アーカイブ: 悪魔崇拝

私たちが今日見ているキリスト教は、民衆支配の道具であり、闇に属するもの …地下に隠れて古代からずっと続いている悪魔崇拝

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の記事では、1963年以降、バチカンには「サタンの煙」が存在していたということになっていますが、元々のローマ・カトリックの教義自体が、本来のイエスの教えからかけ離れていると考えられるのです。コンスタンティヌスが、キリスト教を国教にして、ローマ・カトリックの教義が固まった時点でキリストの教えは変質し、キリスト教が民衆支配の道具になったわけで、私たちが今日見ているキリスト教は、生まれた時点から、闇に属するものだと言えます。
 なので、ここに書かれているような悪魔崇拝は、地下に隠れただけで古代からずっと続いていたと思われます。
 そうでなければ、アルビ十字軍や魔女狩りといった悪魔の所業を、説明することが出来ません。
 麻薬、人身売買、賭博などがなぜ禁じられるのかと言うと、世俗的にはこれらがあまりにも儲かるからなのです。これらの商売は王家の専売で、一般人が参入することは許されないのです。なので、世界の権力の頂点にいる者たちのネットワークが、こうした犯罪行為に組織的に関与しているとわかるはずです。
 現実問題として、麻薬取引の大元締めは、イギリス王室と取り巻きの貴族たちです。彼らは、スコットランドに上陸したテンプル騎士団の末裔です。
 “続きはこちらから”の記事では、“NWOのエリートのほとんどが悪魔や悪霊を呼び出し、悪事を行っている”と書かれていますが、事実です。ナチスドイツも同じことをやっていました。
 こうした儀式で呼び出されるのが、闇の館(ブラック・ロッジ)の悪魔や悪霊たち、光の銀河連邦を名乗る宇宙人たち、古代地球離脱文明のオメガグループといったところです。これらの悪しき連中は、何も知らない善意のチャネラーに対しては、大天使や善意の宇宙人と称して、様々な偽情報を流します。
 コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)が、プレアデス人を中心とする宇宙人グループと繋がっているのは、彼らの出す情報から明らかですが、そのプレアデス人グループは、古代地球離脱文明のアンシャールとオメガグループを除く3つのグループと通じていました。
 古代地球離脱文明の7つのグループが、闇の館と共闘関係にあったことは、コーリー・グッド氏が証言しています。彼らの目的は、地球環境を破壊し、地上の人類を滅亡させることでした。彼らにとって、地上にいる私たち地球人は遺伝的に純血種ではなく、様々な宇宙人との混血で汚らわしい存在だったわけです。これはほとんど、ナチスのアーリア人種至上主義に通じます。
 今、こうした連中がことごとく滅ぼされている最中です。今日から数日は、アンシャールが滅ぼされることになるでしょう。現在では、かつて銀河連合や光の銀河連邦と名乗っていた宇宙人たちのグループの正規軍は、神々の側に付いており、コーリー・グッド氏の言う球体連合も同様です。彼らは、コブラのRMとRMに繋がっている宇宙人グループを、悪とみなしています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
バチカン高僧が、カトリック教会の「サタン儀式ペドフィリア」を明かす
3人のカトリック僧が、バチカンにおけるサタン儀式子供虐待を暴く
転載元)
(前略)
Jay Greenberg, www.neonnettle.com
July 6, 2018
(中略)
3人のバチカン高位聖職者が、警鐘を鳴らし、カトリック教会の上層部で起こっている「サタン儀式ペドフィリア」を暴露した。

