ユダヤ問題のポイント ― 特別編(黄金の流出から)1 ― ロスチャイルドとの関係 ―

 2019/12/26の竹下さんの記事の二つの連動する次の内容、

①大室寅之祐の家系(李家、張家)は「山家」で、その初代は「教旨によるヨーロッパでの歴史的転換の支援をする」ためオランダの東インド会社の船で渡欧。
②日本のサンカの大元さんが日本のゴールドを海外に流出させて、それが「アメリカ独立、フランス革命、ナポレオン戦争、そして、永世中立国スイスの誕生」に繋がった。

これがやはり引っかかり気になります。
 このユダヤ問題のポイントでは必然的にロスチャイルド家を多く追ってきました。そして①②の連動する内容はどうしてもロスチャイルド家と接触してくる内容だからです。
 しかしながらサンカの大元つまり八咫烏、八咫烏とロスチャイルド家、この両者を直接的に繋ぎ結び付けられるような情報を私はつかめていません。しかし大室寅之祐の家系も入れた三者を繋ぐキーとなるものがあります。「霊能」です。
 大室寅之祐の血流に繋がるAnnさんこと伴野優子さんもそうですが、大室寅之祐の家系は高い霊能力を有する家系のようです。
 一方、八咫烏はカバラ熟達者の霊能集団です。そしてロスチャイルド家もオカルトと霊能を非常に重視しており、黒魔術を駆使する家系ともいえます。
 八咫烏のトップの意向に沿ったものでしょう、日本から欧州へと大室寅之祐の初代は渡欧。その後ロスチャイルドたちによって世界革命が展開していきます。
 これらのことは250年ほど前のことになり、明治編の枠に納まらないので、今回からしばらく特別編としてこのあたりの事柄を見ていきます。
(seiryuu)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ問題のポイント ― 特別編(黄金の流出から)1 ― ロスチャイルドとの関係 ―


旅路のテーマは? 〜黄金流出から見えるもの


いやー、喜多さん、随分久しいね。達者だったかい?

へい、ご隠居もお元気そうで。それにしてもほんとにご無沙汰でやした。
確かハルマゲドン(救世主降臨)計画編以来で、あれからもう2年近くが経ちやすね。

そうだったね。あたしもあのお仕事で、もうお役目ごめんの完全引退の楽隠居かと考えていたんだが、再びあたしたちにもどうも出番がまわってきたようだ。

で、ご隠居、今回はどのような旅路になりそうで?

タイトルにあるように日本からの黄金の流失と、それにまつわる事柄を見ていくことになりそうだ。日本から意図的に黄金を流出させた者がいる。それが世界に大きな影響を及ぼしたようなんだね。

ふーむ、日本からの黄金の流出…、たしか江戸末期に多量の黄金が日本から海外に流出したとは耳にしたことがありやす。それが結果としては江戸幕府の崩壊になったとも。
ふーむ、しかしそういった黄金とは外国勢力に単にうまく巻き上げられただけ、ということでなく、日本側が意図的に流出させたと?


ほう、お前さん、金の流出が倒幕のトドメになったのを知っていなさったんだね。
そう、意図的な大量の金の流出が明治維新を導いた。強烈なインフレが巻き起こり民の生活は困窮し、民衆の怒りと不平不満が江戸幕府を打ち砕いた。ただし金流出は、江戸時代において幕末期だけでも無かったようなんだね。

へ?日本から外国への意図的な金流出が幾度も?
鎖国していた江戸時代に? 随分とだいそれた事を。バレたらただじゃすみっこない。獄門打ち首さらし首だ。いつ?誰が?そんなことを?

そう、いつ?誰が?そんなだいそれた事を、何の目的で?やったのか、これを探るのが今回の旅路の一つのテーマになる。
と言いたいところだが、実はこれらは既に本編の25話などで大雑把には明かされてある。

あ、ほんとでやすね。金流出の犯人は「サンカの大元さん」で、それは上田サンカなど八咫烏のトップとなっている。
え? その金流出が「アメリカ独立、フランス革命、ナポレオン戦争、そして、永世中立国スイスの誕生」に繋がっていた? ありゃ、それにこれらが全てハルマゲドン計画の一環?
ええっ?意図的な金流出がハルマゲドン計画のため? え?、…そうとなりゃ、日本国内でサンカか八咫烏?かよくわかりやせんが、その連中がハルマゲドン計画を推進していたことになる?


