メキシコ便り(82):ロペス・オブラドール大統領、ついにCovid-19に感染!ワクチン大好き💖なメキシコのワクチン調達・接種状況を。

 ロペス・オブラドール大統領、ついにCovid-19に感染してしまったようです。症状は軽く隔離した場所でお仕事をこなしているよう。大統領のことをよく知っていれば、このニュースをそのまま受け入れ信じますが、現在のアメリカの状況を考えると、もしかして安全のために隔離されてる?!とも思えないこともないです。大統領は基本、どんなことでもウソをつくことを嫌いますが。。。世界の緊急事態のためとなると、ウソも仕方なく使わなければならないかもしれません。真実はいかに?!

 ということで、今回はメキシコのコロナワクチン調達、接種状況とそれに関連するものを集めてみました。ワクチン大好きなメキシコはできるだけ早く多くの人にワクチン接種の姿勢で進んでいます。ファイザーからワクチンの数が半減された直後に、ロペス・オブラドール大統領自らプーチン大統領と電話会談でワクチンの増量を相談し、その場でスプートニックVワクチン数が予定の3倍確定!通常、外務大臣が外国のワクチン交渉や手配をしているのですが、なぜロシアだけ直接大統領が相談???プーチン大統領と何か他の打ち合わせもしたのかなぁ〜。。。

 ほぼ毎回、ロペス・オブラドール大統領を褒め称えているpopoちゃんですが、今回は違いまっす!コロナ対策チームのリーダー、ロペス・ガテル氏をずっと庇い続ける大統領には、呆れてそっぽ向くpopoちゃんです。😑

 決して完璧ではないロペス・オブラドール政権、ご覧あれ!
(popoちゃん)
————————————————————————
メキシコ便り(82):ロペス・オブラドール大統領、ついにCovid-19に感染!ワクチン大好き💖なメキシコのワクチン調達・接種状況を。

ロペス・オブラドール大統領はお元気そう!


1月24日(日)夕方5時半、ロペス・オブラドール大統領は自身のツイッター(↓)でコロナに感染したと発表。😭症状は軽く、少々の頭痛と38度以下の熱だとか。。。(1月27日現在)しばらく隔離の状態でお仕事のようです。

大統領のツイッター意訳:残念ながら私はCovid-19 に感染しました。軽症ですが、既に治療をしてもらっています。私はいつものように楽観的です。私たちは前進します。オルガ・サンチェス・コルデロ博士(内務大臣)が私に代わって朝、皆さんに毎日の(政府の)報告をします。

オルガ・サンチェス・コルデロ内務大臣

朝の大統領プレス・コンファレンスは、大統領の次に権限のある内務大臣オルガ・サンチェス・コルデロが引き継ぎ行われています。メキシコには副大統領はいません。ちなみにオルガ・サンチェス内務大臣はPCRテスト陰性だったと。

大統領に代わり、朝のプレス・コンファレンスをしている内務大臣、評判がよろしくない。

○ 私の世代は、テレビと新聞が情報源。私はインターネットの情報を見ない。
○ 大統領の具合(容態)のことは一切、私に聞かないでくれ。

じゃ、何のためにそこいるの?っとつっこみたくなる。。。トランプさんがコロナに感染したとき、医療チームが毎日情報を報告していましたが、今のところ、そんな動きはメキシコでなし。「大統領は元気にしていますよ。」「大統領は回復していますよ。」「大統領はいつもポジティブなので大丈夫です。」という抽象的な報告だけでなく、もっと医療的な詳細、体温の変化、どんな薬、治療をしているのかを発表すべきだとナチョさんとマウリシオさんも言っていました。popoちゃんも全く同感!

そんな中、1月29日の朝、ツイッターのトレンド#1がアムロ脳卒中に‼️6日ほど全く姿を現していなかったロペス・オブラドール大統領は、同日、自身の動画(↓)でフェイク・ニュースを否定。たしかにちょっと風邪っぽい感じはしますが、波動は良さそうな。。。


» 続きはこちらから

20/01/04 フルフォード情報英語版:悪魔ネズミ党【民主党】が最後の戦いをするためにDC牧場で対決

 1月4日のフルフォード・レポートです。フルフォード氏は、1月6日ワシントンD.C.で民主党が最後の戦いをする予定だが、トランプ大統領が勝利し、戦争犯罪裁判がスタートするだろうとのこと。またトランプ大統領の暗殺を暗示するような情報も。

