アーカイブ: 新金融システム

19/4/8 フルフォード情報英語版:G7内部を席捲するイギリス対ドイツの極秘戦争

 これまでアメリカの内戦をお伝えしてきましたが、今回はヨーロッパ情勢がメインです。MI6長官の息子暗殺やイギリス側の怪しげな動きについては、ソルカ・ファール女史の記事でもう少し詳しくお伝えしました。NATO軍の怪しげな動きは、ドイツで有名なニュース番組が絡んでいますから、ドイツ側ということなのでしょうか。
 今回は、ヘッセン方伯ドナトゥスという人物も登場しています。Prinz von Hessen(ヘッセンの王子)という800年の伝統を誇るワイナリーも所有しており、本人も正真正銘「ヘッセンの王子」様、奥さんは文房具の有名ブランド、ファーバーカステル伯爵の姪だそう――(だから何やねん、けっ! という話ですが)。
 これまで政治経済の表舞台にはあまり顔を出さなかった真の支配層が、こうしてネットに曝されていくのかもしれません。
 偶然ツイッターで発見した、宮崎駿アニメの一シーンになりそうなイラン議会の写真と共に、新時代をお届けします(『紅の豚』の飛行機野郎なオジサンたちを彷彿とさせる笑顔だったものですから……本文と関係ないのですが、おまけの「しるし」ということで)。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
G7内部を席捲するイギリス対ドイツの極秘戦争
投稿者:フルフォード

ヨーロッパの内戦


西洋のG7同盟の指導層は、イギリス連合とドイツ連合が対立する内戦の渦中にある、と複数の情報源が主張している。日本軍の諜報筋によると、英国で教育を受けた日本の新天皇誕生と、日産・ルノー元会長カルロス・ゴーンの先週の再逮捕は、この戦いの一環だそうだ。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

日本が独立国家に復帰するかもしれないという可能性は、明らかにハザールマフィアを慌てさせている。モリタという名前の年がら年中酔っぱらい、周り中から軽蔑されている暴力団員から、我々は以下の伝言を先週受け取った:

「君らの言葉は、5月11日に日本人10万人の死へと繋がることだろう」

モリタはどうやら、ハザール所有の日本銀行を国有化せよとの呼び掛けについて言及していたらしい。軍警察は一刻も早くこの男を逮捕し、このような脅迫を誰が奴に金を渡して届けさせたのか、情報を吐かせるべきだ。


大量殺人犯は処刑


ホワイト・ドラゴン・ソサエティ(WDS)は500キロトンの核弾頭を3発も使用する選択肢を与えられた、という点も指摘しておく。つまり我々は日本への新たな攻撃に対して、例えばフランクフルトやテルアビブやスイスのツークの破壊でもって、応酬出来るようになったということだ。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

【※ツークはロスチャイルド家の本拠地。】

しかしそのような悪魔主義者らとは異なり、ホワイト・ドラゴン・ソサエティは政治的な目的を達成するために無辜の民を大量虐殺することが有益だとは思わない。そうではなく、罪を犯した人間をピンポイントで殺害する【という手段】を我々は使う。

もしハッタリだとお思いであれば、福島大量殺人に関わった200人以上の人間が既に処刑されていることを指摘しておこうではないか。この中には、“大使”だとかいうクリストファー・スティーヴンスだの、黒い法王ピーター・ハンス・コルヴェンバッハだのが含まれている。
【※「クリストファー・スティーヴンス」:ベンガジ米領事館襲撃事件で殺害された駐リビア米国大使】

» 続きはこちらから

19/4/1 フルフォード情報英語版:「令和の時代」が開始し、日本軍の大将らはシオニストの手下どもに対抗する準備が整う

 キーナン氏によると、インドネシアこそ新時代の至宝。その総選挙が、今月17日に開票されます! なのにウィドド大統領の対抗馬、見るからに怪しげな狸親父だし、副大統領のお兄ちゃんは確かに「フアン・グアイドのクローン」ともいうべき、めっさ不自然な爽やかさ。
 アジアの長老たちからも信頼され、M1に指名されたインドネシアの初代大統領スカルノを、スハルノが自宅軟禁に追い込みます。それからインドネシアは数々の作為的な“天”災人災に苛まれてきましたが、キーナン氏はそれでもカバールに抵抗するウィドド現大統領を高く評価しています。

