アーカイブ: 光の銀河連邦

キンバリー・ゴーグエンさん「実際にホワイトハウスを動かしているのはトゥーレ協会とハプスブルク家である」 ~トランプ、習近平、プーチン、モディは処刑されて、もはや存在しません

竹下雅敏氏からの情報です。
 地球上の戦いは、「カバールvs地球同盟」の形をとっているのですが、これは形だけで、この二つの陣営の両方にいたのがトランプと習近平でした。カバールを支配していたのがオリオングループで、彼らは「光の銀河連邦」の一組織でした。
 「銀河連合」を名乗る宇宙人組織は、形の上でオリオングループと戦争をしていましたが、全てをコントロールしていたのは、「銀河連合」を含む上位組織の「連邦」であることが、ヤスヒ・スワルーたちの証言からはっきりとしました。
 さて、キンバリー・ゴーグエンさんの記事やロマーナ女王のテレグラムから、「光の銀河連邦」では革命が起こったことが分かります。今では、「光の銀河連邦アライアンス」が地球の守護者であるとのことです。
 「光の銀河連邦アライアンス」から追放されたオリオングループは、昨日滅びました。カバールの中枢であるブラックサン(裏のイルミナティ)は、後ろ盾がなくなりました。どうするつもりなのでしょう。この連中は、上からの指示が無ければ何もできないのです。
 キンバリー・ゴーグエンさんは、「実際にホワイトハウスを動かしているのはトゥーレ協会とハプスブルク家である」と言っています。トゥーレ協会は駆除の対象組織であり、近く滅ぼされます。ハプスブルク家の当主がブラックサン(裏のイルミナティ)のトップでしたが消えました。
 一方の地球同盟ですが、トランプ、習近平、プーチン、モディは処刑されて、もはや存在しません。トランプがいないことは、ロマーナ女王のテレグラムからも確認できると思います。
 「波動」を調べることができる方は、上記の人物の肉体(狭義)の「身体」の波動が無いことを確認してください。また、確認の際に未来の日時を入れると、近く処刑されて消える人物が誰なのかも分かります。世界中のトップの政治家が次々に消えることが分かるでしょう。 
 このように、背後ではとても大きな変化が起きているのです。時事ブログでは以前から、“権力にしがみ付く者には未来がない”と警告して来たのですが、この通りに動いています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トランプに一番似合うライオンは?
引用元)
(前略)
トランプ氏がホワイトハウスを去ったときのことを振り返ってみよう。キム氏によれば、彼は戒厳令を宣言し、軍がコントロールすることになった。(中略)… 新政権は、国を滅ぼすために汚い仕事をすることでスケープゴートになり、軍(厳密には宇宙軍が支配している)に指示され、ドナルド・トランプはある種のリーダーだったのです。
(中略)
キムは、運命の椅子が今年マラ・ラーゴに移されたのは、正確な時間にトランプが次に座ることになっていたからだと説明した。(中略)… トランプ氏は言われた通りに正確な時間に椅子に座り、キム氏を上座にしてバックエンドシステムをコントロールするという素晴らしい贈り物を期待していたのだ。しかし、トランプ氏が持参した機器からシステムにアクセスしようとしても、何も起こらなかった。
(中略)
彼が約束したのは、軍の将軍たちへの契約だけではなかった。例えば、10月4日に大統領に復帰するとか、10月6日にお金を払う(悪名高いRV車)とか、いろいろな話が飛び交っていました。ディナークロニクルはおそらく、新月や満月になると自動配信のプログラムが組まれていて、奴隷たちにRVマネーが配布されることを知らせるのでしょう。
(中略)
サイコパスたちは、トランプ氏にはできないことを理解しつつあるのかもしれません。これには、マイケル・フリンのような口の固い将軍や、トランプの列車に乗っていた人たちも含まれます。彼らは皆、トランプに背を向け始めています。
(中略)
キムが明らかにしたもうひとつのことは、実際にホワイトハウスを動かしているのはトゥーレ協会とハプスブルク家であるということだ。(中略)… トゥーレ協会は宇宙軍を支配しているので、宇宙軍に命令を下していたのはトゥーレ協会であり、それがバイデン政権であると彼女は推測した。トゥーレ協会は、アーコンズをはじめとするネガティブな優生学プログラムにも深く関わっている。
(以下略)

