メキシコ便り(14):メキシコに光が差してきたぁ〜!!!

 💦猛暑が続いています🌞この猛暑の中、うちの庭のりんごの木はたくさん実を実らせ、只今、収穫真っ盛り🍎日本にいるときにはりんごって寒いところにできるものだと思い込んでいましたが、毎日40度近くになる場所でも、りんごができることにビックリ!そして今の時期に収穫?!またまた当たり前の概念ぶち壊わされる!popoちゃんはりんごが大好き💖で、毎日食べてます。おいし〜いんだなぁ〜😋(popoちゃんがお腹に入っていたとき、popoちゃんのママはたくさんりんごを食べてたらしい、だからかな?!)食いしん坊のpopoちゃんの旦那さまが庭に植えるものは、全て食べ物😆ライムの木、りんごの木、オレンジの木、プルーンの木、ネクタリンの木、そしてpopoちゃんが植えるのは料理に使えるハーブたち、ローズマリー、タイム、ミント。。。そしてお隣のお姑さんのお庭はカラフルなお花がたくさん勢揃い🌺 庭にもそれぞれの個性が出て共存しています♪

 さて、今回のメキシコ便りは皆さまの予想通り。。。はい!メキシコ大統領選です!popoちゃんも旦那さまとお姑さんにくっついて、投票所へ行っていきました。日本と少々違う投票所のレポート。そして次期大統領オブラドール氏がどんな方なのか、今後どうなるのかを専門家たちのお話、記事をまとめてみました。メキシコに差してきた光をおすそ分け✨おっとその前に、今、海外で話題になっているワールドカップでの日本のサッカーチームとそのファンの記事を取り上げてみました。日本ではあべぴょん政権でどんよりしたムードが続いて気が塞がっちゃいそうですが、それに巻き込まれないことを願いつつ、海外の人たちからみた日本のすばらしいところをご紹介♪

(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
メキシコ便り(14):メキシコに光が差してきたぁ〜!!!


1)ワールドカップの勝ち負けよりすばらしいこと



たくさんのかわいいわんちゃんたちの応援にもかかわらず、ブラジル vs メキシコ戦、メキシコ敗北!完全に実力の差を見せつけられた試合でした。。。同日、日本もベルギー戦で敗北。。。でもこれはすごくいい試合だった!最後の最後まで見入っちゃいました。日本、惜しかったぁ〜、でもやっぱりベルギー強かったぁ。。。大きくてパワフルでしかもスピーディー!!!日本、ベルギー、いい試合をありがとう!

と、まぁ、勝ち負けがとりわけ気になるワールドカップですが。。。それよりも、海外ではこんなニュースが話題になっています。

日本で報道されているかな?!メキシコでは日本のサッカーファンたちが毎回かならず自分たちがいた場所のゴミ拾いをすることがニュースになりました。そしてそれを知ったメキシコのサッカーファンも、モスクワで試合観戦後、みんなでゴミ拾いをしはじめたというニュースを先週テレビで観ました!ステキ〜💖(やっぱりメキシコ人って素直で心がキレイな人が多い?!)



そしてRussia Insiderでも日本人のサッカープレイヤーの品格そのものを褒めたたえた記事が!!!(RUSSIA INSIDER

要訳:
まさに品格そのものワールドカップでの衝撃的な敗北後、悲嘆に暮れていた日本(サッカーチーム)は、更衣室をキレイに掃除し、ロシア語でありがとうと書かれたメモを残した。痛ましい敗北にもかかわらず、日本のサッカープレイヤーは、応援してくれたファンに頭をさげて礼をした、まさに最もマナーの行き届いたきちんとしたチーム。日本のファン達も涙を拭いながら、自分たちがいた場所を掃除し、スタッフを手伝い、掃除が終わるまでスタジアムを去らなかった。

コメント欄のちょい訳:
John Mason :
結局はどう勝つか、どう負けるかが大事なんだよなぁ。。。
Mikasa Ackerman:
だから日本のことが大好きなんだ。礼儀正しく、マナーがいい文化。残念なことに、他の国にはない。。。
Enrrique Costas:
スタジアムのゴミを拾うことは雇われている掃除の人の仕事、プロのほうがうまい。。。

