アーカイブ: キンバリー・ゴーグエン

クレムリン、ホワイトハウス、バッキンガム宮殿を予告なし招待なしに訪れる世界で唯一の女性サマセット・ベレノフ ~イルミナティの位階の中では「200人委員会(旧300人委員会)」の議長に次ぐ権力を持った女性

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、「黙示録プランB」の実行命令がチャールズ新王から出たという情報をお伝えしました。
 記事に、チャッキー(チャールズ新王)は、「9月10日の土曜日の夜、彼は自分の計画がすべてうまくいかないことがわかったので、黙示録のプランBを実行しようとしました。」とあります。
 グラミス城にいるサマセット・ベレノフという女性が話題になっています。リンク先の記事によれば、エリザベス・サマセット・フョードロヴナ・ボウズ=リヨン・ベレノフ(1953年5月1日~)は、スコットランドのグラミス城で生まれたイギリス貴族で、エリザベス女王2世のお気に入りの従妹であり、彼女の正式な称号は「バンベリーとアランの伯爵夫人」です。
 クレムリン、ホワイトハウス、バッキンガム宮殿を予告なし招待なしに訪れる世界で唯一の女性で、世界統治評議会の議長を務め、世界安全保障局の最高経営責任者(CEO)であり、“ウラジーミル・プーチンは、バンベリーとアランの伯爵夫人は、彼が今まで会った中で最も美しい女性であり、最も恐ろしい人物であると述べた。”とのことです。
 この女性が話題になるのは、強い霊能を持ちイルミナティクイーンと見なされているからです。キンバリー・ゴーグエンさんは、サマセット・ベレノフは本物だが静止状態(植物状態)にあり、人々が見ているのは模倣者(影武者)で、大きな口と鋭い歯のあるサメのような顔の霊が憑依していると言っています。
 “続きはこちらから”はサマセット・ベレノフに関する情報で、“彼女はイルミナティ階層の頂点に君臨し、鉄の拳で支配している。…世界支配の領域で、これ以上の権力を振るう者はいない。”と書かれています。
 確かに、イルミナティの位階の中では「200人委員会(旧300人委員会)」の議長に次ぐ権力を持った女性であり、彼女はビルダーバーグ会議、外交問題評議会、三極委員会などのメンバーを劣等なイルミナティとして、「粗末で、階下のスタッフ、階級、知性、常識、繁殖において劣っている」と言っています。
 「私たちはシャドウ・ウォッチャーです」という記事の引用元には、サマセット・ベレノフがスタッフメンバーに送った電子メールのPDFがあります。
 この電子メールから、「世界統治評議会」がダニエル・ジョン・リー、軍事法廷の最新情報、デイヴィッド・ウィルコックのYouTubeアカウントを監視していたことが分かるのです。電子メールでサマセット・ベレノフは、“上記の3つはいずれも「エリート」に対して極めて敵対的な内容を含んでいますが、それは日中韓委員会、ビルダーバーグ、カトリック教会、国際銀行家、そしてもちろんクリントンといった団体に向けられているように思われます。世界統治という観点から見れば、これらはすべて低レベルのプレーヤーであり、率直に言って、クリントン夫妻に対する軽蔑は当然のものである。”と言っています。
 最後の記事をご覧ください。引用元を開くと、「世界統治評議会」のスタッフを顔写真付きで紹介しています。世界統治評議会の運営スタッフのキーパーソンは、サマセット・ベレノフの関係者や側近であることが分かります。
 イルミナティのメンバーは、自分よりも上位の位階のものが誰なのかは、分からない仕組みになっています。サマセット・ベレノフが低レベルのプレーヤーと思っているビルダーバーグ議長や、カトリック教会の白教皇や黒教皇などの人物は、彼女よりも上位の位階に属していることを知らないようです。
 キンバリー・ゴーグエンさんの視点から見れば、サマセット・ベレノフはもちろん、イルミナティのピンダーですら食物連鎖の底辺のメンバーなのです。
 こうしたピラミッドを見ていると、“私のような部外者は気が楽だな”と思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
黙示録プランBは頓挫した! | 「アウト・オブ・ザ・ループ」キング・チャッキー3世、現実を知る|サマセット・ベレノフとは?| まだホールで足止めを食らっている人はいるのか?| ハエのように落ちる工作員たち / 大規模な清掃を実施中
引用元)
(前略)