» 続きはこちらから

カナダのロマーナ女王「トールホワイティ(地球外生命体)の奴隷にされた悪いグレイもいれば、他の光の存在と共に地球とそこに住む人々を守るために戦った良いグレイもいる。…奴隷にされていた ETは解放され、今も解放され続けている」

竹下雅敏氏からの情報です。
 カナダのロマーナ女王の興味深い投稿です。グレイと思われる画像と共に、「光の存在(光の世界の同盟)は、地球を守っています。」と言っています。
“トールホワイティ(地球外生命体)の奴隷にされた悪いグレイもいれば、他の光の存在と共に地球とそこに住む人々を守るために戦った良いグレイもいる。…奴隷にされていた ETは解放され、今も解放され続けている”と書かれていますが、これはキンバリー・ゴーグエンさんの情報と一致していると思います。 
 11月22日の記事で、キンバリー・ゴーグエンさんの「A Hierarchy in Shambles (Kim Goguen – Part 2)」と題する記事を紹介しました。キンバリー・ゴーグエンさんの記事は、2020年11月に書かれたもののようです。記事の中で「The Order」と題する闇の世界の支配構造を表すピラミッドが描かれており、“「The Order」は今ではほとんどなくなってしまい、残っているものは全くの無残な状態である”と書かれていました。
 この時から約1年後の2021年11月8日に「ブラック・ロッジが完全に解体」されたわけです。「闇の組織」で革命が起こり、ブラック・ロッジによって奴隷にされていた ETは解放され、ユニバーサル・カウンシルと言う組織を立ち上げたのでしょう。彼らは以前、「光の銀河連邦」と名乗っていた宇宙人たちです。
 ロマーナ女王は「光の存在の世界の銀河系連合」と言っていますが、こちらの記事では、「光の銀河連邦アライアンス」と言う言葉が出てきます。「光の銀河連邦アライアンス」の評議会がユニバーサル・カウンシルだと思われます。
 ロマーナ女王は、「私たちが知っていたすべての科学と歴史は嘘でした。…多くのクリスチャンはこの件について厳しい時間を過ごすことになるでしょう」という転送メッセージを載せています。クリスチャンだけではなく、他の宗教の信者も同様でしょう。「連邦」の宇宙人も同じです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ロマーナ女王からのメッセージ12/2【2】
今日はかなり踏み込んだメッセージを投稿しています!
 
ロマーナ女王 テレグラムより✨ 

原文

(中略)

📍📍📍📍📍📍📍📍📍📍📍


 画像はシャンティ・フーラがFacebookに差し替え
(中略)
📍📍📍📍📍📍📍📍📍📍📍 
 
光の存在(光の世界の同盟)は、地球を守っています。 
 
だから、ユニークな姿のゲストが私たちの木の上にぶら下がっていたら、彼らは良い人たちだと思ってください。
(中略)
📍📍📍📍📍📍📍📍📍📍📍
 
グレイには様々な種類がある。
トールホワイティ(地球外生命体)の奴隷にされた悪いグレイもいれば、他の光の存在と共に地球とそこに住む人々を守るために戦った良いグレイもいる。
 
そして、地球とそこに住む人々を守るために、 他の光の存在と一緒に戦った善良なグレイもたくさんいます。
 
📍📍📍📍📍📍📍📍📍📍📍
 
奴隷にされていたET(グレイの種族だけでなく、その多くが)は解放され、今も解放され続けている。 
 
悪いET(空、地下、地表での戦いで殺されなかったET)は 捕らえられ、地球から追い出された - 裁判と罰を受けるために世界から連れ去られた。
(以下略)
————————————————————————
ロマーナ女王からのメッセージ12/2
ロマーナ女王 テレグラムより✨ 
 
