アーカイブ: キンバリー・ゴーグエン

一部に「?」と思うところはあるものの、精度は高いロマーナ女王の情報 / 誤情報が多く、ほとんど参考にはならないキンバリー・ゴーグエンさんの情報

竹下雅敏氏からの情報です。
 2021年11月10日の記事で、ロマーナ女王は2021年11月5日のテレグラムで、「ホンモノのトランプはとっくにいなくなっている。」と言っており、2021年12月18日の記事で、ロマーナ女王は2021年12月6日のテレグラムで、「本物のトランプはとっくに地球上から姿を消しています。」と言っていたことをお伝えしました。
 またこの時に、“トランプ、習近平、プーチン、モディは処刑されて、もはや存在しません”とコメントしました。
 冒頭の記事では、替え玉のトランプ大統領がプーチン大統領のことを、「彼は違うようです。見た目も違う。彼は違うように見える。彼は別人なんだ。」と言っているのです。
 また、キンバリー・ゴーグエンさんも、トランプ大統領は「既に死亡している」と言っているようです。さらにプーチン大統領についても、「ホンモノのプーチンは亡くなっています。」と言っています。
 このように、私の直観とロマーナ女王やキンバリー・ゴーグエンさんの情報は一致しているのですが、これまでの経緯からロマーナ女王の情報は、一部に「?」と思うところはあるものの精度は高いと思っています。しかし、キンバリー・ゴーグエンさんは誤情報が多く、一部に興味深い情報はあるものの、ほとんど参考にはなりません。
 記事を見ても、キンバリー・ゴーグエンさんは「生物兵器研究所などウクライナにありません。それらはソ連が使っていた兵器の製造工場でした。」と言っており、ロシアが提供している明白な証拠と整合しません。
 一方で、「ウクライナの生物兵器研究所のみが注目されているが、中国も他の国々にも生物兵器研究所がある。」とも言っているのです。「中国も他の国々にも生物兵器研究所がある。」のなら、ウクライナに生物兵器研究所があるのが当たり前です。
 ロマーナ女王の波動は、最初の頃に比べると随分と良くなりました。しかし、キンバリー・ゴーグエンさんの波動は相変わらずで、この状態では状況を正しく分析し、判断することは難しいだろうと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トランプ:プーチン「私が相手にしていた人物とは違うようだ
引用元)
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳


Fox Business Networkの「Varney & Company」との月曜日の電話インタビューで、元大統領ドナルド・トランプは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と何かが変わったと主張した。

トランプ氏はプーチン氏が「変わっているようだ」と述べ、ホワイトハウス時代に対応した相手とは別人であると付け加えた。

プーチンを尊敬しているかという質問に対して、トランプ氏は「(プーチンは)別人だ」と答えた。「私は彼と仲良くしていましたし、彼がこの国を愛していること、そして彼が自分の国を愛していることを理解していました。でも、彼は以前とは違う人間になってしまったんだ。彼は違うようです。見た目も違う。彼は違うように見える。彼は別人なんだ。」

司会のスチュアート・バーニーは、「彼は正気か?彼は精神的にしっかりしているのか?」

「ただ、私が相手にしていた人物とは違うようだ」とトランプは答えた。「我々はまともな関係だった。ロシアのデマのせいでとても大変だったんだ。」
(以下略)
————————————————————————
3/11-その1 キンバリーさんの最新情報
引用元)
(前略)
(中略)
最近、ネットに広く拡散されている記事に「プーチンは(ウクライナの)悪者(DS)を退治しているのだ!」というのがありますが、ホンモノのプーチンは亡くなっています。ブラックサンのトランプに関する(Qの)報道も色あせてきました。

今でもトランプに戻ってきてほしいと願っている人がたくさんいますが、まあその気持ちもわかりますが、その可能性はなくなっています。トランプの人気がなくなっています。彼らは、2024年にトランプが戻ってくることをトランプ応援者たちに信じさせてきましたが、トランプが落ち目になった今、プーチンの人気を高めることで、トランプの代わりにプーチンを救世主にしようとしているのです。また、プーチンをヒーローにさせたい彼らは、ホワイトハッツはプーチンの命令でウクライナの生物兵器研究所を破壊したという情報を流しています。しかし生物兵器研究所などウクライナにありません。それらはソ連が使っていた兵器の製造工場でした。
(以下略)

