地球ニュース:フランス&アメリカ&イギリス

 今回は、種々雑多なニュースをダイジェストでお届けします。
◉ フランスからはロスチャイルド家の世代交代
◉ アメリカからはGMO蚊に反対していた活動家の不審死
◉ イギリスからはシリア攻撃で金を稼ぐ大物政治家
 どれも全く繋がってはいない話なのですが、どれも「なんだかな」と呆れます。もう少し世界が良くなって来ていることが感じられるといいのですが……日本に目を向けてもゾンビ安倍がしつこく居座っているし、風が起こって欲しいですね。淀んだ空気を吹き飛ばす浄化の風が。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
地球ニュース:フランス&アメリカ&イギリス

フランス:ちょこっと引退


少々気になるニュースでしたので、御紹介。フランスのロスチャイルド家が世代交代するようです。言わずと知れたマクロンの御主人様ですね(※只今シリア政府が一般市民を化学兵器攻撃した確固たる証拠を有しているとかハッタリかましていますが、あの超胡散臭い大統領が勤務していたのが「ロチルド & Cie」。「ロチルド&Co」銀行の傘下のコーポレート・ファイナンス専門の銀行です)。


ダヴィド・ド・ロチルド(75歳)が、5月17日付けで長男のアレクサンドル・ロチルド(37歳)に、ロチルド&Co銀行の頭取の座を譲るんだそうです。とはいえ父親も同銀行の監査役会の方のトップにスライド移行するので、完全引退という訣ではありません。


こちらの記事によるとこの会社、再建当初は「パリ・オルレアン銀行」という名称でしたが、2015年に念願の「ロチルド」名を復活。米国での事業拡大を虎視眈々と狙っているそうで、これだけ見るとフランス分家は今でも結構上り調子です。

一方、ロチルド銀行に未だに裏で操られていると後ろ指差されているマクロンですが、こんな写真撮られてますよ。

40歳にして、これはもう「死んだ顔」。苦労知らずのお坊ちゃまは、記事で相当酷評されていました。

アメリカ:また不審死


お馴染みジョーダン・セイザー氏の動画からです。一週間前、GMO蚊に反対していた活動家のミラ・デ・ミアという女性がプールで死亡しました。

……て、GMO(遺伝子組み換え)蚊って何でしたっけ。



……つまり、雄の蚊の遺伝子を組み替えて、交尾した雌が子ども生んでも、成虫にならずに死滅するようになるらしいです。人間の血を吸うのは雌だけですから、GMO蚊との直接の接触はありません。ただし死んだ幼虫(とその父親)の死骸はどっかに転がっている訣で、なんか気になりますな。

で、GMO蚊によって主に予防しようとしているのが、ジカウイルス。あのロックフェラー財団が特許もっているウイルスです。あ、この記事によると、大量の蚊が雄だけかを全てチェックするのは土台無理って書いてます。実際にはGMO蚊の雌版もちゃっかり混入しているんだそうで……人間の血を直接吸ってきますやん、それ。

ちなみに、ブラジルやケイマン諸島などではとっくの昔に何百万単位で(雌も含めて)GMO蚊が野に放たれております。

この女性は、この実験が米国内でも実施されるのを反対して、フロリダからワシントンD.C.を訪れていました。20万人の署名をアメリカ合衆国環境保護庁へ提出する予定だったそうです。

4月10日朝、ホテルのプールに顔を下にして浮かんでいるのを発見されました。まだ45歳、泳ぎは得意だったそうです。こちらの記事によると、過去にはジンベエザメと共に泳いだ経験もあり、6月にはイルカと泳ぐ体験をしに行こうと計画してたとか。更に最初の記事のコメント欄によるとプールは4フィート(1メートル22センチ)の深さ。そしてお子さんが3人残されました。

米国では代替医療のお医者さんも次々不審死を遂げていますし、モンサントはのさばったままだし、なんでこう悪事を重ねますかね。ゴッドファーザー形式の口封じが未だに横行しているのだとしたら、ほとほと困ったものです。


イギリス:何かがチガウ内助の功


皆様ご存知でしたか。イギリスはシリアを攻撃しても末代までの恥を曝すだけですが、テリーザ・メイ首相の旦那は大変儲かるんですよ。こちらがあぶく銭でウハウハのフィリップ・メイ:

彼はキャピタル・グループという会社の重役です。RTの記事によると、この会社はBAEシステムズという会社の筆頭株主なのですが、現在BAEは株がうなぎ登り。だって武器製造会社ですもん、シリアで英軍が使う武器の。今回も英軍が攻撃で使ったミサイルは全てBAE製で、しめて632万ポンドのお買い上げ~。

キャピタル・グループはロッキード・マーティン社の二番目の大株主でもあります(※この記事によると10.39%)。こちらは米軍に武器を提供している会社です。そしてやはり今回のシリア攻撃で株が上昇しております。なにせロッキードが新しく開発した巡航ミサイルの記念すべきデビュー戦となりましたから。

前回ソルカ・ファール女史の記事にて、シリア空爆を超~熱心に唱えていたジョージ・オズボーン元財務大臣の現在の雇用主の一つブラックロック社も、BAEの5番目の大株主だったことが発覚。

こちらの解説によると、たった週1勤務のオズボーンに対し、アメリカの資産運用会社ブラックロックは年収65万ポンドも払っているらしいです。戦争誘導してくれるのなら安い投資って訣ですか。

ハザール粛清でビビりまくって、第三次世界大戦に突っ走ろうとしているのかと思いきや……結局は金儲けみたいです、コイツら。


文・Yutika


Writer

Yutika

体癖:8−2、エニアグラム:4
関西の英語塾で教えつつ、翻訳業(英語&仏語)をしております。


Comments are closed.