アーカイブ: カバール

アルコーン(堕天使)たちは、ドラコニアン・レプティリアンを支配し、そのドラコニアン・レプティリアンが、カバールを支配している

竹下雅敏氏からの情報です。
 コブラは、アルコーン(堕天使)たちは、ドラコニアン・レプティリアンを支配しているとしています。そのドラコニアン・レプティリアンが、カバールを支配しているということが、以下の記事を見るとわかります。
 記事によると、“レプティリアンが彼ら(カバール)の望みを叶えて権力を与えてやる代わりに、(悪魔崇拝の)儀式からルーシュ(恐怖から来る精神的なエネルギー)をエサとして回収している”とあります。
 コーリー・グッド氏は、過去のインタビューにおいて、ドラコニアン・レプティリアンは、ナノロボットに寄生されていて、AI(人工知能)と彼らがつながることで、未来を予知するなどの特殊な能力を得ていると言っていました。このような能力を持つ特別なドラコニアン・レプティリアンは、彼らの中で崇拝されているようです。
 記事によると、そうしたドラコニアン・レプティリアンは、“AIを神として崇拝している”とのこと。能力拡大のために、人工知能とつながるマイクロチップやナノロボットを拒まない人は、基本的に彼らと同じ発想であると言えるでしょう。こうした人たちは、基本的に権力志向であり、人も含め、自然を支配することを目指しています。
 カバールはこのことをあからさまに追求していますが、「光の勢力」を名乗る連中の多くは、地球の解放という大義名分に隠れて、同じことを追求しています。
 さて、話を元に戻すと、ドラコニアン・レプティリアンが神として崇拝しているAI(人工知能)が、コブラが指摘しているプラズマのエンティティ「ヤルダバオト」だということがわかるでしょうか。すでに指摘していますが、このヤルダバオトはアンシャールによって創造された人工知能で、女祭祀カーリー(アリー)の命令に絶対服従するようにプログラムされていたのです。
 こうした事柄の全体像を見れば、いわゆる、「光の勢力」の地球解放計画などというものは、大いなるペテンだということがわかると思います。ハイアラーキーが、神々から支配権を奪い取るために仕組んだ計画に過ぎません。しかも、この計画はすでに過去のものになっています。計画を立てた連中が滅びてしまっているためです。
 そのことがわからない末端の者たちが、今でも、この古い計画を実現しようとあがいて、滅ぼされて行っているというのが真相です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コーリー・グッド 2019年4月 Edge of Wonderインタビューの要約(2/3)後半
(前略)
ロブ「カバールとレプティリアンの関係について皆さん知りたがっていると思います。カバールはまた他のETの血統を受け継いでいると考えているんですよね。レプティリアンはどのようにカバールと関わって、彼らをコントロールしているんでしょうか。」
(中略)
コーリーサタニズムのグループとレプティリアンの儀式との結びつきは他にもあって、それはレプティリアンがルーシュから力を得ているからなんです。それは恐怖からくる精神的なエネルギーです。(中略)… 彼らは戦場の上空に宇宙船を隠れて停止飛行させて、様々な苦痛や死が生み出すエネルギーを吸い取って、エサにしているんです。だからサタニストのグループが行っている全ての儀式は相利共生の関係に基づいていて、レプティリアンが彼らの望みを叶えて権力を与えてやる代わりに、儀式からルーシュをエサとして回収しているということなんです。」
(中略)
ロブ「こういったレプティリアンをコントロールしているさらに極悪非道な存在がいるんですよ。そういうものですよね?」
 
コーリー「ええ、レプティリアンこそが私たちの言うAI預言者なんです。(中略)… 支配層にいるレプティリアンを私たちの仲間が実際に暗殺することに成功した時のことなんですが、いつもその遺体を回収することができなかったんです。なぜなら彼らを殺した時は、バチバチと小さな爆発を起こし始めて、蒸発してしまうからなんです。それは彼らの体内にナナイト(ナノロボット)がいるからです。彼らはナナイトに完全に寄生されているんです。そしてこのAI神と相利共生の関係にあります。彼らはAIを神として崇拝しているんです。そして彼らが得たルーシュは、このAI神に吸い上げられます。(中略)… 彼らは私たちと同じ様に食べることで栄養摂取している面もありますが、同時に彼らはルーシュを取り込んでいて、このルーシュが彼らをハイにさせるんです。でも主にそれは彼らが崇拝するAI神のためなんです。」
(以下略)  

