アーカイブ: 秘密宇宙プログラム

[Sphere Being Alliance]コズミック・ディスクロージャー: シーズン1、エピソード1・2 人類へのメッセージ/初めての遭遇  〜コーリー・グッド氏が参加した特別連邦評議会〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 コズミック・ディスクロージャーのシーズン1、エピソード1・2から、要約しました。ストーリーが良くわかる様に圧縮しています。興味のある方は、元記事をご覧下さい。
 ここでは、コーリー・グッド氏が、天の川銀河で最も先進的なスフィア・アライアンス(球体連合)のブルー・エイビアンズ(青い鳥族)から代理人として選ばれ、月にあるLOC(月運営司令部)において、特別連邦評議会に参加した時の様子が語られています。
 この評議会場にブルー・エイビアンズが忽然と姿を現し、コーリー・グッド氏を通じて、会場に居る人たちにメッセージを放ちました。太字にした部分が重要です。これは、これまで映像配信などで、再三再四伝えている内容と同様のものです。かつまた、このことは“エリート達の信じていることとは真反対”のことです。
 記事の文末辺りをご覧になると、スフィア・アライアンス(球体連合)は、武力攻撃を許容していないことがわかります。かつまた、“完全なる情報開示が彼らの目的”なのです。
 このことは、表面に居る地球人はもちろん、地下に居る人類も、地球に関わっている宇宙人も同様です。今後彼らが行って来たことも含め、全てが開示されて行くことになります。それを妨害することは許されません。
 妨害のために名前を偽って通信を送ることや、意図的に嘘の情報を送ることは、大変重い罪になります。事実上カルマが即時に返ることになり、波動を落とし、現在銀河の中心から放たれている光によって精神が破綻することになる、と警告しておきます。警告に逆らい、さらに悪質なことを行なう者は、処刑されるだろうと言っておきます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
コズミック・ディスクロージャー: 人類へのメッセージ
シーズン1、エピソード1
転載元より抜粋)
DW : これからインタビューするのはコーリー・グッド、45歳。彼は秘密政府、秘密軍隊プログラムの舞台裏で起きていることを伝えるために内部関係者として名乗りをあげました。手短に全体像を話していただけますか?

CG : 私の場合は6歳の時に、MILABというプログラムに連れて行かれました。共感(エンパス)は、周りにいる人達と感情的に強く繋がります。私はトレーニングを受け、能力は強化されました。そして12歳か13歳ころに、一緒にトレーニングを受けていた2~3人の人達と一緒にあるプログラムに入れられました。この連合では大勢のET連合が集まり、グランド・エクスペリメント(大実験)について討議していました。

DW : そのET達は何をしていたんでしょう?

CG : 人間の姿をした40人のETからなるグループがあり、彼らは固定メンバーだったようです。一番多い時は60人くらい集まった時もあります。22の遺伝子プログラムが進行していました。地球からの派遣団は、長きに渡ってこれに参加しようと尽力してきました。そしてついに、参加できることになったのです。私達は直感エンパスとして討議の場で席に着いていましたが、話しあいがどう進んでいるのかわかりませんでした。

DW : なぜこんなことをしているのですか?

CG : それは私にもわかりません。ですが、多くの場合うまくいってませんでした。

DW : このプログラムはどれくらいの期間、行われてきたと思いますか?

CG : 22のプログラムはそれぞれに、期間も異なっています。ですが、私達に行われた遺伝子操作は少なくとも250000年前から始まっています。

DW : これを止めることはできますか?

CG : できるとは思いませんね。最近ようやく、彼らと同席できるところまでこぎつけたんですよ。

DW : 彼らはネガティブ志向の地球外生命体ですか?

CG : あなたの視点次第です。それぞれが「自分はポジティブなことをしている」と思っているのですから。

DW : ご自身のブログでLOCというものについて触れていましたね。説明していただけますか?