そういうことだ。日本から流出させた黄金が、アメリカ独立やフランス革命といった世界革命に繋がってもいる。
ここに今回の旅路大きなテーマが隠されている。

金流出と世界革命? ヴァイシャ革命とも呼んでやしたね。ハルマゲドン計画に絡むのは分かりやすが…

ヴァイシャ革命:ヴァイシャ(商人)による「王政(クシャトリア)」と、主に「カソリック教会(ヴィプラ)」への破壊攻撃

あたしたちは前の旅路で、ハルマゲドン(救世主降臨)計画が、地上世界においての具体的な動きとなっていたのが広義の真のシオニズム運動と、こうなっていたのを見てきたね?

へい、広義の真のシオニズム運動、こいつは確か250年近く前からの工作で、ロスチャイルド初代とその仲間、サバタイーフランキストたちがその実働部隊でやしたね。
ということは…あれっ? ふーむ、ああ、そうか。何か少し見えてきやした。・・・なるほど、それであっしらの出番が…。

八咫烏とロスチャイルドの関係 〜流出した黄金が世界革命に繋がる意味


ほう、さすがだ、どうも嗅ぎつけたようだね? で、その見立ては?

へい、「アメリカ独立、フランス革命、ナポレオン戦争、永世中立国スイスの誕生」、これらは全てそのバックにはロスチャイルドがいた。これらは全て世界革命の一つで広義の真のシオニズム運動の一端だ。

そういうことだね。これらの動きの発端となったのが外伝31あたりで明かしている、ロスチャイルド家初代マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが主催した1773年のフランクフルト秘密会合だ。

Wikimedia Commons [Public Domain]

初代ロスチャイルドが世界革命計画をたて、実力者へそれへの協力を要請した秘密会合でやしたね。
ともあれ、肝になるのが、ロスチャイルドがコーディネーター役と言うか、裏から手を回した世界革命に日本から意図的に流出させた黄金が使われている、ということでやすね?

そうだ。日本から流出の大量の黄金がロスチャイルドの活動の資金源になっていた。ということは…

サンカか八咫烏とかいう連中とロスチャイルドが密接な関係にあった?ということでやすね。

必然的にそういう結論になるね。
つい最近5年ぐらい前では、ロンドンのシティの中にあるN・M・ロスチャイルド&サンズ社のなかにある「黄金の間」で毎日の金価格が決定されていた。ロスチャイルドと黄金は切っても切れない関係にあるわけだ。
ところがその黄金が当初八咫烏からもたらされたとなると、ロスチャイルドと八咫烏の関係はただならぬ関係にあると見ざるを得ないだろ?

なるほど、そうでやすね。
ところでサンカの大元が八咫烏のトップ? これは間違いないので?

ふむ、そう見ていいだろう。2019/12/26の竹下さんの記事の元記事「瓊音(ぬなと)チャンネル」2019年11月2日記事に以下のようにある。

「この列島で、最初に鉱山の所有権を主張した一族の末裔がいて、(中略)...エフライム・ダン時代からのヘブライの第一波の関係者で、後者の『ダンのオオボス』だった。その一族は後に自らを和田と呼び出した。この最深奥の血統が言うところのサンカの大元となった。」

そうか、咫烏は古代イスラエルの末裔で、サンカの大元も要は古代イスラエルの末裔の血統で、両者は重なるわけだ。
ふーむ、この八咫烏とロスチャイルドは約250年前から以降、水面下で様々な絡み合いをしてきたということでやすね。そう言えば本編の第25話でも、八咫烏の緑龍会がナチス・ドイツ設立に関与し、日独伊三国同盟を導いたとありやすが、ナチス・ドイツとロスチャイルドも関連していやしたね。

八咫烏とロスチャイルドの関係は、約250年前よりはるか前に遡る可能性もあるが、それは今は置いておこう。
ロスチャイルドとナチス・ドイツだが、近・現代編 第5話などで、ナチス・ドイツのヒットラーをそのバックにあって育成支援したのがロスチャイルドたち国際金融銀行家であること。それで近・現代編 第13話などでは、ロスチャイルドが主導するシオニズムとナチス・ドイツがコインの裏表の関係にあったことを見ていたね。



八咫烏とロスチャイルドなどを繋ぐもの 〜「霊能」がキーか?


なるほど、ナチス・ドイツを通じても八咫烏とロスチャイルドはただならぬ関係にあったはずだ、こういうわけでやすね。
しかしどうやって八咫烏とロスチャイルドが関係を結んでいったんでやすかね? いきなり黄金をくれてやるはずはないんで。八咫烏とロスチャイルドを結びつける資料とかはあるんで?