» 続きはこちらから

カルマに従って、処分される側になってしまった悪魔崇拝者やエリート血族たち ~「生け贄」の儀式で叫び声をあげたのは女性や子供ではなく、スーパーヴィラン(超悪玉)の方だった

竹下雅敏氏からの情報です。
 キンバリー・ゴーグエンさんが面白いことを報告しています。毎年8月8日頃にライオンズゲートと呼ばれるポータルが開かれるそうです。引用元の解説によれば、“この現象は、太陽が獅子座にあり、シリウスが地球に最も近く、オリオンの帯がエジプトのギザの大ピラミッドに一致するときに起こります”とのことです。
 このライオンズ・ゲート・ポータルを開く悪魔崇拝の儀式では、「女性や子供を犠牲にして、地獄の門を開くという、悪魔崇拝者にとってはお決まりの方法」が毎年行われるのだが、2021年の儀式ではうまくいかず、予想外の展開があったとのことです。
 なんと、「生け贄」の儀式で叫び声をあげたのは女性や子供ではなく、スーパーヴィラン(超悪玉)の方だったというのです。彼らは「生きて帰ることはできなかった。」と言っています。
 この驚くべき異変を目撃した各国の将軍たちは、「それぞれの国に逃げ帰り、次のスーパーヴィランが教団のトップに就任するのを待つ以外、何もすることができませんでした」というのだから、この連中は既に「ロボット人間」のようなものだということが分かります。彼らに今後裁きが下り、「ロボット人間」となっても、あまり変化がないのかも知れない。
 コーリー・グッド氏も面白いことを言っています。“南極に行っていたICCメンバーやエリート血族の中で、不審な死や自殺が報告されている…いずれの場合も、数日前から常軌を逸した行動をとってから、自殺するか、突然の臓器不全で死亡…誰かが、彼らの仲間のナナイトや脳内チップをハッキングして、自殺させたり、自然死に見せかけたりしているのではないか“というのです。
 先の記事で、ワクチンを接種した人の場合、ピンポイントで特定の人物を標的にして殺害できる可能性を映像から推測出来ました。脳内チップを埋め込まれている人物なら確実に殺せるでしょう。
 問題は、“誰が誰を殺すのか?”です。ライオンズ・ゲート・ポータルを開こうとした悪魔崇拝者にしてみれば、自分たちは埋め込まれた脳内チップにより「超人」となり人類を支配し、逆らう者たちを「自殺させたり、自然死に見せかけたりして」殺すつもりなのです。 
 しかし、こうしたテクノロジーをコントロールしているのはAI(人工知能)であって、こうしたAIは彼らの指示ではなく、今や神々の指示に従っているのです。このようにして、現在では彼らがそのカルマに従って、処分される側になってしまったのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
BEASTシステムのテイクダウン by Kim Goguen、ブラックサンP3ロッジとサンヘドリンのスーパーヴィランズが排除された? 誰が責任者なのか?– Part 3
引用元)
(前略)
8月6日(金)の夜に始まったミーティングは、週末まで続きました。彼らが話し合った内容は、いつものように世界征服の計画で、特に女性や子供を犠牲にして、地獄の門を開くという、悪魔崇拝者にとってはお決まりの方法で引き継がれました。しかし、その門は彼らが期待したようには開かれませんでした。
 
では、彼らは誰に助けを求めたのか?そう、彼らはキムを呼んだのです。彼女によると、彼らは彼女を騙して門を開けさせようとしたそうですが、彼女は断固としてそれを拒否しました。彼女が断っただけでなく、このサタンの子孫たちには、ついに結果がもたらされました。
(中略)
毎年恒例のこの儀式には、世界各国の軍将兵も参加していた。超凶悪犯が世界征服を企む中、将軍たちは部屋の外で命令と契約を待ち、犠牲になる女性や子供たちの悲鳴を聞く。
 
しかし、今回はちょっと意外な展開があった。キムによれば、彼らが聞いた悲鳴​​は、スーパーヴィランから来ていたので、将軍にとって非常に不快なものでした。これにより、将軍は恐怖で叫びました。
(中略)
いずれにせよ、かなりの大失敗だったようだ。将軍たちが恐怖のどん底に陥ったこと以外、詳細は語られなかったが、結果として、どちらの集会からも超悪玉は一人も生還しなかった。 
 
