アーカイブ: カナダ情勢

18/8/21 フルフォード情報英語版:夏にくすぶっていた諸問題が秋には戦争に繋がる可能性あり

 今回はフルフォード氏の出身地カナダの話題です。トルドーは見てくれは単なるアホボンですが、以前お伝えしたように両親からしてイルミナティ絡みの怪しい人物でして、本人も小児性愛で逮捕されたお友達が多いのなんの。今回言及されている“幼馴染”で教師のクリストファー・イングヴァルドソンに限ったことではありません(※幼馴染といっても大学でルームメイトだったのがきっかけですが)。
 WHOとユニセフに勤めていたピーター・ダルグリッシュだの、教育学の博士ベンジャミン・レヴィンだの、本場英国のジョン・シーリーだの、そっち世界の大物と仲良しこよし。朱に交われば赤くなると言いますが、トルドーの場合は子どもの頃から“英才教育”された可能性もあります。
 ですがCNNがこれまで存在すら無視していたイエメンの惨状についてやっとまともに報道したと思ったら(※どの軍産複合体が製造した爆弾がイエメンのどこを爆撃したのか地図まできちんと作成した)、単にトランプを扱き下ろす道具として利用出来ると判断しただけらしく。もう主要メディアはさっぱり当てになりません。早めに真相が公表されて欲しいのですが……一体どこ経由で流せるんでせう。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
夏にくすぶっていた諸問題が秋には戦争に繋がる可能性あり
投稿者:フルフォード

主要メディアの罪


幾つかの問題によってこの秋、米国内で、そして中東、更にはもしかしたら日本でも、短期間の激しい戦争が勃発するかもしれない、と複数の情報筋が口を揃える。

一番の問題は相変わらず9.11で、今日に至るまで処罰されることも公的に認められることもなかった大量殺人事件だ。9.11という戦争犯罪はイラク・シリア・アフガニスタン其の他の人々を大量に殺害する言い訳として利用された。


より深く【真相を】探れば、【9.11は】更には1960年代のケネディ家を巡る一連の暗殺や、マーティン・ルーサー・キングの殺害、そして2004年12月26日と2011年3月11日の人間の手によって誘発された津波大量殺人攻撃といった数多くの人道犯罪に結びついている。

因みに、先週同時に報道の自由を訴える社説を出した350紙ほどの企業出版社はこういった人道犯罪の真相をどれ一つとして書こうとはしないのだから興味深いではないか。大半がこれらの犯罪を実行した連中、すなわちハザールマフィアによって所有されているせいだ。
https://www.cnn.com/2018/08/16/politics/newspaper-editorials-trump-list/index.html

ニューヨーク・タイムズ紙其の他の企業プロパガンダ・メディアが9.11攻撃を計画し実行したのはシオニストのネオコン連中だと書くのは一体いつになるだろうか? 最近公表された諸々のケネディ暗殺文書の中身についていつになったら書くのだろうか? イスラエルの首相ダヴィド・ベン=グリオンが、ハザールのロスチャイルドの御主人様其の他から指令を受けてケネディ暗殺をしたのだと何故書かない? 本来あるべき姿として何故真相を報道しないのだ?

6つのハザール系コングロマリットに支配されたこれら報道各社が人道犯罪へ加担していたということは、彼らは人民の敵であることを意味し、軍警察によって乗っ取られ、真相を書くよう強制されねばならないということだ。
https://www.businessinsider.com/these-6-corporations-control-90-of-the-media-in-america-2012-6


真相とは、当該ニューズレターの読者諸君もご存知の通り、西洋支配階級のハザール派閥が以上を始めとした無数の戦争犯罪を実行し、世界の金融システムすなわち真の世界的権力を掌握し続けようとしたのである。

英国王室の一員が私にかつて語ったことがあるのだが、「彼らは大人しく夜陰の中に消え去ったりなぞしない」。要するに、こういった犯罪者連中を排除するには全面戦争【は避けられない】ということだ。

