アーカイブ: ドナルド・トランプ

一部に「?」と思うところはあるものの、精度は高いロマーナ女王の情報 / 誤情報が多く、ほとんど参考にはならないキンバリー・ゴーグエンさんの情報

竹下雅敏氏からの情報です。
 2021年11月10日の記事で、ロマーナ女王は2021年11月5日のテレグラムで、「ホンモノのトランプはとっくにいなくなっている。」と言っており、2021年12月18日の記事で、ロマーナ女王は2021年12月6日のテレグラムで、「本物のトランプはとっくに地球上から姿を消しています。」と言っていたことをお伝えしました。
 またこの時に、“トランプ、習近平、プーチン、モディは処刑されて、もはや存在しません”とコメントしました。
 冒頭の記事では、替え玉のトランプ大統領がプーチン大統領のことを、「彼は違うようです。見た目も違う。彼は違うように見える。彼は別人なんだ。」と言っているのです。
 また、キンバリー・ゴーグエンさんも、トランプ大統領は「既に死亡している」と言っているようです。さらにプーチン大統領についても、「ホンモノのプーチンは亡くなっています。」と言っています。
 このように、私の直観とロマーナ女王やキンバリー・ゴーグエンさんの情報は一致しているのですが、これまでの経緯からロマーナ女王の情報は、一部に「?」と思うところはあるものの精度は高いと思っています。しかし、キンバリー・ゴーグエンさんは誤情報が多く、一部に興味深い情報はあるものの、ほとんど参考にはなりません。
 記事を見ても、キンバリー・ゴーグエンさんは「生物兵器研究所などウクライナにありません。それらはソ連が使っていた兵器の製造工場でした。」と言っており、ロシアが提供している明白な証拠と整合しません。
 一方で、「ウクライナの生物兵器研究所のみが注目されているが、中国も他の国々にも生物兵器研究所がある。」とも言っているのです。「中国も他の国々にも生物兵器研究所がある。」のなら、ウクライナに生物兵器研究所があるのが当たり前です。
 ロマーナ女王の波動は、最初の頃に比べると随分と良くなりました。しかし、キンバリー・ゴーグエンさんの波動は相変わらずで、この状態では状況を正しく分析し、判断することは難しいだろうと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
トランプ:プーチン「私が相手にしていた人物とは違うようだ
引用元)
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳


Fox Business Networkの「Varney & Company」との月曜日の電話インタビューで、元大統領ドナルド・トランプは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と何かが変わったと主張した。

トランプ氏はプーチン氏が「変わっているようだ」と述べ、ホワイトハウス時代に対応した相手とは別人であると付け加えた。

プーチンを尊敬しているかという質問に対して、トランプ氏は「(プーチンは)別人だ」と答えた。「私は彼と仲良くしていましたし、彼がこの国を愛していること、そして彼が自分の国を愛していることを理解していました。でも、彼は以前とは違う人間になってしまったんだ。彼は違うようです。見た目も違う。彼は違うように見える。彼は別人なんだ。」

司会のスチュアート・バーニーは、「彼は正気か?彼は精神的にしっかりしているのか?」

「ただ、私が相手にしていた人物とは違うようだ」とトランプは答えた。「我々はまともな関係だった。ロシアのデマのせいでとても大変だったんだ。」
(以下略)
————————————————————————
3/11-その1 キンバリーさんの最新情報
引用元)
(前略)
(中略)
最近、ネットに広く拡散されている記事に「プーチンは(ウクライナの)悪者(DS)を退治しているのだ!」というのがありますが、ホンモノのプーチンは亡くなっています。ブラックサンのトランプに関する(Qの)報道も色あせてきました。

今でもトランプに戻ってきてほしいと願っている人がたくさんいますが、まあその気持ちもわかりますが、その可能性はなくなっています。トランプの人気がなくなっています。彼らは、2024年にトランプが戻ってくることをトランプ応援者たちに信じさせてきましたが、トランプが落ち目になった今、プーチンの人気を高めることで、トランプの代わりにプーチンを救世主にしようとしているのです。また、プーチンをヒーローにさせたい彼らは、ホワイトハッツはプーチンの命令でウクライナの生物兵器研究所を破壊したという情報を流しています。しかし生物兵器研究所などウクライナにありません。それらはソ連が使っていた兵器の製造工場でした。
(以下略)

» 続きはこちらから

退役米軍高官を中心に組織された「NESARAネットワーク」の残党が、2014年にドナルド・トランプに接近し、大統領選への出馬を提案した ~トランプ大統領にとって決定的だった「シャイラト空軍基地攻撃」