このバチカン僧たちは、公的に法王フランシスを糾弾し、彼が「ニセ預言者」であり、高位の枢機卿の間の子供虐待文化を支持していると非難した。
(中略)
一般人が、この組織の内部のペドファイル集団のスケールの大きさに目覚めるにつれて、彼らはこれ以上、秘密を保つことができなくなった。 
(中略)
最近まで法王庁の図書館で古文書学の教授をしていた、アイルランドのカトリック僧、マラカイ・マーティンによれば(中略)… 1963 年に、「王位推戴式」がサタン崇拝をする、ペドファイル・バチカン枢機卿たちによって執り行われ、それ以来、バチカンには、「サタンの煙」がずっと「取り除かれない」状態で存在している。
(中略)
 「それは、事情を知っている教会人が “スーパーフォース” と呼んだものだった。噂によると――噂はいつも証明は難しいが――それがそこに居ついたのは、1963年の法王パウロ 6 世の治世の始まりからだった。

 「実際パウロは、“聖域に入り込んだサタンの煙”と、陰鬱にこれに言及したが、それは、バチカンでのサタン信仰者による王位推戴式を、暗に指すものだった。その上、それに伴って行われたサタン的ペドフィリア――儀式と実践――は、ある司教や聖職者の間で、すでに行われていることが記録されており、それはイタリアのトリノや、アメリカのサウスカロライナにまで広まっていた。
(中略)
イタリアのローマ・カトリック僧で、ローマ教区のエクソシスト Gabriele Amorth 師は、(中略)… 非常に幼い少女たちが、いかに、バチカン警察や渉外係のギャングによって誘拐されているか、そして、これらの少女たちは、枢機卿や聖職者たちの出席するバチカンのパ ーティーのために、リクルートされていると説明している。
(中略)
バチカン内部の性的虐待スキャンダルは、公然と知られるようになった。そして法王は、何度も、それについてコメントを強く求められている。彼が巻き込まれているかどうかは、わからない。どれくらい彼が、バチカン内部のサタン崇拝の実践を知っているかについても、わからない。

しかし彼は、最近、事情通の間で眉を上げさせた、あるコメントを述べた。ペドフィリアについて彼はこう言った: https://www.youtube.com/watch?v=ESt8Sjo_6ho#action=share

 「それはサタン教のミサのようなものだ」。

——以上

» 続きはこちらから

トランプ大統領付きのハワード・ブラウン牧師が、ハリウッドやワシントンDCのエリートたちの悪魔崇拝を暴露 「この人たちは交霊会を行うのだ、この人たちは血を飲むのだ、この人たちは子供を生贄にするのだ」~何万年も続いている嫌悪すべき悪魔崇拝の儀式~

