[State of the Nation] Covidワクチンは、ヨハネ黙示録の反キリスト勢力が、人類の大量殺戮を目論み、 実験室で作られた病原体で、人間の免疫システムを壊滅させる、人類駆除計画だ!

読者の方からの情報です。
 21/12/15時事ブログで一部引用されたState of the Nationの記事がありました。Covidワクチンのまとめとして重要だと判断されたSho-Momoさんから、記事全体の要約をいただきました。元記事の機械翻訳も一部掲載しました。今、怒涛のように接種されているワクチンが善意から行われているものではないと早く気づくことが肝心です。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Operation Extermination–the Plan to Decimate the Human Immune System with a Lab-Generated Pathogen
引用元)
State of the Nation:
駆除作戦—実験室で作られた病原体で人間の免疫システムを壊滅させる計画
Mike Whitney
The Unz Review

(前略)
(中略)もう1つの種類は、免疫システ ムが最終的にあきらめてしまうことで病気になっている人々です。6~8ヶ月前に予防接種を受けた人たちは、免疫システムを破壊され、風邪などの病気に対抗するのに苦労しています。冬になると風邪やインフルエンザが流行しますが、これらの人々はそれらを撃退することができません。政府はすぐに「オミクロン」というレッテルを貼りますが...彼らは風邪をひいているのです。彼らの免疫システムは壊滅状態です。癌患者が化学療法を受けて、免疫システムが壊滅するのと同じです。風邪やインフルエンザで死んでしまう可能性があるので、非常に注意しなければなりません。そして、これが現在の状況なのです。

最初のワクチン接種が始まってから12か月近く経ちます。そのため、免疫システムは 崩壊しています。 それが現実であり、私が見ている光景です...風邪をひいても対処できなくなっています。9月に私がウェストミンスターで行われた会議に出席したとき、 科学者はこのようなことが起こるだろうと予測していましたが、実際に起こっている のです。人々は病気になり、死にかけている.....恐ろしいことです」。("Omicron "と は "ワクチン傷害 "のことで、それ以上のものではない”: John Looney,Rumble)

彼は正しいのだろうか?
死亡者数の増加は、コヴィドの別の波ではなく、免疫系を標的とした細胞毒性注射の影響で、何百万人もの人々が日常的な感染症や病気に対して無防備になっているのだろうか?
これは現実的にあり得ることだ。ターゲットを完全に殺すのではなく、人間の生存を可能にする重要な防御システムを基本的に破壊するハイブリッド生物学的製剤を必要とする人口減少計画に合致するものだ。パンデミックマネージャーは、「キラータンパク質」を無害な抗原に偽装することにより、何百万人もの人々の血流に接触し、彼らの重要なT細胞とB細胞の集団を破壊する時限爆弾を挿入して、被害者を、たまたま世間で循環しているあらゆるバグに対して脆弱にすることができた。ルーニー(Looney)が言うように、集団予防接種が提案された当初、科学者たちはまさにこの結果を警告していた。当然のことながら、反対意見は無視され、検閲された
(以下略)
(DeepL pro翻訳+チェック修正 bySho-Momo)


ーーーーーーーー
【Sho-Momoさんによる要約】

Covidワクチンは、ヨハネ黙示録の反キリスト勢力が、人類の大量殺戮を目論み、
実験室で作られた病原体で、人間の免疫システムを壊滅させる、人類駆除計画だ!
 

「もし何者かが、今後数年の間に世界中の人々を大量に殺戮したいと望むなら、今まさに実施されているシステムこそが、それを可能にするだろう。」(マイク・イードン博士(元ファイザー副社長)

「そして、これこそが、あなたがたが来ると聞いている反キリストの霊であり、今、それがすでにこの世に来ているのです。」 (1ヨハネ4:2-3)

Covidワクチンは、血栓、出血、心臓発作、脳卒中、血管や神経系の病気に加えて、私たちを病気や死から守るシステムである免疫系を破壊するように設計された、実験室で作られた人工的な生物兵器である
身体の重要な防御システムを無効にし、病気への感受性を何桁も高める。
ワクチン接種するたびに、日常的な感染症や風邪、ウイルスに対して十分な反応ができなくなる
免疫系にダメージを与え、感染症やウイルス、病気と闘う身体の能力が損なわれる。
歴史上のどのワクチンよりも多くの人を殺し、アメリカでは過去35年間のすべてのワクチンの合計より3倍の死者が出ている

