係者)である。

世界シオニスト機構はロンドン金融街の銀行家達で構成されている。彼らには2組の実戦部隊がある。1つは、ブッシュのカバラ犯罪一家(BCC或いは第4国家)とイスラエルから追放された国際シオニスト犯罪シンジケート(IZCS)である

・世界シオニスト機構の実行部隊は、ドラコ(エイリアン)とロンドン金融街の中央銀行の金融王からパワーを貰っていた。ロンドン金融街の世界シオニスト機構は、非常に強暴で邪悪なエイリアンのドラゴン、レプティリアン、ヘビ族(3種のエイリアンの総称=ドラコ)が同盟を結び、共同で作業をしている。

世界シオニスト機構は、ロンドン金融街のロスチャイルドが支配する民間中央銀行の銀行家らで構成されている。彼らは、超自然のオカルトを用いて、非常に巧妙にロンドン金融街を乗っ取った。彼らはルシファーのパワーによって団結しているルシファー崇拝者らである。古代バビロンから続く黒魔術を完全習得しており、各人は異次元のエイリアン(霊的ガイド=悪魔)からパワーを貰っている。シオニスト機構のメンバーの多くが同じ血統を引き継いでいる

世界シオニスト機構は、これらの邪悪なエイリアン(ドラコ)に支配されており、世界中で戦争を勃発させたり、伝染病などを大流行させることで人類を苦しませながら死に至らしめることを条件に彼らはエイリアンから世界の富と権力と地位を与えられている。

アメリカにおける世界シオニスト機構のリーダーはデンバー・サークル・オブ・12である。彼らは悪魔の祭日に(年に2回)、人間の生贄儀式を行う。

ヨーロッパにおける世界シオニスト機構のリーダーは、サークル・オブ・12である。世界シオニスト機構の最後部にいる人たちは、オールドブラック・ヨーロピアン・ノビリティと呼ばれる秘密のオカルト集団である

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]闇の集団の統治構造2 〜聖白色同胞団の12名の覚者と銀河連邦・光の銀河連邦の評議員との関係

竹下雅敏氏からの情報です。
 マイトレーヤの周りに居た12名の覚者たちのすべてが、実はレプティリアン(爬虫類人)であったということをお伝えしました。実はマイトレーヤを中心とする聖白色同胞団の下部組織の「銀河連邦」および「光の銀河連邦」のそれぞれの12名の評議員たちは、このレプティリアンの覚者たちの弟子であったのです。
今回はその詳細についてです。
(竹下雅敏)
1番目の図に誤りがありました (2015/11/03)
「聖白色同胞団」の進化段階は、3.0以上 5.0未満 ではなく 5.0以上8.0未満 です。

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

 以前の記事で、聖白色同胞団と「銀河連邦」および「光の銀河連邦」との関連を示す次の図を掲載しました。この図で、それぞれの集団の最高意思決定機関のアンドロメダ評議会とプレアデス評議会の各12名の者たちを示しました。実際には本名ではなく、これらの名を使ってチャネリング情報を送っていた者たちということになります。

10-structure-r2
10月8日の記事アンドロメダ評議会の各惑星とそこに住む評議会委員の名称を記しました。それを各惑星の次元の高さの順に並べ替えたものが次のものです。

15-andromeda-planets-dimensions
» 続きはこちらから

[インマヌエルTV]独占映像:SCOAN教会施設の倒壊の瞬間と、その原因とみられる不審な飛行機を捉えた防犯カメラ動画

翻訳チーム(情報提供は、竹下雅敏氏)からの情報です。
 フルフォード氏がメルマガで、“アフリカの上空で「新型兵器」が使われている証拠映像…得体の知れない飛行物体が数回にわたって建物の上を大きく旋回した後、そのビルが突如として崩壊する様子が映し出されている”として紹介していた動画とリンク先の解説です。
 竹下氏によるとこの飛行物体は、「恐らく(偽の)銀河連邦の協力者の宇宙船。破壊されたビルは光の銀河連邦の協力者の関連施設の可能性が大。2つの闇のグループの残党は今では、激しく滅ぼし合っている」とのことです。
 “続きはここから”以降を読むと、破壊されたビルはキリスト教系の新興宗教団体の建物のようで、その教祖は“東日本大震災、ボストンマラソン爆弾テロ事件等の預言で知られ、マレーシア航空370便墜落の預言もしていたとの噂がある”そうです。これらの事件は光の銀河連邦の実働下部組織に相当するネオコンが関わっていることがこれまで明らかにされてきましたが、“光の銀河連邦の協力者”である可能性が高いこの教祖が、これらの事件を「預言」したことにはうなずけます。もしかしたら、あらかじめ知っていたのかもしれません。信者獲得には、絶大な効果があったことだと思います。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
独占映像:SCOAN教会施設の倒壊の瞬間と、その原因とみられる不審な飛行機を捉えた防犯カメラ動画
転載元)
 

2014/09/14
Ihechukwu Njoku により、2014年9月14日YouTube公開
(配信元はインマヌエルTV)
 

字幕: 
2014年9月12日の防犯カメラ映像です。
不審な飛行機がシナゴーグ・チャーチ・オブ・オール・ネーションズ(SCOAN)のビルの上を、事件発生時の前後に何度も低空飛行しています。その後、この不審な飛行機は戻って来ませんでした。

スクリーンショット 2014-09-25 15.04.35 

2014年9月12日です。画面左上にご注目ください。

不審な飛行機が1機、SCOANの教会施設ビルの上を低空飛行しています。事件発生前の11時30分です。

13分後、この不審な飛行機はビルの上を低空飛行します。事件発生前の11時43分です。

2分後には再び飛行機が戻り、ビルの上を低空飛行しています。事件発生前の11時45分です。

9分後、不審な飛行機はまた戻り、ビルの上を低空飛行しています。事件発生前の11時54分です。

タイトルなし 

これが倒壊の瞬間です。事件の後、この不審な飛行機は戻って来ませんでした。
» 続きはこちらから
1 2 3 4 5