アーカイブ: ドナルド・トランプ

キンバリーさんが語る秘密宇宙計画に関する情報 ~「サダム・フセインの三番目の隠し子で、モナーク軍のメンバーです。彼はQムーブメントとトランプムーブメントにも関与」「トランプに関しては、私は彼が人類の友ではないという証拠と事実を持っています。」 / プレアデス司令官ハカンからのメッセージ

竹下雅敏氏からの情報です。
 1月4日の記事で1月1日の能登地震に関するキンバリー・ゴーグエンさんの情報を紹介しました。
 冒頭の動画でキンバリーさんは、“SSP(秘密宇宙計画)の役割について話しましょう。これには現在、14前後の秘密の軍隊が関与しています(41秒)。…過去、アンブレラが他の軍隊を統括していましたが、現在はモナークがその役割を引き継いでいます。モナークは、彼らに従うオペレーターに複数の指示を出しており、その中には日本の地震も含まれます。これは間違いなくアラサカの仕業であり、指向性エネルギー兵器などの従来型の武器が使用されました。私たちはこの状況に他に関与しているものがいるか調査中です(1分6秒)。…
 さらに、秘密宇宙計画に関する情報が入ってきました。この人物はサダム・フセインの三番目の隠し子で、モナーク軍のメンバーです。彼はQムーブメントとトランプムーブメントにも関与しています(2分2秒)。…彼はカナダのアルバータ州に住んでおり、少なくとも昨日まではそこにいました。彼はオーダー・オブ・ザ・ブラックサンに関わり、彼らの資金調達の日である毎年1月12日、新月の翌日でもある「世界の終わり」を予言するQクロックにも関与しています(3分2秒)。…1月11日や12日に世界が終わることも、トランプが1月1日に戻ることもありませんでした。通貨再評価のための資金はなく、何も変わっていません。私たちは前進を続けていますが、彼らは停滞しています。彼らは世界の終わりを引き起こそうと試みていますが、すでにそれは終わりました(8分43秒)。…トランプに関しては、私は彼が人類の友ではないという証拠と事実を持っています。彼が40歳の誕生日の儀式に参加し、若い子供が犠牲になっていること、エプスタインとの関連があることがビデオテープで証明されています。彼は多くの人にヒーローとみなされていますが、それは全て完全に嘘です(11分30秒)”と話しています。
 アンブレラ、モナーク、アラサカなどの秘密軍については、ACIO公式サイトの『世界的な軍事企業』を参照してください。
 “続きはこちらから”をご覧ください。これは『キム・メッセージ・テレグラム版』の1月7日の中にあったものです。
 プレアデス司令官ハカンからのメッセージです。ハカンは「地球の将軍」に相当する立場だということです。チャネリング情報としては、具体的な内容で正確なものだと思います。引用は必要最小限に留めましたので、引用元で全文をご覧ください。
 権力の地位にある人々は、ほぼ常にグレーハットかブラックハットであり、ホワイトハットはいない。グレーハットはトランプ、プーチン、そして陸軍、海軍、諜報機関、警察のような人々で、ブラックハットが人類が目覚めるほどの十分な損害を与えることを許可することによって、人類を解放するという「計画」だった。彼らはワープスピード作戦を含め、自らも罪を犯しているため、情報の全面開示を行うとグレーハットの上層部は法廷に引きずり出されることになることが問題になった。本物のトランプには、やるべきことを実際にやる勇気も意志力もなかった。本物のトランプは既に死亡している。嘘の上に新しい社会を築くことはできない。グレーハットは、この件について正直かつオープンに、トランプの死の詳細を世界の人々に説明すべきだ、と言っています。
 こうしたハカンの言葉は、これまでに時事ブログや映像配信で、私が説明してきたことと一致していると思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
元日の日本を襲ったあの地震の知られざる真相|サダム・フセインの隠し子がQの黒幕だった!|01/03/2024 UNN 世界情勢レポート 【要約】
配信元)
————————————————————————
【キム・レポート2024.1.3】モナーク軍の残党が主導的立場に|サダム・フセインの三男アドナン・"サイフ"・モハンマドを含む13~15人の工作員がまだ活動中|Q クロックはいまだに1月12日に世界が終わるとしており、ブラック・サンの給料日はここ数年間実現せず|死者が多ければ多いほど、報酬も大きくなるというのが彼らの考え|キム氏が2012年に資金提供したという真実が、キム氏とトランプ氏との会話の外交記録と同様に広がっている
引用元)
(前略)