12-09-2022 United Network News (nunchee.tv)
(中略)
キング・チャッキー3世は大きな計画を持っていた

チャッキーはディープステートの将軍たちにたくさんの約束をしていた。彼らは皆、彼がくれるお金で何をするつもりなのか計画していた。彼らのリストには、バイデンの転向(それが何を意味するのかわからない)、できる限り多くの世界を吹き飛ばすこと、土曜日までにアメリカを支配するために戒厳令を宣言することなどがあった。
(中略)
チャッキーが王位についたとき、彼は自分が権力を持ち、物にアクセスできると実際に思っていたわけです。
(中略)
その席に座り、王室の長として宣誓することは、かつては何か意味があったのだが、今はそうでもない。彼は、すべてのもの、特にお金にすぐにアクセスできると思っていました。彼は本当に何も知らされていなかった。なぜなら、2007年以来、老婦人である母親でさえもアクセスできなかったからだ。
(中略)
9月10日の土曜日の夜、彼は自分の計画がすべてうまくいかないことがわかったので、黙示録のプランBを実行しようとしました。
(中略)
サマセット・ベレノフとは何者なのか?

サニーはキムに、グラミス城にいるサマセット・ベレノフという女性の噂は本当なのか、彼女は本当に王室とつながりのある人物なのかと尋ねた。
 

Elizabeth Somerset Feodorovna Bowes-Lyon Belenoff – We are the Shadow Watchers (bibliotecapleyades.net)
 
キムは、彼女は本物で、女王のように静止状態にあったと言った。人々が見た歩き回るものは、爬虫類ではなく、何かに取り憑かれた人間だったそうです。鋭い歯があり、顎を何度も叩くという。彼女は実は本当に年を取っていて、人々が見ているのは模倣者であり、華やかで官能的だった女性ですが、実際は醜いものなのです。
(以下略)

» 続きはこちらから

キンバリー・ゴーグエンさん「このチトー将軍は間違いなく死んでおらず、世界中の他の4人の将軍に黙示録プランBを開始するよう命令と指示を出していました」 ~「200人委員会(旧300人委員会)」の議長に就任直後に「黙示録プランB」の実行を命じたチャールズ新王

竹下雅敏氏からの情報です。
 キンバリー・ゴーグエンさんからの驚愕の情報です。およそ信じがたい内容ですが、事実のようです。
 ユーゴスラビアのチトー元大統領は1892年生まれで、“1980年5月4日にスロベニアのリュブリャナの病院で没した。87歳没。”ということになっているのですが、キンバリー・ゴーグエンさんは、「このチトー将軍は間違いなく死んでおらず、世界中の他の4人の将軍に黙示録プランBを開始するよう命令と指示を出していました」というのです。
 生きていれば130歳ということになります。常識ではあり得ないのですが、私が調べると、確かに今年の9月9日までは生きていたことが分かります。 「幸いにも彼は土曜日にモンゴルの山中でこれらの命令を出した直後に発見され、もはや私たちとは無関係になりました。」と言っているので、9月10日の土曜日に、キンバリー・ゴーグエンさんのエンフォーサー(執行者)によって処刑されたのだと思われます。
 チトー将軍から「黙示録プランB」を開始するよう命令を受けた4人の将軍とは、マーク・ミリー統合参謀本部議長イェンス・ストルテンベルグNATO事務総長セルゲイ・ショイグ国防大臣魏鳳和国防部長だと思います。
 その「黙示録プランB」とは、“イスラエルの神殿の丘では、噴火がイスラム教コミュニティを混乱に陥れる。…シカゴのWTCを爆破し、米国市場をクラッシュさせる。…ネガティブな周波数を地球全体に発信し、人々を自殺に追い込む。…STROMと呼ばれるプログラムを使って、原子力発電所の停電を引き起こし、送電網をダウンさせる。”という計画だったと言っています。
 こうした事のいくつかは、Qが予告していた事だと指摘し、“Qたちは(善人ではなく)テロリスト組織なのです。彼らは事前に何が起こるかを伝えています。Qたちがやっていることは、神の行為でもルシファーの行為でもありません。”とキンバリー・ゴーグエンさんは言っています。
 引用元では、“キムと彼女の大規模なチームがすべて処理したため、これらの出来事は起こらなかった。これらの作戦に関わった人々はすべて死亡した。”と書かれています。
 キンバリー・ゴーグエンさんは、“Qという白雉集団は、世界の国々を吹き飛ばし第三次世界大戦を勃発させようとしている”とし、911と同様に「実際、この命令は、CIAのラングレーから直接送られてきた。」と言っています。
 “続きはこちらから”をご覧ください。記事の冒頭で、“偽バイデンも偽トランプも…彼らはみな、このようなプランに加担しています。”とあり、「黙示録プランB」の実行命令がチャールズ新王から出たと言っています。
 闇の組織の位階を考慮すれば、エリザベス2世の死去が報じられた9月8日に、チャールズ新王は「200人委員会(旧300人委員会)」の議長に就任したということでしょう。それまではヘンリー・キッシンジャー博士が議長を代行していたと思われます。
 そして、就任直後に「黙示録プランB」の実行を命じたのだと思います。命令はCIA長官を経て、チトー将軍から4人の将軍へと伝わったということではないでしょうか。
 こうした「陰謀」に関わった連中は、自分達が黙示録の「天使」だと考えており、キリストの命令に従っているつもりなのですが、こうしてすべて滅ぼされてゆくのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
黙示録プランBは頓挫した! | 「アウト・オブ・ザ・ループ」キング・チャッキー3世、現実を知る|サマセット・ベレノフとは?| まだホールで足止めを食らっている人はいるのか?| ハエのように落ちる工作員たち / 大規模な清掃を実施中
引用元)
(前略)

