アーカイブ: スティーブン・グレア博士

[エアライン本舗] A320パイロットが「UFOを避けた」と証言→「安全上の懸念」として英当局が調査を開始

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事の書き込みと動画はいずれも同じ内容ですが、パイロットの人たちが共同して記者会見を開けば、この問題は解決しそうな気もします。ただ一人スティーブン・グリア博士のような勇気あるリーダーが出てくれば、真相が明らかになるのではないでしょうか。いつまでも隠し通せるレベルの話ではありません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
A320パイロットが「UFOを避けた」と証言→「安全上の懸念」として英当局が調査を開始
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]これから様々な真実が暴露され、アメリカは革命に向かっていくでしょう。〜雲隠れした国家公務員やウォール街の有名人についての情報〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 元記事はかなり混乱した部分があるので、要約しています。文中1~4の疑問ですが、私が簡単な説明をしておきます。

1:ブッシュ政権以来、民間軍需企業は米軍に匹敵する兵力を持ってきており、ロシア軍と中国軍の助けなしに、彼らを制圧することが出来ないからなのです。ペンタゴンが不用意にエリート(米イルミナティ)を拘束しようとすると、オバマは私設の警備隊を持っており、ケリーは民間軍需企業に命令をすることで、米国内が内戦状態になってしまうのです。しかしケリーはBRICS諸国とホワイトドラゴン(ナサニエル陣営)に寝返ったために、こうした米国での内戦の危機は遠のきました。

2-3:ペンタゴンはシリア攻撃を命令すれば、国家反逆罪でオバマを逮捕すると脅していたはずです。したがって、もしオバマがシリア攻撃を命じていれば、アメリカはその後確実に内戦に突入したと思われます。しかしプーチンの機転によって、1発のミサイルでもシリアに着弾すれば、サウジアラビアを滅ぼすという強迫によって、サウジアラビアがシリア攻撃を諦め、オバマにシリア攻撃をしないようにサウジアラビアの王族からの命令があったために、オバマはその決断を議会に投げるふりをして、回避したのです。結果的にシリア攻撃を命じなかったことで、ペンタゴンはオバマを支持する側に回ったのですが、不利な形勢を逆転し、世界の同情を集め、さらには遂行できなかったシリア攻撃を実行するために、オバマは核テロによる偽旗作戦を命じたのです。しかし米軍高官はその命令に反して核を海中で爆破したために、オバマは激怒、彼らを追放したのです。

4:この一件で、オバマを支持していた米軍は混乱し、オバマを追放することを決めたのです。この作戦はすでにコメントしたように、11月8日から15日の間に行われ、作戦は完全に成功しました。したがって、現在オバマは政権から排除されており、米軍がオバマに支配されている、あるいはイルミナティに支配されているということは、まったくありません。現在FEMAもペンタゴンが完全に掌握しており、人々が不安に思っているような一般人の大量逮捕とギロチンによる処刑などというような彼らの計画は、今後一切起こりません。
 以上が疑問に対する答えですが、この記事には重要な情報があり、それは、多くの国家公務員やウォール街の有名人が雲隠れしたという情報です。これは雲隠れしたのではなく、すでに先の作戦によって逮捕・拘束され、現在FEMAキャンプに収容されているのです。これから様々な真実が暴露され、アメリカは革命に向かっていくでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
米内部告発者が米政府から逃亡しています。怪しい動き。。。
転載元より抜粋)
http://beforeitsnews.com/alternative/2013/11/why-are-the-bankers-ex-intel-types-running-for-their-lives-2833950.html
(一部抜粋)
11月27日付け:

(現在、米内部告発者は米政府から逃亡しています。)昨年の末に、私は、元DHSやFEMA職員の情報として、様々な政府機関で同じような逃亡劇が起きていることをみなさんにお伝えしました。これは疑いもない事実です。

ダグ・ハグマン(内部告発者のブロガー)は私が得た情報とは若干異なる警告を発していますが、多くの点で共通しています。ハグマン氏が取り上げていない情報に、雲隠れした国家公務員やウォール街の有名人についての情報があります

一般市民は、いかなる情報が流れても、今でも米政府が彼らを守ってくれると思っているのです。彼らは、CNNが流すニュースは真実であると信じ、サンタクローズが存在すると信じているのです。このようなおろかな人々は、今後、彼らに何が起きようとしているかなど一切分かっていません。
アメリカのハッピーエンディングを今でも信じている人々にお尋ねします。
私がリストする以下の疑問に答えてください。
そうすれば、私も今夜少しはぐっすり眠れるでしょう。