トランプ大統領のワクチン推進の理由は、国民の支持を得るためと、悪魔崇拝者らの排除をするために5次元チェスをやっているのでは?というフルフォード氏。が、ワクチンの中にマイクロチップが入っているという噂もあり、その目的は、支配者と奴隷を2つに分割し、私たち(奴隷)を支配したいためだと。

またロシア、日本でもワクチンを巡り権力闘争が行われているらしい。日本の軍事情報筋によると、立憲民主党の羽田雄一郎参議院議員の死は殺害で、羽田氏は長野でワクチン製造と児童売買ネットワークの調査をしていたらしい。

中国からアリババ創設者のジャック・マーが、バチカンからはフランシスコ法王が消えている模様。
最近、アメリカで出現している変異型コロナは、悪者が世界的ロックダウンを計画している第2ラウンドの始まりを示しているとか。

最後のニュースはすごい! トランプ氏は、諜報機関は180日以内にUFOについての真実を明らかにする法案に署名。

う〜ん、このまま、まだまだすっきりしない情勢が続くのかなぁ?!
ガヤトリー・マントラ愛のマントラで心の平安、平安! 🙏

フルフォード氏はコロナウイルス・パンデミックはフェイクだとする見解です。
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:悪魔ネズミ党【民主党】が最後の戦いをするためにDC牧場で対決
投稿者:フルフォード

歴史的な一週間となるワシントンDC対決


Showdown at the DC Corral as the Demonrats make their Last Stand
By Benjamin Fulford Weekly Reports95 Comments

The coming week is expected to be historic as opposing forces will have a showdown in Washington DC on January 6th.The outcome will determine the survival of the Constitutional Republic with Donald Trump finding his place in history as one of its great heroes. It may also signal the start of the endgame that will ultimately make him the last president of the United States Corporation.
今週は、1月6日にワシントンDCで対立勢力の対決が行われるため、歴史的な一週間になると予想される。その結果は、ドナルド・トランプ氏が偉大な英雄の一人として歴史に名を残し、立憲共和国の存続を決定することになる。 また、最終的にトランプ氏がアメリカ合衆国法人の最後の大統領となる終盤戦の始まりを告げることになるかもしれない。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

The additional powers afforded him in the current state of emergency will allow the playing of multiple “Trump cards” to round up 220,000 or so Satanists who surreptitiously seized control of the U.S. They will likely be put into FEMA camps and Nuremberg type war crimes tribunals will begin.Trump will be known as a liberator of humanity. 現在の非常事態の中で彼に与えられた追加の権限は、複数の「トランプのカード」を使って、密かにアメリカの支配権を掌握した22万人ほどの悪魔崇拝者を一網打尽にすることを可能にする。彼らはおそらくFEMAキャンプに入れられ、ニュルンベルグのような戦争犯罪裁判が始まるだろう。トランプ氏は、人類の解放者として知られるようになるだろう。
ニュルンベルグ裁判:第二次世界大戦においてドイツによって行われた戦争犯罪を裁く国際軍事裁判ウィキペディアより)

ツイートはシャンティ・フーラが挿入
✒ツイート文意訳:1945年11月20日ドイツ・ニュルンベルグ。戦争犯罪裁判が24人のナチス被告人をもって始まる。


トランプ大統領、暗殺の暗示か?


The Ayatollah Khameini has publicly said Trump will be killed and now this website, linked to British intelligence, has put out the following photograph: アリー・ハーメネイー【イランの最高指導者】はトランプは殺されると公言している。そしてイギリスの諜報機関とリンクしているこのウェブサイトが以下の写真を公開した。


It shows Trump surrounded by famous dead people with the caption 2021.Do these people have some inside knowledge? 2021年というキャプションとともに、有名な死者に囲まれたトランプ氏の姿が映し出されている。この人たちは何か内部情報を持っているのだろうか。

If – as the photograph implies – he is to be killed in an accident like JFK Jr. or Princess Diana, then such an execution would definitely usher in a bloodbath and mayhem. 写真が暗示しているように、彼がJFK Jr.やダイアナ妃のように事故で殺されるとしたら、そのような処刑は間違いなく血の海と騒乱をもたらすことになるだろう。

In any case, Pentagon sources say that if Trump is killed or if the Congress and Senate vote to support the fraudulent election of Joe Biden, then “the people will begin killing politicians and judges as well as corporate executives, vaccine pushers, lockdown promoters, etc.” いずれにしても、国防総省の情報筋によると、もしトランプ氏が殺されたり、議会と上院がジョー・バイデン氏の不正選挙を支持する投票をすれば、「国民は政治家や裁判官だけでなく、企業経営者、ワクチン推進者、ロックダウン推進者などを殺し始めるだろう」とのこと。