竹下雅敏氏からの情報です。
 トランプ氏は大統領選に勝利し、大統領執務室に入る前に、ホワイトハウスを徹底的に、霊的に浄化しました。ありとあらゆるものに聖水を振り掛け、祈りの力で悪霊を追い払う必要があったわけです。
 その浄化を行ったハワード・ブラウン牧師が、ハリウッドやワシントンD.C.のエリートたちの悪魔崇拝の様子を暴露したということです。“この人たちは交霊会を行うのだ、この人たちは血を飲むのだ、この人たちは子供を生贄にするのだ”と言っています。
 シャンティ・フーラでは、このようなイルミナティの儀式を何度も取り上げてきました。牧師は、“人の生贄と人肉嗜食は、長年、行われている”と言っていますが、旧約聖書を読めば、このような嫌悪すべき儀式が数千年にわたって行われてきたのがわかるはずです。
 エジプト文明では、アクエンアテン(アメンホテプ4世)が大胆な宗教改革を行いましたが、これは、神官勢力に蔓延った悪魔崇拝からの脱却だと見るべきなのです。アトランティス文明の崩壊を考えると、こうした悪魔崇拝は何万年も続いていると見て間違いありません。
 なぜ、このような悪魔崇拝がずっと続いているのか。理由の1つは、ほとんどの人がこのような情報を真実だと思わないからです。“ ディズニーランドでは、絶対に子供から目を離してはならない”という話を聞いても、ほとんどの人は、それを都市伝説が何かの類だと思って、真に受けません。
 しかし、下の記事にあるように、世界最大のインターネット・ペドファイル団が、警察の摘発を受けています。“拘束されたペドファイル団の会員のほとんどは、子供を性的に虐待する行為に、直接かかわっていた”と書かれていますが、捜査が進めば、子供を殺害している者たちが出てくると思われます。
 “続きはこちらから”では、そうした小児性愛犯罪の現場だったアリゾナ州のキャンプ場が発見されたとのことです。記事の後半に、このキャンプ場を所有しているComex社のことが書かれています。
 例によって、Comex社はクリントン財団に繋がっているとのことです。ハイチの地震では、ヒラリー・クリントンが暗躍し、ハイチの子供たちが多数行方不明になったと言われています。
 メキシコ大統領の息子が、性的暴行のための人身売買のハリウッド・カルテルの元メンバーだというのは、驚きであると同時に納得です。またこのような連中が、ジョージ・ソロスやロスチャイルド家と繋がりがあるというのも頷けます。
 こうした事実を見ると、なぜ、トランプ大統領がメキシコとの国境に壁を作ろうとしているのかがわかる気がします。メキシコから流入してくる移民のどのくらいものが、こうした人身売買カルテルと関係しているのか、想像しただけでぞっとします。
 そのトランプ大統領ですが、あべぴょんにG7サミットで、“私は君に2500万人のメキシコ人を送ることができるし、そうなれば君はすぐにも退陣になる”と言ったとか。
 悪魔崇拝と人身売買カルテルという背景を考慮して、トランプ大統領の発言を考えれば、その言葉の重みがよくわかります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トランプ付き牧師:ハリウッドやワシントン DC のエリートはすべてサタン崇拝ペド
権力エリートはサタン崇拝儀式で子供の血を飲む
転載元)
(前略)
Jay Greenberg, www.neonnettle.com
June 14, 2018
(中略)
ドナルド・トランプ大統領に密接につながる牧師が、アメリカのいわゆる “エリート” の戦慄 すべき犯罪を暴露する、破天荒の声明を発表した。

Rodney Howard-Browne は、大統領執務室でトランプ大統領に対する“手載せ” の祈りを行ったことで、おそらく最もよく知られるが、この牧師が、ハリウッドやワシントン DC の最も権力者の座にある人々に対し、警告を発した。 https://www.huffingtonpost.com/entry/donald-trump-evangelical-leaders-ovaloffice_us_596680ffe4b0d51cda5fc4c1

ハワード-ブラウンによれば、“最高の地位にある” いわゆる“エリート”たちは、サタンを崇拝するペドファイルであり、人間を生贄にする儀式に参加し、子どもたちの血を飲んでいるという。
 (中略)
「これらの人々は悪魔に満ちています」・・・ 「これらの人々は忠告することさえできないのです」・・・「彼らはすでに魂を悪魔に与えています」・・・「わかりますか?」・・・ 「この人たちは交霊会(séance) を行うのだ、この人たちは血を飲むのだ、この人たちは子供を生贄にするのだ。 」
(中略)    
ネット上に掲載されたビデオで、ハワード-ブラウンは、こう付け加えた:―― https://www.youtube.com/watch?v=2cYCnvS7zT8

 「ハリウッドの最高レベルの人々は、子供の生贄儀式をやっています。

 「彼らは、幼い子どもの血を飲むのです。」

 「これは事実です。」

 「この次に暴露されるべきことは、ハリウッドから現れようとしている、そしてワシントン DC から現れようとしている、すべてのペドフィリア犯罪でなければならない。

 「人の生贄と人肉嗜食は、長年、行われていることです。」
 (中略)
ハワード-ブラウンは、そこで、ハリウッドで行われていると想定されているサタン儀式を、このように説明した:——

 「あなた方がスクリーンで見るハリウッド俳優の多くは、あなた方の知らないことだが、魔女を連れてきて、撮影セットそのものを使って、大交霊会を行うのです。そして彼らは悪魔どもに礼拝し、演じられようとする物の自分の役割を引き受ける前に、悪魔を自分の中に引き込むのです。

