アーカイブ: ドナルド・トランプ

今夜、トランプ前大統領は「言論の自由」についての声明を発表する ~「言論の自由」を抑圧するフェイスブック、グーグル、ツイッターへの集団代表訴訟

竹下雅敏氏からの情報です。
 今夜、トランプ前大統領は「言論の自由」についての声明を発表するというのですが、「言論の自由」を抑圧するフェイスブック、グーグル、ツイッターへの集団代表訴訟を起こすようです。
 “続きはこちらから”では、トランプ前大統領の元スポークスマンのジェイソン・ミラー氏が、新たなSNSプラットフォーム「GETTR」を立ち上げたというニュースです。マイク・ポンペオ元国務長官のアカウントもすでにあるようです。
 GETTRは、「公式なキックオフは、独立記念日7/4(日)10時AM」という事だったようですが、“すべてのツイの投稿をGETTRにインポートすることもできます”とあるように、マイク・ポンペオ元国務長官のGETTRを見ると、7月4日以前の投稿も全て見ることが出来ます。
 ようやく、ツイッターに代わるものが出てきました。皆さん、GETTRにしましょう。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)
 
 
 
» 続きはこちらから

磁石的な作用を起こすヒドロジェルをワクチンに入れるように指示を出したのは、ホワイトハットとトランプ元大統領! ――ミシェル・フィールディングのチャネリング情報

竹下雅敏氏からの情報です。
 ミシェル・フィールディングというイギリス人女性のチャネリング情報ということです。大変面白い内容なので紹介します。
 私が見たところ、彼女の今回のチャネリングの情報源は、「地球同盟」のようです。引用元の記事には、質問に対する答えとして、「光の銀河連合達は、地球外から地球の周りにグリッドを形成し、守りの波動を保持してくれている」と言っていることから、正体がばれています。ここでの「光の銀河連合」は、時事ブログで「銀河連合」と表記している組織のことです。
 今回のチャネリング情報は、「銀河連合」を後ろ盾とする「地球同盟」のワクチンに関する作戦を、自ら暴露しているようなものです。情報のすべてが正しいわけがありませんが、かなりの部分が、真相をついていると見て良いでしょう。
 記事をご覧になると、現在提供されているワクチンはホワイトハットのものであり、“ブラックハットは、一切このオペレーションの指揮は出来ない”と言っています。ワクチンには、磁石的な作用を起こすヒドロジェルが入っており、「ヒドロジェルは、磁気的波長に反応する」とのことです。このヒドロジェルというのは、6月2日の記事で取り上げたダーパヒドロゲルのことだと思われます。「PCR検査に用いる綿棒には、米国国防高等研究計画局(DARPA)のヒドロゲルが仕込まれている」という事でした。
 “この磁気のジェル(ダーパヒドロゲル)のことは誰が知っているのか?”という質問に対し、情報源は「軍と製薬会社、トランプは、皆知っている」と答えています。しかもヒドロジェルをワクチンに入れるように指示を出したのは、「ホワイトハットとトランプだ」と答えています。
 6月9日の記事で、「私個人の観点からは、“トランプ元大統領も科学者たちも完全に犯罪者”だ」とコメントしたのですが、やはりこの通りのようなのです。
 ツイートの動画を見れば、「テスラバイオヒーリングメドベット」がすでに出来ているようです。記事には、“ヒドロジェル、とナノボットがサーキットを作り、テスラーヒーリング・テクノロジーと人を繋げる”とあります。そして、“スターリンク(量子コンピューターと連結している)とテスラーヒーリング・テクノロジーは、相互にリンクされコミュニケーションを図る”と書かれています。
 スターリンクが連結している量子コンピューターとは、「ブラックキューブ(人工知能666)」のことです。
 こうなると、5月13日の記事で示した、“人々の目覚めと共に、「地球同盟」が戦いに勝利し、人類の救済のために、準備されていたメドベッドが登場します。人々は、このテクノロジーを提供してくれた「銀河連合」に感謝し、メドベッドを使用することで、ブラックキューブ(人工知能666)の完全支配下に置かれ、めでたく「銀河連合」の宇宙人たちの奴隷となる”というストーリーが、現実的なものだと分かるでしょう。
 記事では、「何故ホワイトハットは、ナノボットを我々の承諾なしにワクチンに入れているのだと思いますか?」という質問に対し、ミシェルはトンチンカンな解答をしていますが、私はホワイトハットとトランプ元大統領が、この様な「世紀の大犯罪」を犯した理由を知っています。これらのことを全て見越したうえで、時事ブログではコメントを書いており、なおかつこのような暴挙に対して、背後では予め手を打っているのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ARE THE WHITE HATS IN CONTROL? With Michelle Fielding and Nic Veniamin
配信元)
————————————————————————
ホワイトハットが今指揮しているのか?インタビューwithミシェル・フィールディング Part 1
(前略)
ミシェル、早速チャネリングの内容に入りましょう。まずはワクチンの件について教えて下さい。
(中略)
ミシェル: StarLink(量子コンピューターと連結している)とテスラーヒーリング・テクノロジーは、相互にリンクされコミュニケーションを図ります。そしてテスラーヒーリング・テクノロジーと人を繋げる為には、ナノボットが必要になるという事です。

