月別アーカイブ: 9月, 2016

ドイツ銀行の破綻は時間の問題!ヨーロッパは通貨崩壊と凶暴なイスラム過激派のダブルパンチ

竹下雅敏氏からの情報です。
 以前から言われていましたが、ドイツ銀行の破綻は時間の問題のようです。ここがデフォルトすると、“全米の不動産価格が暴落”し、結果、アメリカを含む世界の金融市場が崩壊することになるわけです。記事によれば、“春までに、ヨーロッパは、通貨崩壊と凶暴なイスラム過激派のダブルパンチにより水没する”とのこと。これはかなり重要な指摘だと思います。記事では、イスラム系難民はドイツ銀行とドイツ政府のために活動している彼らのコマであって、ドイツ各地で人々に暴行を加え、強姦、殺人を行うことで市民を怯えさせ、これを理由に銀行を閉鎖するというのです。イスラム系難民の危険行為に怯える人々は、“銀行や政府に対する抗議デモをやらなくなる”というわけです。
 結局、支配層は、自分たちが所有する銀行のみを、一般投資家や預金者の資産を凍結することで守るつもりなのです。その他の銀行は、経済崩壊の波に飲まれて淘汰されます。経済の津波が過ぎ去った後には、ロスチャイルド系の銀行しか残らないというわけです。ロスチャイルド系の銀行がビットコインを用意しようとしているのは、彼らが生き残るためではないかと思います。ユーロや自国通貨が信用できなくなると、ビットコインに資産を移動させる人々が大量に現れると見ているのでしょう。
 彼らが恐れているのは、市民がこうした支配層の陰謀に気づいて暴動を起こし、支配層を路上に引きずり出し惨殺することです。コーリー・グッド氏の最新情報では、“彼らはインターネットを完全停止させるキルスイッチを開発しました”ということでした。ただ、事前にこうした情報が漏れている以上、SSP同盟側はこのキルスイッチ自体を破壊してしまうと思われます。
 この記事にある様な陰謀を実行に移して世界支配を手にしようとする連中と、混乱の芽を摘み、彼らを諦めさせて出来るだけスムーズに世界の変革を成し遂げようとするグループの綱引きが行われています。世界に正義をもたらそうとしている側の、彼らに対するメッセージは、“このような陰謀を実行に移せば、自らの死が早まるだけだ”ということです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ドイツ銀行とイスラム系難民との関係
引用元)
http://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2016/09/deutsche-bank-aaaaaaand-its-gone-3189315.html
(概要)
9月21日付け

(前略) 

ドイツ政府関係者は、米司法省がドイツ銀行に対して金融危機時に販売された不動産担保証券の140億ドルを支払うように要請している事実がリークされてしまい非常に困惑しています。

(中略) 

ドイツ銀行はアメリカの不動産市場に深く関わっていたため、アメリカでは、もうじきドイツ銀行が破たんすると考えられています。
そしてドイツ銀行がデフォルトすると、全米の不動産価格が暴落します。


(中略) 

経済が行き詰まると戦争を煽るようになります。

(中略) 

春までに、ヨーロッパは、通貨崩壊と狂暴なイスラム過激派のダブルパンチにより水没することになるでしょう。


(中略) 

なぜ、私がドイツ銀行とイスラム過激派を一緒に言及するかというと、(中略…)ドイツでは、キプロスのように、銀行が閉鎖され、一般投資家や預金者の資産が凍結され、現金ひいき出し額が制限されることになります。また、大規模な債務削減が行われます。

(中略) 

ドイツ銀行がドイツの各地にイスラム過激派を配備させたい理由は、銀行閉鎖の理由付けのために、彼らを各地で暴れさせることができるからです。彼らの危険行為におびえる人々は外出を控え、銀行や政府に対する抗議デモをやらなくなるでしょう。

(中略) 

そして同じ運命にあるのがアメリカ

(以下略)

[Twitter]オタマdeチョコボ

竹下雅敏氏からの情報です。
 かなりの出来栄えです。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
配信元)

