2013年11月2日 の記事

天界の改革35 
回避された第三次大戦

竹下雅敏氏からの情報です。
2012年の段階では、その主な努力の焦点は第三次大戦を防ぐことでした。これは神々の力だけではどうにもならないことで、人霊や地球上に転生に入っている人々の努力が不可欠です。今回はその辺りのことです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
天界の改革35

2012年9月21日のヴィジョンと竹下氏の解説 
http://blogs.yahoo.co.jp/kwkm88/31364493.html
青字は竹下氏の解説

①9月21日の午前2時を過ぎていたと思います(3時くらいかも)。
複数の人が目の前にいて、私をじっと見ていることに気がつきました。
その人たちに意識を合わせるために、目を閉じてみると、10m位離れた場所に、数人の男性が横一列に並び立って、私を見ているのが見えました。


『この絵の3名ですが、中央の男性はイスラム教シーア派第4代イマームのアリー・イブン・フサイン・ザイヌルアービディーンです。預言者ムハンマドの曾孫にあたります。向かって左側の髪の短い男性は、ユダヤ教の医者、政治家、哲学者であるハスダイ・イブン・シャープルートです。向かって右側の男性はキリスト教第4代ローマ教皇のクレメンス一世です。』


③私には彼らが、イスラム教、キリスト教、ユダヤ教、その他の宗教に関わる人たちだということがわかりました。そして、地球の改革の為に力を尽くしたいので、自分たちも手伝わせて欲しいと訴えに来たことがわかりました。

 現在の地球上の紛争は、為政者たちが地球上の混乱をもたらすために、宗教的な信条に働きかけて対立を煽っていると思います。本来指導者たちが文化的あるいは思想的な違いを乗り越えて、お互いを尊重するように呼びかければ、宗教的対立などは起こらないものなのです。明らかに一部の宗教関係者たちが権力に取り込まれて、宗教が政治的な道具として用いられています。

④いつの間にか、天之御影命様が私の2メートル程左に立っていらっしゃることに気がつき、夫を見て驚いたのですが、目の前にいる人たちとはまるで違ってみえました。

目の前の人たちは、人間のように普通に見えているのですが、天之御影命様は、体から透明の緑色の光を放出されていて、その肉体も光でできているように(透けてはいませんが)透明感があり、雰囲気も輝きもエネルギーも全く彼らとは違っていました。
(ああ、これが神と人間の違いなのか)と、まるでその違い(どう見えるか)を教えてもらっているようでした。


天之御影命様と彼らの会話を聞いて、彼らが地球の人々を宗教の楔から解き放つためにやってきたのだとわかりました。彼らには自分たちにその責任があると自覚しているようでした。

天之御影命様は、彼らに感謝の言葉を丁寧に述べられて、草原に入るように言われました。
人々は、天之御影命様と私の間を通って、草原に入って来ました。ものすごい数の人だったと思います。彼らは草原を、先へ先へと進んで行き、やがて見えなくなりました。私と御影様は並んで、彼らの後ろ姿を最後まで見送りました。

» 続きはこちらから

[The Voice of Russia]ベネズエラ ウーゴ・チャベス氏の心霊写真(ビデオ)

竹下雅敏氏からの情報(2点)です。
マドゥーロ大統領は信心深い人なので、チャベス氏の霊体を本当に見ているのかも知れません。
ビデオの4分のところに出てくる人物の顔はチャベス氏ではありませんが、彼が表したものです。
要するにマドゥーロ大統領の指導霊はチャベスなのです。
2本目の記事は"続きを読む"以降ですが、今は亡きハイアラーキーの覚者によると、「確かに自民党幹事長、石破茂の生霊であることを確認した。」とのことです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————1点目————————————
ベネズエラ ウーゴ・チャベス氏の心霊写真(ビデオ)
転載元より抜粋)
Photo: EPA

地下鉄トンネルの起工式に参加したベネズエラのニコラス・マドゥーロ大統領は、前任者であるウーゴ・チャベス氏を見たという。「そのことを話すときには鳥肌がたつ。」とマドゥーロ大統領自身が語っている。

国営放送のひとつに出演したマドゥーロ大統領は、カラカスの地下鉄起工式で撮影した写真を見せ、そこにチャベス氏の目、口、鼻が明確に見えると話した。

マドゥーロ大統領がチャベス氏を見るのはこれが初めてではなく、様々な形で見ることがある。何度かは鳥の格好でやってきたという。

マドゥーロ大統領はかつて、チャベス氏のお墓でたびたび寝泊りしていると認めたことがあった。現在、棺はカラカスの革命博物館内に安置されており、大統領はそこでたびたび泊まるのだという。

