アーカイブ: 朝鮮半島情勢

拉致問題について金委員長「なぜ日本は直接言ってこないのか?」〜 またしても公に恥をかかされるあべぴょん

 これ見よがしの蚊帳の外攻撃を受けても、デザート靴を出されても、一向にヘコタレないあべぴょんに、今度は北朝鮮から痛烈な発言がお見舞いされました。
「なぜ日本は直接言ってこないのか」この言葉は、安倍政権が拉致問題について、ずっと卑怯な嘘をついていることをからかっているようです。
 拉致問題は安倍政権の生命線のように喧伝されてきました。しかし全く成果が見えない現在、南北首脳会談、そして米朝首脳間団へと良好に歩む文大統領やトランプ大統領に、あべぴょんも蚊帳の外なりに、一生懸命、交渉のきっかけを求めているジェスチャーを取っていたはずでした。しかし実態は裏腹で、金正恩から「いつでも対話の用意がある」ことを文大統領から知らされていたのに、それを無視し、隠して、あべぴょんは中東外交へと向かいました。
 なぜ? 
今から遡ること2014年、スウェーデンの首都ストックホルムで日本と北朝鮮が拉致被害に関しての会議を行い、双方の国が守る合意を交わしました。それがストックホルム合意と言われますが、当時のNHKニュースなどでは「日本側が一方的に反故にした」と北朝鮮が述べたことを報じていました。
天木氏によると、北朝鮮側から出された情報が、あまりにも安倍政権にとって都合の悪いものであったため「なかったこと」にして、日本政府としては更なる協議を求める形にしました。けれど、それは北朝鮮の納得できる話ではなく、日朝会談実現となれば、何年も宙に浮いていたストックホルム合意を日本が受け取ることになります。それがあべぴょんにとって、お嫌なことだったのでしょう。自業自得ぢゃ。
 普通の神経の者であれば、もう恥ずかしくて居たたまれないと思うのですが、どんだけシンゾー。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)





» 続きはこちらから

韓国の文在寅大統領、“ノーベル賞はトランプ氏に、我々には平和を”と発言!〜危機の時代に現れた偉人の1人であることを象徴する言葉!

竹下雅敏氏からの情報です。
 韓国の文在寅大統領が、“ノーベル賞はトランプ氏に、我々には平和を”と語ったのこと。
 これはカッコいい。こんなことが言える政治家が居たとは、驚きました。習近平氏、金正恩氏、プーチン大統領という政治的天才の影に隠れて、文在寅大統領の偉業が少し見えにくくなっているのですが、今回の歴史的な会談の中心に居たのが、文在寅大統領だったのは間違いありません。
 危機の時代には偉人が現れるのは世の常ですが、文在寅大統領がその偉人の1人であることは、この言葉からはっきりとわかります。
 それにしても、すごい時代だと思います。時事ブログでは、現在、宇宙的レベルで最後の審判が行われており、魂の刈り入れ時だと説明しています。地球の波動の上昇について来て、輝かしい未来が約束されるのは、千人に1人しかいないということもお伝えしています。
 なのに、私たちの目の前に、魂の残っている心の清らかな政治家が4人もいるのです。
 私たち日本も、後に続かなければなりません。そのためにも真の意味で心の清らかな人物を首相として選ばなければなりません。私が筆頭に思い浮かぶのは、小沢一郎氏と山本太郎氏です。他にも若干名、魂が残っている日本人政治家がいます。
 今回の歴史的偉業は、キッシンジャー博士の尽力による所が大きいのですが、実は、陰に隠れて動いていた八咫烏の尽力がとても大きかったのです。後もう少しで、日本は本当に目覚めるかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「ノーベル賞はトランプ氏に」=韓国大統領が持ち上げ
引用元)

【ソウル時事】「ノーベル賞はトランプ米大統領に」。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との南北首脳会談を実現させノーベル平和賞受賞の可能性が取り沙汰される中、韓国の文在寅大統領が30日、首席補佐官会議でこう発言する一幕があった。韓国大統領府高官が記者団に明らかにした。
 6月初旬までに開かれる見通しの米朝首脳会談を前にトランプ氏を持ち上げ、会談の成功と平和体制の構築につなげたい思惑もありそうだ。
 韓国高官によると、首席補佐官会議の席上、故金大中元大統領の李姫鎬夫人が文氏に祝電を送り、「ノーベル平和賞を取ってください」とたたえたことが紹介された。これに対し、文氏は「ノーベル賞はトランプ大統領が受賞しなければならない。われわれは平和だけ、もらえればいい」と語ったという。
————————————————————————
配信元)

