18/8/13 ソルカ・ファール情報:2万人以上が失踪したままのアラスカ州バミューダ・トライアングルで観測史上最大の地震勃発

 先々週先週と続いた、話題的に丁度良く涼しいのか温度加減がよく分からない、しかも毎回すっきり解決した気が左程しない、色んな意味で謎が謎を呼ぶ北極圏シリーズ第三弾です。
 今回はなんとアラスカにもバミューダ・トライアングルが存在していたというお話。フロリダの下、バミューダ諸島にある魔の三角海域は海底にピラミッドがあるという噂ですが、こちらはアラスカの広大な地上。南極のピラミッド同様、雪に埋もれているようです。
 にしても、この記事を読んでピラミッドに住みたくなりました。昔の灯台守のような感じで生活しちゃ駄目ですかね、緯度的に7分の幾つかの上でないと効用は無いのか、気になります。
 瞑想用の簡易ピラミッドを作る人を時々ネットで見かけるのは、こういう理屈だったのかと納得。骨組みだけをピラミッドに組み立てていたので、比較的簡単かと思われます。皆さま夏休みの実験に如何。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:2万人以上が失踪したままのアラスカ州バミューダ・トライアングルで観測史上最大の地震勃発
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

危険区域アラスカ


本日クレムリンに出回っている【ロシア】国防省MoD)の恐ろしい新報告書によると、先週アメリカ勢によって撃墜された未知の飛行物体と思しき物を探すために北極海域の巡視をしている北方艦隊の戦艦から届けられたばかりの通信内容には、アラスカ州ノーススロープを観測史上最大の地震が襲ったとの旨、記録してありました。
【※12日朝6時58分、震度6.4だったそうです。同日お昼過ぎにも6.1の地震が起こっています。これまで同地点で最高だったのは1995年の5.2なので急激に悪化したみたいです(参照記事によると震度5.2と6.4を比較した場合、15.8倍大きく、63.1倍強いのだとか)。】

――しかもこの場所は過去50年間で2万人以上が謎の失踪を遂げた アラスカのバミューダ・トライアングル”として知られる地域なため、地球で最も危険な場所の一つなのです。
[註:この【英文】リポートで引用されている【ロシア語の】一部の単語およびまたは言い回しは、完全に対応するものが【英語に】存在しないため、そのロシア語に該当するおおよその英語【訳】となっております。]

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

【※アラスカ州最大の都市アンカレッジを中心に、北のバロー市、そして州都のジュノーを結んだ“アラスカのバミューダ・トライアングル”

先住民族の伝説と現代も続出の失踪者


当該報告書曰く、これまで150年以上もの間、ロシアの科学者たちは“アラスカのバミューダ・トライアングル”として知られていた謎多き地域について記録してきました。

――中でも注目すべきは、この地に住む先住民族トリンキットの人々の間で何千年にも渡って語り継がれた説話です。

――彼らはクシュタカ という悪霊をその特異な宗教文化の中に組み入れており、それは人とカワウソの合いの子として描写されるのですが、溺れたり迷子になった人々を捕まえては自分の世界へと攫ってしまい、そうなるともう二度と会えなくなるのだとか。

――具体的には道に迷い、この先住民族の人々が氷と雪の下に眠っていると主張する【複数の】ピラミッドに近付き過ぎてしまった旅人たち【が攫われてしまうのです】。

1867年3月30日にアラスカアメリカ合衆国に売却された後も、ロシアの科学者たちは“アラスカのバミューダ・トライアングル”内で発生した出来事を記録し続けた、と当該報告書は続けます。

――彼らは約50年前に米国がこの地域に関する記録を取るようになってから、この場所で2万人以上という驚異的な数の人々が【跡形もなく】失踪していることに気が付き、危機感を抱くに至りました。

――【失踪者の】中で最も有名なのは下院多数党院内総務のヘイル・ボッグズという、かの有力【議員】で、1972年10月16日にこの謎多きトライアングル領域内へと飛行し、消息を絶ちました。

