ユダヤ問題のポイント(日本 明治編) ― 第13話 ― ホツマの神々の承認

 「死して護国の鬼となれ」、これは日清戦争の直前に作られた軍歌の中にあるフレーズです。このようなフレーズのもと明治以降日本は、その皇軍は、日清戦争、日露戦争、太平洋戦争へと突き進んでいきました。
 日本国民は“お国のため”に戦死すること、死して後もいわゆる成仏し自由になることも許されず、荒魂の鬼神として国家体制の支配の中に組み込まれることが課せられていったのです。国民を所有物扱いし、その生と死さえも束縛・支配するカルト国家が日本だったとも言えるでしょう。
 “現人神”天皇が統治する中央集権国家、日本神道の皇国日本を明治維新は誕生させました。しかしこの皇国日本は、日本人の総意に基づきて出来上がったのでは決してありません。ほとんど全てに近い日本人は真相を隠され、騙されて日本国家に組み込まれてきました。
 皇国日本を作る動きは、江戸後期からは八咫烏によって起こされました。その上で幕末の外国勢力「300人委員会」の動きによって皇国日本は誕生したのです。皇国日本は八咫烏と「300人委員会」によって作られ、その支配下にあった国家体制とも言えるでしょう。
 そして八咫烏、300人委員会のバックにはホワイト・ロッジ、ホワイト・ロッジ内闇組織の存在が、それにブラック・ロッジが絡んできてもいます。
 ただし、それだけではありません。ホワイト・ロッジ等はハイアラーキですが、それだけでは皇国日本を作れません。日本は地球の霊的統治の中心なのであって、人間とハイアラーキの思惑で勝手に改変できるものではなく、ホツマの神の承認が必要だったはずなのです。そしてこの皇国日本は、相敵対するホツマの神々の利害が一致してもいたのです。
(seiryuu)
————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(日本 明治編) ― 第13話 ― ホツマの神々の承認

日英条約の穴 〜「幻(ファントム)の君主」天皇


1858年夏にジェイムズ・ブルース(エルギン伯爵)が日英条約の際に突きつけたであろう、英国官報ガゼット紙に記載されている「英国女王陛下は、…日本の帝の領土における権限と管轄権」を所有する。これには次の2つのポイントが求められ課せられているのは自明です。

①日本全土を天皇の領土にすること。
②日本天皇は英国女王のしもべとなること。

しかし当時の日本の状況は、そう簡単にはこの2つのポイントの実現を許すはずが無かったのです。まず孝明天皇は②を受け入れるはずもありません。そして『アーネスト・サトウ伝』では 日英条約を巡る状況の複雑さと難しさを次の三点に指摘しています。

イギリス外交官アーネスト・サトウ
Wikimedia Commons [Public Domain]

日本の君主たる天皇は「幻(ファントム)の君主」であり実権がなかった。
しかし実権を有する徳川将軍は天皇の下位であり、条約発効には天皇の勅許が必要。
③更に徳川将軍は実権があるとしても、雄藩のコントロール能力はなかった。

以上の三点から「条約は天皇の批准を受けていないので拘束力はない」「諸侯は、将軍のみの調印によって当該条約に拘束力があるのを承認することはできない」と、条約を反故にされる危険性があるとし、次のように指摘しています。

「ラザフォード・オールコック卿はパーマストン内閣に次のような方針を採用するように提案した。
(1)天皇の条約批准を迫る。
(2)天皇の「幻の権力」を真の権力とするように努力する。」

Wikimedia Commons [Public Domain]

ラザフォード・オールコックは、日英条約に基づき江戸に駐留した英国外交官です。彼が時の英国首相パーマストンに提案した(1)(2)の内容は、(1)が②日本天皇は英国女王のしもべとなること、(2)が①日本全土を天皇の領土にすること、以上のそれぞれと通じているのが透けて見えるでしょう。

英国側は日本を英国女王の所領とすることを課せてきたのですが、注意点があります。繰り返しになりますが、英国女王は300人委員会の長であり代表です。コールマン博士が悪魔崇拝海賊団であるイギリス東インド会社が300人委員会となったとしていますが、1858年日英条約のこの年にイギリス東インド会社は、その役割を果たし不要になったのでしょう、解散し、イギリス東インド会社は300人委員会になっています。

英国女王は、英国国家というよりは300人委員会の代表として日本側に日本所領を突きつけたのです。

天皇が英国女王のしもべとなることを承認したのは誰か?


①日本全土を天皇の領土にすること。
②日本天皇は英国女王のしもべとなること。

英国女王の背後の300人委員会が課せてきたこの2つのポイントをクリアするには、日本的感覚では超不自然ながら、日本を自らの領土として統治したうえに、英国女王のしもべとなる日本天皇を擁立しなくてはいけません。しかしこれには大変な問題が含まれており、地上の人間だけで決められるはずもなく、神々の承認も必要としたはずです。

①日本全土を天皇の領土にすること。これ自体はそれに近い天皇の君主としての実権の復権を、光格天皇と八咫烏がその実現を目指して運動を既に展開していました。この八咫烏たちのバックにはホワイト・ロッジの存在があり、更にそれを守護する存在としてシリウス第5レベル(太陽系第3レベル)の天帝である応神天皇のホツマの神のグループがついていました。つまり①については、応神天皇の八幡系の神々の承認を得ていたと推測できます。