» 続きはこちらから

地球ニュース:カナダ

 以前にもフルフォード氏の出身地、カナダについて読者とのやりとりを御紹介しましたが、3月8日にも別の読者から質問が掲載され、フルフォード氏御本人のお家のことなど興味深い点が多かったので翻訳します。
 カナダ政府が銀行口座に対する権利があるという部分、これってつまりペイオフのことでしょうか。銀行が倒産したときに、預金が政府に没収されるということは、お金が預金者に戻ってこないってことですよね。今のままだと多分、日本も1,000万どころか一円だって怪しいのかもしれません。
 そして意外なところで、最近再び脚光を浴びているコンドル作戦との繋がりがありました(※オバマ政権下辺りから、アメリカ側の文書公開で少しずつ明らかになっているようです)。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
地球ニュース:カナダ
とあるカナダ人読者が、フルフォード氏がカナダ人だったとの噂を耳にしたので、幾つか確かめさせて欲しい、とメールを送って来ました。

冒頭の挨拶は省略して、以下、質問内容とフルフォード氏の回答を翻訳します。

いち読者の質問


1.リンゼイ・ウィリアムズのインタビューをprophecyclub.comで聞いていたときのことです。彼は2013年度カナダ予算の経済行動計画PGA 144-145の中で、「巨大銀行全体の破綻が起こった際には、カナダ政府はカナダのあらゆる銀行口座に対する権利を有する。公的支援は【一切】予定されていない」と【記載されて】ある、と言っています。貴方はリンゼイ・ウィリアムズをどうお考えですか? これに似たような話を聞いたことはありますか、あるいは他のところでこの情報を目にしたことがありますか?

2.私は世界のカバール、ないしはイルミナティが【きっと】打ち破られるという貴方のポジティブな姿勢を素晴らしいと思います。【ですが】米国・英国・国連・フランスの軍隊が、西洋の各国政府のあらゆる側面に寄生しているこういった【イルミナティと呼ばれる】人々に所有されているのだとしたら、それは可能なのでしょうか? 貴方が間違っていないことを願っています。

3.貴方は一度でもカナダ国籍だったことがありますか?

4.カナダに関する貴方の最大の懸念は何でしょうか?

5.Comer.orgに対するお考えを聞かせてください。カナダ銀行が自国の通貨を刷るよう再編したいと望んでいるカナダの団体です。ピエール・エリオット・トルドーがその権利をIMFに渡してしまう前はどうやら我が国はそうしていたようなのです。

6.貴方のニューズレターに登録したいと思っているのですが、何故貴方のようなところのサイトや其の他のサイトの多くは【どこも】グーグル・アカウントをまず作成するように強制してくるのでしょう? 個人的にはそれだけは疫病並みに避けたいと思っているのですが。

大変お忙しいとは承知しておりますが、宜しくお願い致します。
E.D.


回答:自身と家族の国籍について


こんにちは。

ご質問ありがとうございます。まず、私がカナダ人かどうかに関してですが、私の祖先は「良き政府」をモットーとする王党派の一員として、1776年にカナダへ移住しました。

Author:Rick Cordeiro [Public Domain]


【※「王党派」:1765から83年のアメリカ独立運動(独立戦争自体は1775年からだが、運動自体はその前から勃発していた)で、イギリス側を支持し、アメリカからカナダに移住し直した人々のこと。「平和・秩序・良き政府」をカナダに持ち込んだ、と表現される。写真はオンタリオ州ハミルトンの王党派の銅像。】

彼らの信条とは、後に正しかったと証明されたのですが、アングロサクソンの人々が分裂すれば、自分たちは外国人に制服されてしまうだろうというものでした。それこそがまさに起こったことで、今やアメリカ合衆国はファシストのローマ貴族どもに支配されているのです。【これらローマ貴族は】自分たちの市民を支配することを、ユダヤの裏切り者どもへ下請けに出しているのですから。

私の曽祖父G・T・フルフォードはカナダの上院議員でしたし、祖父は20年以上カナダの国会議員を務めました。父のドワイト・フルフォードは様々な国のカナダ大使でした。1980年代には、父はアルゼンチンのファシストな死の部隊から1万人以上の人々を救出する手助けをしていました。
【※80年代頃というと、CIAが南米で大々的に展開したコンドル作戦のせいで殺されかけた人々のことでしょうか。下の図によると、このせいで南米各国の独裁政権に反対していた5万人以上の人々が殺害ないしは失踪したそうです。】

平和維持部隊の創始者であるレスター・B・ピアソンは、我が家に食事しに来ていた家族ぐるみの友人でした。

Author:Toronto Star [Public Domain]


