アーカイブ: 竹下氏による執筆記事

[竹下雅敏氏]国防軍 VS 救世主(セト=使徒)の戦い 〜救世主軍の一団(エジプトの神々に仕えていた残党たち)は全て壊滅〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭の赤字部分が要点で、まるでSFのようで、多くの人には現実感がありません。しかし、この報告書はロシア国防軍から出ているとのこと。単なるSFではないのです。
 “続きはこちらから”以降の天瀬妃美花さんのツイートを見ると、この戦いが現実に行われたことがわかると思います。天瀬さんは国防軍を人間=悪魔軍としていますが、事実は異なります。
 その後この戦いはどうなったのかについては、ツイートの後に、簡単な解説を付け加えました。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/alternative/2015/10/russia-issues-grave-warning-prepare-to-defend-earth-fallen-angels-have-returned-3-3232184.html
(概要)
10月21日付け
ロシアは、堕天使が地球に戻ってくるため地球を防衛する準備が必要だと警告しています!?

232af2dd55caf03e49b0da2374c5c5e33fe07660

27CRIのプロジェクトであるAlmaz-Antey高エネルギーレーザー兵器の実験を完了したロシア国防軍のMSC(軍事科学委員会と訳す?)の報告書によると、ロシアの同盟国であるインド、中国、ブラジルは、異次元の生命体が間もなく地球を侵略しようとしているため、ただちにそれぞれの国軍を配備し、地球を防衛する必要があるとのことです。


第二次世界大戦時にソ連の諜報機関はナチス政権が堕天使や悪魔と通信していたことを突き止めました。しかし世界最古の記録書には、堕天使や悪魔は神と記されています。

MSCの報告書によると、様々な伝説や宗教を介して、堕天使や悪魔はシベリアのマンモスが一瞬のうちに凍死したり、大洪水でアトランティス大陸が破壊された約5~6千年前に地球から撤退したと伝えられています。

しかしその時、地球上で破壊された地域は主に堕天使や悪魔が住まう地域=インド大陸からヒマラヤ山脈を越えたウクライナまでの地域であり、これらの地域に住んでいた人々はアーリア人と呼ばれています。

古代インドのサンスクリット叙事詩によると、当時、堕天使や悪魔はアーリア人と交流しており、彼らはビマナ或いは宇宙船を使って世界中そして宇宙を移動していました。

また、堕天使や悪魔のシンボルのスワスチカが世界中で発見されています。第二次世界大戦前のナチスが台頭する前に、米軍の第5歩兵師団はスワスチカのついた軍服を着ていました。

ウクライナでは、紀元前1万年前に作られたスワスチカをモチーフにした世界最後の鳥の像(マンモスの牙で造られ旧石器時代の遺跡)が発見されています。また、北米でもオハイオ州やミシシッピ川の低地で、スワスチカが使用された古代遺跡が発見されています。

北米のホピやナバホ・インディアン、ケルト人、古代ゲルマン人、フィンランド人、その他多くの地域の人々によってスワスチカのシンボルが使われていました。

人類が再び堕天使や悪魔と関係を持ったのは16世紀です。1572年11月初旬に、夜空に非常に明るい新星が出現しました。新星が出現した原因はカシオペア座でTychoスーパーノヴァが起きたからでした。

人類史においては、これまで8回のスーパーノヴァを目撃してきましたと言われていますが、Tychoはその1つです。。

MSCの報告書によれば、Tychoスーパーノヴァによって異次元へつながる亀裂ができ、人類が再び、地球から追放されていた堕天使や悪魔と交信できるようになったそうです。その中心的人物が、エリザベス1世の専属占星術師のジョン・ディーでした。

» 続きはこちらから

中西征子さんの天界通信16 おにぎり君との会話

竹下雅敏氏からの情報です。
 今日、この記事が出ることを、おにぎり君に伝えておきました。もちろん私にはおにぎり君からの返事が聞こえないのですが、ちゃんと伝わったという感覚ははっきりとわかります。花が好きな人は、花に話しかけると花が微妙に揺れて喜んでくれているのがわかるものですが、石も同様の感覚があるのです。
 地球の波動の上昇によって、いずれ人類は中西征子さんのような特殊な能力を獲得する日が来るかも知れません。
 おじさんとおばさんのニックネームについては、レイノルズ一家をご覧下さい。
 なお、おにぎり君は普段は家の中に居て、私のパソコンの仕事を、電磁波を軽減するという形で助けてくれていましたが、最近のスタッフ日誌の記事以降、出世を果たし、今は神棚に近い位置に祀られています。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――