質問:ワクチンに入っている磁気は、人に危害を加えるものですか?
答え:ヒドロジェル(Hydro=水力)、とナノボットがサーキットを作り、テスラーとコミュニケーションを図ることになる。
(中略)
質問:ワクチンの中にこの磁気を入れたのは誰ですか?
答え:製薬会社だ。

質問:それは誰の指示で入れたのですか?
答え:ホワイトハットとトランプだ。

質問:現在提供されているワクチンはホワイトハットのものか?それともブラックハットのものか?
答え:ホワイトハット!!ブラックハットは、一切このオペレーションの指揮は出来ない状況にある。(ミシェル:これは何度も言われています)
(中略)
質問:もう少し説明して下さい。
答え:ヒドロジェルは、磁気的波長に反応する。

質問:この磁気は、人間に危害を加えるものではないのか?
答え:テスラーとリンクする場合には、問題ない。

質問:この磁気のジェルのことは誰が知っているのか?
答え:軍と製薬会社、トランプは、皆知っている。
(中略)
ニコラス:しかし、何故ホワイトハットは、ナノボットを我々の承諾なしにワクチンに入れているのだと思いますか?

ミシェル:確かにナノボットの入ったジェルの関しては成分表に掲載されていません。しかし、これは我々を万が一の時の為に守る手段として、彼らが計画した最善の対策だったと思えれば、受け入れる事が出来るのではないかと私は思います。
(以下略)
————————————————————————
配信元)

21/06/07 フルフォード情報英語版:トランプ復帰を狙う陰謀で戦争激化

 6月7日フルフォード・レポート(英語版)です。長いです。トランプさんが6月5日のノースカロライナ州の共和党スピーチに登場し(このトランプさんは本物だったらしい)2024年の出馬をほのめかしたと。また、トランプさんは、インタビューで2022年の中間選挙でカムバックし、バイデン偽大統領を弾劾するかもというアイデアを語ったらしい。

ワクチンの話題では、ファイザーの内部告発者が、ファイザーのワクチンは人を殺すように設計されていると詳細説明を書いた論文をファイブ・アイズに提供。法医学的証拠は、これらの大虐殺の執行機関はマルタ騎士団を示すらしい。CIA、MI6、モサドによると、ファウチ、ゲイツ、シュワブは処刑済み。さらにフルフォード氏は、死刑執行令状に署名されている人物の名前を列挙。イスラエル、モサドのトップが去ったため、これらの人物の保護が終了したらしい。

オクタゴン・グループは、オスマン帝国とロシアを中国と聖戦させたいらしいが、ロシアにその気なし。中国は、アメリカを批判。アメリカだけが国連の児童権利を拒否し、労働条約も190のうち14だけ批准と指摘。また、中国は武漢研究所の『3人の病人』とCovid-19の発生との間に、突飛な関係があることをほのめかしたアメリカのウォール・ストリート・ジャーナルのジャーナリスト、マイケル・R・ゴードンを攻撃。「19年前、まさにこの記者が、イラクが『核兵器を取得しようとしている』という根拠のない情報を引用して、虚偽の情報を作り上げイラク戦争に直結させた」という中国。

オランダでは、政治家がロックフェラーが2010年にこのパンデミックを計画したと証拠を手にしながら訴えたよう(動画あり英語字幕)。ハザール・マフィアの今後の邪悪な計画は、サイバー攻撃で世界のサプライチェーン停止を目論んでいるよう。

