メキシコ便り(31):面白い展開になってきたメキシコ🌟

 今回も話題が尽きないメキシコ!2月13日(水)麻薬王エル・チャポのニューヨークでの有罪判決が下された後、ロペス・オブラドール大統領は、エル・チャポ出身地に即行💨そして人々を励まし、気持ちを持ち上げ、そして、このタイミングで100年以上続いているマリア・マドレ島の刑務所閉鎖の発表し、大統領の博愛主義を国民に、世界にアピール!まるでエル・チャポを容赦するメッセージを意図的に伝えているような。。。そんな気がしたpopoちゃんでした。そして、麻薬王エル・チャポの母が手紙で大統領へ懇願!大統領は、愛と慈悲で対応。そのせいか、その後、エル・チャポのメキシコ人弁護士が、元大手メディアの人気ニュースキャスター、アリステーギさんのネット番組の電話インタビューで爆弾発言💣‼️しかも爆弾2つ💣💣Boom, Boom!1年前くらいのメキシコ便り(6)にも書きましたが、そう、真の極悪犯罪者はエル・チャポじゃない!きゃぁ〜!!!と叫びたくなるとともに、これは面白い展開になってきたっ!とニヤニヤしてるpopoちゃんです。この3ヶ月でロペス・オブラドール大統領から学んだこと。。。相手を常に尊重、心の中に一切の抵抗感なし、すべてを完全に受け入れる、そして常に愛、慈悲、誠実さで対応。そうすると、勝手に物事が動いてくれる。。。不思議なくらい。。。毎日16時間働いて、毎朝、清々しいお顔で朝のプレス・コンファレンスに登場するのは、きっとこういう生き方をしているからに違いない。。。😊
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
メキシコ便り(31):面白い展開になってきたメキシコ🌟

流刑島が道徳の学び場へ!


1905年より流刑島となったマリア・マドレ島
(ちなみにMaria Madreを訳すと聖母マリア)

先日、2月18日、ロペス・オブラドール大統領は、朝のプレス・コンファレンスの冒頭で、マリア・マドレ島にあるメキシコ連邦刑務所の閉鎖を発表!そして、その場で正式署名。まだメキシコにはこんなものがあったなんでpopoちゃんびっくり!😱



この島は、メキシコの中部、ナヤリット州から約100kmはなれた太平洋に位置。(地図下↓)面積約245㎢、約1000人ほどの人口。

Author:Wikimedia_Commons[Public Domain]


イスラス・マリアス(マリア諸島)は4つの島(マリア・マドレ島、マリア・マグダレナ島、マリア・クレオファス島、サン・フアニート島)からなり、そのうち刑務所のあるマリア・マドレ島以外は無人島。2010年ユネスコにより生物圏保護区とされている。


(上のツイート動画)メキシコ政府によるマリア・マドレ島の歴史

[上の政府によるマリア・マドレ島の歴史のツイート動画のざっくり訳]

1905年 ポルフィリオ・ディアス大統領が刑務所建設
1920年 アルバロ・オブレゴン大統領は反政府の民衆を投獄
1940〜50年代 囚人の家族も一緒に島に住み始める
1950年 凶悪の受刑者を投獄し始め、より冷酷で非人間的な刑務所と化す
1970年 エンチェビラ大統領は、島、訪問後、社会復帰センターに刷新するよう命令
2010年 島は再び複合刑務所に。。。
2011年 島はCEFERESOS(メキシコの刑務所組織)に入り、8,000人以上の囚人を投獄
2019年 AMLO大統領は、子供達が文化的な環境の中で道徳を学べる教育センターへの刷新に署名。そしてこのセンターはホセ・レブエルタ氏(反政府者として2度投獄された元囚人)に敬意を示し「水の壁」(レブエルタ氏の投獄生活をもとに書いた著書)と名付けられる。

今後、現在600名の囚人のうち200名は釈放され、残り400名は本土の刑務所に移動予定。


大統領は刑務所を閉鎖し、非人道的な社会に終止符。メキシコの将来「子供たち」を守っていくとともに、ここに潜んでいるたくさんの「自然からの宝」をも守っていく意向。近い将来、メキシコでは、ヤマ・ニヤマを大切にする人々、慈悲溢れる人々が、美しい自然の中で、様々な動植物たちと仲良く平和に過ごす日々が来そうな予感♪

「この島は、今までに魚の捕獲が全く行われたことがない唯一の島で、サンゴ礁も大変良い状態。めずらしい動植物の特性があり、保護されるべきだ。」とオクタビオ・アブルト博士は言う。 https://www.tangible-eluniversal.com.mx/el-tesoro-escondido-de-las-islas-maria

30秒あたりからアブルト博士が撮ったマリア・マドレ島の海底写真が見れます♪

「メキシコは刑務所よりも、学校のほうが必要だ!」。。。刑務所閉鎖発表は、ロペス・オブラドール大統領らしい、大胆かつ慈悲深い決断!しかもこの刑務所閉鎖発表は、麻薬王エル・チャポ有罪判決が下された直後の絶妙なタイミングでもありました!


大統領、エル・チャポ有罪判決後、エル・チャポ出身地の人々を励ます!