CG : ルナー・オペレーション・コマンド(月運営司令部)といって、月の裏側にある施設です。何人か駐在員がいて、そこで勤務しています。駅のようなものです。太陽系に出かけて行く人、または太陽系外の他のステーションや基地に行く人々が常に行き来しています。

DW : あなたのホームページで、秘密宇宙プログラムには5つの派閥があったとありましたね。

CG : まず一番古い派閥は”Solar Warden -太陽の監視人”で70年代後半から80年代に始まりました。それからICC(Interplanetary Corporate Conglomerate-惑星間共同複合企業)、これは世界中から集まった企業の団体で、各企業から代表者が特別取締役会に参加しています。この取締役会は、宇宙に築かれた大規模なインフラをコントロールしています。そしてダーク・フリート(Dark Fleet-闇の艦隊)、彼らは主に太陽系外で働いている極秘艦隊です。Black Ops 、ミリタリーの秘密宇宙プログラムはいろいろあって、それを一つのグループにまとめています。それから、グローバル・ギャラクティック・国家連合、これは外宇宙で進行している秘密のヴェールを守るためのグループです。

DW : どのような経緯であなたは内部告発者になったのですか?

CG : 私に、高次密度のETグループからコンタクトがあったんです。彼らはブルー・エイビアンズ(Blue Avians)として知られています。

DW : エイビアンズって、鳥のことですよね?

CG : 背丈は8フィート(2.4メートル)。色は青~インディゴ、羽根があります。胴体や腕、手などは人間そっくりです。

DW : ということは、ヒト科の動物なんですね。頭は鳥で、身体は人間という感じ?

CG :とても柔らかくてしなやかなくちばしがあります。

DW : 彼らの意図は何ですか?何のために地球に来ているんでしょう?

CG :私達はいま、銀河のある部分へと移動しています。銀河の中でもとてもエネルギーの高い領域に入っていくので、私達の太陽系や星団の密度が変わろうとしています。

DW : 私達が別の密度に入っていくと、ブルー・エイビアンズはどんなことが人類に起きると言っていますか?

CG : 私達は変容体験を迎えることになる、その体験が意識レベルを変容させるだろうと。彼らは巨大な球体と共に地球に来ていて、その球体はいま太陽系に到来している津波のようなエネルギー波を和らげてくれています。

DW : では、あなたは実際にブルー・エイビアンズと対面したんですね?

CG : はい。私は若く十代だった頃に直感エンパスとしてサポートのために特別連邦評議会に参加していたのですが、この評議会に対して私はブルー・エイビアンズの代理として話をすることにもなりました。ロー・ティアー・エ-(Raw-Tear-Eir)という名のブルー・エイビアンズに会ったんです。



» 続きはこちらから

[Sphere Being Alliance]コーリー・グッド氏が参加した地下世界評議会のミーティング 〜選民思想という強烈なエゴを克服しない限り、困難から解放される見込みはない〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 コーリー・グッド氏が参加した地下世界評議会のミーティングの様子です。記事をご覧になると、この地下世界の住人は私たち地上の人類を見下しており、“地表に居る私たちのことを、病的で遺伝的に不純な、がさつな野蛮人だと思っている”とあります。チャネリング情報では、アガルタ・ネットワークの地下都市に住む人々は、皆、愛に満ちた聖人であり、完璧に調和した理想社会を築いているはずではなかったでしょうか。ところがこの報告書を読む限り、それらは全て幻想であるとわかります。
 彼らは宇宙と完全に調和していて、あらゆるネガティブから解放されているため、現実的な困難に彼らが直面することは無いはずでした。ところが、事実は様々な困難が彼らの前に立ちはだかり、これまでなら考えられなかった同盟を組まざるを得ないところまで追い詰められたということなのです。
 彼らが見下し、軽んじる地表の人類の代表であるコーリー・グッド氏とゴンザレス中佐を、地下都市の住民ですら非常に尊敬するガーディアンズ、すなわちスフィア・アライアンス(球体連合)の人たちが代理人として選んだのは、何故でしょうか。文末では、“ガーディアンズは自ら地下住民にコンタクトすることはなさそうです”とあります。私が常に指摘しているように、科学力ではなく心の清らかさという観点からは、地表の住民も地下の住民も大した変わりはないのです。むしろ、血統にこだわる選民意識が非常に強い分だけ、地下都市の住民の方が救い難い面が高いのです。
 彼らはこの選民思想という強烈なエゴを克服しない限り、困難から解放される見込みはないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
古代地球離脱文明 地下世界評議会ミーティング&SSP同盟報告  パート1 ”ハチの巣状の地球”
転載元より抜粋)
グループ間の話し合いが始まりました。ゲストのために英語を話すようにと言われていましたが、長くは続きませんでした。英語を話していても、途中から他の言語に変えて話していました。ゴンザレスから後で聞いたのですが、それはアッカド前の言語で地球の表面上ではもうずいぶん前に廃れてしまった言語とのことでした。そしてまた英語に戻ったりしていました。私はなかなかついてゆけませんでした。