最後に、白龍会が地球をパラダイスにするための声明。「宇宙を植民地化して新たなカンブリア爆発を起こし、地球の生命の量と種類を4兆倍に増やすことができる。たとえ地球外に出られなくても、ドングリを樫の木にするように、地球を有機的に成長させることで同等のことを成し遂げようとする。」

う〜ん、なんじゃこれ?popoちゃん理解不能😑。平和とは植民地支配自体を無くすことでは?つまり支配欲を無くすことでは?平和は、私たち一人一人の心から始まる。
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:トランプ復帰を狙う陰謀で戦争激化
投稿者:フルフォード

War Intensifies as Cabal Takes Aim at Returning Trump

トランプさんの最近の動き


The Khazarian Mafia tried on the Satanic day of June 6th (66) to overturn a grassroots movement to remove the fraudulently installed Joe Biden presidency. Following Donald Trump’s live GOP speech in North Carolina the day before where he claimed the fraudulent election was “the crime of the century,” the MSM tried to portray him as broken and incapacitated. By infuriating Trump supporters, it has had the opposite effect. This means the war to hunt down and kill all members of this cabal has intensified, MI6, CIA, and Pentagon sources agree. 6月6日という悪魔の日に、ハザール・マフィアは、不正に設置されたジョー・バイデン大統領を排除しようとする草の根運動を覆そうとした。前日にドナルド・トランプがノースカロライナ州で行った共和党のライブ演説で、この不正選挙は「世紀の犯罪」だと主張したことに対して、MSM【主要メディア】はトランプは壊れていて無能であるかのように描こうとした。トランプ支持者を激怒させることで、逆効果になってしまったのだ。これは、このカバール・メンバー全員を追い詰めて殺すための戦争が激化していることを意味すると、MI6【《英》軍事情報活動第6部】、CIA、ペンタゴンの情報筋は認めている。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
ノースカロライナ州での共和党のライブ演説

The Trump on display was the real one, and not his loose jowled body double, NSA sources confirm. The democratically elected president of the United States may be considering military action against the illegal Biden regime as the only option left. NSA【アメリカ国家安全保障局】の情報筋によると、演説したトランプは本物であり、顎の【下の皮膚がビラビラに】弛んだ影武者ではないとのことだ。民主的に選出された米国大統領は、違法なバイデン政権に対する軍事行動を、残された唯一の選択肢として考えているのかもしれない。

Trump tried to assuage supporters by hinting at running in 2024. He had also raised attention with comments about returning to the White House sooner than people expect and responded to interview questions about the “interesting” idea of joining the 2022 house race to become the speaker and impeach Biden. The cabal seems to be hoping any delay will give them time to permanently cement their satanic grip on the U.S. A growing body of evidence shows they intend to accomplish this by murdering most Americans with toxic vaccines. トランプ氏は、2024年の出馬をほのめかして支持者を安心させようとした。また、人々の予想よりも早くホワイトハウスに戻るというコメントで注目を集め、2022年の中間選挙に参加して議長になり、バイデンを弾劾するという「興味深い」アイデアについてインタビューに答えていた。カバールは少しでも先延ばしになれば、米国に対する悪魔の支配力を永久に強化するための時間が得られると期待しているようである。


ファイザー社の内部告発者、ワクチンは人々を殺すように設計されている


This has been confirmed by a whistleblower from Pfizer who contacted 5 eyes intelligence last week and described the detailed manner in which their vaccine is designed to kill people. これは、ファイザー社の内部告発者が先週、ファイブ・アイズ情報機関に連絡し、彼らのワクチンが人々を殺すように設計されている詳細な方法を説明したことによって確認された。
諜報活動について機密情報共有協定を締結している米国・英国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド5か国の通称。デジタル大辞泉より)

According to MI6: MI6によると

“A peer reviewed clinical study from inside Pfizer raises serious concerns about the distribution throughout the body and the accumulation in multiple organs and the brain of the spike proteins created by the mRNA inoculations. The inoculation goes to the deltoid [arm] muscle to then be expelled by the local lymphatic system.
「ファイザー社内で行われた査読付きの臨床研究では、mRNAを接種して作られたスパイクタンパク質が全身に行き渡り、複数の臓器や脳に蓄積されることについて深刻な懸念が示されている。接種されたものは三角筋(腕)に行き、局所的なリンパ系によって放出される。

