アーカイブ: 性転換

トランプ政権では、性の変更を認めず、「明確で客観的かつ管理可能な生物学に基づく」定義を採用するよう促す方針を検討 ~トランスジェンダー思想が悩みを抱えている人の助けにならず、実際には有害な影響を及ぼす~

竹下雅敏氏からの情報です。
 トランスジェンダーとは、身体と心の性が一致せず、自らの性に対し違和感を持つ人のことで、「性同一性障害」と診断される人もいます。トランプ政権では、性の変更を認めず、「明確で客観的かつ管理可能な生物学に基づく」定義を採用するよう促す方針を検討しているとのことです。
 オバマ前政権は、性の定義を“個人の選択”とし、2015年には、米連邦最高裁判所が同性婚を認めました。オバマ元大統領はゲイであり、小児性愛者であると考えられています。ミシェル・オバマ夫人は、その容姿から、男性ではないかと疑われています。
 性の定義を曖昧にし、同性愛を社会的に容認させる試みは、最終的に小児性愛を合法化しようとする、イルミナティの行動計画に属します。社会の最も基本的な構成単位である家族の概念を破壊するために、彼らは性の概念を曖昧にするのです。
 下の記事は大変重要なもので、引用元で全文をご覧になることをお勧めします。具体的な例がいくつも書かれており、現実問題として、トランスジェンダー思想が悩みを抱えている人の助けにならず、実際には“有害な影響を及ぼす”とあります。多くのトランスジェンダー・サバイバーは、性的虐待を過去に受けたことがあり、その忌まわしい記憶から逃れるために、自分の本来の性を嫌悪するようになるとのことです。しかし、性転換手術やホルモン療法は彼らの救いにはならず、多くの人が、自身の性転換を「人生最大の間違い」として、後悔しているとのことです。
 私はこの問題に関して、明確な視点を持ちませんが、前にも触れたことがあるように、肉体の性とプラズマ体などの肉体よりも上位にある身体の性が逆転している人がいます。いわば、間違った肉体に転生して来ていると言えそうですが、ひょっとしたら、その原因は環境ホルモンによるものかも知れません。
 例えば、肉体が男性で内側の身体が女性の場合、男性を好むかあるいは男性的な女性を好むのではないかと想像します。理想的には、このタイプの人は、肉体は女性だが内側が男性の人と出会えれば良いのでしょうが、なかなか簡単ではありません。
 性同一性障害の人は、身体と心の性が一致しないことで苦しんでいるわけですが、もしも内側の身体が異なるということになれば、それは単なる心の問題ではないことになります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トランプ米政権、トランスジェンダーの排除検討
引用元)
【ワシントン=中村亮】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は21日、トランプ米政権が性の定義を生まれつきの性別に限定し、変更を認めない措置を検討していると報じた。
(中略)
ニューヨーク・タイムズによると、米厚生省は性について連邦政府機関が「明確で客観的かつ管理可能な生物学に基づく」定義を採用するよう促す方針を検討している。性の変更を認めず、生まれつきの生殖器で定義すべきだと主張。性別に関して異議がある場合、遺伝子検査に基づいて決着させる考えも示す。
(中略)
トランプ政権による新しい定義の検討には、中間選挙で保守的なキリスト教福音派の支持を固める意向がにじむ。
(以下略)
————————————————————————
トランプのトランスジェンダー政策撤回案は、悩める多くにとっての朗報
引用元)

<引用元:デイリー・シグナル 2018.10.23>ウォルト・ヘイヤー氏による解説
(前略)
ジェンダー・アイデンティティーが時間と共に変わり得る社会的構成概念である一方、性(sex)は不変の生物学上の現実だ。2つの用語は互いに置き換え可能ではない。
(中略)
残念であるのは、トランスジェンダー思想が、悩みを抱えて助けを必要としている人たちに現実の有害な影響を及ぼすためだ。(中略)… ジェンダーごっこが有害なものだと気づいたトランスジェンダーの人たちから、私は何百もの後悔の手紙をもらった。後悔している人たちはジェンダー変更を「人生最大の間違い」と呼んでいる。
(中略)
トランスジェンダー・サバイバーであるビリーは、11歳の時に夏の水泳キャンプでダイビングのコーチから性的虐待を受けた。ビリーの説明によると、彼は虐待の後、自分の性器を嫌悪するようになり女性になりたいと思うようになった。虐待はそのようなことを引き起こすことがある。

