アーカイブ: 悪魔崇拝

幼児の悪魔への生贄儀式で得られるアドレノクロム!〜 その話題を取り上げたトルコの国営テレビやオーストリアのメディア

竹下雅敏氏からの情報です。
 トルコの国営テレビ番組が、アドレナクロムの話題を取り上げたとのこと。こちらのツイートによれば、“オーストリアでもアドレノクロムをメディアが放送”したということです。
 幼児を悪魔への生贄として捧げるのですが、虐待をして出来るだけ苦しめた後に殺し、アドレノクロムを大量に含む犠牲者の血を飲み、陶酔に浸るわけです。
 生贄の儀式に参加して血を飲む悪魔崇拝者たちは、いわば「おさがり」を戴くわけで、悪魔の方はネガティブな感情(ルーシュ)を吸い取るのです。  
 ここでの悪魔は「ネガティブなエイリアン」なのですが、「表のイルミナティ」の場合はブラックロッジ(闇の館)の大主たちであり、アルコーンとその下にいるドラコニアン、レプティリアンです。しかし、「裏のイルミナティ」の場合は、ハイアラーキーの(闇の)覚者たちと、彼らの部下である「光の銀河連邦」の宇宙人たちです。
 「裏のイルミナティ」のピラミッドの冠石にあたるのが、ロスチャイルド家です。内部告発者のジョン・トッド氏は「ピラミッドの頂点でその中に一つの目がついた冠石がある。それはイルミナティを支配する法廷つまりロスチャイルド家である。彼らがその創設者である」と言っています。
 もう一つのハイアラーキーの下部組織が「銀河連合」で、「光の銀河連邦」とは協力関係にあります。コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)は「銀河連合」の宇宙人の指令で動いています。
 このように、チャネリング信奉者が頼る宇宙人は基本的にクズばかりで、残念ながらまともなのを見たことがありません。私が、“チャネリング情報に近づくな”とアドバイスするのはこの為です。彼らは、日本人に対しては日本の神々の名を騙るので注意が必要です。例えば、木花咲耶姫や瀬織津姫穂乃子の名前で通信を送ってきたら、まず間違いなく偽物です。
 今日は「七夕」なので、棚機姫小妙が3.0次元まで降りて来ているのですが、3.0次元の1層に降りているので、ライトボディでないと通常の地球人では繋がりません。ですが「七夕まつり」の短冊に願いを書けば、その願いは彼女のもとに届くようになっています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
アドレナクロームがトルコの国営テレビ番組に!
配信元)
————————————————————————
既存の権力者崩壊か!……あ、ほうかい。。。
引用元)
性的人身売買の裁判を待って拘留されていた「ジェフリー・エプスタイン」は、
2019年8月に連邦拘置所内で自殺(中略)...の死によって発生した莫大な遺産を相続したのは、彼の性的なパートナーだったイギリスの社会主義者ギスレイン・マクスウェルです。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

そのギスレイン・マクスウェルアメリカ時間7月2日・午前8時30分頃に(中略)... FBIによって逮捕されました。直接の容疑は、「ジェフリー・エプスタイン」を補佐して未成年の女の子を拘束し、焼き印を押し付けた上、変態的な性的サービスを強要した罪です。

(中略)

彼女に対する取り調べにより、想像を大きく上回るセレブの芋づる式な逮捕が期待できるようです。

下馬評に挙げられている捜査対象は、ベルギー王室・スペイン王室・エチオピアのハイレセアシエ家・フランス元大統領のニコラ・サルコジ

(中略)

イギリス王室エリザベス女王、そして…平成天皇および現天皇…!で、それらは不老長寿を願うサタン信仰としての乳幼児の人肉食の疑いなのだそうです。

また今回のギスレイン・マクスウェル逮捕は、すでに拘束され取り調べを受けている英王室アンドリュー王子の証言によるもの(中略)... アンドリュー王子は
「ギスレイン・マクスウェルに性の祭典に勧誘された後、猥褻行為をビデオに撮影され、長年にわたり脅迫を受けていた。」と供述したようです。

