ぺりどっと通信29 超吸収

 前回に予告していた通り、水分を身体により吸収させる超吸収法の正体を明らかにします。
 それに続く内容は、ぺりどっとの勝手に妄想記事です。良い子の皆さんは、どうかマネなどされないで下さいね。
(ぺりどっと)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
まずは、答えです。
水分を身体により吸収させる超吸収法は、「洗腸」になります。というわけで、前回の記事は今回の記事のプロローグでしたので、実質的には洗腸記事連続の四連弾となります。

洗腸は、腸を洗うと書きますので、腸の中を洗うというイメージが強いのですが、その効果効能はそれだけではないのです。

pixabay[CC0]


僕たちが食べ物を口から摂取すると、

口→食道→胃→小腸→大腸(盲腸→結腸→直腸)→肛門
(人間の腸の全長は7~9m程度)
Wikipediaより

という流れになっています。
途中、胃で消化され、腸で吸収され全身に運ばれ、残りは排泄されていきます。

その腸は、小腸と大腸から成り立ちます。

日本人の平均的な大腸の長さは約1.5メートル、小腸の長さは約6~7メートルもあります。驚くのはその表面積の広さです。大腸の内壁を全部広げると、その表面積はなんとテニスコート半面分=約100平方メートル、さらに小腸はその2倍、テニスコート1面分=約200平方メートルもの表面積があるのです。
https://www.yomeishu.co.jp/sp/genkigenki/trivia/140428/

というわけで、いくら、ぺりどっと式洗腸で50センチのシリンジを挿入し逆立ちをして、どんなに奥まで入れようと頑張ってみたとしても、さすがに小腸までは届かないものと思われます。ですので洗腸の対象となる部位は、大腸限定となります。


ではその大腸の機能を詳しく見てみましょう。。。

Wikipedia「大腸」より一部抜粋

大腸の主要な機能は食物の難消化性成分、いわゆる食物繊維の発酵と水分および塩分の吸収である。

ウマなどの草食動物ではこの大腸で生成された短鎖脂肪酸が主要なエネルギー源になっているが、ヒトでも低カロリーで食物繊維の豊富な食生活を送っている場合にはこの大腸での発酵で生成された短鎖脂肪酸が重要なエネルギー源となっている。また、腸内細菌の活動によって産生されるビタミンがあることも知られている。

吸収された発酵産物や水分は門脈を経由して肝臓で処理されるが、直腸下部の静脈は門脈を経由しないので肝臓での処理を免れ、直接下大静脈に注いで全身を巡る。坐薬が早くよく効くのはこのためであり、経口投与に難がある薬剤の投与にも用いられる。

Wikipedia[CC BY]


まとめると、大腸の機能というのは、
  • 食物繊維の発酵
  • 水分や塩分の吸収
  • エネルギーやビタミンなどの生成及び吸収

ということになりますが、これは正常な状態でのお話。腸内の悪玉菌が増え過ぎると、毒性物質を生成して、さらにそれを吸収してしまい、肝臓を経由しないで全身に回すことにもなってしまいます。こうした悪玉菌や毒性物質を洗い流すことが出来るのも"洗腸"なのです。

また、口から摂取した水は、主に腸の上部で吸収され、門脈経由で肝臓を経てから体中を巡ります。洗腸は、腸の下部で施されますので、門脈を経由しないで済むため、水分が全身により運ばれやすいというわけです。

しかも、洗腸では温かいお湯を腸内に注入しますので、常温の水より表面張力が弱くなり、より濡れやすくより染み込みやすいのです。そう、それはまるで腸から飲む白湯のごときです(アーユルヴェーダでは白湯を飲むことをオススメしています)。口から飲む白湯ですと、食道や胃などの周辺が温まる程度ですが、洗腸では健康の要である腸を内側から直接温めることが出来ます。白湯飲みと洗腸で、上からも下からも白湯飲みの効果効能をダブルで享受できるようになるのです。

同様にして、塩も腸から直接吸収されますので、入れる塩は自然塩や岩塩が好ましいでしょう。毎日自然塩を水に混ぜて飲むという健康法もありますが、直接腸から塩を吸収させる洗腸はその比ではないでしょう。エドガーケイシーが洗腸の際に塩を入れるのはこういった理由ゆえだと思われます。

そして、それ以外のものも、座薬同様に腸から直接吸収させて効果を上げることが可能になると思われます。


以前ちょっとだけ触れたコーヒーで洗腸するコーヒーエネマもその一つです。

ドイツでは第一次大戦中、傷ついた兵士の回復を促進させるため「水エネマ」を行っていました。その時、一人の看護師が、
「コーヒーの覚醒成分が兵士たちの治療に有効なのでは?」
と思い、医師たちが飲み残したコーヒーを水エネマにこっそり混ぜてみたのが、コーヒーエネマの始まりだそうです。