「来た時よりも美しく!」「立つ鳥、跡を濁さず」と教えられてきた私たち日本人は、身の回りをきちんとキレイにして去るのはあたり前のことのように思えますが、これは外国の人にとって衝撃的!コメント欄にあるように2つの意見に分かれます。すばらしい!と感激する人、そしてなんでプロに任せないのか?と思う人。メキシコでは大抵、会社や学校にお掃除する方(雇われている方)がいます。そして裕福な家庭にはおうちにもお掃除してくれる方がいます。子供が学校でお掃除するときは、なにかの罰でやらされるときのみらしい。。。なので、掃除ひとつでもこんなに違う概念popoちゃんはやっぱり日本人なので、使わせてもらった場所への感謝と敬意を示す日本スタイルが好き💖


(意訳)最初は2-0で勝っていた試合で負け、ワールドカップから外れた日本。痛ましい敗北にもかかわらず、ちゃんと更衣室を掃除し、完璧に綺麗にして去った。品格そのものの見本になってくれてありがとう。他の人たちもあなたたちを見習ってくれるといいなぁ。。。

日本代表サッカーチーム、お疲れさま、そして、美しいココロにかんぱぁ〜い


2)メキシコの投票所に行ってきた!


7月1日(日)メキシコ総選挙。popoちゃんは旦那さまとお姑さんにくっついて投票所を拝見♪ メキシコでは近くに学校などの公の施設のないところは一般人のお家(政府から指名されるらしい)を投票所にします。

photo by popo

photo by popo

近所のお家の投票所。まず受付でIDをボランティアスタッフの方に渡します。ボランティアスタッフの方が奥にすわっているそれぞれの政党の代表に投票者の名前を叫んで、政党の代表者たちがそれぞれ名簿でチェックします。そして投票用紙をもらいます。

photo by popo


あの白い箱のようなものに入って、カラフルな投票用紙に自分が支持する政治家の名前をバツまたはチェックをします。

photo by popo


投票用紙を折って、それぞれの投票箱にいれます。そして先ほどの受付でIDを返してもらい、右親指の腹にインクをつけてもらいます。これが投票した印!投票完了!


3)次期大統領、決定!



多くの世論調査の通り、Lopez Obrador氏が圧勝!三度目の挑戦、三度目の正直?!今回も不正選挙が懸念されていましたが、その不正すら追いつけないすざましい勢いで圧勝でした!とってもすごかったのでメキシコではTSUNAMI選挙だったと言われています。あちこち投票買いなど不正はあったようですが、Lopez Obrador氏の支持率は圧倒的の53%。2位のAnaya氏と30%の差。投票率63.8%。高い投票率ですが、実はハプニングがありました。メキシコにはその地域に登録していない人のための特別投票所が設けられ、不正選挙防止のため法律で1箇所につき750票までと決められていて、今回、ものすごく多くの人々が投票にきてしまい、特別投票所ではどこも投票紙がなくなり、投票できない人たちが続出!にもかかわらずこの投票率!(Mexico News Daily

(投票所の列に並んで待つ間にCielito Lindo:第2の国歌、ラブソングを歌うメキシコ人)

政府の汚職、治安の悪化(史上最悪)に対してのメキシコ国民の怒り、フラストレーション、どん底を見たメキシコ人たちが、心底、改革を願う気持ちがもろに反映されたすざましい選挙となりました!

