アーカイブ: ニール・キーナン

19/8/15 ニール・キーナン更新情報:日本の傀儡首相、安倍晋三:「私を動かしたければ紐を引っ張ってちょーだいな」

 前回のキーナン記事でもお伝えしましたが、この国にとんでもない超ド級のアホがいます。ハリセンで毎日はっ倒しても、更生しそうにないアホが。はっ倒して太平洋にぶっ飛ばしたら、それだけで地球の海全体が汚染されそーな位のアホが。
 ただキーナンさんのチームは、「一般の日本の人々は至極まとも」という慈愛溢れるスタンスを表明してくださっており、訳していて「誰だソレ、んな日本人が多勢を占めていたらこの国ここまで腐ってない筈なんだけど、どこにおるねん」とツッコミまくりでした。というか海外の読者さんを欺いているようで、ひたすら申し訳ない。
 戦時中にアジア中で殺し犯し財宝を強奪した件といい、日本のカルマが現在進行形で積みあがっていくのを見ていると……あのぉ、これって、後でどんだけ返ってくるのでしょう。なんかもう現実逃避したくなります。
 それにしても、冒頭の写真が記事で全く言及のない岸田文雄政調会長なのは何故なんでしょーね。あと文章でゲッベルス世耕も登場します。
 ロケットマンにすらなれない「リトルマン」な安倍よ、安倍マンセーの内閣よ、忖度安倍の得意技しかない官僚よ、これ以上日本の評判を奈落の底に落とす前にマジで消えてくれ……orz
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン更新情報:日本の傀儡首相、安倍晋三:「私を動かしたければ紐を引っ張ってちょーだいな」
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ

被害妄想のお人形さんがプッツン


この前開かれたG20サミットの直後、日本のマペット首相、安倍晋三(【※下の動画の歌詞曰く】「私を動かしたければ紐を引っ張ってちょーだいな」【と言うだけのマペット、つまり操り人形】)は、どうやらこのところ、かなり惨めな状況らしい。

【※フィフス・ディメンションというグループが歌う「操り人形」というミュージックビデオです。「私はあなたのお人形~、あなたの命令なら何でも従うわ~、朝昼晩と好きにしてぇ~、この紐を引っ張ったら操れるわよぉ、ねぇねぇねぇってば」という超ウザイお人形さんの歌。】

彼は自分に課された仕事の中で、カバールの一員だと暴露されただけでなく、もっと具体的にはカバールの傀儡人形の一人だと暴かれてしまったのだ。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
参照:「ニール・キーナン更新情報:安倍晋三、日本の首相でカバールの傀儡を暴く」 【※翻訳版はこちらの前半です。】

G20完了で【東京へ】戻ったその日に安倍は、輸出貿易管理令を見直すための内々の閣僚会議を招集し、韓国を信頼する貿易相手国のリストから外した。

安倍は、ゴールデン・ファミリーが所有する韓国の掩体壕から盗難を働かせようと自身のチームを現地へ送っていた。それを身動きできなくさせたこの前の情報流出【記事】について、韓国のせいだと非難していた。そしてこれからが「仕返し」という訣だ!

参照:「ニール・キーナン更新情報:悪名高きカバールの最後の一手は、イスラエル大統領ルーベン・リブリン」 【※翻訳版はこちらの後半です。】

» 続きはこちらから

19/7/10&23 ニール・キーナン更新情報:カバール日本&金づる韓国

 ニール・キーナン氏のサイトの情報です。7月に更新された記事は2つで、可能な限りまとめています(※大して意味のない文にも隠されたメッセージがあるかもしれないため、判断が難しいですが)。
 インドネシアは地震や津波や偽旗テロという数々の嫌がらせに屈せず、カバールを撃退しました。ですが韓国は政界やメディアがカバールにすっかり取り込まれているらしく、未だに狙われているようです。日本が宗主国アメリカにたかられているのと同様、便利なATM代わりにされており……しかもお隣さん同士で互いに苦難を乗り越えようとするどころか、日本が加害者側に回るという最悪の醜態をさらしております。
 安倍晋三、本文で名指しされていますが、手の内が全部バレバレ。今回の記事は、日本語にしないと意味が通じない言い回しが存在するので、同じ日本人からキーナン氏に情報が入っているのかもしれません。