あらゆる地下都市に対して行われた攻撃のこと、そしてその犠牲者について討議されていることはわかりました。さらに、以前は彼らの支配下にあると思っていた地表の秘密結社やグループに裏切られたという話題についても討議していました。彼らの地表の敵はいまやテクノロジーを保持し、彼らの都市の位置を把握したり、彼らの防御を回避することができたようです。地表の人々は外来の兵器を開発し、それが深層部まで貫通して膨大な損害を与えることができたようです。

また、地表の人達が地下に都市をどんどん建造していて、その過程でとても繊細な地下都市のエコシステムを汚染しているという話もありました。そして、とても不快なありとあらゆる非人間地下住民グループと最近いざこざがあり、それに対処せねばならないとも話していました。彼らはたいへん懸念していました。こういったプレッシャーが山積みとなり、彼らは互いに同盟を組まざるを得なくなりました。

この話し合いは2時間ほど続きましたが、「オメガ/8ポイント・スター」グル―プのリーダーがゴンザレスに話すよう言いました。ゴンザレスに後で聞いたのですが、このように言うことは司会を尊重した行為ではなかったそうです。ゴンザレスがローズ色の宝石のついた土星のペンダントを着けた女性の方を見ると、彼女はうなずいてどうぞ、と促しました。

ゴンザレスはそれぞれのチームを名称で呼び、同盟の代表者として招待を受けたことにお礼を述べました。この評議会ミーティングを開催したグループにも感謝を伝えました。さらに、彼らの代理団が数週間前にたいへんなリスクを負いながらカイパー・ベルトにあるSSP同盟の前哨基地まで来てくれたこと、その代理団の受け入れができた名誉について伝えていました。視点については大きな相違点があれども、そして以前の同盟はこれから私達全員で達成しようとしている内容とは真っ向から対立しているけれど、SSP同盟はすべてのグループが理解に達せるであろうと期待しており、その過程ではいま彼らがコンタクトしている地表の政府・文明との彼らの関わり方も変化するだろうと。彼はスピーチの締めくくりに、私達は新たな時代に差し掛かっており、心を開いて協力し合い、誠実に接し合いましょうと言いました。

彼がそう言った時、突然部屋の中で緊張が高まり、あらゆる感情やエネルギーが行き交っているのがわかりました。
彼らはあらゆる言語を使って自分達の間で話し始めました。穏やかに話していましたが、明らかにゴンザレスが言ったことを少なくとも喜んではいませんでした。そして一人一人から、私達を見下したような抗議を受けました。私達の狭い理解と知識でもって彼らに判断を下す権利など、私達にはないと言われました。

地表にいる私達のことを、病的で遺伝的に不純な、がさつな野蛮人だと思っている、と各自から言われました。彼らだけが初代地球人からのあらゆる血筋を守ってきているのだ、と言いました。近隣の惑星からどんどん避難者がやってきてこの惑星オリジナルの人間と遺伝的に混じり合っていったため、疫病が広まるごとく地表世界は乗っ取られたのだと。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]古代地球評議会のミーティングに参加した7つのグループ