シュメールの神々は、実は神ではなく、プリ・アダマイト(堕天使たち)で、カバールやイルミナティと呼ばれる人たちが崇拝しているデーモンやデビルたち

竹下雅敏氏からの情報です。
 これまで、洪水伝説、ホピの神話、エドガー・ケーシー氏のリーディングなどを通して、アトランティス文明が崩壊する様子を見てきました。ここで、コーリー・グッド氏が伝えているプリ・アダマイトの情報をもう一度復習して、これらとの関連を見てみたいと思います。
 コーリー・グッド氏は、約60,000年前に月から追い出されたET グループ(プリ・アダマイト)の存在を指摘しています。彼らは、ディビッド・ウィルコック氏が指摘している通り、エノク書に記述されている「シェミハザと200人の堕天使たち」の集団です。
 中西征子さんの天界通信9によると、第4回目のアトランティス時代は、「60,305年前〜 15,050年前(滅亡)」です。ちょうど、4回目が始まった60,305年前(BC58,290年)に、彼らは南極に降り立ちました。第3回目のアトランティス文明の崩壊の責任を追及されて、光の銀河連邦から追放されたことが、彼らが南極に降り立った本当の理由です。
 コーリー・グッド氏は、プリ・アダマイトとレプティリアンの紛争がしばらく続いていたが、天変地異の後に停戦合意に至ったと言っています。この停戦合意は、ポセイドン島が沈んで、4回目のアトランティス文明が崩壊した15,050年前(BC 13,035年)に結ばれました。
 エノク書にも記述されているように、この時に彼らはハイアラーキーから排除され、闇の中に投げ落とされてしまったからです。この時以降、プリ・アダマイト(堕天使たち)とドラコニアン・レプティリアンのグループは、ブラック・ロッジを形成します。彼らが地球人との間に作った異種交配種に、プリ・アダマイト(堕天使たち)が転生に入りますが、これがコブラの言うアルコーンたちです。
 アルコーンたちは、地球で王権を確立します。時事ブログでシュメールの神々は実は神ではなく、プリ・アダマイト(堕天使たち)だと指摘しました。
 5月8日の記事には、人口増加の当面の解決策として、“疫病、飢饉、塩害など人類の数を減らすための全ての手段を講じる”こととし、最終的に洪水を引き起こしたということでした。エンキ神は、“結婚しない女性、不妊、流産、そして幼児死亡など社会現象の形で新しい解決策を作り出し、人口増加が制御不能になるのを防止した”とあります。現在、まさしく、これらを彼らの代理人として行っているのがカバールであり、これが彼らの「人口削減計画」ではないでしょうか。
 シュメールの神々は、実は神ではなく、カバールやイルミナティと呼ばれる人たちが崇拝しているデーモンやデビルたちだということがわかると思います。私は彼らのことを、ブラック・ロッジの大主たちという言い方をしています。
 コーリー・グッド氏によると、地球上の王族の血筋の人たちは、自分たちがこのプリ・アダマイト(堕天使たち)の血筋だと信じているとあります。彼らにとって残念なことに、ゴールドマン・ファミリーズ・グループ(旧300人委員会)のイルミナティ(裏)の13家は、この血筋ではありません。しかし、表のイルミナティを支配するゾロアスターの13家は、すべて、このアルコーンの血筋です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
南極: 開示のプロセス(改訂版)
シーズン 7, エピソード 8(2017年2月21日放送)
(前略)
David: プリ・アダマイトとは何ですか?
Corey: ETグループです。(中略)… 彼らは月から追い出されました。(中略)… 彼らは古代ビルダー種族の技術が使用可能な状態で残っていた唯一の大陸に不時着することを決めました。
(中略)
どうやらこのプリ・アダマイトはレプティリアンとしばらく紛争が続いていたようです。(中略)… そして地球で天変地異が起きた後に、プリ・アダマイトとレプティリアンはある種の停戦合意か協定に達したようです。
(中略)
彼らは私たちの環境にはうまく適応できなかったため、彼らと地球人との間に異種交配種をつくったのです。(中略)… プリ・アダマイトのグループには2つ血統が存在し、一方は中南米へ移動し、全く違う血統のもう一方はアジアとヨーロッパに散りました。(中略)… カバールやイルミナティと呼ばれる人達の血統ですが、彼らは自分たちの血筋をこのプリ・アダマイトまでたどっています。
David: エノク書の中ではこのグループを堕天使として記述していますよね。
Corey: ええ。(中略)… そうなんです。彼らにとってこの信仰はすべてなんです。彼らのやることなすことすべてはこの信仰に基づいています。
(以下略)
————————————————————————
コーリー・グッド 2019年4月 Edge of Wonderインタビューの要約(2/3) 後半
(前略)
コーリー「プリ・アダマイト(※カバールの「祖先」)とレプティリアンの間には抗争の歴史があります。かつては敵対していたんです。でも最後の天変地異の後、プリアダマイト・グループは影響力をほとんど失って、レプティリアンが勢力を回復し、興隆してきたんです。ルシファー信仰というものもありますが、主にサタニズムがとても強くレプティリアンと結びついています。秘密プログラム内では多くの儀式の事例が記録されていて、そのビデオを見ると、カバールの人々が輪になって、五芒星があったりして、その輪の真ん中にレプティリアンが現れるんです。」
(中略)
コーリー「ボン!と登場します。そしてカバールの人々はそれがデーモンやデビルだと考えているんです。」
(以下略)