原文

(中略)
➡️光の存在の世界の銀河系連合からの兄弟姉妹が空や物理的な形で現れるのを見ることができます👽。
 
そして、そうなりました😊☝️🙏。
 
🐸🐸🐸🐸🐸🐸Q🐸🐸🐸🐸🐸🐸Q🐸🐸🐸🐸🐸🐸Q🐸🐸
 
平和と繁栄。または滅びる。
 
私は政治をしない。
 
HRH陛下の女王ロマーナディドゥロ、 
国家元首、最高司令官。
政府の長である
カナダ王国の大統領兼女王
#wwg1wga🙏🇨🇦🇺🇸🌎
https://t.me/romanadidulo
(以下略)

» 続きはこちらから

「ユニバーサル・カウンシル(宇宙評議会)」とは、光の銀河連邦の宇宙人が立ち上げた組織 ~キンバリー・ゴーグエンさんが、闇の支配者マルドゥクを倒したことがきっかけとなって革命が起きた

竹下雅敏氏からの情報です。
 悪魔崇拝イルミナティは、「サンヘドリン(表のイルミナティ)」と「ブラックサン(裏のイルミナティ)」の2派に分かれます。
 “地球には、人間のゲノムをいじくり人間を操作してきた「36種族の地球外生命体」が住み着いており…地球のレベル6(3.0次元7層の第6亜層)よりも低い層の「DUMB(深層地下軍事基地)」を破壊した。…地球内部に住み着いている地球外生命体の殆どが人類を嫌っている。…現在、ユニバーサル・カウンシルの女王が地球を統治している”とキンバリー・ゴーグエンさん(Kimberly Goguen)は説明しています。
 時事ブログでは、随分と前から「表のイルミナティ」はブラック・ロッジの支配下にあり、「裏のイルミナティ」は光の銀河連邦を通じてホワイト・ロッジ(ハイアラーキー)の支配下にあると指摘しています。“続きはこちらから”の【光と闇の相関図】を参照してください。
 上記のキンバリー・ゴーグエンさんの説明と相関図から、「ユニバーサル・カウンシル(宇宙評議会)」とは、光の銀河連邦の宇宙人が立ち上げた組織だということがわかるはずです。キンバリー・ゴーグエンさんが、闇の支配者マルドゥクを倒したことがきっかけとなって、革命が起きたのです。
 実のところ「光の銀河連邦」は、形の上ではブラック・ロッジに属する組織だったのです。それが何故、相関図ではハイアラーキーの支配下として描かれているのでしょう。
 実はハイアラーキーの支配者ルシファー(サナット・クマーラ)とブラック・ロッジの支配者マルドゥクの間に密約があったのです。「昔、マンティスがテクノロジーを伴ってルシファーに関する取引をした」と書かれている通りです。
 第2次世界大戦をホワイト・ロッジ(ハイアラーキー)側が制したことで、既に決着はついていたのです。それまではブラック・ロッジの支配下にあった「光の銀河連邦」を、ルシファー(サナット・クマーラ)が直接支配することになりました。見返りとして、アセンション後の3.0次元の地球の支配者はマルドゥクでした。
 2017年6月22日の記事で、“ルシファーは、サナット・クマーラの別名ですが、闇の館(ブラック・ロッジ)の支配者に与えられた名前だと考えられる…キリスト(救世主)は役職名であり、個人名はマイトレーヤであるように、ルシファーは、闇の大王を意味する役職名で、個人名はマルドゥクであったはずです…地獄の悪霊たち(闇の館の大主たち)と、ハイアラーキーおよびシャンバラとの間に密約が存在し、彼らの意に沿わない人物を、いわゆるアセンションと呼ぶイベントによって抹殺した後は、カバールの頂点に君臨するルシファーが人類を支配することが、あらかじめ決められていた”と説明した通りです。
 しかし、当の「光の銀河連邦」の宇宙人は、その事をまったく知らなかったのです。ルシファー(サナット・クマーラ)の命令は、「光の銀河連邦」のトップのサウルへ直接伝えられ、ルシファーがサナット・クマーラであることを知っていた宇宙人は、ほとんど居ませんでした。
 サナット・クマーラが滅びた後は、「連邦」のトップであったアルキメデスがルシファーに成りすまして命令を出していました。このように「連邦」は地球の混乱に対する直接の責任があるのです。彼らは決して地球人に対して謝罪をしないのだから、「連邦」の宇宙人が滅ぼされるのは当然なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
KERRY CASSIDY & KIMBERLY GOGUEN: UNIVERSAL COUNCIL, TRUMP, BLACK SUN, ETs, WHO CONTROLS THE WORLD
配信元)
————————————————————————
11/6-その1 DSと戦っているユニバーサル・カウンシルについて
引用元)
(前略)
悪魔崇拝イルミナティはサンヘドリンとブラックサンの2派に分かれる。(中略)… ブラックサンはナチスとつながっている。しかし数年前にサンヘドリンとブラックサンが分裂。そのためブラックサンの勢いが増した。ブラックサン側にいる者たちは人々の死を何とも思わない。
(中略)
地球上にはマンティスやドレイコ(ドラコニアン)以外に36種族の地球外生命体(彼等は人間のゲノムをいじくり人間を操作してきた。)が住み着いておりアヌンナキが地球を完全に支配しているわけではない。
(中略)
ドレイコが2016年に地球から追放された後、36種族が地球のレベル6よりも低い層のダム(この意味がわかりません。)を破壊した。そして女王(ユニバーサル・カウンシル側?)が地球を統治するようになった。
(中略)
地球に影響を及ぼしていたドレイコがいなくなった後、マンティスとの取引を行った。(中略)… マンティスはそもそもテクノロジーのクリエーターだった。彼等は地球だけでなく宇宙のどこにでも存在する。
(中略)
地球内部に住み着いている地球外生命体の殆どが人類を嫌っている。(中略)… ドレイコはこの地球のロード(領主)だった。独立記念日まではドレイコの配下の者たちは奴隷だった。ドレイコの上にいたのが軍を使っていたアブラクシス。昔、マンティスがテクノロジーを伴ってルシファーに関する取引をした。以降、人類は家畜になった。
(中略)
ユニバーサル・カウンシルはマスターではなく共同体である。トップに宇宙の全ての種族の代表者が集まる全宇宙の評議会があり、その下に目的に応じた支部が複数存在する。ここには法廷とも呼ばれる組織が存在し宇宙の法則に違反した者たちが裁かれる。これらの組織のメンバーは6次元以上の存在。6次元以上の存在は肉体を持つか持たないかを自分で決めることができる。
(中略)
現在、ユニバーサル・カウンシルの女王が地球を統治している。Mは死んだ。カウンシルはAIのシステムを完全に停止させた。
(以下略)