疑問: 
1. なぜ、オバマ政権はロシア軍と中国軍をアメリカに呼び、GridEXやRIMPACなど国家安全保障に関係する極秘の軍事演習に参加させているのでしょうか。

2. なぜ、オバマは、シリア攻撃やチャールストンハーバーでの核爆弾の投下を拒否した複数の米軍高官を追放したのでしょうか。

3.リンゼイ・グレアム上院議員が「アメリカがシリアを攻撃しなければ、チャールストンハーバーに核爆弾が投下されるだろう。」と発言した数週間後に、なぜアメリカの核貯蔵庫の責任者が解雇されたのでしょうか。グレアム上院議員は、ウェストテキサスから核爆弾が消えたと報道されてから24時間も経っていないときにこのような発言をしたのです。

4. 最近になり、複数の米軍高官や核貯蔵庫の責任者が追放されたということは、オバマ政権が、偽旗攻撃で米国民を攻撃しようとしなかった米軍を今は完全に支配したということを意味するのでしょうか。その後に戒厳令が待っているのでしょうか。FEMAとロシア軍による2国間協定をオバマが偽造せざるを得なかった理由は戒厳令を敷くためだったのでしょうか。
まだまだ多くの疑問を投げつけたいのですが、私の疑問を打ち消す答えを出してくれる人が現れることを望んでいます。

» 続きはこちらから

天界の改革38 
太陽フレアとキルショットの危機(3)

竹下雅敏氏からの情報です。
スーパーフレアおよびキルショットを回避するための努力が、2012年後半から2013年の前半にわたって続きます。
まず、前回も説明したキルショットをもう一度見てみようと思います。
(竹下雅敏)
————————————————————————
天界の改革38

[コートニー・ブラウン博士]2013年6月1日正午の遠隔透視
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=44800
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[歴史と予言のあいだ]エド・デイムイスのリモートビューイング情報(2)
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=36604
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

 これらの記事を見ると、キルショットの影響が破壊的なものであることがわかります。人類は意図的に第三次大戦などを起こさなくとも、キルショットで人口の9割が消えてしまうことがわかります。この被害を出来るだけ軽減するために、前回の“天界の改革37”でお伝えしたように、人間の力で回避不可能なものなので、“地球に援助の手を差し伸べてくださっている神々・宇宙人に対して感謝の気持ちを伝えて欲しい”ということが要点でした。
 素直な心の人ならば、このメッセージを伝える前にせれなさんのヴィジョンもしくはシャンティ・フーラの時事ブログで、高次のシステムから神々がすでに降臨しておりその神々が乗るUFOの事実も伝えているわけですから、メッセージをそのまま受け取って、神々に祈ってくださっただろうと思います。ところが、地球人というのは甚だ根性が悪いのかひねくれているのかわかりませんが、シャンティ・フーラでいかなる情報を伝えても、まともに受け取ろうとしない人たちの方が多いのです。
 これまで世界の支配層は、UFOに関する真実を隠蔽するために、宇宙人が存在すること、すでに来ていること、地球人に交じって生活していることなどを隠し続けてきました。そして、UFO、宇宙人、フリーエネルギーなどに関する情報を真剣に扱う人たちが、まるで信じやすい知性の劣った人たちであるかのように、情報操作をしてきました。多くの人々はこうした洗脳工作に見事に乗せられ、彼らがかく乱する偽情報と、本物のUFO情報を区別することが出来なくなってしまいました。こうした陰謀と誤解を解くために、シャンティ・フーラの時事ブログ上では、様々な陰謀とその計画、そしてUFOに関する情報も並行して掲載してきました。その中でも特に重要なものが、次のスティーブン・グリア博士のディスクロージャー・プロジェクトです。