19/3/24 ニール・キーナン更新情報:街に新たな保安官がやってきた――タダ乗りはもう終わりだ 前半

 昨年キーナン氏がM1を上回る権限を持つアマナーに選ばれて以来、あまり公けには出来ないものの、カバールとの戦いが激化しているようです。ちなみに「アマナー」の定義はこちらから。
 今回の記事の新情報は次回後半に多く詰まっており、この前半は既に皆さんご存知のブレトン・ウッズ協定や債券盗難事件が中心なのですが、フルフォード氏との軋轢がここまで深かったとは予想外で、どーしたもんかなぁと思いまして……以前ご紹介したジェームズ・ボンドのモデル、ヴァン・デ・ミーア博士が御存命であれば、二人の仲は修復されていたかもしれません。あるいは最近たて続けにフルフォード氏の記事に登場した亡きアルバート伯とか。
 思ったのですが、これって毎度の如くP2ロッジが諸悪の原因じゃないですか? 当時フルフォード氏はP2に騙され毒殺されかけてキーナン氏への不義理(※P2の犯罪者連中を紹介しちゃった)を詫びるどころじゃなかったでしょうし、キーナン氏は盗難に遭ってフルフォード氏の境遇を思いやるには色々と余裕がなかったのでしょう。
 その内に連絡が途絶えて、今じゃフルフォード氏側は「キーナンは殺されて偽者がなりすましている」と主張し、キーナン氏側は「フルフォードは向こうに取り込まれて偽情報を発信している」と応戦する始末。P2には、カルマの重さを自覚して挽回に努めて頂きたい――あるいは余計なことを一切せず、消えてくださるのが人類全員のためかも。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン更新情報:街に新たな保安官がやってきた――タダ乗りはもう終わりだ 前半
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ

現在、対カバール戦が激化


アマナーとしての儀式の一環で、インドネシアの元スカルノ大統領の部屋にいるニール・キーナン

世界規模の金融借金奴隷制度を究極的に終わらせるため、戦いがひっきりなしに続けられている。

果敢にもニール・キーナンおよびKグループが世界の舞台で、とりわけインドネシアでこの諸悪の根源と対峙するようになり、【戦いは】急速に激化した。

インドネシアはニール・キーナンという存在に、彼らのため戦ってくれる真の戦士を見出してきた。決して諦めることなく、諦めるということを知らぬ者。この世界を変えてしまう重大な究極の戦いで勝利を収めるため、今日まで何度も躊躇することなくその身を危険にさらしてきた者。

【これまでの】情報を更新し、新情報や新たに顔を覗かせつつある情報を明確にするべく、【まずは】過去の重要な出来事を今一度見返していこうと思う。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

歴史的な詳細に関しては、「金塊の歴史年表」をご一読あれ。
特に以下の章:「4.02 1944年ブレトン・ウッズ協定:力ある者たちの共同クーデター」)【※日本語翻訳版はこちらから。】