八咫烏とロスチャイルドを直接的に結びつける文献はどうだろうか…、作者自身も見つけられていなくて、それで困ってあたしたちの出番になったようだ。

あ、なるほど。今回の旅路も一筋縄や二筋縄ではいきそうもないってことでやすね。話の筋がややこしくなって、想像や妄想にでも頼らなくてはならないとなりゃ、あっしらの出番というパターンでやすね。

まあ、そういうことだろうね。
ただね、あたしは八咫烏とロスチャイルドを結びつけるキーがあると見ているんだよ。

八咫烏とロスチャイルドを結びつけるキーですかい? それは一体…?

「霊能」だよ。そもそも秘密結社八咫烏とはカバラ熟達者の霊能集団だ。

ああ、なるほど。そう言えば、金流出に伴う事業の展開に、連動して携わっていたと見られるのが大室寅之祐の先祖。その大室寅之祐の血統も高い霊能力を有する家系のようでやしたね。それにロスチャイルドも…。

そう、秘密結社の人間にとってはオカルト霊能力は必須の最重要事項さ。無論ロスチャイルドも秘密結社の人間であり、霊能を非常に重視していた。

そう言えば、昔こんな内容の記事を読んだ記憶が…。
ロスチャイルド家の食堂の最上席はルシファー?の席で、ロスチャイルドの人間たちはその霊存在と共に食事をする決まりで、ロスチャイルドはお抱えの霊能者がいつもいた、とも…。
うーん、もしかして八咫烏とロスチャイルドは霊能を通じて交信していた?

その可能性はある。
落合氏のアヤタチ上田サンカの分析は興味深く、その中で「アヤタチ(怪立)とはアマベらが錬金術を修業する時の名前」とあった。ここで記された錬金術とはカバラの根幹をなす性錬金術もあるだろうが、彼らの山中での体外離脱の修行に関わることではないか?と見ているんだよ。

体外離脱か…。
特殊稿10カバラの秘最奥義は、欲界の地球から天球層を上昇し他化自在天に到達、サナット・クマーラに謁見すること、とありやしたね。それに必要なのが、狭義の物質肉体から自在にプラズマ体なり、エーテル体を離脱させること、だと…。

仏教の欲界の階層とカバラ生命の樹の10個のセフィラとの対応関係

そう。2018/09/01記事竹下さんは「八咫烏の高位の霊能力者の場合、自由にプラズマ体でプラズマ界を動き回る能力を持っています。」と解説され、八咫烏は遠隔透視の能力を持つとも述べられているね。

遠隔透視の能力でやすか、なるほど、上田サンカも八咫烏の大幹部でやしたね。
落合氏はその上田サンカの当主であった上田音吉(吉松)は忍者で、公家の諜報活動に従事していた、と。遠隔透視の能力があれば忍者業務はうってつけで、諜報活動など自在でやすね。

その通り。そしてその活動は日本国内に限定などはされない。アヤタチである上田サンカはプラズマ体離脱等で異界にも自在に出入りできただろう。
ましてや同じ地球という水平世界ならば、プラズマ体などで海外に赴くことも自在だったとも考えられるだろ?

なるほど、「江戸時代は鎖国」から、普通その当時は日本と欧州は隔絶した世界との観念がありやすが、しかし霊能を持つ彼らにはこの普通の観念など全く飛び越えていやすね。

そう、物質的な意味でも、日本と欧米などはオランダ貿易と称されるもので繋がっていた。
更に秘密結社の人間の間では、隔絶したように見える場所間でさえも、霊能による通信や行き来も十分可能だっただろう。

うーん、あっしら普通の人間にとっちゃ、こりゃぶっ飛んだ話ではありやすが、一方彼らが有していた莫大な力を考えれば…、連中の力は黄金とお金それだけではなかった…。

そういうことさ。
八咫烏にしろロスチャイルド家にしろ、秘密結社の彼らの有していた秘密の莫大な力、その力の源泉の主たる一つこそが霊能力であったのは間違いない。彼らは霊能力を通じて霊存在と通信し、それを力の源泉としていた。


Writer

seiryuu様プロフィール

seiryuu

・兵庫県出身在住
・いちおう浄土真宗の住職
・体癖はたぶん7-2。(自分の体癖判定が最も難しかった。)
・基本、暇人。(したくないことはしない。)
・特徴、酒飲み。アルコールには強い。
・歯が32本全て生えそろっている(親不知全て)原始人並み。

これまでのseiryuu氏の寄稿記事はこちら


Comments are closed.