» 続きはこちらから

FDAがファイザーとバイオンテックのワクチン緊急使用許可を短期間で与えた根拠となるデータを開示するのに、75年必要とふざけた回答

読者の方からの情報です。
もはや、笑うしかない記事ですが、FDAもワクチンメーカーも裁判所も、Covidの情報は半永久的に公開したくない模様。世界中のワクチン推進政府も同じような方向なのでしょう。
[概要]
FDAがファイザーとバイオンテックのワクチンに緊急使用許可を与える前に、わずか108日間でデータを検討したことから、このデータを早く公開すべきだ」「FDAが(Covidの)データの要求にタイムリーに応じていない」として、「Public Health and Medical Professionals for Transparency(透明性を求める公衆衛生および医療専門家)」の代表がFDAに対して提訴したもの。それに対してFDAは「ファイザーのCOVID-19ワクチンのデータを完全に公開するには75年が必要」と発表。

裁判所は、情報公開法の目的は、政府の透明性であるとして、情報公開法の『記録を速やかに公開する』という要求を支持するために、FDAを含む政府機関に毎月1万ページ以上の作成を要求(?!)。そのため、公開に必要な情報と作業の手間がさらに増大。ファイザーは「記録は保管しているが、スタッフが10人しかいない、そのうち2人は新人なのでページの処理が遅い」「各ページの各行が適切に編集されているかどうか確認しなければならない、と申請書には書かれている」と裁判所の言う通りにしていると述べ、FDAもそれに応じ、「内容公開には75年の年月が必要だ」と発表。

要は、ワクチンメーカー・FDA・裁判所が結託して、ワクチン関連の情報公開をしない方針を発表したようなもの。いまだに、ワクチンが緊急使用許可される根拠となる情報も開示されておらず、そもそもイベルメクチンやヒドロキシクロロキンのような治療薬があればワクチンの緊急使用許可は下りない。全ての情報は手元に置き「治験」データとして使用し、公開したら大騒ぎになり、緊急使用許可も取り消されるので、サイコパス流の詐欺&屁理屈で、無期限に情報公開しないように画策しているだけ、ということのようです。
(Sho-Momo)
 本日1本目のseiryuu氏による「コロナワクチンの市への質問書[顛末記8]」は、ファイザー社ワクチンの「添付文書」と厚労省によるファイザー社ワクチン用の「説明書」を検証した非常に重要なものでした。添付文書とは「患者の安全のため、医薬品や医療機器を正しく適切に使用する際の基本となる重要な公的文書」とありました。
 そしてこのZeroHedgeの記事には、FDAが唯一ファイザー社のワクチンを承認したことは「高い安全性と有効性の基準を満たしていることを意味する」とあります。その根拠となるデータを出すのに「スタッフが足りないから75年かかる」と回答したFDAの真の理由は、Sho-Momoさんのご指摘に、そして[顛末記8]にあると言えます。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
FDA、「ファイザー社のCOVID-19ワクチンのデータを
完全に公開するには75年が必要」と発表
引用元)
Authored by Zachary Stieber via The Epoch Times,(The Epoch Times 経由の記事)

米食品医薬品局(FDA)は、ファイザー社とバイオンテック社のワクチンに関するデータを出すために、前回の要求から20年増えて75年の猶予を与えるよう裁判官に求めている

FDAとして知られる機関は、以前に提案した月に500ページのペースよりも早く作業ができると裁判所に語った。しかし、以前の申請時に言及したよりも59,000ページ以上多いとも述べた。
75年間もデータを隠してくれと頼むほど、「科学を信じろ」とは言えない。
(ファイザー)

ツイートはシャンティ・フーラが挿入


» 続きはこちらから

コロナワクチンの市への質問書【顛末記8】

弥次
@kihon_hima-jin
日本国民が実験動物の代わりに❗❗厚労省コロナワクチン3回目の混合接種💉を推奨👿 製薬会社は混合接種の臨床試験の実施は無しと明言😱
ω⏎♡