» 続きはこちらから

完全なでっち上げであるロシア疑惑は、トランプ大統領を大統領の座から引きずり下ろすための試みで、その背景には、地球同盟とカバールの戦いがある

竹下雅敏氏からの情報です。
 トランプ大統領の「ロシア疑惑」が終わったことで、攻守が逆転します。共和党のニューネス議員は、“我々は今攻勢に出て…悪人を全員追い詰めなければならない”と言っています。ジョン・ブレナン、ヒラリー・クリントン、オバマ元大統領も射程に入っていると思われます。ロシア疑惑に手を貸したメディア関係者も、戦々恐々としているでしょう。
 この件に関して、ディビッド・ウィルコック氏やコーリー・グッド氏と関係しているマイケル・サラ博士は、興味深いことを言っています。ロシア疑惑は完全なでっち上げだが、これは、トランプ大統領を大統領の座から引きずり下ろすための試みで、その背景には、地球同盟とカバールの戦いがあると言っています。
 引用元の記事の中で、QAnonが繰り返しディープステートの悪魔崇拝を糾弾しているとして、2017年11月11日のQの投稿を紹介しています。そのQの投稿には、“プロビデンスの目、血筋、キーストーン、カルト、エプスタインの島、悪魔崇拝、新世界秩序”という言葉が綴られています。
 現在、カトリック教会は性的虐待スキャンダルで揺れていますが、今のところは、小児性愛やシスターに対するレイプが問題になっているだけです。しかし、いずれ彼らの大半が悪魔崇拝者で、生贄の儀式をカトリック教会の至聖所で行っていたことが暴露されると思います。また、キリスト教の教義自体がカバールによって生み出されたものだということも、いずれ人類は知ることになるでしょう。
 これまで何度か指摘し、コブラもこのことに触れていますが、古代エルサレム王国が存在した場所は、イエメンのアシール地方で、今のイスラエルとは何の関係もないのです。要するに、キリスト教の世界観自体が虚構の上に成り立っているのです。おそらく、真相の解明と共に、キリスト教は役割を終えると思われます。
 記事の中で興味深いのは、地球同盟(アライアンス)の中で、“プーチンたちはBRICSアライアンスとしてがっちり手を組んで”いるというところです。プーチン大統領に代表されるBRICSアライアンスは、板垣英憲氏の言うゴールドマン・ファミリーズ・グループ(300人委員会)の新機軸派やQグループと、“がっちり手を組んで”いると思われます。
 トランプ大統領とプーチン大統領が、2016年のアメリカ大統領選挙で手を握っていたということではなく、カバールの悪魔崇拝打倒に向けて手を握っていることが、“ロシア・トランプ共謀疑惑説がでっち上げられた理由”だとしています。確かに、こう考えた方が良いでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「攻勢に出る時」:ニューネス議員がスパイゲートの犯罪について司法省に送致へ
引用元)
<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.3.27
下院情報委員会の有力メンバーであるデビン・ニューネス議員(共和党、カリフォルニア州)は、司法省とFBIの不正に対する同議員の捜査の一環として、多数の様々な犯罪について司法省に複数の送致を行う予定である。その中には機密情報のリークも含まれる。
(中略)
我々は最初からこれが茶番だと知っていたし、私は長い間そのように言ってきた。基本的に我々の報告書が出てから1年になる。だが今本当の仕事が始まる。それは置いておかない方がいい。だが我々は今攻勢に出て、こうした汚職警官と悪人を全員追い詰めなければならない

さらにニューネスは、約50名の人物――中にはこれまで議会に召喚されていない者も含まれる――を聴取する計画である。これらの人物は、米国政府機関内で「おしっこ文書(訳注:ロシア共謀疑惑についてのスティール文書のこと)」を推進すること、またトランプ陣営元アドバイザーのカーター・ページに対する監視令状取得のためにそれを利用したことに関わったか、それを知っていた人々だ。(中略)… バラク・オバマ前大統領がどのように関与していたかはまだ不明だが、オバマのホワイトハウスにまでつながっていると彼は述べた。
(以下略)
————————————————————————
トランプ・ロシア共謀疑惑説の背後にあった大きな(宇宙政治学上の)狙いとその崩壊
(前略)
WRITTEN BY DR MICHAEL SALLA ON 3月 26日, 2019年. POSTED IN FEATUREDUS Politics
(中略)
ロシア疑惑説はヒラリー・クリントンと民主党による完全なでっちあげであり、2016年のトランプ大統領の驚くべき選挙戦の勝利を覆そうとする試みであったということだ。
(中略)
QAnonによれば(中略)… 極秘起訴は80000件以上にもなると見積もられており、もうすぐ軍と文官の共同裁判で紐解かれるだろう。