【※「ピアソン」:1963年から68年までカナダの第19代首相を務めた政治家、国連の平和維持部隊の元となった国連緊急軍の創設を提唱した。】

» 続きはこちらから

TPPを復活させ、ロシア敵視政策を推進しようとしているトルドー政権 反トランプ派は「パープル革命」を目指してカナダを拠点に

竹下雅敏氏からの情報です。
 TPPの本質は、記事の冒頭にある通り、巨大資本が国を上回る力を持つことだったのですが、トランプ大統領によって終わってしまいました。彼らは、反トランプデモを展開して“パープル革命”を成功させようとしているようです。
 記事によると、その中心に居るのはジョージ・ソロスのようです。フルフォードレポートではジョージ・ソロスは死亡したとあり、現在のソロスはヒラリー・クリントンと同様にずいぶん若返っているようなので、おそらく替え玉だと思います。しかし、反トランプ勢力は、替え玉のジョージ・ソロスやヒラリー・クリントンを中心として、トランプ政権に様々な攻撃を仕掛けてくると思われます。記事で興味深いのは、この革命の拠点になると見られているのがカナダだということです。オバマとヒラリーが亡命政権を準備しているということで、その拠点がカナダになると予想しています。
 確かにそう言われれば、米大統領選でトランプが勝ちそうだとわかった途端、かなりの人がカナダに亡命していました。元々オバマ政権の時代では、カナダとアメリカとメキシコを1つにして、新通貨アメロにするという計画があったように思います。これを考えると、今のトランプ政権にとって、カナダとメキシコの現政権は敵だということになるのかも知れません。
 文末、カナダのトルドー政権はTPPを復活させ、ロシア敵視政策を推進しようとしており、安倍晋三首相とは親和性が強いとあります。下の記事では、サウジ国王が3月に日本を訪問する予定だとのことです。安全保障面も含め、サウジとの交流拡大を目指すとあります。どうやら、悪が生き残りをかけて1つにまとまって来ているという感じがします。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トランプが迅速に公約を実行する中、反トランプ派は「パープル革命」を目指してカナダを拠点に
引用元)
ドナルド・トランプは大統領に就任した直後にTPP(環太平洋連携協定)からの離脱を決めた。(中略)… 

 当然、TPP、TTIP(環大西洋貿易投資協定)、TiSA(新サービス貿易協定)の3点セットで巨大資本に国を上回る力を与えようとしていた勢力は激怒しているだろう。

(中略) 

 反トランプ勢力のうち、公然グループの中心には投機家のジョージ・ソロスがいて、(中略)…ヒラリー・クリントンとビル・クリントンには紫色をあしらった服で集会に登場させ、「パープル革命」の開始を宣言した。

 この「革命」の拠点になると見られているのがカナダ。ジャスティン・トルドー首相は筋金入りのネオコン、
つまりロシアを憎悪しているクリスティア・フリーランドを外務大臣に据えた。この女性はウクライナ系で、バラク・オバマ政権内の好戦派だったビクトリア・ヌランド、サマンサ・パワー、スーザン・ライスの分身だと表現する人もいる。作家のデイビッド・ホロウィッツによると、オバマとヒラリーは「亡命政権」の準備をしているそうだが、その拠点はカナダになるのだろう。

 トルドー政権はTPPを復活させ、ロシア敵視政策を推進しようとしている。つまり、安倍晋三首相とは親和性が強い。(中略)…今後、カナダと日本がネオコンの拠点になるかもしれない。日本が非常に難しい立場に陥る可能性が高いということだ。

————————————————————————
サウジ国王が3月訪日へ
転載元)
日本とサウジアラビアの両政府が、サルマン国王の3月の日本訪問を調整していることが26日分かった。外交筋が明らかにした。

サウジ側は国王と安倍晋三首相らとの会談を通じ、石油依存からの脱却を図るサウジの経済構造改革に協力を要請する見通し。日本政府は安全保障面も含め、サウジとの交流拡大を目指す。

サウジ国王による日本訪問は46年ぶりとなる。国王は訪日と合わせ、アジア各国を歴訪する見通し。

サルマン国王の息子で経済と軍事の実権を握るムハンマド副皇太子は昨年8月に日本を訪問し、安倍首相らと会談、脱石油の経済構造改革「ビジョン2030」に協力を求めていた。

サウジは日本の最大の原油供給国。原油価格の低迷を背景に脱石油依存を急ぎ、大掛かりな構造改革に乗り出している。共同通信が報じた。