子供の時に虐待された多くの人と同じように、ビリーは「ジェンダー専門家」によって性別違和と診断され、性ホルモンを投与され性別適合手術を受けた。彼は後悔が始まるまでは、完全にトランスジェンダー女性として生活した。

今彼は元の男性の性別に戻り、結婚している。
(以下略)

[sputnik]米国人はプーチン大統領よりもオバマ大統領のほうが脅威だと考えている / ミッシェル・オバマの本名はマイケル・ラボーン・ロビンソン

竹下雅敏氏からの情報です。
 米国人ですら、オバマ大統領が“米国の主要な敵”と考えているとのことで、どうやらオバマが米国から消える日も近いのかも知れません。
 現在米国で不気味な動きがあることを、本日の1本目の記事で編集長が取り上げていましたが、オバマ政権だけではなく、こうした陰謀の中枢に、チェイニー、ラムズフェルドなどのネオコン連中が居るわけです。彼らの計画では、オバマを利用するだけ利用して、彼を最終的には処分するつもりなのでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
米国人はプーチン大統領よりも オバマ大統領のほうが脅威だ と考えている(動画)
転載元)
198960-2 

オバマ大領は、シリアのアサド大統領やロシアのプーチン大統領よりも米国に脅威を与えている。 

最近米国で実施された世論調査で、このような結果が出た。
興味深いことに、米国の一般市民だけでなく、議員たちも、オバマ大統領を米国の主要な敵だと考えていることが分かった。


――――――――――――――――――――――――
ミッシェル・オバマの本名はマイケル・ラボーン・ロビンソンです。
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/alternative/2015/04/%e2%98%85michelle-obama-is-michael-lavaughn-robinson-shockingly-barry-calls-his-wife-michael-not-michelle-3147148.html
(概要)
4月30日付け:
michelle_obama_u-s-_first_lady_michelle_obama_flexes_her_muscles_as_she_exercises_with_schoolchildren_at_the_river_terrace_school_april_21_2010_in_washington_dc-_mrs_0



2011年9月30日にバージニア州のフォートマイヤーで行われた総合参謀本部長の交代式で、オバマ大統領はスピーチの中で自分の妻(ミッシェル・オバマ)をマイケルと呼びました。

嘘をつき続けるのは難しいのです。オバマ大統領は世界に向けて、隠し通さなければならない重大な秘密を知ってほしかったのに違いありません。最近になりオバマがゲイでありミッシェルがマイケルであるという噂が流れ、オバマ大統領も真実が少しずつ伝わり、少なからずほっとしているのではないでしょうか。人々はあるべき姿でいるべきなのです。

皆さん、アメリカのファーストレディーは実はファーストマンでした。さらに驚くべきことに、オバマはミッシェルが男性から女性に性転換したことを知っていました。キリスト教国で初めてのホモの大統領ということになります。

調査官によると、長い間、身体は男でも自分は女性だと信じてきたマイケル(ミッシェル・オバマ)は高校を卒業後、性転換手術を受けました。ミッシェル・オバマは1964年1月17日にシカゴで生まれました。彼の本名はマイケル・ラボーン・ロビンソンです。

彼は、フレイサー・ロビンソン3世とマリアン・シールズ・ロビンソンとの間に次男として生まれました。

[竹下雅敏氏]コンチータさんが歌っている「Rise Like A Phoenix(不死鳥のようによみがえれ)」という曲について

竹下雅敏氏からの情報です。
 コンチータ・ウルストさんの大会での様子のようです。やはり素晴らしい歌唱力で、優勝は当然と言えるでしょう。私が3日連続して取り上げるなどということは、考えられない事態なのですが、ようやくその謎が解けました。コンチータさんが歌っている「Rise Like A Phoenix(不死鳥のようによみがえれ)」という曲ですが、私の天界の妻のヒカリハナツミが作詞、作曲したものが地上に降りて来たものだということがわかりました。いずれ歌詞の内容を知りたいものだと思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
欧州国別対抗歌謡祭ユーロビジョン オーストリア代表の鬚の美女が優勝 (VIDEO)
転載元より抜粋)
 

デンマークの首都コペンハーゲンで開催された欧州国別対抗歌謡祭「ユーロビジョン2014」で、オーストリアの歌手コンチータ・ウルストさんが、「Rise like a Phoenix」を歌い、優勝した。 