(以下略)

ユダヤ問題のポイント(日本 明治編) ― 第11話 ― 中国蹂躙へのホワイト・ロッジの関与

 今年12月7日の竹下さんの記事に、第2次世界時に中国を始め、大陸からの莫大な金銀財宝の略奪を命じたのは堀川辰吉郎であり、それは銀河連合からの指令だったこと、そして銀河連合のバックはホワイト・ロッジであったことが明かされています。
 要するに、中国等からの金銀財宝略奪はホワイト・ロッジの意向だったのです。そしてこの中国の蹂躙と略奪、また植民地化は、第2次世界大戦以前から、具体的にはアヘン戦争前からホワイト・ロッジの意向から継続して実行されてきたのです。
 現実にアヘン戦争から中国を蹂躙し、略奪実行したのはイギリス東インド会社の悪魔崇拝海賊団です。ホワイト・ロッジの中には悪魔崇拝の闇組織が巣くっていて、そこに所属する地上メンバーが悪魔崇拝海賊団に加わっていました。
 しかしそれだけではありません。ホワイト・ロッジの悪魔崇拝ではない勢力、つまりミトラやマイトレーヤたち、それに従う地上組織メンバーも悪魔崇拝海賊団の行為に加担していたのです。その略奪等の行為は彼らの計画に基づいたものだったことが見て取れます。
 中国の蹂躙、略奪、植民地化もハルマゲドン計画の一環だったようです。
(seiryuu)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(日本 明治編) ― 第11話 ― 中国蹂躙へのホワイト・ロッジの関与

ジェイムズ・ブルースの素性 〜ブルース家とテンプル騎士団


ジェイムズ・ブルース(第8代エルギン伯爵)
Wikimedia Commons [Public Domain]

第2次アヘン戦争とも呼ばれるアロー戦争で、英軍を率いて天津条約を締結させ、その直後に返す刀で軍艦を率いて江戸に襲来し、日英修好通商条約を締結させたのがジェイムズ・ブルース(エルギン伯爵)です。彼は再開したアロー戦争でも英軍を率いて清朝を破壊し、植民地条約といえる北京条約を締結させてもいます。

この中国と日本の植民地化において大変重要な役割を果たしたジェイムズ・ブルース(エルギン伯爵)とは一体どういう人物であったのか? 結論を先に言えば、彼はテンプル騎士団、それも悪魔崇拝ではないほうのポジティブなテンプル騎士団でしょう。

テンプル騎士団はホワイト・ロッジに所属しますが、ホワイト・ロッジの中に悪魔崇拝闇組織が巨大に巣くっていました。こちらはエノクやマイトレーヤ配下の軍団長の覚者たちのグループで、この闇組織の地上組織が裏のイルミナティです。

一方、マイトレーヤ自身やミトラたちは悪魔崇拝ではありませんでした。テンプル騎士団には裏のイルミナティに属する悪魔崇拝のネガティブグループとミトラやマイトレーヤのグループに属するポジティブグループがあるのです。

ジェイムズ・ブルース(エルギン伯爵)はその家系の血統から見て、ポジティブグループのテンプル騎士団となるのです。つまりミトラやマイトレーヤのグループに所属します。

ジェイムズ・ブルースはスコットランド王であったロバート・ブルースの直系子孫です。ロバート・ブルースはイングランドからスコットランドを独立させたスコットランド王であり、その独立を決定させたのが「バノックバーンの戦い」です。数では圧倒するイングランド軍を敗退させる活躍をしたのがヘンリー・シンクレアなどが率いるテンプル騎士団でした。

ロバート1世 (スコットランド王)
Wikimedia Commons [Public Domain]