2月13日(水)ニューヨークで麻薬王エル・チャポ(これはあだ名。本名フアキン・グスマン)は、10の犯罪すべて有罪判決が下されました。


2月15日(金)大統領は、エル・チャポ出身地シナロア州バディラグアトに出向き、人々のために政府のやっていることを一つ一つ報告し、明るい未来を抱かせ、いつものように人々の気分を持ち上げるスピーチをしました。そして、そのスピーチの最後に「アメリカで有罪判決を下された人のせいで(エル・チャポと名前を出さないところに大統領の品を感じるpopoちゃん😌)、バディラグアトに汚名を着させるな!バディラグアトの人々は働き者で、良い人たちだ!」とバディラグアトの人々を振るい立てました。エル・チャポの有罪判決ニュースで、おそらく街じゅうがどんより沈んでいて、まさに今、人々が聞きたかった言葉、必要としていた言葉を発した大統領!ここまで人々の気持ちを計らって、即、行動がとれる大統領。。。やはり、すばらしい✨👏✨

大統領、バディラグアトにてスピーチ

そして、その後、2月17日(日)マリア・マドレ島の連邦刑務所を訪問。翌朝月曜日、大統領プレス・コンファレンスでマリア・マドレ島の連邦刑務所の閉鎖を発表!素早く行動し、国民へ、世界へ、大統領の人道的主義の意向をばっちり見せつけるタイミングを逃さない。そしてまだまだある!

2月17日、マリア・マドレ島を訪問中のロペス・オブラドール大統領


大統領、エル・チャポ母に慈悲


大統領は、エル・チャポ出身地、シナロア州バディラグアトを訪問中、エル・チャポのメキシコ人弁護士経由で、エル・チャポのお母さまからの手紙を受け取ったらしい。。。そしてその内容は、エル・チャポの母、エル・チャポの姉妹2人は、エル・チャポのメキシコ送還を願っていて、そのためニューヨークに行く人道的ビザ取得*を、大統領から米国政府にお願いしてくれという内容だったとか。。。お母さまは、息子エル・チャポに5年ほど会っていないとか。。。

そして、なんと大統領はそれを承認!!!きゃぁ〜!!!かっこよすぎる〜!!!さあ、アメリカはどう出る?エル・チャポのメキシコ送還は厳しいかなと思いますが、エル・チャポに会うためのビザは出そうな気がするpopoちゃんです。トランプ大統領とロペス・オブラドール大統領の関係は良さそうだし。。。お母さまがご高齢ということもあるし。。。
*(メキシコ人はアメリカに入国する際、日本人のように90日ビザ免除などの制度はなく、アメリカへ行く時には必ずビザが必要らしい。)

エル・チャポのお母さまと大統領に渡した手紙

大統領はきっと知っている。。。真の極悪犯罪者らを。。。以前のメキシコ便り(6)で取り上げた捜査ジャーナリスト、麻薬犯罪組織と政府の癒着の暴露本を書いた、アナベル・エルナンデスさんも言っていたように、エル・チャポ自身は貧困層出身で字もまともに読めない人だと。。。エル・チャポをコントロールしていた人たち、それが真の極悪犯罪者だと。。。

2月25日のナチョさんの動画によると、2月22日、エル・チャポのメキシコ人弁護士さんの一人、ホセ・ルイス・ゴンザレス・メサ氏が、メキシコの元大手メディア・ニュースキャスター、アリテーギさんのネット番組の電話インタビューで2つの爆弾発言をしたらしい!!!

(左から順に)ロペス・オブラドール大統領、エル・チャポ、ペニャニエト元大統領

(爆弾💣1)エル・チャポは180億ドル(約2兆円)を元大統領ペニャニエト(2012−2018)の大統領選挙キャンペーンの資金として渡した。
ナチョさんによると、これはペニャニエト一人の問題ではなく、ペニャニエトが所属しているPRI党の存続危機だと。。。かなりの法律違反。

(爆弾💣2)ペニャニエト元大統領はエル・チャポにロペス・オブラドール大統領の暗殺を命じたが、エル・チャポはその命令に背いた。

きゃぁー!!!😱😱😱 これ本当だったら、すごくやばい〜!!!

ロペス・オブラドール大統領は、過去の大統領たちの投獄にあまり興味をもっていないのですが、不思議なことに、なぜか勝手にどんどん出てくる出てくる。。。大統領はいつも自分は容赦の立場を好むが、国民が望むのであれば、過去の大統領の投獄ありと言っているので、もしかしたら、ほんとにそうなっちゃうかも!!!なんだかメキシコ、面白い展開になってきた🌟


メキシコのサンショウウオらしい。。。
ぺりどっとさんによると、これは「ウーパールーパー」だとか!
ウーパールーパーのほうがお顔にお似合い♪
かわいすぎるぅ〜。。。😍
ツイートには、サンショウウオがかわいいあくびをしていると書いてますが、
popoちゃんは勝手に自分で「わ〜い!」と言いながら何度も再生しちゃいまいましたぁ〜♪
メキシコのサンショウウオちゃんもこれからの展開が楽しみみたい😊

¡Viva Mexico!
(メキシコ万歳!)

(popoちゃん)


Writer

popoちゃん

日本大好き♡大福、抹茶大好き♡なメキシコ人夫、寝てばかりの愛犬2匹との〜んびりメキシコ在住満喫中♪ 16歳のとき初めてオーストラリアに住み、大学卒後、メキシコ人夫とアメリカ、メキシコ、東京を遊牧民のようにあちこち移り住み、現在、メキシコで落ち着いている?!という自由奔放に生きてるpopoちゃんです。メキシコ在住歴は計6年ほど。

肌で感じるメキシコの社会事情と魅力をお伝えできたらなと思っています。
Viva Mexico!
体癖5・9、エニアグラム1、ピッタ・カファ


Comments are closed.