アーカイブ: ジョージ・ソロス

19/2/12 ソルカ・ファール情報:神帝トランプがイタリアを征服する一方、ヨーロッパの社会主義者たちは恐怖で震え上がる

 昨年11月末のブエノスアイレスで開かれたG20で、予定されていた米露首脳会談をトランプさんがドタキャンし、それ以来プーチンさんとはじっくり語り合っていないようです。実はその要因は、ヨーロッパ。伝統的にこういう事態になると、外野に勘ぐられないように米露トップはお互い距離を置くことにしているのだ、というのが今回の記事です。
 これまで個人的には、ネオコン戦争屋のジョン・ボルトンがイマイチ信用できなかったのですが、今回スティーヴ・バノンと一緒にヨーロッパのメディア戦略を担っているのを知って、かなり見直しました。

 それにしても、今回のトランプさんの巨大山車はカッコよく仕上がっています。本文中の動画を視て頂くと、青い鎧を着たトランプさんのコスプレも、その前で凛々しく動き回っています。
 2017年にも同じカーニバルでトランプさんが登場しましたが、相当えげつない作品でしたから、アメリカ大統領に対する人々の印象がヨーロッパで如何に変化しているか、如実に窺えます。
 こりゃー仏独英の旧体制の指導陣にとっては恐怖でしかないでしょう。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ソルカ・ファール情報:神帝トランプがイタリアを征服する一方、ヨーロッパの社会主義者たちは恐怖で震え上がる
転載元)
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa


【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】


意図せずして、分身が蜂の巣状態のヨーロッパを刺激しちゃったい


本日クレムリンに出回っている【ロシア連邦】安全保障会議SC)の興味深い新報告書は、プーチン大統領トランプ大統領と会う予定が全くないを裏付けてきており、【尚且つ】これは普通のことだと記していました。

【――というのも、】欧州連合が渾沌と激動に包まれた際には、干渉したと非難されないよう、ロシアアメリカのトップは近代を通して、【常に】互いに一定の距離を保つようにしてきたのです。

――ですがイタリアヴィアレッジョ市で開かれた「ヴィアレッジョのカーニバル」祭につめかけた60万を超える人々が「神帝トランプ」と呼ばれる50フィート近い像を目撃して大歓声を上げたことで、トランプは驚くべきことに、そして迂闊にも、【混乱の】渦中へと投げ込まれてしまったのでした。

――【怯えて】縮こまったヨーロッパの社会主義者連中の恐怖を煽るかのように、【像の】右手には青いツイッターバードが輪になって【柄を取り囲み】、ラテン語で「Dazi Vostri」、訳すと「あなた方の税金」とありました。

――そして刀身には、ラテン語で「Cazzi Vostri」と彫られています。

――実は言葉遊びでして、「お前らの知ったこっちゃねーよ」といった意味です。
[註:この【英文】リポートで引用されている【ロシア語の】一部の単語およびまたは言い回しは、完全に対応するものが【英語に】存在しないため、そのロシア語に相当するおおよその英語【訳】となっております。]

【※下の画像を見た限りでは柄ではなく、刀身部分に大きく「Dazi Vostri」と書かれています。「Cazzi Vostri」は、どこにあるのか不明でした。刀身の逆側(後ろ)に書いてあるかも、と思ったので、別の動画で確かめたら、裏は装飾ゼロのつるっつるなんですよねー。

なので製作者の意図としては、「Dazi Vostri」自体が「Cazzi Vostri」を暗示しているのだと思われます。つまり中国との貿易戦争を想起しつつ、「くらえ! これが貴様らの関税だ!」的な。

ちなみに100%放送禁止用語であろうイタリア語の「Cazzi」ないし「Cazzo」は、穏やかに訳しておきました(確かめたい方はググってください)。】



【※製作者は4分辺りからインタビューに答えているファブリツィオ・ガーリという方。トランプさんが関税を武器に、経済戦争を他国に仕掛けまくる様子を表現されました。

「ウォーハンマー40,000」という有名な古参の対戦ゲームのイメージだそうですが、ローマ皇帝になぞらえて月桂樹の冠も被っています。2月9日当日は雨模様だったそうですが、終わる頃には晴れてきたようで……これもトランプさん効果でしょうか(笑)。】

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

» 続きはこちらから

“国境のない世界を作り上げる”ために大規模移民キャラバンを背後で支援するジョージ・ソロス 〜 本当の黒幕はロスチャイルド家!

