20/05/18 フルフォード情報英語版: 秘密の戦争が激化する中、破壊されたエリア51

 西洋だろうが東洋だろうが、カバールだろうがカバールでなかろうが、結局は「世界政府」樹立に行きついてしまうんかーい、とツッコミつつ毎週のレポートを訳していたのですが、今回フルフォード氏が「コロナウイルスを利用している三大派閥」をまとめてくださいました。
 ――程度の差こそあれ、やっぱしどいつもこいつもNWO、世界統一政府やーん。「ゆるやかな世界支配」、「マイクロチップによる強制的世界支配」、「人類9割削減による世界支配」の三択て。第四番目のトランプQチームにも、この三大勢力から要人が入り込んでいるようですし、結局はグローバリストの作った枠組みから抜け切れていない気がしてしまいます。
 ハザールマフィアの悪魔崇拝の実態に目覚めた人々が、グローバリズムの先にある新たな枠組みの構築へ歩みを進めてくださればと願っています。例えば映像配信「家族の絆 〜夫婦」で詳細に紹介しているサーカーの思想、プラウト理論などいかがでしょう。
 新時代の到来です。資本主義や共産主義(および共産主義への移行形態である社会主義)の枠外に、飛び出していきませんか。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
秘密の戦争が激化する中、破壊されたエリア51
投稿者:フルフォード

コロナウイルス戦の裏で地球戦争激化


地球を巡る戦いは、少なくとも3つの派閥が支配を求めて必死に戦っており、危険な段階に突入しつつある。今やこの猛攻撃は、聖書的であるだけでなく、異世界的な様相すら呈するようになってきた。聖書的な側面には、未知の勢力によるイスラム教の【幾つかの】主要な聖地の占領が含まれている。異世界的な側面には、エリア51への攻撃や、ブラジルでのUFO墜落が含まれている。

以上の一切合切は、人類を【殺す気まではないが単に】支配したいだけの諸派閥と、我々の大部分を殺してしまいたい諸派閥がCovid-19のいんちきパンデミックで争っている傍らで、起こっているのだ。


地球外(宇宙)の動向


この戦いの異世界的な部分から【見て】いこう。米国政府は、地球外での仕事をこなす職員を公然と募集し始めた。広告はこちらで見ることが可能だ:

動画はシャンティ・フーラが挿入

【※アメリカ宇宙軍の募集コマーシャルです。アメリカ空軍および宇宙軍によって2020年5月6日に公開。】

この募集広告が公開された後に、第21宇宙航空団を指揮していた空軍のトーマス・ファルザラーノ大佐が殺害された。

更にその直後、悪名高いエリア51つまりあの“UFO基地”に対する大規模攻撃が起こったのだ。基地を襲ったマグニチュード6.5の地震計は、自然【発生の】地震ではなく、突然の大爆発だったことを示している。

AccuWeather [Public Domain]


ペンタゴン筋曰く、「ネバダ州とクロアチア【共和国】が地震に見舞われたため、海軍の病院船マーシーは5月15日にロサンゼルスを出発した」。船は逮捕された悪魔崇拝者で一杯だったと彼らは言う。しかも地下のアドレノクロム製造施設から子ども達が救出された後、両方の場所にあった地下基地を彼らが破壊したのだと、ほのめかしていた。

この地震の後、ブラジルで大変珍しいUFO【の編隊飛行】が目撃された。続いて、大勢の人が撮影したUFOの墜落事故が発生した。UFO【の一大編隊】と墜落現場を映した2分間の動画は、こちらで見ることが可能である:

動画はシャンティ・フーラが挿入

米海軍の諜報部と繋がっている「ソルカ・ファール」というサイトは、アメリカがファルザ【ラー】ノ大佐殺害の報復として、中国の駐イスラエル杜偉大使を殺害したと主張している。であれば何故に海軍は、中国側が宇宙軍司令官の殺害を画策したなどと思ったのだろうか。

その点は定かではないが、何年も前にロスチャイルド家の一員が「中国と話をしたいならば、こちらが最も高位となる」と言って、ドラゴン・ファミリーの代表を私に紹介してくれたことがある。そのドラゴン・ファミリーの代表は、中国には地球外のスポンサーがいると言っていた。もし彼ら【ドラゴン・ファミリー】が「ちゃんとやらなければ」、人類は「大変厳格な管理下に置く」と脅迫しているのだそうだ。

こういった出来事には多くの疑問符が付きまとっている。しかし何か物凄く異常なことが起こっているのは明白だ。

» 続きはこちらから

ぺりどっと通信64 新型コロナウイルス対策3


今回はビタミンCについて調べてみました。
(ぺりどっと)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
新型コロナウイルスに対して有効だと思われるのがビタミンCです。…いや、確実に効いているようです。なんてったって、実際にコロナ治療の最前線でも使われていますからね。


