まみむのメモ(7)〈参拝〉


 このところ雨が降り続いていて、昨夜久しぶりに星空と上限の月を眺めました。雨で洗い清められた空気のせいか、澄んだ夜空の存在の方々が、喜んでおられるように感じました。
 黒ずんだ汚れが、この長雨で洗われたように、地球の浄化が進んでいるのでしょうね・・・。
(まみむ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
まみむのメモ(7)〈参拝〉
no-img2
みぃ

地球の清めをしてくださる神々様が、とても大変だろうと思うよ。感謝と平安を祈らずにはいられないね。


上弦の月


no-img2
まぁ

自然の生き物は、雨も風も木も草も虫や魚や鳥や動物たちも、みんな地球の浄化に役立つ働きをしているんだと思うよ。


no-img2
むぅ

道路脇にすぐに生えてくる草も、自然からすると必要な存在なのですよね。山を削り、地面を密閉して地球の生理や摂理を無視して作られたアスファルトの道路、コンクリートブロック、コンクリートの人工物。懸命に生えてくる草は地球を癒そうとしているのかもしれません。


サルトリイバラ未熟実


no-img2
まぁ

以前、知り合いの女性から、彼女の母親が「地球が息ができなくて苦しんでる。苦しい」と話すというのをきいたことがあるよ。そのお母さんはシーツ1枚もって、どこでも寝てしまうとも話されていて、世間に馴染まず素で生きて、感受性豊かにいつまでも子供のように愛すべき人という印象を彼女の話ぶりから感じていたよ。


no-img2
みぃ

教育プログラムを見直していて、私たちの行動範囲内に至高4柱の女神様の神社があるのがわかって、今日早速ガヤトリー女神様のお宮にお参りしてきたんだよね。


宮の杜と御神体の山



no-img2
むぅ

いつもお世話になっている母なる神様の御神体の山や神社がこんなに近くにあったなんて、気がつきませんでした。


御神体


no-img2
まぁ

とても気持ちのいい場所だったね。


no-img2
みぃ

あの辺り一帯が御神体になられるみたいだよ。
ガヤトリー女神様ツキミチテヒカルミヤヒメミコ様、いつも浄化の祈りをお聞きくださって、助けてくださいまして、本当にありがとうございます。



no-img2
まぁ

ガヤトリー女神様ツキミチテヒカルミヤヒメミコ様、いつもみんなの邪気を取り除いて下さり、楽にしてくださって、その御力に驚くとともに感謝の念を深く感じています。ありがとうございます。ありがとうございます。


朝霧・御神体

朝霧 クモのレース


no-img2
むぅ

ガヤトリー女神様ツキミチテヒカルミヤヒメミコ様、神社にお参りすると思った時に、思わず涙がこみあげました。いつもいつも大変なご苦労をおかけして、申し訳なく思っています。お陰で毎日を無事に過ごすことができます。本当にありがとうございます。


no-img2
みぃ

私たちの所の氏神様も八幡様だけど、ガヤトリー女神様の元で御働きくださっているみたいだよ。


八幡宮


no-img2
まぁ

最初にお参りした日は雨の後の曇り空だったから、次の日の朝、朝霧が次第に晴れていくあの辺りを散策してきたんだ。


霧が次第に晴れゆく御神体の山


no-img2
むぅ

初秋の自然が感じられ、とてもゆったりとさせていただきました。


no-img2
みぃ

道路にドングリや栗の実も落ちていたね。


コナラのどんぐり


no-img2
まぁ

狐が道の向こうでコッチを見てた。しばらくすると、地域の人たちが草刈りを始めて、草刈り機の音が響き始めた。


道路に狐


no-img2
むぅ

秋祭りのシーズンが近づいていますね。稲刈りが始まっています。


no-img2
みぃ

ここの八幡様のお祭りはいつなんだろうね。境内に神楽舞台があったね。田舎のお祭りは夜遅くまで神楽を舞って奉納するよ。


境内の栂の木と種

境内の大杉


no-img2
まぁ

神楽といえば、今年の春頃だったか、地域の公民館でバザーや神楽上演があって出かけた時のこと、その神楽が意表をついていて、テレビの子供ヒーロー番組の何とかレンジャーに出てくる悪役下っ端が登場したり、悪役退治の主役が「あー疲れた!」とかひょうきんなセリフで観客を笑わせて、面白かったんだ。