竹下雅敏氏からの情報です。
 アメリカの大手メディアが報道する移民キャラバンの映像には、必ずと言っていいほど、女性と子供を写します。報道では、“キャラバンは女性と子供でいっぱい”ということになっていますが、現実には、“移民の約90から95パーセントは男性”だということです。
 また報道では、“移民たちが極度の暴力から逃れるため”にアメリカを目指しているということでした。しかし、実際には、移民を求めるほとんどの人が、“もっと良い生活”を求めてアメリカに移住したがっているとのことです。
 記事によると、この大規模移民キャラバンは、「自然発生」したものではなく、背後に、メキシコ政府、国連難民高等弁務官事務所、プエブロ・シン・フロンテーラ(国境のない人々)と呼ばれる移民権利団体が支援していると書かれています。この団体は、団体名が示す通り、“国境のない世界を作り上げること”を目指しているとあり、まさしくNWO(新世界秩序)を実現するための組織だとわかります
 “続きはこちらから”の「やのっち」さんのツイートによると、この団体は、ジョージ・ソロスのオープンソサエティ財団によって資金提供されているとあります。予想された通りの結末です。ジョージ・ソロスということは、本当の黒幕はロスチャイルド家だということです。
 トランプ大統領は、“もし必要であれば永続的に国境を封鎖する”と言っていますが、トランプ大統領とディープステートとの戦いは、実際には、竜の頭であるロスチャイルド家との戦いだということになります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
現地取材映像:「移民キャラバンの背後にある真相」
引用元)
<引用元:Dailywire 2018.11.13

(前略)

大規模移民キャラバンについては、様々な相反する話を聞かされているが、実際のところ現場はどういう状況なのだろうか?

(中略)

「キャラバンは女性と子供でいっぱいだという作り話にもかかわらず、現場の実体は全く異なっている。移民の約90から95パーセントは男性だ」

(中略)

キャラバンの付き添いを支援するメキシコ政府、またキャラバンの取り組みを支援する国連難民高等弁務官事務所と併せて、「絶えず付きまとって」いるのがプエブロ・シン・フロンテーラ(Pueblo Sin Fronteras)、つまり「国境のない人々」と呼ばれる自称「移民権利団体」であり、キャラバンが最終目的地へ向かうのを支援し案内している。

ホロウィッツ氏はこう話す。
「彼らがキャラバンの組織化と動員に最も深く関わる人たちのようだ。名前が示す通り、この組織は国境のない世界を作り上げることを目指しており、それが、そもそも彼らがアメリカの主権を無視してまで、このキャラバンを組織した理由の1つであるようだ」


» 続きはこちらから

追い詰められているオバマ、ヒラリー・クリントン、ジョージ・ソロス陣営 …ロスチャイルド家を権力から排除へ

竹下雅敏氏からの情報です。
 オバマ、ヒラリー・クリントン、ジョージ・ソロス陣営が追い詰められているようです。冒頭の記事は、オバマ政権で米軍が裏金を作り、それを軍高官が着服していたとのこと。現在、ペンタゴンは、こうした裏金作りを防ぐために、生体認証システムを導入しているとのことです。
 次の記事は、前のアメリカ合衆国国家情報長官(DNI)だったジェームス・クラッパー氏が、ロシア疑惑がオバマ前大統領の主導によるものであることを暴露したとのことです。嗚呼、悲しいではないか!さんのフルフォードレポートによれば、“ジェームス・クラッパーは…オバマを裏切った”とのこと。記事をご覧になると、一連のスキャンダルはロスチャイルド家排除につながり、記事では、“ロシアと米国が…どうやっていつ排除するかの問題に過ぎなくなっている”と書かれています。
 これまで、時事ブログでコメントしてきたように、これは私の感覚と合致しています。時事ブログでは、プーチン大統領とトランプ大統領は、ロスチャイルド家を権力から排除する決断をしているとコメントしてきました。
 彼らが力を失えば、大手メディアの報道内容が変わると思われるので、わかるはずです。遅くとも、今年中には決着がつきそうな気配です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米監察総監が暴く:オバマは、存在しない人々に 3 億ドル払っていた
John Sopko 総監が、オバマは 3 億ドルのニセ人件費を払っていたと爆弾発表
転載元)
(前略)
Jay Greenberg, www.neonnettle.com
July 21, 2018
(中略)
特別 IG ジョン・ソプコによれば、オバマは少なくとも3億ドルを、“ゴースト給料”に費やしている。言いかえると、彼は「存在しない人々」に報酬を払っていたが、この人たち、はアメリカの給料を受けてアフガニスタンで活動していることになっており、そこは遠方なので、十分の査察の目が届かなかった。