時事ブログでは、新型コロナウイルスの予防と治療に対するビタミンCの処方として、

予防には 3g/日を経口摂取
治療には 200g以上/日を経口摂取 もしくは 12.5~25g/日を静脈投与

を挙げています。ちなみに、ドーシャの関係から、基本的にピッタ体質の人は「ビタミンC」の大量摂取を避けた方が良いとのこと。

これを見ると、予防であればたった3gほどで済むのに、実際に罹患してからの治療には200gも必要になります。実に67倍!ですので出来得る限り、万全の予防対策で臨みたいところです。

他の病気でもそうですが、予防であればほんの少しの努力で済むものが、完全に罹患してからの治療には莫大なエネルギーが必要となってしまいます。アーユルヴェーダがその予防に重点を置いていることからも、予防に力を入れることは賢明な判断であるといえるでしょう。


すでに試された方はご存知だと思いますが、ビタミンCは酸っぱくて、苦手な方には飲みにくいです。甘い飲み物などに溶かしたりして飲まれているのじゃないでしょうか。実はぺりどっとも元々、酸っぱいものはあまり好きではありません。これもヴァータ体質ゆえなのでしょうか。

ぺりどっとは日々のコロナ予防として、起床直後に1g、就寝前に1g、そして日中に1g、計3gを飲むようにしており、具体的なビタミンCの飲み方はこんな感じです。

  1. 口の中に一口で飲み干せる量の水を溜める
  2. そこにビタミンCの粉末をスプーンで投入
  3. そのまま飲み干す
 ※出来るだけ、歯に触れないように飲み込むこと(理由は後述)

この方法ですと、その酸っぱさをあまり感じることなく飲むことが可能になり、水も少量で済みます。同様のやり方で、クエン酸や重曹、粉炭(チャコール)などの粉末物も容易く飲むことが出来て重宝しております。

» 続きはこちらから

メキシコ便り(64):「メキシコ人の食生活の乱れが、今回の新型コロナの死亡者を増やしている」ロペス・ガテル厚生副大臣/ 「糖尿病、心臓病、高血圧の治療薬(ACE阻害薬)がコロナを致命的にしている可能性がある」The Lancet (世界五大医学雑誌の一つ)

 5月14日のナチョさん動画によると、ニューヨークタイムズ、ウォールストリートジャーナル、ワシントンポスト、フィナンシャルタイムズ、エコノミスト、スカイニュース、アルジャゼラは一斉に「メキシコは感染者数、死者数を隠している!検査が少ない!」とメキシコ叩きをしたそう。
 実はpopoちゃんも、あのナチュラルニュースでマイクさんの記事と他のライターさんの記事と2回「メキシコは中国のように本当の数字を出していない!危険だ!」みたいなのを読みびっくり‼️😱5月23日(土)ロペス・オブラドール大統領は、比較は大変よくないことで、大変申し訳ないことでお許しいただきたいのですが、フェイクニュースがあまりにも多いのでと、他国の人口100万人に対しての死亡者比較を動画で説明しました。大変残念なことに一番多いのはベルギー(メキシコの15倍)、スペイン(メキシコの11倍)、イギリスとフランス(メキシコの10倍)、アメリカ(メキシコの5倍)。
 メキシコの真実を知るには、朝の大統領のプレス・コンファレンス、コロナ状況は夕方18時のコロナ報告会は必見です。それを見ていない人には、メキシコの真実はわからないでしょう。メキシコ人でも見ていない人は、国内のフェイクニュースに騙されています。ロペス・オブラドール政権は「正直」がモットー!メキシコのコロナ対策チームリーダー、ロペス・ガテル厚生副大臣はすべてを情報開示し、毎日誠心誠意、質問に答えています。メキシコ政府の数字に間違いはあっても、意図的な「ウソ」はないと思います。
 ちなみに5月23日(土)現在、感染者累計65,856人、過去2週間の感染者14,253人、死亡者7,179人、PCR検査済み215,656人。すでに5月18日から感染者ゼロの324の市町村が外出自粛解除、6月1日からその他の地域すべてが外出自粛解除。それぞれの市町村を4段階に色分けし、段階ごとに制限が付いています。社会的距離、外出自粛で74%の感染減少に成功し、医療崩壊(ベッド占有率40%以下)することなく感染ピークも乗り越えたメキシコはホッとしています。
 さて、そんなメキシコ、食生活の乱れが今回の死者数を増やしてしまったことが今後の課題となりそうです。その死者の多さを立証するかのようにThe Lancetが糖尿病、心臓病、高血圧のACE阻害薬がコロナを致命的にしている可能性があるという記事を出しています。😱外出自粛以降、普段はメキシコじゅうを駆け巡っているロペス・オブラドール大統領もおとなしくしているようですが、ゆっくりするわけでなくコロナで苦しんでいる人、最前線で戦ってくれている医療関係者、亡くなった方のご家族に捧げると、もうすでに2つの書きものをしました。(こういう繊細さが人気の秘訣、きっと!)その内容を少しご紹介♪とにかく常に国民のことを思い、寄り添う大統領の姿勢は眩しい✨😎
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
メキシコ便り(64):「メキシコ人の食生活の乱れが、今回の新型コロナの死亡者を増やしている」ロペス・ガテル厚生副大臣/ 「糖尿病、心臓病、高血圧の治療薬(ACE阻害薬)がコロナを致命的にしている可能性がある」The Lancet (世界五大医学雑誌の一つ)