竹下雅敏氏からの情報です。
 コーリー・グッド氏が古代地球評議会のミーティングに参加した報告書の中に、7つのグループがあり、それぞれのグループは、自分たちの所属を示すペンダントを身に着けていたとあります。
 これらの7つのグループは、2015年12月22日の記事の文中にあるⅡに出て来る星の一団です。
 記事によると、ミルキーウェイ評議会がオリオン評議会を設置したということですが、コーリー・グッド氏が接触している球体連合はミルキーウェイ評議会に属しています。記事にある7つのグループはオリオン評議会に属するグループで、以下のようになります。
 翡翠(ジェイドストーン)の付いた土星のペンダントは、太陽系評議会のヴァルカン、水星、金星、木星、土星、天王星、海王星を示します。ブラックストーンの付いた土星のペンダントは、火星、冥王星です。ローズ色の宝石の付いた土星のペンダントは、地球評議会になります。
 先の記事において、オリオン評議会を構成する星の前に数字がありますが、その数字と共に表記すると、シルバーの星は、2シリウス(C)、7シリウスA・Bです。ゴールドで「曲線の」スバスティカは、3プレアデス、6アンドロメダ、10プロキオン、11アルクトゥルスです。オメガのシンボルで中心に8ポイントのゴールドの星は、5デネブ、5アルクトゥルス、8ベガ、8プロキオン、8アルデバラン、5アルニタクです。砂時計のシンボルは、4ベテルギウスとなります。
 この中で、オメガのシンボルで中心に8ポイントのゴールドの星のグループが、光のドラコ/アヌンナキのグループで、これまでナチス・ドイツにテクノロジーを与えるなど、闇に深く加担して来た者たちです。
 ところが、この連中は天界の改革が始まって早い内に改心をし、神々に協力をして来た者たちで、それでこの評議会の一員として出席しているのですが、記事をご覧になるとわかるように、他のグループから大変嫌われています。
 すでにお伝えしたように、こうしたピラミッド組織の頂点に居たキング・マイトレーヤ・ブッダの一団はすでに滅ぼされており、これらのオリオン評議会も解体されているはずです。現在は、抵抗するこれらの評議会の指導層を神々が処刑している最中です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
古代地球離脱文明 地下世界評議会ミーティング&SSP同盟報告  パート1 ”ハチの巣状の地球”
転載元より抜粋)
はるか昔、地球上には先進文明がやってきて去っていったことは知っていました。彼らは自分達の先進テクノロジーを使って地球の内側の巨大ポケットに地表と同じ環境を作り、故郷の快適さをそっくり整備しました。こうやって地表で起きたあらゆる脅威-- 自然の大災害や地球外生命体からの脅威に対して保護バリアを獲得したのです。

古代地球評議会とのミーティングに、私も近い将来出席することになるだろうと言われました。とてもワクワクし、好奇心がかきたてられました。と同時に、このようなミーティングではドラコの『ホワイト・ロイヤル』(White Royal)を含む極めてネガティヴなグループと直接顔を合わせることにもなります。

ミーティング当日、私はいつも通り青いオーブを使って移動するのだろうと思っていました。

これはスフィア・アライアンスが使用しているポータルシステムで、何処にでも私が行くべき所にほぼ一瞬で連れて行ってくれるようです。

ソファの端に立っていた時、明るい光が一瞬輝きました。一瞬奇妙な静電気のような感覚がして、私はもう自宅ではない所に居ました。私がいたのはとても大きくてピカピカに磨き上げられた花崗岩の部屋でした。丸い部屋で、天井はドーム状になっていました。