テンプル騎士団とフリーメーソン』(三交社)ではそのテンプル騎士団出現の様子やロバート・ブルースとテンプル騎士団、ならびにヘンリー・シンクレアなどシンクレア家との緊密で切っても切れない関係などが記されています。

エルサレムのヘロデ神殿を再現させたロスリン礼拝堂を建造したのがシンクレア家ですが、「あぶそるーと ロンドン」の今年1月2日記事では次のような紹介もされています。

「1314年、ロバート・ザ・ブルース王を7代目のヘンリー・シンクレア卿が力強くサポートし、見事イングランドからの独立を勝ち取っております。

このロバート1世が1329年に病死した際、王の副官であったジェームズ・ダグラス卿にヘンリー・シンクレア卿の二人の息子が選ばれ、王の遺言に従い、その心臓を銀の小箱に入れて聖地エルサレムへと帰還させようという試みが行われました。だからロスリン礼拝堂には、ロバート1世の心臓を持つ天使の彫刻が彫られているのです。」

ロスリン礼拝堂のロバート1世の心臓を持つ天使

» 続きはこちらから

19/12/07 ソルカ・ファール情報:マフィアのボスを殺したトランプ派の犯人が、民主党エリート向けに準備されたエプスティーンやモサド繋がりの悪魔主義乱交パーティーを暴くことに

 教祖とハリウッド女優が昨年逮捕されたセックス・カルト集団「NXIVM」(ネクシアム)に次いで、また変な団体が出てきました。今度は「Snctm」(サンクタム)という高級セックス・クラブです。
 母音を消しているところからして似てます(※多分、古代ローマやもっと以前の古典文化の雰囲気がして、「格調高い」とか思ったんでしょうねー。……アホらし)。
 アメリカが拠点なので、相変わらずCIAとモサドが暗躍しています。設立者は悪魔崇拝の乱交パーティー映画を見て、「カッコイイ!」と憧れを抱いたそうな。「CIA」・「モサド」・「悪魔崇拝」のコンボとなると、ジェフリー・エプスティーンも当然絡んできます。
 奴が都合よく“自殺”させられた後も、次々にエリートの悪行が暴かれていくのは良い兆候かと。でも今月もセレブを集めて乱交パーティーしてたとなると、闇側の力もまだ侮れません。
 警戒は怠ることなく、来年は光溢れる年としたいものです。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:マフィアのボスを殺したトランプ派の犯人が、民主党エリート向けに準備されたエプスティーンやモサド繋がりの悪魔主義乱交パーティーを暴くことに
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

■この記事のまとめ■
✅悪魔主義の米国セックス・クラブ「サンクタム」、モスクワでパーティーを開催してロシアの監視対象に
✅セックス・クラブの設立者は、破産寸前のハリウッド不動産業者
✅資金を渡したのは、マフィア「ガンビーノ家」のボス
✅その資金の大元は、CIAとメキシコ麻薬カルテル最高幹部
✅2019年3月にカンビーノのボスが射殺、犯人はQアノン支持者?
✅8月にセックス・クラブが売却
✅仲介者はマッキンゼー・アンド・カンパニー
✅取り仕切ったのはモサドの大物スパイ
➡つまり売却先の謎の投資会社はモサド。
✅大物スパイは、エプスティーンとも旧知の仲
✅マッキンゼー・アンド・カンパニーに以前勤務していた男が、現在は民主党大統領候補選に
✅12月にマイアミで新たな乱交パーティーを計画中

✅2016年アメリカ大統領選で最重要の日は同年10月10日
✅ロシアがエプスティーンはモサドの手先だと発表
✅隠蔽しようとしたアメリカの諜報界は、10月28日にヒラリーのメール問題について再捜査を発表
✅思惑通り以上にニュースになって、ヒラリーは大統領選で落選へ