その後、水エネマとコーヒーエネマとでは、コーヒーエネマを受けた兵士の方が傷の治りが早かったそうです。
(中略)
コーヒーに含まれるカフェインが肝臓の胆官を拡張させ、肝臓内で処理された毒素が胆管からスムーズに排出され、最終的に便となって体の外へ排泄される」


コーヒー以外にも腸内環境を向上しうるもの、発酵を手助け出来るもの…たとえば、乳酸菌そのもの、乳酸菌生産物質、乳酸菌のエサであるオリゴ糖など。洗腸では、こうしたものを直接腸に入れることができるので、腸内細菌をより良好に改善出来る可能性があります。


健康の要であることが"腸"であることは、誰にも疑う余地はありません。その腸内を劇的に変える可能性がある究極の健康法として今最も注目されているのが、"便移植"です。簡単に言うと、他人のうんちを大腸に入れて病気を治すというびっくりするような治療法です。腸の疾患だけでなく糖尿病やがん、動脈硬化、花粉症など細菌叢との関連が指摘されている疾病の治療法としても注目され始めています。

Wikipediaによると、『アメリカでは毎年25万人のCDI患者が発生し、14000人が死亡されているとされる。再発例や難治性も多い。2013年の臨床研究などにより、再発性CDIに対する糞便治療の効果は確立されたと言ってよく、FDAも再発性CDIに対しての糞便移植治療を承認している。また糞便バンクの設立も行われた』とのこと。

また日本においても、潰瘍性大腸炎の治療に生かそうと2014年ごろから臨床試験に入っており、うつ病などでも効果が出ているようです(西日本新聞)。こちらの記事では、便移植は「うんこを水に溶かして体内に入れる」として、実際のやり方なども示されています。

こうした便移植は病院などで行われるものですが、洗腸をされてる方ならば、これが自宅で自分でできちゃいます。ただし、健康な方の便を調達するというとてつもなく高い障壁がありますが。。。これさえ突破すれば、超健康は目の前に。調達するのは、次のような方のモノが理想的かもしれません。。。

腸内細菌が牛の女性


この方、森さんの食事は毎日一杯の青汁を飲むだけ。そんな生活を19年続けてこられたそうです。まるで草しか食べない牛のようです。実際に、腸内細菌の権威の方が森さんの便の細菌をDNA解析してみたら、人間離れした牛の第一胃のような細菌状態だったとのこと。

pixabay[CC0]

(それにしても、動画に出てくる腸内細菌の権威、辨野(べんの)博士!!…って、便の博士?!)

つまり、森さんからアレ💩をいただいて、洗腸でうまく便移植できれば、簡単に自分も青汁だけで生きていけるやもしれません。。。

…というわけで、洗腸には健康の無限の可能性が広がっているぞやもし。。。
(ただし、腸内に入れるものは、食べるものより厳選しましょう)


(まの爺)
 311以降、発酵食品が内部被曝に良いらしいと聞くようになり、まの爺家でも盛んに豆乳ヨーグルトや米ぬか発酵液を自宅で作るようになったのぢゃ。
長崎の原爆投下後、味噌醤油蔵を病院の代用にしたところは、職員に原爆病が発症しなかったという話も心強いことであった。
 以来、毎日毎朝豆乳ヨーグルトを食しておったが、、、ある日、ついに味に飽きてしまい3年目で終了と相成った。
 ところが米ぬか発酵液は変わらず、ずっと作り続けておる、その理由は、エネマ液に加えているだけなので飽きがこないというわけぢゃ。
まの爺方式では、入れたと途端に排出するので、ちょっとモッタイナイのぢゃが、イメージの中では、真っ暗な直腸の中に飛び込んだ乳酸菌ちゃんが、チカチカ光る放射性物質君との一瞬の邂逅で運命を感じ、共に手を取り合ってトイレの中に流れていくドラマぢゃな。ご腸内のコッカスちゃんたちの証言が欲しいところぢゃ。
 無論、入れるのは発酵液まで!
便はカンベン!

◇ ご注意 ◇

本記事内容が、竹下家推奨であるなどと思ったら大きな間違いです。鵜呑みにされますととんでもないしっぺ返しをくらう可能性大です。どうかご自身の賢明なご判断と責任をもって試されるか、参考程度に留められるのが最良でしょう。

Writer

ぺりどっと

ぺりどっと

健康マニア!インド渡航歴13回。
東京は築地生まれの江戸っ子!
試したがりの変わり者♪
移住してきた瀬戸内海の離島の古民家や海、山、畑でゆったりと過ごしながら、時事ブログの記事編集のお手伝いをさせて頂いておりましたが、山口の山奥に引っ越しました。
ぺりどっと通信で時事ブログの品位と波動を下げないかどうかが、ますます心配です。

■ 勝手に編集後記 ■

超吸収は腸吸収なのです。
腸吸収が超吸収するのです。
(ぺりどっと)


Comments are closed.