扉の一つの向こう側から廊下のような所を人々が歩いてくる音がしました。すぐにゴンザレスが目に入りました。

彼は振り返ってそばに立っていた男性の方へ歩み寄り、私に「ついて来い」という仕草をしました。

私達は、彼らがやって来た扉口に向かいました。そこを入ると、アーチ型の入口にレーザーで刻んだかのようにあるシンボルが精密に刻まれているのが見えました。このシンボルは、私達がいたエリアのすべての扉口にありました。楕円の中に二つの円が混じり合っている図でした。

doorway

このグループは必要に駆られて最近この評議会を結成したところだと言いました。中には、とても長い間、互いに複雑な歴史を経てきた者同士もいるとのこと。それほど私達にポジティブな見解は持っていないとも言われました。また、地表の住民に対してはエリート主義者のようなところがあり、偏見も持っていて、私は自分の意見は自分の中だけにとどめておかねばならないと言われました。

ちょうどその時、女性と3人の男性が入ってきて数歩のところで止まりました。ゴンザレスは振り向いて彼らの方へ歩み寄りながら、私についてこい、とまた身振りをしました。

私達は扉を通り、曲線状の石の階段を下りて一つ下の階に行きました。私達は二人ずつ列になって扉口を通り、部屋に入りました。同じローブを着た人達が楕円形のテーブルを囲んで座っていました。その時、一人一人がペンダントを着けていることに気づきました。見た目も様々で、そこについているシンボルも様々でした。

このペンダントは単なる宝飾品ではなく、彼らの文明もしくはグループを象徴していました。

私達をここまで案内してくれた人達がこのミーティングの司会をするようでした。彼らはみなペンダントを着けていて、輪のついた土星のイメージを図案化したもののように見えました。

それぞれのペンダントには、惑星の表面のあらゆる位置に宝石が一つ配置されていました。ゴンザレスに後で聞いたのですが、宝石が配置されている場所は、地球の下のどの地帯から彼らが来たのかを示しているとのことでした。

Jade Stone

Jade Stone



Black Stone

Black Stone



Rose Colored Jewel

Rose Colored Jewel



土星のペンダントを着けていた人達のうち、ローズ色の宝石がついていた人がテーブルの向こうで立ち上がりました。彼はゴンザレスと私を紹介し、またテーブルについている人達の名前や称号、グループ名も紹介しました。

この様々な人々は明らかに人間でしたが、地表で見かけるどんな民族からも異なっているようでした。

» 続きはこちらから

[Sphere-Being Alliance]コーリー・グッド氏による地下世界評議会ミーティング&SSP同盟報告

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、コーリー・グッド氏の地下世界評議会での秘密会合の報告書の話題がありましたが、その報告書の冒頭の部分のみを紹介します。
 これまで75年以上もの間、カバール/イルミナティによって秘密宇宙プログラム(SSP)が推進されて来た結果、我々の太陽系にはかなりの数の基地がすでに存在するということです。こうした地球外の基地で20年間働いて来たコーリー・グッド氏は、自分の体験を暴露しています。
カバール/イルミナティは、高度な科学力とドラコ・レプティリアンとの同盟によって、NWO(新世界秩序)を目指していました。これは人類に対する完全支配で、地球はもちろん私たちの太陽系を支配下に治めた後は、天の川銀河全体を支配するつもりだったようです。しかし、極めて先進的な球体連合が私たちの太陽系に現れ、彼らの目論見は成功する見込みが無くなってしまいました。
 コーリー・グッド氏は、この球体連合の存在達であるブルー・エイビアンズ(青い鳥族)からコンタクトを受け、彼らの代理人として評議会で話をするように要請されたようです。
 この報告書は、その時の会合の詳細を記しています。ここで取り上げた部分以降の話で、コーリー・グッド氏がどのように評議会の会場に移動し、そこで何を見、どのような体験をしたかが語られています。
 記事を読むと、このブルー・エイビアンズと、内部地球文明やSSP同盟の人々との、圧倒的なレベルの違いを感じます。チャネリング関係の書物では、アガルタ・ネットワークと言えば理想の社会のように描かれていますが、彼らの多くは選民意識があり、実のところ、地表の私たちよりも多くの割合の者がすでに魂を消失しています。確かに、表向き洗練されていて、平和な文明を確立した種族なのですが、心の浄化という観点からは、私たちとさほど変わりはないのです。
 この意味で、ブルー・エイビアンズの出現は、彼らにとって混乱をもたらすものでした。これまで地球に関わって来たあらゆる立場の者たちは、これまでのやり方を変えることを迫られています。現在、古いやり方にしがみついて手放さない者は、滅ぼされている最中です。
 こうした評議会に出席する連中は、各文明の代表者であり、それこそエリート意識に膨れ上がった者たちなのです。チャネリングなどで地球人に対して偉そうな通信文を送って来てはいますが、そのほとんどの者はすでに魂が滅ぼされているのです。現在、こうした愚かでこれまでの態度を改めない指導者層を、次々に処刑している最中です。現在、彼らは大混乱に陥っています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
古代地球離脱文明 地下世界評議会ミーティング&SSP同盟報告  パート1 ”ハチの巣状の地球”
転載元より抜粋)
e10
秘密宇宙プログラムの存在はアメリカ民衆から、そして世界中から75年以上ものあいだ念入りに隠されてきました。