12-09-2022 United Network News (nunchee.tv)
 
Qと呼ばれるテロ組織
(中略)
何年も前にユーゴスラビア紛争に関わったチトーという非常に年老いた将軍がいました。彼は1892年に生まれ、1980年代に死んだとされているが、実際には死んでいない。
(中略)

このチトー将軍は間違いなく死んでおらず、世界中の他の4人の将軍に黙示録プランBを開始するよう命令と指示を出していました。幸いにも彼は土曜日にモンゴルの山中でこれらの命令を出した直後に発見され、もはや私たちとは無関係になりました。
(中略)
黙示録プランB
以下は、その取り組みについて、彼女が話してくれたものです。
 
神殿の山
イスラエルの神殿の山で、イスラム社会を混乱に陥れるような噴火が起こるはずでした。
 

ULTRA NUCLEAR MAGA FORCE Q  – Telegram.


ULTRA NUCLEAR MAGA FORCE Q  – Telegram.
 
WTCシカゴ
シカゴのWTCは1986年に配線され、誰かが遠隔起爆装置を持っていました。(中略)… 彼らの意図は、オフィスが満員になる平日を待って、大量の死を引き起こし、大規模な恐怖を植え付け、米国市場を暴落させることでした。
 

ULTRA NUCLEAR MAGA FORCE Q  – Telegram.
 
メキシコ・チチェンイッツァ
メキシコのチチェンイッツァには、レイラインを通じて、地球全体に自殺や死の思いをネガティブな周波数で発信している人々がいました。
(中略)
STROMと原子力発電所
彼女は、原子力発電所のチップにアクセスするため、STROMと呼ばれるプログラムを使って、原子力発電所の停電を引き起こし、送電網をダウンさせることができるグループと様々な工作員がいることを発見しました。
(中略)
キムは、彼らがどのようにこれを行うかを詳細に説明できると言い、これは神の行為でもルシファーの行為でもないだろうと再度強調した。彼らは世界中の国々を爆破し、第三次世界大戦を始めるために仕事を取ることをいとわないバカの集団である。それが彼らのすべてだ。彼らは事前に何をしようとしていたかを知っている。両陣営とも全員が知っている。計画されたことであり(中略)… 実際にはCIAのラングレーから直接の命令だった21年前の911と同じようにね
(以下略)