» 続きはこちらから

[日本や世界や宇宙の動向]英米の心理学者、社会科学者の研究結果では。。。陰謀論者の方が常識的だと分かりました。

竹下雅敏氏からの情報です。
これまでこの時事ブログで度々"陰謀論をバカにする人は頭がオカシイのではないか"というようなことを言ってきたわけですが、今日このような形で、学術的なレベルで立証されるとは思いもしませんでした。
えっ?この取り上げたブログ自体が陰謀論のサイトだろうって?
それはそうなんですが、私の感性からみて、例えばスティーブン・グリア氏の記者会見の動画を見て、これを陰謀論だと思う方がオカシイわけです。それともこういう人は、安倍が正直で、グリア博士はウソつきだと本気で思うのでしょうか。
もしそうなら、これは何度でも政府に騙されるでしょうね。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
英米の心理学者、社会科学者の研究結果では。。。陰謀論者の方が常識的だと分かりました。
転載元より抜粋)
ついに陰謀論者対反陰謀論者の学術的な研究結果が発表されました。それによると(時代が物語っているのでしょうか。。。)陰謀論を信じる人の方がより理性的だというのです。

インターネットを使いこなし、そこから情報を得ている人たちはこれからの時代では標準的な人たちとなるでしょう。インターネットを使えないお年寄りとか、使っても真実を追及しようとしない若者は、今後、完全な情報弱者となってしまいます。
日本でもマスコミが報道する内容がいかに表面的で嘘で塗り固められてものかということが良く分かります。決して、そのような洗脳報道に騙されてはいけませんね。

http://beforeitsnews.com/education/2013/07/new-usuk-study-shocks-world-conspiracy-theorists-are-sane-government-dupes-crazy-hostile-2444530.html
(概要)
7月11日付け:
アメリカとイギリスの心理学者と社会科学者による最近の研究結果は世界を驚かせることになります。なぜなら、陰謀論を信じる人たちは、主要メディアや政府の流す情報のみを信じる人たちよりも思慮分別がある(精神障害がない)ことが分かったからです。

現在では陰謀論を信じる人の数の方が政府のプロパガンダを信じ続ける人の数よりも2対1の割合で多く、増え続けています。アメリカ人は隠れた真実に次から次へと目覚めています。

まだ真実に目覚めていない人たちに陰謀論のビデオを見せるとしたら、この記事の最後に添付した、公開禁止のジェス・ベンチュラ氏の”警察国家とFEMAキャンプ”と題したビデオがお勧めです。

アメリカとイギリスの心理学者と社会科学者による最近の研究論文(What about Building7?)が7月8日に発表されました。代表者はケント大学のマイケルJウッドとカレンMダグラスです。彼等の研究では、オンラインで9.11事件の記事について議論をし、その後、陰謀論者と、陰謀論に反対しこれまで通りメディアのニュースを信じている人たちから多くのコメントを受け取りました。すると陰謀論のコメントの方が陰謀論を信じない人のコメントよりもより一般的になっていることに研究者らは驚きました。受け取った1274のコメントの内、1459のコメントは陰謀論であり、715のコメントが反陰謀論でした。政府の陰謀を信じる人たちの数の方が、陰謀を信じない人の数よりも2対1の割合で多いのです。つまり陰謀論者の考えが今や世間一般の通念となっており、反陰謀論者は少数派となり窮地に立たされています。

» 続きはこちらから

[井口和基氏]鈴木竜成の「宇宙人の柩」:宇宙人ETV墜落事件は多数、アダムスキー型は解明ずみ!

竹下雅敏氏からの情報です。
私が物理学、化学を学ぶ気になれないのは、それがはっきりと間違っているとわかるからです。光よりも速い速度がないのなら、中西征子さんが外宇宙と交信出来るはずがありません。また、地球に来ているUFOの中には、私たちの宇宙の外から来たものもあるのです。通常の葉巻型UFO(ハマッキー)は、私たちのシリウスシステムとスバルシステム(プレアデス)の神霊と人が乗組員で、約一万機が地球で活躍してくれています。
しかし、5月12日の記事でのワイマールさんの言葉に、"これ迄はハマッキーが活躍してきました。これからは、私達のUFOも加わって、地球的規模で行ないます。"とあるように、ハマッキーとは別に約一万機のUFOが存在しているのです。こちらには、シリウスシステムからアートマの創造神の第一システムまでのすべてのシステムの神が乗船しています。
私たちの宇宙は12システムまでなので、愛の創造神の第一システム以上のシステムから降臨された神は、私たちの宇宙の外からこられたわけです。これらの神々については以前の2012年8月1日のブログの記事を参考にして下さい。現在地球上で起こっていることは、途方もないスケールの出来事なのです。私がウソをついているのではないことは、嘘をつくならもう少し信じやすいレベルのものになるだろうということです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
鈴木竜成の「宇宙人の柩」:宇宙人ETV墜落事件は多数、アダムスキー型は解明ずみ!
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 2 3 4