この事件の後、デーモンズ…つまり将軍たちは それぞれの国に逃げ帰った。何をすべきか分からず、オーダーのトップに立つ次の超悪玉の命令を待つばかりだった。なんて馬鹿な連中なんだ。このままでは自分たちの番が来るということに、いつ気がつくのだろうか。
(以下略)

» 続きはこちらから

現在「ブラックサン(裏のイルミナティ)」の頂点に君臨しているデビッド・ロックフェラー・ジュニア。その下の3人のリーダーはエヴェリン・ロバート・ド・ロスチャイルド、エマニュエル・マクロン、マリオ・ドラギ

竹下雅敏氏からの情報です。
 キンバリー・ゴーグエンさんは、「実際にホワイトハウスを動かしているのはトゥーレ協会とハプスブルク家である」と言っているのですが、2021年11月10日の記事で、“トランプと共に今回の人類への大量殺戮の主犯であったカール・ハプスブルク=ロートリンゲンも、既に粛清されている”とお伝えしたように、カール・ハプスブルク=ロートリンゲンは、当時の「ブラックサン(裏のイルミナティ)」の頂点に君臨していた人物だったのです。
 2021年11月11日の記事では、“ワクチンによる大量殺人計画には、アンゲラ・メルケルが総統であるナチスも関わっています。ビル・ゲイツ、メルケル、クラウス・シュワブなどに指示を出していた人物がカール・ハプスブルク=ロートリンゲンです”とコメントしたのですが、今回はこの辺りを少し詳しく調べて見ましょう。
 キンバリー・ゴーグエンさんの記事から推察されることは、カール・ハプスブルク=ロートリンゲンを頂点として、その下に3人のリーダーがいたと思われるのです。彼らがピラミッドの冠石です。その3人の名前ですが、クラウス・シュワブ、リチャード・ウィス、謎のミスター・ブラックと書かれています。
 リチャード・ウィスという人物は、私には分かりません。また、ミスター・ブラックは、「イスラエルとロシアのハーフで、DAARPAを指揮し、COVIDシナリオを実行し…HAARPの連中に何をすべきかを指示している人物である」と書かれていますが、誰なのかは分かりません。しかし、冠石に位置したこれら4名は既にいなくなっているようです。
 昨日の「22/01/03 フルフォード情報英語版」の中に、“デビッド・ロックフェラー・ジュニアをはじめとするロックフェラー家のメンバーを見つけ出して逮捕することが鍵”と書かれていたように、現在「ブラックサン」の頂点に君臨しているのは、デビッド・ロックフェラー・ジュニアだと思われます。
 また、クラウス・シュワブの後任はエヴェリン・ロバート・ド・ロスチャイルド、リチャード・ウィスの後任はエマニュエル・マクロン、ミスター・ブラックの後任はマリオ・ドラギでしょう。
 ベンジャミン・フルフォード氏は、「2022年に悪魔のハザール・マフィアが最終的に敗北する可能性が高い」と言っていましたが、頂上にいる4名の面が割れているとなると排除も簡単です。 
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トランプに一番似合うライオンは?
引用元)
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳
(前略)
ホワイトハウスを動かしているのはトゥーレ協会とハプスブルク家

キムが明らかにしたもうひとつのことは、実際にホワイトハウスを動かしているのはトゥーレ協会とハプスブルク家であるということだ。
(中略)
トゥーレ協会は宇宙軍を支配しているので、宇宙軍に命令を下していたのはトゥーレ協会であり、それがバイデン政権であると彼女は推測した。トゥーレ協会は、アーコンズをはじめとするネガティブな優生学プログラムにも深く関わっている。
(以下略)
————————————————————————
22/01/03フルフォード情報英語版:最近の動きで、2022年のカバール最終敗北が濃厚に
転載元)
(前略)
ロックフェラー家の逮捕が鍵

2022年に悪魔のハザール・マフィアが最終的に敗北する可能性が高いという複数の兆候がある。2021年の牛年は、人類の90%を殺そうとするハザール・マフィアのカバールに対する防衛がほぼ成功した年だった。寅年の今、我々は攻勢に出て、この古代の邪悪なカバールの最後の残骸を破壊することを意味する。