2024/01/03 NEWS (youtube.com)
(中略)
サダム・フセインの隠し子である三男はモナーク軍のメンバー

これはサダム・フセインの隠し子で三男のアドナン・"サイフ"・モハマッドで彼はモナーク軍のメンバーです。彼はQ運動やトランプ運動にも関与しています。知らない人のために補足しておきますが、サダム・フセインの大学時代のあだ名はアンクル・サムのように「アンクル・サミー」でした。彼はブッシュ・シニアと非常に仲が良く、スカル・アンド・ボーンズとブラック・サン騎士団のメンバーでもありました。


(中略)
アドナンは昨日の時点でカナダのアルバータ州にいて、そこの居住者ですが、控えめに言ってもクレイジーです。彼は死と破壊のプログラムに100%関与し、積極的に関与しており、まだこのプログラムに挑戦している小さなグループの一員です。Qクロックに従うと、世界は1月12日に終わると言われています。それは偶然にも新月の翌日でもあり、毎年ブラック・サン騎士団が資金を得る日でもあります。

この記事を書いているのは1月6日ですが、『啓示』と書かれています。 彼らは今、何を企んでいるのでしょう?


近日公開予定 |Q (qofficial.net)
(中略)
トランプとのつながり

しかし、それにしても、ここでドナルド・トランプと結びつきます。ブッシュ・シニアも、サダム・フセインも、トランプも、Qも、みんなブラック・サン騎士団です。
(中略)
キム氏は、私たちがより明確な全体像を掴んでいることを望んでいます。なぜなら、テレグラムだったと思いますが、誰かが彼女に、なぜ彼女はトランプが嫌いなのか、と尋ねたからです。
(中略)
彼女は彼が40歳の誕生日の儀式に参加した証拠を持っています。通常、子供が生け贄にされ、レイプされ、飲血され、その様子を撮影したビデオテープがあります。彼らは皆40歳の誕生日にそれをします。彼がジェフリー・エプスタインとパーティーをしているビデオテープもありますが、なぜか人々はまだ彼を英雄として描いています。しかし、とにかく彼は生きていないし、息もしていないのですから、嘘をつくのはやめてください!
(以下略)

» 続きはこちらから

1月3日以降公開された、ジェフリー・エプスタインに関する新たな裁判資料 〜 公開された文書はトランプ側の工作員による情報操作の可能性が高く、真相が明らかになることはない

竹下雅敏氏からの情報です。
  性的人身売買の罪で起訴され、拘置所で自殺したとされているジェフリー・エプスタインに関する訴訟で、1月3日以降、新たな文書が公開されています。
 エプスタインから性的虐待を受けたと主張するヴァージニア・ジュフリーさんが起こした2015年の民事訴訟で、ヴァージニア・ジュフリーさんはエプスタインの元恋人で長年の共犯者だったギレーヌ・マクスウェル被告が虐待に協力していたと訴えていました。新たに公開された文書は、メディアによる文書開示請求に応じて、訴訟を担当する判事が昨年の12月18日に公開を命じていたものです。
 公開された文書には、ギレーヌ・マクスウェル被告の証言録取や、ヴァージニア・ジュフリーさんの証言録取の内容が含まれています。アーロン大塚氏のツイートのリンク先に「エプスタイン関係の裁判書類」があります。
 この膨大な量の裁判資料を分かりやすく解説しているのが冒頭の動画です。「現時点で合計943ページの裁判資料が公開されているが、全てではないし、黒塗りされたままのものもある(1分30秒)」ということで、“本当に限定されている内容なんですね(1分50秒)”と言っています。
 「157人の名前が明かされたが、従業員・仕事の関係者・ジャーナリスト・被害者が含まれていて、すべてが加害者というわけではない(17分20秒)」ということと、“今回の件の中では日本人らしい名前は出てきてないですし、あともうすでに出ていたフライトログ、エプスタイン専属のプライベートジェットの操縦士が…つけ続けていたログのなかにも、昨日確認してみたんですが名前やっぱ出てこないんですね。…とりあえず120ページ分ぐらいあるんですが、全部印刷して読んでみたんですが…1人も日本人っぽい名前、なかったんですね(18分10秒)”と言っています。
 この件に関しては、“日本人の顧客リストがあった”というような誤情報が多いので気を付けてください。また公開された文書は、裁判の中での証言記録であって「エプスタインの顧客リスト」ではないことに注意しましょう。
 冒頭の動画では、トランプの名前も文書に出てくるが、“今回改めて、本当にトランプ、関係なかったということになった(14分42秒)”と言っています。しかし、『エプスタイン文書第4弾』の中では、トランプの疑惑について解説しています。
 カナダ人ニュースさんが、“本当に限定されている内容”だと言っているように、公開された文書はトランプ側の工作員による情報操作の可能性が高い、と思っています。J Sato氏のツイートには、“ガス抜きに過ぎず…”とありますが、真相が明らかになることはないでしょう。
(竹下雅敏)
————————————————————————
1.4 お祭り騒ぎ文書の内容
配信元)
————————————————————————
配信元)



