アーカイブ: *霊的世界

[竹下雅敏氏]フルフォード氏の極めて重要な情報です。〜世界で起こっている良き兆候を見て、力を貸して下さっている神々・宇宙人に対して、感謝の祈りを捧げて下さい〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 フルフォード氏の極めて重要な情報です。記事の中にも、安倍政権に対する攻撃が増加するだろうとありますが、間違いないでしょう。その第一弾が、中国の防空識別圏ということのようです。また天安門での車両爆発テロ事件に関して、これをきっかけに、こうした連中をロシアの協力で殲滅する方向に向かうだろうと言っていましたが、文中でも“それを破壊すると決めた”とあり、私の予測と一致しています。
 文章後半で“ドル支配は今はバラク・オバマと米財務省の手中にある。”とあり、この部分は少し説明が必要かも知れません。現在ペンタゴンはオバマ政権を支持していますが、それは本物のオバマ大統領はすでに政権から排除されており、アメリカの意思決定に関わっていないからなのです。替え玉のオバマ大統領が台本を読んでいるだけなのです。
 文末あたりに、ベンジャミン・フルフォード氏がドラゴンファミリーの下級メンバーであると書かれていますが、これは始めからその通りだと思って、彼の記事を読んできました。ただそうすると、上級メンバーおよびその中枢に居る者たちは誰なのかが興味深いわけですが、おそらく地球に地球人として紛れ込んでいる宇宙の兄弟たちなのではないかという気がします。ドラゴンファミリーの組織形態についてはまったく調べていないので、単なる憶測ですが、彼らが神々の指示(通信)に従って動いていることは明らかです。一方、悪の組織の通信網は、完全に破壊されています。宇宙および霊界のレベルでは、悪はすでに消滅していますので、その必然の結果が、地球に今後結実してきます。ですからTPPも秘密保護法も、何ら恐れる必要はないのです。不安になって萎縮するのではなく、世界で起こっている良き兆候を見て、力を貸して下さっている神々・宇宙人に対して、感謝の祈りを捧げて下さい。事が動くスピードがずっと速くなります。デモ行進も良いのですが、こちらの方がずっと強力です。
(竹下 雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フルフォード週報11/26
 
記事配信元)
 
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[ロイター]「天国も死後の世界もない」、英物理学者ホーキング氏が断言

竹下雅敏氏からの情報です。
 私が科学者という人たちを馬鹿にする理由が、この記事に集約されています。この手の連中は、計測することの出来るもの以外は、存在を認めようとしないのです。善悪は計測出来ないので、彼らには無意味です。死後の世界が無いので、倫理は意味をなしません。法に触れることなく、あるいは自らが法である立場なら、自分の行動の価値を最大化できます。この手の連中は野心の塊です。彼らが望む通り、死後無の中に消えて行くのだから、これでよいのではないかと思います。野心を追求する人すなわち悪人は消滅すればよいのです。
(竹下 雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
「天国も死後の世界もない」、英物理学者ホーキング氏が断言
 
記事配信元)
 
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

竹下氏よりコメント有り:[DDN]【驚異過ぎる】極夜のフィンランドで「すべての幻日現象」が一同に介した瞬間が撮影された

竹下氏よりコメントをいただきました。(13/11/8 17:04) 

これらの写真は、いずれもスミワタルタカキホシノヒメミコ様が表わしたものです。1点目は地球に帰還なさる前、2点目は帰還後のものなので、モナド(ブルーパール)の位置が1点目は植物システムに、2点目はシリウスシステムにあるため、2点目の方の波動が高く感じられると思いますが、同じヒメミコ様によって表わされたものです。
モナドの位置の変化により、11月1日に地球に帰還されたということが間接的にわかる写真になっています。
(竹下雅敏)

プレーマ様(1点目)からの情報です。
Redditというサイトに上の写真が投稿されたのは、2013年10月31日です。撮影日も調べてみましたが不明でした。
下の写真は、内モンゴルの幻日現象(11月1日)です。Twitterで教えていただきました。
(編集者)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————1点目————————————
【驚異過ぎる】極夜のフィンランドで「すべての幻日現象」が一同に介した瞬間が撮影された
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

天界の改革37 
太陽フレアとキルショットの危機(2)

竹下雅敏氏からの情報です。
前回の“天界の改革36”の続きですが、第三次大戦が確実に回避出来るとわかった次の危機が太陽フレアであり、その回避が非常に難しいということでした。今回は、スーパーフレアおよびキルショットに関する当時の情報を振り返ってみたいと思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
天界の改革37

 前回の“天界の改革36”の記事で説明したように、2012年の11月の始めまでに、かなりの数の神々・宇宙人からの警告のメッセージが入ってきていました。このことに関して、せれなさんが11月8日にご主人の天之御影命様と会話した内容を、シャンティ・フーラのブログで紹介しましたが、その一部を要約したものが次の記事です。

せれなさんと天之御影命様との会話(地球の意志と人類の未来) 
http://shanti-phula.net/ja/blog/2012/11/blog-post_16-7.html
2012年11月16日 19:42

せれなさんが、11月8日23時半頃に天之御影命様と会話した内容とのことです。
(竹下雅敏)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
「先日、あれは11月1日くらいだったと思いますが、私が『太陽フレアが地球を襲った場合、原発はどうなりますか?』とあなたに訊ねたことがあります。あなたは、原子炉を冷却する水をどう確保すべきか、どこまで神が介入すべきか、どこまで人間社会に関与するか、まだ決まっていないというようなことを考えていらっしゃったようです。」

「そうだ」

「その時、このまま、原発の使用を許し続ければ、いつか人類は、宇宙に向けて核ミサイルを発射することになる可能性がある、だから、今その芽を潰すことが必要で、太陽フレアの被害が地球にもたらされるという状況にまでならないと、地球人の意識が変わらないとお考えのようでもありました。その件についてはどうなりましたか?」