 (以下略)
————————————————————————
“7万のエリート会員” をもつ巨大ペド集団が警察の手入れを受ける
「レスキュー作戦」が 670 名の容疑者と、230 名の虐待された子供を確保
転載元)
(前略)
Daniel Jones, www,neonnettle.com
June 9, 2018
(中略)
 現在、世界最大と考えられる、7 万名までのエリート会員をもつ、巨大なインターネット・ペドファイル集団が警察の捜索を受けた、と安全保障関係局員は言っている。 http://www.neonnettle.com/tags/pedophile-ring

「レスキュー作戦」の一部であるこの手入れは、これまでに 30か国以上で、670 名の容疑者と、230 名の虐待された子供たちを確保しているが、現在、かなり多数の犠牲者が、安全な状態へ移されている。関係者たちは、現在も数か国で進行中のこの調査によって、184名が逮捕されていると言っ ている。
(中略)
拘束されたペドファイル団の会員のほとんどは、子供を性的に虐待する行為に、直接かかわっていたと考えられる。 AP通信によれば、容疑者には、スカウトのリーダー、教師、さらに警察官さえ含まれている。
(中略)  
米、オーストラリア、カナダ、イタリア、スペイン、それに英国をふくむ、13か国の法権力当事者たちが、この事件に巻き込まれていた、とユーロ警察は言った。
(中略)  
このセンターの Peter Daviesは、捜索が続くにつれて、逮捕はさらに増えるだろうと言った。
(以下略)

» 続きはこちらから

【法王フランシス】サタンに従え、彼は我々より優れている

竹下雅敏氏からの情報です。
 フランシスコ法王が悪魔崇拝者なのは明らかです。元々キリスト教自体が、悪魔側が作り上げた宗教なのです。イエスは当時エッセネ派に属しており、イエスの教えを受け継いだ原始キリスト教団は、現在のカトリックの教義とは全く異なっていたはずです。
 本来のイエスの教えは、ユダヤ教の奥義であるカバラと同等のものだったと思われます。その教えは秦氏を通じて日本にも持ち込まれたようで、日本の神社の造りを見れば、ユダヤ教そのものだと言えます。
 フランシスコ法王は、サタンを実在の人間と見ているようです。ルシファー、サタンと言う場合、所属する立場によって誰を意味しているのかが異なるので注意が必要です。
 これまで地球は、ホワイト・ロッジ(聖白色同胞団)とブラック・ロッジ(闇の館)の闘いの場でした。ホワイト・ロッジの配下にあったのが裏のイルミナティであり、ブラック・ロッジに繋がっていたのは表のイルミナティです。イエズス会は表のイルミナティの側です。
 ホワイト・ロッジの場合、ルシファーとはサナット・クマーラのことであり、キリストは2人居てミトラとマイトレーヤになります。
 ブラック・ロッジでは、ルシファーはマルドゥーク(バビロニアの国家神)であり、キリストに対抗するのがサタンです。サタンは2人居り、ニンギシュジダ(シュメールの冥界神)と、これまで歴史上の人物として一切姿を現していない、「オール・プリンス・イルミナティ」という称号を持つ人物です。この者は、アルデバランから来た肉体を持つ宇宙人だと思われます。フランシスコ法王が言及しているサタンとはこの人物です。
 ロスチャイルド家やロックフェラー家などが属していた裏のイルミナティは、NWO(新世界秩序)を目指していましたが、彼らは光の銀河連邦を通じてマイトレーヤに仕えていたのです。これに対し、イエズス会側の表のイルミナティは、NWO(新世界秩序)に激しく反対していました。こうした事は、イルミナティを1つの組織だと思っている限り、決してわかりません。
 時事ブログは、ホワイト・ロッジとブラック・ロッジの双方を闇の組織と断定しています。2007年以降の天界の改革で、ホワイト・ロッジ(ハイアラーキー)は解体されました。現在、ブラック・ロッジの残党が40名ほど存在すると思われますが、彼らがいまだに生き残っているのは、いわばダーイッシュ(ISIS)がアメリカ、イスラエルによって生み出された傭兵集団であるのと同様に、ブラック・ロッジは、ハイアラーキーによって地球を破壊するために意図的に作られたからです。いわば、改心のチャンスが与えられていたわけですが、改心の見込みはおそらく無いと思われます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
法王フランシス:サタンに従え、彼は我々より優れている
転載元)
カトリック教会の頭が、サタンについての見解でキリスト教徒を動転させる