モサド【イスラエル政府の情報機関】とCIAの情報筋によると、勝利の鍵は、デビッド・ロックフェラー・ジュニアをはじめとするロックフェラー家のメンバーを見つけ出して逮捕し、偽のパンデミックと関連するワクチンのファシズムを推進する製薬会社を含むフォーチュン500企業の支配を終わらせることである。これが実現するまでは、米国株式会社政府とその偽ジョー・バイデン政権、G7の反逆政府は、地球上の暗黒の中心であり続ける。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
私は今日確立したものを明日、あるいは未来の日に持っている。私は昨日、あるいはその前の日に確立したものを今日も持っている。イルミナティは永遠に生き続ける、光に従え(DeepL機械翻訳)



» 続きはこちらから

直観に基づいたコメントを裏付ける、ロマーナ女王、キンバリー・ゴーグエンさん、コーリー・グッド氏らの情報

竹下雅敏氏からの情報です。
 2021年10月13日の記事で、「マイケル・フリン氏の情報に注意しておきましょう。彼は、ついにトランプが闇に落ちていたことに気づきました。」とコメントしました。
 また、2021年11月10日の記事では、“ロマーナ女王はテレグラムで、「ホンモノのトランプはとっくにいなくなっている。」と書き込んでいる…彼(フリン将軍)が事の全貌を理解したからには、トランプとその周辺に異変が起こることは時間の問題だった”とコメントしました。
 「運命の日-2021年11月18日」の記事の中で、キンバリー・ゴーグエンさんは、「フリン将軍が去った後、さらに多くの人が船に乗ることにしたのです。軍部の大半は、トランプが実際にやっていることを知り、よりよく理解できるようになった今、もはやトランプの後ろにはいない。」と言っています。
 私は、重要な人物の「波動」を調べ、直観に基づいてコメントしていて、私にこうした情報を提供する人物は、まったく存在しません。私は、誰一人としてメールのやり取りをしておらず、電話もまったく掛けないので、本当に「明るい引きこもり」なのです。ですが、この件のように、私の直観を裏付ける記事が上って来ます。
 「コーリー・グッド2021年12月アップデート」では、“この8月にアライアンスのリーダー格の人物に話を聞いたところ、彼らの失敗の原因は、重要な人物が土壇場で怖気づいたり、裏切ったりしたことだと認めていました。…彼はまた、UFO 学とエソテリック(秘教)のコミュニティが、アライアンスに起きた失敗を反映していることには、アライアンスも気づいていると述べました。アライアンスは、自分たちが今、ちょっとした混乱状態にあることを認めています”と書かれています。
 時事ブログの2021年7月28日の記事では、ニューエイジの中核にある組織が「ルシス・トラスト」であることを説明し、“「地球同盟」「QAnon」のかなりの数のメンバーが、「銀河連合」「光の銀河連邦」「コブラ」といった連邦の心理作戦に絡めとられ、偽情報を信じ切ってしまっているのには、本当に残念な思いがします。”とコメントしました。
 また、2021年8月4日の記事では、“Qアノンとアライアンスは、かなりの人達が、「連邦」にコントロールされているカバールの偽情報に攪乱されている”とコメントしました。
 コーリー・グッド氏の情報から、こうした時事ブログのコメントは、適当なことを書いているのではなく、きちんと調べた上でのものだということが分かると思います。
 2021年3月20日の記事で、“アライアンス(地球同盟)に「コブラのレジスタンスムーブメント」のメンバーが潜入しており…地球同盟のメンバーが、「銀河連合」や「光の銀河連邦」の宇宙人たちを正義の味方だと認識しているとすれば、かなり問題だ”とコメントしたのですが、昨年の一連の宇宙人関連の記事は、そのほとんどが「連邦」の宇宙人や「地球同盟」のメンバーに向けてのものだったのです。
 彼らの洗脳を解くことが記事の目的だったのですが、ある程度はうまく行ったと思っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
運命の日 - 2021年11月18日
引用元)
(前略)
フリン氏がトランプ氏から距離を置くことで、他の人たちの追随を促した
 