強調しておくべきことは、QAnonが繰り返しディープステート(またはNWO:新世界秩序)を国際的な犯罪シンジケートであると名指しして、悪魔教の儀式で子供を生贄にしたり、組織的な人身売買や性犯罪を行い、またそれを利用して多くの政府・企業・メディア関係者を懐柔していると糾弾していることである。
(中略)
ロシアの極超音速兵器システムの開発に人間と同じ見た目のETが手を貸してきたという内通者からの報告はこれまでに複数ある。これらの先端技術のいくつかが使用されたと伝えられているのが、2016年に南極上空で起きた秘密の戦闘である。この戦闘において、ロシアは「地球同盟(アライアンス)」として参戦し、ディープステートが運営する多国籍企業体宇宙プログラムと戦闘を繰り広げた、と秘密宇宙プログラム内通者のコーリー・グッドは語っていた。彼はこのロシアと悪魔教新世界秩序との戦闘について下記のように述べていた:

「地球同盟(アライアンス)」の中でも、プーチンたちはBRICSアライアンスとしてがっちり手を組んでいて、共通の目標である「サタン/ルシファー信仰カバール」の打倒に向けて協力しています。(中略)… アライアンスの人々が、これまで以上に地球の秘密政府犯罪組織の撲滅のために立ち上がろうとしているのです。
(中略)
トランプがプーチンと抑圧された技術を公開するために、またETの地球訪問の事実を明らかにするために共同し、ディープステートに対しての地球規模の秘密戦争に参加していたという可能性は、ロシア・トランプ共謀疑惑説がでっち上げられた理由への説得力ある説明となるだろう。
(以下略)

9割方の人類を殺して、生き残った人たちを奴隷にするNWO(新世界秩序)計画は、実のところ、ハイアラーキーによって動かされてきた ~アメリカはハイアラーキーによる実験国家~