 ただしアホがアホたる所以は、何度言ってもアホし続ける点にあるので、警告してもアホの一つ覚えで悪事をし続けると思われます。多分、いきなり排除したら一般常識人から顰蹙(ひんしゅく)を買うので、そっち向けのパフォーマンスとしての警告なのでしょう。
 酷暑なのよ、毎度天災人災てんこ盛りなのよ、頼むから、これ以上日本のカルマを増やしてくれるなーっ!
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン更新情報:安倍晋三、日本の首相でカバールの傀儡を暴く
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ

【前略】


関連記事:「アジアの内部関係者:何故ニール・キーナンがアマナーに選ばれたのか?」
【※「アマナー」の定義に関する翻訳記事は、こちらをどうぞ。】

【6月末のG20に】サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子という、新顔が加わっていたのは間違いない。何せ彼はトランプ大統領のすぐ隣に立ち、プーチン大統領はその様子を見ながら終始笑っていたのだから。

どうやら彼らが仲間内で合意に至ったのは、生き残るために、彼らが世界規模でこれまで以上の渾沌を作り出さねばならないということのようだ。

確かNWOとは、「渾沌の中から【生まれる】秩序」を示唆していた筈。

丁度そんなことを実行するために雇われたのが、日本の安倍首相らしい。
画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

ベンジャミン・フルフォードとも親しい複数の情報源によると、日本の安倍首相はメインイベントのためのショーウィンドウに過ぎないG20なる催しが完了した直後、仲間のカバール国家関係者らに接触したそうだ。

国際【担保】口座群を盗むためだ。

【当サイト】NeilKeenan.comのカバールすなわちNWOを糺弾する最新記事でトランプ大統領が韓国を訪問した件まで暴露され、相当な打撃を受けた連中に対し、安倍晋三は近い将来そのようなことが再び起こることはないと助言してみせたようだ。

安倍は、ニール・キーナンには更に世間に提供する情報などない、と共謀仲間に請け負った。安倍首相は臆面もなく、「キーナンは我々の誰一人に対してもこれ以上、脅すネタなど持っていない」と宣ったのだ。

安倍の“夢見る願い事リスト”に反して、ニールはまだまだ公表していないものを沢山持っている――安倍【本人】を更に暴き立てる内容だけでなく、安倍があからさまかつ非道にも韓国の掩体壕資産を盗もうとして、奴の名代として韓国に送り込んだ下僕の多くにも光を当てる内容だ。

しかもニールには、韓国のとあるホテルの一室で、ついこの前起こったことですら暴く手立てがあるときた。

» 続きはこちらから

19/6/30 ニール・キーナン更新情報:よってらっしゃい見てらっしゃい、韓国の特売処分でござい

 今週のソルカ・ファール女史の記事では、G20の良い側面をご紹介しました。米露のトップが長時間話し合って、良い取り組みが複数始まって、良すぎてカバールが泡食ったという話でした。
 今回はG20のダークな側面です。キーナン・チームの記事は、一般読者に話しかけるのにかこつけて、特定の犯人にメッセージを送っているので、時々「なんのこっちゃ」となりますが、ようは再び韓国の掩体壕で盗みを働くつもりのようです。
 というか管理を任された人間を抱きこんで、掩体壕を丸ごと売り渡させようとしています(※あくまで管理人であって、掩体壕資産の処分権限を有する正当な所有者ではありません)。

 5月のキーナン氏の記事で、「チェース・マンハッタン銀行の会長兼CEOであるジェイミー・ダイモンが率いる外国人実業家らや銀行家ら、そして其の他多くの面々が日本の東京で集会を開いた」とありましたが、6月末の大阪のG20にも悪人どもが集結していたようで……日本て、ホントいいように利用されているんですね。パシリ感、半端ない。
 そしてムン・ジェイン(文在寅)大統領。最初はキーナン氏のサイトでも、善人として描かれていたんですがねー、このところは前任者パク・クネ(朴槿恵)大統領と大差なくなってきました。巨額資産「国際担保群」の主な所有者ゴールデン・ドラゴン・ファミリーに見放された状態で、統一朝鮮半島の大統領になれるんでしょうか。それだけでなく、掩体壕の管理人らにも、カバール側にも見限られそうな気配。