【訳者注】これはカトリック教徒でなくとも、世界で最も有力な教団の指導者が、このように堂々とサタン教に宗旨替えを宣言し、信徒にも勧めているという事実に、卒倒しない人はいないであろう。

(中略)

 法王フランシスについてのこの関連の報道は、限りなくある。今そのタイトルをいくつか列挙しておこう:――

「法王: “人類を救うために” One World Government を要求する」
「警察が、法王の主要アドバイザーのバチカン部屋でのゲイパーティを急襲」
「トップ・カトリック職員:“悪” なる法王を暴けと神から命ぜられた」
「法王フランシス:ペドファイル聖職者は、自分で自分の重罪を赦せ」
「法王フランシス:世界はグローバル中央銀行が必要だ」
「法王フランシス、子供とセックスをする聖職者の罪を軽くする」
「バチカンが集会を開き、NWO のために、地球人口削減アジェンダを討議」
「カトリック司教が、バチカンは恐怖で人々を支配するために“地獄”を作ったと暴く」
「法王フランシスが警告、トランプとプーチン G20 同盟は、世界の終わりの始まり」
「200 人の子供をレイプした聖職者が、法王によって赦される」

Jay Greenberg, www.neonnettle.com
December 14, 2017



法王フランシス「サタンは我々より聡明で魅力がある」





法王が、「サタンは我々よりすぐれている、彼に逆らうべきではない」と発言することによって、キリスト教徒を卒倒させた。http://www.neonnettle.com/tags/christianity

多くの人々にとって、最近の法王フランシスの悪魔の称賛は、長年、多くの者が感づいていたこと、すなわち、彼はニセ法王であり、彼につき従う羊たちを、伝統的な諸価値から遠ざけようとする者であることを、確認するものである。
http://www.neonnettle.com/tags/pope

(中略)

カトリックの報道機関 TV2000 に向って、ローマ教皇はこう言った:――

「私は、人は決してサタンを拒絶してはならないと確信しています――そういうことをすれば、人は破滅するしかない。

彼は我々よりも知能が高く、あなたをひっくり返し、頭をくらくらさせるでしょう。

「彼は常に礼儀正しい――聖職者に対しては、司教に対しては、いつもそうです。

「そのようにして、彼はあなたの心に入ってくる。

「彼は非常にチャーミングです。

「しかし、いま起こっていることを受け入れなければ、悪い結果になります。

彼はもやのようなものではありません。彼は散漫な(diffuse)ものではない、彼は人間です。

(中略)

法王フランシスは、サタンを指していろいろな言葉を使っている――悪なる者、誘惑者、ベルゼブル、それに巨大な竜。

最近の声明において、彼はまた、ルシファーは神の息子であり、サタンはずっと「誤解されていた」と信徒たちに説明した。

関連資料:「法王フランシス:サタンはずっと誤解されていた、彼にチャンスを与えよう」
http://www.neonnettle.com/features/1271-pope-francis-satan-s-been-misunderstood-let-sgive-him-a-chance

(中略)

これらのショッキングな発言は、今年始めの、一般大衆に彼が警告した「イエスとの関係は非常に危険だ」という声明から続いている。

関連資料:「法王フランシスの警告:イエスとの関係は危険で、かつ非常に有害である」
http://www.neonnettle.com/news/2706-pope-francis-warns-relationships-with-jesus-aredangerous-and-very-harmful