» 続きはこちらから

ユダヤ問題のポイント(終編) ― 第4話 ― 民衆側の課題

 この数年は光側に転じた人物たち、世界的なリーダーたちが残念ながらダークサイドに落ちて消えていくことが続きました。これには勿論、本人にその原因があります。捨てきれない野心が、そして本当はその裏にある弱さが原因で転落していくのです。野心の裏には弱さがあります。そして過去の自分を受けきれない、それを民衆に知られる恐怖があります。そして実際には、この実態を知られる恐怖には民衆側の問題も含まれます。
 野心を持つ者は、自分を聖賢やヒーローのように見せかけたがります。ところが、これは民衆もそのように求めるのです。一方的なものではなく、民衆側の一種の恋・幻想も存在しているのです。それに幻想が破れたら、幻想を見た相手に石を投げつけようとする心理が民衆側に少なからずあるのです。民衆がどれだけ現実を許容できるのか?が課題にあるのです。違う言い方をすれば、どれだけ民衆が真実に向き合えるか?でしょう。
 ある意味では真実とは残酷です。受け入れがたいものがあったりするのです。真実は甘やかしてはくれません。その点で、幻想は甘やかしの揺りかごで慰撫してくれるのです。しかしそれが命取りになりかねないのです。それが現実なのです。
 コロナワクチン、ウクライナ情勢、悲しいかな私の周辺でも多数の人が騙される方に入っていきました。騙す側が悪いのは当然です。しかし騙される側にも問題はあるのです。誰かに期待と幻想を抱いていくだけでは、自分もこの世界も救われないでしょう。一人ひとりの人間が真実に向き合っていこうとの勇気をもてば、この地上世界の現実も大きく変化するだろう、とは本当に思えます。
(seiryuu)
————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(終編) ― 第4話 ― 民衆側の課題

裏切っていたトランプ



2020年(令和2年)、世界中に新型コロナとワクチンの大狂想曲が奏でられる中、秋には米国大統領選が行われました。私達は当然ながらトランプの勝利を疑っていませんでした。そもそも、相手のジョー・バイデンに大統領選勝利の要素など皆無であり、立候補の資格さえも持ち合わせていない人物だったのですから。

息子のハンター・バイデンのノートパソコンが押さえられ、そのハードディスクには汚職や性的堕落などのバイデン親子の犯罪の証拠が詰まっていました。この証拠資料はトランプ側に渡っており、2020年10月にはニューヨーク・ポスト紙がそのハードディスクからの資料を公開したのです。バイデンは完全に詰んでいたのです。

バイデン候補がピンチ!ウクライナ疑惑のEメールが明らかに=October surprise
ニューヨーク・ポストは14日、ハンター・バイデン氏の3つのEメールについて暴露しました。
1つ目は、ハンター氏がウクライナのエネルギー会社「ブリスマ」の役員に就任した直後の2014年4月13日、取締役会の役員に宛てたEメールで、ハンター氏は父親のジョー・バイデン氏のことについて繰り返し言及することで高い報酬を確保していました。ブリスマ社でのハンター・バイデン氏の報酬は最高月額5万ドルでした。
2通目は、ハンター氏がブリスマ社の役員になってから1か月後に、取締役会の顧問を務めていたバディム・ポザルスキー氏からハンター氏に送られたもので、ハンター氏の政治的影響力を利用して会社を助けるよう促しています。
ポザルスキー氏はさらに、2015年4月に送った別のEメールの中で、ハンター氏を通じて当時のジョー・バイデン副大統領とワシントンで面会したことに対して感謝の意を述べています。

ただし、メディアの発表による大統領選の結果は、大接戦の末のバイデンの勝利。もちろん不正選挙です。米国の多くの民衆がそれを叫び指摘しました。トランプ陣営はその不正選挙の動かせない証拠の数々を掴み、明けての2021年(令和3年)には反撃の構えを見せていました。

