アーカイブ: キンバリー・ゴーグエン

[キンバリー・ゴーグエンさん]ディープステートは、“ラングレー5による典型的な手法で私を罠にはめようとしている”と考えており、そのためにデイビッド・ウィルコック氏やデイビッド・アイク氏を利用している

竹下雅敏氏からの情報です。
 キンバリー・ゴーグエンさんは3種体癖の権化のような人で、相変わらず今回もグチャグチャです。
 動画の途中でデイビッド・アイク氏やデイビッド・ウィルコック氏への言及があったので、その部分を取り上げました。
 ディナールクロニクルはホームページの免責事項に、“私たちは、ディナールクロニクルのウェブサイトで表明されたいかなる意見も支持しません。当社は、ディナールクロニクルに投稿されたコンテンツまたは通信の完全性、真実性、正確性、または信頼性をサポート、表明、または保証しません。…ここに含まれるあらゆる情報は「噂」として解釈されるものとします。ウェブサイトの所有者および運営者は、他者から提供された情報を含め、ここに含まれる情報に対して責任を負わないものとします”と書いてある無責任サイトです。私は全く相手にしていません。
 キンバリーさんの2月4日のテレグラムにデイビッド・ウィルコック氏の投稿画像が貼り付けられており、その内容はキンバリーさんの言っていることを反映したものになっています。
 『05 FEB 24 NEWS』の1時間54分18秒のところでキンバリーさんは、“もしあなたがこれらのウェブサイトやディナール(クロニクル)とデイビッド・イッキー(David Icky)に私を紹介し始めているなら、そして私たちは彼がブラックサンであることを知っています。イッキー、アイキー、イッキー、何であれ、ウィルコックや他の人たちは皆同じことを言っています、それはCAREであり、引き継ぐのはGIAです、それを覚えておいてください”と話しています。
 キンバリーさんはイギリスのチャールズ国王をチャッキーと呼ぶ人なので、デイビッド・アイク(David Icke)をイッキーと呼び、そのあとイッキー、アイキー、イッキーとおどけて見せたのだと思います。
 このように自分の言っていることが取り上げられることについてキンバリーさんは、“とても素晴らしいことだ”としながらも「彼らは崩壊の原因を私のせいにしようとするのでしょうか?」と言っています。
 そしてディープステートは、“ラングレー5による典型的な手法で私を罠にはめようとしている”と考えており、そのためにデイビッド・ウィルコック氏やデイビッド・アイク氏を利用していると見ているようです。
 “続きはこちらから”はデイビッド・アイク氏が「イーロン・マスクに注意せよ」と発言している動画です。かなりまともな事を言っています。
(竹下雅敏)
————————————————————————
2月15日に金融市場崩壊は起きるか⁈|どこの誰でも工作員になり得る理由|02/05/2024 UNN 世界情勢レポート 【要約】
配信元)