この一連のサタン支持声明によって、多くのクリスチャンは、法王フランシスのカトリック信仰指導者としての正当性を、疑い始めている。

彼は明らかに、伝統的なキリスト教の教えから発したのでない、アジェンダを持っている。

https://youtu.be/sGH20H8AV2U(ビデオ)

――以上

サタン教会最高位の悪魔崇拝者であった人物が改心〜イルミナティの完全解体への大きな動き、 霊的な敵の攻撃から身を守り、悪を滅ぼす、最強のガヤトリー・マントラと愛のマントラ!

竹下雅敏氏からの情報です。
 最高位の悪魔崇拝者であった人物が改心し、満員の聴衆に向かって、“ほとんどの有名人は、サタン教の生贄の儀式で、子供たちを殺すか強姦している”と証言したようです。レディー・ガガの告白といい今回の証言といい、イルミナティの完全解体に向かって、大きく動き出したようです。
 先の記事によると、トランプ大統領の命令でアメリカではこのようなサタン崇拝者が大量逮捕されるようで、それに抵抗する連中との間で、事実上の内戦状態に入る可能性が高くなっています。おそらく、本格的な内戦にはならないと見ています。各地で暴動が起きるでしょうが、テレビだけを見ている者には、何が起こっているのかわからないように報道されるのではないかと思います。
 記事の元サタン教会“高位魔術師”のザカリー・キング氏の写真を見ると、イカにもタコにも、悪魔崇拝者の雰囲気そのものという感じです。生贄の儀式で多くの子供たちを殺したり強姦するという、とんでもない悪を数え切れないほど行っておきながら、驚いたことに彼の魂は未だに残っています。そのカルマの重さゆえに、彼は裏切り者として殺される可能性が極めて高いと思うのですが、もし、彼がその運命を受け入れることが出来たなら、改心は本物と見なされ、彼は救済されることになるでしょう。
 彼は、“霊的な敵を武器で撃ち負かす事は出来ません”と言っています。これはその通りですが、私たちには、ガヤトリー・マントラ愛のマントラという最強のマントラがあります。これらのマントラは、敵の攻撃を、そのまま攻撃した本人に返してしまいます。攻撃をした者が、自から放ったパワーで自分自身を滅ぼしてしまうのです。このように悪は自滅します。現実にこれが今、世界的規模で起こっていることです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
元サタン教ヘッド:ハリウッド・エリートはほとんどサタン崇拝ペドファイル
転載元)
(前略)

Jay Greenberg, www.nnettle.com
November 2, 2017

Zachary King


元サタン教会“高位魔術師”のザカリ―・キングが、ハリウッドのペドフィリア蔓延について発言し、娯楽産業界著名人の大多数は、「サタンを崇拝し、子供を殺すペドファイル」だと証言した。
http://www.nnettle.com/tags/hollywood http://www.nnettle.com/tags/hollywood

ザカリ―・キングは、26年以上も、サタンの世界教会、すなわちSatan’s World Churchの最高位者であったが、“祝福された母の奇跡的なとりなし”と彼の呼ぶものによって、カトリック教に改宗した。

トロントに本部のあるServiam Ministriesの組織する霊的戦争の会議において、キングは、詰めかけた満員の聴衆に向かい、「テレビで見たりラジオで聞いたりする、ほとんどの有名人は、サタン教の生贄の儀式で、子供たちを殺すか強姦している」と話した。
https://www.serviamministries.com/

「なぜ悪魔は熱心に、子供たちを殺し、強姦しているのでしょう?」と彼は言った。

「サタンが怖れていることがあるのです」

「無垢がその一つです」

「人は、幼い子供や赤ん坊より以上に、無垢になることはできません」

糖尿病のために目が見えなくなったキングは、800人の聴衆を前にして、ハリウッドの公然の秘密がこんなにも長く隠されていた理由は、「彼らすべてがそこにかかわっていた」からだと話した。