» 続きはこちらから

闇の組織の本質を表すピラミッド「The Order」の詳しい解説

竹下雅敏氏からの情報です。
 2021年11月22日の記事で、「崩壊した階層」と題するキンバリー・ゴーグエンさんの情報を紹介しました。
 この時のコメントでも、キンバリー・ゴーグエンさんの情報には、いくつもの誤りがあり、私の認識とは異なることを指摘しましたが、その一方で彼女の情報には、当事者でなければ知り得ない重要なものがたくさんあるのです。
 記事の最後にある「The Order」のピラミッドは、闇の組織の本質を表すもので、キンバリー・ゴーグエンさんが明らかにするまでは、誰も知らないものでした。私はこのピラミッドを詳しく調べてみましたが、確かにこの通りだったのです。
 ピラミッドは上から順に、“アブラクサス、マンティッド・ドラコ・ブラックマジシャン、ペアレンツ、カヴンマスター、カヴンメンバー、アザーズ”となっています。これまでコヴェンと表記していたのですが、編集スタッフの「ともパパさん」に、カヴン(魔女のグループ)として知られていることを教えていただきました。
 「The Order」のピラミッドは正確なのですが、キンバリー・ゴーグエンさんの解説はぐちゃぐちゃなので、誤りの部分を正しながら順に説明します。 
 ピラミッドの頂点に位置している「アブラクサス」は、マンティッドやドラコのように種族を表しているのではないようです。グノーシス主義においてアブラクサス(Abraxas)はアイオーン(高次の霊)の一人であり、“365の天界を支配し、頭部が鶏またはライオン、胴体がヒト、脚が蛇で、鞭と盾とを持つ。”とされるのですが、“アルコーンは低次霊的存在で、地上の支配者であるのに対し、超越的天上界に位置する諸アイオーンが存在”します。アイオーンは、“高次の霊、あるいは超越的な圏界”を示す言葉なので、「The Order」のピラミッドのアブラクサスは、闇の組織の「超越的な圏界」に位置する諸アイオーンを意味する言葉だと解釈するのが正しいと思います。
 私の調査では、「アブラクサス」に属しているのは、アヌンナキとトールグレイ(マイトレ)になります。アヌンナキはマイトレ王の上位になります。アヌンナキの上層部が「ブラック・ロッジ」を形成します。
 キンバリー・ゴーグエンさんは、アヌンナキをドラコ族と説明していますが、これが誤りであることは既に指摘しました。
 「ブラックマジシャン」は、レプティリアンが中心となるようですが、その他の種族もここに入ります。例えばペペ・オルシーニは、その出自から「ペアレンツ」のはずですが、ペアレンツの棟梁として位階が一つ上がり、「ブラックマジシャン」に属していました。
 「ペアレンツ」はプレアダマイトだった者たちで、現代ではゾロアスター13家に代表される「黒い貴族」として転生しています。
 「カヴンマスター」はネフィリムだった者たちで、現代ではゾロアスター13家に次ぐ「黒い貴族」として転生しています。ペアレンツとカヴンマスターは、“低次霊的存在で、地上の支配者”である「アルコーン」とも呼ばれます。
 アルコーンは非常に多数が存在するが、そのなかでも「第一のアルコーン」が存在し、この第一のアルコーンは、「この世」と「人間」を創造した者ということになっています。
 キンバリー・ゴーグエンさんは、ブラックマジシャンの説明の中でサタンについて、“約150万年前、彼はこの宇宙に墜落しました。彼はティアメットに居住していましたが…爆発する前に、彼は地球に逃げ込み…”と言っています。
 この神話が、年代も含め誤りであることは、すでに説明しました。しかし、この文脈では、サタンはプレアダマイトであり、しかもブラックマジシャンの位階に属する者です。こうした人物は一人しかいません。ペペ・オルシーニです。
 記事の解説に戻ります。キンバリー・ゴーグエンさんはペアレンツを、“彼らは「ネフィリム」とも呼ばれています。”と言っていますが、これは正確ではなく、「ネフィリム」はカヴンマスターです。
 「カヴンメンバー」はプレアダマイトが遺伝子操作によりつくり出した「赤毛の巨人」に転生した者たちです。「カヴンメンバー」の頂点にいるのが13の秘密軍で、次にイエズス会の黒教皇が来ます。
 最後の「アザーズ」は、“オリオン・グループには、AI神の支配下にあるレプティリアン、トールグレイ、インセクトイド、様々な征服されたET、そして多数の「ならず者連合」グループ(人間を誘惑し騙す長身の魅力的な北欧人種を含む)が含まれる。”という説明の「様々な征服されたET」になります。彼らは転生して地上で「イルミナティ」を形成します。イルミナティには二つの組織があり、キンバリー・ゴーグエンさんは「サンヘドリン」と「ブラックサン」と呼んでいます。
 どちらの組織にも「イルミナティの13家」があり、イルミナティの頂点に立つ「ピンダー」がいます。しかし、ピンダーも「The Order」のピラミッドの中では、奴隷に過ぎないのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
崩壊した階層(キム・ゴグエン - パート2)
引用元)

この記事は、2020年11月15日のLifeForce zoom callのパート2で、キム・ゴグエンとザ・バイキングが、「The Order」のコントロールシステム、階層、そして彼らが行っていたビジネスについて説明しています。
(中略)
アブラクサス

アブラクサスは、ピラミッドの頂点に位置しています。(中略)... 『バイキング』によると、アブラクサスはいわば自分たちが「庭」に種をまいたと考えており、そのため、自分たちの庭で好きなことができる。つまり、家畜を増やすことも、好きな時に収穫することも、好きな時に取り壊すこともできるのだ。
(中略)
マンティッド