北朝鮮に日朝首脳会談を打診するも「謝罪と賠償が先」として全く相手にされていないあべぴょん …この期に及んで“最大限の圧力維持を表明”する安倍政権の外交音痴

竹下雅敏氏からの情報です。
 “お呼びでないのにジャジャジャジャーン”のアホぴょん大魔王。「蚊帳の外」ではなく“蚊”だったことをすでにお伝えしていますが、その第二弾です。
 あべぴょんは、日朝首脳会談を北朝鮮に打診していたのですが、北朝鮮側は「謝罪と賠償が先」として、“一切取り合うな”との指示を出していたことがわかりました。あべぴょんは、全く相手にされていないわけです。
 北朝鮮は米朝首脳会談までに核実験場閉鎖の可能性を表明するなど、平和の流れを加速する動きを主導しています。なのにこの期に及んで、“最大限の圧力維持を表明”する安倍政権の外交音痴はさすがです。北朝鮮は、こうした日本の態度を非難しています。
 28日夜に、ようやくトランプ大統領と電話会談をしたあべぴょん。しかし、電話は数分だった可能性があります。おそらくトランプ大統領に相手にされなかったのでしょう。トランプ大統領と文在寅大統領は1時間15分にわたって電話会談をしているので、これでは格好がつかない。なので、首相動静では電話会談は30分だったことにしたのではないかという見解があります。もし本当に電話会談が30分間だったとすれば、トランプ大統領は通話中にツイートをしていたことになり、どちらにしても、あべぴょんが馬鹿にされている事実には変わりがないというところです。
 あべぴょんが報告を待っていた文在寅大統領の電話は、29日の午前中にあったようです。その中で金正恩氏が「日本と対話する用意がある」と表明したことを聞かされ、なんとかメンツが立つと思ったあべぴょんは、“南北首脳会談は我々が決めていたラインにのっとって行われた”という誰も信じない大風呂敷を広げました。
 ヒゲの隊長は、“いろんな事態を想定して、備えることが大事”などというトンチンカンなツイートをしているのですが、このツイートの前にマティス国防長官は、朝鮮半島からの米軍撤退もあり得るとの発言をしているのです。この国際感覚のなさはさすがです。
 さて、「北と日本の橋渡しをする」と文在寅大統領があべぴょんに約束してくれたのはありがたいのですが、北朝鮮は“数多くの朝鮮人を侵略戦争の駒として、強制労働と恥辱の性的奴隷として連行し、苦痛と死を強要した非人間的な蛮行”を謝罪し賠償しなければ、話し合いに応じないのではないかと見られます。あべぴょんにとっては、相手にされない屈辱を選ぶか、謝罪と賠償の屈辱を選ぶかということになりそうです。どちらも嫌なら、さっさと辞めろということでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「安倍政権は一切取り合うな」と平壌指示——北朝鮮問題で日本孤立浮き彫り
引用元)
北朝鮮との日朝首脳会談の可能性を打診した安倍政権に対し、北朝鮮当局が「一切取り合うな」との指示を出していたことが明らかになった。
(中略)
「謝罪と賠償が先」と最高会議議長
同消息筋によると、平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開会式(2月9日)に出席した安倍首相は、北朝鮮代表団の金永南・最高人民会議常任委員長との立ち話で、「平壌宣言と(拉致被害者らの再調査を約束した)日朝ストックホルム合意に立ち戻ろう」と呼び掛けたのに対し、金議長は「謝罪と賠償が先」と取り合わなかったという。
(中略)
拉致問題を最優先テーマにするのは安倍政権だけで、「拉致問題は解決済み」とする北朝鮮の公式姿勢とは深い溝がある。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 
————————————————————————
北朝鮮、日本の圧力非難「平和の流れ感知できず」
引用元)
(前略)
朝鮮中央通信は28日、北朝鮮が核実験中止などを発表したのに対し、日本は最大限の圧力維持を表明したと指摘し「朝鮮半島と地域に流れる平和の流れをきちんと感知できない」と非難する論評を配信した。

 論評は、不祥事で窮地に立たされた安倍政権が危機回避などのため、北朝鮮への圧迫に固執していると主張。「急変する情勢下で朝鮮民族や国際社会の願いは眼中になく、自分たちの利害ばかり計算している」と批判した。