「これら有名人や映画産業の重役たちが、オスカー賞大会のときなど、イエスに感謝しているのをよく見るでしょうが、あれはみんなウソです」

あなた方が決して見ないのは、強姦して生贄にしたばかりの子供の血をすすっている彼らの姿です。彼らはそうしながら、ルシファーに対して、もっと沢山の名声と富の“お恵み”を願っているのです」

キングは21歳で、サタン教会の重要な仕事をやるようになり、high wizard(高位魔術師)に昇進した。

彼はこの世界で、ほんの少数者の一人で、サタンによってこの役割に選ばれたと信じられていた。

キングは、ハリウッドのエリートのために、どれくらいサタン儀式をしてやったか、“数えきれない”と言っている。 http://www.nnettle.com/tags/elite

「すべての魔女は子供の生贄を求められています」と彼は聴衆に言った。

「悪魔から求めるものが、大きければ大きいほど、それを得るためには、より大きなことをしなければならなりません」

「映画や音楽のスターにとって、これで十分ということはない」

「彼らはさらに多くのものを要求します。情け容赦はないのです」

「彼らは決して満足しません」

サタン崇拝のペドファイル・エリートを滅ぼすのに、残された唯一の方法は、彼らと“霊的な戦い”を戦うことだと彼は言った。

「これは霊的な戦争です。物理的な力で戦うことはできません」

「霊的な敵を武器で打ち負かすことはできません」

ハリウッドの最大の問題は、“悪魔がいたる所にいる”ということだが、もし人々が霊的レベルで団結するなら、彼らに打ち勝つことはできる、とキングは言った。

「どこへ行っても悪魔がいる所に、自分がいると想像してみてください」

「もし十分多くの人々がイエスと共に現れたら、悪魔どもにとっては悪い日です」

キングが、ハリウッドのエリート・ペドファイル一味を、どうしても暴かねばならないと思ったのは、彼自身が11歳のとき性的暴行を受けたからだ、と言った。
http://www.nnettle.com/tags/pedophile-ring

彼がそのことに触れたのは、それが、13歳のときに正式にサタン教の集会に加わり、悪魔に魂を売るきっかけになったからであった。

どう対処すべきかを語りながら、「もし人々が団結して行動するならば、あまりにも多くの子供たちが経験しつつある悲惨に、終止符を打つことができる」と彼は言った。

「おそらく相当数の子供たちが、私自身や他の多くの人々が、我々の世界を支配しているサタン崇拝の、少数政治家の手によって味わわされてきた人生から、逃れられるでしょう。」

――以上

地球ニュース:イギリス&アメリカ ~悪魔担当のおはなし会 / 過激派の方向転換~

 今回は、相変わらず悪魔崇拝が流行っているアメリカのニュースが一本と、イギリスの極右思想の男性のお話。
 イギリスの方は、助けを求めたNGO団体(差別に反対するグループ)に、かつて一緒に国民戦線(極右の差別集団)に入っていた仲間が勤務しているのだそう。その人曰く、「我々から見ても、彼はもがき苦しんでいました。どんどん過激になっていたのです」。
 ちょっと意外でした。人間って、人生の岐路に立つと言動を悪化させてしまうこともあるんですね。「もうこれは助けてくれと電話してくるかと思っていたら、そうしてくれたのです」とのこと。
 60代手前で、これまで歩んだ自分の人生を全否定する決断です。今度は逆に古巣(極右)へ憎しみを抱いたり、報復に怯えたりと、まだまだ明るい未来は見えないようですが、諦めないで欲しいです。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
地球ニュース:イギリス&アメリカ