※画像をクリックすると動画に飛びます
19分56秒~20分43秒
オペレーティブ間で情報が流れており、GIAとCAREが注目されています。彼らは、私たちの情報を公開し始めており、ディナール・クロニクルズやデイビッド・アイク、デイビッド・ウィルコックがそれについて言及しています。それ自体は素晴らしいと思いますが、果たして彼らの真の目的は何でしょうか? 私が没落の原因とされ、攻撃の対象になることも考えられます。ラングレー5による典型的な手法を踏襲し、彼らがどのように私を罠にはめようとしているのかを明らかにすることが重要です。私はこれまで彼らのゲームに参加し、デュランゴでの最初の2年半を含め、長い間彼らと対峙してきました。今回も彼らの挑戦に応えます。次の10日間でどう展開するか、勝敗を見極めましょう。
————————————————————————
【キム・メッセージ・テレグラム版】2024/02/04更新
引用元)
(前略)
(張り付けられていた上記画像内容を翻訳)
デビッド・ウィルコック
こんにちは、みんな、私が正しく理解しているならば、クイックアップデート、... 地上司令部によると、全世界は現在、国際的または世界的な戒厳令の下にあります(国の戒厳令ではありません) - 個々の政府は全く制御できず、主権をめぐって再交渉している最中です。言い換えれば、政府および/または政府株式会社は、現在主権者として認められておらず、地上司令部および/または改訂された世界情報機関(GIA)の構造を通して、アーキビストと記録の殿堂に登録する必要があります。また、すべての国は現在破産を宣言されており、IME、国連、世界銀行、WEFなども主権を持たない消滅した企業となっています。 これらは、改訂されたGIAとCAREとして知られる団体によって置き換えられます。 IRS (国税庁)は再編され、完全に置き換えられるかも 知れません。 ジャネット・イエレンは解雇され(まだ公表されていません)、アメリカ連邦準備制度+財務省は、6月30日まで通告を受けています。つまり、もしグローバル・リポジトリーに4兆ドルの借金を返すことができなければ、不動産、商業用不動産、土地、事業用資産などを含む、すべての資産を引き渡すことになります。私たちの目の前で、本当の真実と本当のニュースが展開されようとしています。短期的な変動、中期的な変化、そして長期的な繁栄に備えましょう。

購読を:
https://t.me/BenjaminSECRETS 
Telegram Benjamin Fulford SECRET JOIN CHANNEL.
(以下略)

» 続きはこちらから

「なぜバイデンは不法移民を入れ続けるのか?」 ~不法入国者の侵入による米国の破壊の背後にいるのは中国のディープステート

竹下雅敏氏からの情報です。
 1月29日の記事で不法移民の流入問題に関して、テキサス州のグレッグ・アボット知事が「テキサス州が自らを防衛し保護する憲法上の権限を発動するために、第1条第10節第3項に基づき侵略を宣言した。」ことをお伝えしました。
 “共和党の州知事を擁する他の25州が、テキサス州とその憲法上の自衛権およびこの国を支持することを誓う書簡に署名した”ことで、アメリカは内戦となりかねない事態です。
 及川幸久氏は動画の8分35秒で、“10人の退役したFBIの職員とスパイ防止活動の専門家が連名で、バイデン政権が世界のテロ関連地域からアメリカへの「ソフトな侵略」を推進していると警告する書簡を送付した。テロ攻撃が差し迫っている可能性が高い”という情報を紹介しています。
 「なぜバイデンは不法移民を入れ続けるのか?」については、“これらの不法入国者をすべて合法化して、民主党に投票するように選挙権を与える。そうなれば、永続的な民主党の一党独裁、つまり専制政治になる。…本気でこれをやろうとしている”と言っています。
 たると氏の動画では、「国境なき医師団」「国連国際移住機関」「赤十字」などが配布しているパンフレットを示し、“他の国や企業からも資金を得ているNGOのネットワークがアメリカ南部国境で不法入国者の侵入を密かに促進しているんですね。…バイデン大統領の国土安全保障省が、アメリカに入国した不法滞在者を支援するNGOに、なんとですよ、3億6300万ドル割り当ててるんですよ。これが答えですよね。つまりバイデン政権が思いっきりバックアップして不法入国者を入れているという証拠です”と言っています。
 “続きはこちらから”をご覧ください。キンバリー・ゴーグエンさんは、中国の百年計画は破綻したと言っています。中国のディープステートは、中国に支配権力が切り替わる「乗っ取り計画」を完璧に実行していたということです。
 『01/19/2024 UNN 世界情勢レポート』の要約動画の26分40秒~28分46秒のところをご覧ください。トム・メルヴィル氏は、“彼らは米国に浸透し、軍隊にも浸透し、米国の不動産を買い上げて中国への権力移行を図っていたのです。実行は完璧だったものの、結果は全くの失敗でした”と話しています。
 キンバリーさんとトム・メルヴィル氏の話から分かることは、不法入国者の侵入による米国の破壊の背後にいるのは、中国のディープステートであるということです。
 日本も、「中国や韓国が北海道の土地や水源を買い占めそれが四国並みになっていたり、北海道への500万人移住を計画するなどサイレント・インベージョン(静かなる侵略)が進んでいる。」「中国人が押し寄せる京都、家がほぼ買われる!」という状況になっています。日本支配もアメリカから中国へと切り替わる途上にあり、この流れの中で安倍晋三銃撃事件が起ったと見るのが自然なようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
※全文はツイッターをクリックしてご覧ください