The lymphatic system then spreads the residual (the so-called spike protein) to the lungs, liver, heart and brain. It is very highly toxic and is expected to cause widespread causality and death. The paper is expansive and highly detailed and technical. It would require an expert eye, which may well challenge everything we know to date.” その後、リンパ系によって残留物(いわゆるスパイクタンパク)が肺、肝臓、心臓、脳などに拡散する。非常に強い毒性があり、広範囲に因果関係が生じて死亡することが予想される。この論文は広範囲であり、非常に詳細で専門的である。専門家の目が必要であり、これまでの知見がすべて覆される可能性もある。

» 続きはこちらから

トランプ元大統領が推奨しているJ&Jのワクチンは、自己拡散型ワクチンか!?〜 新型コロナウイルスの混乱の中で、トランプ元大統領の暗黙の了解のもとに秘かに使用された自己拡散型ワクチン!

竹下雅敏氏からの情報です。
 5月12日の記事で、自己拡散型ワクチンについて触れました。自己拡散型ワクチンとは、“遺伝子操作されたウイルスで…良性のウイルスをベースに、病原体の遺伝物質を加えたもので…抗体や白血球の産生を促す…接触、セックス、授乳、同じ空気を吸うなどして出会った他の人たちに、受動的にワクチンを広めていく”というものでした。
 この時のコメントで、「新型コロナウイルスのmRNAワクチンは、自己拡散型ワクチンかもしれない」と記したのですが、今は違うと感じています。新型コロナウイルスのmRNAワクチンは自己拡散型ワクチンではなく、トランプ元大統領が推奨しているJ&Jのウイルスベクターワクチンが、自己拡散型ワクチンではないかと思っています。
 「自己拡散型ワクチン」は、今のところJ&Jのワクチンのみだと思うのですが、あくまでも私の直観に基づく仮説です。しかし、もしもこの事が事実だと判明したら、かなりやっかいな事になりそうですね。
 「自己拡散型ワクチン」に関する3つの記事は、読者の方からの情報提供です。自己拡散型ワクチンがどのようなもので、どういう問題があるかを説明しています。2つ目の記事によれば、「自己拡散型ワクチンは、すでに野生のウサギを粘液腫から守るために、また、ネズミの集団におけるシン・ノンブル・ウイルスを制御するために使用されている」とのことです。
 こうなると、人間に対して使用されるのは時間の問題で、Nature誌の見出しには、「COVID-19療法:科学者たちは、自己拡散型コロナウイルス・ワクチンの開発を計画している」とあるようですが、今回の新型コロナウイルスの混乱の中で、トランプ元大統領の暗黙の了解のもとに、秘かに使用されたというのが、私の見解です。
 仮説が正しければ、トランプ元大統領も科学者たちも、「流行が拡大した後に自己拡散型ワクチンを導入した場合は、感染しやすい人を保護し、新たな感染者の数を抑え、壊滅的な結果を防ぐことができる」という視点で、これを行ったことになりますが、“このアプローチにはいくつかの大きな課題がある”のは、記事をご覧になるまでもなく、明らかです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
私たちは今、自分自身で拡散することができるワクチンを開発するテクノロジーを持っている
スコット・ヌイスマー(Scott Nuismer)とジェームス・ブル(James Bull)は、「予防は治療に勝る」とし、危険な動物の病気が人間に移るのを防ぐために、遺伝子技術を使い始めるべきだ」と述べている。
引用元)
(Deeple 翻訳+チェック修正 by Sho-Momo)
(前略)
「自己拡散型ワクチン(self-disseminatingvaccines)」を開発するには、少なくとも2つの方法がある。従来の方法では、捕獲した動物の毛皮にワクチンを塗布して放す。捕獲された動物が元の場所に戻ると、社会的なグルーミングによって他の個体がワクチンを摂取し、免疫レベルが拡大する。
(中略)
