ユダヤ問題のポイント(日本編) ― 基本情報3 ― 神々の権力闘争の場

 意外かも知れませんが、神同士の争いがあります。天界において、この地球世界と同様の激しい権力闘争がありました。この地球の姿は天界の写しでもあるのです。
 私自身はやったことがないのでよくは知らないのですが、シミュレーションゲームがあります。それは「現実の事象・体験を仮想的に行うコンピュータゲームのジャンルの一つ」(ウィキペディア)とのことで、ゲームを行うもの同士が互いに持ちキャラクターを戦わせ、勝敗を争うゲームだと思います。それで勝利した側は、仮想現実の世界で相手のキャラクターの持っていた武器や戦力や領地などを獲得できるのでしょう。
 この地球という物質世界は、神々にとってはシミュレーションゲームの現場だと譬えられるでしょう。迷惑な話ですが、神々の代理戦争の現場ともいえます。神々は直接神同士で殺し合う戦争は行いません。仮想現実の現場となる地球で、神々がそれぞれ自分の持ちキャラクター同士を戦わせ争うのです。つまり地球の人間が神の持ちキャラクターの代理者として殺し合い、戦争をするのです。
 ただし、神が人間を霊的に操作するのですが、無論人間も自由意志があるので、神がわの操作がうまくいかなかったりします。そうやって争い、実際に人間は破れて死にますが、操作する神はゲームに負けることで自身の権力や勢力を失い、逆に勝利した者は勢力を拡大し、権力を掌握します。地球の動向が天界の勢力図を変化させるのです。
 特に日本は地球における霊的統治の中心であるので、その支配権を誰が握るのかは神々にとっても非常に重要であり、これを巡る激しい闘争が繰り広げられ、それが日本の歴史を形どってきたのです。
(seiryuu)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(日本編) ― 基本情報3 ― 神々の権力闘争の場

神々の霊導 〜応神天皇の一団の霊導


2013/9/18「天界の改革21」記事に次の事柄が明かされています。

1「応神天皇は八幡神社の祭神で、稲荷神社と人気を二分することでもわかるように、大変位の高い神でした。例えて言うと、ホツマの神のサナト・クマーラに相当すると言ってよいでしょう。事実上私たちの太陽系の政治的実権を握っていたのが応神天皇です。応神天皇の一団はサナト・クマーラとマイトレーヤの一団と協力関係にあり、」
2「クーデターを画策していた天津彦根命やタケミカヅチノミコトらの一団は、ハイアラーキーの闇の神霊たち、特にインドの高位階の神々たちと協力関係にありました。」
3「日本史を神々の霊導という観点から見てみると、この二つの神団すなわち応神天皇の一団とタケミカヅチノミコトの一団との権力争いだと見ることができます。例えば応神天皇はマイトレーヤと協力して聖徳太子・蘇我氏を霊導したのに対し、タケミカヅチノミコトは中大兄皇子・藤原鎌足を霊導したというようにです。」


1の内容について。
八幡社、稲荷社と日本全国にユダヤ式の神社を創建していったのはユダヤ末裔の秦氏です。しかし渡来民族の秦氏が、勝手にこの日本で自分たちの信奉する神を祀る神社を創建できるはずはありません。霊的にホツマの神の認可が必要であり、その認可を下したホツマの神が応神天皇を頭とする神団だったわけです。

物質界レベルでも秦氏の一団が大挙して日本に渡来してきたのは応神天皇の時であり、秦氏の保護をしていたのが応神天皇だったのです。

私達の太陽系はシリウスシステムに属し、シリウスシステムのみに照準を絞れば、その統治の仕組みは上から順に①シリウス第1レベル、②シリウス第2レベル、③太陽系第1レベル、④太陽系第2レベル、⑤太陽系第3レベルとされます。ただ現在の表記では、シリウスシステムも壮大な全大宇宙の統治の仕組みに合わせて、単にシリウス第1から第5レベルの表記となっています。そしてその第1から第5レベルのそれぞれが、ホツマの神(現在では天津神と表記)と神霊や霊のハイアラーキー(国津神)の階層に分かれます。


例えば同じ太陽系第2レベル(シリウス第4レベル)でもホツマの神とハイアラーキーはそれぞれの存在階層が全く異なるわけです。そして2007年まではシリウス第2レベルのホツマの神の階層の天帝が天照大神であり、太陽系第3レベル(シリウス第5レベル)のホツマの神の天帝が応神天皇だったと明かされています。また、太陽系第3レベル(シリウス第5レベル)のハイアラーキーの天帝がサナト・クマーラだったのです。

秦氏と聖徳太子、そして蘇我氏は非常に密接な関係にあり、連携して日本の統治システムの改革を推進しました。例えば冠位12階や十七条憲法、そして王権を祭祀王と政治・経済王の双つに分ける双分制を制定したのです。秦氏と聖徳太子、蘇我氏は ≒ミトラ教を信奉しており、彼らを霊的に導いたのがマイトレーヤであり、その上司がサナト・クマーラだったのです。

このことは、ミトラ教の地上における具体的な救世主の役割を担っているのがマイトレーヤであったこと、また、蘇我氏など彼らが日本に導入した仏教はゴータマ・ブッダの原始仏教ではなく、いわゆる大乗仏教であり、大乗仏教の未来仏は弥勒菩薩、つまりマイトレーヤであったことを勘案すれば事実が見えてくるでしょう。

未来仏の菩薩とは救世主の意味を強く持つのです。そしてこのマイトレーヤ、サナト・クマーラの協力者、後見役が応神天皇の一団だったのです。竹下さんは応神天皇を頭とする菅原道真や神功皇后、武内宿禰などの神団を八幡系と呼称されています。