それはただの詐欺ではなかった。実際、ソプコによると、それは「大詐欺事件」だった。
(中略)  
  「実は、そのことは、アフガン大統領 Ashraf Ghani から、彼が大統領になる何年も前から聞いていたと言いたい。彼は、私に “幽霊” のことを警告したので、3 年前から監視を始めたのだ。

「ここで言うのは、警官、アフガン警官、アフガン軍兵士、アフガン公務員という、存在しないか、あるいは複数の ID カードをもっている者たちで、我々が給料を払っている者たちのことです。
(中略)  
「そして我々が調査し始めてわかってきたことは、兵士や教師や医者や軍関係者で、我々が彼らに給料を払っている者は、いないということでした。」
(中略)
「そして今、何が起こっているかと言うと、司令官や将軍や他の軍高官が、毎年、これらの幽霊のサラリーをポケットに入れている。 
(中略)
Independent Journal Reviewによれば、アトキンソンの確認したところでは、ペンタゴンは、生物測定システムを導入して、指紋、写真、血液型までチェックし、“生命の証拠”を確かめ、“幽霊たち”を除去するようにしている。
(以下略)
————————————————————————
モラー捜査の責任はオバマにある、とクラッパー元長官が認める
引用元)
(前略)
ジェームズ・クラッパー元国家情報長官によると、ロバート・モラー特別カウンセル(検察官)のロシア共謀疑惑捜査へとつながった「一連の出来事の全て」に着手したのは、バラク・オバマ前大統領の主導によるものとすべきであるそうだ。

クラッパー氏は7月19日にCNNの「アンダーソン・クーパー360°」に出演し次のように語った。
(中略)
オバマ大統領はそれに対して責任がある。またそもそも我々にそのインテリジェンス・コミュニティの評価の任務を与えたのが彼だった。オバマ大統領を批判するのであればそれが重要なポイントだと思う」
(以下略)
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

トランプ政権によって追い詰められているディープ・ステート側 ~トランプ大統領を引きずり下ろすためのソロス一味の陰謀は、すべて破綻~

竹下雅敏氏からの情報です。
 ディープ・ステート側は、トランプ政権によって追い詰められているようです。ジョージ・ソロスが、トランプ大統領を引きずり下ろすために、“私の努力を倍増するつもりだ”と誓ったとのこと。
 あべぴょんを見ていてもわかりますが、何せこの連中は往生際が悪い。なので、敗北宣言なのかと思ったら、そうではなく、トランプ大統領に対する欲求不満の表明だったということです。
 “続きはこちらから”は、ジョージ・ソロス一味がトランプ大統領に仕掛けた罠が不発に終わり、トランプ大統領に襲われたと言っていた女性たちが、実は彼らからお金をもらっていた証拠が出てきたということです。
 このように、ソロス一味の陰謀は、すべて破綻しているようで、ソロス自身が、“失敗する可能性があったものは、すべて失敗した”と言っています。
 いずれ、大量逮捕という形で決着がつくものと思われます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ジョージ・ソロス:トランプが勝ちつつある、彼はNWOを破壊しつつある
このグローバリストは、大統領の劇的な人気上昇を恐れている
転載元)
 (前略)
Daniel Newton, www.neonnettle.com
June 22, 2018
 (中略)
ジョージ・ソロスは最近、ドナルド・トランプ大統領が先頭を切る、New World Order の急速な切り崩しに言及して、「失敗する可能性のあったものは、すべて失敗した」と、欲求不満を表明した。  
 (中略)
ソロスは、トランプが、「世界を破壊する意志をもっている」ことを恐れ、大統領が世界中で力を入れるあらゆるものに反対するために、数百万ドルを注ぎ込むことによって、「私の 努力を倍増するつもりだ」と誓った。
http://www.neonnettle.com/news/4276-george-sorosattacks-donald-trump-he-s-going-to-destroy-the-new-world-order-
(中略)
トランプが破壊したのは、米‐ヨーロッパ関係の古いパラダイムで、単純でズバリとしたツイート使ったものであり、一方で彼は、アメリカ社会に、キリスト教的モラル、倫理、価値が戻ってくるように音頭を取った。こうしたことは、この無神論の億万長者にとっては、あってはならない、呪いの対象である。