確信を持って言いましょう。秘密宇宙プログラム(SSP)は絶対的事実です。基地は実在します。規模、活動範囲、テクノロジーともに巨大なプログラムです。いま、この地球は大不況で弱体化していますが、これはこの巨大で惑星どうしを繋ぐインフラを築くために私達の富が横流しされているからです。

私達のお金は、この巨大できらびやかな施設の建設費用になっています。

私達は、この太陽系には知的文明がうじゃうじゃといることをすぐに発見しました。起源も実に様々です。ありとあらゆるUFOが目撃されているのは、私達の領空で多種多様の文明が活動しているからです。

SSPは、長らくこの地球のダークな面に所有されコントロールされてきました。あらゆる世代を通して続いてきたカルトで、少なくともローマ帝国の頃には始まっていました。多くの人が「秘密地球政府シンジケート」(Secret Earth Government Syndicates)、イルミナティ、カバルと呼ぶものです。

有り得ないと思うでしょうが、彼らは今や900以上の知的文明を相手に定期的な取り引きを行っています。

この秘密地球政府シンジケートは極めてネガティヴな霊的信念を備えているので、ついには最も邪悪でパワフルなETグループと同盟を組むまでに至りました。レプティリアン・ヒューマノイド種、集合的にドラコ(Draco)として知られている種です。

悲しくも紛れのない事実として、SSPに加わった人々の大多数が残酷かつ恐ろしい状況に置かれました。

数年前、このグループ内で、私達の地球に平和と自由を再建し、秘密にされていた素晴らしいテクノロジーを解放するためにある同盟が結成されました。しかし、山のような障害に直面しました。

ハリウッド映画は次から次へと「エイリアンの侵略」の映画を世に送り出しました。

これらの映画は私達の集団意識に不安と恐怖を植え付けることを意図したものです。

計画では、最終的には「エイリアンの9/11」、リバース・エンジニアリング(分析・模倣)で開発した巨大な宇宙船艦隊を使って集団レベルで私達を襲うことになっていました。こうすればいかなる反対領域も反対国も一掃する、つまり完全に破壊することができます。こうして焼け落ちた灰からどんな不死鳥を生みたかったかというと、いわゆる「エイリアン」の脅威に対抗するための世界的「新世界の秩序」を欲していました。

当然、彼らがすべてを所有し支配することになったでしょう。しかし善意のET文明が彼らをしっかりと抑えていた事には気づけませんでした。そんな計画を実行に移すなど決して許される事はありませんでした。

1980年代に、ある巨大な海王星サイズの球体がこの太陽系の外惑星を訪ねてきました。わが人類はそこに立ちはだかって退去を求め、その球体は進んでそれを受け入れました。1990年代から2000年代初期にはさらに球体がたくさん現れました。

