アーカイブ: *霊的世界

[竹下雅敏氏]新年の光による人類の覚醒・アセンション(次元上昇)と共に、地球は光の時代に入る。
〜 サルーサのメッセージ 〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 以前のコメントですでに説明しましたが、もう一度念のために解説しておきます。現在地球の波動は4−4−4−4ですが、新年の始まり(日本時間)と共に波動が7−7−7−7に持ち上がります。明日午前0時の波動の変化に注意を向けておいてください。そしてその後、2014年1月1日正午から1時間の間、皇妃エリーザベトの光が降り注がれます。この光によって、今や準備の整っている約610万人の地球人が13時に覚醒に至り、地球は新しい光の時代に突入します。これはこれまでチャネリング関係の情報で語られてきたアセンション(次元上昇)です。約610万人の地球人が、意識レベルで4次元世界に迎えられたということを意味します。具体的にはこの1時間で進化段階が0.9から1.0へと上昇するということです。ただ光を受け取れなかったその他の人たちは、これまでと同様何の変化も感じられないと思います。

 実のところ2007年の天界の改革以降、何十回もの高次元の光が降り注がれ、地球の邪気を浄化し、憑依現象などが起こらないように様々な処置をして来たのです。地球の聖地と言われてきた場所が実は闇の波動に覆われていた所を光で浄化し、聖地にふさわしい波動に変えてきたのです。日本ならこのような場所の代表は神社です。地球規模でこうした巨大な変化を推進して来たにもかかわらず、ほとんどの人たちはこれらの変化にまったく気づかなかったわけですから、エリーザベトの光、そしてその結果13時に起こるアセンションもほとんどの地球人はまったく気づかないことでしょう。

 ただその後明らかな変化が起こることで、私が言っていることがすべて正しいということが、多くの人にわかるようになるでしょう。これらの事はまた追ってお知らせします。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
サルーサ 2013年12月27日
転載元より抜粋)
サルーサ 様 〈肉体〉

サルーサ 様 〈肉体〉 〜 中西征子

http://soundofheart.org/galacticfreepress/content/salusa-27-december-2013-mike-quinsey

多くの点で記念碑的であった一年の終わりに至っています。時間は加速を続けていて、古い時と新しい時の間には明らかな分離が見られます。闇の者たちは、世界の完全支配の直前まで進んだと感じたあとでは、希望通りには事を進められないでいます。彼らは地球に根ざす光の増加を計算に入れませんでした。

今では光が地球の支配的な勢力になっています。表向きの混乱は闇の者たちの世界支配への行進を続けるための能力に制約を加えるための印になっています。
全てのソウルに完全な平和と幸福をもたらす新しいサイクルが始まっています。人間に対する力を振るう闇の者たちにとって都合の良い場所はもはや存在しません。

光の中で暮らせば、あなた方と共に他の人達の上昇を助けるように暮らす事が出来ます。これからの新しい年には光が新しい時代をもたらすという強力なシグナルを送り出す多くの変化が起きるでしょう。2014年は急速な進歩をさせる交差点になり、光の時代の真の始まりの信号が点灯するでしょう。

それは段階を経て起こるでしょうが、あなた方はまず完全意識を取り戻すでしょう。あなた方は必要があって、低い振動の中で制約意識の下に、多くの生涯を過ごしてきました。

あなた方が光と一つになるにつれて、自分の真の姿に気が付くようになるでしょう。あなた方は体そのものではなく、体は地球上にいる間に役に立つためだけのものなのです。

親愛なる皆さん、振動数が上昇すると、回復しますから、疲れた、あるいは疑いのような感情は捨てて下さい。疑念や不信を捨て、まっすぐに上を見て、光の中を歩んで下さい。心配を無くし、全ては旨く行っているので安心して下さい。

