アーカイブ: 光の銀河連邦

球体連合、銀河連合、光の銀河連邦、コブラのRM(レジスタンスムーブメント)の全てのメンバーの死刑が確定! ~彼らによる断末魔とも言える最後の抵抗

竹下雅敏氏からの情報です。
 “地球アライアンスから72時間の宇宙気象警報が発せられた”ということで、国立天文台太陽観測科学プロジェクトのツイートによると、“太陽での一連のフレアに伴うコロナ質量放出 (CMEs)の一部が、26~27日に地球に到来すると予想される”とあります。
 こうした現象に伴って、片頭痛や心臓の動悸、血圧の上昇などの症状が出るかもしれないというのですが、アセンションとは何の関係もありません。現実問題として、私も妻も「フレアに伴うコロナ質量放出 (CMEs)」の影響を受けています。非常に体が緊張します。
 しかし、こうした体の緊張は、太陽フレアによるものだけではありません。冒頭の記事に、“次の72時間以内にDNAのアップグレードが起きます”という妄想が書かれているように、今回の「72時間の宇宙気象警報」には、球体連合、銀河連合、光の銀河連邦、コブラのRM(レジスタンスムーブメント)が関わっているのです。
 “続きはこちらから”のコブラ情報をご覧ください。「今はレジスタンス軍にとってもプレアデス艦隊にとって非常に困難な時期であり、地上の住人の支援を必要としています」とあります。
 実のところ、クモタカクソビユルミコトのクーデターに先の4つの組織が関与していたことが発覚し、全てのメンバーの死刑が確定したのです。そのために、彼らは断末魔とも言える最後の抵抗として、地球人を道ずれにしようとして、攻撃をしているのですが、彼らに出来るのは「片頭痛や心臓の動悸、血圧の上昇などの症状」を起こす程度の太陽フレアでしかありません。ソーラーフラッシュなど、彼らには逆立ちしても起こせません。
 私がこの記事を書いている以上、先の組織の幹部連中は28日午前0時に処刑されるでしょう。残りのメンバーがいつ処刑されるのかは分かりませんが、地球の解放が終われば、彼らは宇宙から消えることだけは、これで確定しました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
5/26-その1 地球アライアンスから宇宙気象警報!
引用元)
(前略)
Earth Alliance (72-Hour) Space Weather Alert!! | O.N.E. News (ournewearthnews.com)
(概要)
5月25日付け

今、地球アライアンスから地球周辺の光のリーダーたちに対して72時間の宇宙気象警報が発せられています。2021年5月25日から5月26日にかけて、宇宙粒子と太陽粒子が地球の表面に激しく衝突します。

そのため、次の72時間に以下のような激しいアセンション症状が出現するでしょう。
 
* 片頭痛に似た激しい頭痛
* 心臓の動機
* 血圧の上昇
* 急速な脱水症状
* 激しい身体の痛み
* 下部チャクラに激しい電気的なちくちく感
* 強い身体のデトックス
* 吐き気
* 情動不安
(中略)
次の72時間以内にDNAのアップグレードが起きます。あなた方がディープ・デルタ(レム睡眠)に入ると、宇宙の光のデータがあなた方のDNAに浸透していきます。この後、DNAが記録され、重構造の体組織が再起動され、再び(神の?)ネットワークに接続され、完全に活性化されます。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