インターファックス


» 続きはこちらから

[嗚呼、悲しいではないか!]フードスタンプカットによる暴動の恐れ

竹下雅敏氏からの情報です。
政府の建物を守る警備員の支出を増大させて、フードスタンプの給付をカットするわけですから、オバマは暴動を誘発させて、それを口実に戒厳令を敷くつもりのようです。
私が予測していた通り10月末に、イスラエル・サウジアラビアを含むほぼすべての国がナサニエル陣営に入りました。現在ナサニエル陣営でないのは、永世中立国のスイスとアメリカの2国のみです。スイスは57ヶ国会議をジェイコブ・ロスチャイルドと共に主催した国なので、要するにアメリカのみが完全に孤立した状態に追い込まれているのです。
イスラエルのネタニヤフは追い詰められて、最後に悪足掻きのシリア空爆という暴挙に出たようですが、プーチンもアサドも計算済みで反応せず、最後の望みも断たれたようです。
ネタニヤフはフルフォード氏も言っているように命運がつきたようです。
わかりやすく言うと、暗殺される可能性がきわめて高くなったと言うことです。サウジの王族は暗殺を恐れて降参したようですが、今後革命の嵐を生き残れる可能性はきわめて低いでしょう。
そういう中で、オバマはパニックになっておりこの記事のような最後の抵抗をしていると考えられますが、オバマは戒厳令で政権に反対する者をFEMAにぶち込んで、独裁者になるどころか、思惑に反してオバマ政権の中枢の者たちとウィッカなどの何十万人の悪魔崇拝者たちが、逆にFEMAにぶち込まれる事になるでしょう。
オバマの死刑はほぼ確実です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フードスタンプカットによる暴動の恐れ
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[The Voice of Russia]メディア報道:CIA シリア武装組織を訓練

竹下雅敏氏からの情報です。
シリア反政府勢力だけではなく、CIAは世界中の国に訓練したテロリストを送り込んできました。本当に"世界中の誰でも知っていること"です。
自分で事実関係を少し調べた人には。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
メディア報道:CIA シリア武装組織を訓練
転載元)
Photo: EPA

CIAは総勢1000人近くのシリア武装グループを訓練したという。

「ロスアンジェルスタイムズ」紙がテネシー州選出のボブ・コーカー上院議員の話として報じた。

それによれば、シリア反政府勢力に関してCIAは毎月50人から100人ほどを訓練しているという。コーカー上院議員はCIAの訓練プログラムを批判しており、「遅すぎる」のだという。

CIAのシリア反政府勢力訓練プログラムは昨年から行われているが、穏健派グループは未だに少数であり、結局はイスラム主義勢力や政府軍に押され気味になっている。

また上院議員はこのプログラムが秘密とされていることについて、「世界中の誰でも知っていること」と皮肉った。

[richardkoshimizu’s blogほか]天安門の車両突入はイスラムテロだった?「東トルキスタン・イスラム運動」? 

竹下雅敏氏からの情報です。
天安門の車両突入事件が、米CIAの工作と見るのが背後の関係から自然だと思います。
ただ、私の直観では、このテロは事前にプーチンも習近平も知っていたように思うのです。この事件をテコに非合法組織を殲滅するつもりなのでしょう。
2本目の記事は中国政府が今回のテロ事件がアメリカの仕業であると見ていることを示します。アメリカに対して、"今回の件は誰が犯人かはわかっている。中国に手をだすな。いらぬことをするとアメリカに核を撃ち込むぞ"という脅しです。
米軍が中国軍と協調して動いている現在では、オバマはこの脅しになす術がありません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
天安門の車両突入はイスラムテロだった?「東トルキスタン・イスラム運動」?
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————————————————
中国の脅し。。。アメリカ西海岸を核攻撃する、と。
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2013/11/chinese-govt-publishes-us-nuke-plans-2449346.html
(概要)
11月1日付け:
ワシントンタイムズ紙によれば、中国政府はアメリカに対する核攻撃の計画を公表したとのことです。現在、中国の軍艦がすでにハワイ沖に停泊していますが、中国はアメリカに核戦争を仕掛けようととしているのでしょうか。中国が核攻撃しようとしている地域は、シアトル、ロサンゼルス、サンフランシスコ、サンディエゴなどの西海岸であるととグローバル・タイムズ紙は報道しています。中国は、オバマに、アメリカに対する核攻撃の可能性を警告しています。


中国国営通信社(複数)は、今週始めに、「中国政府は太平洋におけるアメリカの核抑止力に対抗するために中国の原子力潜水艦を使ってアメリカ西海岸を攻撃する可能性もある。」と報じました。

また、もし中国が西海岸の大都市を核弾頭で攻撃したなら、西海岸は破壊され、致死量の放射線物質がシカゴまで拡散されるとも書いています。中国の原子力潜水艦は世界第2位の大きさであり、搭載する約70隻の船のうち、約10隻は原子力船であり、少なくとも4隻は核弾頭を発射することができると説明してます。

[山本太郎氏]モンスターボランティア議員 in 伊豆大島!? 〜悪質なデマ〜

プレーマ様(読者の方)からの情報です。

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
モンスターボランティア議員 in 伊豆大島!?
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[みんな楽しくHappyがいい♪、ほか]山本太郎さん、国民を代表して天皇陛下にお手紙を渡して下さってありがとうございます。

タナピー様(読者の方)からの情報です。

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
山本太郎さん、国民を代表して天皇陛下にお手紙を渡して下さってありがとうございます。(みんな楽しくHappyがいい♪)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

————————————関連情報————————————
【広瀬隆さんより】山本太郎の胸中・・・
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。