※全文はツイッターをクリックしてご覧ください

» 続きはこちらから

2021年にピークを付けて以来、中国本土と香港の株式市場が失った時価総額は合計で約6兆3000億ドル(約930兆円)に上る / キンバリー・ゴーグエンさん「投資家が中国市場から急速に撤退していて、津波の一部は世界的に製造業が危機に陥る可能性がある」

竹下雅敏氏からの情報です。
 ブルームバーグは1月19日の記事で、“中国株は再び惨めな1週間を終えた。香港上場の中国企業株で構成するハンセン中国企業株(H株)指数は…今年、すでに11%下落した。この低迷でアクティブ運用者からパッシブファンドまで全てが世界2位の規模を誇る中国の株式市場に背を向け、構造的な変化が見られるようになった。2021年にピークを付けて以来、中国本土と香港の株式市場が失った時価総額は合計で約6兆3000億ドル(約930兆円)に上る”と報じています。
 冒頭の動画で大井幸子氏は、“今日の話題は、中国金融崩壊インプロージョンかっていうことですね。…中に向かって圧縮されて爆破されて、そして縮小していく。これがインプロージョンなんですね。…アメリカのS&P500指数、最高値を更新してますね。1月23日、昨日の終値ではS&P500指数4864.86最高値を更新しています。そして 日経225も高値を更新していますね。…中国株どのくらいヤバイのか。とにかく中国からお金を日本へ、そしてアメリカへ、外に流出するっていう動きが続いていますよね。…投資マネーどこに行ってるかっていうと、主にアメリカ、そして一部はインドやそれから日本にも流れ込んでいる。こういう状況なんですね。…それから欧州EC(EU)の株式市場においても、中国との取引が大きな売上の部分を占める企業の株価が、2023年以来ずっと下がってきたという統計があります。ですから、単に中国にお金が流れなくなるというだけではなくて、中国に投資している日本の企業、アメリカの企業、ヨーロッパの企業の、その企業の株価も下げたということなんですね”と話しています。
 “続きはこちらから”をご覧ください。キンバリー・ゴーグエンさんは、投資家が中国市場から急速に撤退していて、津波の一部は世界的に製造業が危機に陥る可能性がある、と言っています。
 “現時点で中国とさらなる産業を救う唯一の方法は、100%外国人の所有権を認めることだが、彼らがどのような決定を下すかわからない”ので、キンバリーさんは「買いだめ」を勧めています。食料の備蓄はもちろん、日用品が品薄になることも考慮した方が良いということです。
 また、記事では省略してしまいましたが、キンバリーさんは、“好むと好まざるにかかわらず、津波は必ずやって来ます。したがって、あなた方にできる最善のことは、全員を安全な場所に移動させることです。…しかし、この放送を見ているなら、「なんということだ、私たちは皆死ぬだろう、株式市場は暴落するだろう」というようなことではありません。私たちは「これはチャンスだ」と考えています。…そしてどうやらソースも津波を目撃したようです。なぜなら彼は「これをやって、これこれをやって、人々を準備させて、そしてそれをすべて実現させてください」という感じだったからです”と言っています。
 金融崩壊の津波がいつ来ても良いように、準備は怠らないようにして下さい。食糧・日用品に加え、現金も手元に持っておくようにしてください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
中国金融崩壊 米中金融戦争の末のインプロージョン 中国株式3年でマイナス46% 時価総額6兆ドル消失 追い詰められた独裁者はどう動くのか
配信元)
————————————————————————
配信元)