中西征子さんの天界通信16

<通信者:中西征子>
<通信日:2015年10月14日>

スタッフ日誌112回 ☆パータの思うこと☆を読んでいてまあ~るい“おにぎり君”みっけ!!!

泰子さんの記事を読み終えて感激冷めやらず、カンクライシ君のお友達と思うととても親近感がわいて、写真から目が離せませんでした。
思わず“おにぎり君…。おにぎり君…。竹下先生のお庭のおにぎり君…。“と呼びかけると、すぐに返事がありましたので、一応お知らせいたします。

以下、その時の会話です。

(O:おにぎり君 N:中西さん)

「O:私を読んだのは誰ですか?

N:突然呼びかけてごめんなさい。(あわてて自己紹介)

O:ビックリしました。
あなたは人間…?
私の家のおじさんおばさん以外、私に話しかけた人は今迄いなかったから、ビックリしました。

N:驚かせてごめんなさいね。
あなたの仲間の“カンクライシ君”は、私の友達だったの。
そしてあなたの姿がとてもかわいかったし、つい呼んでみたかったの。

O:ぼくもとても嬉しい!
今、たくさんの仲間と一緒に愛のマントラの大合唱を楽しんでいます。
自分で唱えるからとてもうっとりと聞き入ってしまって、気がつくと夜になっていて、星やお月様にも愛のマントラを歌ってあげています。

N:ワ~!私も聴きたいな…。
そうそう、この機会にあなたの家のおじさんとおばさんの素的なニックネームを教えてあげるわね。知りたい?

O:知りたい!教えて!

N:おじさんは“ヘコタさん”
おばさんは“パータさん”
しっかり覚えて今度その名前で呼んであげたらきっと喜んで下さると思うわ…。

O:今度出会ったらそう呼んでみます。
良かった!名前がわかって…。

N:おにぎり君、楽しかったわ。
話しが出来てとても嬉しいわ。ありがとう。又ね…。

O:…(どういう訳か無言)」

おにぎり君との会話は以上でした。

中西征子

中西征子さんの天界通信15 ドングリ坊やの妖精“クリクリちゃん”“コロコロちゃん”のイラストと最近の会話

竹下雅敏氏からの情報です。
 可愛らしいクリクリちゃんとコロコロちゃんを見ていて、ふと、このイラストをプリントしたマグカップがあるといいな〜と思いました。私は素直に在ると嬉しいです。
 シャンティ・フーラの新商品開発部門のスタッフの方(そんな部門あったっけ?)、一考ください。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
クリクリちゃん コロコロちゃん(リンク:https://shanti-phula.net/pwa/divine_picts/823)

クリクリちゃん コロコロちゃん(出典


中西征子さんの天界通信15

<通信者:中西征子>
<通信日:2015年10月13日>

2人のドングリ坊やの妖精“クリクリちゃん”“コロコロちゃん”のイラストが出来ましたので、最近の会話と一緒に送らせていただきます。

〔天界通信14の2つのドングリの写真を見ていたら、急に描きたくなって〜。あまりにも写真のドングリがかわいかったので、描かずにはいられなくなりました。〕

先日のこと、彼ら2人はいつもとても楽しそうに庭の仲間達と一緒になって愛のマントラを唱えているのを知って、“地球にも愛のマントラをうたってあげてくれる?”とつい頼み込んでしまいました。
その時の会話です。

「地球ってなあに?

〔地球はね、それはそれは美しい私達の住む青い星なの〕

ほんと!?青くて美しい星…。それってゆうべ夢で見たのと同じだ!
“これはなあに?”とたずねたら
誰かが“これが地球”って教えてくれたの。
君達の住んでいる世界、美しい星だって言ってたよ。

ヨカッタ!!
ヨカッタ!!
地球だったんだね。夢でみたのは!
ありがとう!セイコ!