もっと過激な方法としては、動物集団の中で自然に広がっていく良性のウイルスに、感染症の病原体のゲノムのごく一部を挿入する方法がある。この感染性ワクチンが動物から動物へと広がることで、対象となる感染症に対する免疫を獲得し、動物集団内の免疫力を大幅に高め、人間への波及リスクを低減することができる。
(中略)
自己拡散型ワクチンは、野生動物から人間に飛び火する感染症の脅威を軽減するための画期的な技術となり得る。(中略)... とはいえ、まだやるべきことはたくさんある。実験室やフィールドでの試験で、このアプローチがどれだけ効果的かを確認し、自己放出型ワクチンがもたらす予期せぬ結果を調べる必要がある。
(以下略)
————————————————————————
自己拡散型ワクチン
「世界的な壊滅的生物学的リスクに対処するテクノロジー」(p.45~47)
引用元)
(Deeple 翻訳+チェック修正by Sho-Momo)
どういうテクノロジーなのか?
自己拡散型ワクチンは、伝染病と同じように集団の中を移動するように遺伝子操作されたワクチンである。対象となる集団の中の少数にワクチンを接種し、そのワクチン株が病原性ウイルスのように集団の中を循環するという構想である。
(中略)
自己拡散型ワクチンには大きく分けて、組換えベクターワクチンと生ウイルスワクチンの2種類がある。組換えベクターワクチンは、免疫を誘導する病原性ウイルスの要素(病気の原因となる部分を取り除く)と、伝染性ウイルスベクターを組み合わせたものである。
(中略)
自己拡散型ワクチンは、すでに野生のウサギを粘液腫から守るために、また、ネズミの集団におけるシン・ノンブル・ウイルスを制御するために使用されている。
(中略)
人間用には、感染力の弱い自己拡散型のワクチンを流行の初期にターゲットを絞って投与すれば、地域社会に集団免疫をもたらし、流行がパンデミックになるのを防ぐことができる。一方、流行が拡大した後に自己拡散型ワクチンを導入した場合は、感染しやすい人を保護し、新たな感染者の数を抑え、壊滅的な結果を防ぐことができる。
(中略)
このアプローチにはいくつかの大きな課題がある。現在のヒトへのワクチン接種方法の重要な要素の一つに、インフォームド・コンセントのプロセスがある。(中略)... 自己拡散型ワクチンの場合、直接接種された人にはこの選択肢があるが、その後ワクチンが拡散した人にはない。さらに、自己拡散型ワクチンは、アレルギーなどの禁忌を持つ人にも感染する可能性があり、生命を脅かす可能性がある。
(以下略)
————————————————————————
「自己拡散型ワクチン」を開発中
引用元)
(Deeple 翻訳+チェック修正 by Sho-Momo)
(前略)
あなたが、たとえワクチンについての賛成・反対派のどちらであっても、COVID-19のパンデミックの最中で、ワクチンの開発・認可・規制のあり方に急激な変化が起きたことは無視できない[1,2]。一部の研究者は、その先のステップに進んでいる。環境中に自己拡散する新しいタイプのワクチンの開発を目指しているのだ[3]。
(中略)
「Nature誌」の見出しにはこうだ:「未来のワクチンはウイルスのように伝染するかもしれない」[15]、そして「COVID-19療法:科学者たちは、「自己拡散型」コロナウイルス・ワクチンの開発を計画している。
(中略)
この種のワクチンには欠点があることを知っておく必要がある。(中略)... 自己拡散型ワクチンでは、意図的に設計された伝達性ワクチンが、死ぬまでに何度も複製されるチャンスがあるため、通常のワクチンよりも、より毒性の強い形に戻る可能性が高くなる。(中略)... このようなワクチンを開発しようとしている研究者でさえ、途方もない奇怪な異常が生じる可能性を認めている[30]。
(中略)
医療従事者は、医療行為を受ける前に、そのリスクとベネフィットを開示するという倫理的・法的義務を負っている。この法的基準を満たすためには、伝達性のあるワクチンを自然界に放出する前に、米国内、いや世界中のすべての人にインフォームド・コンセントを提供しなければならない。
(以下略)

» 続きはこちらから

イスラエル国防省元宇宙局長のハイム・エシェッド教授の爆弾発言「人類は銀河連合と前からコンタクトをとっている」「トランプは地球外生命体の存在を知っている」 ~イバンカさんを通してトランプ氏に指示を与えることが出来た銀河連合