竹下雅敏氏からの情報です。
 ロイ・スワジンガー元帥と約200人の退役米軍高官を中心に組織された「NESARAネットワーク」の残党が、先の記事に出てきた「米軍ネットワーク」ということになるのでしょう。彼らは、“2014年にドナルド・トランプに接近し、大統領選への出馬を提案した”と書かれています。先の記事では2015年でした。
 余談ですが、こうした情報の混乱を目にすると、多くの人は「どちらの情報が正しいのだろう?」と考えがちです。しかし、東洋の思想では、“2014年が正しい、2015年が正しい、2014年と2015年の両方が正しい、2014年と2015年のどちらも正しくない、これら4つのいずれでもない”になります。これが分からなければ、東洋哲学や情報戦を理解するのは無理です。
 記事に戻ります。“年月が経つにつれ、トランプは…脅され、言い寄られるようになった”と書かれていますが、私が認識している限り、トランプ大統領にとって決定的だったのは、2017年4月7日の「シャイラト空軍基地攻撃」でした。私はこの時以来、トランプ大統領を信用しなくなりました。
 “彼はついにワープスピード作戦の先頭に立つことに同意して屈した…NESARA ネットワークは…トランプの COVID「ワクチン」プロモーションに当惑し混乱してきた”と書かれていますが、この通りだと思います。記事ではトランプが処刑されたこと、今のトランプが替え玉であることは書かれていません。この事に言及しているのは、ロマーナ女王だけかも知れません。
 今日の「22/01/24 フルフォード情報英語版」で、“ハザール・マフィアの超トップレベルの敗北は、世界中で歴史的な変化をもたらしている。…悪魔的なカルトによる数千年に及ぶ支配の終わりだ”とありましたが、キンバリー・ゴーグエンさんも、“最高位のカバール、つまり、地球上のイルミナティ評議会=古代の13人評議会の中枢の伝説的な3人評議会…が先週、解体されました。…これは 13000年以上続いた悪魔による地球支配が終わったということを明確に示すものです”と言っており、私の認識とも一致しています。
 “マーク・ミリー陸軍大将と総合参謀本部は軍人にワクチンを接種させたことで得た利益の約17%を山分けした”という情報はフェイクです。キンバリー・ゴーグエンさんやロマーナ女王は、Qグループのメンバーを知らないようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
チェンジ・イズ・オン・ザ・ホライズン 黄金時代の幕開け
引用元)
(前略)
1980年代後半にロイ・スワジンガー元帥と約200人の退役米軍高官を中心に組織されたNESARA計画(中略)… の試みは、ブッシュ・シニアと彼のCIAとモサドの仲間たちによって踏みつぶされた。9.11では、米国防総省のNESARAネットワーク事務所が巡航ミサイルの直撃を受け、NESARA調査に関連する科学捜査の証拠を隠滅することが目的であった。
 
挫折したNESARAネットワークの残党は、2014年にドナルド・トランプに接近し、彼らが裏で「沼の水を抜く」プロジェクトを実行できるように、大統領選への出馬を提案したものである。トランプは承諾した。
(中略)
年月が経つにつれ、トランプは国防総省と米国機関の大西洋横断カバル高官から絶えず嫌がらせを受け、脅され、言い寄られるようになった。彼はついにワープスピード作戦の先頭に立つことに同意して屈した(中略)… ワープスピード作戦は、FDA長官にCOVID「ワクチン」を、他の方法では不可能だった5年前に認可させるものです。
 
トランプは退任前に、2020年大統領選の窃盗を正当化するために、確かに暴動法を認可した。それによって、彼はそれ以来、準司令官としての役割を担うことになった。USN NESARAネットワークは、過去3〜4年間、Gitmo(グアンタナモ湾)で軍事法廷を進行させようと試みてきたが、トランプのCOVID「ワクチン」プロモーションに当惑し混乱してきた。その緊張は、トランプがCOVIDのリスクと「ワクチン」の効果(彼が「ブースター」、すなわち生理食塩水を得たことを含む)の両方についてとんでもなく誤った声明を出したビル・オライリーとキャンディス・オーエンスとのインタビューの後に頂点に達しました。
(以下略)

