アーカイブ: ニール・キーナン

19/5/22 ニール・キーナン更新情報:アジアの内部関係者その2による報告「適切なタイミングで」

 2015年末頃から、「アジアの内部関係者」と名乗る匿名の人物がキーナン氏に送ってきた内容を、ごくごくたま~に同氏のサイトで公開していることがあります。大概は過去記事のまとめ&「キーナン氏は素晴らしい! 応援してます!」的なヨイショ文書なので、今まで訳してきませんでした。
 ただ今回は前回のキーナン・グループによる記事の続報が含まれていたのと、韓国にイギリスとアメリカの大物の盗人が押しかけているのが紹介されていたのでご紹介します。……カバールさんてば、よっぽど切羽詰まっているんですねー(唖然)。

 ちなみにこれまで登場していた「アジアの内部関係者」さんとは別の人物らしく、「The Asian Insider (II)」つまり「その2」なんだそうです。「その1」の方は、西洋で教育を受けたアジア男性で、マハティール首相の知り合いだと語っていました。長老たちとの会合にキーナン氏と共に出席を許され(※こちらの記事末尾の会合のこと)、2016年末の時点では北京在住で少なくとも数名のアジア諸国の長老と連絡を取れることから、ゴールデン・ドラゴン・ファミリーの上位の一員っぽい雰囲気の方でした。
 今回の「その2」さんは、正体不明です。おそらく初登場ではないかと思います。「内部」なので、やはりアジア各地の掩体壕の最大の所有者ドラゴン・ファミリーの関係者っぽいです。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン更新情報:アジアの内部関係者その2による報告「適切なタイミングで」
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ

イルミナティ(光に照らされし者ら)に本物の光を当てると理解不能な脳みそだった


[記事内容を補足する画像を【後からKグループが】追加]



このところの一連の記事では、キーナン氏および彼の率いるキーナン・グループにより、『追いはぎ強盗』と形容する他ない【カバールの】所業に光が当てられました。アジア中で依然として続けられており、(しかも何十年もの間行われてきた)【略奪】行為のことです。この結果、キーナン氏の活動を見守ってきた世界各地の個々人や団体から、氏の元には幾つもの連絡が寄せられたことかと思います。

ある時点に至っては、他の重要な物事に対処するべく「電話の電源を切っておく」のも唯一の方法だっただろうと、納得できようというものです。

こういった最近の出来事の後では、以下の点を思案しない訣にはいきません:
この前暴かれた違法な取引を捜査しようと、一体どこの政府の省庁だの機関云々が、実際にどのような骨折りをしてくれたのでしょう? と。

【※「取引」:前回の記事で暴かれた、ローという詐欺師による違法なSWIFT送金のこと。翻訳版はこちら。】

確立した権力層【すなわちカバール】というものが(幾つもの国境を越えて【拡がっており】)、凄まじい規模での泥棒行為を世間に知られないよう、実のところ結託して陰謀を企んでいた、としかどうにも結論付けられません。

【そのような中で】縦えほんの一握りの限られた者にせよ、世間に知られるようになった【事実】とは、イルミナティ(ないしは【通称】“カバール”)の内部には沢山の派閥が存在して、一部から「新世界秩序」と呼ばれる【目標】へと向けて、実にとてつもなく長い年月をかけて段階的に働きかけてきたということです。

上記の諸派閥はこの支配を巡って仲間内で争いを繰り広げていたものの、全体【に共通する】ロードマップ【=行程表】で主要な部分を占めていたのは、世界人口の約9割を根絶するというものでした。

これは多くに人にとっては道徳的に受け入れがたい概念であるため、【そんなことはありえない、と】易々と【思考の外へ】退けられてしまうのでしょう;自分たちは“支配する権利を神から与えられた”エリートだと思い込んでいる連中の心理や信条を理解できるくらい、充分に学習した人間でもない限りは。


ロー氏とセドナの詐欺グループ


話が逸れてしまいました。先だっての膨大な【額の銀行間】取引ですが(【あれ以来、規模が】縮小されるに至り)、結果どうなったかを吟味してまいりましょう。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え
再び“グループチャット”を立ち上げようとしたところを押さえられたロー氏