アメリカ:図書館のおはなし会は悪魔が担当


子どもへの読み聞かせ自体は素晴らしいことだと思います。各地の図書館が様々な工夫を凝らしては、積極的に取り組んでくださっております。ゲイトウェイパンディットの記事にあったんですが、頑張り過ぎて最近はこんなのも

今月14日、悪魔の格好をしたドラァグクイーン(女装した男性)が、カリフォルニアのロングビーチにあるミシェル・オバマ近隣図書館で、子どもたちに読み聞かせをしました。

ま、基本的には好きな格好すりゃいいと思いますけど。世の中限度ってもんがあります。例えば裸で外をうろつかれたら目のやり場に困ります。洋服を着ているからって、悪魔の格好で幼い子どもたちの前に出るのはどうかと思います。夜のバーで大人を前に踊るのとは訣が違うじゃないですか。

御本人のツイッターアカウントの紹介文:
「地球人よ御注意あそばせ:こちらはズチ・ムチ、あなた方の住人で、外宇宙から来た殺人ピエロ。女装してるわ。タコスが好き」

(※「ズチ・ムチ」と報道しているアメリカの局があったので、なんて読むのが正しいのか分かりませんが取り敢えずこの音表記にしておきます。
「外宇宙からの殺人ピエロ」のネタ元は、80年代後半のB級映画『Killer Klowns from Outer Space(邦題:キラークラウン)』だと思われます)。

至近距離で見てしまったら夜中にトイレに行けなくなるような仮装ですが、“殺人ピエロ”がバフォメットもどきで登場して、大喜びしたのは悪魔崇拝者ども。以下がこのイベントを知った悪魔教会のツイート
「悪魔万歳!」

ミシェル・オバマが男性だというのが原因ではありません(多分)。今流行りのLGBT運動を若い世代に浸透させるため、アメリカで広がっている読み聞かせの一手法みたいです。以下は先月末、ミズーリ州セントルイス公共図書館の様子。青い顔の方とか、なんでこう、魔女っぽくドレスアップしないと気が済まないのかな。普通の女装じゃいかんの?


イギリス:ネオナチの過激派が方向転換




こちらの男性、その生涯をずっとネオナチの極右思想に捧げてきた、フリーランスの過激運動家です。今年の3月にもメガホンを持って街頭でスピーチしていました。それがチャンネル4のインタビューでいきなりの方向転換を発表。

理由は……母親がユダヤ系で、自分はゲイだから。えと、あの、ネオナチが毛嫌いしている相手ですよね、それ。おまけにこちらの記事によると、姉だか妹はイスラム教徒と結婚し、1970年には改宗。今でも彼女やその子どもたちと親しくしているのだとか。

ケヴィン・ウィルショー氏は子どもの頃から父親の極右思想の影響を受けて、それを更に押し進めたネオナチ思想に傾倒。18歳のときにはイギリス国民党に参加しました。原因は「学校であまり友達がいなかったから」……学校や家庭で孤立した子どもが不良グループに参加するのと変わらんやん。

「自分たちの極端な思想のせいで社会から隔絶された集団に身を置くことになっても、他の人達から攻撃を受けているグループのメンバーであるという仲間意識を味わえる」のだそうです。

長い間、自分でも矛盾しているのは分かっていたそうです。ホモであることが仲間内でバレかけ、居辛くなりました:

「物凄く身勝手な話なんですが、事実なんです。道端で人々が虐待され、罵られ、唾を吐かれるのを目撃しました――それが自分に向けられて初めて、自分がやってきたことが間違いだったと急に気が付くんです」

モスクを襲撃して逮捕されるようなウィルショー氏が、NGO団体「Hope Not Hate(ヘイトじゃなく希望)」に助けを求めたのは、昨年のクリスマスに「全てがただ虚無に感じられて、意味のないものに思えた」から。「でもああいう人々、あの退化したナチの人たちからどうやって離れたらいいのか見当も付きませんでした」と告白しています。

現在58歳。これからこういう人が増えるのでしょうか。

文・Yutika
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11