アーカイブ: 未分類

[ロシアの声他]第三次大戦に持ち込もうとしている連中が、苦戦していることがわかる

竹下雅敏氏からの情報です。
 何とかして第三次大戦に持ち込もうとしている連中が、苦戦していることがわかるものをいくつか集めてみました。
 1つ目はジョークですが、アメリカのロシア編入、それが無理ならばプーチンを米国大統領にという記事です。こんな声が出てくるほど、アメリカは行き詰まっているわけです。
2つ目はドイツがケリー国務長官の通話を傍受したとのことで、その通話内容を公開していないことから、“EUはそろそろロシアに対する経済制裁を止めたいんだけど、いいよね?”というメッセージだと受け取りました。
 3つ目はウクライナの愛国者たちがキエフ政権の横暴に耐えかね、最後通告をしたということで、アメリカはどう対処するつもりなのでしょうか。
 4つ目は国連のしかるべき立場の人物が、“ガザは封鎖下に置かれるなど以前の状態に戻るべきではない”という発言をしたとのことで、ブッシュ・ナチに繋がる連中は排除されると思います。こうした動きは、おそらくビルダーバーググループの総意だと思います。彼らは9.11を引き起こした連中を許す気はないのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
プーチンを米国大統領に推す声
転載元)
© Photo: REUTERS, RIA Novosti

© Photo: REUTERS, RIA Novosti



米紙ヴェテランズ・トゥデイに架空の市民団体「プーチンを大統領に」による米国のロシアへの編入ないしウラジーミル・プーチンの米国大統領への選出の願いが報じられた。ユーモア記事。

「失敗国家にとどまるのは嫌だ。住民投票実施のために署名を集める」と同団体。

反対者たちは言う、ロシアへの編入を求める住民投票は憲法に反すると。賛成者たちは答える、2001年9月11日以降米国政府がやってきたことの全てが憲法に反しており、それは問題とされていない、と。もし住民投票が成立しなければ、奥の手がある。プーチンを米国大統領に推すのである。ライバル候補バラク・オバマ、ミット・ロムニー、ジョン・マケイン、ジョン・ケリー、アルベルト・ゴール、ジョージ・ブッシュが束になったより多くの票を得て当選するだろう。以上同紙記事。

————————————————————————
独政府、ケリー米長官とトルコにスパイ活動か 独誌報道 
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

» 続きはこちらから

[サルーサ情報]あなた方は間もなく私たちとの直接の接触をするようになるでしょう  〜公に宇宙人との接触間近〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 赤字にした部分を丁寧に読んでいただければ、なかなか面白い事を言っているのがわかります。この中で神々・宇宙人の存在を違和感なく受け入れられる人たちは、睡眠中に体外に離脱した状態で、そうした高次の存在者と接触をしていると説明しています。またこのような接触ではなく、公に宇宙船が人々の目の前に降りて来る時期が間近であることを言及しています。というよりは、このプランに基づいて様々な背後の動きがなされていると言うべきでしょう。
 ただ“すべては上手く進行していて、何事も計画されている結果から外れることは無い”のですが、一方で、“私たちが希望するようには進めないので、私たちは追加を急いでいます。”ということです。これは実感としてとてもよくわかります。私も国際情勢や各国の政治状況を注視していて、なかなか上手くいかないので、どうすれば良いかと思っているところです。とは言うものの、全体的には何も問題が無いということもわかっています。
上手くいかない理由の中で最大のものは、ウォーク・インして肉体を占有した霊が、この世の悪に容易に取り込まれてしまうことにあります。彼らは「銀河連邦」に属していたり、神々であったりしますが、悟りを得ているわけでもなく、ましてや解脱しているわけではないので、これまでの波動的に保護されていた状態から、地球上の肉体に接触して悪の波動に直接触れる状態では、天地ほどの差があるのです。
例えて言うと、倫理的に道徳観として善悪を理解している立場でも、現実に様々な誘惑に晒された時に、悪を退けるだけの内的な強さを持っている者は、極めて少ないということだと思います。頭で理解しているということと、体現できているということはまったく別です。
こうした霊たちに忠告しておきたいのは、時間はほとんど残されていない。闇の中に留まる者は、然るべき時期にその肉体と共に滅ぼされてしまうだろう、ということです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
サルーサ 2014年8月15日 
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[イランラジオ他]窮地に立たされるイスラエル / イギリス ガザのために10万人が立ち上がる!

竹下雅敏氏からの情報です。
 ラジオイランの記事は、これまで見て来たところ、非常に客観性が高く正確だと思います。例えばウクライナでのマレーシア航空機撃墜の事件などは、確定した情報以外に出てきていません。逆に言うと、ラジオイランで掲載された内容は、結果的にその通りであることが、例えばシリア問題などからわかります。そういう観点でこの記事を見ると、イスラエルは本当に窮地に陥っているのかも知れません。
“続きはこちらから”以降での世界中で起きているデモの様子ですが、人々が急激に目覚めてきているということがその背景にあると言えそうです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
窮地に立たされるイスラエル
転載元)
1cbc4bb99f453f654346bb64874134fd_Lキャラミー解説員

