アーカイブ: 軍事・基地問題

[チエリー・メッサン氏]現在アメリカ内部に深い危機が存在するためシオニスト機関は疎外されています。ネタニヤフ首相は物事が思い通りに進まないと感じています。

はっちです。

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
イランの核問題2013年10月15日チエリー・メッサン
転載元より抜粋)

————————————————————————
イスラエルが、なおもイランでの自らの目的を追求
転載元)

シオニスト政権イスラエルが、イランの核問題を口実に、イランにおける自国の目的を追求しています。

ジャーナリストのマーク・ギャロン氏は15日火曜、プレスTVとのインタビューで、「仮に、イランが全く核開発を行っていなかったとしても、イスラエルはイランに敵対しているがゆえに、どのような小さな事柄をも、自らの目的の達成のために口実として利用し、ほかの形でイランに対する喧騒を起こしていただろう」と語っています。

ギャロン氏はまた、イスラエルがイラン核問題を巡る西側諸国とイランの対立解消に横槍を入れようとしていることを指摘し、「これは、非常に大きな過ちであり、イスラエルのネタニヤフ首相がイランとアメリカに対して発言したことは、空虚な無駄口に過ぎないばかりか、ネタニヤフ首相とイスラエル・ロビーは、アメリカ議会で全力を挙げてこの問題を追求している。また、アメリカの支援によりイラクとアフガニスタンに定着させたものを、イランでも定着させようとしているが、これはイランではまず成功しないだろう」としました。

[カレイドスコープ]あなたはアメリカの大規模な偽旗作戦に対処できますか?

竹下雅敏氏からの情報です。
昨日の記事の内容も考え合わせると、要警戒です。オバマは自分が生き残るためには何でもします。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
★あなたはアメリカの大規模な偽旗作戦に対処できますか?
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[時事通信社]米、デフォルト回避へ=政府機関、きょうにも再開—上院が合意案可決、下院も採決

竹下雅敏氏からの情報です。
10月4日の記事のコメント通りで、デフォルト騒ぎに関しては、私は終始無関心だったのですが、それよりもテロに対する警戒が関心事でした。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米、デフォルト回避へ=政府機関、きょうにも再開—上院が合意案可決、下院も採決
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[日本や世界や宇宙の動向]CIAの内部告発者の証言・・・オバマはアメリカを破壊し、独裁者になりたい!

竹下雅敏氏からの情報です。
正しい情報のようです。
こうして、オバマの正体がよくわかってくると救世主どころか世紀の大犯罪者だとよくわかります。
今日の一本目の記事とFEMAの棺桶、そしてケムトレイル。
アメリカのキリスト教徒の大量殺戮の後に独裁者として君臨するつもりだったわけです。
自分達を殺そうとする大悪人を救世主だと信じ、オバマを支持する人々。日本もよく似ていますが、違うのは宗教があるかないかだけですね。
エジプトでムスリム同胞団が違法とされたわけです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
CIAの内部告発者の証言・・・オバマはアメリカを破壊し、独裁者になりたい!
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/obama/2013/10/cia-whistleblowers-obama-bombshell-obama-plans-to-destroy-us-seize-power-70-agency-dhs-to-enforce-martial-law-2456666.html
(概要)
10月13日付け:
ビフォーイッツニュースの仲間たちによるインタビューを受けたCIAの内部告発、Dr.ジム・ガロウは驚愕の情報を伝えてくれました。
Dr.ガロウによると、オバマ大統領は、アメリカを破壊した後にアメリカを完全に支配する計画なのです。また、大規模なDHS部隊が、アメリカに戒厳令が敷かれた時に全米に出動する予定です。

政府機関の一時停止が続き債務問題が悪化する中で、オバマ政権下のアメリカはどうなってしまうのでしょうか。オバマはアメリカで最初の独裁者になるのでしょうか。
Dr.ガロウは、オバマの出自に関して、彼の両親も祖父母もイスラム教徒の共産主義者であり、そのような環境で育ったこと、そしてインドネシアではイスラム教徒の子供として学校に通っていたことなどを伝えました。

さらに驚くべきことは。。。オバマは、イラン生まれの側近のバレリー・ジャレットの助言に従って外交政策を決めているのです。
元CIA職員でイラン国籍のレザ・カーリリ氏によると、バレリー・ジャレットは、イスラエルが攻撃を開始した場合はアメリカを巻き込むことになるため、その時はアメリカをイランに売国するつもりでおり、イランとそのための秘密協定を結んでいるそうです。

さらに、イランはすでに核兵器を保有しており、一部はイランで製造され、その他はカザフスタンから購入したそうです。
Dr.ガロウは、カーヒリ氏が推測する通り、アメリカ国内に既に潜伏しているイランのエージェントにより、アメリカはEMP攻撃やテロ攻撃を受ける可能性があると言っています。
Dr.ガロウによれば、このようになることが、オバマの究極的な目標(夢)なのだそうです。

つまり、アメリカを徹底的に破壊し、マルクス主義のイスラム専制政治体制を敷くということです。イスラム同胞団のメンバーらは米政府内で最高位の職についていると言われています。

米政府内でオバマが最も信頼を寄せている人たちは、バレリー・ジャレット、ヒュマ・アベディン、ヒラリー・クリントンです。しかし、全米の政府機関には多数のイスラム同胞団のメンバー(スパイ)が職員として潜伏しているのです。

[竹下雅敏氏]信じられないような事が書いてあります。 〜ケムトレイル 人体がナノマシンと合体の恐れ〜

竹下雅敏氏からの情報です。
昨日の記事の内容は信じがたい物であったかも知れませんが、実はこの記事のような事柄が報告されているのです。こうした内容を知るとノーベル賞というのは人々の目を欺き最先端の科学技術(そのほとんどは兵器)から目を逸らせるためのもののように思えます。
人々の体内に空気から侵入し、自己成長・自己複製しマイクロ波等を受信するナノテクノロジーで人工的に作られたナノマシン。脳の中に侵入し、人々の思考もコントロールし、逆に脳の中の情報を入手する。信じられないような事が書いてあります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ケムトレイル 人体がナノマシンと合体の恐れ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 53