 私は未だにガラケーで、SNSなどは利用したこともないのですが、もし冒頭のような一文がSNSで大拡散されて、一夜にしてトレンドにでもなったら…。
連中の進めてきたワクチン詐欺、そして「獣(家畜)への刻印」であるワクチンパスポートも終了でしょう。
 そして、冒頭の厚労省が国民を実験動物の代わりにしている、というのは全くの事実です。製薬会社と厚労省が、それぞれその公文書である11月改定の「添付文書」と12月改定の厚労省「説明書」で明記している内容そのものなのです。秘密でもなんでもありません。
 国民は、自分たちが奴隷どころか動物・家畜として、「殺されるか」「調教管理か」選別の対象にされている事実に気づく必要があります。
(seiryuu)
————————————————————————
コロナワクチンの市への質問書【顛末記8】


📌 連中こそ追い詰められている


ワクチン詐欺とそれに伴うワクチンパスポート、そして憲法への「緊急事態条項」敷設、政府を中心にこの動きが加速しています。いよいよ選別家畜社会が目前となり、私たちは追い詰められています。


しかし反面、こういった人口削減の選別家畜社会建設に動いてきた支配層、この連中の支配体制そのものが、実は完全崩壊の寸前でもあるのです。私たち以上に連中らが追い詰められているのであり、だからこそ連中は焦り、無理筋であっても選別家畜社会を構築して、自分たちの支配体制を揺るぎなきものにしようと、持てる力をフル稼働させてきたわけです。

焦っている連中の隠されてきた姿は、一般大衆の前にも見え隠れするような状態にあり、彼らの姿が白日のもとに晒されてしまえば、彼らは刑務所以外にどこにも居場所がなくなります。

彼らの計画する選別家畜社会の構築か、それとも彼らの支配体制の崩壊か、これの帰趨の焦点になっているのがコロナワクチンなのです。そして、ワクチン3回目接種は、私たちにとっては大ピンチであると同時に最大のチャンスでもあります。

前回までに見てきたように、地上世界で、日本でのワクチン詐欺の本丸である製薬会社と政府、彼らの発行する公文書自体が彼らの致命傷を作った上に、それを晒してもいるからです。

晒されている致命傷に多くの大衆が気づき、そこを突くと彼らのポンコツのピラミッド構造の支配体制が瓦解していきます。この部分は非常に重要なところですから改めて丁寧に確認していきましょう。

ファイザーのコロナワクチンの添付文書を取り上げますが、先に“添付文書”の確認です。『Answers』では次のように説明されています。

添付文書とは、医薬品や医療機器に添付されている、使用上の注意や用法・用量、服用した際の効能、副作用などを記載した書面。医師をはじめとした医療従事者を含む、製品の使用者を対象に作成される。患者の安全のため、医薬品や医療機器を正しく適切に使用する際の基本となる重要な公的文書である。添付文書の作成と添付が義務付けられている製品は、医薬品と医療機器である。

薬剤の正確な情報を知る基本になるのが添付文書であり、この公文書の添付文書を取り上げることには大きなメリットがあります。

そのメリット、先ずは面倒くさくうっとうしい連中のネット工作員なども添付文書を取り上げるのに、その内容に対しては、さすがに自分たちの雇い主の文書であるため、攻撃や否定などできないことがあります。

更に重要なのはTPPです。野党議員がコロナワクチンのことを国会で取り上げ、質問しないのは、与党は無論ですが、野党の幹部にも製薬会社マネーが回っていることが考えられます。それとコロナワクチンはTPP案件であり、この件を取り上げるには、TPPのISD条項が関係してくるからでしょう。

ISD条項は簡単には、多国籍大企業が自分たちの悪徳商法の商売の邪魔をするような相手は、それが国であれ個人であれ誰でも訴えることができ、必ず訴えた側が勝利する条項です。これがあるため、国会議員でも怖くてコロナワクチンのことは取り上げられないのでしょう。