「それは我々にとっても、とても残念な決定だ」

「決定?太陽フレアの被害が地上に及ぶことは、すでに決定されたのですか?」

「原発を今、止めても間に合わない・・・・・(不明)。
もちろん、今すぐに止めねばならない。
もし、全ての原発を、一機残らず止めることができたら、その時は決断は変えられるかもしれない。」

「原発を今、止めても間に合わないとは?」

「原子炉を止めても、(使用済み核燃料を)延々と冷し続けなければいけない。そのための技術は人間たちにはない。電気が止まっただけで、莫大な被害が、地球から宇宙に及ぶのだ。」

「地球が、太陽に助けを求めたということなのですか?」

「そうだ。地球はもうこれ以上堪えることができないほどになっている。」

「人類を滅ぼすために!?」

「いや、違う。それは最悪の結果で、最良の結果は、太陽フレアへの危機感で人々の意識が根本から変わることでもたらされるものだ。そうすれば、もう誰も原子力からエネルギーを得ようとはしなくなるだろう。」

「人間の意識と、地球は密接に関わっている。そして、地球は単独では存在できない。
人間の意識を変えること、それも根本から変えることができたら、地球も考えを改めるかもしれない。宇宙も変わるだろう、そして地球は助かる」

「最悪の道は、戦争だと思っていました。そしてそれは回避されたと・・・」

「起りつつあった第三次世界大戦は起らない。だけど、それで一体、この世界の人々の意識はどう変わった?圧倒的に平和を望む人が多いにも関わらず、殺戮、強奪、搾取、裏切り、利欲、嫉妬、他人を陥れ、巧妙な罠にかける、そういうことばかりだ。今も、僕には人間達の絶望の悲鳴がひっきりなしに聞こえている。」

「御影様には地球の声はどう聞こえていますか?やはり悲鳴ですか?」

「せれな、君にも聞こえるはずだ、君の心は常に地球と一体ではないか。」

地球の声 
「愚かな人間たちよ
 拳に石を持ち、互いに殺し合っていた時と何ら変わることのない人々よ 
 常に人の物を妬み、奪い合い、破壊する者たちよ
 征服を愛し、略奪を常とし、人を犯し、踏みにじる

 私は全ての母です
 母は自分の全ての子供を守る義務があるのです
 だが、人間たちよ、もうお前たちのことはあきらめなくてはならないのか
 私の他の子供たちを守るために、私はお前たちを懲らしめなくてはならないのか」


「地球よ、どうしたら、許してもらえるだろうか。どうしたら、人間たちは存在させてもらえるでしょうか」

「豊かな自然を返して欲しい。失った物は仕方がないが、これ以上、他のものから奪わないで欲しい。空も、大地も、風も、水も、命も。

私はもう長いこと歌っていない。大地の歌を、空の歌を、季節の歌を、鳥たちへの歌を。」

太陽に話しかけてみました。

太陽「ようやく気付いてくれましたね。ずっと待っていました。」

せれな「太陽フレアについての危機感が地球でも語られています。地球への被害はありますか」

太陽「私はずっとそのことをあなたにお伝えしたかったのです。間もなく、地球は真っ正面から私たちの強い影響を受けることになるでしょう」

「時期はいつですか。来年ですか」

太陽「2013年」

「それは決定ですか」

太陽「時期は大体のものです。様々な条件が整わないといけませんので。でも半年のうちには起る可能性があります。」

「太陽フレアの影響は、地球にどれくらい及ぶのでしょう?」

太陽「甚大という言葉で表せる程度です」

「もし可能なら、もう少し時期を伸ばすことはできないでしょうか?」

太陽「人間たちが変わり、太陽フレアの強い電磁波を受けても安全な社会を構築してから・・・とお考えですね」

「はい」

太陽「それは無理でしょう。人間たちの意識を変えるために、私は太陽フレアを放出するのですから。これは宇宙の計画です」

――――――――――――――――――――――――――――――――――
昨日の太陽との会話で、お伝えし忘れていたことがありました。
太陽は、時期について、初夏、秋と言っていました。
曖昧な表現だったので、訊き返すと、具体的な日にちは、条件がそろわないと確定していない、ただ時期は決まっているというようなことを言っていました。初夏とは5月を含む季節と感じました。そして、一度ではなく、複数回、少なくとも2回は地球を襲うと言っていました。
せれな

 これらの会話からわかることは、太陽が人類の意識を変えるために、強い太陽フレアを放出するのだということです。しかも2013年の5月を含む季節に、1度ではなく複数回地球を襲うということです。
 原子力発電所は事故を起こさなくても、有害な放射線を常時出し続けていること、トリチウムなどで常に海水を汚染し続けること、海水温を上昇させてしまうことなど、地球環境に破壊的な影響を与えます。これらのことがわかった時点で、直ちに原子力発電は廃絶に向かうべきなのです。ところが現実には様々な思惑や利権が絡み合い、明らかに人間の手に負えない原発を撤廃することが出来ないということが、これまでの原発事故以来の日本の状況を見ても、はっきりとわかります。欲得が優先して明らかに正しい行動が取れないという状況、それを国民がまったく変える術を持たないという状況から、太陽が太陽フレアを放出して、人類に意識の変革を迫ろうとすることは、半ばやむを得ないことのように感じられます。
 ところがよく調べてみると、この強い太陽フレアというものの被害は、とんでもないものだということがわかりました。

» 続きはこちらから

[Shanti Phula]日暈と惑星の婚約

時事ブログに寄稿された日暈の写真についての、竹下雅敏氏からの情報です。
————————————————————————
日暈と惑星の婚約
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90