「アシュター集合体とアシュター銀河司令部」の違い ~「光の銀河連邦」からのメッセージは、ドラコ・レプティリアンに支配された「アシュター集合体」からのメッセージ

竹下雅敏氏からの情報です。
 今回も「コズミック・シークレット JAPAN」さんの記事から、重要な部分を引用しています。
 ETコンタクティーのエレナ・ダナーンの情報が興味深いものでなければ、マイケル・サラ博士がインタビューを行うわけがないので、彼女の情報はコーリー・グッド氏らの情報と比べても、ある程度整合するものと考えられます。
 記事では、エレナ・ダナーンの著作の中から、「アシュター」に関する記述が抜粋されており、この部分は十分に納得できるものです。まず、「アシュター集合体とアシュター銀河司令部」の違いを説明しています。
 アシュター集合体とは、“(ドラコ・レプティリアン帝国がオリオン星系を占領し、オリオン・レプティリアンに支配された)様々なタイプのヒューマノイド、レプティリアン、グレイ、昆虫種族、そして遺伝子操作された種族”のことで、アシュケラ星系(シリウスB)を中心としているとのことです。
 一方、ヒューマノイドを中心とした反乱派がアシュター集合体から分離し、アシュター分離独立派は「アシュター銀河司令部」を名乗り、「世界の銀河連邦(銀河連合)」と提携し、木星にアシュター銀河司令部の前哨基地を有しているという事です。
 これらの説明は、コブラ情報を理解する上でも重要です。アシュター集合体とは、「光の銀河連邦」のことです。トレック氏は、“「光の銀河連邦」(シリウスB) は「銀河連邦」とは全く別組織”と言っています。ややこしいですが、トレック氏の「銀河連邦」を、時事ブログでは「銀河連合」と言っています。「銀河連邦と光の銀河連邦の違いについて」の記事も参照してください。
 要するに、「光の銀河連邦」からのメッセージは、ドラコ・レプティリアンに支配された「アシュター集合体」からのメッセージなのです。ですが、真の支配者は「地球ハイアラーキー」でした。ややこしいですが、例えば、イスラエルとパレスチナの争いで、パレスチナのハマスを真に支配しているのはイスラエルの「モサド」だというのに似ています。
 “続きはこちらから”の最初の記事では、本人が「私はアシュター集合体…をチャネリングしたセッションをしました」と言っているので、わかりやすいですね。ドラコ・レプティリアン側の闇の組織のチャネリング情報を、本人は「光の勢力」からの情報だと信じ切っているのです。
 最後の記事では、情報源が「私は光の銀河連合の司令官アシュターです」と名乗っていますが、「地球同盟」からのものです。これらの情報が、内容的に似通っていることから、「地球同盟」は「アシュター集合体」からの情報と「銀河連合」からの情報の区別がついていないようです。
 時事ブログでは、「光の銀河連邦」は(裏の)イルミナティを支配してきた邪悪な組織で、「銀河連合」は相対的な光の組織であり、神の敵であると指摘して来ました。
 最後に、エレナ・ダナーンが接触したプレアデス人のソー・ハンは、「木星にはある司令官(アシュター)がいて…彼は決して地球人とは接触せず、我々とさえも接触せず、彼の上官とその上の階層とのみ接触しています」と言っています。時事ブログでは、本物のアシュター司令官はすでに死んでいて、アシュターの名で情報を送って来るのはニセモノだと指摘して来ましたが、ソー・ハンは、木星の前哨基地のアシュターであるヴリロン司令官が、すでに死亡していることを知らないのかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
4/8追記 マイケル・サラ&エレナ・ダナーン「ETコンタクトと銀河連邦」
引用元)
(前略)
アシュター集合体とアシュター銀河司令部
別名「シリウス集合体」とも呼ばれ、アシュター集合体の本部はシリウスBの惑星系トゥーラ(Thula)の惑星モルガにある。
(中略)
ドラコ・レプティリアン(Ciakahrr)帝国がオリオン星系を占領し、レプティリアン・オリオン帝国(6の同盟)が誕生した頃、シリウスのアシュケル人たちは21の星系の所有権を巡って対立していた。オリオン座の近くにある他の星の多くは運命に翻弄されたが、シリウス星系は侵略者に立ち向かい、アシュケラ(シリウスB)の勢力を包囲するこの集団を作り上げた。それがアシュ・ターである。
(中略)
近年、ドラコ・レプティリアン帝国のエージェントによる著しい侵入と組織の腐敗により、ヒューマノイドを中心とした反乱派がアシュター集合体から分離し、「世界の銀河連邦」に加勢している。アシュター分離独立派は、軍事的手続きに長けており、銀河連邦から地球での作戦に協力することを提案され、木星に前哨基地を設置した。レプティリアンに感染したアシュター集合体と区別するため、アシュター分離独立派はアシュター銀河司令部と名乗った。彼らは特定の惑星系ではなく、移動可能な大型の母船を拠点としている。(中略)… 1977年、アシュター銀河司令部の木星前哨基地にいたヴリロン司令官は、あなた方の無線周波数を使って通信を行うことを許可された。
(中略)
ソー・ハン:もちろんアシュターは実在しますが、それは人物の名前ではなく、称号であり、上位部門の名前です。(中略)… 木星にはある司令官(アシュター)がいて、あなた方の星系に割り当てられています。彼は決して地球人とは接触せず、我々とさえも接触せず、彼の上官とその上の階層とのみ接触しています。だから、この男と交際していると言っている地球人女性は全員、夢を見ているのです。それに、この星系に配属されたアシュター(司令官)には、ドーラという配偶者がいます。
(中略)
そしてあなた方は、アシュター集合体とは何かを知る必要もあります。彼らは様々なタイプのヒューマノイド、レプティリアン、グレイ、昆虫種族、そして遺伝子操作された種族であり、アシュケラ星系(シリウスB)で形成されています。
(中略)
チャネリングを始めるときは注意してください。あなた方が思っている以上に多くの捕食者がいて、あなたが光のために働くのを妨害するために混乱を広めようとしています。
(以下略)