シオニスト政権イスラエルのガザでの犯罪が続けば続くほど、この邪悪な政権は、ますます、政治的、軍事的な窮地に追い込まれています。シオニスト政権軍は、今月8日からガザへの攻撃を開始し、世界の人々の目の前で、封鎖下にあるガザ地区で、明らかな大量虐殺を行っています。


ガザにおけるシオニストの犯罪は、女性や子供を含めたパレスチナ人の大量虐殺に至っています。シオニストは、パレスチナ人の子供たちをも攻撃の標的にしています。こうしたシオニスト政権のガザでの野蛮な行為により、これまでに少なくともパレスチナ人1400人が殉教、7700人以上が負傷しており、このことは人々の心を痛ませています。ガザでの明らかな大量虐殺にも拘わらず、国連などの国際機関は、この犯罪に対して具体的な対応を取ることができていません。

こうした国際機関の消極的な態度に関わらず
、パレスチナ抵抗グループは、全力でシオニスト政権軍に立ち向かっています。ガザのシオニストの犯罪に対するパレスチナ抵抗グループのミサイルによる反撃と共に、世界の独立国は、パレスチナ人を支持し、反イスラエルの行動を取っています。チリ、ペルー、エルサルバドルは、ガザの住民への支持を表し、テルアビブから自国の大使を召還しました。この決定に対し、シオニスト政権の外務省は当惑をあらわしています。数日前にも、ブラジルとエクアドルが、自国のイスラエル大使を召還しました。ボリビアのモラレス大統領は、30日水曜、シオニスト政権のガザ地区に対する野蛮な攻撃に抗議し、イスラエルとの査証免除協定を破棄し、この政権を、「テロ政権」と呼びました。

シオニストのガザ攻撃により、この政権の政治家は、政治的にも軍事的にも窮地に立たされています。攻撃拡大に従い、この政権への政治的な圧力も強まっており、シオニスト政権は、これまで以上に国際的に孤立しています。

一部の中南米諸国のガザの住民への支持は評価に値するものですが、ガザにおけるシオニストの残虐性に注目すると、別の国々、特に人権擁護を訴える国の同様の措置も必要になっています。さらにこのような流れに、世界の人々の反イスラエルの声、ガザでのシオニストの犯罪への非難、世界におけるイスラエル排斥の動きの拡大を加えるべきでしょう。

シオニスト政権は軍事的にも窮地に立たされています。パレスチナ抵抗グループの攻撃でシオニストの兵士が死亡していること、シオニストの兵士がガザへの参戦を拒否していることで、この政権の政治家はこれまで以上に当惑しています。シオニスト政権軍は、兵士の士気の低下により、1万6000人の予備役兵を追加動員しました。アメリカも、シオニスト政権軍の前線を強化するため、シオニスト政権にアメリカの兵器庫を使用することを許可しています。

政治的、軍事的な変化が示しているのは、シオニスト政権は、世界で孤立すればするほど、ガザにおけるパレスチナグループに対抗する上で、軍事的にも、さらに苦しい立場に置かれていくということです。ガザ戦争におけるシオニストの兵士の実際の死者の数が、何よりもそのことを物語っています。

» 続きはこちらから

[アットトリップ他]焼身自殺にピンとこない人へ。ばっちりな詩がネット上で話題に。

竹下雅敏氏からの情報です。
 取り上げた音声では、眞鍋かをりさんが詩の朗読をしています。最初の3分を聴いてください。
 “じゅんび は ばっちりだ”ということで、このじゅんびの中に、おそらくゲームなどが入っているのだろうと思います。現代の若者の暴力性・攻撃性のかなり大きな部分は、アニメ・漫画・ゲームに影響されていると考えます。うちでは子育てにおいて、これらのものを一切遠ざけて来ました。(忍たま乱太郎やおじゃる丸やこども人形劇場はよく見ていました。)暴力表現は非常に有害であり、ドラマや映画の中からも排除されるべきだと考えています。こうした激しい暴力表現に慣れて来ると、正常な感覚がマヒして来ると思います。そうした若者が更なる刺激を求めると、薬を用いるようになるのだろうと思うのです。どうやら現代社会というのは、ほぼ完全に狂っていると言って良いようです。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
大竹まこと×眞鍋かをり:解釈改憲による集団的自衛権行使の問題点
転載元より抜粋)
 

2014/07/01 に公開 
大竹まことと眞鍋かをりが、ツイッター上で話題になっている宮尾節子さんの詩「明日戦­争が始まる」を取りあげ、解釈改憲による集団的自衛権行使と自衛隊について語っていま­す。

――――――――――――――――――――――――
焼身自殺にピンとこない人へ。ばっちりな詩がネット上で話題に。
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[リチャード・ヴェルナー氏]不況をつくり、悪化させたのは日銀だった! 

 リチャード・ヴェルナー氏の"幻の名著"からの抜粋で前半は、わかりやすい信用創造の解説です。
 昨日の記事で、“福井元総裁を国会に招致して責任を取らせるべき”とありましたが、記事後半に、アメリカからの要求に基づき、日本経済を意図的に破壊したのが“日銀のプリンスである三重野と福井”であることが暴かれています。※三重野氏は2012年に亡くなっています。
 この辺のさらに詳しい解説は、映像配信で紹介されています。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
日本銀行のヒミツ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 25