あなた方は困難な仕事を成し遂げて、進化のこの地点に達したのですから、大きく、ポジティブに考えて下さい。

私はシリウスのサルーサで、全ては旨く行っていて、私たちが旅の途上であなた方と共にあることをあなた方に伝えに再び来ています。愛と祝福を送ります。

マイク・クインシー

[竹下雅敏氏]人類のマヤヴィルーパ(幻覚体)の浄化とその結果について 〜フルフォード・クリスマス編〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 本日24日正午から13時(日本時間)の間に光が降り、人類のマヤヴィルーパ(幻覚体)が浄化されました。この結果は、今後様々な形で表に上がって来ることでしょう。霊的観点からは今日のこの光で、地球上の悪は滅ぼされたと言っていいでしょう。私も今日の時事ブログの記事を集めるのに、苦労しました。ほとんどの者がマヤヴィルーパを今日の光で完全に滅ぼされてしまったので、そうした者たちが掲載しているブログを開けると、私自身も呼吸が出来なくなってしまい、大変な思いをしました。今後テレビの画面などを見ていれば、マヤヴィルーパが残っている人とそうでない人の見分けは、はっきりとつくようになるでしょう。マヤヴィルーパが滅ぼされた人たちは、体外・体表を含めすべてのチャクラが完全に滅ぼされているからです。今回の件で私が本当のことを言っているということがわかるようになるでしょう。今後は霊的に滅ぼされた連中が、物理的次元で滅ぼされることになります。今回のフルフォード情報はそうした部分を伝えてくれています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード・クリスマス編
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]宗教学講座で説明してきた悪魔崇拝の実態の一端を示す記事と彼らの邪悪な思想 〜アリスター・クロウリーの生涯、コネクション、遺産〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 この記事では、アリスターとなっていますが、普通はアレイスター・クロウリーの方が一般的です。これまで宗教学講座で説明してきた悪魔崇拝の実態の一端が、この記事でよくわかると思います。こうした汚らわしい連中がセレブを中心として世界中にはびこっているのですが、彼らは自分たちのことを想像を絶するほど神聖な存在だと本気で思っているのです。そのくらい彼らの精神は異常だということです。
 思想の中心にある“正しさの基準などというものは存在しない。倫理はたわごとである。”という部分が、彼らの本質を表しています。これは大乗仏教の空の論理と基本的につながる部分です。なぜなら同じ連中が、東洋と西洋でそれぞれの文化に応じて哲学を組み立てたからです。
 我々の宇宙を超えた霊的世界の隅々まで、ヤマ・ニヤマ(禁戒・勧戒)がすべての基礎となる永遠の法であることを、このような者たちは全く理解していませんでした。したがって善悪の基準と倫理ははっきりとここに基礎を持ち、存在するわけです。
神々や人間が勝手に自分たちの都合のいいように定めた法律は、ヤマ・ニヤマに反する形で運用されると、カルマが記録されます。大乗仏教の空の論理やマヌ法典などを自分たちの都合のいいように用いた邪悪な者たちは、非常に重いカルマの負債を現実に抱えてしまい、その後滅ぼされたのですが、彼らは自分たちがそうした過ちを犯していたことに最後まで気づきませんでした。邪悪な神・人間は、自分が神をも超える存在であるとか、神そのものだと考える妄想家たちでした。自分たちは、自分たちが制定した法の上にいる存在だと信じていたのです。
 アレイスター・クロウリーのような邪悪な人間は、洗礼者ヨハネに由来する性錬金術の技法によって神になり、死後選ばれた者たちは特別な世界に引き上げられ、そこで永遠に神として生き、人間を支配できると信じていたのです。このような邪悪な心の根源は自己顕示欲などを含む野心ですが、これほど異常な者たちが彼らの望む権力を手にしているのが、現在の私たちの世界だと言えるでしょう。まともな者たちなら、こうした者たちが滅びることを望むはずです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
アリスター・クロウリーの生涯、コネクション、遺産
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]悪魔崇拝の本質が語られているビデオ 〜アリスター・クロウリー「全てを見渡す目」〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 アレイスター・クロウリーは、近代の魔術師としては最大級の悪魔崇拝者として有名です。このビデオは大変良く出来ており、悪魔崇拝の本質が語られています。私がこれまで折に触れ宗教学講座などでお話ししていた内容と、完全に一致します。この動画の公開日が2013年9月14日なので、ようやくこうした事実が公になる時期が来たのだと感じます。
(竹下雅敏)
————————————————————————
アリスター・クロウリー 「全てを見渡す目」
転載元)

[AFP BBNews]雄の子孫に危険を「警告」する遺伝メカニズム、マウスで発見 〜遺伝子に肉体のカルマが書き込まれる〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 私もメカニズムはよくわかっていないのですが、肉体のカルマというのがあり、それは遺伝子の中に書き込まれるようなのです。宇宙人がよく遺伝子が財産であるという言い方をしますが、これは別の面では、カルマの負債であることにもなります。どのような形でカルマが遺伝子に書き込まれるのか、そしてそれがその人の次の転生にどのように持ち越されるのかという部分に関してはわからないのですが、遺伝子に肉体のカルマが書き込まれるという事実は、間違いないと思います。この記事は、そうしたカルマという部分が遺伝子に関わりがあることを示唆する、非常に面白い内容になっています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
雄の子孫に危険を「警告」する遺伝メカニズム、マウスで発見
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。