✅ 0:00〜:ISD条項によって、アメリカ企業がメキシコ政府から巨額の賠償金を勝ち取った様子
✅ 1:31〜:企業のためのISD条項〜世界銀行傘下の国際投資紛争解決センターで、投資家にとって実害があるかどうかで争われる密室裁判
✅ 2:32〜:日本政府がコロナワクチン接種を中止した場合、損害を受けたとして、ISD条項によって賠償金を求めて日本政府を訴えることができる製薬会社
✅ 3:40〜:ISD条項に守られ、各国政府に国家資産で損害を補填するよう求めることができるファイザー社のビジネス手法は、まさしくワクチン・テロ

しかし、添付文書への質問は別物です。質問した添付文書の内容が製薬会社の商売の邪魔になったところで、その添付文書を作成したのは製薬会社自体なのです。製薬会社が添付文書で質問されて訴えるのならば、自分自身を訴えなければいけない筈なのです。


» 続きはこちらから

独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第100楽章 ドイツは社会保障制度が充実している・ワクチン義務化になりませんように・・

 ベルリンは12月に入り非常に寒くなりました。学校の先生たちはもちろん簡単に騙されてワクチン接種済みですので、免疫が半分減少しているからなのか、お休みが多く、息子はすぐに帰宅するし、授業がない日も多いのです。日常品以外のお店では、2Gの紙が貼られて、入店できなくなりました。
 電車に乗るためにも、コロナテストをしなければいけなくなりましたので、初めてコロナテストをしました。電車に乗るためにもう3回したのですが、これも嫌なものでした。鼻の粘膜から何かが浸透していきそうな感じがしましたので、帰宅してティーツリーオイルを塗っておきました。(豪州時代からアボリジニの秘薬ティーツリーオイルをなんとなく信用しています。)たまにしか電車に乗らないのに、街へ出ると松葉杖を持つ足が悪い若者(骨折ではない)、お年寄りが歩行補助具を押している様子を見かけました。じわじわとワクチン接種の悪い影響が出てきているのでは?と感じています。
 先週、ドイツでも政治家の間でワクチン義務化の合意の報道が出ましたので、キター!と思い身体に緊張が走りましたが、まずは心の清らかなお方に速攻メール、回答に安心して、神への全托の境地に至りました。
(ユリシス)
————————————————————————

ワクチン義務化に向かいつつあるドイツ


私は全くと言っていいほど、サッカーに興味がないのですが、息子はドイツのサッカーファンです。先日の試合で、息子が好きなチームの監督がブチギレ、レッドカードをもらったというので、これは面白い!審判が相手チームのFCバイエルンに有利な判定をしたので、監督は怒り出して暴言、スタッフに子供のように抱えられて引っ込ませるシーンがありました。監督はたぶん、審判にこんなふうに言ったのでしょうね・・。

「FCバイエルンからお金もらっただろう?いくらもらったのか?」

サッカーも八百長あるのですね。サッカーもスポンサーありきですので、スポンサーが強いところがサッカーでも勝利するのですね。私はどうせこういうものだと思っているので、スポーツの勝負が好きでないのですが、息子は、強豪チームでないところが、いかにして勝つのかという戦略が好きなようです。

そういえば、ドイツの健康保険大臣もコロナが始まった頃に湖沿いの高級住宅地に豪邸を購入したのは、製薬会社からポン!とお振込みがあったということを意味しますよね・・。

豪邸購入をしたシュパーンさんこう言ってましたね。

「このパンデミックでは、強制的なワクチン接種は行われません!」

接種義務化の次は何?献血の義務化?臓器提供の義務化?

漫画の吹き出し:「ドアを開けてください!ワクチン接種は任意です!」
「拒否された場合のみ、強制的に自発的行動していただきます!」

» 続きはこちらから

コロナワクチンの市への質問書【顛末記7】

 「3回目接種の前に」文書を作成しました。コロナワクチンの3回目接種が始まりましたが、市の担当室と確認しており、その接種は任意です。また5〜11才児の接種もやがて始まりそうとのことです。
接種をどうするか判断するには、コロナワクチンの正確な情報が必要です。それには製薬会社自体が出している公文書「(薬品)添付文書」を読むのが一番です。
ただし、一般には配布されておらず細かい字で読みづらいので、「3回目接種の前に」にはファイザーの11月改定「添付文書」の重要な箇所を抜粋しています。参考にして下さい。疑問があれば区長までお尋ね下さい。