 そして全ての道はローマに通ず。イタリアの「黒い貴族」は、ローマ時代から代々続く御家柄だそうで、この前はフルフォード氏への読者の投稿で、ファルネーゼ家の実態が暴かれていました。
 ローマ法王も幾人も出している名門家系ですが、幸いなことに今では支配力を完全に失った模様。先月20日に、「イエズス会を支配するゾロアスターの13家……が表のイルミナティを支配する最高権力者です。……黒い貴族たちですが、今日の11時15分に、1人を除いて残りはすべて滅ぼされました。」と竹下氏も解説されていました。物質世界にも反映されていっているようです。イタリアはヨーロッパ諸国の先陣を切って、新たな輝く時代へと入ろうとしています。
 ――で、新天皇となっても相変わらず他国に支配されている、日本の夜明けは? あ゛、大阪で維新が勝っちゃいましたわorz
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
「令和の時代」が開始し、日本軍の大将らはシオニストの手下どもに対抗する準備が整う
投稿者:フルフォード

新時代の幕開け


「令和の時代」が正式に始まった今、日本軍はハザール・シオニストの手下どもに抗う準備が整った、とホワイト・ドラゴン・ソサエティに接触してきた複数の大将らが述べている。
【※自衛隊で「大将」に相当する階級となると、幕僚長か最低でも将官になるのではないでしょうか。ちなみに「自衛隊」なんて呼称で日本人シープルは煙に巻けても、傍から見れば単なる「日本軍」です。】

一般の人々は新たな時代が5月1日から始まると聞かされているが、我々のNSAの情報源や日本の右翼筋が言うには、徳仁天皇は2019年、つまり令和0年の4月1日の今日、支配権を掌握したそうだ。

日本の学者らによると「Reiwa」つまり「令和」という名称は、「調和【を尊ぶ】日本らしさを重視する」と訳すことができ、しかもどうやら歴史上で初めて中国ではなく日本の古典から取られたものらしい。ハザールマフィアが中国による保護を求めて、その引き換えに日本を売り渡そうと試みた訣だが、この選択はそれに対する反応から来ている部分もある、と日本の右翼筋が言っていた。

リチャード・アーミティッジや、マイケル・グリーンバーグ、ジェラルド・カーティスといったハザールマフィアの工作員は、新時代の幕開けの一環として、“ジャパン・ハンドラー”としての役目を【既に】剥奪されている、と天皇に近い日本の右翼筋は言う。
【※「グリーンバーグ」:実際には「マイケル・グリーン」だと思うのですが、フルフォード氏は何故か毎回ユダヤ風っぽくアレンジされます。】

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

日本の大将らは、もし日本が再び独立することを願うのであれば、外国所有の日本銀行を国有化し、議会と総理府と大手メディア諸企業を支配下に置く必要が出てくる、とホワイト・ドラゴン・ソサエティ(WDS)から助言された。幾人かの大将はこれに同意し、既に起こっていることだと言っていた。


日本←メキシコ←……イタリアの命令系統?


だがしかし今日NSAは筆者の自宅へ、とある人物を寄越してきて、口頭で私に報せたのだ。徳仁天皇は……

……メキシコの億万長者カルロス・スリムの命令に従っていると。彼ら【NSA】が言うには、徳仁に命令をしている“カルロス・スリム”とやらは、世間の前に姿を現すあのカルロス・スリムとは異なる人物で、どちらかというと車椅子の【よぼよぼの】老人なのだそうだ。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

これを部分的に裏付ける話として、ホワイト・ドラゴン・ソサエティはこの前、自分たちは非常に強力【な存在】なのだと主張するメキシコの複数の組織から接触を受けた。組織ぐるみの支援をしてくださるそうだ。

この話にひとかけらでも真実があるかどうかは【将来、実際に】何が起こるかで明らかになっていくだろうが、【一つ】はっきりしているのは、もしこれが本当ならば、その足跡はメキシコからバチカンやP2フリーメイソンへと通じているということだ。