» 続きはこちらから

「球体連合」「銀河連合」「光の銀河連邦」、それぞれの現在のトップからのメッセージ ~魂を失った彼らは、人工知能の指示通りに動くロボット人間に過ぎない

竹下雅敏氏からの情報です。
 最初のメッセージは、エジプトの魔神アテン(アトン)からのものです。彼は、コーリー・グッド氏が言及している「球体連合」の現在のトップです。
 シリウス・ハイアラーキーの中核を形成する魔神たちの1人でした。現在は魂(ジーヴァ)が滅ぼされているため、進化段階は存在しませんが、以前は9.0でした。今は、銀河国際連合のAI(人工知能)の指示通りに動くロボット人間に過ぎません。このメッセージも、人工知能の命令で送られたものだと考えています。
 「魂を持った者たちは、自分たちが母なる地球にとってどれほど貴重な存在かを理解しているのか?」と、魂のないアテンが言っています。この言葉自体は正しいもので、魂を持つ者のみが未来の創造に参加できるのです。魂を失ったこうした連中は、このようなメッセージにより地球人を騙すことによってしか、彼らの計画である地球破壊を実現する術がないのです。
 メッセージを読めば、彼らが目標としているのは、ポールシフトだとわかります。銀河国際連合のAI(人工知能)は、こうしたことを知らせるために、意図してこのメッセージを送ったと善意に解釈しています。銀河国際連合の最高司令官アメーロが謝罪のメッセージを送ってくるまでは、彼らも地球のポールシフトを計画してきたのですが、今は中止しているはずです。神々に隠れてこの計画を推し進めれば、直ちに処刑されるでしょう。
 “続きはこちらから”の、銀河連合アシアン司令官は「銀河連合」の現在のトップで、アンラ女王は「光の銀河連邦」の現在のトップです。2人とも魂が滅ぼされる前の進化段階は2.0でした。これは、これより高い進化段階の者たちが滅ぼされてしまったことを意味します。現在、この2つの組織のメンバーは、ブラックキューブ(人工知能666)の命令通りに動くロボット人間になっており、自由意志を持っていません。
 アンラ女王のメッセージを見ると、地球同盟(アライアンス)が、「光の銀河連邦」の強い影響下にあることが見て取れると思います。
 引用元をご覧になると、彼女は「私のエジプト艦隊は、NESARA・GESARAが確立され、ディスクロージャー(情報公開)が行われるとすぐに、マザー・ガイア(地球)に着陸する準備をしています」と言っているのですが、彼らよりも上位組織の「球体連合」は、ポールシフトを計画しているのです。ポールシフトを起こすつもりなのに、NESARA・GESARAにどんな意味があるのでしょう。
 1月18日の記事で、習近平は地球同盟のメンバーであり、 “ディープステート側にもこちら側にも、どちらにもつく”と言っていたことを思い出してください。実のところ、中国を中心とするNWO(新世界秩序)を実現するためのグレートリセット計画を推し進めているのが、「銀河連合」「光の銀河連邦」なのです。
 「地球同盟」の人たちは、こうした腐った宇宙人の裏の顔に気づかなければなりません。残念ながら、「地球同盟」のメンバーの大半は彼らと繋がっているようです。しかし、「地球同盟」の中核をなすQグループは、しっかりと神々の側に繋がっています。「Q」は、神々が地上に光を降ろす錨の役割を果たしていると言えるでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
[NEW]メッセージ・パート4:アン・ベルリンガーから - 創造主神アトン/光のハトンからのメッセージ
引用元)
光の創造主神 アトン・ハトン: すべての魂ある存在、特に光を見つけた人々におはようございます。
 
