アーカイブ: ムサシ

北海道5区の補欠選挙は、不正選挙だったのではないか 〜7月の選挙も不正選挙を行う可能性が極めて高い このままでは野党側に勝ち目なし〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 北海道5区の補欠選挙は、不正選挙だったのではないか。本澤二郎氏が記事で指摘しているように、22時以降の“残余の開票の93%が自民候補だった”ことになり、まずありえない事が起こっています。
 今回の件で、7月の選挙も不正選挙を行う可能性が極めて高いことがわかりました。この問題を選挙までに解決しておかなければ、野党側に勝ち目はありません。非常に重要な問題であるにも関わらず、野党がこの疑惑を追及しないのも不自然に思います。少なくとも、ムサシという民間業者が現状では投票結果をいかようにもコントロール出来る状態であることを、野党側はきちんと指摘し、監査が入る様にすべきです。
 現在、不正選挙に気付いている国民は少数ですが、リチャード・コシミズ氏が追及している不正選挙の裁判とその経過を見ても、不正が行われていることはほとんど明らかです。
 これまで日本が従って来たネオコン陣営の敗北はもはや明らかで、彼らは逃げる準備をしています。不正選挙に手を染めた連中は、いずれ真相が上って来て隠し切れなくなるでしょう。こうしたことを恐れて、ますます国民やメディアを弾圧しファシズム化しようとするのだと思いますが、自らの死期を早めます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
引用元)

————————————————————————
引用元)


――――――――――――――――――――――――
「ムサシ」敗れたり!<本澤二郎の「日本の風景」(2338)
<北海道5区の補欠選挙で不正発覚か>

 ご苦労様といいたい。昨夜遅くネットに、北海道5区の補欠選挙において、不正が発覚した、との情報が流れた。

(中略) 

22時の時点で野党候補は13500で、自民候補を1500も上回っていた。ところが、残余の開票の93%が自民候補だった?こんなことがありえようか。
 すなわち、13591票が自民、野党はわずか939票である。

(中略) 

 まずは、期日前票に疑惑が集まることになる。これの保管者は、信じがたいことだが、民間の業者「ムサシ」である。投票用紙も「ムサシ」が作成している。
 つまりは「ムサシ」は期日前票を自在に操れる、差し替えることもできる。不正はやりたい放題だ。

(中略) 

 自動開票機のプログラム操作によっても、結果をコントロールできる。

(中略) 
 
 選挙管理委員会は名前だけで、本来の役割を果たしていないことになる。重大な不正選挙に選管も関与している?

(中略) 
 
 司法・立法・行政の3権と言論機関は、この事件を徹底解明する責任があることを銘記すべきだろう。7月選挙が心配でならない。

安倍政権の闇 〜真実は、常識やこれまで与えられてきた情報の外にある〜

 リチャード・コシミズ氏を始めとする方々の“不正選挙裁判の動画”を私なりにアレンジさせていただきました。冒頭の1分間は気分が盛り上がるよう工夫してみました。その後は、時事ブログからの過去記事等も織り交ぜて、編集しています。
 使わせていただいた「Lawsuits: Rigged Elections in Japan (2) 不正選挙裁判 2015」の全文文字起こしもご用意しております。拡散、よろしくお願いいたします。
(編集長)
 裁判所の明らかにおかしな対応に、驚くばかりです。私たちは相当、国(権力者)にバカにされているのですね。“外側の真実”が見えないように、私達は囲われた、狭くて生ぬるい箱庭の中。
 「お前たちはそこで“民主主義ごっこ”していればいい。重要な事は私たちが“外”で全部決めるから。」と言うようなものです。
 箱庭を囲う壁を破壊しましょう。真実は、常識やこれまで与えられてきた情報の枠の外にある。
hiropan(文字起こし担当)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
安倍政権の闇 〜真実は、常識やこれまで与えられてきた情報の外にある〜
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[貴方の知らない日本]衆院選は不正選挙バレバレ!開票と出口調査をパソナが担当 麻生一族の会社が出口調査の派遣

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の動画は見ものです。なるほど、開票の集計から出口調査まで、パソナが請け負っていたわけです。確かパソナの南部代表は創価学会員だったように思います。どうやら今回も、何かやったのではないでしょうか。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
衆院選は不正選挙バレバレ!開票と出口調査をパソナが担当 麻生一族の会社が出口調査の派遣
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[本澤二郎氏]都知事選仕切り役「ムサシ」任せで大丈夫なのか 〜不正を無くすには〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 フルフォード情報によると、前回の不正選挙に関して検察も注目しており、安倍首相の逮捕すらあり得るということなので、今回の都知事選に同様の不正が出来るかどうかはかなり微妙なところで、現実の問題として難しいのではないかという気がします。ただムサシの不正選挙に気付いている人たちは、今のところネットでその手の情報を知っているごく一部に過ぎないので、もう少し多くの人がこのことを知る必要があるでしょう。不正選挙の始まりはブッシュとゴアの米大統領選挙で、この選挙に不正があったことはよく知られていることなのです。これを放置していたために、それが日本にまで輸入されてしまったということかと思います。こうした不正を無くすには、国民が現実をよく知る事以外にありません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

文字起こし:Lawsuits: Rigged Elections in Japan (2) 不正選挙裁判 2015

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
Lawsuits: Rigged Elections in Japan (2) 不正選挙裁判 2015
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。