» 続きはこちらから

みずほ銀行のATM休止の状況をパロディ化し、洋画の予告編のように表現した動画が話題! ~ATMの休止は、新金融システムにスムーズに移行できるかどうかの検証のため

竹下雅敏氏からの情報です。
 2月9日から12日午前8時まで、みずほ銀行のATMが使えないらしい。以前同じような出来事に遭遇したある会社員の方が、当時の思いを反映した動画を作ったようです。
 これが見事な出来栄えで、面白い。大反響を呼んでいるようです。
 銀行がATMを休止するというのは、大変な損失なのです。それをみずほ銀行は敢えてやっているわけで、実は、みずほ銀行は、金(ゴールド)を裏付けとした新金融システムの中心となる銀行で、新金融システム始動のために、こうして何度もATMを止めて、新金融システムにスムーズに移行できるかどうかの検証をしているようなのです。
 なので、今の一時的な不便は致し方ないことだと思って、大目に見てあげた方がいいのかも知れません。
 こうしたことが可能になっているのは、ゴールドマン・ファミリーズ・グループ(旧300人委員会)の新機軸派と、莫大な金塊の正当な所有者であるアジアの王族が和解したからだと考えています。
 ニール・キーナン氏は、世界銀行の改革者であるカレン・ヒューデス女史を偽者だとして非難していましたが、時事ブログでは、彼女は善良な人で、世界銀行の改革を本気で行っていると擁護してきました。
 新金融システムの中心となる国は日本であるという情報が、複数のルートから聞こえてきます。いずれにしても、安倍政権では物事は動きません。小沢一郎氏が政権を取って、小沢氏の口からMSA資金のことも含めて、新金融システムについて詳しい説明があることを望みます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【劇場版】みずほ銀行 〜ATM停止編〜 予告映像
配信元)
————————————————————————
「諦めるな」 みずほATM休止、映画の予告編風に 個人制作の動画に反響、2日で200万再生
引用元)
(前略)
2月9日午前0時~12日午前8時にかけてみずほ銀行のATMが休止しており、ユーザーが現金などを下ろせない状態になっている。

昨年7月のATM休止時には、休止を知らずに現金を引き出し忘れた「みずほ難民」がTwitterトレンドになるなど話題になった。今回のATM休止では、その状況をパロディ化し、洋画の予告編のように表現した動画が個人によってTwitterに投稿され、2日で200万回以上再生されるほど話題になっている。

(中略)
「正月のATM休止で、まさにこの状況になった」とつらい思い出を振り返ったり、「みずほユーザーだが気分が晴れた」と溜飲を下げたり、「笑った。みずほのATM休止の告知CMも、こういう動画にしてほしい」と述べる人など、さまざまな感想が出ている。
(以下略)

19/2/4 フルフォード情報英語版:世界中の人々にビッグな富をもたらすピッグな一年が始まる

 新年快樂! 中国の春節到来で、旧暦でもピッグ(豚)年が始まりました。英語では亥年を「Year of the Pig(豚年)」と言います。中国語の「豬」は豚と猪の総称でして、豚さんが選ばれることが多いのです。
 他にも羊年の「羊」が中国語では山羊と羊の総称でして、「Year of the Goat(山羊年)」と訳すことの方が多いです。フランスなんかは旧植民地のベトナム経由で干支を取り込んだので、「卯年」ではなく「猫年」です。東洋の干支、お国事情が色々あるのです。
 ということで、今回の記事は豚さん表現に溢れたものに。記事最後のブラジルの人間農場に至っては、譬喩ではなくて現実なのがげんなりします。被害女性が判明しているだけでも600名とか、洒落になりません。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
世界中の人々にビッグな恩恵をもたらすピッグな一年が始まる
投稿者:フルフォード

豚年のもたらすもの


中国の正月――豚年――は2月5日に始まるが、人々が「飼い葉桶」【※豚さんのイメージなので】にて心ゆくまで食を堪能する恵みの一年となるだろう、とアジアの秘密結社筋は言う。豚年ないしは猪年は夜の9時から11時と関連付けられていることから、これは世界についても2001年9月11日の金塊強奪の試みと大量殺人を巡る真相や幕引きがもたらされることを意味している、と同筋は言う。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

しかしながら欧米の秘密結社筋曰く、世界人口の90%を殺害するのに全力を掲げてきた一部のエリート犯罪者連中にとっては、「屠殺」の一年【※くどいようですが、豚さんのイメージなので】となることは必至だ。奴ら犯罪者が奪った富が、これまで踏みつけにされてきた90%を「養う」べく返還されるのだ、と彼らは言う。


なんとか生き残りたいロスチャイルド家


具体的には、ロスチャイルド家の英国支部と大半のフランス支部が秩序だった【=暴力的でない】権力移譲の交渉に臨んでいる、というのがアジア駐在の複数のCIA筋からの情報だ。G7の私的な中央銀行を所有しているロスチャイルド家などの家系は、今ここにある金【=かね】(ATMや紙幣印刷機)・金融コンピューター・国際金融送金システムに対して自分たちが及ぼしている支配を、東洋の歴史的金塊の一部に対する権利といった何らかの実在する資産と交換できないものかと、取引を望んでいる。

こういった交渉は進行中ではあるが、既に決定された事項として、国連本部はニューヨークからラオスに移されることになった。「人類が前に進むことを手助けし、この惑星の汚染を浄化し、全生命にとって平和と調和に満ちた新たな世界を創造する準備の整った高いエネルギーの人たちだけがこの新本部に存在することを許される――言い換えると、新しいメンバーは皆、この世界の住民を真に代表する者たちなのだ」と情報源の一人は言っていた。

ペンタゴン筋やCIA筋によると、米国政府には2月15日の金曜日まで資金が融資される。それに続くジョージ・ワシントンの生誕日を祝う長い週末にかけて、以上の内容に関連したことや、其の他の件に関して、何らかの一大発表がなされるようにするためらしい。

» 続きはこちらから

世界規模での通貨リセット後に、新金融システムを自分のものにする陰謀は、フランスのロスチャイルド家による目論み!