セドナにいるロー氏の子分らが気になりますか? もしかしたら彼らの活動の証拠となる写真に登場したせいで、片付けられてしまったかもしれません。
【※写真付きで詐欺行為を暴かれた記事の翻訳版はこちら。】

識別力のある有能なプロであれば、【実際に】ロー氏がしたように振る舞う人間をまともに取り合うとは思えないのです。

ということで、【先の記事のタイトルにあった】「新たな保安官」が街にやってきたのでした。笑ってしまう表現かもしれませんが、キーナン氏には【しっかりとした】計画があると読者の皆さんに私は請け負えます。その原動力となっているのは、人民と諸国家を支えるため、一心不乱にその身を捧げたいとの【思い】。彼らがこれまで受けた仕打ちを思えば、絶望的なまでに必要としている【支援計画がある】のです。

» 続きはこちらから

19/5/9 ニール・キーナン更新情報:もったいぶらずに前進しようではないか

 今回の記事も、しょっぱなからベンジャミン・フルフォード氏に怒っています。動画の冒頭では、前回の動画で後ろ向きに被っていた野球帽を、フルフォード氏が週刊リポートでキッパ(ユダヤ教徒の帽子)呼ばわりしたことに言及していました。すなわちキーナン氏の大敵であるシオニスト扱いしちゃった訣です。またフルフォード氏から本物は死んでるだの、クローンだの言われてるけど気にしていないもん、とのこと。
 これって裏を返せば、気にしているってことですよね(※本当にどうでもよければ、いの一番に何度も触れない筈)。ということは、仲直りの余地があるのかも……お二人の共通のお知り合いの方、関係修復を是非。

 そして日本! 悪巧みの舞台を提供するだなんて、相変わらず何をやっているんでしょう、このアメリカ・カバールの属国は。まぁ、出席者全員の面は割れているみたいですから、歴史に恥を晒すだけですけどね。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン更新情報:もったいぶらずに前進しようではないか
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ

始まりは巨額債券の盗難事件


全ては10年前、信頼を裏切られたところから始まった……

ベンジャミン・フルフォードが信頼の置ける人物としてニール・キーナンに紹介してきた、ダニエル・ダル・ボスコという男は――実のところレオ・ザガミやミラノのP2[フリーメイソン]ロッジの仲間で、バチカンの顧問という、裏切り者でしかなかったことが発覚した。

画像はシャンティ・フーラが差し替え

この事件のあらましと、その後起こったことの詳細については、「【金塊の】歴史年表」を熟読されたし。 【※日本語版はこちら。】

【先ほど、】信頼を裏切られたと口走ってしまっただろうか? いや、そうではなく、信頼など最初からなかったのだろう。私【一人】、奴らに立ち向かっていただけなのだ。

始まりは、ダル・ボスコ、P2ロッジ、そしてバチカン。そこにベンジャミン・フルフォードも加わり、ゴールデン・ドラゴン・ファミリーが所有している千三百億ドル以上の額の米国債券を盗まれるという舞台のお膳立てが整えられたという訣だ。

その後起こった出来事の詳細については、「【金塊の】歴史年表」を熟読されたし。
【「金塊の歴史年表」の中の】「7.04 キアッソ事件:1345億ドルの盗難」【という章】を参照のこと 【※日本語版は、こちら。】


終わりはゴロツキ集団の密会現場


この債券が盗まれた後からが、本当の冒険の始まりだった――【読者の】皆さんもこの冒険話は既に充分お聞き及びとは思うが、今回は【犯人】追跡の終わり部分へとお連れしよう。

追跡の最終地点は、文字通り100年以上もの間、自分の物でもないのに盗み続けてきた連中を退け、我々自らが自身の運命を動かしていくということに繋がる。

これが奴らの最終章となるやもしれない;そこに書き加えられた新たな情報は日本での会合。【さながら】イタリア系【マフィア】のドンがニューヨーク州で開いたアパラチン会議、とでもいうべきシロモノだった。