 過去の韓国の掩体壕盗難事件については、日本の皇室をはじめとして王族の意を受けた窃盗や、米軍基地とカジノを使った資金洗浄や、米海軍の空母を動員しての窃盗や、オバサン集団を使った人海戦術……悪いカルマを積みたくてたまらない奇特な方々が、〇キブリホイホイのように群がっております。
 第二次世界大戦の頃の掩体壕というと、昔の金銀財宝や金塊が積み上げられたイメージですが、現ナマも生々しくたっぷりあるようで、こんな感じだそうです。
 衛星で見張られていても、「やめられないっ、止まらないっ、泥・棒・稼・業~(※かっ〇海老〇んのCMソング式にどぞ)」なようで。カバールとして扱うより、単純にクレプトマニア専門のカウンセリングを用意してあげた方が効果的なのでは。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン更新情報:よってらっしゃい見てらっしゃい、韓国の特売処分でござい
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ

うごめく盗人


現在、韓国の掩体壕資産の総管理人、文在寅、そして多くの国々が、自分たちの管理する掩体壕資産の多くを“特売処分”しようと交渉を進めている。しかし所有権は彼らに帰属していないのだ。

彼らは間違いなく、そして承知の上で明らかに非合法の盗みに関与している。自分たちが代表する国々に関わらず【=どの国の法の下にあろうと、容赦なく】下されるであろう罰は一顧だにしていない。【どうやら】彼らは、“カバール”という名でしられた存在の庇護下にあると信じ込んでいるのだろう。

もう皆さんもお分かりだろうが、私は韓国が所有してもいない資産の取引をするのを何度も阻んできた。

これからもそうするし、彼らを阻止する。必要とあらば、具体的な関係者の国際指名手配の要請もするつもりだ。

我々は彼らの名前も細かい情報も握っている。

そして勿論、今回も【証拠】写真を撮らせてもらった。今度は“大物”が韓国や日本に飛んできて、その中の誰一人として所有権を有していない物を盗む手伝いをしようとしていた。

Wikimedia Commons [Public Domain]

参照:「ニール・キーナン更新情報:ショーの始まりだ」

» 続きはこちらから

19/5/22 ニール・キーナン更新情報:アジアの内部関係者その2による報告「適切なタイミングで」

 2015年末頃から、「アジアの内部関係者」と名乗る匿名の人物がキーナン氏に送ってきた内容を、ごくごくたま~に同氏のサイトで公開していることがあります。大概は過去記事のまとめ&「キーナン氏は素晴らしい! 応援してます!」的なヨイショ文書なので、今まで訳してきませんでした。
 ただ今回は前回のキーナン・グループによる記事の続報が含まれていたのと、韓国にイギリスとアメリカの大物の盗人が押しかけているのが紹介されていたのでご紹介します。……カバールさんてば、よっぽど切羽詰まっているんですねー(唖然)。

 ちなみにこれまで登場していた「アジアの内部関係者」さんとは別の人物らしく、「The Asian Insider (II)」つまり「その2」なんだそうです。「その1」の方は、西洋で教育を受けたアジア男性で、マハティール首相の知り合いだと語っていました。長老たちとの会合にキーナン氏と共に出席を許され(※こちらの記事末尾の会合のこと)、2016年末の時点では北京在住で少なくとも数名のアジア諸国の長老と連絡を取れることから、ゴールデン・ドラゴン・ファミリーの上位の一員っぽい雰囲気の方でした。
 今回の「その2」さんは、正体不明です。おそらく初登場ではないかと思います。「内部」なので、やはりアジア各地の掩体壕の最大の所有者ドラゴン・ファミリーの関係者っぽいです。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン更新情報:アジアの内部関係者その2による報告「適切なタイミングで」
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ

イルミナティ(光に照らされし者ら)に本物の光を当てると理解不能な脳みそだった


[記事内容を補足する画像を【後からKグループが】追加]



このところの一連の記事では、キーナン氏および彼の率いるキーナン・グループにより、『追いはぎ強盗』と形容する他ない【カバールの】所業に光が当てられました。アジア中で依然として続けられており、(しかも何十年もの間行われてきた)【略奪】行為のことです。この結果、キーナン氏の活動を見守ってきた世界各地の個々人や団体から、氏の元には幾つもの連絡が寄せられたことかと思います。

ある時点に至っては、他の重要な物事に対処するべく「電話の電源を切っておく」のも唯一の方法だっただろうと、納得できようというものです。

こういった最近の出来事の後では、以下の点を思案しない訣にはいきません:
この前暴かれた違法な取引を捜査しようと、一体どこの政府の省庁だの機関云々が、実際にどのような骨折りをしてくれたのでしょう? と。

【※「取引」:前回の記事で暴かれた、ローという詐欺師による違法なSWIFT送金のこと。翻訳版はこちら。】

確立した権力層【すなわちカバール】というものが(幾つもの国境を越えて【拡がっており】)、凄まじい規模での泥棒行為を世間に知られないよう、実のところ結託して陰謀を企んでいた、としかどうにも結論付けられません。

【そのような中で】縦えほんの一握りの限られた者にせよ、世間に知られるようになった【事実】とは、イルミナティ(ないしは【通称】“カバール”)の内部には沢山の派閥が存在して、一部から「新世界秩序」と呼ばれる【目標】へと向けて、実にとてつもなく長い年月をかけて段階的に働きかけてきたということです。

上記の諸派閥はこの支配を巡って仲間内で争いを繰り広げていたものの、全体【に共通する】ロードマップ【=行程表】で主要な部分を占めていたのは、世界人口の約9割を根絶するというものでした。

これは多くに人にとっては道徳的に受け入れがたい概念であるため、【そんなことはありえない、と】易々と【思考の外へ】退けられてしまうのでしょう;自分たちは“支配する権利を神から与えられた”エリートだと思い込んでいる連中の心理や信条を理解できるくらい、充分に学習した人間でもない限りは。


ロー氏とセドナの詐欺グループ


話が逸れてしまいました。先だっての膨大な【額の銀行間】取引ですが(【あれ以来、規模が】縮小されるに至り)、結果どうなったかを吟味してまいりましょう。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
再び“グループチャット”を立ち上げようとしたところを押さえられたロー氏

セドナにいるロー氏の子分らが気になりますか? もしかしたら彼らの活動の証拠となる写真に登場したせいで、片付けられてしまったかもしれません。
【※写真付きで詐欺行為を暴かれた記事の翻訳版はこちら。】

識別力のある有能なプロであれば、【実際に】ロー氏がしたように振る舞う人間をまともに取り合うとは思えないのです。

ということで、【先の記事のタイトルにあった】「新たな保安官」が街にやってきたのでした。笑ってしまう表現かもしれませんが、キーナン氏には【しっかりとした】計画があると読者の皆さんに私は請け負えます。その原動力となっているのは、人民と諸国家を支えるため、一心不乱にその身を捧げたいとの【思い】。彼らがこれまで受けた仕打ちを思えば、絶望的なまでに必要としている【支援計画がある】のです。

» 続きはこちらから

19/5/9 ニール・キーナン更新情報:もったいぶらずに前進しようではないか

 今回の記事も、しょっぱなからベンジャミン・フルフォード氏に怒っています。動画の冒頭では、前回の動画で後ろ向きに被っていた野球帽を、フルフォード氏が週刊リポートでキッパ(ユダヤ教徒の帽子)呼ばわりしたことに言及していました。すなわちキーナン氏の大敵であるシオニスト扱いしちゃった訣です。またフルフォード氏から本物は死んでるだの、クローンだの言われてるけど気にしていないもん、とのこと。
 これって裏を返せば、気にしているってことですよね(※本当にどうでもよければ、いの一番に何度も触れない筈)。ということは、仲直りの余地があるのかも……お二人の共通のお知り合いの方、関係修復を是非。