ソロスの観点から見るなら、トランプは実に世界を破壊しつつある。しかしそれは、いわゆる終末論的意味でなく、彼が[ブッシュ――オバマから]受け継いだものとは違う、完全に新しい世界秩序へ向かっているという意味である。

オバマは、ホワイトハウス内でのソロスの手下ともいえる者だったが、このオバマは、アメリカが、(全部ではないとはいえ)気候変化とか、持続的開発計画といった多くの重要問題について、国連の権威の前に屈するような、世界の建設を目指していた。 
(中略)  
トランプが築こうとする世界は(中略)… 彼以前のオバマやソロスや他の者たちが犯した、多くの歴史的誤りと彼の考えるものを、修正するものである。
(中略)
要するに、このグローバルな再調整は、“世界諸事情革命”と呼んでもいいもので、それは今後のアメリカの政策を導くのに、“新しい思考”が必要になるからである。
――以上

» 続きはこちらから

トランプ大統領「ジョージ・ソロス、地獄に落ちろ」 ~トランプ大統領と米軍によるディープステート壊滅作戦は上手くいっている~

竹下雅敏氏からの情報です。
 前の記事のコメントで、どうやら、トランプ大統領はダボス会議で勝利宣言を行うらしいと記したのですが、この記事を見ると本当だったようです。偽者のジョージ・ソロスのスピーチには、聴衆はほとんど無関心で、トランプ大統領が、“英雄の歓迎に近いものを受けた”とのことです。
 略奪されたワンタ資金がアメリカ政府に戻って来ることを、ダボス会議の出席者のほとんどが知っていたのではないでしょうか。
 記事では、トランプ大統領がジョージ・ソロスに“地獄に落ちろと言った”とありますが、これが、トランプ大統領と米軍によるディープステート壊滅作戦の現状を、如実に物語ります。
 トランプ大統領は、上手くやっているようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トランプ大統領:ジョージ・ソロスは地獄に落ちていい
大統領が、億万長者グローバリストについて感情をぶつける
転載元)
(前略)

Riva Mendoza, www.neonnettle.com
January 30, 2018


報道によると、トランプ大統領は、スイスのダボスで開かれた世界経済フォーラムでの、報道撮影の時間に、億万長者のジョージ・ソロスについて、彼の感情を吐き出したと言われる。
http://www.theneonnettle.com/tags/george-soros

世界の財界エリートたちが、将来の計画をするのに集まるこの場所で、晩さん会に出席していたトランプは、席に着くや否や、ある女性記者から「なぜ大統領は、クリームにありついた猫みたいに、にやにや笑っていらっしゃるのですか?」と訊ねられた。

米国土安全保障省長官の Kirstjen Nielsen が、トランプが答える前に割って入った、「彼がにやにや笑っているのは、今、ジョージ・ソロスに、地獄に落ちろと言ったところだからさ。」

ジョージ・ソロスは、ドナルド・トランプ大統領のことを、前から「世界にとって危険人物」と呼んでおり、聴衆に対しては、ドナルド・トランプは、アメリかに「マフィア国家」を創ろうとしているのだが、国内に根を張る諸組織のために、できないのだろう、と言った。
http://www.theneonnettle.com/news/3654-george-soros-calls-donald-trump-a-danger-tothe-world-at-davos

YourNewsWire によれば、世界中の主流メディアが、ダボスでのジョージ・ソロスの演説を報道した。それは、ほとんど、トランプ大統領批判に当てられたもので、トランプの大統領職は「世界にとって危険」であると、世界の人々を信じさせようとしたものだった。
http://yournewswire.com/trump-george-soros-hell/

この悪名高いグローバリスト億万長者によれば、人類の生き残りは、トランプが次の 12 か月の間に、弾劾されるかどうかにかかっている。「Open Society財団の生き残りだけでなく、我々の文明全体が、危険にさらされている」と、ソロスは言った。

しかし、ソロスのダボス・スピーチは、うまくいかなかった。ソロスは、聴衆が自分の側についているものと予想していたのだが、自分が無視され、トランプ大統領が、英雄の歓迎に近いものを受けたとき、当惑するばかりだった――と、ニューヨーク・ポストは報じた。ワシントン・ポストでさえ、この出来事を、ネガティブなトランプ物語に作り直すことはできず、大統領が、ダボスでは何とか “勝利した” と認めた。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5