そして2012年頃にはさらに100を越える球体がやって来ました。巨大サイズの球体で、円周で言うと月や海王星、木星に値する大きさです。

この球体には極めて先進的な存在達が関わっています。彼らは宇宙を移動する時も、何らかの目的を遂げるにも、テクノロジーを要しません。SSPが接触している最先端のET達にとっても、彼らは全く別のレベルで遥かに先を進んでいる存在なのです。

この球体の中にいる存在達がSSPにコンタクトしてきて、私を名指しで要請してきました。

いきなり、私はこのスフィア・アライアンス(Sphere Alliance)という存在の代理人として話をする役割を任されました。その役割にはSSPに向けて話をすること、また40以上の知的文明からなるスーパー・フェデレーション(Super-Federation)という連合にも話をする役割がありました。これは何千、何万年もの間、人類に対して22もの遺伝子プログラムを操作しているグループです。

SSP アライアンスのチーム・メンバーにゴンザレス中尉と呼んでいる人物がいます。彼はスフィア・アライアンスと4年間ほどコンタクトを続けています。ほぼ私と同じくらいコンタクトをしていることなります。

ゴンザレスは、SSP側が選んだ代理人です

NSAは脅迫をするためにSSP関係書類という巨大な宝の山を隠していました。スノーデンは歴史的なハッキングを行い、この全データを掴みました。つい最近になってようやく解読されたところです。

転覆のごとく経済崩壊が起き、いったん民衆が真実を知って目覚め、怒った時、この書類は大規模なデータ・ダンプという形で公開されるでしょう。そうすれば私達の知る現実は完全に転換することでしょう、それは時間の問題です。

AD、つまり「開示後」(After Disclosure)社会は劇的に変わるでしょう。イベント前のすべての映画、テレビ番組、ブログ、YouTube動画、書物、記事など、すべては古くさい骨董品と化すでしょう。

何百年どころではありません、何千年もの間私達をだまし続けてきた策略のすさまじい全体像を私達は知ることになります。そして、より壮大で明るい未来を共同創造するべく方向を転換させてゆくのです。

[GFLサービス]内部地球の表面地球の者との秘密交渉 〜真実の開示を求めるSSP同盟 と 神々の意思を代弁する“青い鳥族”〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 秘密宇宙プログラム(SSP)の内部告発者コーリー・グッド氏の暴露情報は、極めて重要です。文中の報告書は長い記事ですが、興味のある方はご覧下さい。
 コーリー・グッド氏によると、地球空洞説は誤りで、地球内部はハチの巣状になっているとのことです。ややこしいのは内部地球の各文明は、これまで互いに独立しており、しかも光と闇に分かれていることです。闇のグループはナチスドイツと協力関係にあり、彼らに高度な科学力を与えました。第二次大戦後、ナチスの残党はアメリカ政府を乗っ取り、アメリカ国民はもとより全人類に隠れて、秘密宇宙プログラムを推進して来ました。この結果、今では太陽系に数多くの基地を地球人は所有しているということのようです。
 彼らの科学力に脅威を感じた内部地球のポジティブ派は、ネガティブなグループに対抗するために、“前例のない連合を形成”するよりなかったようです。
 内部地球のネガティブ派は、ドラコ・レプティリアンと同盟を組み、彼らの組織は通常カバール/イルミナティと呼ばれて来ました。秘密宇宙プログラム(SSP)はこれまでカバール/イルミナティによって動かされて来たのですが、天界の改革以降大きな変化が生じ、このグループの中から真実の開示を求めるSSP同盟が現れたようです。記事の中に出て来る秘密の宇宙プログラム連合というのがそれです。
 こうした様々なグループとは一線を画す“高度に進化した球体連合”が、どうやら1980年以降に太陽系と接触したようです。彼らはテクノロジーの助けなしにテレポーテーションが出来る存在で、コブラ情報によると、私たちの銀河の中心文明で“青い鳥族”と呼ばれているようです。彼らの出現によって、内部地球の全てのグループとSSP同盟は、大混乱に陥ったようです。何故なら、青い鳥族が伝えるメッセージは、神々の意思を代弁するものだからです。
 文中のゴンザレス中佐はSSP同盟の代表者であり、コーリー・グッド氏は球体連合(青い鳥族)から指名された代理人ということのようです。詳しくは、先にリンクした報告書をご覧下さい。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
内部地球の表面地球の者との秘密交渉
転載元より抜粋)
内 部地球の文明が人間からの孤立を終わらせる交渉に乗り出した 2016年1月1日