【※1957年11月14日ニューヨーク市近くのアパラチンで、全米のマフィア幹部が一同に会しました。そこから権力闘争を繰り広げていたガンビーノ家、ジェノヴェーゼ家、プロファチ家などの大物幹部の大量逮捕、そしてFBIの組織犯罪対策に繋がったのです。】

少なくともイタリア勢は仲間内では正直だったし、現代でもそうあり続けている。

カルテル、カバール、ハザールのシオニスト――奴らのことなぞ好きに呼べばいいが――というのは、現代版【マフィア】気取り【の成れの果て】で、国際【担保】口座群に入っている物なら何でも盗んでやると、死ぬその瞬間まで戦うつもりなのだ。

端的に言って、奴らが最後の息をなんとか吸い込もうと、もがき苦しむ日も近い。勝負は既につき、我々がありとあらゆる場所を見張っているのだ。

奴らが持っているDEW(指向性エネルギー兵器)だの、HAARPだの、小型核爆弾だの、其の他諸々の装置で、あるいはそれらを組み合わせて、地震を起こすことなぞ最早容認したりしないし、こういった装置を火山の下に置くこともさせたりはしない(「インドネシア【の自然災害リスト】」を参照されたし)。

もうお仕舞だ、ゲームオーバーなんだよ!

お前たちのことは把握しているし、あともう少しすれば、お前らを断罪するテーブルのその向こうから我ら人民がじっと睨みつけることになる【のだから覚悟するがいい】。

» 続きはこちらから

19/3/24 ニール・キーナン更新情報:街に新たな保安官がやってきた――タダ乗りはもう終わりだ 後半

 久しぶりのキーナン氏情報です。前半では、フルフォード氏との軋轢の深刻さが明らかとなりました。
 本日後半では、韓国とインドネシアが対カバール戦で頼もしい結果を現在収めている様子が描かれています。果たして日本はどこ行った……あ、愚問ですよね、相済みません。安倍のような小物ですら駆除できてませんし、そもそも東洋の金塊を強奪して加害者に貢いだ“名誉白人”ですから後回しっすよね……(しかも敵視されているフルフォード氏も住んでいらっしゃるし)。

 それにしてもカバール側の作戦が、拙い。ただただ、ひたすらに拙い。判を押したようにリピートするのではなく、もちっと役者を入れ替えて、ひねりを効かせたまえ。
 フルフォード氏の週刊記事でも毎度思うのですが、なんでここまで諸々劣化しているのだか。人々の衣食住に毒を混入しまくって、ケムトレイルや電磁波だのを日々ばら撒いて、とにかく知能を低めないと誤魔化せない理由がよく分かります。
 そもそも論なんですが、地球に閉じ込められ、天の裁きからも地上の裁きからも逃げられないのだから、口座の帳簿をいじくって大金をゲットしたところで何になるよ? 激しく意味不明。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン更新情報:街に新たな保安官がやってきた――タダ乗りはもう終わりだ 後半
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ

インドネシアと韓国


山々だの、白いコブラだの、猿やニシキヘビだのから離れて、国際【担保】口座群の資産を盗もうというカバールの現在の計画へと今一度戻ってみよう。

分かっている人間からすれば、奴らが何百年もの間計画してきたことを実行に移しているのは一目瞭然である:奴らは再び東洋から盗もうと試みているのだ……インドネシアから、そして其の他のアジア地域から。

この前のベトナム首脳会談は、金融の裏口取引付きいんちきを伴う政治ショーに過ぎなかった。少なくとも朝鮮戦争の正式な終結くらいはと期待していた、アジア諸国の大半は落胆していた。

イ・ジョンス会長(米国在住)とファン会長(ロンドン在住)という最後の長老二名にも関わらず、今や韓国はカバールと訣別する準備が整っている。


アメリカ原住民をカモにした怪しげな銀行


注目すべきもう一つの分野は、2005年に設立された5つの国際準備預託銀行(IRDB)だ。

どれもモンタナ州に拠点を構えており、その幾つかはインディアン居留地内にある。

パク・チョンは、見積ると26兆米国ドルもの価値を有する韓国内の2つの掩体壕を違法に動かした。
【※この筆者がよくされる誤表記かと。朴槿恵(パク・クネ)の父親で、同じく韓国の大統領だった朴正煕(パク・チョンヒ)のことだと思います。】

こういった尋常でないビジネス取引に気が付いて、尋常でないパズルのピースを繋げていくのに、どれほどの“異様な違和感”を要するというのか。【※「こんな大金が動けばアホでも気が付くわ」と言いたいのでは。】

世界銀行のキム・ヨン総裁【※あるいは米国風に「ジム・ヨン・​キム」】は、引退するにあたってモンタナ州に住めると知って大変嬉しそうだった……となると浮かんでくる疑問は――「一体全体どうして?」
答え:金(かね)の流れを追え!