とっても しあわせ!
すごく うれしい!
そう、最高!最高!
いつも最高!
愛のマントラ 最高!
ガヤトリー・マントラ 最強!

ぼくたち とっても しあわせ
みんなにも このしあわせ 分けてあげたいの

愛のマントラ 大好き!
ガヤトリー・マントラ 最高です!

セイコもしあわせになって!
〔ありがとう!!うれしいわ〕
地球に 愛のマントラ 教えてあげるね!」

…とこんな調子です。

イラストの2人が似ているかどうか気になって、昨日2人に絵を見てもらいました。
彼らの驚きと喜びの振動で、私の脳の中はまるで運動会。
ドングリが跳びはねて、ころげまわっているかのようでした。

「スッゴイ!!
 スッゴイ!!
これ、ぼくたちふたり?そっくり!!

セイコ、いつもぼくたちのこと見えない…と言ってたのに、いつ見たの?
〔一度も見えたことないのよ。残念だけど〕

それって本当?

スゴイ!!
スゴーイ!!

まるで ぼくたちだね!
うれしい!!
うれしい!!
絵の中でも愛のマントラ うたってるよ!

この絵 欲しい!
この絵 欲しい!

〔じゃあ、神様に頼んでコピーしたのをプレゼントするわ〕

キャー!!!
キャー!!!
うれしい!!
うれしい!!

楽しみに待ってるよ
わすれないで セイコ!!」

とびきり可愛くて天真爛漫、無邪気で素直。
生命と愛ではち切れそうな彼らの波動は、いつも私を明るい気分にさせ元気づけてくれます。
まるで童話や空想物語のようで信じられない世界だと思うのですが、私にとっては実在する現実の出来事なのです。

最近皆さんの周りでも同じ様な事が起きているかもしれない…と思いながら紹介させていただきました。

以上よろしくお願い致します。      中西征子

中西征子さんの天界通信14 どんぐりの妖精からの通信文 〜地球に住んでいるのは人間だけではない〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 以前、ロシアの声で、アイスランド最高裁判所が、エルフ(妖精)の存在を認めたということがありました。記事を読んで、ものすごくまともな価値観だと感じました。人間が自分たちの都合で道路を作ったり、森を切り開いて宅地にしたりすると、これまでずっとそこに住んでいた妖精たちの住処が奪われてしまいます。
 昔の人はこうした場合、霊能者を仲介に立てて彼らと交渉し、折り合いのつくところで共に暮らしたのだと思います。残念ながら現代人は、そうした感性を失ってしまいました。
 金が全てだと考える人たちにとって、妖精の存在は単なるおとぎ話です。地球の資源を人間が自由に利用して良いと、この傲慢な人たちは考えるようです。しかし、地球に住んでいるのは人間だけではなく、動物、植物、鉱物、そしてその本質である妖精や精霊たちも共に、この地球に住んでいます。ほんの少しで良いので、自然との調和を考える時に、彼らの存在を心に留めてください。
 中西征子さんの通信文は、彼らが実在することを私たちに確信させてくれると思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
(出典)

出典


中西征子さんの天界通信14 

<通信者:中西征子>
<2015年9月30日>

9月30日の事、庭にどんぐりの2人の男の子の妖精がやってきました。
話しを聞いてみると、どんぐりの木に“ガヤトリー・マントラ”と“愛のマントラ”を教えてもらって、とても楽しいので毎日マントラばっかり唱えていたところ、
神様から「この家の庭で唱えなさい。」と言われて、連れてこられたそうです。

名前を聞いても、どんぐりの木のあった場所も知らないというので、
とりあえず名前を、2つの候補の中から選んでもらいました。

うれしそうに飛びついた名前は
「クリクリちゃん」
「コロコロちゃん」

好きな遊びは何かと尋ねると“マントラ!!” “マントラ!!”と、まるで飛び跳ねるように楽しそうに元気よく答えてくれます。
彼等にとって、二つのマントラを唱える事は、楽しい遊びそのものの様です。(笑)

