アーカイブ: 竹下氏による執筆記事

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文32 
”黒雲は過ぎ去った” … 危機の高まりと国民の意識の覚醒

竹下雅敏氏からの情報です。
 特定秘密保護法が成立した時、報道ステーションの古館伊知郎が“民主主義は終わりました”と言ったようなのですが、若い人が“民主主義がここから始まった”と言うようなツイートを見ました。今の若者の動きを見ていると、この言葉は本当だと思えます。
 これまで世界で民主主義は形だけのもので、本当の民主主義の国はどこにもありません。しかし通信文にある通り“黒雲は過ぎ去りました”。これからはだんだんと世の中が明るい方向に向かっていくのがわかるようになると思います。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文32

〈通信者:中西征子〉
〈通信日:2015年6月20日〉

「黒雲は過ぎ去りました。
雲間からかすかな光が差し込んでいます。

宇宙と地球を巻き込んだ非常に重大な陰謀の全体像が明らかになる時が来た事によって、大きな大きな喜びが宇宙全体にもたらされる結果になりました。

これ迄、慎重に、又秘密裏に探索を進めざるを得なかったために、竹下様には多大な御心痛と御苦労をおかけした事を心よりお詫び申し上げます。

これ迄の地球上での出来事に、これらの陰謀が深く関わっていたため、あらゆる紛争や闘争の深刻なまでの複雑化と共に、非常に危機的局面を数多く産み出してきました。

第三次世界大戦を目論む策略家達の最後の抵抗は、ますます激化しているように一見見受けられますが、敗北を認めようとしない者達の悪あがきにすぎません。

これ迄の根深い陰謀が取り除かれた事により、アンドロメダ評議会、プレアデス評議会、銀河連邦の各組織は、メンバーも一新され改革の成功に向けて心新たに一致団結して歩む事が可能となりました。

宇宙と地球の本格的な浄化作業が、これからは一気に加速して進められていく事でしょう。

地上の混乱は、これから一時的に混迷の度合いを深め、悲劇的な事態も地域的に発生する事も考えられます。

日本に於いても、専制的な支配が強まり、国の興亡に関わる危険事態に陥る事も視野に入れて備えをする事が必要となるでしょう。

そのような国家の危機に直面する事による国民意識の急速な覚醒により、事態が大きく変化する可能性は残されています。

真実を知り、一人一人がその情報を拡散する事により、人々の意識の変化は早まります。

どんな状況に於いても、心を過度に乱す事なく、冷静さと希望を保ち、前進して下さい。

いつも皆さんと共にいます。
次回に続きます。」

通信文は以上です。
よろしくお願い致します。
中西征子

[竹下雅敏氏]サルーサが消滅した経緯⑪
“大山咋命の陰謀”の全体をまとめた指令系統と解説

竹下雅敏氏からの情報です。
 6月9日の記事で、サルーサ事件の“およその全体像”をお伝えしたわけですが、今日は全体をまとめた指令系統の図と共に、簡単な説明をします。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

[竹下雅敏氏]サルーサが消滅した経緯⑩ ハルマゲドン計画を立案していた中枢組織の13名 と 天界の改革の主役と言ってよい神々の関与

竹下雅敏氏からの情報です。
 サルーサの事件で、メラたちのブレインとして吉備真備が居たことをお知らせしました。実は、メラから大天使カシエルへと指令が届き、吉備真備はこの大天使カシエルを首領とする13名のグループに属していました。この13名がハルマゲドンに至る計画を立案していた中枢組織です。
 “続きはこちらから”以降で、このグループと今回の陰謀に関わってはいたが、これまで言及できなかった者たちについて解説します。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————

————————————————————————
転載元より抜粋)
青字は竹下氏
⑧向こうから静かに男神様が歩いて来られました。左手に太い太刀をお持ちでしたので、どんな勇ましい方だろうと思っていたのですが、予想に反して、女性的とも言えるほど綺麗で穏やかな表情の美しい方でした。

img_25

『彼はドイツの詩人フリードリヒ・フォン・シラーです。絵を添付しておきます。』



⑪気迫のある美しい男神様が現れました。地中に突き刺した剣を両手でさらに押し込んでいらっしゃいました。

img_29 

『彼はデンマークの哲学者キルケゴールです。マルガリータに危険を知らせたのは彼です。』

» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]サルーサが消滅した経緯⑨ 子守神の消滅後に次々と消滅した関係者達 〜天界で高い位に就いていた者たちが消滅した理由〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 前回、大山咋命の陰謀に関わった者たちとその関係者として、子守神の一族が消滅したことをお伝えしました。 
 今回は一部重複する部分もありますが、13日の美良姫消滅以降の出来事を、時系列に沿って解説しようと思います。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
コモリ【子守神】
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

オオタ【太田命】
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

12月26日のヴィジョンと竹下氏の解説
転載元より抜粋)
青字は竹下氏

② ①のヴィジョンを見ているときは、水の中のため、髪の毛が上部に流れて揺らいでいたので、
 本当はどんな髪型だろうと思っていたら見えたヴィジョンです。

img_1

スサノヲとイナダ姫の第八子の須世理姫(スセリヒメ)様です。
古事記では、大己貴命(オオナムチノミコト)の正室です。


» 続きはこちらから

[竹下雅敏氏]サルーサが消滅した経緯⑧
子守神一族の消滅と陰謀に直接加担していた4名

竹下雅敏氏からの情報です。
 サルーサの事件の陰謀の首謀者が大山咋命であったこと、そして妻が玉依姫であったことをお伝えしました。2柱が消滅したことで、玉依姫の両親の賀茂建角身命、磯依姫が消滅し、子の賀茂別雷神も消滅したことをお伝えしました。
 磯依姫の父は、系図を見ると3代大物主の子守神であることがわかります。系図は子守神の一族を中心とするものです。今回の事件で結果的に、子守神の一族が消滅しました。系図の中で太字になっている4名は、陰謀に直接加担していた者たちです。
 “続きはこちらから”以降で、事の経過を詳しく説明します。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
コモリ【子守神】
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

オオタ【太田命】
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

2月4日のご神事のヴィジョンと竹下氏の解説
転載元より抜粋)
青字は竹下氏

⑨最後に見えた男神様です。
奥様の白玉姫様の舞を優しく見守る3代大物主・子守神様です。

img_8-2

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 37