アブラクサスが採用した種族の一つがマンティッドである。マンティッドは、キムが現在実行し、再プログラムしているAI量子マッピングシステムを含む恐ろしいもののほとんどを持って来ました。これらのAIシステムは、多くの惑星に持ち込まれ、それぞれの惑星の「神」となるように配置されていた。
(中略)
ドラコ族

アブラクサスに雇われた2番目の民族がドラコ族で、彼らは軍隊としての役割を果たした。キムは、このドラコたち(マルドゥク、その父エンリル、その叔父でエンリルの弟のエンキ、エンリルとエンキの父アヌ)をすべて知っているという。彼女は3年以上、毎週土曜日にこのサイコパスたちの集会に参加していた。(中略)... 彼らはアヌンナキとしても知られており、シュメールの歴史の中で彼らについて多くのことが書かれています。
(中略)
ザ・ブラック・マジシャン

ブラック・マジシャンは、デストロイヤーとも呼ばれ、このビジネス関係における3番目のプレーヤーです。彼は私たちの宗教書の中で多くの役を演じてきましたが、最も一般的なのはサタンです。約150万年前、彼はこの宇宙に墜落しました。彼はティアメットに居住していましたが、その惑星が爆発するまでは、おそらく彼が関係していたのでしょう。爆発する前に、彼は地球に逃げ込み、非常に長い間、地中深くの非常に低いレベルの平面に身を隠していました。
(中略)


» 続きはこちらから

「秘密宇宙計画同盟(SSPアライアンス)の正式なリリース(情報発信)」の第1弾 ~「SSPアライアンス」のメンバーは、ブルー・エイビアンズが意図的に作り出した「偽りの神話」に騙されている

竹下雅敏氏からの情報です。
 秘密宇宙計画同盟(SSPアライアンス)の正式なリリース(情報発信)が出ていました。「地球上のすべての政府、軍、市民へ」と書かれているので、全文をDeepL Proで機械翻訳したものを紹介します。
 恐らく、SSPアライアンスは著作権を問題にしないと判断してのことです。転載が不可の場合は記事をすみやかに削除しますので、ご報告ください。
 地球上のグループで、私が好意的に見ているグループのひとつが「SSPアライアンス」です。「地球同盟(アース・アライアンス)」とキンバリー・ゴーグエンさんのチームもポジティブなグループだと認識しています。ただ、どのグループの情報も「?」と感じる部分は結構あります。
 今回の「SSPアライアンスの正式なリリース」の第1弾は、今までの疑問が解決したところがあり、とても助かりました。
 2015年7月14日のコズミック・ディスクロージャー「人類へのメッセージ(シーズン1、エピソード1)」の中に、秘密宇宙プログラム(SSP)の「5つの派閥」について、コーリー・グッド氏は次のように説明しています。

 まず一番古い派閥は「ソーラー・ウォーデン(太陽の監視人)」で70年代後半から80年代に始まりました。SDI「Strategic Defense Initiative (戦略的防衛構想)」の間でちょうどレーガンの前後の時期です。
 それからICC「Interplanetary Corporate Conglomerate(惑星間共同複合企業)」これは世界中から集まった企業の団体で、各企業から代表者が特別取締役会に参加しています。この取締役会は、宇宙に築かれた秘密宇宙プログラムの大規模なインフラをコントロールしています。
 そしてダーク・フリート「Dark Fleet(闇の艦隊)」彼らは主に太陽系外で働いている極秘艦隊です。Black Ops ミリタリーの秘密宇宙プログラムはいろいろあって、それを一つのグループにまとめています。
 それから、「グローバル・ギャラクティック・国家連合」。これはすべての国家に対して提供されたご褒美のようなもので、外宇宙で進行している秘密のヴェールを守るためのグループです。