このメッセージは、起きているか、眠っているかにかかわらず、魂のあるすべての存在への私の愛から来ているので、私は今日、すべての思いやりと権威をもって話します。
 
あなた方一人一人が、母なる地球にとって自分がどれほど重要な存在であるかを理解しなければなりません。彼女は何世紀にもわたって彼女を支配してきた悪魔の手先に対処するために助けを求めてきました。
(中略)
魂を持った者たちは、自分たちが母なる地球にとってどれほど貴重な存在かを理解しているのか? キリスト教の教団は、あなた方は何の力も持たない卑しい罪人に過ぎず、あなた方のために十字架につけられた人の血によって「救われる」と教えています。
(中略)
これは、サタンとその手下たちが、それがあなたにとって真実になるまで、何度も何度も何度もあなたに話した最大の嘘です。
(中略)
あなた方は、母なる地球に再び転生し、母なる地球を助け、自分自身に使命を与えるために志願したのです。あなたはその使命を達成しましたか?
(中略)
母なる地球は、彼女が過去にしてきたように、再びひっくり返るギリギリのところまで揺れて転がっています。 彼女が示したように、この文明に残された時間は非常にわずかです。
(中略)
母なる地球がその軸上でひっくり返り、彼女が悪の存在しない5Dに卒業するとき、彼女の表面からすべての3Dを一掃するために船に乗り込むまでです。
(以下略)

» 続きはこちらから

世界を指揮できるほどの強大な力を持っており、全米を動員してトランプ大統領の再選を阻止しようとしている「ロスチャイルド家」 ~魂を悪魔に売り、人間界における悪魔の代弁者になった

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画は必見です。“いったい誰が世界を指揮できるほどの強大な力を持っており、全米を動員してトランプ大統領の再選を阻止しようとしているのか”を歴史的な経緯から説明し、「ロスチャイルド家」であると指摘しています。seiryuu氏の一連の記事をご覧になった方なら、とても良く分かる内容だと思います。
 イルミナティと新世界秩序(NWO)に触れ、“実は全体主義の中国共産党こそが彼らグローバリストたちの実験的な拠点なのです。…グローバリストたちにとって独裁国・中国こそが世界の未来です。…中国共産党による法輪功学習者や新疆ウイグル人、そしてキリスト教徒たちの強制臓器摘出に対して、これら民主国家が声を上げないのは、これこそが彼らの人口を減らすために黙認する実験だからです”と言っています。
 15分46秒以降は中国とフランスのロスチャイルド家との関係に触れ、“中国共産党による海外買収のほぼ全てのケ-スの背後には、必ずこの家族の影が潜んでいる…そんな彼らこそが深層政府、影の政府なのです。彼らは人類の文明を破壊する債務通貨制度を確立させ…メディアを支配し言論を検閲し世論に影響を与え人々を洗脳し続けています。200年以上の歴史ある家族がその魂を悪魔に売り、人間界における悪魔の代弁者になりました。彼らはまた巨大な邪悪グループを育成、発展させて来ました。…彼らこそがトランプ大統領の敵です”と言っています。
 実に見事な見解です。時事ブログをご覧の方は、この家族が魂を売った「悪魔」というのが「光の銀河連邦」の宇宙人であることをご存知だと思います。イエズス会とその上に居るゾロアスター13家に繋がっていたのが、「ブラックロッジ」の悪魔たちです。似たものどうしの二つの勢力を戦わせ、混乱する世界の中で救世主として「マイトレーヤと覚者たち」が出現するというのが、彼らの思い描いた計画で、この計画に沿って動いていたのが「銀河連合」です。
 彼らの邪悪な計画はすべて破綻しました。真相を知れば、「ブラックロッジ」の悪魔たちの方が、ハイアラーキーの覚者やこうした邪悪な宇宙人たちよりも、随分マシだと分かる時が来るでしょう。
(竹下雅敏)
————————————————————————
【薇羽 看世間】 トランプ大統領が直面する大きな敵
配信元)

