アーカイブ: 竹下氏による執筆記事

[竹下雅敏氏]フリッツ・スプリングマイヤー著「イルミナティ 悪魔の13血流」から重要な部分を抜粋し、解説をすることにします。 〜メロビング王朝について〜

竹下雅敏氏からの情報です。
昨日の記事の解説の続きで、メロビング王朝について説明します。
まず、フリッツ・スプリングマイヤー著「イルミナティ 悪魔の13血流」から重要な部分を抜粋し、前回と同様“続きを読む”以降で私の簡単な解説をすることにします。
(竹下雅敏)
————————————————————————
「イルミナティ 悪魔の13血流」フリッツ・スプリングマイヤー著 KKベストセラーズ  

p222-223
 高レベルの悪魔主義者たちを調査しているうちに、彼らがダビデ家の血統を重要視していることがわかった。このダビデ家はイエス・キリストの家系とされるものではなく、南フランスに王国を築いていた血流である。私がこの事実を発見したのは、中世について書かれた歴史書を片っ端から読んでいたとき、たまたま手にした『768~900年――中世フランスのユダヤ公国』においてだった。同書は、ヨーロッパ王族の血に自らの血統を組み入れたメロビング王朝が、ユダヤ人を祖先に持っていたことを教えてくれる。実際、シオン修道院長ピエール・プランタル・ド・サン・クレアが、それを雄弁に語っているのだ。
『救世主の遺産』より、関連する段落を引用してみよう。

 1982年4月に会ったとき、プランタルは我々の著書『聖なる血、聖杯』に対して、態度を明らかにしなかった。しかし全体としてはそれを是認し、フランス語版のために、あいまいな表現や意味が不明確な部分を訂正することを申し出た。その一方で、メロビング家をイエスの家系とする我々の説は、肯定も否定もしなかった。証拠がないとして明言を避けた。「遠い過去の話だ。あまりにも昔の」と彼は言った。信頼できる家系図がない。そのうえ、イエスには兄弟がいた。それでも彼は、メロビング家がダビデ王家の血統を受け継ぐ、ユダヤ人の子孫であることは認めた。

p508-509
 1982年、3人の共著者が、ベストセラーになっている著作『聖なる血、聖杯』のなかで驚くべき家系を世間に暴露した。その秘密性のある有力なオカルトの家系とはメロビング王朝のことで、その分家は何世紀もの間に広がり、ヨーロッパの現代の王族のすべてを含むまでになった。

 ペイジェント、リー、リンカーンたちの調査は私の調査した事実と重複していた。私が元イルミナティのメンバーたちから情報を聞き出したとき、次にあげるような多くの重要な事実が判明した。

自らを神聖な家系であり、ルシファー(魔王)の子孫であると考える13番目のイルミナティの家系がある。

・イルミナティの指導者たちに、ヨーロッパの王族がいる。高位階級のフリーメーソン風の行事やイルミナティ悪魔教の儀礼に彼らがかかわっているとの多くの目撃報告が寄せられた。

これらの秘教リーダたちは、ルシファーとキリストが兄弟であると考えている。

モルモン教会創始者ジョセフ・スミス2世の子孫やその指導者たちはいずれもメロビング王家の子孫であり、イルミナティ悪魔教信者として活動している。彼らが悪魔教の儀礼を行っているようすがかなりの人々によってつぶさに目撃されている。

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]CIAと悪魔崇拝について 元FBIロサンゼルス支部長テッド・ガンダーソン

竹下雅敏氏からの情報です。
ユニティデザインの村岡氏に動画の編集と文字起こしをお願いしました。元の動画の要点を編集し、半分以下の時間にしたものと、編集動画の文字起こしにわかりやすいように地図や補足の説明を入れてくれています。時間のない方は文字起こしの赤字の部分を読んで下さい。恐らく5分で読めると思います。
動画の内容は非常に重要なもので、通常性的虐待と考えられている事件が、実は悪魔崇拝だということであり、社会の上層部の有力者が関わっているということです。
この動画でも、陰謀の中心組織はイルミナティ、そしてCIAだと言っています。
(竹下雅敏)
————————————————————————
CIAと悪魔崇拝について 元FBIロサンゼルス支部長テッド・ガンダーソン