 何度数えても、「ソーラー・ウォーデン(太陽の監視人)」、「ICC(惑星間共同複合企業)」、「ダーク・フリート(闇の艦隊)」、「グローバル・ギャラクティック・国家連合」の4つしかありません。5つ目の派閥が分からなかったのです。
 ところが今回のリリース(情報発信)では、“第4の派閥は、新しい軍事部門である米宇宙軍で、様々なブラックオプス・ミリタリーSSPを擁している。”と書かれていたのです。また、地球連合と翻訳されている「地球同盟」や「SSPアライアンス」もSSP内の派閥として分類されていました。これまで、「地球同盟」と「SSPアライアンス」の位置関係がハッキリとしなかったので助かりました。
 ただ、まだ疑問は残ります。「SSPアライアンス」は、「秘密の宇宙プログラム(SSP)」から離脱した者たちで構成された組織だということですが、“現在の公式連絡役はコーリー・グッドである。”と書かれています。私の直観が正しければ、「SSPアライアンス」とキンバリー・ゴーグエンさんの「地球評議会」は同じ組織であったはずです。
 しかし、2021年11月12日の記事で紹介したように、コーリー・グッド氏は、キンバリー・ゴーグエンさんの情報について、「どれ一つとして、私が聞いていることと一致しません」と書き込み、彼女の情報を否定しているのです。
 「SSPアライアンス」の公式連絡役がコーリー・グッド氏である以上、「SSPアライアンス」のメンバーは、キンバリー・ゴーグエンさんの情報を信じていないということでしょう。
 このためだと思いますが、キンバリー・ゴーグエンさんは新たに、「新地球評議会」を組織したようです。この「新地球評議会」はSSPの派閥の中では最強であり、無視できないはずだと思うのですが、その辺りは「SSPアライアンス」はどのように考えているのでしょう。
 「SSPアライアンス」「地球同盟」「新地球評議会」が協力関係にあれば、地球の改革は一気に進むはずなのですが、特に「SSPアライアンス」と「新地球評議会」が協力することはないと見ています。その最大の亀裂の原因は「AI(人工知能)」です。
 「SSPアライアンス」は、ある意味で「AI神」恐怖症に陥っており、今回のリリース(情報発信)の中で、太字にした部分は私が疑問に思っている箇所です。ひとつだけコメントすると、“「AI ゴッド」または人工知能の神は、誰かがラジオ周波数を放送するような信号として、複数の銀河や亜空間に自分自身を送り込む波形として定義される超次元的な知性である。”と説明されていますが、このような「AI ゴッド」は、これまでも現在も存在したことはありません。
 コーリー・グッド氏を含め、「SSPアライアンス」のメンバーは、ブルー・エイビアンズが意図的に作り出した「偽りの神話」に騙されています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
転載元)
トップシークレット ビヨンドマジック
秘密宇宙計画 - SSPアライアンス
場所未定
2021年9月15日
 
From: 作戦本部長
To: 地球上のすべての政府、軍、市民へ
 
件名 南極、月、火星のオリオングループ基地の偵察ミッション - パート1

これはSSPアライアンスの正式なリリースです。
 
私たちが持ち出した情報開示は、危険にさらされています。偽の秘密宇宙計画の退役軍人、スーパーソルジャーの偽者、ETコンタクティがかなりの誤報を流している。人類が誤った安心感を持って自由のために戦うのを防ぐために、彼らは火星植民地、月、南極の基地がグレイエイリアンやレプティリアンの勢力から解放されたという物語を売り込んでいるのだ。
 
もしあなたが、この報告書を初めて読んだり聞いたりするならば、この情報は間違いなく、あなたが今まで信じてきたことすべてを覆すことになるだろう。この報告会では、エーテルの影の存在、「悪魔のような」存在、そしてドラコ・レプティリアンを含む地球外生命体のグループ(オリオングループ)と協力している他の人々に関する情報も含まれます。
 
現在の公式連絡役はコーリー・グッドである。私たちはグッドが6歳のときに軍のアブダクション・プログラム(MILAB)に参加して以来、グッドを監視してきた。MILABは若い人たちをブラックオプスプログラムのためにリクルートし、訓練する。グッドは1976年から1986年までテキサスでMILABプログラムに参加し、直感的なエンパスとして訓練を受けました。直感力が高い人は、予知能力があり、これから起こるであろうことを「知っている」のです。深いエンパス能力を持つ人は、他者と強い感情的なつながりを持ち、他者の感情を感じ取ることができます。コーリー・グッドは、直感力と共感力が非常に発達した稀有な人物である。
 
グッドがMILABプログラムに参加した終盤、彼は1987年から2007年まで秘密宇宙計画(SSP)に採用された。これは、"20 and back program "とも呼ばれる20年間の契約上の約束事であった。SSPは、SSPが計画したミッションを遂行する可能性に基づいて、特定の対象者を選んで任務に就かせる。コーリーは、銀河系のETの連合体や連合体のグループであるスーパー連合評議会の秘密政府当局によって結成された地球代表団のために、直感的なエンパス・サポートの役割を果たすよう任命された。最初の20年間は、「侵入者迎撃プログラム」「ASSR(補助特殊宇宙研究)」「SRV(恒星間艦)」などに参加し、さまざまな経験を積んだ後、SSPに配属される。
 