http://exopolitics.org/inner-earth-civilizations-embark-on-negotiations-to-end-isolation-from-humanity
Inner Earth Civilizations Embark on Negotiations to End Isolation from Humanity
Written by Dr Michael Salla on January 13, 2016. Posted in Secret Space Programs

内部地球には1800万年前にさかのぼる古代の人間の文明の残渣が残されている。内部地球の人達は十分に人間に類似しているが、彼らは表面の人間とは遺伝的に大きく異なる。1月12日の秘密宇宙プログラムの内部告発者Corey Goode による宇宙情報のデスクロージャーでは、表面の人間は内部地球の人間の祖先、地表の人間、数千年の間に地球を訪問してきたETとのハイブリッド(複合体)である、とのことだ。

2015年9月23日に、Goodeは7つに分化した内部地球文明連合の代表者との秘密交渉に参加した詳細な彼の報告書によると、Goodeは、内部地球の人々の非常に長い歴史と表面の人間、および訪問してきたETとの関係について述べている。

内部地球の者たちは、オリジナルの地球の人間の血統の直接の子孫であると信じている、とはGoodeが言うことである。彼らは高度に進化した”ガーディアン”と呼ばれるETが教えてくれた古代の建設技術を用いた非常に平和的な文化を築いた。

やがて、彼らは地表での大災害から逃れるために内部に移住した。
彼らはこれらの文化を将来に伝承するために最も進歩した技術と知識を継承している。

数千年に亘る成功の後に、内部地球の者たちは表面の災害から生き延びた者たちと時々連絡を取って表面の文明の再建を助けた。Goodeによる9月の報告書の中で、彼は内部地球の人間が神またはETのふりをして真の出自と所在地を隠すために表面に赴いたと述べている。

内部地球の者たちは人間の真の歴史について多くの知識を備え、地球外からの訪問者によって長い間に亘って表面の人間に加えられた遺伝的操作を観察してきた。内部地球の者たちと表面の複合体である人間と連合した地球外からの訪問者との関係では、時に暴力的な紛争に陥ったとGoodeは報告している。

Goodeのここでの主張は種々の歴史書によって裏付けられている。

Sitchin Gods とMenZecharia Sitchin’s の書籍では、これらの昔の紛争に関するスメリア人の記録による神と人間の間の戦争が描かれている。同様に、インドのヴェーダのマハーバーラタにも種々の神と人間の間の戦争が記述されている。

Goodeが言うには、内部地球の人間は表面の人間からとは異なる遺伝的な純粋さの維持に基づく政治哲学を持っているとのことである。彼らはお互いに、あるものは数十万年前の、ほかの者は数百万年前の異なる古代文明に立脚しているので、政治的な孤立さえをも選択している。

最近まで、内部地球の人間の孤立政策はうまく機能していた。今では
内部地球の人間に直接の脅威になっているカバール/イルミナティと秘密の宇宙プログラムによる進歩した技術によって変化が訪れている。

これは彼らの7つの文明の間に前例のない連合を形成させる
に至った。1月12日の宇宙デスクロージャーで、Goodeがこの連合と彼の内部地球への訪問について述べているが、これは2015年9月の報告書にも述べられている。

» 続きはこちらから