映像に出てくるアメリカの悪魔崇拝・人身売買に関わる事件

map-america-nun
①ジェフリー・マクドナルド事件(1970)ノースカロライナ州
②マクマーティン保育園事件(1983)カリフォルニア州ロサンゼルス
③ルー氏の子供が受けた悪魔崇拝儀式での性的虐待事件(1980年代後半)ペンシルバニア州フィラデルフィア
④CIAの国際人身売買発覚事件(1987)フロリダ州
⑤リンダ・ウィーガンの2人の子供に対する悪魔崇拝儀式虐待事件(1993)コネチカット州
⑥ジョンベネ殺害事件(1996)コロラド州ボルダー


【目次】

  1. 深刻な問題の存在に気づいた「ジェフリー・マクドナルド事件」(0:02
  2. 陰謀を確信させた「闇の世界史」とイルミナティの目標25項目(2:39
  3. アリスター・クローリーの著書に見られる「悪魔崇拝の儀式」(8:34
  4. マクマーティン保育園事件「地下トンネル」(10:47
  5. マクマーティン保育園事件「悪魔崇拝の社(やしろ)」(14:30
  6. ルー氏の子供が受けた悪魔崇拝儀式での性的虐待(16:11
  7. CIA の国際児童人身売買秘密工作についての米国税関による公式な報告書(18:46
  8. リンダ・ウィーガン「悪魔崇拝カルトに子供を虐待された古典的な実例」(20:30
  9. 質疑応答:ジョンベネ殺害事件(25:05

終わり(26:46)


 

1.深刻な問題の存在に気づいた「ジェフリー・マクドナルド事件」(0:02)

テッド・ガンダーソン
私はかつてカリフォルニア LA の FBI 支部長でした。1979年3月に引退してまもなく、ジェフリー・マクドナルド事件の捜査を私的に頼まれました。

【補足】「ジェフリー・マクドナルド事件」について

img_ジェフリー・マクドナルド

ジェフリー・マクドナルド博士

img_ジェフリー・マクドナルドとコレット

妻コレットとマクドナルド氏

1970年2月17日未明ノースカロライナ州で、陸軍特殊部隊グリーン・ベレー在籍の医師ジェフリー・マクドナルド(26)の妻コレット(26)が寝室で、2人の子供、姉キンバリー(5)、妹クリステン(2)が子供部屋で、ナイフやアイスピックで刺され惨殺された事件。
マクドナルドの供述によれば、その晩、4人の見知らぬ侵入者に襲われたという。(うちの1人は女、その手には火が灯ったロウソクが握られていた。目撃者証言よりこの女はマリーナ・ストークリーと目される)
2ケ月半後の5月1日、アメリカ陸軍犯罪捜査司令部CIDはマクドナルド氏を殺人容疑で告発したが、予備審問で憲兵隊による杜撰な初動捜査が明らかになりマクドナルド氏は無罪の判定を受けた。しかしその後、妻の親族より告訴され終身刑が宣告された。
出典)The Madisons

捜査には2000時間も費やしました。驚いたことに、何年もかけて集めた証拠・情報からすると、博士が絶対無実であることに全く疑問の余地がありませんでした。

1980年10月25日、私はマリーナ・ストークリーの署名つき自白調書を入手しました。マリーナは言いました。「マクドナルド博士は犯人ではない。やったのは、私の『悪魔崇拝カルト団体』その夜は私のカルト入会式だった。」「子供部屋にあった木馬に乗ろうとしたが、バネが壊れていて乗れなかった。」とも言いました。バネが壊れていたことをマリーナが知り得た唯一の方法は、殺人が起きた1970年2月17日の夜、そこにいたということです。