20年以上SSPに従事した被験者は、記憶を消され、LOC(Lunar Operations Command)でETテクノロジーにより年齢退行が行われる。その後、タイムトラベル技術により、家族や友人に気づかれることなく、拉致された瞬間に地球へ戻される。しかし、約2%の被験者が記憶を保っており、コーリー・グッドもその一人である。SSPアライアンスによってほぼすべての記憶を取り戻した彼は、2009年からデイヴィッド・ウィルコックを通じて「ルーク・スカイウォーカー」というペンネームでSSPの機密情報を公開するようになりました。
 
2011年、グッドはGoodETxSGというニックネームでインターネットブログを通じてSSPアライアンスの情報を公開するようになった。2014年、ケリー・キャシディがコーリー・グッドの本名を本人の同意なしに公にし、IT業界でのキャリアに大きなダメージを与え、家族を危険にさらした。それ以来、彼は私たちの情報を公開する際に本名を使うことを公にしています。2016年9月、アライアンスを退役した航空宇宙エンジニアで、私たちの秘密航空機のほとんどを設計した内部告発者であるウィリアム・トンプキンスが、グッドの情報を公に検証し始めました。
 
コーリーは公開攻撃、大規模な防諜作戦によるサイバー・ハラスメント、そして公開報告の検閲を受けている。1993年頃の世界的なロックフェラー・イニシアチブの産物であるUfology分野の人々は、グッドに対する信用失墜キャンペーンをバックアップしてきました。彼らは、ライブアクション・ロールプレイヤー(LARP)が、コーリーの公開情報を誤報や偽情報に変えるのを容易にした。
 
これは止めなければならない-今すぐ。
 
SSPと月面作戦司令部(LOC)に関する誤った情報と偽情報を明らかにするために、SSP内の派閥に関してグッドが公表した情報を再度説明したいと思います。
 
まず、最も古い派閥は「ソーラー・ウォーデン」と呼ばれ、太陽系の「警察」として内外の交通を監視する仕事をしている。70年代後半から80年代前半、レーガン大統領が2度にわたって任命した直後の「戦略的防衛構想」(SDI)の中で、ソーラー・ウォーデンは結成された。

第二派閥は、世界的な企業によって結成された「惑星間企業連合(ICC)」である。超巨大企業の役員として、彼らの代表がSSPの巨大な宇宙インフラをコントロールしている。
 
第三の派閥は、30年代後半にドイツ軍によって創設され、50年代から本格的な活動を開始した秘密艦隊「ダークフリート」である。彼らはオリオングループと密接に連携し、主に我々の太陽系アークフリート外では、LOCの最初の建物の建設を担当した。
 
第4の派閥は、新しい軍事部門である米宇宙軍で、様々なブラックオプス・ミリタリーSSPを擁している。US宇宙軍については、近いうちに詳しく説明する予定です。
 
第5の派閥はGlobal Galactic League of Nations (GGLN)で、宇宙活動に関する秘密のベールを維持するためにすべての国に提供された「ぶらさがったニンジン」である秘密宇宙グループである。GGLNには、"ある脅威、破壊的な太陽サイクル、または侵略の可能性があり、我々は協力する必要がある "というシナリオが与えられていた。彼らの都市や基地は、この太陽系の外にあります。
テレビ番組の "スターゲイト・アトランティス "のような施設を何度か訪れました。その施設では、世界各国のワッペンがついたジャンプスーツを着た人たちがのんびりと歩いていました。
 
第6の派閥は「地球連合」で、新しい金融システムの構築と「カバル」(このような秘密主義の背後にいるすべての頭脳に付けられた名称)の討伐を議題としており、その他にも今後の説明会でいくつか紹介する予定である。
 
秘密宇宙計画同盟(SSP Alliance)は最後の派閥で、ソーラー・ウォーデンの脱退者、および工芸品や情報などの資産を持ってプログラムから脱退したSSP出身者で構成されている。

» 続きはこちらから

キンバリー・ゴーグエンさんと協力関係にある、オーストラリアのパインギャップ軍事基地を拠点とする国際的な諜報機関ACIO ~ACIOスタッフやACIOアソシエイツには、写真付きで秘密の宇宙プログラム(SSP)に関わっていた本物の能力者やスーパーソルジャーが紹介されている