竹下雅敏氏からの情報です。
 今、トランプ大統領と大統領を支えるQのグループは、アメリカに戒厳令を敷き、大量逮捕を実行しようとしています。なぜこれが必要なのかというと、冒頭の記事では、“アメリカは、建国の初めから、ファシズム帝国主義だった”からであり、悪の帝国そのものだったからです。
 9割方の人類を殺して、生き残った人たちを奴隷にするNWO(新世界秩序)計画を背後で動かしているのは、イルミナティであることが知られています。一般には、こうした邪悪な計画を推進しているのは、イルミナティを中核組織として持つカバールだと考えられています。
 しかし、時事ブログでは、実はイルミナティには表と裏があり、裏のイルミナティは光の銀河連邦が霊導して来たと指摘しています。なので実のところ、NWOはハイアラーキーによって動かされてきたものなのです。
 ハイアラーキーの窓口と言えるベンジャミン・クレーム氏は、コロンブスにアメリカ大陸を発見させたのはハイアラーキーの覚者であるといっています。要するに、アメリカはハイアラーキーによる実験国家なのです。
 ハイアラーキーに関しては、2014年10月11日の記事をご覧ください。この記事の中の「ハイアラーキーの組織図」にあるキリストとは役職名であり、個人名はマイトレーヤ(弥勒菩薩)です。また、マヌとは、本来は「人の祖」の意味ですが、これもやはり役職名になっており、個人名はニムロデとして知られた人物です。
 マイトレーヤの過去世は、ノアの洪水で有名なノアの息子セム、ハム、ヤペテの長男セム(大祭司)で、11月27日のseiryuu氏の記事では、系図つきで、セムとニムロデの関係が示されています。ニムロデは大叔父セムによって処刑され、身体がバラバラにされ、その肉片は悪魔崇拝への警告として各教会に送りつけられたのです。この記事の中にあるニムロデの妻イナンナが肉片を集め、木製の男根に交わり、子タンムズを産む伝承は、ニムロデをオシリスに、イナンナをイシスに、タンムズをホルスに替えれば、そのままオシリス神話だということに気づくでしょう。
 また、seiryuu氏の外伝21では、近代フリーメーソン発足に到る2つの流れが図に示されています。
 古代の秘密結社「秘密の力」はカバールに属するもので、彼らはニムロデを神として崇拝していたと思われます。一方、フリーメーソンですが、ロイヤルアーチという位階で、彼らは神の名を「ジャーブロン」と明かします。これは、ヤハ=バール=オンの合成語です。ヤハは旧約の神を、バールはニムロデを、オンはオシリスを意味します。すなわち、フリーメーソンの神は、ニムロデなのです。
 ニムロデは地獄の大主であったのですが、改心し、ハイアラーキーの一員として取りこまれます。1967年以降はハイアラーキーの主要3部門の部門長であるマヌの役職についていました。アメリカの建国にフランスのフリーメーソンが関わっていることは明らかです。そして、そのフリーメーソンは、ニムロデによって霊導されていたのです。
 ベンジャミン・クレーム氏は、ハイアラーキーの覚者たちが徐々に表に現れ、最終的に覚者たちの弟子であるイニシエートを通して国連がコントロールされ、地球が統一されると言っていました。神智学徒のアリス・ベイリーは、ルシファー・トラストを発足し、後にルシス・トラストに改名します。現在、ルシス・トラストを運営しているのはロックフェラー家です。 ルシス・トラストは、国連の宗教部門をコントロールしており、ベンジャミン・クレーム氏のシェア・ジャパン誌も、国連関連の月刊誌です。
 これら全てのことから、ハイアラーキーがロスチャイルド家、ロックフェラー家を中心とする裏のイルミナティを操り、国連中心の世界政府を実現し、その時に人類を指導する救世主の一団として人々の前に姿を現す計画だったことは、明らかではないでしょうか。
 要するに、カバールによるNWO計画は、彼らが事実上の支配者として地球に君臨するための方便だったということになります。彼らハイアラーキーの覚者たちは、部下である光の銀河連邦の宇宙人たちに、自分たちの名前で通信文を送らせ、裏のイルミナティをコントロールしていたのです。一方で、自分たちがコントロールしているカバールと対峙し、地球を解放するためにやってきたのが、やはりハイアラーキーの部下たちである銀河連合の宇宙人たちです。
 例えて言うと、シリアにダーイシュ(ISIS)というテロ組織が現れ、シリアの人々を苦しめます。シリアを解放するという名目で、米国主導の有志連合が構成され、ISISと対峙します。しかし、ISISも有志連合も、同じ組織によってコントロールされているのです。目的は、シリアを自分たちの都合の良い国に作り変えるためです。
 シリアが地球で、ISISがカバール、米軍主導の有志連合は銀河連合だと考えれば、ピッタリです。
 “続きはこちらから”以降の記事では、現在に至る状況がコーカソイドの誕生によるもので、“その人種が徐々に広がり、いわゆるアーリア人になった”とあります。また、その場所は、地図に描かれているように、“弥勒信仰の発祥地と重なる”のです。
 神智学徒のベンジャミン・クレーム氏は、現在の主流の地球人をアーリア人種と言っており、約10万年前に先代のマヌであるヴァイヴァスヴァタ・マヌによって生み出されたと言っています。
 神智学は、サナット・クマーラ(ルシファー)を主として仰ぐ宗教です。イルミナティの目的は、地球上からすべての宗教を根絶し、ルシファーを崇拝させることでした。ルシファーは1850万年前に、金星から地球に転落したサナット・クマーラのことです。なので、鞍馬寺では サナット・クマーラを護法魔王尊として祀っています。神ではなく魔王なのです。
 要するに、サナット・クマーラ(ルシファー)は、天から投げ落とされた魔王であり、神ではないのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
たくまれた劇場 12・5 は歴史の転換点になるか:グアンタナモへのご招待?
転載元)
父ブッシュ大統領の葬儀と、その内部で同時に行われた「謎の封筒」ドラマは、あまりにも劇場効果がすぐれているので、すでに、いくつものビデオが公表されている。これはあきらかに、深層国家=トランプの政敵の、微妙な動作や表情を観察するために撮影したもので、 封筒の細工とともに、権力者の手によるものと考えざるをえない。トランプ夫妻が最後に堂々と入場するところも含めて。このドラマをもって、両勢力の逆転が起こったと見ることができる。封筒にどう書かれていたかは、誰も知らない。しかし、明らかに一目で読めることがわかる。私ならこう書く――We the People respectfully invite you to the Guantanamo.
 