✅セックス・クラブの売却直後、エプスティーンは“自殺”させられる
✅但し彼はマクスウェル父娘から強請り作戦を任されていただけ
✅CIAとモサドの両方の秘密を握る娘ギレーヌ・マクスウェルは現在行方不明
➡トランプとネタニヤフの保護下?
✅だからこそ民主党カバールはトランプを攻撃してくる

✅おまけ情報:
✅シティバンクとドイツ銀行のエプスティーン担当銀行家:この度エプスティーン同様に“自殺”させられる
✅仏モデル会社トップ:ギレーヌ・マクスウェル同様にずーっと行方不明
✅アメリカ有名下着会社トップ:資産を不正流用された被害者だと主張


悪党や悪の組織は、結局のところCIAのフロント


本日クレムリンに出回っている【ロシア連邦】保安庁FSB)の恐ろしくショッキングな新報告書は、今年【乱交パーティー】をモスクワで開催した米国が拠点のエリート層向けセックス・クラブ「Snctmの活動に対する監視記録を綴っていたのですが、【このPR】動画には、明らかに悪魔主義的な活動が行われている様子が映っています

【※上記リンク先、クラブのホームページのPR動画は出だし数秒で既に気持ち悪くなったので、悪魔主義の有無までは確かめていません。

サンクタムが「エリート層向け」なのは、ビバリーヒルズが拠点で年会費が6万5千ドルだから。男性はブラックタイ着用、女性はカクテル・ドレスないしは下着で出席する高級乱交パーティーを主催しているクラブです。設立者曰く、発想元は悪魔崇拝儀式を扱った映画『アイズ・ワイド・シャット』。……なんかもう、出発地点からしておかしい。

下が、クラブのロゴだそうです。プロビデンスの目に十字架とは冒涜的。元記事にはありませんが、イルミナ繋がりがよく分かるので載せておきます。】


――この秘密の国際組織2008年90万ドルの借金を抱えた殆ど破産状態のハリウッドの不動産業者デイモン・ローナーによって設立されその資金を提供したのはザ・ゴースト”【=「幽霊」(極力、表に出てこないため)】という通称で知られるガンビーノ犯罪一家のボスフランク・カリだった、と報告書には記してありました。

» 続きはこちらから

19/12/02 フルフォード情報英語版:緊張が危険な水域にまで高まり、方々に食ってかかるトランプ

 トランプさんが、あっちこっちでケンカを売っているそうです。アメリカ株式会社政府の延命のため、返済する借金を他国から強奪しようとしているのでは、とフルフォード氏は推測しています。
 今回の記事に登場するメキシコとデンマーク領グリーンランドもそうですが、ボリビアやベネズエラも資源豊富です。だからって強盗という発想はどーかと思うのですが、多分どこぞの宗教的には、異端の蛮族を救済してあげる光の道なのでしょう。十字軍による聖戦とかマジいらんのですが。
 あとは中国に対しても経済戦争を吹っかけてはりますが、こちらはアメリカが手を出さずとも中国側で勝手に崩壊しそうな状況らしいです。これまでの強引な成長で無理がたたったのかもしれません。港を作ってもらったり、鉄道を建設してくれたり、と第三世界は大変助けられているようなので、一帯一路イニシアティブで是非頑張って頂きたいのですが。

 以上のアメリカの傍迷惑な喧嘩腰の裏で、悪魔崇拝者が粛清されていっているようです。ただしフランシスコ法王が粛清する側ってのが納得いきません。
 そして毎回登場する度に「ちょっと何言ってるか分かんない」なヨーロッパ王族が、この度も脳内お花畑全開で「悪魔崇拝の洗脳されてた超~可哀想な同胞を助けて欲ちいの」とか、ふざけたこと抜かしてます。洗脳だろーが、生贄とか人間狩りとかやってたら、少なくとも今生はアウトだよ。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
緊張が危険な水域にまで高まり、方々に食ってかかるトランプ
投稿者:フルフォード