竹下雅敏氏からの情報です。
 イスラエル国防省元宇宙局長のハイム・エシェッド教授は、「人類は銀河連合と前からコンタクトをとっている」とし、「トランプは地球外生命体の存在を知っている。機密を公表するところだったけど、集団ヒステリーが起きるだけだと銀河連合に止められて口をつぐんだ」と爆弾発言をしています。
 また、2017年のマスコミとのオフレコ会見で、報道官は、「(トランプ)大統領は必ず単独で、定期的に地球外知的生命体と会見している」と発言したとのことです。
 これが事実だとすると、“トランプ氏は銀河連合の宇宙人とつながりがある”と見て良いでしょう。私は、長女のイバンカさんは霊媒体質であり、彼女を通して銀河連合は、トランプ氏に指示を与えることが出来たと見ています。
 こうしたことは、トランプ大統領の署名で、“国家情報長官と国防長官は、およそ半年以内に「未確認航空現象」に関する非機密扱いの報告書を、連邦議会の情報軍事委員会に提出”しなければならないことや、トランプ氏がメドベッドを視察していることからもうかがえます。
 さて、先の記事で、トランプ元大統領が新型コロナウイルスのワクチン接種に関して、「私は全面的にワクチンに賛成です」と発言していることをお伝えしました。トランプ氏は、新型コロナウイルスのmRNAワクチンによる健康被害をよく知っているのではないかと思います。そして、ワクチンによる体調悪化は、今後公開予定のメドベッドの使用で完全に癒され、さらに若返ることになると信じているのではないかと思います。また、こうした経過の中で、人々はグローバリストたちの悪魔的な計画を理解し、地球規模の目覚めが実現すると信じているのかも知れません。
 トランプ元大統領とイバンカさんが理解していないのは、“メドベッドを使用した人は、ブラックキューブ(人工知能666)に完全支配されることになる”という事でしょう。二人は、銀河連合の宇宙人に、見事に騙されているわけです。
 そして、これがハイアラーキー(聖白色同胞団)の残党である「銀河連合」のもともとの計画なのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「宇宙人はいる。トランプは知っている」イスラエル国防省元宇宙局長が爆弾発言
引用元)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
  Image:Yediot Aharonot / NBC

「人類は銀河連合と前からコンタクトをとっている」。
 
イスラエル国防省元宇宙局長のハイム・エシェッド教授がイスラエル主要紙イディオト・アハロノトにこんな爆弾発言をし、Jerusalem Postの英訳で世界に衝撃が広まっています。
 
教授は宇宙防衛を30年担当したその道の権威です。(中略)… 教授によると「人類にまだ受け入れ準備がないから、未確認飛行物体(UFO)側の要請でここにいることは伏せられている」だけで、「トランプは地球外生命体の存在を知っている。機密を公表するところだったけど、集団ヒステリーが起きるだけだと銀河連合に止められて口をつぐんだ」のだといいます。トランプには宇宙人も手を焼いているようですね。
 
火星に地下基地、米国は契約済み?
すでに異種間協定も成立していて、「火星の地下基地 」には米国人宇宙飛行士と宇宙人代表が駐留しているとか。また、米国政府と宇宙人は契約済みで、それをもとに地下基地で実験を行なっているそうです。
(以下略)
————————————————————————
UFO研究家が断言「トランプ大統領は宇宙人に教えを乞うている」
引用元)
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
海軍機が撮影し、アメリカ国防総省が「未確認航空現象」と認めた動画のキャプチャー画像
(中略)  
2020年、ついにアメリカ国防総省がUFOの存在を “認める” に至った。4月27日、米海軍機が過去に撮影していた謎の飛行物体の映像を3本公開したのだ。
(中略)  
ポイントは、今回発表したタイミング。トランプ政権は2019年、宇宙軍を正式に発足させました。
(中略)  
UFO研究家の韮澤潤一郎氏(75)は、こう見る。
(中略)
「以前から、歴代のアメリカ大統領のうち何人かは、宇宙人と会っているという情報があります。トランプ大統領の場合も、じつは2017年に報道官がマスコミとのオフレコ会見で、『大統領は必ず単独で、定期的に地球外知的生命体と会見している』と発言しているんです。

また2016年には、EUのユンケル委員長がイギリスのEU離脱について、『ほかの惑星のリーダーと会って話した』と発言し、その模様がYouTubeに流れました」
(以下略)

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 72