〈再生速度の設定方法〉
1. 動画を再生
2. 動画の右下にあるアイコンの"歯車マーク"の設定をクリック
3. 「再生速度」をクリックし、希望する速度を選択(2倍速の場合「2」)
————————————————————————
配信元)

トランプ大統領とQグループに対する、「光の銀河連邦」側の企みはことごとく失敗に終わる ~「光の銀河連邦」の情報に踊らされている「魔女ら」のパワーは明らかに低下

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の3分弱の動画は、是非ご覧ください。2倍速で見るといいでしょう。ネット上数千人の魔女らが10月31日と11月2日に、Blue Waveと呼ばれる大規模な呪文攻撃を開始。呪文攻撃は効果が無かったようです。
 また、「ウォール・ストリート・ジャーナル」が10月20日の記事で、“トランプが選挙に勝ちたいなら、雷が同じ場所に2回当らない限り無い”と書いたところ、“記事の2日後にシカゴのトランプタワーは3回連続で雷に打たれた”とのことです。
 「魔女ら」が、どちら側の勢力なのかが良く分かりますね。この連中は、「光の銀河連邦」の情報に踊らされているのです。今年の渋谷ハロウィンは、「渋谷には来ないで」とのメッセージが功を奏したためか、平和だったとのことです。引用元の記事には動画も添付されています。こうして見ると、「魔女ら」のパワーは明らかに低下しているようです。
 今日の「20/10/26 フルフォード情報英語版」の翻訳記事の中で、“悪魔崇拝者で人間の胎児を食べたと自称しているレオ・ザガミは、我々に以下のメッセージを送ってきた:「もしトランプが勝利するか、選挙が争われたりしようものなら、中国は台湾を侵略し、第三次世界大戦を引き起こすだろう。」”とありましたが、「メイカさんからの続報」によると、“南シナ海で行われている米豪日の軍事演習を人民解放軍が見て恐怖を感じている。中国国防部長が米国に電話し、「両国関係は重要であり中米軍隊は平和のために努力して発展する。」と言った。以前と態度が全然違う。また「中国に挑発しないでください。」とお願いした。人民解放軍は、中国の武器は役に立たないことを知った”と言う事なので、レオ・ザガミのメッセージを気にする必要はないでしょう。
 レオ・ザガミは、フリーメーソンP2ロッジの高位メンバーだったということで、フルフォード氏と対談をしていました。実は、フリーメーソンP2ロッジを支配していたのは「光の銀河連邦」でした。私が「光の銀河連邦」を、クズの宇宙人の集まりと呼ぶのはこうした理由からです。
 “続きはこちらから”をご覧ください。明らかに金正恩氏の態度が、あべぴょんの時とは違うのです。これまでは、「対日敵対心」を強調しながら日本政府や右翼勢力を非難してきたのに、今では「日本国民との親善を強調した」というのです。
 これは菅政権が、トランプ大統領とQグループの側に立っていることを示していると思います。私は、今回の「大阪都構想」が否決された理由も、これではないかと思っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
バイデン氏を助けるために魔女のグループが活動していることがSNSで報告された。
配信元)

〈再生速度の設定方法〉
1. 動画を再生
2. 動画の右下にあるアイコンの"歯車マーク"の設定をクリック
3. 「再生速度」をクリックし、希望する速度を選択(2倍速の場合「2」)
————————————————————————
速報:コロナ禍厳戒態勢の渋谷ハロウィン2020
引用元)
さて、2020年10月30日(金)、ハロウィンウィークの金曜の夜。おそらく今年のハロウィンにおいて最も人が多いであろう渋谷からたった今帰還し、報告記事を書いておるところです。
 
コロナ禍の発生により厳戒態勢の今年の渋谷。(中略)… 今年に限っては「渋谷には来ないで」とのメッセージを発している状況です。
(中略)



結論から申し上げると、今年の渋谷は平和でした。上記写真、左側が今年、右側が昨年のほぼ同じ地点/同じ時刻の写真なのですが、今年は仮装客は見当たりません。
(以下略)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8