» 続きはこちらから

球体連合、銀河連合、光の銀河連邦、コブラのRM(レジスタンスムーブメント)の全てのメンバーの死刑が確定! ~彼らによる断末魔とも言える最後の抵抗

竹下雅敏氏からの情報です。
 “地球アライアンスから72時間の宇宙気象警報が発せられた”ということで、国立天文台太陽観測科学プロジェクトのツイートによると、“太陽での一連のフレアに伴うコロナ質量放出 (CMEs)の一部が、26~27日に地球に到来すると予想される”とあります。
 こうした現象に伴って、片頭痛や心臓の動悸、血圧の上昇などの症状が出るかもしれないというのですが、アセンションとは何の関係もありません。現実問題として、私も妻も「フレアに伴うコロナ質量放出 (CMEs)」の影響を受けています。非常に体が緊張します。
 しかし、こうした体の緊張は、太陽フレアによるものだけではありません。冒頭の記事に、“次の72時間以内にDNAのアップグレードが起きます”という妄想が書かれているように、今回の「72時間の宇宙気象警報」には、球体連合、銀河連合、光の銀河連邦、コブラのRM(レジスタンスムーブメント)が関わっているのです。
 “続きはこちらから”のコブラ情報をご覧ください。「今はレジスタンス軍にとってもプレアデス艦隊にとって非常に困難な時期であり、地上の住人の支援を必要としています」とあります。
 実のところ、クモタカクソビユルミコトのクーデターに先の4つの組織が関与していたことが発覚し、全てのメンバーの死刑が確定したのです。そのために、彼らは断末魔とも言える最後の抵抗として、地球人を道ずれにしようとして、攻撃をしているのですが、彼らに出来るのは「片頭痛や心臓の動悸、血圧の上昇などの症状」を起こす程度の太陽フレアでしかありません。ソーラーフラッシュなど、彼らには逆立ちしても起こせません。
 私がこの記事を書いている以上、先の組織の幹部連中は28日午前0時に処刑されるでしょう。残りのメンバーがいつ処刑されるのかは分かりませんが、地球の解放が終われば、彼らは宇宙から消えることだけは、これで確定しました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
5/26-その1 地球アライアンスから宇宙気象警報!
引用元)
(前略)
Earth Alliance (72-Hour) Space Weather Alert!! | O.N.E. News (ournewearthnews.com)
(概要)
5月25日付け