私は約12000ページ分の報告書を、1981年3月 FBI判事/長官に提出しました。「この男(マクドナルド博士)は無実です。」

FBI だけでなく、米司法長官の事務所にも訴えました。すると驚いたことにマリーナ・ストークリーも含めて私の19人の目撃証人から、電話がかかってくるようになった。「FBIに呼び出されました。証言を撤回させようとしてくる」と深刻な問題の存在に関する最初のヒントでした。私は自問自答しました。「いったい何が起きてるんだ?」

約2年前までこう何度も言ってきました。「この国では、麻薬、小児性愛虐待、ポルノ、売春、腐敗その他にからむ、『穏やかなネットワーク』が活動している」と。しかし2年前、コトはもっと深刻であることを調査結果から確信しました。陰謀です。我々はこの国で起きていることを知る必要があります。


» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]フリッツ・スプリングマイヤーのインタビュー記事から要点を掲載し、簡単な説明をしています。陰謀論にかなり詳しい人たちも理解していない事柄です。

竹下雅敏氏からの情報です。
昨日の時事ブログで紹介されたフリッツ・スプリングマイヤーのインタビュー記事の1から要点を掲載し、"続きを読む"以降で、私が簡単な説明をしています。
この部分は非常に重要であるにもかかわらず、陰謀論にかなり詳しい人たちも理解していない事柄です。
これまで時折コメントで指摘してきた事なのですが、今回よい機会なので、きちんと説明しておこうと思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
フリッツ・スプリングマイヤー イルミナティのマインドコントロール 1 

原文 http://www.theforbiddenknowledge.com/hardtruth/springmeier_interview1.htm 
2000年9月 カナダ、トロント CKLN fm 88.1

ウェイン・モリス 
おはようございます、インターナショナル・コネクションへようこそ。

フリッツさんはイルミナティの研究者で、マインドコントロール被害者を助ける聖職者です。

スプリングマイヤー 
イルミナティは、世界の有力者たちです。エリートの血統のグループです。13の主要な血統があります。 「何世代も続いてきた悪魔崇拝主義者」と呼ばれる者たちです。

秘密の魔術を実践してきて、自分たちの宗教を一つの世代から次の世代へと受け渡してきたということを意味しています。
 
モリス 
あなたがイルミナティと仰るのは、1776年にバイエルンでアダム・ヴァイスハウプトが創設したと記録されているグループのことですか?同じですか?

スプリングマイヤー 
同じグループです。 実はヴァイスハウプトがその組織を創設したわけではなく、はるか昔にさかのぼります。これらはとてつもなくパワフルな少数独裁ファミリーたちです。

これらのファミリー、これらの血統の一部は、明らかにニムロドまでさかのぼります。 ロスチャイルドが何世紀にも渡ってこっそりと綴ってきた秘密の家系図にそうあります。

モリス 
生まれながらのイルミナティファミリーが13あると仰いましたね。名前を挙げて頂けますか?

スプリングマイヤー 
上位13の血統は、アスター、バンディー、コリンズ、デュポン、フリーマン、ケネディー、リー、オナシス、ロックフェラー、ロスチャイルド、ラッセル...それから13番目の血統があります。メロヴィングです。それからファン・ダイン・イルミナティ血統があります。

13番目の血統であるメロヴィングは極めて重要です。 欧州の王室が含まれています。

Baigentさんと Leighさんと Lincolnさんが出版された「聖なる血筋と聖杯」+2冊の3連作に非常にみごとに書かれていたので、私が書くまでもなかったんです。

たとえばチャールズ皇太子はその中に入ります。

モリス 
イルミナティファミリーと、その組織自体のゴールは何ですか?彼らはなぜこれほどたくさんの組織に浸透したのですか?

スプリングマイヤー 
究極的には、「反キリスト」の称号を掲げて世界の注目を浴びる男性と共に、「新世界秩序」といわれるものを実現することです。

モリス 
イルミナティは、ゴール実現のためにマインドコントロールを用いていると仰いました。

スプリングマイヤー 
イルミナティは、自分たちの仲間にも、他人にも、何世紀にも渡って、マインドコントロールを使ってきました。すべては非常に頑丈に守られた秘密になっています。

モリス 
自分たちの家族にマインドコントロールを使う目的は何でしょう?