「これで不正選挙の実態が公になる。とてつもない不正犯罪の闇がこの世界を覆っていたことを、民衆が、日本人もやっと認めることになるだろう。見え透いた嘘を強弁して、世間を動かしてきた連中もその正体が明かされる…」

このようなことを2021年1月に私達は思っていました。

既にバイデンが、本人はこの世界にいない替え玉であり、ホワイトハウスも閉鎖されている実態はネット世界では明らかにされていました。これが実際の中身なのですが、それでもそれらも公なものとして公表されるのが重要だったのです。そうしないと、嘘を強弁する連中のいつまでも肩で風を切るような振る舞いは変わらないのです。


…しかし、反撃に出るはずのトランプ自身が、いつまでもグズグズしているのです。トランプの周囲、陣営の面々の準備は出来ているのに…。時間が過ぎていき、とうとう替え玉バイデンがホワイトハウスでもない、どこともわからないところで米国大統領として公には振る舞うことになりました。私たちにとっては肩透かしをくらったまま米国大統領選が終了したのです。

「いったい何がどうなっているのやら…?」結局教えられたのはトランプの裏切りでした。

2021/11/19の竹下さんの記事に全体的な構図が簡潔に示されていますが、

地球同盟のトランプと習近平が「ブラックサン(裏のイルミナティ)」と取引をして、ワクチンによる大量殺戮のタイムラインが確定しました。

とあります。

ワクチンのタイムラインが確定したのは、2018年(平成30年)11月の模様です。すでにオバマ大統領時に新型ウイルスパンデミック・ワクチン・マイクロチップ埋め込みの計画は起こされていましたが、このタイムラインを決定したのは、ブラックサン(裏のイルミナティ)と宇宙人グループとの取引をしたトランプ大統領とのことです。またトランプは、大統領選前にブラックサン(裏のイルミナティ)の「裏のイルミナティのトップ(ピンダー)に就ける」との誘いに乗じて、大統領選の勝ちをバイデンに譲った模様でした。

twitter」より


» 続きはこちらから

ユダヤ問題のポイント(終編) ― 第3話 ― 世界の人間牧場実現に向けて

 日本で新型コロナ・ワクチン接種が開始されたのが、2021年(令和3年)2月からでした。高齢者に向けた当初の接種の出だしは鈍かったと記憶しますが、接種が加速されてきたのは夏頃からだったでしょう。政府の「大切な人を守るためにワクチン接種を」のキャンペーン、そして「反ワク」とのフレーズがズバリ功を奏したはずです。
 多くの人は自分を「常識人」「善人」と分類し、認識したがります。不幸な習慣なのですが、自分に対する他者からの評価をすごく気にして依存するのです。だから反社につながるイメージの「反ワク」、そして非常識で身勝手な変なヤツと見られるのを避けたいとの心理が働いたでしょう。その心理を政府側は突いてきたと見えます。もっとも政府側の高官などは、コロナワクチンなど打ちませんが…。
 この地上世界でのワクチンキャンペーンと同時に世界で進められていたのがID2020プロジェクトでした。「全ての人にIDを」の看板を掲げ、世界77億人全てにRFIDマイクロチップが埋め込まれる社会を実現化するための計画でした。
twitter」より

これに共同参加しているのは、マイクロソフトと複数のIT企業、世界最大の経営コンサルティング会社のアクセンチュアや、製薬会社などを含む150社、ロックフェラー財団、GAVI(ワクチンと予防接種のための世界同盟)と複数の国連機関でした。コロナワクチン接種とRFIDマイクロチップ埋め込みとがセットになっているのは明白でした。

Wolne Media」より(「id2020.org」アーカイブはこちら

(seiryuu)
————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(終編) ― 第3話 ― 世界の人間牧場実現に向けて

日本政府の行状


日本では、新型コロナと称されるようになった生物兵器COVID-19が騒動となって、私達日本人がそれを認識するようになったのは、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」での集団感染の報道からでした。時に2020年(令和2年)2月3日からの連日の報道でした。

当時の報道の様子
クルーズ船 新たに41人感染 2020/02/07

日本では「桜を見る会」の問題が取り沙汰されていた頃ですが、すでに中国では、武漢を中心にこのウイルスのために大変な状況になっていました。時事ブロクでは、2020年1月の後半時点でこのウイルスが生物兵器であることと、このウイルス感染予防のためとされるワクチンと称されるものが、ウイルス以上に危険な生物兵器であるとの警告が出されていました。