The situation inside the military is such that the colonels and non-commissioned officers are ready to take action into their own hands if the generals comply with the obvious election theft. 軍内部の状況は、将官らが明らかな選挙の盗用に応じれば、大佐や下士官が自分たちの手で行動を起こす準備ができているようだ。

Some NSA sources think we are dealing with a bifurcation of reality.This could be a metaphor for different visions of the world or it could be real. NSAの情報筋の中には、我々は現実の分岐点にいると考えている者もいる。これは、世界の異なるビジョンの隠喩かもしれないし、現実なのかもしれない。

» 続きはこちらから

20/12/07 フルフォード情報英語版:人類が自由を分かり始めた今こそ、歴史書を書き直す時

 前々からフルフォード氏はコロナウイルスのパンデミックは5Gと組み合わされない限りはただのデマ、という立場です。その後の有毒ワクチン強制集団接種が本命で、これによって人類の大半を駆逐し、生き残った少数は奴隷階層として、その同じワクチンに混入されたIDチップで世界政府が管理するつもりだと警鐘を鳴らしています。
 最近変化したのはトランプ大統領への評価でしょうか。「表立ってワクチン推進を訴えているし、どうも信用できない」から、今回は「皆で特に感謝しよう」に格上げされました。
 とはいえ、表舞台では次期大統領すら未だにはっきりしない状況です。欧米の混乱を尻目に、中国がどんどん最先端の科学技術の恩恵に与かろうとしています。今回は言及されていませんが、過去の週刊レポートで指摘されている通り、経済もぶっちぎりで好調です。
 記事の末尾でフルフォード氏が日本人に配慮してくださるのは嬉しいのですが、欧米だけでなく、日本も遅れている感が否めません。恐怖支配から脱し、自由の身で2021年を迎えたいものです。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
人類が自由を分かり始めた今こそ、歴史書を書き直す時
投稿者:フルフォード

勝利は目前


2020年12月というのは、歴史の流れが決定的に変わり、古代【から続く】悪の勢力が敗北を喫した瞬間として記憶されていくだろう。良識派が地球を巡る極秘戦争に勝利を収めていっており、人類の解放は確実かつ目前に迫っている。

人々は、米国大統領選挙でドナルド・トランプが決定的に勝利したという確証を目の当たりにすることとなり、米国内のワクチン強制接種へ向けた動きは終わりを告げるだろう。こうして流れは変わり、【変化が】雪だるま式に膨らんでいき、人々の目の前で古代【から続く】悪魔主義の支配層が倒されていくという歴史が展開されるのだ。【変革が】鎮静化した暁には、歴史書は完全に書き直さねばならなくなるだろう。

しかし、善の側が急速に勝利を確実なものとしていく中、戦闘は激しさを増し、ディープ・ステートの沼【に巣食う】連中は、死に物狂いで立ち向かってくる。奴らには、もう後がないと分かっているからだ。


アメリカの大統領選挙


今週の我々は、他所で徹底的に取り上げられている米国大統領選挙を巡る戦いについては、深く見るつもりはない。ただ、これだけは言っておくが、ドナルド・トランプは再選を大差で勝ち取り、ジョー・バイデンは米国証人保護プログラムに入ろうとしているところだ、と我々の情報源が裏付けを寄せてきた。

我々は、スイスの銀行UBSが不正選挙の投票集計機ドミニオンの製造会社を共産党中国に売ったことも確認を取っている。これはつまり、米軍や諜報諸機関がUBSの経営陣やダボス世界フォーラムのクラウス・シュワブ会長を始めとする多くの人物を、取り調べ目的で追い詰め拘束してく、ということだ。ペンタゴン筋が請け合っていたが、米国内の逮捕は既に本格化しているそうだ。

シュワブが何を企んでいるのか知りたければ、アルバータ州首相のジェイソン・ケニーがシュワブについて語っているのをご覧あれ。


動画はシャンティ・フーラが挿入

ケニーが言及していないのは、Covid-19という悪夢全体を設計したのがシュワブと奴のボス連中だという点だ。自分たちが支配権を握り続けられるよう、金融システムを“リセット”するのが目的である。

米国での逮捕は既に進行中だと、ペンタゴン筋が裏付けてきた。以下は、我々のCIAの情報源がジーナ・ハスペル前CIA長官の命運について語った内容だ:

彼女は間違いなく取り除かれました。ですが彼女は観念する前に、長官としての在任期間中やそれ以前に自ら監督していた全ての隠密作戦の入ったデータのバックアップという彼女用の“刑務所釈放カード”を思いつきました。