» 続きはこちらから

マイク・アダムズ氏「トランプこそがFDAとビッグファーマにワクチンの供給を急がせ、安全性も有効性も証明されていない実験段階のワクチンを人々に注射し始めた張本人」

竹下雅敏氏からの情報です。
 「波動」では、何処からどう見てもニセモノのトランプが、「重病になって病院に行くのはワクチンを打たない人たちだ」などと、ほざいております。
 「私たちは世界中で何百万人もの命を救ったのです。…ワクチンは通常5~12年かかるところ9ヶ月弱で作りました。」と、自分が行ったオペレーション・ワープ・スピードを自慢しました。
 通常5~12年かかるところ9ヶ月弱で作れたのは、重要な臨床試験を全て省いたためですが、ナチュラルニュースのマイク・アダムズ氏は、「ワクチン・メーカーが安全性を確定するための臨床試験を省いていることを見逃すようFDAに命令したのはトランプだった」と言っています。
 また、「ある時点で今回のワクチンのホロコーストが暴露される…それが起こると、トランプは全てにおいて責任を問われることになります。なぜならトランプこそがFDAとビッグファーマにワクチンの供給を急がせ、安全性も有効性も証明されていない実験段階のワクチンを人々に注射し始めた張本人だからです。」と言っていますが、完全に同意します。
 ブースターショットを打っていないのに、打ったと嘘をつき、人々にワクチン接種を勧めるような卑劣な人間は、地球には必要ありません。もっとも本物は、既に処刑されて存在しないことをお伝えしています。
 記事では、“今回の発言で…どうやら、トランプの残り支持者らもトランプから離れていく”と書かれていますが、ニセモノのトランプがこうしたすぐに嘘だと分かる幼稚な発言を繰り返すのは何故でしょう。
 昨日の記事で、JFK Jrに成りすましている偽物のアカウントを紹介しました。ロマーナ女王を攻撃したことで、“JFKジュニアの偽アカウントが、ディープステートである”ことが、いずれ発覚するでしょう。
 時事ブログでは、トランプや習近平らは地球同盟の裏切り者で、地球同盟とディープステートの両方に属していたと説明しているのですが、今回のトランプ発言で、トランプがディープステートであったことが明白になったわけです。
 こうした愚かさを見ると、ディープステートは相当に焦っていると見て良いのではないでしょうか。彼らが想定していたよりも、ワクチン接種をした人の割合は低く、逆に人々の目覚めは加速しています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)



» 続きはこちらから

キンバリー・ゴーグエンさん「トランプは大量殺人を行うためにホワイトハウスを去った。トランプとビル・ゲイツが協力して(この2人はずっと仲間だった)長年にわたり、大統領選の不正を計画してきた」

竹下雅敏氏からの情報です。
 キンバリー・ゴーグエンさん(Kimberly Goguen)が、プロジェクト・キャメロットのインタビューに答えた動画の要点を、「日本や世界や宇宙の動向」さんが書きだしてくれています。
 インタビューの内容は非常に重要で難解です。そのため、詳しい解説が必要だと考えました。これから何回かに分けて、キンバリー・ゴーグエンさんのインタビューの中身を説明してゆくつもりです。
 今回は、トランプ元大統領に関する部分のみを取り上げました。キンバリー・ゴーグエンさんの言っていることは、時事ブログでこれまでにお伝えして来たことと基本的に同じです。「トランプはホワイトハウスを去る前に戒厳令に署名しジョン・レイマンが指揮する宇宙軍にホワイトハウスを任せた」というのは、この通りだと見て良いでしょう。また、「1月20日から続いているバイデン政権のつまらない見世物(ワクチンの強制接種、移民問題、他)は全てトランプが指示してきた」というのも正しいです。
 しかし、「トランプやトランプチームそしてQチームは、人類解放のためにDSと戦っていると言われているが実際は彼等はDS側である」というのは、少し違います。トランプチームに含まれると考えられるマイケル・フリン中将を、キンバリー・ゴーグエンさんはDS側だと見ているのですが、そうではなくてマイケル・フリン中将はトランプに完全に騙されていたのです。「Qチーム」は、人類解放のための最も重要な組織で、私達の本当の味方です。安心してください。
 「トランプは大量殺人を行うためにホワイトハウスを去った。トランプとビル・ゲイツが協力して(この2人はずっと仲間だった)長年にわたり、大統領選の不正を計画してきた」と言っていますが、もう少し補足しておくと、今回のワクチンによる大量殺人計画には、アンゲラ・メルケルが総統であるナチスも関わっています。ビル・ゲイツ、メルケル、クラウス・シュワブなどに指示を出していた人物がカール・ハプスブルク=ロートリンゲンです。
 昨日の記事でお伝えしたように、主犯の二人がすでに消えたことの意味は、計り知れないほど大きいのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
KERRY CASSIDY & KIMBERLY GOGUEN: UNIVERSAL COUNCIL, TRUMP, BLACK SUN, ETs, WHO CONTROLS THE WORLD
配信元)
————————————————————————
11/6-その1 DSと戦っているユニバーサル・カウンシルについて
引用元)
(前略)
トランプは2020年にホワイトハウスから去る必要があった。その理由は人類に対する犯罪を行うため。宇宙軍がホワイトハウスを運営している。ホンモノのバイデンは地下施設で生命維持装置をつけられた状態である。表に出ているバイデンはニセモノ。