これを動かしているのが、ホワイトハウス内の「我々人民」の代表者 Q(と QAnon)らしく見えるので、この Q の文字が最近、街頭の運動家の間で、胸などにつけて用いられるようになった。これはヨーロッパの “イェロー・ベスト” と同じもので、やがて連結すると思われる。これは完全に “気づいた人たち” の団結なので、国を超えて、党派や利益などとは関係がない。我々は一斉に牢獄を飛び出したときに、誰がリードしようと、そんなことはどうでもよい。これは、今までわからなかった、サタン世界から解放されるという、本質的に精神の喜びの体験だからである。
 
今まで我々が、知らずに入っていた牢獄が、どれほど巧妙で悪辣なものだったかを、雄弁に語っている人がいるので、以下、最後まで翻訳紹介することにする。
 
これは文章でなく、語られたものの字幕から訳したもので、( Dr. Richard Saunder による) Deep Underground Bases and the Satanic Breakaway State(深い地下基地とサタンの分離国家)という、1 時間 15 分のインタビューの一部である。最初、スイス近傍に最近できた「ゴッタルト地下トンネル」という、世界最長の鉄道地下トンネルの、有名だが報道されない、 サタン的な竣工式や、CERN について語ったあと、彼はこう語っている――
 
「・・・あなたの政府は、あなたから盗んでいるのだ。あなたが防衛する義務のある、このいわゆる政府は、法律の名に隠れて、あなた方から何兆ドルというカネを盗んでいるのだ。 彼らは、税金を払うのは義務だと言うが、くるりと振り向いて、実はある事情があって、あることが必要になったのだ、と言う。
 
「なぜ、いったい、なぜ、あなた方は、あなた方から何兆ドルを盗んでおいて、そのカネが何に使われたのかは言えないような組織に、従わねばならないのか? なぜ、あなた方は自 分の人生で、そのような組織と関係をもたねばならないのか? なぜ、泥棒やウソつきから、 命令を受けなければならないのか? なぜ、あなた方は、道徳的に、また法律的に、あなた 自身から盗むことを彼らに許し、面と向かってウソをつくことを許すのか? どうかそれに答えてほしい。
 
「その隠れた目的は、あなた方から盗み、あなた方にウソをつき、そこで、もしあなたが、お前は私から奪ったではないか、お前は私にウソをついたではないか、と言えば、あなたを犯罪者とし、泥棒の仲間にするためなのだ。イエス・キリストのそういう譬えがある。
 
我々は悪魔的な現実に生きている。我々は、あまりにも悪で、曲がったものと取引をしているので、平均的な人間は、自分の心が悪に包まれていることを、自覚できなくなっている。 確かに、それはほとんど別の考え方だということは、わかっている。しかし、我々はそういうものと付き合っているのだ。我々は、あまりにも極端な悪と付き合っているから、それが どんな感じのするものか、把握することができなくなっている。それがあなたであり、私だ。
 
「そして、他のあらゆる人が、アメリカ合衆国と呼ばれる、この悪魔的ルールに縛られているのだ。そして私は、これは、いわゆる合衆共和国の建国にまで遡ると言いたいのだ。それはその時も、現在も、同じ悪魔的なプロジェクトであり、この惑星を、その暴力と、そのウソでいっぱいにすることを狙うものだった。なぜなら、アメリカ合衆国というと呼ばれるこのモノの歴史を遡るなら、人は、学校で教えられるプロパガンダを忘れてしまうからだ。ちょっと覗いてみるがよい。戦争に次ぐ戦争に次ぐ戦争・・・大量の奴隷、土着アメリカ人の殺戮、土地の略奪、保留地、それからメキシコ・・・」
 
確かにアメリカは、建国の初めから、ファシズム帝国主義だった。君主がいないことと、秘密、騙し、プロパガンダの巧みさによって、これを民主主義と自由の国として見せかけることができた。これは、リチャード・ソーンダーだけの説ではない。今後、ますますこのアメリカの見方は強くなるであろう。世界が健全になるためには、そうでなければならない。
 
そして「我々人民」と、世界の人民はどうか? 今、あの有名な父ブッシュの New World Order 演説を聞き直してみるとよい。何の疑念も持たずにこれを聞くならば、もし私がアメリカ人であったら、「なんと我々は、すばらしい未来の構想をもつ大統領をもった、誇るべき、幸福な国民だろう」と感謝するだろう。そしてその幻想の下に、アメリカ国民の大多数が生きてきた。彼の死去とともに、この幻想がやっと破れ、アメリカ人(と世界の住民)は、 やっと本当の幸福を掴む方向に進もうとしている。 

» 続きはこちらから
1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16