噂では、【既に】彼女はギトモ【※グアンタナモ基地】に連れて行かれ、事情聴取を受けたそうで、【これから】新しい顔と指紋を与えられ、行方をくらます【かもしれない】のだとか。

【いずれにせよ】彼女はいなくなりました。もう二度と耳にすることはないでしょう。もし何かまだ彼女にさせないといけなくなれば、CGI【※コンピューター・ジェネレイテッド・イメジャリー】によるホログラムで済むのですから。」


コロナとワクチンで世界政府樹立


【こうして】立憲共和国を巡る争いが展開されていく一方で、偽のパンデミックや、世界中の人々にワクチンという形で毒を盛る計画を巡り、もう一つの戦いが席捲している。

これを理解したければ、この【週刊】レポートの機敏な読者が送ってくれた以下の表を見てほしい。表は、現在のCovid-19キャンペーンと、朝鮮戦争中に共産党中国がアメリカ人捕虜を洗脳するために使用した手法とを比較したものだ。


人を脅して完全に服従させるため、孤立・脅迫・絶え間ない恐怖のプロパガンダ・服従すれば与えられる報酬等々がどのように組み合わされるのかを示したものだ。この表から明らかなように、私たちが【現在】目の当たりにしているのは、共産主義の世界政府を作り出そうという試みであり、それをコントロールしているのが中国勢、そして彼らの銀行家として動いているハザール・マフィアなのである。

» 続きはこちらから

菅政権は予備費3,700億円のうち3,000億円をコロナ対策ではなくGoToキャンペーンに充てる / GoTo利用者ほどコロナ感染リスクが高いとの調査結果

 有無を言わせず国会を閉じたと思ったら、案の定、菅政権は勝手に第三次補正予算を発表しました。報道では「財政規模40兆円、事業規模73.6兆円」という数字が踊っていますが、いわゆる「真水」は不明です。しかし日経は「温暖化ガス排出実質ゼロや官民のデジタル化といった中長期の成長戦略に(中略)全体の約7割を投じる。」と、コロナ収束後のための経済対策であることを報じています。日本の政府であれば「7割」をまずコロナ経済対策に充てるべきなのですが。
 ところがこれと並行して政府は予備費7兆円の中の3,700億円の支出を求めています。フザケタことにその内3,000億円をGoToキャンペーン関連に充てるつもりだと!コロナで息も絶え絶えの国民に配るためのお金を。そして残り数兆円をどうするつもりか問われたくない、だから国会から逃げたわけですね。ドロボー!
 菅政権は、GoToがコロナ感染拡大と無関係だと言い張りますが、先ごろ東京大学などで構成された共同研究チームが「GO TOトラベル利用者の新型コロナ感染リスクを明らかにするため、15−79歳を対象とした大規模なインターネット調査(2020年8月末〜9月末に実施)によって集められたデータの解析」を行いました。その結果「個人レベルではGo Toトラベルを利用している人ほど新型コロナ感染リスクが高いことが明らかになりました。」査読前という但し書きはありますが「そりゃそうでしょうよ」とシロウトでも納得の調査結果です。
 菅政権はこれでも目をつぶって感染拡大GoToに邁進し、そのために3,000億円を投じるのでしょう。サルをトラックから引きずり下ろすのは日本の有権者にしかできません。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

20/10/12 フルフォード情報英語版:刑事でも民事でも告発されたWHO、Covid-19詐欺から撤退

 これまでコロナウイルスを煽動して、カバールのハルマゲドン計画の旗振り役となっていたWHO(世界保健機関)がトーンダウンしてきました。これだけなら吉報です。
 ただ世界全体がますます混沌としており、まるで相反する二つの現実がどちらも存在するかのよう。長年、世界の権力構造の裏側を追求してきたフルフォード氏から見ても、トランプやプーチンや習近平といった世界的指導層の動きをどう解釈したらいいのやら、果たして彼らは敵なのか味方なのか、釈然としない状況です。
 この中の一人くらいは4次元チェスで世間を欺いているのでしょうか、それとも全員が最後まで本物のハザール奴隷なのでしょうか。3人のワクチン推進は確かに気掛かりです。

 悪魔崇拝のカバールとの戦いは、まだまだ終わっていません。そんな中、地球の貧困と環境破壊撲滅に向けた動きが目に見える形で出てきました。
 地球解放の道半ばで暗殺されたケネディ大統領の「ムーンショット」に因んで、「アースショット賞」だそうです。ウィリアム王子も、フルフォード氏が先週の記事末尾で「悪魔崇拝カルトの家系に生まれた人間には、この慣習に従うか、または自分自身が殺されるかという選択しかなかった」と言われた一人なのかもしれません。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
刑事でも民事でも告発されたWHO、Covid-19詐欺から撤退
投稿者:フルフォード