メキシコの死因ランキング


5月18日(月)ロペス・ガテル厚生副大臣は、毎夕18時から始まる新型コロナ報告会で、いかにメキシコ人の食生活の乱れが、今回の新型コロナの死亡者を増やしているかを語りました。

5月18日、新型コロナ報告会で語るロペス・ガテル厚生副大臣

INEGI(国立統計地理研究所)の調査によると
2018年の死亡者は計733,000人で、その死因は。。。

 ① 心臓病
 ② 糖尿病
 ③ ガン
 ④ 外傷
 ⑤ 消化器系肝不全
 ・
 ・
 ⑧ インフルエンザ・肺炎

2018年のインフルエンザ・肺炎の死亡者数は28,000人。
ロペス・ガテル厚生副大臣いわく、ここ12年間のメキシコの兆候は、乱れた食生活(脂肪、塩、砂糖のとりすぎ)が死亡者数半分の死因になっていると。。。

上のツイッターは挿絵として使っています♪

popoちゃんは、味見もしないでお皿に盛られた料理に化学塩バンバンかけてから食べる人を何人も目撃したことがあります。👀❗️ ファレスは特にそうで、皆、味覚が壊れてる!なのでpopoちゃんは、ほとんどの外食は味が濃ゆすぎて食べれない。。。😓しかもピッタなので塩味が濃いと怒っちゃう😡(笑)

» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「ゲイツはん」 〜マイクロチップ入り新型コロナ・ワクチンと「スーパーシティ」構想

ビル・ゲイツを調べだしたら、沼の底が深すぎて、溺れそうになった。
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ぴょんぴょんの「ゲイツはん」 〜マイクロチップ入り新型コロナ・ワクチンと「スーパーシティ」構想

想像以上に危険な「スーパーシティ法案」


いよいよ、大都市を除いて、「緊急事態宣言」が解除されたね。
ステイホームも飽きた頃だから、良かったあ。


まだまだ安心はできねえ、日本は世界一、PCR検査してねえし。
再び感染者が出れば、ほおら、それ見たことかってなるな。
連中、きっと、こう思ってるぞ。
〈しかたねえさ、今の日本の法律じゃ、おめえらを完璧に拘束するのはムリだから。
あ〜あ・・誰か、憲法に「緊急事態条項」さえありゃ、新型コロナなんか、とっくに収束できてんのにって、言ってくんねえかなあ。〉ってな。

いやだよ、あべぴょんにすべての権限を渡すなんて、死ぬよりイヤだよ。

だが、こうも言うだろう。
〈おめえたち、見張られてねえと勝手な行動して、ウイルスまき散らすじゃねえか?
今のままじゃ、てめえらは、永遠に新型コロナの沼から抜け出せねえのよ〉ってな。

もっと、ぼくたちを管理したいってことだね。

〈叩けばホコリの出る体じゃ、安心しておめえらを縛り付けることもままならねえし、そのためには、どうしても「検察庁法改正案」を通して、内閣の地位を万全にする必要がある。・・・しかし、おめえらを縛り付けるのに、ちょうどいい口実ができたわ〉。

新型コロナのこと?

〈こうして「緊急事態宣言」の前例もできたし、さらに一歩進んで、おめえたちを、思い通りに管理するチャンスだぜ〉。

そこに、唐突に現れた「スーパーシティ法案」とか、なんなの?
「安倍政権の進める国家戦略特区のひとつと聞いただけでロクなもんではないと分かりますが、想像以上に危険なものでした。」(時事ブログ)

〈ああ、あれも、今だったら通せるかなって思ってさ。
今っしょ、今しきゃないっしょ!〉

なんか、あやしい法案らしいよ。
人工知能(AI)やビッグデータを活用した『まるごと未来都市』を作るというお題目ですが、・・ついには市民監視社会にもなりかねない『未来社会構想』でした。」(時事ブログ)


いよいよ、オーウェルの世界へ「ようこそ!」ってな。

ジョージ・オーウェルの「1984年」? 典型的な管理社会の話だね。

〈ああ、早く日本をそうしたい! 
つうか、おれたちの仲間が、こうゆうの発表してたって知ってた?〉

なにこれ?