ロシアから出場した17歳のトルマチョワ姉妹(マリヤとアナスタシアの双子の姉妹)は89ポイントを獲得し、7位だった。トルマチョワ姉妹は1997年1月14日にクールスクで生まれた。姉妹は、今大会の最年少出場者。
トルマチョワ姉妹は幼少時代から様々な音楽コンクールで優勝しており、8年前にはルーマニアのブカレストで開かれたジュニア・ユーロビジョンで、オリジナル曲「スプリング・ジャズ」を歌って優勝した。
ユーロビジョンは1956年から開催されている。ロシアは、同国代表としてジーマ・ビランが出場(楽曲Believe)した2008年に優勝している。

————————————————————————
「ひげ面美人」が優勝―欧州音楽コンテスト ウクライナ危機余波も
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[AFPBB]オーストリア代表の「ひげの女装歌手」が優勝、欧州歌謡祭で

竹下雅敏氏からの情報です。
 コンチータさん、優勝しちゃいました。
 これで歌の上手さは証明されたわけですが、彼(彼女)の下の記事にあるいくつかの意見については、少し気を付けなければなりません。
 まず、ロシアの議員が音楽祭について「同性愛と精神の堕落のあけすけなプロパガンダ」だと発言したことに関して、確かにある種のコンテストはそうした側面があることは事実です。しかしもし、彼(彼女)の精神が堕落しているのであれば、あのような素晴らしい歌を歌えるはずはありません。ですから一般的な傾向として、様々なコンテストが何かしらの良くない思惑が背後に仮にあったとしても、そういった大会に出場する各個人が一様にそのような傾向に染まっているわけではありません。やはり一人一人の個人を見なければならないのです。
 しかし彼(彼女)の「人は自分のしたいことを何でも出来る」「他人を傷つけない限り、私たちは人生で何でも好きなことをやっていい。」という発言ですが、これは誤りです。他人を誰も傷つけていないように見える行為でも、深く自分自身を傷つけている場合があるのです。例えば売春などは、その典型的な例です。コンチータ・ウルストさんの場合は、本質的に内面が女性であるが故に、このような姿を表現することはむしろ自然だと思います。そして同性に対して愛を感じるのも自然だと思います。私は、こうした場合の同性愛的傾向を否定しません。しかし通常の夫婦関係であったとしても、愛情に基づかない打算的な結婚の形態は強く非難します。それはお互いの中に愛を育まないからです。ましてや、快楽に基づいた悪魔崇拝に直結する形での同性愛は、容認出来ません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
オーストリア代表の「ひげの女装歌手」が優勝、欧州歌謡祭ユーロビジョン
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
————————————————————————
「ひげ面の女装歌手」が話題独占、欧州歌謡祭
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[田中龍作ジャーナル]ブルネイ、同性愛に「石打ちの死刑」 大使館前で抗議

竹下雅敏氏からの情報です。
 ブルネイ王国のハサナル・ボルキア国王は、リンク先の写真をご覧になればおわかりのように、立派な方なのです。ブータンの国王と共に、最も立派な国王の一人だと思います。その方が、同性愛行為に対する処罰としてこのような決定をしたということは、真意をよくよく考えないといけないと思います。
 同性愛の問題は大変難しい部分があります。先の記事に取り上げた、肉体は男性でも内側の幽体が女性であるという人が居ます。要するに肉体の性と本体(幽体)の性が逆転しており、間違った肉体に転生している場合があるのです。こうした場合、前の記事のように、女装が本人にとって自然であったり、同性愛の傾向を示すということも自然です。逆に本体(幽体)が男性で女性の肉体を有している人は、ボディービルダーに多く見られ、筋肉を鍛えるのを好むように思います。
 こうした本体の性が逆転しているケースの場合、同性愛的傾向が出てくるのは当然のことで、性転換の手術を受けようとすることに関しても、止むを得ないものと感じます。
 しかし、そうでないレベルの同性愛行為があります。これは悪魔崇拝に直結している類のもので、世の中の倫理・道徳観を破壊する意図を持って行われているものです。こちらの方が罪になるのは言うまでもないことで、自然な発育過程の中で同性愛が異常であることは明らかです。自由という言葉で倫理・道徳を破壊する行為を闇の連中はずっと行って来たわけですが、プーチン大統領が「非伝統的な性的関係」を未成年に広げることを禁じた「同性愛プロパガンダ禁止法」を支持していることに対して、欧米の首脳陣が差別として批判したという一件がありました。プーチン大統領を批判した者たちの大部分はサタニストで、不浄な同性愛者です。自分たちの罪に対する自己弁護を、自由の名でごまかしてはいけません。
 ブルネイ国王のこの決定は、世界中に蔓延している退廃的な風潮に対する抵抗だと考えるべきだと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ブルネイ、同性愛に「石打ちの死刑」 大使館前で抗議
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 2