今、地球アライアンスから地球周辺の光のリーダーたちに対して72時間の宇宙気象警報が発せられています。2021年5月25日から5月26日にかけて、宇宙粒子と太陽粒子が地球の表面に激しく衝突します。

そのため、次の72時間に以下のような激しいアセンション症状が出現するでしょう。
 
* 片頭痛に似た激しい頭痛
* 心臓の動機
* 血圧の上昇
* 急速な脱水症状
* 激しい身体の痛み
* 下部チャクラに激しい電気的なちくちく感
* 強い身体のデトックス
* 吐き気
* 情動不安
(中略)
次の72時間以内にDNAのアップグレードが起きます。あなた方がディープ・デルタ(レム睡眠)に入ると、宇宙の光のデータがあなた方のDNAに浸透していきます。この後、DNAが記録され、重構造の体組織が再起動され、再び(神の?)ネットワークに接続され、完全に活性化されます。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから

「アシュター集合体とアシュター銀河司令部」の違い ~「光の銀河連邦」からのメッセージは、ドラコ・レプティリアンに支配された「アシュター集合体」からのメッセージ

竹下雅敏氏からの情報です。
 今回も「コズミック・シークレット JAPAN」さんの記事から、重要な部分を引用しています。
 ETコンタクティーのエレナ・ダナーンの情報が興味深いものでなければ、マイケル・サラ博士がインタビューを行うわけがないので、彼女の情報はコーリー・グッド氏らの情報と比べても、ある程度整合するものと考えられます。
 記事では、エレナ・ダナーンの著作の中から、「アシュター」に関する記述が抜粋されており、この部分は十分に納得できるものです。まず、「アシュター集合体とアシュター銀河司令部」の違いを説明しています。
 アシュター集合体とは、“(ドラコ・レプティリアン帝国がオリオン星系を占領し、オリオン・レプティリアンに支配された)様々なタイプのヒューマノイド、レプティリアン、グレイ、昆虫種族、そして遺伝子操作された種族”のことで、アシュケラ星系(シリウスB)を中心としているとのことです。
 一方、ヒューマノイドを中心とした反乱派がアシュター集合体から分離し、アシュター分離独立派は「アシュター銀河司令部」を名乗り、「世界の銀河連邦(銀河連合)」と提携し、木星にアシュター銀河司令部の前哨基地を有しているという事です。
 これらの説明は、コブラ情報を理解する上でも重要です。アシュター集合体とは、「光の銀河連邦」のことです。トレック氏は、“「光の銀河連邦」(シリウスB) は「銀河連邦」とは全く別組織”と言っています。ややこしいですが、トレック氏の「銀河連邦」を、時事ブログでは「銀河連合」と言っています。「銀河連邦と光の銀河連邦の違いについて」の記事も参照してください。
 要するに、「光の銀河連邦」からのメッセージは、ドラコ・レプティリアンに支配された「アシュター集合体」からのメッセージなのです。ですが、真の支配者は「地球ハイアラーキー」でした。ややこしいですが、例えば、イスラエルとパレスチナの争いで、パレスチナのハマスを真に支配しているのはイスラエルの「モサド」だというのに似ています。
 “続きはこちらから”の最初の記事では、本人が「私はアシュター集合体…をチャネリングしたセッションをしました」と言っているので、わかりやすいですね。ドラコ・レプティリアン側の闇の組織のチャネリング情報を、本人は「光の勢力」からの情報だと信じ切っているのです。