当選後、Lopez Obrador氏はソカロ(メキシコ・ダウンタウンの大広場)でこのように宣言!
「私たちはこれらの3つのことを守ります!ウソをつかない!盗まない!そして国民を裏切らない!メキシコ万歳!!!」
https://mexiconewsdaily.com/news/i-will-not-fail-you-amlo-tells-thousands-gathered-in-the-zocalo/?utm_source=tw&utm_campaign=amlo-celebrates-zocalo

(これってまさにヤマ・ニヤマですね!😉)

Lopez Obrador氏の勝利スピーチ、奥様と息子たちと。。。

普段パブリックスピーキングが苦手な氏で、popoちゃんは氏のスピーチを聞いているとあくびがでちゃうのですが、このときばかりは氏のスピーチがpopoちゃんのココロにび〜んっと響きました✨選挙運動が始まった当初は、氏のことをなんだか酔っ払いのおじさんの口調で話す信用できない人だなと思っていましたが、ここ1ヶ月くらい色々と調べてみると、ひょっとしたら大丈夫な人かもしれないと。。。思い始め、そして7月2日のフルフォード氏の記事に「地球を支配してきた犯罪組織カバールたちは、先日のメキシコの政権交代、そして、近いうちにEUでも起こる政権交代で、権力の座から組織的に排除されている。」を読んで、とても安堵しました!やはりメキシコも世界の流れに乗ったよう!!!よかったぁ〜。。。😊

そして、以前のメキシコ便り(11)でご紹介したように、Meade氏が負けるとBlackrockが投資した大金を奪い返すことで、ペソが下落するだろうとJalife氏がいっていたのですが、今の所、大きな変動は起こっていません。というよりLopez Obrador氏が勝ったとき、ペソは上がりました!今後の希望が反映?!そういえばJim Stone氏が以前言ってた。。。「もしObrador氏が大統領になるとメキシコの経済は爆発的に良くなる」http://82.221.129.208/.ys5.html )と。。。


4)Andre Manuel Lopez Obrador(ファーストネーム、ミドルネーム、父方名字、母方名字)ってどんな人?!



通称:AMLO(アムロ)

1953年11月13日生まれ(64歳)、メキシコ・タバスコ州出身(石油産地)

1976年 タバスコ州で PRI(制度的革命党)の一員として政治家としてのキャリアスタート。タバスコ州原住民施設のディレクター任務。

1988年 PRIのメンバーであるCuahtemoc Cardenas 氏(石油産業を国有化した、別の言い方でアメリカから取り戻した元大統領Lazaro Cardenas1934-1940の息子)とPRIを離党し、PRD(民主革命党)を結成。

1988年 Cardenas氏大統領立候補者に。投票当日、Cardenas氏(PRD党)は勝っていたが、突然、投票数をカウントするコンピューターが故障。そしてコンピューターが復活したときに、Carlos Salinas氏(PRI党)が勝ったと宣言された。不正選挙。

2000〜2005年メキシコシティの市長任務。Jim Stone氏によると、この地位は州政府の上にあり、実質上、メキシコで大統領の次、2番目のランク。2004年世界市長賞で世界第2位に選ばれる。Reforma新聞によると候補者時代に約束した政策の80%を遂行。Consulta Mitofskyによる調査では84%の満足度で市長任務終了。

2006年、2012年大統領立候補。僅差で敗れる、どちらも不正選挙。実際、Obrador 氏が勝っていたとか。。。2012年ほとんどPRDのメンバーと一緒にPRDを離党し、一緒にMORENA(国民再生運動)を結成。

2018年圧倒的な支持で次期大統領に選ばれる。53%の支持とメディアではいわれているが、Jim Stone氏いわく実際のところ70%だとか。。。Anaya氏(ジョージ・ソロスが支持)が17%を買ったとか。。。

大統領当選後、ヴィクトリースピーチに現れるのに使った車はいつものヴォルクスワーゲンJetta A4(ほとんどの国で2008年に生産終了。メキシコではJetta Clasicoとして2015年まで生産。)オブラドール氏は王様のようなエリート政治家のライフスタイルを嫌っている。奥様もファーストレディと呼ばれるのがお嫌いだとか。。。そしてお二人は高級住宅街ではなく普通の庶民の住宅街に住んでいるとか。。。

http://www.nydailynews.com/opinion/ny-oped-why-lopez-obrador-won-20180702-story.html
https://en.wikipedia.org/wiki/Andrés_Manuel_López_Obrador


5)今後どうなる?!