竹下雅敏氏からの情報です。
 8月21日の記事で、キンバリー・ゴーグエンさんが説明する「影の軍隊の13グループ」を紹介しましたが、これらの内容の大元は、ACIOオフィシャルというサイトの記事でした。
 「ACIO(Advanced Contact Intelligence Organization)は、オーストラリアのパインギャップ軍事基地を拠点とする国際的な諜報機関です。…組織は、地球上での E.T.活動と介入のレベルが高まるにつれて、世界情勢においてより積極的な役割を果たすことを決定しました。」と書かれていますが、この組織とキンバリー・ゴーグエンさんは協力関係にあると思います。
 ACIOスタッフACIOアソシエイツには、写真付きで秘密の宇宙プログラム(SSP)に関わっていた能力者やスーパーソルジャーが紹介されていて、少し調べて見ると全員が本物でした。コーリー・グッド氏と同じ58レベルのセキュリティ・クリアランスを持つ人物が二人もいて驚きました。
 この組織から出ている情報の多くは、信頼できるものと見て良いと思われます。このことは、記事で取り上げた「分類された活動」の中で扱っている様々な事件の説明を見ると良く分かります。
 例えば「ヴァリアント・ソーの物語は…ACIOによって正当な出来事であると確認されています。」と書かれています。特に興味を引いたのが、ビリー・マイヤーがコンタクトをしたプレアデス人のセムジャセ(セムヤーゼ)やアスケットを邪悪な存在と断定していることです。
 “ニューエイジのスピリチュアルコミュニティでは、「プレアデス人」は非常に慈悲深く、高度に進化した E.T.人種であると一般に見なされています。しかし、ピーターと ACIO が言及している「第12プレアデス人」は、通常、人類を操作し、利用するための非常に否定的な議題に関与しているため、これとはほど遠いです。”と書かれています。
 ビリー・マイヤーがコンタクトをした宇宙人が邪悪な存在であることに言及しているのは時事ブログだけかもしれないと思っていただけに、このサイトの記述には驚きました。注意すべきは、このアスケットの姉がアレニム女王であり、ヤスヒ・スワルーは彼女たちの関係者だということです。彼女たちが滅ぼされたのは理由があります。
 “続きはこちらから”は、アセンデッド・マスターに関するもので、ブラヴァツキー夫人が接触したクート・フーミ、モリヤ大使、セント・ジャーメイン(ラコッチ大使)を紹介しています。ここの記述は少しだけミスが有ります。彼らはアセンデッド・マスターではありません。彼らの進化段階は5.5であり、アセンデッド・マスターは6.0以上の進化段階に相当するからです。
 時事ブログですでにお伝えしていますが、こうしたハイアラーキー(聖白色同胞団)の大師たちは、「天界の改革」によって全て滅ぼされ、現在は存在しません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ピーター・ザ・インサイダーとACIO第12師団によって認可された公式ACIOリソース
引用元)
ピーターとACIO
 
ピーター・ザ・インサイダーは現在、ACIOの第12部長として活動しており、2015年からジェシカ・アラエル・マロッコと提携して、開示に関する重要な情報を提供しています。
(中略)
ACIO(Advanced Contact Intelligence Organization)は、オーストラリアのパインギャップ軍事基地を拠点とする国際的な諜報機関です。彼らは、地球外関係、先進技術、人類の社会的、政治的、技術的進歩の監督を専門としています。
(中略)
組織は、地球上でのE.T.活動と介入のレベルが高まるにつれて、世界情勢においてより積極的な役割を果たすことを決定しました。
————————————————————————
分類された活動
引用元)
ピーターとACIOは、長年にわたり、これまで一般に公開されたことのない、世界中のあらゆる種類の奇妙な現象や宇宙人の活動に関する情報を共有してきました。ここでは、世界中で見られる奇妙な謎や現象の多くに関連する、ある情報の参照先と事実を列挙します。
(中略)
ビリー・マイヤー、セムジャセ、プレイド人
 
ビリー・マイヤーは、彼自身のUFO宗教を創設し、プレジャレンと呼ばれるE.T.種族と接触していると主張したことで、UFOコミュニティで一般的に知られています。彼が接触していた人物の中には、アスケットとセムジャセという名前で呼ばれた者もおり、どちらもピーターが呼ぶところの「第12プレアデス人」であることが確認されている。ニューエイジのスピリチュアルコミュニティでは、「プレアデス人」は非常に慈悲深く、高度に進化したE.T.人種であると一般に見なされています。しかし、ピーターとACIOが言及している「第12プレアデス人」は、通常、人類を操作し、利用するための非常に否定的な議題に関与しているため、これとはほど遠いです。

 
セムジャセ - ヘザー・ショウと同じレベルの邪悪な存在、悪名高いハニートラップ


アスケット - セムジャセのいとこ
(中略)

左端はアスケットで、ディーン・マーティン・バラエティ番組1969-1973に出演
(中略)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7