 そして日本! 悪巧みの舞台を提供するだなんて、相変わらず何をやっているんでしょう、このアメリカ・カバールの属国は。まぁ、出席者全員の面は割れているみたいですから、歴史に恥を晒すだけですけどね。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン更新情報:もったいぶらずに前進しようではないか
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ

始まりは巨額債券の盗難事件


全ては10年前、信頼を裏切られたところから始まった……

ベンジャミン・フルフォードが信頼の置ける人物としてニール・キーナンに紹介してきた、ダニエル・ダル・ボスコという男は――実のところレオ・ザガミやミラノのP2[フリーメイソン]ロッジの仲間で、バチカンの顧問という、裏切り者でしかなかったことが発覚した。

画像はシャンティ・フーラが差し替え

この事件のあらましと、その後起こったことの詳細については、「【金塊の】歴史年表」を熟読されたし。 【※日本語版はこちら。】

【先ほど、】信頼を裏切られたと口走ってしまっただろうか? いや、そうではなく、信頼など最初からなかったのだろう。私【一人】、奴らに立ち向かっていただけなのだ。

始まりは、ダル・ボスコ、P2ロッジ、そしてバチカン。そこにベンジャミン・フルフォードも加わり、ゴールデン・ドラゴン・ファミリーが所有している千三百億ドル以上の額の米国債券を盗まれるという舞台のお膳立てが整えられたという訣だ。

その後起こった出来事の詳細については、「【金塊の】歴史年表」を熟読されたし。
【「金塊の歴史年表」の中の】「7.04 キアッソ事件:1345億ドルの盗難」【という章】を参照のこと 【※日本語版は、こちら。】


終わりはゴロツキ集団の密会現場


この債券が盗まれた後からが、本当の冒険の始まりだった――【読者の】皆さんもこの冒険話は既に充分お聞き及びとは思うが、今回は【犯人】追跡の終わり部分へとお連れしよう。

追跡の最終地点は、文字通り100年以上もの間、自分の物でもないのに盗み続けてきた連中を退け、我々自らが自身の運命を動かしていくということに繋がる。

これが奴らの最終章となるやもしれない;そこに書き加えられた新たな情報は日本での会合。【さながら】イタリア系【マフィア】のドンがニューヨーク州で開いたアパラチン会議、とでもいうべきシロモノだった。

【※1957年11月14日ニューヨーク市近くのアパラチンで、全米のマフィア幹部が一同に会しました。そこから権力闘争を繰り広げていたガンビーノ家、ジェノヴェーゼ家、プロファチ家などの大物幹部の大量逮捕、そしてFBIの組織犯罪対策に繋がったのです。】

少なくともイタリア勢は仲間内では正直だったし、現代でもそうあり続けている。

カルテル、カバール、ハザールのシオニスト――奴らのことなぞ好きに呼べばいいが――というのは、現代版【マフィア】気取り【の成れの果て】で、国際【担保】口座群に入っている物なら何でも盗んでやると、死ぬその瞬間まで戦うつもりなのだ。

端的に言って、奴らが最後の息をなんとか吸い込もうと、もがき苦しむ日も近い。勝負は既につき、我々がありとあらゆる場所を見張っているのだ。

奴らが持っているDEW(指向性エネルギー兵器)だの、HAARPだの、小型核爆弾だの、其の他諸々の装置で、あるいはそれらを組み合わせて、地震を起こすことなぞ最早容認したりしないし、こういった装置を火山の下に置くこともさせたりはしない(「インドネシア【の自然災害リスト】」を参照されたし)。

もうお仕舞だ、ゲームオーバーなんだよ!

お前たちのことは把握しているし、あともう少しすれば、お前らを断罪するテーブルのその向こうから我ら人民がじっと睨みつけることになる【のだから覚悟するがいい】。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 12