 最後の記事では、情報源が「私は光の銀河連合の司令官アシュターです」と名乗っていますが、「地球同盟」からのものです。これらの情報が、内容的に似通っていることから、「地球同盟」は「アシュター集合体」からの情報と「銀河連合」からの情報の区別がついていないようです。
 時事ブログでは、「光の銀河連邦」は(裏の)イルミナティを支配してきた邪悪な組織で、「銀河連合」は相対的な光の組織であり、神の敵であると指摘して来ました。
 最後に、エレナ・ダナーンが接触したプレアデス人のソー・ハンは、「木星にはある司令官(アシュター)がいて…彼は決して地球人とは接触せず、我々とさえも接触せず、彼の上官とその上の階層とのみ接触しています」と言っています。時事ブログでは、本物のアシュター司令官はすでに死んでいて、アシュターの名で情報を送って来るのはニセモノだと指摘して来ましたが、ソー・ハンは、木星の前哨基地のアシュターであるヴリロン司令官が、すでに死亡していることを知らないのかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
4/8追記 マイケル・サラ&エレナ・ダナーン「ETコンタクトと銀河連邦」
引用元)
(前略)
アシュター集合体とアシュター銀河司令部
別名「シリウス集合体」とも呼ばれ、アシュター集合体の本部はシリウスBの惑星系トゥーラ(Thula)の惑星モルガにある。
(中略)
ドラコ・レプティリアン(Ciakahrr)帝国がオリオン星系を占領し、レプティリアン・オリオン帝国(6の同盟)が誕生した頃、シリウスのアシュケル人たちは21の星系の所有権を巡って対立していた。オリオン座の近くにある他の星の多くは運命に翻弄されたが、シリウス星系は侵略者に立ち向かい、アシュケラ(シリウスB)の勢力を包囲するこの集団を作り上げた。それがアシュ・ターである。
(中略)
近年、ドラコ・レプティリアン帝国のエージェントによる著しい侵入と組織の腐敗により、ヒューマノイドを中心とした反乱派がアシュター集合体から分離し、「世界の銀河連邦」に加勢している。アシュター分離独立派は、軍事的手続きに長けており、銀河連邦から地球での作戦に協力することを提案され、木星に前哨基地を設置した。レプティリアンに感染したアシュター集合体と区別するため、アシュター分離独立派はアシュター銀河司令部と名乗った。彼らは特定の惑星系ではなく、移動可能な大型の母船を拠点としている。(中略)… 1977年、アシュター銀河司令部の木星前哨基地にいたヴリロン司令官は、あなた方の無線周波数を使って通信を行うことを許可された。
(中略)
ソー・ハン:もちろんアシュターは実在しますが、それは人物の名前ではなく、称号であり、上位部門の名前です。(中略)… 木星にはある司令官(アシュター)がいて、あなた方の星系に割り当てられています。彼は決して地球人とは接触せず、我々とさえも接触せず、彼の上官とその上の階層とのみ接触しています。だから、この男と交際していると言っている地球人女性は全員、夢を見ているのです。それに、この星系に配属されたアシュター(司令官)には、ドーラという配偶者がいます。
(中略)
そしてあなた方は、アシュター集合体とは何かを知る必要もあります。彼らは様々なタイプのヒューマノイド、レプティリアン、グレイ、昆虫種族、そして遺伝子操作された種族であり、アシュケラ星系(シリウスB)で形成されています。
(中略)
チャネリングを始めるときは注意してください。あなた方が思っている以上に多くの捕食者がいて、あなたが光のために働くのを妨害するために混乱を広めようとしています。
(以下略)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8