ネット上で報じられているような、トランプは我々の敵であるDSと戦っているというのはイリュージョンである。私はトランプがホワイトハウスを去りたがっていたことを知っているしその証拠もある。トランプは大量殺人を行うためにホワイトハウスを去った。トランプとビル・ゲイツが協力して(この2人はずっと仲間だった)長年にわたり、大統領選の不正を計画してきた。その計画とはドミニオンを操作して選挙に負けたかのように見せかけること。彼は計画通り不正によって敗北したが、実際は勝利していたことは確かである。

トランプはホワイトハウスを去る前に戒厳令に署名しジョン・レイマンが指揮する宇宙軍にホワイトハウスを任せた。
(中略)
1月20日から続いているバイデン政権のつまらない見世物(ワクチンの強制接種、移民問題、他)は全てトランプが指示してきた。
(中略)
トランプやトランプチームそしてQチームは、人類解放のためにDSと戦っていると言われているが実際は彼等はDS側である。トランプはDSナチスの家系に生まれた。
(中略)
トランプはホワイトハウスを去る6か月前からずっと今までワクチンを推進している。

トランプのファンであるチャーリー・ウォード氏はMI6のエージェント。マイケル・ジェイコ(ジーン・ディコードとよく番組に出ている)はCIAである。
(中略)
ビル・ゲイツは逮捕も処刑もされていない。彼はトランプのチームとして動いている。
(以下略)

ロマーナ・ディドゥーロ氏は、カナダ女王と名乗り、“カナダ軍は、2021年5月27日に米軍総司令官から、彼女がカナダ女王としての権限を持つことを確認するメールを受け取った” ~処刑されたトランプ元大統領

竹下雅敏氏からの情報です。
 ロマーナ・ディドゥーロ氏は、自身の公式テレグラムでカナダ女王と名乗り、“カナダ軍は、2021年5月27日に米軍総司令官から、彼女がカナダ女王としての権限を持つことを確認するメールを受け取った”と言っている様なのですが、これは本当だと思われます。
 ロマーナ女王は、“製薬会社の最大の資金提供者は、人道に対する罪で処刑されました”と報告しているということですが、実は昨晩、このツイートを妻に見せて、「トランプ元大統領が死んでいる。処刑されたようだ」と話していたのです。
 “続きはこちらから”をご覧ください。トランプ元大統領夫妻の写真がありますが、ゴムマスクをかぶったニセモノであることが分かると思います。
 最後の記事をご覧ください。この記事は今日見つけたのですが、ロマーナ女王はテレグラムで、「ホンモノのトランプはとっくにいなくなっている。」と書き込んでいるようです。
 10月13日の記事で、「マイケル・フリン氏の情報に注意しておきましょう。彼は、ついにトランプが闇に落ちていたことに気づきました」と記したのですが、彼が事の全貌を理解したからには、トランプとその周辺に異変が起こることは時間の問題だったのです。
 トランプと共に今回の人類への大量殺戮の主犯であったカール・ハプスブルク=ロートリンゲンも、既に粛清されているようです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ロマーナ・ディドゥーロを紹介します。カナダ主権共和国の国家元首および総司令官
引用元)
ついにカナダは、米軍とホワイトハット軍事同盟(Federation Command Forces & Allied Forces)によって、新しい反グローバリスト、反NWO、反CCP、反PLAのリーダーが任命されました。
(中略)
ロマーナ・ディドゥーロは、2020年11月9日にCanada 1st Party of Canadaの公式YouTubeチャンネルで以下の動画を公開して初デビューしたCanada 1st Party of Canadaの創設者兼リーダーです(公式サイトによる)。
(中略)

 
ロマーナ・ディドゥーロは、自身の公式テレグラムで以下の動画をシェアし、カナダ軍が2021年5月27日に米軍総司令官から国家元首・総司令官、カナダ政府元首、カナダ女王としての権限を確認するメールを受け取ったことを説明しました。具体的には、2021年1月14日から米軍が米国を支配しているため、ジョー・バイデンは米国の大統領ではないことを述べています。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 74