八幡系の神々の系図

天界のクーデター計画 〜ホツマ神の関与


2について。
天界のクーデターについては、近・現代編31話で少し見ていた10万年前に持ち上がったクーデター計画のことです。それについてホツマの神の関与には近・現代編31話では触れておらず、且つこのクーデターへのホツマの神の関与は、それ単独のテーマで見る必要があるぐらいの内容なので、今回は取り上げる余裕はありません。

ただし、天津彦根命とタケミカヅチノミコトについてそれぞれ一口だけ。
天津彦根命は天照大神の息子の一柱で、多度大社の主祭神であることから分かるように高い神格を有していたのです。ただし天照大神は「ホツマツタヱ」の中だけでも12名の后がいたようにたくさんの妻や妾があり、息子も多数でした。天津彦根命は天照大神の息子でも天帝の皇位を受け継ぐ立場になく、不満を持っていたようです。

映像配信「教育プログラム(18)」を視聴いただければ、天界のクーデター計画の実働部隊として主導していた「闇の神霊、インドの神々」とは、カインそしてサナト・クマーラの側近だったエノク、そしてルドラを筆頭とするインドの神々であったことが分かります。

彼ら「ハイアラーキーの闇の神霊たち」が、神格の高いホツマの神の天津彦根命の不満につけこみ、自分たちの闇の軍団の神輿として祭り上げた様子です。天津彦根命はクーデター計画に正当性をもたせる目的で利用されたのが実態のようです。

天津彦根命と同様に、ホツマの神で「ハイアラーキーの闇の神霊」たちが主導する天界のクーデター計画に加わっていたのがタケミカヅチノミコトだったのでした。彼は軍神として高名であり、中臣氏(後の藤原氏)の氏神を祀る春日大社に天児屋根命と共に祭神として祀られています。それでタケミカヅチノミコトや天児屋根命たちは春日系と竹下さんは呼称されています。

春日大社で祀られている四神と春日系の神々の系図

応神天皇の八幡系とタケミカヅチの春日系が激しい勢力争いを続けていたのです。これが3の内容となります。例えば645年の暴力クーデターの乙巳の変の背後には、八幡系と春日系のホツマの神々の権力争いがあったのです。日本の王権を巡る激しい闘争は天界の勢力争いの反映だったわけです。


八幡系と春日系の権力闘争 〜乙巳の変の背後


「大嘗祭」つまり王(メシア)を生みだす「聖婚儀礼」を天皇として始めたのが天武天皇です。そして天武天皇は、どうも蘇我氏系の血統です。蘇我氏と聖徳太子、秦氏が連携して祭祀のメシア(天皇)と王のメシア(蘇我氏)の双分制を成立させており、「大嘗祭」の儀礼の形式もこの時に整えられていたと考えられます。これはマイトレーヤの霊的な導きがあり、そのバックに八幡系の支援があったはずなのです。

しかし、この動きは日本にユダヤ王としての天皇を迎える準備を整えたとも見受けられます。地球の霊的統治の中心にあるのが日本であり、その霊的統治の大神官の最高権威が天照大神の血統を引く天皇なのです。その天皇がユダヤ王にすり替わるならば霊的統治の仕組みが本質としてそれまでと全く違うものとなります。これはこれで「静かなクーデター」でしょう。

この「静かなクーデター」をひっくり返したのが暴力クーデターの乙巳の変だったのです。この背後で「タケミカヅチノミコトは中大兄皇子・藤原鎌足を霊導した」のです。

しかし、春日系によるこの霊導は天照大神政権を安泰させるためのものではなかったのです。タケミカヅチノミコトは天界のクーデターのメンバーであり、春日系が自身の天界での勢力拡大と権力奪取のためのものです。そのために、蘇我氏が実質握っていた日本の王権を、中臣(藤原)鎌足、つまり百済の王子豊璋の力を借りてまでも奪取したわけです。日本古来からの氏族ではなく、日本に由来のない外国人を使った暴力クーデターであったのです。

この後、もう一人の主役であった中大兄皇子が天智天皇として即位し、この時点では春日系の勝利となりました。中臣から藤原へと改姓した鎌足(豊璋)の子孫は、日本での権力を独占していくことにもなりました。


しかしこの動きに対する反撃が天武天皇の即位です。671年の天武の兄とされる天智天皇の死自体が、行方不明で遺体が見つからないという謎の多いものでしたが、その死の翌年に吉野から兵を挙げて天智天皇の皇子の大友皇子を破り、天武が天皇に即位しました。この皇位奪取の動きの背後には八幡系の霊導があったのです。

地球、つまり物質世界の霊的統治の中心にある日本の王権を巡る激しい闘争は、そのまま天界における激しい権力争いの反映であったのです。物質世界である地球での権力の獲得が、そのままダイレクトに天界での権力獲得に繋がっていたのです。

大宇宙から見れば塵のようなちっぽけな地球ではあるのですが、この地球での動向が天界のあり方をも左右させる重要な場でもあるのです。


Writer

seiryuu様プロフィール

seiryuu

・兵庫県出身在住
・いちおう浄土真宗の住職
・体癖はたぶん7-2。(自分の体癖判定が最も難しかった。)
・基本、暇人。(したくないことはしない。)
・特徴、酒飲み。アルコールには強い。
・歯が32本全て生えそろっている(親不知全て)原始人並み。

これまでのseiryuu氏の寄稿記事はこちら


Comments are closed.