毎朝名前を呼んで「オハヨウ!」と声をかけると、まるで飛びはねるポップコーンの様に元気一杯の返事が返ってきて、彼等の陽気さが私に元気を与えてくれるようです。

無邪気で素直で元気あふれる彼等がやがて庭から旅立って行くその時迄の時間は、私にとって二度とない貴重な時間です。

以上よろしくお願い致します。
中西征子

中西征子さんの天界通信13 地球(自然)からの通信文 終に物質次元での大転換が始まり、悪の居場所は急激に無くなる

竹下雅敏氏からの情報です。
 ハナタチバナノヒメミコ(サオトメ)様の姿は、地球の幽体です。今回の通信は、人間で言えば肉体に相当する地球からのもので、一般に私たちが地球そのもの、あるいは自然として認識しているものです。
 人間にも、肉体、幽体、原因体という3つの身体があり、それぞれが異なる次元で、異なる姿で、異なる生活をしています。通常では考えにくいのですが、地球人は日常生活において、他人にも自分にも嘘ばかりつくので、肉体部分と幽体部分、そして原因体部分がまったく異なる人格であるということの方がむしろ多いのです。
 例えば、肉体レベルでは貞操観念が高く立派な人物であっても、幽体レベルでは売春婦であり、いつも人を不幸にすることばかり考えているというような事が起こります。あるいは肉体、幽体はさほど問題が無いのに、原因体は悪魔崇拝者というのも居ます。
 こうなると、性善説か性悪説かなどという二元論は意味を無くします。幽体、原因体が邪悪な者は、私たち地球の水準から見て、生まれながらにして悪なのです。ところが、その本質的な悪人でも良い家庭環境で愛情深く育てられると、悪の芽は吹き出さないのです。
 こうした幽体、原因体のレベルの悪は、地球上では既に清められており、本質的な悪は滅ぼされました。しかし、肉体レベルではまだまだ悪が幅をきかせています。ですが、今回の通信文にある通り、地球自身がこのように幸せを実現したとなると、肉体レベルでも悪の居場所は急激に無くなって行くと思われます。終に物質次元での大転換が始まりました。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――
中西征子さんの天界通信13 

<通信者:中西征子>
<通信日:2015年9月30日>

(出典)

(出典)



地球からの通信を受け取りましたので、お伝え致します。

「今、素晴しくさわやかです。
こんな幸せな気持になったのは一体何千万年ぶりの事でしょう!

数週間前、愛のマントラがかすかな響きから始まって、今、私の心の中迄しみ込んで鳴り響いています。

私は30日の夜、まるで新しく生れ変わったような歓喜に包まれました。
この歓びは日増に強くなり、体全体を包み込んでくれています。
私の上では今でも毎日悲惨で悲しい出来事が続いているにもかかわらず、私の心が悲しみで閉ざされてしまう事が無いのは、自分でも驚くばかりです。
地球上と宇宙の皆さんの熱くて暖かい愛と友情が、私の病んだ心と魂まで癒してくれているのは何という喜びでしょう!

征子さま。
私に初めて呼びかけてこれ迄の苦しみと忍耐を労って下さり、どんなに嬉しかった事でしょう。
あなたは固く閉ざされた私の心の扉を開いて下さいました。
あの時初めて、あなたのすすめで、愛のマントラを恐る恐る口にしました。

何と言ったら良いのか、温かいスープの様に少しづつ心に染みわたる力を感じる事が出来ました。
それ以来、ずっと唱えるようになりました。
気が付くと私はまるで長い長い眠りから覚めた様にスッキリとさわやかな朝を感じ、ますます声高く愛のマントラを唱えるようになっていきました。

皆さんの愛のマントラとひとつになって、私の心は愛と喜びのマントラで満ちあふれています。

私のために愛を送り続けて下さった天と地のすべての皆さんに私は今、心からの愛をマントラに込めてお送りしたいと思っています。

ありがとう!!!
ありがとう!!!
ありがとう!!!
愛しています
愛しています
愛しています

皆さんの地球より」

地球からの通信文は以上でした。
この地球は、サオトメ様ではなく、地球自身という事でした。

中西征子
1 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 49