Wikimedia Commons [Public Domain]

問題は②日本天皇は英国女王のしもべとなること、これです。日本の北朝天皇の系譜は、神武天皇を通して天照大神の血統を引き継いでいるのです。そしてその代々天皇はホツマの神が転生してきている竹下さんは指摘されています。肉体としては天照大神の血統を引き、魂はホツマの神である天皇が、たとえ肉体のみとしても、霊的には人間もしくは霊にしかすぎない英国女王のしもべになる? この事態はとてつもない問題です。

ホツマの神々はそんなことを承認できたのか?と私は首をかしげていたのですが、どうやら承認していたようです。

日英条約を締結し、英領日本を突きつけたであろうジェイムズ・ブルース(エルギン伯爵)は明らかにホワイト・ロッジの所属です。つまりこのことから②でさえもホワイト・ロッジの意向であり、そのバックの応神天皇の八幡系の神々の承認があったことが窺えます。

それでは八幡系の神々と激しい対立と抗争を続けていたタケミカヅチノミコトやアマノコヤネたち春日系の神々はどうであったのか? 結論的には春日系の神々も承認していたのでしょう。

剣をもち大鯰を抑える武甕槌神
Wikimedia Commons [Public Domain]

300人委員会のメンバーの大勢は裏のイルミナティであり、ホワイト・ロッジ内の闇組織に属します。ホワイト・ロッジは欲界の組織ですが、ホワイト・ロッジの闇組織は欲界の更に更に上の階層へと広がっており、その欲界の上位階層メンバーにインドの神々がおり、そのインドの神々と繋がっていたのはタケミカヅチたち春日系の神々だった竹下さんが明かされています

日本の英領化は闇組織の意向であり、そこには春日系の神々の承認があったと見るのは当然です。つまり対立する八幡系と春日系の神々のそれぞれが、日本の英領化に関しては利害が一致していたのです。


ハルマゲドン計画とクーデター計画 〜阻害要因となった孝明天皇


明治維新による皇国日本の誕生は英領日本の誕生でもあり、その裏には八幡系と春日系という激しく対立する両グループからの承認があったと見受けられます。


サナット・クマラを唯一神と仰ぐホワイト・ロッジのハルマゲドン・救世主降臨計画は、ホツマの神から支配権を奪取し、全大宇宙をサナット・クマラを主とするハイアラーキが支配する計画です。ホツマの神を滅ぼす計画とも言えます。このサナット・クマラたちを守護していたのが八幡系のホツマの神々でした。

日本は地球の霊的統治の中心であり、その日本の君主である天皇を天照大神の血統から、ハイアラーキと繋がるユダヤ系(南朝系)天皇に世界王として取り替えるのは、ホツマの神からハイアラーキへ支配が交代した新世界の象徴というべきか、ハルマゲドン計画の中心とも言えるものだったでしょう。そのための動き、中国の英領化から日本の英領化は、ハルマゲドン計画推進のために欠かさざるものであったと言えそうです。

そしてかたや闇組織です。彼らにはインドの神々、そしてタケミカヅチたちがついていたのですが、彼らは10万年来の天界のクーデター計画がありました。このクーデター計画はハルマゲドン計画に乗ずる計画だったと理解しています。

ハルマゲドン計画に協力してサナット・クマラを主とするハイアラーキがホツマの神から支配権を奪取し、ホツマの神を滅ぼした後、更にその状況をひっくり返してサナット・クマラのハイアラーキ軍団を滅ぼす計画です。ホツマの神を、更にハイアラーキを滅ぼし、自分たちが全大宇宙を完全支配する計画です。

日本の英領化は闇組織のメンバー、彼らのクーデター計画にとっても必要な途中経過となるのです。途中経過としては対立関係にある八幡系と春日系のそれぞれの利害は、英領日本に関しては一致していたと見受けられます。

そうなると、八幡系と春日系のそれぞれにとっても歴史から取り除かなくてはならなくなるのが孝明天皇です。彼らの計画上、日本を自らの領土として英国女王のしもべとなる日本天皇を立てる必要があるのです。

Wikimedia Commons [Public Domain]

しかし孝明天皇は日本を自らの領土にしようとの望みを持っていたとは思えません。ましてや英国女王のしもべになどなれるはずもないのです。孝明天皇はホツマの神が転生しているのです。英国女王、当時はヴィクトリア女王でしたが彼女はせいぜいのところ霊的にはハイアラーキの一員程度で、ホツマの神である孝明天皇とは霊的なレベルが全くかけ離れているのです。孝明天皇がヴィクトリア女王の下などにはなれないのです。

しかし同時に時代の趨勢は自分が天皇として歴史の舞台にあることを許さない、このことを孝明天皇は察知しそれを受け入れていったようにも見受けられます。


Writer

seiryuu様プロフィール

seiryuu

・兵庫県出身在住
・いちおう浄土真宗の住職
・体癖はたぶん7-2。(自分の体癖判定が最も難しかった。)
・基本、暇人。(したくないことはしない。)
・特徴、酒飲み。アルコールには強い。
・歯が32本全て生えそろっている(親不知全て)原始人並み。

これまでのseiryuu氏の寄稿記事はこちら


Comments are closed.