スプリングマイヤー 
数多くの儀式が関係しています。非常に恐ろしいものです。人身御供があります。ハイグランドクライマックスには赤ん坊を生贄にし、各種サバトには、若い女性や男性が生贄にされます。これを何世代も続けるにあたっては、マインドコントロールと多重人格の創出によるジキルとハイドの効果がなくてはならなかったのです。

» 続きはこちらから

フリーメーソンとイルミナティ レジャンバルド神父

竹下雅敏氏からの情報です。
ユニティ・デザインの村岡氏にレジャンバルド神父の動画を編集、わかりやすく写真や絵を入れて文字に起こしてもらいました。この動画の内容はきわめて重要なものなので、ぜひ村岡さんの労作を全文ご覧になって下さい。
今後、この記事の内容についてくわしく説明してゆくつもりです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
フリ−メ−ソンとイルミナティ レジャンバルド神父


目次

  1. サタンに仕えるイルミナティ最高権力者たち(0:02
  2. イルミナティを動かすトップの人々(13人のドルイド司祭)(2:10
  3. イルミナティ・ピラミッドの中間組織(CFR、円卓会議、シナルキ、イルミナティ)(5:03
  4. イルミナティが支配する4分野(経済・銀行、政治・軍事、社会・メディア、宗教)(6:37
  5. イルミナティの運動「新世界秩序」とマイトレーヤの出現(12:33
  6. イルミナティの陰謀を進める国際機関(世界銀行、IMF、BIS)(14:10
  7. 影で蠢くシオン修道会(21:16
  8. 正義と平和の王国へ、我々の希望の在処(23:30

終わり(24:41)


1.サタンに仕えるイルミナティ最高権力者たち(0:02)

ルシファー(堕天使)ギュスターヴ・ドレ画

ルシファー(堕天使)ギュスターヴ・ドレ画

神父:イルミナティはサタンの世界支配を確立するために、このルシファーに身を捧げます。そのサタンの世界支配は、唯一の世界政府、唯一の世界経済、唯一の世界軍隊、そして唯一の世界宗教によって確立します。イルミナティにとっては、善の神がルシファーで悪の神がヤハウェです。イルミナティでないメーソンは沢山います。イルミナティは10階位以下のメーソンになど関心はありません。私達が公的に知っているメーソンは、大抵1〜3階位の人々です。

青のロッジ(組織)には33段階のイニシエーション(秘儀伝授)が存在します。イニシエーションを受けるたびに新たな知識が伝えられます。グノーシスとはイニシエーションの儀式を受けた者だけが得られる知識のことです。イルミナティの特徴は、最高の権力の座を占めている人々がいるということです。

13人のドルイド司祭は、直接、具体的にメーソン会員をサタンに捧げ、世界中のイルミナティの儀式を司ります。

1958年「ドルイド」と呼ばれるケルトの宗教指導者の姿をした人々によりストーンヘンジで行われた夏至祭

1958年「ドルイド」と呼ばれるケルトの宗教指導者の姿をした人々によりストーンヘンジで行われた夏至祭。出典)
始まりに向かって


この13人のドルイド司祭が、アメリカではCFR(Council on Foreign Relations:外交問題評議会)として、ヨーロッパでは、シナルキとして支配力を及ぼしています。

それから、イタリアとアラブ地域でのイルミナティ改革の後、イギリス連邦(Commonwealth of Nations、コモンウェルス(the Commonwealth)ともいう)をコントロールする円卓会議が生まれることになりました。これがイルミナティ最高位でサタンに仕える人々です。

イギリス連邦(コモンウェルス)の旗

イギリス連邦(コモンウェルス)の旗

イギリス連邦を構成する国々

イギリス連邦を構成する国々

» 続きはこちらから
1 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49