» 続きはこちらから

キンバリーさん“中国はディープステートの命令で、「疫病X」を含む容器を積んだ貨物船を世界中に送り出していました。彼らの目的はこの病気を全世界に広めることでした。” ~「疫病X」をばら撒く作戦は、すでに実行に移されたがキンバリーさんのチームによって阻止された

竹下雅敏氏からの情報です。
 WHOのテロドスは、“最初に来た「疫病X」はコロナでした。今はその経験があります。…そして、より良い備えをし、疫病Xに対処するためのもう一つの鍵は、パンデミック協定です。…この協定は、私たちがより良い方法で将来に備えるのを助けてくれます”と言っています。
 オランダ国王ウィレム=アレクサンダーの王妃マクシマ・ソレギエタは、“(デジタルID活用推進の)省庁間の連携は、実際に問題を前進させた。…そして、興味深いのは、金融サービスにとって非常に必要なことですが、それだけではないということです。学校への就学にも役立つ。また、ワクチンを接種したか・していないかという健康状態の把握にも役立ちます。政府から補助金がもらえるのはとてもいいことです。…これは非常に重要な問題なのです”と言っています。
 デイビッド・マーティン博士は「疫病X」に関して、“彼らが今やっていることは、別のテロ作戦を実際に連鎖させる一連の出来事として計画しているということだ。その作戦を引き金として、また医療対策の必要性を創出するだけでなく、COVID作戦で達成できなかったもう一つの課題、つまり商業取引における現金ベースの取引を根絶することを狙っている”と言っています。
 “続きはこちらから”をご覧ください。1月17日配信のキンバリー・ゴーグエンさんの情報によると、「疫病X」をばら撒く作戦は、すでに実行に移されたがキンバリーさんのチームによって阻止されたということです。
 “これは実際に起こった現実の状況です。中国はディープステートの命令で、「疫病X」を含む容器を積んだ貨物船を世界中に送り出していました。彼らの目的はこの病気を全世界に広めることでした。しかし、なぜ中国からの多くの船がアメリカや他の国々の沿岸近くに集まっているのか、米軍も他国の軍も疑問に思っていませんでした(33秒)。…これらの船は全世界への大規模な影響を意図していたと考えられます。中国のディープステートは人類、そして私に対して宣戦布告しました。エンフォーサーと私たちによって三峡ダム周辺の大規模な施設は破壊され、関連する船もすべて処理されました(2分17秒)”ということです。
 南ドイツ在住の方の翻訳による『キンバリーさんの1月19日の配信情報』には、トム・メルヴィル氏の「今年のダボス会議は非常に特別なものでした。フィクサー、工作員、フリーランサーは全員、病気の行為(疾病Xを広めること)その支払いのためにすべてを準備するという指示を得てそこ(ダボス)に入りました。」「私はすべてを検証します。…すべてを監視していたセコムのサイバーセキュリティ担当者から、すべての船舶が失踪したというニュースを入手しました。」という発言があります。
 またキンバリーさんは、“中国のディープステートは…私たちの軍隊(米軍)からも援助を受けていました。彼らは軍から援助を受けています。彼らは「ああ、やったー、感染症(疾病Xのウィルスのはいった容器を積んだ)船は再び沖合にいる。ケムトレイルは史上最高だ。私があなたのためにその飛行機を操縦しよう」という感じでした”と話しているので、「疾病X」のウィルスはケムトレイルによって、全世界にばら撒かれる計画だったのかも知れません。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)



» 続きはこちらから

1月14日の前後でキンバリーさんの「波動」が実際に変化 / キンバリーさん「ディープステートも、過去に宇宙人や他のグループからの命令を受けていたかもしれませんが、条約の相手がいなければ意味がなくなります。」 ~黙示録、ハルマゲドンが取り消されたことは確実