メキシコの政治分析家Alfredo Jalife氏とメキシコ在住のフリージャーナリストJim Stone氏の見解・予測をまとめてみました。



(Alfred Jalife氏)

今の時代、左派、右派という言葉はもう古い。21世紀はグローバリストかナショナリストだ。オブラドール氏はナショナリストだ。今回の大統領選挙はTSUNAMI選挙だった。国民の85%は石油の民営化に反対だったのだが、政府は売ってしまった。その怒りもこの選挙に反映されたといってもよいだろう。石油のフラッキングには大量の水が必要である。そのため水の民営化も優先された。アメリカは第2次世界大戦後から北アメリカ大陸の地中海(石油)を計画してきた。もしオブラドール氏が現在のエネルギー改革を変更しようとすると、アメリカはメキシコをダメにするだろう。メキシコはメキシコ銀行をはじめ銀行はメキシコのコントロール下にない。もしメキシコ銀行の総裁にミード氏(大統領候補者Meade氏、Blackrockに支持されていた)が任命されても驚くな。。これは大金をミード氏に投資したBlackrockから「エネルギー改革に手をだすな」というメッセージだ。オブラドール氏は、慎重に柔軟に、そして辛抱強くエネルギー改革を扱わなければならない。かなり難しいだろう。トランプ大統領は、アメリカがメキシコのインフラ投資をし、メキシコに雇用を増やすことで違法移民問題の解決策になるなどオブラドール氏と話した。

(Jim Stone氏) http://82.221.129.208/.yn2.html

オブラドール氏は1976年から政治家をしていて超ベテラン。メキシコ政府の仕組み、カルテルとのやりとりなどすべてを知り尽くしている。今後しばらくしてオブラドール氏がスポットライトから外れると、まずカルテルが最初にオブラドール氏に会いに来るだろう。そして、カルテルは自分たちの味方にオブラドール氏をつけようとするだろうが、その試みは無駄に終わるだろう。彼の過去からみて、汚職ゼロ!汚職不可能!(これ本当だったらすごい!!!)オブラドール氏は間違いなくカルテルに立ち向かい、そして勝つだろう。カルテルはなんらかの形で生き残ろうとするかもしれないが、今までのようではいられないだろう。オブラドール氏はナショナリストなのでトランプ大統領と同様、今のNAFTA条約の状態に反対。NAFTAはグローバリスト。トランプ大統領とオブラドール氏は両国にとって良いフェアドレードに合意する可能性あり。オブラドール氏はうまく貧しい人たちへの雇用を促進しサポート体制を整えることができれば、アメリカの違法移民はメキシコに戻ってくるだろう。中国がメキシコにより接近してくるだろう。オブラドール氏は、メキシコ人への良い給与と雇用提供を条件に中国を受け入れるだろう。もし中国との話がうまくいけば、メキシコの経済はトップ10以内に入るだろう。(現在15位)

注)以前、jalife氏がオブラドール氏は背後にジョージ・ソロスがいるようなことを言っていましたが、Jim Stone氏によると、そういう噂があるが全く関与していないと全面否定を彼のブログでしています。たしかにあの圧勝ぶりは力の尽きてきたソロスではないというのは明らかです。

と、次期大統領オブラドール氏にいろいろと期待が膨らむわけですが。。。そうだ!ぴよことの竹下先生の言葉を思い出した!

世界を変えるのは政治ではなくて"思い"なのです。

 
そうだった。。。まずは自分の思いを清らかに、平安に。。。だった。。。🙏😌🙏

¡Viva Mexico!

(popoちゃん)

Writer

popoちゃん

日本大好き♡大福、抹茶大好き♡なメキシコ人夫、寝てばかりの愛犬2匹との〜んびりメキシコ在住満喫中♪ 16歳のとき初めてオーストラリアに住み、大学卒後、メキシコ人夫とアメリカ、メキシコ、東京を遊牧民のようにあちこち移り住み、現在、メキシコで落ち着いている?!という自由奔放に生きてるpopoちゃんです。メキシコ在住歴は計6年ほど。

肌で感じるメキシコの社会事情と魅力をお伝えできたらなと思っています。
Viva Mexico!
体癖5・9、エニアグラム1、ピッタ・カファ



Comments are closed.