テラヘルツ波は“対象物を透明化” 空港のボディスキャナーとして実用化 〜テラヘルツ波による放射線被曝で「ほぼ確実にガン」に〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 テラヘルツ波を用いると、本を開かずに中身を読むことが出来るとのことです。テラヘルツ波は“対象物を透明化できる”らしい。
 現実にはテラヘルツ波は、空港のテロ対策のボディスキャナーとして実用化されているということです。確かに服が透けてボディーラインが丸見えになってしまいますね。
 問題はこのテラヘルツ波による放射線被曝で、“人間のDNA螺旋をこじ開け破壊してしまう”と言うのです。TSA(運輸安全管理局)のスキャナーが、それを浴びた人々や職員のDNAを著しく損傷しており、“何人かの人たちに、ほぼ確実にガンを引き起こす”というのです。
 科学というのは諸刃の剣であるというのはよく知られた事実ですが、問題は、危険性を一切知らされていないということではないでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
米物理学者は本を開かずに本を読む?
転載元)
米マサチューセッツ工科大学の学者達は、テラヘルツ放射線を用いて、閉じられた本を、本を開かずに読むことができるユニークな器具を開発した。この発明に関する論文は、雑誌Nature Communicationsに発表された。

マサチューセッツ工科大学のバーマク・ヘシマト氏は、スプートニク記者の取材に対し「ニューヨーク博物館はすでに、このテクノロジーに関心を示した。なぜなら彼らは、例えば、手で触れることができない古文書の中をのぞきたいと思っているからだ」と述べた。

ヘシマト氏と彼の実験室の同僚達は、所謂テラヘルツ放射線の助けを借りて、このユニークな技術を作り出した。

この放射線には様々な用途があるが、そのもっともよく知られた特性は、理論上、対象物を「透明化」できる能力だ。マサチューセッツ工科大学の学者らは、この夢を現実にし、文字と白紙を区別できる特殊なスキャナーを開発した。

――――――――――――――――――――――――
DNA螺旋を“こじ開けて”破壊する装置がヤバすぎる! 透視できる携帯電話も作れる!?
引用元)
(前略) 

■テラヘルツ波はDNAを破壊し、ガンを引き起こす?

 米・ニューメキシコ州ロスアラモス国立研究所、非線形科学研究センターのボイアン・アレクサンドロフ博士らは、研究の結果、テラヘルツ波による放射線被曝が累積的に生体に蓄積し、人間や動物のDNAに影響を与えるという恐ろしい証拠を発見した。なんとテラヘルツ波は、人間のDNA螺旋をこじ開け、破壊してしまうというのだ。

(中略) 

 すでに米国では、空港のテロ対策として服が完全に透けて見えるボディスキャナーが実用化されているが、これはテラヘルツ波を応用した技術。

(中略) 

米・コロンビア大学教授で、放射線の影響に関する専門家であるデービッド・ブレンナー博士は、「TSAのスキャナーが、それを受けた何人かの人たちに、ほぼ確実にガンを引き起こすだろう」と警告を発している。

(以下略)

[Sputnik ほか]フィリピン反政府勢力、ロドリゴ大統領退任目指しクーデター画策 〜クーデターを支援しているのはアメリカ〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 フィリピンのドゥテルテ大統領の退任を目的としたクーデター計画が発覚しました。情報が「米国にいる信頼のおける情報筋」から得られた情報だということと、事件の前後関係を見ると、このクーデターを海外から支援しているのはアメリカなのは明らかです。事前に陰謀が発覚したことから、どう考えてもこの計画は頓挫したものとみられます。
 問題はフィリピン軍をドゥテルテ大統領がどの程度掌握しているかですが、直感的には軍人の8割以上が大統領を支持していると思われます。ただ、要職に配置されているのが米国に忠誠を誓う人物だと思われます。しかし“政府はこの活動の発起人らの名前のリストを手にしている”ということなので、彼らが不用意な動きをとると、これまでのドゥテルテ大統領の行動から推測すれば、その場で射殺もあり得ると思います。ですから、こうしたクーデター計画はまず成功しないと思われます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フィリピン反政府勢力、ロドリゴ大統領退任目指しクーデター画策
転載元)
フィリピン政権は国内反政府勢力がロドリゴ・ドゥエルテ大統領退任を目的とし、海外からの支援を受けてクーデターを画策しているとの情報を手に入れた。22日、マーティン・アンダナール大統領報道官が発表した。

アンダナール報道官によると、大規模抗議運動の情報は「米国にいる信頼の置ける情報筋」から得られた。明らかになったところによると、フィリピンの反ロドリゴ大統領勢力は2017年1月に大統領退任運動を開始し、大規模街頭抗議やSNSを通じすでに拡散されている参加呼びかけを行う予定だ。