御神体の辺りの栗の木


no-img2
みぃ

ところが、帰ってからまぁの顔つきが変わって、目尻が下がってヘンテコな感じになっていた。


no-img2
まぁ

顔つきが変わったのは気がつかなかったけど、(のっとり成功)って心に聞こえてくるから、一生懸命(のっとり不成功)に言い換えて、すぐに除霊の祈りをしたんだ。


no-img2
むぅ

危うく何かに乗っとられるところだったのですね。


no-img2
まぁ

多分その日は、除霊の祈りをしていなかったんだ。危ういところで神様に助けていただいた。


宮の杜


no-img2
みぃ

田舎では地域ごとに神楽団があって、神楽大会なども盛んで、とくに大蛇が出てくるヤマタノオロチ退治が人気みたいだね。私はどうもあの大蛇が苦手でね、昔の素朴な神楽が好きだね。特に笛の音色が好きだよ。


no-img2
むぅ

神楽には新舞いと旧舞いとがあるようです。衣装もたいへんみごとな刺繍がしてあり華やかで、舞いや語りもよく拍手が起こっています。


ススキ


no-img2
まぁ

神楽はもともと神様に奉納するための舞いだよね。 https://ja.wikipedia.org/wiki/神楽
神楽が盛んなのは、このテレビ漬けのご時世に、とてもいいことだと思うけど、この頃は結構悪役が派手で人目を引く感じだ。


no-img2
みぃ

神社も選んでお参りしないといけないし、神楽も選んで観たほうがいいね。


no-img2
まぁ

先日久しぶりに会った苦手な親戚のおばさんがいて、介護施設に入って大変そうだったから、つい差し出された手を握ったら、エネルギーをぐんぐん吸い取られる感覚がして、慌てて手を離したことがあった。


no-img2
むぅ

色々なことがあるものですね。


境内のヒノキ・スギのひこばえ


no-img2
みぃ

その人は見た目はわからないけど、めったにいないくらいたちの悪い人らしいよ。


no-img2
まぁ

近所の人や家族にも相手にはされていない感じだった。かといって粗末にはされていなかったけどね。その夫の叔父さんが亡くなってしまったけど、叔父さんは大変だったのかもしれない。


no-img2
みぃ

そのおじさんは、そのおばさんから子供たちを守って、今も霊界に帰らないで子供達と一緒におられるようだよ。


ノコンギク


no-img2
まぁ

生前から子供たちをおばさんから守ってこられたようで、子供達がおじさんを慕っていた。


no-img2
むぅ

7月28日の時事ブログの竹下先生のお話で「コブラのRMグループと、彼らに関係する宇宙人のグループに最終処分が下った」ということでしたが、その次の日から異常な暑さが少し和らいで風が吹き始めましたね。


ガマズミ

ガマズミ


no-img2
まぁ

実際に体がなんだか楽になったんだ。どんな影響を受けていたのかわからないけど、なんらかの関係があると思われるよ。
とにかく神様にどんなにかお世話になっていることかと思うよ。
「常日頃 油断大敵 ヤマ・ニヤマ 反省感謝 祈り忘れず」


no-img2
みぃ

「雨降れば 清めの雨に恵みの水をありがとう」


お宮の周りの風景



挿絵:あい∞ん、写真:まみむ

Writer

まみむ

まぁは、普通のことを普通に話しているだけなのですが、普通かどうかは基準が人それぞれですね。この頃、特に関心があるのは、これからの地球の自然と人間の関わり方。
みぃは、時々神様のお話や植物たちのお話をしてくれます。とにかくこれから良くなっていくことを信じて、ガヤトリー・マントラを日々唱えています。
むぅは、以前から知っていたのですが、最近やっと会いました。あまりおしゃべりではないけど、とってもピュアな感じ。神の存在に対する認識がこの頃できてきて、自分の良心にしたがって生きることの大切さを感じています。



Comments are closed.