資金獲得のために喧嘩売りまくりのトランプ


ますます孤立しつつあるドナルド・トランプ米大統領が全方向へ暴言を吐き、世界の緊張は危険な沸点にまで達した。

どうやらトランプはアメリカ株式会社政府への融資に充てる資源を奪うため、デンマークやメキシコとの戦争に向けて米軍への支持を集めようとしているようだ、と複数の情報源が声を揃えていた。

売上高666億ドルという悪魔的な数字の【中国】企業がドル建て債でデフォルトに陥ったことで浮き彫りとなったのだが、中国に対する金融面での大規模な破壊活動も進められている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

同時に、トランプを支持する者たちはイギリス王室を激しく批判している。思い出してほしいのだが、トランプは既に【昨年の時点で】EUを「敵」として認定済みだ。

以上の全ての動きは、アメリカ株式会社が日本の人々の年金を盗んだにも関わらず、依然として2020年1月31日の支払い期限を守れる道が確保できていないという点と関連している。この文脈で見ると、ブレキシットが現時点では2020年1月31日に予定されているのが興味深い。


対メキシコ戦


まずはメキシコの状況を見ていこう。米国は現在、3隻の航空母艦群をメキシコの周囲に展開させている。というのもペンタゴン筋曰く、「米軍は【メキシコの】麻薬カルテル攻撃の準備を進めており、【カルテル側は】モサドによって武器を供給され訓練を施された可能性がある」そうだ。
http://www.gonavy.jp/CVLocation.html

確かに麻薬カルテルの戦闘員の一部がモサドによって訓練されていた点は、我々も独自に裏付けが取れている。

だが同時に、このメキシコに対する戦争が実際にはアメリカ株式会社を融資するために、メキシコの石油・銀・其の他の資源を盗むためのものだという点も我々は知っている。だからこそメキシコ軍は、アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール(【通称】アムロ)大統領への支持を公然と表明したのだ。
https://news.yahoo.com/mexicos-top-military-brass-offer-200001882.html

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

ロシアも、核を搭載した潜水艦を米国の海岸線沿いに【複数】展開している。そして今年始めにロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、自国は新たなキューバ・ミサイル危機に対する準備が整っていると公けの場で宣言していた。
https://www.reuters.com/article/us-russia-putin/putin-to-u-s-im-ready-for-another-cuban-missile-crisis-if-you-want-one-idUSKCN1QA1A3

これが何を意味しているかというと、トランプは強硬なままではいられないということだ。何故ならば米軍は核戦争を開始して、外国人【のカバール】が所有しているアメリカ合衆国株式会社を支えるために資源を盗んだりなぞしない。

» 続きはこちらから

19/12/04 ペーター・B・マイヤー情報:トランプ・リポート 後半

 木曜日の前半では、Qグループが背後で支えるトランプさんの達成目標と、諸々の経済指標が実は経済危機の到来を指し示している点をご紹介しました。
 後半では、この先アメリカ政界がどうなって行くかの予測、そして経済面では通貨リセット計画の詳細を解説しています。

 ただし“目覚めた”と自称する人たちにも、相当なバイアスがあります。
 たとえば今回のマイヤー氏は通貨リセット説の古株なので、未だにGESARAに肯定的です。ですが今年1月にインテルアラートのNESARAやGESARAは「カバールの作戦」だとレッド・ドラゴン大使が断言し、「インテルやコブラの波動は明らかに闇」と竹下氏もコメントしていました。また、「新世界秩序と同じであるGESARA側の新金融システムを構築しようとしているのが、フランスのロスチャイルド家であり、彼らを支援しているのがコブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)」だと指摘されています。
 そして前半でも書きましたがロシア情報に通じているソルカ・ファール女史は敬虔なキリスト教徒なため、ボリビアのクーデター政権のアニェス自称大統領がでっかい聖書を掲げたのを見て、「正義が勝った!」と手放しで賞讃しています。(※モラレス大統領はキリスト教だけでなく、先住民族の土着信仰も認めたから「悪」なんだそう。)
 オルタナ系では一番まともだと思われるTV局のRTも左派リベラルなアメリカ人司会者が多く、古株ほど「民主党の今回の騒ぎは馬鹿げているけれど、根本的にトランプは弾劾されるべき」と今週も言っていました。私が勝手にアメリカの知の巨人だと思っているクリス・ヘッジス氏もそうですし、ジェシー・ヴェンチュラ知事と息子のタイレルもそうです。
 ……現時点でこれなら、先は長いなと思わず溜め息を吐いてしまったのでした。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ペーター・B・マイヤー情報:トランプ・リポート 後半
転載元)
投稿者:ペーター・B・マイヤー