 また「南北の同胞はもちろん国際社会も、対話ムードを壊そうとする行為を決して許さないだろう」と強調した。(共同)
————————————————————————
配信元)
 
 

» 続きはこちらから

外交はもちろん、何から何まで異常で、評価すべきところが何もない安倍政権 ~“蚊帳の外ではない”と言っていることから、“蚊”そのものとの評価~

竹下雅敏氏からの情報です。
 「蚊帳の外」でまとめてみました。あべぴょんは、“蚊帳の外ではない”と言っていることから、ならば“蚊”そのものだろうとの評価が定まったみたいです。
 “続きはこちらから”以降の一連のツイートをご覧になると、そのことがはっきりとします。外交はもちろん、何から何まで異常で、評価すべきところが何もない安倍政権ですが、ただ一つ、彼らの根性の悪さだけは一貫してブレがないと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
安倍首相“蚊帳の外ではない”
引用元)

安倍総理大臣は、記者団が「日本が蚊帳の外に置かれるという懸念があるが」と質問したのに対し、「全く無い。先般、トランプ大統領とゆっくりと話をして、基本的方針では一致している。それを受けてムン大統領とも話した」と述べました。
————————————————————————
配信元)
 

 
 
» 続きはこちらから

今やプーチン大統領と習近平氏と並んで、最も信頼出来る人物になった金正恩氏 ~政治的天才たちによって導かれている現在の地球~

竹下雅敏氏からの情報です。
 ツイートに“キム委員長の外交センス、すごいな”とありますが、全く同感です。時事ブログでは以前、金正恩氏を政治的天才と評しましたが、今では多くの人がこのことに同意するのではないでしょうか。以前触れたように、金正恩氏はホツマの神で、政治的才能が非常に高い人物なのです。彼は自分に与えられた歴史的使命を成し遂げようとしています。
 これまで何度も、もうダメかと思いましたが、最後の最後に見事に復活。今やプーチン大統領と習近平氏と並んで、最も信頼出来る人物となりました。
 今行われていることは、“金正恩、お前いい奴だったんだな~”作戦です。将来南北が統一され、日本で言えば天皇の様な地位に就く可能性が高い金正恩氏のイメージを180度変えて、人気者にしなければなりません。
 “続きはこちらから”以降の記事は、この歴史的な瞬間の背景について触れたものです。フルフォード氏は、動画の8分6秒から8分55秒の所で、“大元でもう決まってるわけ”と言っています。朝堂院大覚氏は、2分15秒から2分44秒の所で、プーチン大統領の指導力で世界が一本化できるのではないかという期待を表明しています。これは正しい感覚だと思います。
 時事ブログで何度か触れている様に、霊的な観点からは既にこのことは実現しています。プーチン大統領は世界皇帝の座に就いており、私たちの太陽系を統べています。ヘンリー・キッシンジャー博士はプーチン大統領に忠実に仕えており、キッシンジャー博士の尽力によって、南北の統一が現実のものになろうとしています。
 習近平氏と金正恩氏はホツマの神なので、神格の上ではプーチン大統領よりも上位になります。ですが、太陽系は基本的に人類が導くものであり、ホツマの神々は模範を示すために降臨してくるだけなのです。なので、習近平氏や金正恩氏はプーチン大統領と調和して、プーチン大統領の世界的なヴィジョンを支えていくことになると思います。
 現在の地球は、習近平氏、金正恩氏、プーチン大統領、キッシンジャー博士という政治的天才たちによって導かれていると言えます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
金正恩氏、板門店に到着 南北首脳会談 【動画】
転載元)
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は27日、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領との首脳会談が行われる軍事境界線にある板門店に到着した。
スプートニク日本


正恩氏は国境を越え、初めて韓国を訪れた北朝鮮の最高指導者となった。文氏は正恩氏の招待に応じて軍事境界線の北朝鮮側へと歩を進めた。

その直前、双方は約30秒ほど握手を交わした。握手の際、双方は境界線の自国側にとどまり、二言三言を交わした。正恩氏には9人からなる高官級代表団が同行している。

握手のあと、文氏は正恩氏が促したことに応じて北朝鮮側に一歩踏み入れ、双方は写真を撮影した。

儀仗隊による歓迎式典のなか、双方は首脳会談を行う「平和の家」に進んだ。儀仗隊は李氏朝鮮時代の近衛兵が着ていた伝統衣装に身を包んでいた。

————————————————————————
配信元)
 
 
 
 
 

» 続きはこちらから
1 2 3