報道では連日の騒ぎでしたが、この新型コロナへの政府の対応は、やる気も緊張感も皆無のグダグダのものでした。下の記事をご覧ください。この二人は政府担当者としてクルーズ船での対応を現場で指揮・指導していたはずなのですが、任務などほったらかしでデートに励んでいた模様です。

橋本岳・厚生労働副大臣(46)=衆院議員=が、自見英子(はなこ)同政務官(44)=参院議員=の住む議員宿舎に長時間滞在するなど「不倫関係」にあると週刊文春が報じたことを受け、加藤勝信厚労相が30日までに、2人に対して注意をした。菅義偉官房長官が同日の記者会見で明らかにした
(「朝日新聞デジタル」2020年7月30日より)

この上の二人と同等以上にひどかったのが専門家のはずで、厚労省幹部としてクルーズ船内で作業にあたっていたとされる大坪寛子審議官です。大坪女史は、和泉洋人首相補佐官とのコネクティングルーム・不倫などが問題に取り上げられていた人物です。大坪女史は船内作業に当たっては、マスク未着用の姿がしょっちゅう確認されていたといいます。さらに、大坪女史は船内の飲食不可の作業エリアにもスイーツやコーヒーを持ち込み、堂々と飲み食いしていたことが報じられていました。

私達もその写真を見てホトホト呆れ返ったのですが、クルーズ船内はゾーン分けなど見せかけにも出来ていない状態であり、感染患者と装備なしの状態ですれ違うことがあるなどの問題点が、神戸大教授の岩田健太郎医師などから指摘されていたのです。岩田医師は「未だかつてないほどの現場での感染への恐怖を心底感じていた。」のですが、政府担当者と厚労省の担当官が上のような有様だったのです。

感染症の専門家、客船内の感染対策を批判 BBCが独占取材 2020/02/19
神戸大学医学研究科感染症内科の岩田健太郎教授は18日、新型コロナウイルスの感染者が増える客船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船して見た状況についてYouTubeに投稿したビデオで報告した。岩田教授は、ウイルスがまったくない安全区域(グリーンゾーン)とウイルスがいるかもしれない区域(レッドゾーン)を、船内で明確に区別していないと指摘。「感染対策は悲惨な状態」だと批判している。
岩田教授はさらに、エボラ出血熱や重症急性呼吸器症候群(SARS)の大流行の最中に現場にいた時よりも、客船内の方が怖かったと述べた。さらに、「感染症のプロだったらあんな環境にいたら怖くてたまらない。僕も怖かった」、「われわれにとっては超非常識なことを平気でみんなやっている」、「常駐しているプロの感染対策の専門家がいない」などと批判を重ねた。
BBCのルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ東京特派員が、岩田教授に話を聞いた。

最終的には、クルーズ船の日本人の乗客は衣服や所持品はそのまま消毒もなしに下船、そのあと公共交通機関を使って帰宅しているのです。この政府の乗客の帰宅の方法は防疫の観点ではありえない判断です。その後も政府は新型コロナ感染防止の水際対策として種々の決定をしていますが、それは見せかけだけで実効はなく、民衆に不便と苦をかけるだけのものだったのは、その後の日本での感染状況が物語っています。

日本全体の新型コロナウイルス感染者数の推移(日別)のグラフ
(2020年3月〜2021年4月)
Graph Stock」より


» 続きはこちらから

ユダヤ問題のポイント(終編) ― 第1話 ― 傷跡の影響

 この「ユダヤ問題のポイント」に取りかかったのは、6年前の2017年10月からでした。当初はこのような長期連載になるとは夢にも思っていなかったのですが、ようやくこの連載の終わりが見えてきました。
 最近は、日本編外伝を並行させる形で世界の動きと日本の動きを見てきましたが、最後のこれからは、それらを混ぜ合わせる形の(終編)として振り返っていきたいと思います。
 さて、「勝てば官軍、負ければ賊軍」「歴史とは勝者の歴史、敗者の歴史は消される」といいますが、これは事実として全くその通りであり、しかもこれは地上世界に限ったことではなく、霊的世界がそもそもそうだったのです。非常にざっくりした言い方になりますが、霊界において、大きな力を有するグループどうしの闘争、権力闘争といえる戦いがあり、勝利した側が神々を名乗り(ホワイト・ロッジ)、敗者の側が悪魔(ブラック・ロッジ)とされたのでした。これは別に真偽、善悪の戦いなのではなく、単に力で勝つか負けるかによる帰趨だったのです。そして現在では、本質的に善であったはずのホワイト・ロッジのほうが悪質で、ブラック・ロッジ側のほうがまともだったことが明らかになっています。「権力は腐る」ということだったのかもしれません。
 現在の地上世界は闇から光に転向していった存在によって支えられています。ただし、闇から光に転向した存在の中でも、残念ながら転落していった者たちもいました。闇側に所属していた存在には過去の傷跡があり、それが転落の一因でもあったでしょう。そして、それが地上世界に影響を与えてもいるのです。
(seiryuu)
————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(終編) ― 第1話 ― 傷跡の影響