アンダナール報道官は、政府はしかるべく方法により準備されている陰謀に対応するとの声明を出した。「我われはあらゆる代価を払っても大統領を守る」と述べ、政府はこの活動の発起人らの名前のリストを手にしていると付け加えた。

ロドリゴ大統領は6月30日に就任し、侮辱的な発言によって世界のマスコミで広く知られるようになった。

――――――――――――――――――――――――
フィリピン、アメリカ軍の撤退を要求
転載元)


フィリピンのドゥテルテ大統領が、同国からのアメリカ軍の撤退を要求しました。

IRIB通信によりますと、ドゥテルテ大統領は12日月曜、フィリピン南部に駐留しているアメリカ軍の特殊部隊はこの国から即座に撤退すべきだ、と述べました。

この発言の一方で、1週間前にはドゥテルテ大統領はアメリカのオバマ大統領に対して暴言を吐いていました。

以前、フィリピン南部のミンナダオ島にはアメリカ軍約600人が駐留していましたが、2014年、フィリピンの当時の国防大臣がその数を200人に削減しました。

アメリカの軍事顧問はフィリピン軍を支援する任務を負っていましたが、争いに介入することは禁じられていました。

ドゥテルテ大統領は政府職員の前での演説で、「アメリカ軍はミンダナオを去るべきだ。なぜなら人々は彼らを目にすると怒り、彼らの命が危険にさらされる可能性があるからだ」と述べました。

国連トラック”空爆”、NYとNJの爆弾テロは、シリアの米軍「誤爆」事件から目を外らすため

 9月19日、シリアで支援物資を運んでいた国連のトラックが攻撃を受けて12人が死亡しました。アメリカ政府は「空爆はロシア軍によるもの」と主張しています。一方、ロシア外務省は「アメリカ主導の有志連合がシリア軍を誤爆した事実から目をそらさせるための企てだ」と主張しています。また、ロシア側は空爆そのものを否定しており、トラックの横を迫撃砲のけん引車両が通過する映像を公開しています。ロシア国防省のコナシェンコフ報道官は「録画画像を精査した結果、…テロ組織「シャームの民のヌスラ戦線」が…、迫撃砲、ロケット弾による砲撃支援を受け、車列のいる方向に対して大規模な攻撃を実施した」と主張しています。
 17日には、米国主導の有志連合によるシリア軍への"誤爆"事件がありましたが、"続きはここから"以降の記事では、その際のシリア軍兵士による貴重な証言が掲載されています。これを読むと「誤爆」と呼ぶにはあまりにも白々しいです。また、記事では17日のニューヨークとニュージャージーで起こった爆弾テロが、"誤爆"事件から大衆の注意をそらす役目を果たしたと指摘しています。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
国連トラック空爆で米ロ対立 シリア停戦は“崩壊”(16/09/21)
配信元)

————————————————————————
「シリア停戦」は事実上の崩壊 米ロが非難の応酬(16/09/22)
配信元)

————————————————————————
シリアの支援車両空爆に関連して露国防省が映像公開
配信元)

————————————————————————
ロシア国防省「国連の車列への攻撃は空爆ではなく、ヌスラ戦線の砲撃」
ロシア国防省のイゴール・コナシェンコフ報道官は声明を出し、19日にアレッポ県アウラム・クブラー村で人道支援物資を輸送中のシリア赤新月社と国連の支援チームの車列を空爆受けたとされる事件に関して、「アレッポ南西部でロシア軍とシリア軍の航空兵器による空爆は実施されていない」と否定した。

コナシェンコフ報道官はまた、「録画画像を精査した結果、アレッポ市南西部で国連の車列が空爆を受けた証拠は存在しない」と述べ、空爆を受けたとする情報そのものも否定、「テロ組織「シャームの民のヌスラ戦線」(シャーム・ファトフ戦線)がモスクワ時間(18日)19時頃、迫撃砲、ロケット弾による砲撃支援を受け、車列のいる方向に対して大規模な攻撃を実施した」として、車列の破壊がヌスラ戦線の攻撃によるものだと主張した。

同報道官によると、事件現場のビデオ映像には、空爆を受けたと思われるクレーターなどの痕跡は発見できず、また車輌の損傷から空爆による爆発の痕跡もなかったという。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 30