竹下雅敏氏からの情報です。
 1月14日の記事で、この日の正午あたりからキンバリーさんの波動が戻ったために、“1月14日以降に収録された世界情勢レポートでは、とても綺麗な波動のキンバリーさんの姿を見ることができるはずです”とコメントしました。
 また、トム・メルヴィル氏の語る「マイケルというアーカイビストの波動もうまくいけば、明日には戻るかも知れません。」と予測しましたが、これは予想通りになりました。
 1月14日の前後でキンバリーさんの「波動」が実際に変化したことを示すために、YouTubeの1月19日と1月15日、そして1月12日と1月8日の動画を上から順に並べてみました。1月12日と1月8日は同じ波動ですが、1月15日の波動は明らかに上がっています。1月19日の波動は、15日よりもさらに上がっています。波動の上がったキンバリーさんの姿は、スッキリとしたように見えると思います。
 “続きはこちらから”は、1月10日の世界情勢レポートの要約です。「古い予言、新しい予言」というとても重要なメッセージがありました。動画の28分50秒以降をご覧ください。
 “話しておきたいことがもう1つあります。それは、古代の文献や予言、現代の予言、宗教書やインターネット上の教えについてです。…エドガー・ケイシーやノストラダムスのような有名な例がありますし、シュメールの古文書やヴェーダ宇宙論、カバラ、聖書などもあります。予言を書いた時から時間が経つほど、またそれを実現しようとする人が多いほど、予言がいつ、どのように実現するかを予測するのは難しくなります。SSPが読む古文書に関しても同様です。彼らは、例えばアブラクサスからの条約や合意、司令を持っているかもしれませんが、アブラクサスがもはや存在しない場合、条約は成立しません。条約は二者間の合意です。従って、アブラクサスから与えられた文書に書かれたことが満月や新月、来週に起こるとしても、それを実行する相手がいなければ意味がありません。…黙示録は未来を見ることができたかもしれない予言者によって昔書かれましたが、神が黙示録を望まなければ、それは起こりません。…ディープステートも、過去に宇宙人や他のグループからの命令を受けていたかもしれませんが、条約の相手がいなければ意味がなくなります。…神が考えを変えた可能性があり、宗教的な予言者たちは書物の修正が必要かもしれません。”と言っています。
 記事には「啓示はキャンセルされ、黙示録とハルマゲドンもキャンセルされました。」とありますが、南ドイツ在住の方のこの部分の翻訳では、“神様の考えが変わったのかもしれません。宗教的な予言の本を修正する必要があるかもしれません。黙示録は取り消され、黙示録、ハルマゲドンも取り消されました。良い日を。ソースが T シャツか何かを出すかもしれません。わかりません。情報を広めてください。”となっています。黙示録、ハルマゲドンが取り消されたことは確実なようです。
 時事ブログの古くからの読者の方や、映像配信をご覧になっている方は、黙示録などの予言はハイアラーキーの計画書であり、彼らは「天界の改革」で滅びた事をご存じだと思います。滅びた連中の計画が実現するはずはないのですが、今でも多くの宇宙人やライトワーカーを自称する人々などが、サナット・クマーラやイエス、その他のアセンデッドマスターが一掃されたことを理解せずに、こうした滅ぼされた連中の古い計画を信じて、地球の破壊に手を貸し続けています。
 彼らは自分たちが善を成していると思い込んでいるのですが、“地球上の悪を一掃するために、ソーラーフラッシュを待ち望む”という矛盾には気付かないふりをします。“ソーラーフラッシュを待ち望む”ことは、地球の破壊を待ち望むことと同じです。
 こうした偽善者は、いずれ「計画」の実現のために悪を成し、宇宙から消えてゆくのです。キンバリーさんが「ディープステートも、過去に宇宙人や他のグループからの命令を受けていたかもしれませんが、条約の相手がいなければ意味がなくなります。」と言っている通りです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
19 JAN 24 NEWS
配信元)
※37分25秒よりスタートします
————————————————————————
15 JAN 24 NEWS
配信元)
※44分45秒よりスタートします
————————————————————————
12 JAN 24 NEWS
配信元)
※39分よりスタートします
————————————————————————
08 JAN 24 NEWS
配信元)
※39分よりスタートします

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 18