「スーパーシティ構想」を実現するための条件


2010年に、「Global Business Network」という会社が、今のコロナ・パンデミックを予言してるのさ。〈メイコはん〉の動画に紹介されている。

日本を絶対守る★スーパーシティ構想★ID2020★ビルゲイツ★マイクロチップ★拡散希望

» 続きはこちらから

20/05/11 フルフォード情報英語版:コロナウイルス詐欺が瓦解し、首なし鶏のように走り回るエリート支配層

 フルフォード氏は、現在のコロナウイルスによるパンデミックはフェイク(偽情報)という立場です。カバールはパンデミックの恐怖を煽って人々の支配を強化しようと目論みましたが大失敗し、今ではカバールを粛清する側に状況を利用されている、とみています。
 また、先週に続いて今回もヒトラーの系譜が明らかにされています。前回はヒトラーの娘たちについてでしたが、今回は母親クララについて。
 実は父アロイスも私生児なので出生がはっきりせず、おそらく父親はユダヤ人、ひいては「ヒトラーの祖父がネイサン・マイヤー・ロスチャイルドである」可能性まで囁かれています。いずれにせよ「母クララは……1885年、アロイスの三番目の妻となった。夫より24歳も若く……」とあるので、本文に登場するチェンバレンの結婚斡旋には何か含むところでもあったのかな、とは思います。あるいはそのように指示を受けていたのでしょうか。

 最後にタイトルに因んで豆情報。首なし鶏マイクは「首をはねられた後も18か月間生存していた」そうな。頭を失ってパニック状態のカバールも同じだったら、やだなー。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コロナウイルス詐欺が瓦解し、首なし鶏のように走り回るエリート支配層
投稿者:フルフォード

パンデミックで支配権を取り戻すのに大失敗したカバール


今では最も洗脳されたシープルたちですら、自分たちのgovernment【政府】は何かが物凄くおかしい、と気付くようになった(※govern=支配、ment=心)。戒厳令を敷くためにフェイク・パンデミックを使おうとする試みが裏目に出たのは明白で、軍や【諜報】機関の良識派が欧米の諸政府を乗っ取った悪魔崇拝者を追い詰めるための格好の隠れ蓑を提供している。

コロナウイルスに感染したアメリカ・イギリス・フランス・其の他の政治家や有名人のリストを見てくださいな! 彼らの70%以上がユダヤ人なのです!!」と、FSB筋の一人は指摘していた。

彼【が言っているの】はほぼ正しいのだが、奴らはユダヤ人ではなく、悪魔崇拝者である。しかも、フェイクと思しきウイルスに感染してもいない。そうではなく、逮捕されたり、処刑されたりしているのだ。

もしこのパンデミックが本物だと思う読者が未だにいるのなら、どこか病院に行って、そうではないことを自分の目で確かめてみた方がよいだろう。あるいは、タンザニアの大統領が果物・ヤギ・其の他思いついた物から採ったサンプルを送ったところ、どれも揃ってこのコロナウイルスとやらの陽性反応を示した、という事実に注目して欲しい。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入


悪魔主義が横行する欧米


西洋は悪魔崇拝者によって支配されているという事実を未だに理解できない人々は、それが真実だと証明してくれる最近のニュースを幾つか見ておくべきだろう。

例えばイスラエルの人々は、何故だか知る由もないが、またしても悪魔崇拝者のベニヤミン・ネタニヤフを自分たちの首相に担ぎ上げた。ネタニヤフがまず最初に行ったことの一つは、「獣のしるし」で識別するべく子どもたちにマイクロチップを入れようと呼び掛けること。先週、ネタニヤフはこう言ったのだ:

「センサーなど、イスラエルが得意とする【分野での】対策を見つけるため、【我が国の】テクノロジーのトップの方々と話をしました。例えば、全ての人、全ての子ども――私としては子どもを優先したいのですが――近づきすぎるとアラームが鳴るセンサーを持ってもらうのです。車に設置しているのと似たようなものをね。」

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

そしてアメリカの国会では、悪魔の数字6666番の法案を通過させようとしている。政府【お抱え】のチンピラ集団【※例えばCDCとか、警察とかが人々の家に押し入り、フェイク・コロナウイルス【に感染しているか、無理矢理】検査をして、もし“陽性”とやらになろうものなら、その子どもたちを連れ去ろうという内容だ。ここまでくると、誰かが空想で出っち上げられるレベルではない。

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 14