ロリータ島の存在


Qグループ、ホワイトハットをバックとした地球同盟(アライアンス)のメンバーとして、光の側で闇に支配されていない米国大統領としてデビューしたトランプ大統領でした。その2017年(平成29年)1月のトランプ大統領デビューは、今後の地上世界の展開に大いに期待を抱かせるものでした。

ただし…、早々に暗雲がかかってきたというか、今後の不安を抱かせる情報が出てきました。2017/07/24の竹下さんの記事をご覧ください。

エリート小児性愛者御用達「ロリータ島」への飛行記録にドナルド・トランプ大統領の標題にて、

当時13歳の少女からトランプ氏は訴えられていましたが、その後、その訴えは取り下げられたという事件もありました。フルフォード氏によれば、トランプ大統領は淫行ビデオで脅されている

との記述があります。

ドナルド・トランプとヒラリー・クリントンを失脚させることができる億万長者の小児性愛者
マンハッタン連邦裁判所に提出された訴状によると、(中略)...ジェーン・ドウ”は、エプスタインのアッパー・イースト・サイドの邸宅で開かれたいくつかのパーティーに参加し、そのうち4回、ドナルド・トランプと性的接触を持ったとされている。
トランプ氏との4度目の最後のパーティーに参加した際には、パンティストッキングでベッドに縛り付けられてレイプされた後、殴打され、もし秘密を漏らしたら、自分と家族を殺すと脅迫されたと主張している。

“エリート小児性愛者御用達「ロリータ島」”とは、ニューヨークに在住していた富豪のジェフリー・エプスタインがカリブ海に島を所有しており、その通称エプスタイン島に、これまたエプスタインが所有するプライベートジェット機(ロリータ・エクスプレス)にて世界の富豪やVIPたちが招待され、そこで少女たちなどから性的サービスを受けていたというものです。

実際にはそのエプスタイン島では、小児性愛の性的饗宴だけではなくおぞましい悪魔崇拝儀式も行われ、幼児たちからアドレノクロムが搾り取られ、富豪やVIPたちに使用されてもいた模様です。「ロリータ島」は小児性愛饗宴の一大拠点であり、悪魔崇拝の一大拠点でもあったわけです。

エプスタイン島の様子

そして、現実としてはエプスタイン自身は工作員であって、エプスタインを使って「ロリータ島」を運営していたのはイスラエル諜報機関モサドであり、これにCIAが協力していたようです。ロリータ島に招待されたVIPなどたちは、そこでの行動を動画などで記録されていた、つまりVIPたちはモサドに証拠として弱みを握られていたことになります。米国などがイスラエルに鼻面を引き回されるように操作されるわけです。このようにロリータ島の件で弱みを握られていた面々の一人に、トランプ大統領もいたということです。


先の竹下さんの記事では、2017年夏の時点ではトランプ大統領は「13歳の少女を強姦したという件で訴えられたが、その後、裁判で無罪を勝ち取った。」とのことで、ロリータ島の件は無傷通過したとも思えました。しかしトランプ大統領にはこのロリータ島での自身の振る舞いが、後々まで影響を与えたのは間違いないところです。

トランプ大統領がおぞましい悪魔崇拝儀式に参加していたとは思えませんが、大統領就任前には幾度もロリータ島にて小児性愛サービス“程度”は受けていたと見て間違いないでしょう。要はトランプ氏もまた「脛に傷を持つ」人物だったということです。

ただし、それでもトランプ氏の小児淫行程度はまだ「薄いグレー」程度で、スネの傷も浅いものだったでしょう。世界のエリートやVIPなどでスネに傷のない者は皆無と見て間違いなく、ロリータ島招待者の中には悪魔崇拝儀式を常習、即ち幼児殺人や飲血を常習していた者たち「ブラック」が多くいたはずなのですから。


» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 78