竹下雅敏氏からの情報です。
 今日の1本目のフルフォード情報英語版から、通貨リセットに関する部分のみを取り上げました。1月20日の記事で、レッド・ドラゴン大使が“各国の通貨は段階的に再評価されていくべき”だとし、“通貨云々だのNESARAだのは、カバールの作戦です”ということで、これが今起こっているということでした。
 ところが、下に取り上げたフルフォードレポートでの米国防情報局(DIA)筋は、“世界規模での通貨リセット”について言及し、“口座の所有者たちと一定の主要な統治者”に金を渡して権利を放棄してもらうことに言及しています。
 これは、フランスのロスチャイルド家が目論んでいることで、世界規模での通貨リセット後に、新金融システムを自分のものにする陰謀です。要するに、このDIAの情報源は、カバール側の人間なのです。
 世界規模での通貨リセットではなく、段階的に各国通貨を再評価していくという方向性は、レッド・ドラゴン大使だけではなく、ニール・キーナン氏も同調しているはずです。さらに言えば、ゴールドマン・ファミリーズ・グループ(旧300人委員会)の新機軸派の代表であるヘンリー・キッシンジャー博士、プーチン大統領、習近平国家主席、トランプ大統領も同様であり、Qグループもこの方針で動いているはずです。
 1月24日の記事のYutikaさんのコメントをご覧になると、ニール・キーナン氏、レッド・ドラゴン大使、ベンジャミン・フルフォード氏の間にぎくしゃくしたものがあるのがわかります。 3人とも地球の解放のために尽力している光の側の人間なのに、なぜこんなことになるのかですが、実は、その最大の原因は白龍会(ホワイト・ドラゴン・ソサエティ)にあるのです。
 こうした秘密結社では内部が区分化されており、指令がどこから来るのかわからないようになっています。おそらく、ベンジャミン・フルフォード氏は白龍会のトップが誰なのかを知らないと思います。実は、世界規模の通貨リセットの黒幕であるフランスのロスチャイルド家の関係者なのです。
 白龍会が、ゴールドマン・ファミリーズ・グループの新機軸派やニール・キーナン氏のグループ、あるいはレッド・ドラゴン大使のグループなどの方向性と完全に同調すれば、事態はあっという間に動きます。
 しかし、白龍会のトップが勝ち馬に乗ろうと、カバールvs地球同盟の戦いの様子見をしているせいで、ずるずると様々な事がらが、延期また延期となってしまうのです。
 白龍会のトップが誰なのかは、キッシンジャー博士を始めQグループの人たちも皆知っているので、いい加減に態度をはっきりさせなければ、彼らに未来はないということだと思います。
 なお、私は、ニール・キーナン氏、レッド・ドラゴン大使、そしてベンジャミン・フォード氏のいずれの人物も、完全に光の側の人間として信頼しています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
19/1/21 フルフォード情報英語版:戦争犯罪者の一斉検挙の続行で、ファシストの第四帝国が崩壊中
転載元)
(前略)
通貨リセット(の前段階)も開始

【アメリカ】国防情報局(DIA)筋曰く、
米軍は、中国やロシア勢と共に、バチカンおよび連邦準備制度の口座を含む国際【担保】口座群を全て乗っ取った。これは効果的に……

……世界規模での通貨リセットを引き起こすためだ。

この最初の段階には、“第一階層”の口座保有者への清算が含まれる、と同筋は言う。
第一階層とは、口座の所有者たちと一定の主要な統治者のことで、世界規模のリセットを邪魔したり遅延させたりするのを止めてもらうよう“どいてもらって”、事実上金(かね)を掴ませるということ。
ようはこれは完全な因果応報なのだ。バチカンや連邦準備制度やイエズス会といった連中へ提示されているのは、【連中がかつて世界中の指導者にしたのと同様の】金(きん)を取るか鉛を取るか[買収されるか死ぬか]なのだから」
と、【情報源の】一人は言う。

金融リセットの残りは依然として議論が続いているが、中国の一帯一路(OBOR)計画と協調的な欧米版の将来設計機関を立ち上げるという点では大まかな合意が形成されている、とヨーロッパの王族筋が言っている。彼ら曰く、約3千億ドルの初期予算がつけられるらしい。

また、米国経済からの雇用と資金の流出を阻止するために、中国は1兆ドル相当分の輸出品を米国から購入することに同意した、と様々な情報源が声を揃えている。
(以下略)
1 2 3