■後半のまとめ■
■前半
✅2つの異なる政府が同時並行で稼働中
✅本物の経済指標はどれも否定的

■後半
✅ディープ・ステート VS 大統領
✅弾劾の深刻な側面:弱体化した米国の経済の破綻
✅毎日約30億ドルずつ嵩んでいく財政赤字
✅インフレによる内部崩壊
✅ディープ・ステートによる「制裁」という便利な攻撃手段
✅現在の標的はベネズエラ
✅悪魔崇拝で権力掌握
✅ボリビアで政権交代、資源の横取り
✅しかし各国がドルの代替策を模索中
✅トランプとアライアンス(地球同盟?)も打倒ディープ・ステートへ

✅選挙前倒し
✅FISA報告書でアメリカ議会の9割(内8割は民主党)が更迭される
➡早々に選挙が必要となる
✅トランプ再選後は、金本位制と新金融システムとGESARA導入へ

✅世界規模での通貨リセット
✅計画では、金本位制でドル離脱をする最初の国は中国
✅既に行った気配
✅世界規模での通貨リセット
✅資金源は中国の長老たち、融資方法は209箇国の署名する金条約
✅全ての国が政府発行通貨へ
✅完遂すると現行の国際通貨システムは閉鎖
✅バチカン銀行やウクライナへの送金による資金洗浄は不可能に
✅始まりは2020年
✅兆候その1:アンドルー王子、ヒラリー・クリントン、ネタニヤフの裁判
✅兆候その2:金融界での大きな変動


ディープ・ステート VS 大統領


ディープ・ステートの二大派閥、共和党と民主党が政権の支配を巡って火花を散らしています。シフやペローシの牽引する弾劾手続きでは、【連中が】投下した爆弾や打ち上げたミサイルの1つ1つについて【ニュースの】見出しが教えてくれます。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

しかし弾劾にはもっと深刻な側面があり、それがディープ・ステートの延命および経済に迫りつつある危機なのです。これが政治経済の深層の流れと関連しているのは間違いありません。そして【この流れは】戦争・破産・恐慌・民衆の貧困へと繋がっていきます。

帝国の支配を巡る闘争が激化する中、真の脅威は無視されています。例えばローマ帝国の最後の四半世紀には、ローマ人内部での争いがあまりにも多く勃発したため、帝国は本物の【外部の】敵にまっとうな防衛体制を整えられませんでした。

また、少なくとも今世紀に変わって以降、アメリカは弱体化していっています。払えるよりも多く浪費するという昔ながらの形で、米国は倒産してしまうでしょう。

例えば米国債の価格をインフレで打ち消そうとしているのならば、米国債に頼っている年金の持ち主全員の退職後の希望も打ち消すことになります。しかも奴らが取り巻きに与える金(かね)をもっと“刷る”場合、その金を使って【本来】他の人たちのものである【筈の】物品やサービスをもっと要求する訣です。

【※刷るという単語が、「いわば、いわゆる」を意味する“”に入っているのは、実際に紙幣を印刷機で刷っているのではなく、もっと簡単に電子的に数字を打ち込んで済ませているからだと思われます。】

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 15