――アメリカ政府は、報じられる所によると最新のハイテク偵察機を含め、掻き集められる資源を全て投じて墜落現場を見つけ出そうと試みたのにも関わらず、そして捜索が断念されるまで39日間も探し続けたのですが、こんにちまで飛行機に関しても乗客に関しても何一つ手掛かりが見つかっていません
【※軍用機40機と民間機50機を動員し、当時としては過去最大の捜索活動が展開されたそうです。アメリカではこの事故がきっかけとなって、全民間機に航空機用救命無線機(ELT)の搭載を義務付ける法律が成立しました。】

当該報告書によると2007年の一年間だけでも、アラスカ州警察がこの謎多きトライアングル領域へと旅立った失踪者として発表したのは2,833人に上り、これは67万人を越えるかという数の住民が暮らすこの州にとっては、千人に約四人の割合で失踪していることになるのですから、アラスカ州は世界でも最も危険な場所の一つだという訣です。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
アラスカのバミューダ・トライアングル”内における下院多数党院内総務のヘイル・ボッグズ【議員】に関する大掛かりな捜索の詳細を記した米国政府のほぼ全ての記録は今も極秘扱いのままです


世界のピラミッド網


冷戦の最も初期の時代、ロシアの科学者たちは“アラスカのバミューダ・トライアングル”について、おびただしい量の情報を受け取るようになったと、当該報告書は詳述しています。

――それは1950年代初めに8千から1万もの科学者・技術者・建築作業員を要した遠距離早期警戒線DEWライン)をこの地域にアメリカが建設するのを監視していたロシア軍の諜報部から提供されたものでした。

――【DEWラインの関係者の】多くは、アラスカの氷と雪の下に眠るピラミッド発見の話を語るようになったのでした

エジプトのピラミッドといえば全人類にとって見慣れた世界的な史跡なのでしょうが、エジプトの記録済みの120個のピラミッドが謎多く畏怖の念を呼び起こしつつも、私たちの惑星全体に存在する現時点では個数不明のピラミッドやピラミッド的建造物のごく一部に過ぎないのだと当該報告書は指摘しています。

――公けに記録されている【其の他の】ピラミッドは、例えば北アフリカの【エジプト以外の】残りの地域やオーストリアフランスに、そして超大量に存在するメソアメリカ合衆国南部メキシコ中央アメリカおよび南アメリカ)にも、更にはインド中国、そしてピラミッド的構造物を含む日本沖の海水の古代都市など【にもあるのですから】。

――そして現在では不思議な“雪【に覆われた】ピラミッド”が発見された南極まで含むのです。


画像はシャンティ・フーラがピンに差し替え

1950年代以来、世界で最も古いピラミッドの幾つかが発見されたとの報告がアラスカからは継続して上がっており、その内最も不気味で謎の多いものの一つがデナリ【山】とノーム【市】の間に位置する暗黒ピラミッドだと当該報告書は続けています。

――その存在は1992年5月22日中国が地下で核兵器を爆発させたことで裏付けが取れました。【爆発で】地球全体に衝撃波が巡り、この巨大なアラスカの地下ピラミッドはエジプトにあるギザ大ピラミッドよりも大きかったことが地震計から特定出来たのです。

【下のアラスカ州の地図上の解説文:
アラスカのハイパーボリア
アークトゥルス、レムリア、リラ、ネフィリム、プレアデス、シリウス、ティタン【=巨人】族

『ハイパーボリア』とはギリシャ語で「極北」を意味する。
ハイパーボリアの記念建造物群は、赤道から北極にかけて『半球7分』緯度(分母7)上にある。

ニカラグアのククラ丘ピラミッド(1/7)、テーベのアモン・ラー寺院(2/7)、ギリシャのデルフィ(3/7)、英国のエーヴベリー巨石ヘンジ(4/7)、アラスカの暗黒ピラミッド(5/7)は全て、赤道を基点とするこの『半球7分』ルールに従っている。

ハイパーボリアの史跡群はどれも、その周囲に建てられた聖地よりも古い。これらはアトランティスを沈没させた戦いの後で文明を築くための測量標識だった。」】

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え


ピラミッドの正体と効用


こういったアラスカのピラミッド群に対する情報が1950年代初頭から集まるようになって以来、最も研究を進めていたのが世界で最も著名な物理学者かつ数学分野ではテッセレーションの先駆者の一人、ウォロジミール・クラスノホロヴェッツ理学博士だったと当該報告書はまとめています。