キムによると、JPモルガンは今週、トランプへの出資を取りやめたが、それには背景がある。フリン将軍が去った後、さらに多くの人が船に乗ることにしたのです。軍部の大半は、トランプが実際にやっていることを知り、よりよく理解できるようになった今、もはやトランプの後ろにはいない。その結果、ここ数週間、一連の出来事が展開されました。トランプ列車から飛び降りた人々は、世界的な大虐殺を犯しておいて、自分は世界の救世主だと主張することはできない、ということに気づいているのです。冗談じゃない。問題を作り出し、解決策となる、という脚本に固執しても、今回はうまくいきそうにない。一部の軍人はそう言うが、全員ではない。もしすべての軍人がこの論理を理解していたら、スイスで世界的な大虐殺の計画を練っている集団はいないはずだ。彼らはまだチャンスがあると思っているのです。誰がどの道を進むかは時間が解決してくれるだろう。ただの芝居や気晴らしに過ぎないかもしれない。しかし、フリン将軍が本物であり、善人であることを選択することを願う。少なくとも一人は必要だ、大声で!
(以下略)
————————————————————————
コーリー・グッド2021年12月アップデート(12/27追記)
引用元)
(前略)
コーリー・グッド:休暇のため家族でテキサスにきています。ご存知の方も多いと思いますが、私が元々接触していたアース・アライアンスの人々の多くはここにいます。コロラド州ボルダーに戻ったら、受け取った情報から可能なことをシェアしたいと思っています。

前回のビデオでお伝えしたように、アライアンスは頼りにできると思っていた人たちやグループに裏切られました。それは私やこの戦いに参加している人たちがよく知っている感覚です。

この8月にアライアンスのリーダー格の人物に話を聞いたところ、彼らの失敗の原因は、重要な人物が土壇場で怖気づいたり、裏切ったりしたことだと認めていました。
(中略)
彼はまた、UFO学とエソテリック(秘教)のコミュニティが、アライアンスに起きた失敗を反映していることには、アライアンスも気づいていると述べました。アライアンスは、自分たちが今、ちょっとした混乱状態にあることを認めていますが、私たちのコミュニティが、ほぼ同じように力を失った状態にあることも指摘しているのです。

私の情報源によると、カバールは世界的な全体主義体制を実施するためにフル稼働しており、最終的にはそれが法律を偏りなく執行するAI量子コンピューターによって統治される予定であることも確認しました。このコンピューターは、最終的に、今後全ての人間が受け入れることを要求されるであろうマイクロチップやナナイトと接続される計画です。

大衆が目覚めて行動しない限りは、これが現在進行中のタイムラインです!
(以下略)

キンバリー・ゴーグエンさん「ドラゴンファミリーはブラックサン(裏のイルミナティ)とロスチャイルドによって支配されている」「中国の長老たちは、多くの人々がまだ善良だと思っているが、実際に人類に生物兵器を放出」