現実が二極化する中でWHOが態度豹変


WHOが突然、Covid-19詐欺から撤退した。自分たちの指導陣が刑事と民事で告発されたからだ。これは、現在進行中の地球を巡る戦いがバチカンでの複雑怪奇な陰謀から核兵器の大規模使用に至るまで多岐にわたる中、良識派がとった秋の攻撃の一環である。どちらの戦線においても、善の側が決定的な勝利を収めていっている。

私たち【人類の面前】には、2つの相反する地球の未来像が提示されていることを思い出して欲しい。一つは、ハザール・マフィア、あるいはハバード派の死のカルトによって支配された【未来像】で、人類の9割を一掃し、残りを奴隷にすることを要求している。もう一つは、貧困を終わらせ、環境破壊を止め、宇宙を探索するための大規模なキャンペーンを呼びかけている。

この2つの異なる現実の戦いがクライマックスを迎えつつあるため、世界の状況は日に日におかしなことになっていくかのように見えるのだ。

これは、アメリカ対中国、あるいはトランプ対バイデンといった単純な構図ではない。むしろ従来の【そういった】境界線を超えたものなのだ。例えば、芝居じみたニュースの舞台上では、ドナルド・トランプも習近平も【各々】2つの異なる人格が披露され、【同一人物の】1つの人格が【もう1つの人格とは】異なる派閥のアジェンダを支持しているかのような様相を呈している。

これを説明するため、WHOの急転直下の動きを見ていこう。腐敗したテドロス・アダノム・ゲブレイェソス事務局長は3月に、こう述べた:

この伝染病【の拡がり】は押し戻すことができますが、そのためには政府のあらゆる構造を巻き込んだ組織的かつ包括的なアプローチを取らない限り無理なのです。」

そして先週、COVID-19特使のデイヴッド・ナバロがこう言った:

私たち世界保健機関【=WHO】は、このウイルスを抑制するための主な手段として封鎖を推奨してはおりません。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

何が変化したのかというと、世界の諜報機関や法執行機関の中で意思決定【を形成するのに最低限、必要な数となる】クリティカル・マスの人々が、Covid-19キャンペーン全体は人類に対する巨大な犯罪であると気付いたのだ。

その要因の一つとなったのは、WHO自身の馬鹿げた発表である。7億8千万人がCovid-19に感染し、その内106万1,539人がそのせいで死亡した、と最近言っていたのだ。となると感染死亡率は0.14%、つまり全死因における死亡率の世界平均(1.38%)の10分の1ということになってしまう。

今や、米国食品医薬品局が「2019-nCoV【=新型コロナウイルス感染症】の定量化されたウイルス分離株は現在、手に入らない【ので】……」と認める始末。
ℹ2020年7月13日付けCDC【アメリカ疾病予防管理センター】発表:「2019-新型コロナウイルスのリアルタイムRT-PCR診断パネル

要するに、経済を停止させたり、人々にマスクの着用を強制するなどといった一切合切が、彼らが存在すら証明できていないウイルスに基づいたものなのだ。あるいは、規制当局としては精査が可能となるデータを提供したくないのかもしれない。なにせ当初、インドの科学者の何人かは、サンプルに不自然な【遺伝子的】要素の組み合わせが存在すると主張していたくらいだ。

さらに都合の悪いのが、ドイツのコロナ調査委員会のライナー・フュールミッヒ博士の出した証拠だ。博士は、ロスチャイルド一族が何年も前にCovid-19検査の偽の陽性結果の特許を取得した、と言っている。ライナー博士は当該不正行為の加害者らに対して、史上最大規模の一つとなる損害賠償訴訟を現在準備中である。
ℹ2020年10月4日付けビットシュート:「ライナー・フュールミッヒ博士より、『人道に対する罪』

動画はシャンティ・フーラが挿入

MI6筋は自分たちが、ロスチャイルド家とその仲間のハザール・マフィア連中に対して、同詐欺に基づくインサイダー取引で世界規模の刑事捜査に着手したと言っていた。今年3月に行われた株の空売りで、モルガン・スタンレー、バンク・オブ・アメリカ、チャールズ・シュワブ、マッケソン製薬会社などの諸企業には3,440億ドルの利益をもたらされたのだ。


» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 18