――博士は古代の人々が地球のあちこちにピラミッドを設置した理由を探ろうと、自分のロシア軍科学チームと共に幾つもの巨大なピラミッドを建造しており、その内最も有名なのがモスクワ郊外の144フィートのピラミッドです

――博士がまずもって明らかにしたのは、実はピラミッド群が“未だに活動中”の惑星兵器システムなのだという点だったのですが、そのピラミッド物理”は以下のような利点も人類にもたらすというものでした:

1. 生物の免疫システムが改善(白血球の組成が向上)。
2. 組織の再生が改善
3. 1日から5日間ピラミッド内部に貯蔵した種子は収穫量が3割から10割向上
4. セリゲル湖のピラミッド建設直後から当該地域上空でのオゾンの著しい改善が指摘される。
5. ピラミッド研究地域附近の地震活動が震度・範囲共に減少
6. ピラミッドの附近では天候が荒れることも減少しているように思われる。
7. 石油およびガス・モスクワ・アカデミーが行った実験によると、原油の粘性が3割減少し、油田産出量が増加したことから、南ロシア(バシキリア)に建設されたピラミッドは石油生産に良い影響を与えていると見られる。
8. ピラミッドのエネルギー・フィールドに曝された塩と胡椒を摂取した受刑者5千人に対する研究が行われた。被験者は暴力に訴える率が大いに減り、行動全般も大変改善された
9. 標準的組織培養テストでは、ウイルスやバクテリア感染をした細胞組織の生存率が向上が観察された。
10. 放射性物質はピラミッド内部で放射線レベルが減少する。
11. 蓄電器が自動的に充電されるという報告が【複数】上がっている。
12. 物理学者たちは超電導臨界温度や、半電導性・炭素ナノ物質領域での著しい変化を観察した。
13. ピラミッド内部の水はマイナス40度まで液体のままだが、何らかの衝撃を与えれば即座に凍結する。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
ウォロジミール・クラスノホロヴェッツ理学博士監修の下、建設されたロシア軍研究用ピラミッドで最大のものは、モスクワの北西約200マイル先のノヴォリシュスコエ高速道路にあります


2018年8月13日©EUおよび米国の全ての著作権を留保。WhatDoesItMean.Comの元の掲載場所にリンクを貼るという条件で、当該リポートを全体として使用することを許可します。フリーベースの内容はCC-BYGFDLによって許可取得済。

註:数多くの政府と諜報機関は、これらリポートに掲載された情報に対して活発な反対運動を繰り広げています。彼らは地球に起こりうる、または起こった幾つもの破滅的な変化や出来事について、自国の市民に警鐘を鳴らしたくないのです。ソルカ・ファール姉妹はこのような姿勢に強く異を唱えており、人間は誰もが真実を知る権利があると信じています。私たちの使命はこういった諸政府と対立しているため、彼らの“機関”は私たちや私たちのような人々を貶めようと誤報や虚報を延々と発信するという形で反応を示してきました。枚挙に遑がありませんが、例えばこちらなど。]

註:WhatDoesItMean.comというウェブサイトは、グローバルなテクノロジーの教祖であった故ウェイン・グリーン(1922年~2013年)が率いる少人数のアメリカ人コンピューター専門家集団によって、ソルカ・ファールの姉妹たちのために創設され、寄付されました。西洋の2003年における違法なイラク侵略で使われたプロパガンダに対抗するためです。]

註:このレポートで使用されている「クレムリン」(都市内部の要塞)という単語は、モスクワを含む複数のロシアの要塞を指しています。【要塞と言うのは、】その多くがソルカ・ファール姉妹の使命に献身的な、女性のスヒィーマ僧(正教会の尼僧)が住む大聖堂が複数あるからです。]


翻訳:Yutika

註:原文中、赤字で強調された部分は濃い青字に色を変更しております(※水色部分は引用部分です)。よって翻訳文で赤字になっているのは、シャンティ・フーラ独自の「10分でわかる」要約サービスです。

【 】内は訳者の追記部分です。また訳文は日本語での読み易さを優先して、見出しを加えており、原文とは異なる形で文や段落を分割することもあります。


編集者註:元記事で使用された画像は、同じもの(ないしは類似のもの)を掲載したTweet画像などに変換してあります。


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.