竹下雅敏氏からの情報です。
 キンバリー・ゴーグエンさんの情報には驚くようなものがあります。一見して信じがたいものですが、私の直観に合致するものが多いのです。今回のものは、その一例です。
 「金正恩は、トランプに資金を提供したことを後悔している」と書かれています。キンバリー・ゴーグエンさんが再び提案し、今度はディープ・ステートの世界を駆け巡った「50-50ディール」という取引は、「金正恩がバックシステムを通じて資金を提供する際に、1ドルを国民に、1ドルをディープ・ステートに渡す」というものだそうです。なぜ、金正恩が資金を持っているのでしょう。
 次の記事では、ドラゴンファミリーはブラックサン(裏のイルミナティ)とロスチャイルドによって支配されているとあります。ドラゴンファミリーはいくつかの派閥がありますが、代表的な青・赤・黄・白・黒の5つを見ると、黒はブラックサン(裏のイルミナティ)、青・赤はサンヘドリン(表のイルミナティ)に属していた組織で、黄・白はイルミナティを脱会して地球同盟に属します。
 ロスチャイルド家もジェイコブの息子ナサニエルは地球同盟ですが、フランス家はブラックサン(裏のイルミナティ)でした。“黒い太陽(ブラックサン)とロスチャイルドは、それぞれの地域で生き残っているサイコパスのメンバーを支配するために戦い続けている”と言う記述は、確かにこの通りだと言えます。
 “中国の長老たちのほとんどは、中国人ですらないのです。32人のメンバーがいて、約半分が白人のロスチャイルド、ブルードラゴン、それにイラン人やグプタもいる”とありますが、「中国の長老たち」とは、いずれかのドラゴンファミリーのメンバーだと考えて良いのではないでしょうか。
 キンバリー・ゴーグエンさんは、中国の長老たちの約半分が白人のロスチャイルドだと言っています。私は以前、ベンジャミン・フルフォード氏が窓口を務める白龍会のトップは、“フランスのロスチャイルド家の関係者”だと指摘したのですが、これはわざとぼかして表現したもので、実はロスチャイルド家の人間です。
 白龍会はドラゴンファミリーの白の派閥ですが、トップはロスチャイルド家なのです。他の派閥もロスチャイルド家が深く関与しています。しかし、そのロスチャイルド家が内部で激しく争っているのです。
 ドラゴンファミリーの派閥間の合意によって、彼らの王が選出されたのですが、それが金正恩なのです。しかし、その金正恩が植物状態であれば、派閥の権力争いの歯止めは効かなくなります。
 さて、キンバリー・ゴーグエンさんによれば、「中国の長老たちは、多くの人々がまだ善良だと思っているが、実際に人類に生物兵器を放出」したと言っています。これは正しい記述だと思います。新型コロナウイルス、mRNAワクチンという「生物兵器」は、中国の長老たちの合意の下に放たれたのです。
注)記事の一部に誤りがあることが分かりました。詳しくはこちらの記事のコメントをご覧ください。 (2021/12/21)
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トランプに一番似合うライオンは?
引用元)
(前略)
トランプはホワイトハウスを去る際に、キム・ゴーグエンと直接つながることができるシステムを持っていきましたが、それが政権末期に彼女が資金を提供した理由です。(中略)… ちなみに、金正恩キムは、トランプに資金を提供したことを後悔しているそうです。
(中略)
キムによると、この3年間、毎週月曜・水曜・金曜に行われてきた契約の約束がまだ実現しておらず、サイコパスたちは、トランプ氏にはできないことを理解しつつあるのかもしれません。これには、マイケル・フリンのような口の固い将軍や、トランプの列車に乗っていた人たちも含まれます。彼らは皆、トランプに背を向け始めています。
(中略)
彼らがトランプに背を向けているかもしれないもう一つの理由は、キム・ゴーグエンが再び提案し、今度はディープ・ステートの世界を駆け巡った「50-50ディール」と関係がある。この取引は、金正恩キムがバックシステムを通じて資金を提供する際に、1ドルを国民に、1ドルをディープ・ステートに渡すというものである。その際に守らなければならないルールの一つは、何らかの方法で国民への資金提供を妨害した場合、すべての資金を失うというものでした。
(以下略)
————————————————————————
国連の力の錯覚、ブラックロックのシギントの失敗&エンフォーサーが最新のディープ・ステートの救世主を蒸発させる
引用元)
(前略)
ドラゴンファミリーを支配している黒い太陽とロスチャイルドは、それぞれの地域で生き残っているサイコパスのメンバーを支配するために戦い続けている。これらのメンバーは、黒い太陽とドラゴンファミリーのコバーンの下で階層的に存在しているため、どちらの側にも属している。
(中略)
武漢研究所にはコロナウイルスだけでなく、あらゆる生物兵器がある。この研究所は遺伝子操作を目的としたもので、「黒い太陽」が1000%運営しているため、中国だけのものではない。アメリカ人、ロシア人、イラン人など、たくさんの人が武漢研究所に関わっています。(中略)… 武漢研究所はまだ活発に活動していますが、多くの粒子加速器を含む多くの機器を失いました。彼らは失った装置へのアクセスを回復しようとしています。
(中略)
中国の長老たちは、多くの人々がまだ善良だと思っているが、実際に人類に生物兵器を放出しており、今では超新星について話している。この武漢研究所は、MRNA、クリスパープログラム、ウイルスアーコンプログラムなど、私たちが聞いたこともないような恐ろしいプログラムを製造しています。そして、中国の長老たちのほとんどは、中国人ですらないのです。32人のメンバーがいて、約半分が白人のロスチャイルド、ブルードラゴン、それにイラン人やグプタもいる。
(以下略)
1 2 3 4