回覧板にこう記して、地区の全戸に本日(12月2日)前回A文書とした文書を配布しました。

 私の「質問書」は厚労省まで届かず、しかも、市は私に対し白旗を上げたはずなのに、その態度をそれまで通りとして変化させませんでした。情けなくも愚かな姿に映りますが、市は加害者サイドに立つことにしたようです。しかし、その詐欺実行連中は巨大ではあっても実に脆いのです。だいたい連中の知性は恐ろしく退化しています。幼児並みと言うべきか。
 厚労省など、公文書として配布をしている最新「説明書」で「人体実験実行中」を意味する文言を入れています。わざわざ自分で致命傷を作った上に、その致命傷を晒し配っているのです。
 そこを突くだけで、この巨大に膨らませたこのワクチン詐欺は破裂し、支配体制そのものも瓦解して行くでしょう。無数のヒビが走り、穴も空いた、かろうじて形を保っているガラス細工のようなものです。簡単に崩れます。国会の場で議員がそこを突くのでもいいでしょうし、そうでなくても、多くの国民が気づけば「終わり」です。私たち一人ひとりが気づき、情報を伝播していけばいいだけのことです。
(seiryuu)
————————————————————————
コロナワクチンの市への質問書【顛末記7】


📌 約束を反故に


11月18日の市担当との会談からの一週間後、市のHPがようやく更新されました。11月25日「追加接種(3回目)について」の欄が出されたのです。

この欄、表が主体ですが、
国が示す方針に従って新型コロナウイルスワクチンの追加接種(3回目)を実施することとし、接種を希望する市民が円滑に接種を受けられるよう準備を進めている。
との趣旨が記載されました。


11月18日の当日、午前9時に私は担当部所(ワクチン対策室に「市への提案書」をメールし、以下の3点を依頼・提案した上で、午後3時からの面談に臨んでいました。

  • 市のHPに「ワクチン接種は任意です。ワクチンクーポン券に同封している厚労省の「説明書」をよく読んでいただきご判断下さい。」こういった文言の記載。
  • ②「質問書」を厚労省に送付し回答をいただきたいと問い合わせを行い、その記録を残すこと。
  • ③私とのメールのやり取りで、市担当が返信いただいた文面をそのまま転載させていただくことの許可。

地区の区長会長が同席する会談の場で、市のワクチン対策室の室長は②③は要望に応えられないが、①については「そのようにします」と回答したのです。など当たり前のことです。そもそも市民から要望される以前に、市が記載しておかなくてはいけなかったのがです。

そして、HP更新の趣旨文面にを加えることは、何らの違和感もなく自然なものです。例えば次のようにです。
「新型コロナウイルスワクチンの追加接種(3回目)を実施します。対象者のうち、接種を希望するすべての市民が円滑に接種を受けられるよう準備を進めています。これは国が示す方針に従うものですが、ワクチン接種は任意です。ワクチンクーポン券に同封する厚労省の『説明書』等をよく読んでいただき希望されるかどうかを判断下さい。

しかしそうしなかった…。

現に12月1日のHP更新でも①は入れていません。室長は上司の命令で私たちとの約束を反故にしたのかも知れませんが、いずれにしても市は、約束を守る気もない“確信犯”だったらしきことがどうやら明らかのようです。

何の確信犯か?

わざと意図してワクチン接種は任意であること
そして、ちゃんと読めばワクチン接種に危惧を抱かせる厚労省の「説明書」に注意がいかないように隠したこと
、です。

顛末記3で示したように、市が「レイプ的集団」との私の見立ては、やはり間違っていなかったようでもあります。


他面、市は冒頭に「国が示す方針に従い…」と記載しています。市が私の提案した中で唯一採用したのは、「ワクチン接種はあくまでも国の方針と指示と記すべき」の部分だけ、つまり、いざという時の「保身」だけには走ったのが見て取れもします。保身の跡形は他にもありますが…。

いずれにしても、これが私に突きつけられた現実でした。もはや私が市に働きかけるには、相手の態度がこうである以上は「どうしようもない」ということです。市に対しての私の働きかけは「功を奏しなかった」と言えるでしょう。しかしこれは逆に言えば、市はせっかくのそのチャンスを逸したとも言えるかもしれません。


» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 33