連邦準備制度や米国財務省の承認、ましてや米国大統領や議会への一報もなしに、どうやってこのような資産が米国へ入り込んだのだろうか?

これはアメリカの納税者をこの先、何世代にも渡って隷属化するベイルアウトなのだろうか?
【※「ベイルアウト」:倒産を避けるための公的資金注入による救済】

というよりそもそも、こういった資産の所有権は奴らにはない! 盗まれた資産なのだ! 所有権は国際【担保】口座群を最初に預け入れた人々に属しているのであって、唯一の管財人アマナーすなわちニール・キーナンに信託されている。これら資産は即座に返されるべきなのだ!

以下の写真はデニス・ランバート、IRDBの会長だ。


デニス・ランバート――会長
――韓国の江原道(カンウォンド)原州(ウォンジュ)市の国際準備預託銀行
――香港IRDBの国際準備預託銀行グループ会長。
住所:韓国の江原道(カンウォンド)原州(ウォンジュ)市;
業務:金融。現行。国際準備預託銀行。

» 続きはこちらから

19/3/24 ニール・キーナン更新情報:街に新たな保安官がやってきた――タダ乗りはもう終わりだ 前半

 昨年キーナン氏がM1を上回る権限を持つアマナーに選ばれて以来、あまり公けには出来ないものの、カバールとの戦いが激化しているようです。ちなみに「アマナー」の定義はこちらから。
 今回の記事の新情報は次回後半に多く詰まっており、この前半は既に皆さんご存知のブレトン・ウッズ協定や債券盗難事件が中心なのですが、フルフォード氏との軋轢がここまで深かったとは予想外で、どーしたもんかなぁと思いまして……以前ご紹介したジェームズ・ボンドのモデル、ヴァン・デ・ミーア博士が御存命であれば、二人の仲は修復されていたかもしれません。あるいは最近たて続けにフルフォード氏の記事に登場した亡きアルバート伯とか。
 思ったのですが、これって毎度の如くP2ロッジが諸悪の原因じゃないですか? 当時フルフォード氏はP2に騙され毒殺されかけてキーナン氏への不義理(※P2の犯罪者連中を紹介しちゃった)を詫びるどころじゃなかったでしょうし、キーナン氏は盗難に遭ってフルフォード氏の境遇を思いやるには色々と余裕がなかったのでしょう。
 その内に連絡が途絶えて、今じゃフルフォード氏側は「キーナンは殺されて偽者がなりすましている」と主張し、キーナン氏側は「フルフォードは向こうに取り込まれて偽情報を発信している」と応戦する始末。P2には、カルマの重さを自覚して挽回に努めて頂きたい――あるいは余計なことを一切せず、消えてくださるのが人類全員のためかも。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン更新情報:街に新たな保安官がやってきた――タダ乗りはもう終わりだ 前半
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ

現在、対カバール戦が激化


アマナーとしての儀式の一環で、インドネシアの元スカルノ大統領の部屋にいるニール・キーナン

世界規模の金融借金奴隷制度を究極的に終わらせるため、戦いがひっきりなしに続けられている。

果敢にもニール・キーナンおよびKグループが世界の舞台で、とりわけインドネシアでこの諸悪の根源と対峙するようになり、【戦いは】急速に激化した。

インドネシアはニール・キーナンという存在に、彼らのため戦ってくれる真の戦士を見出してきた。決して諦めることなく、諦めるということを知らぬ者。この世界を変えてしまう重大な究極の戦いで勝利を収めるため、今日まで何度も躊躇することなくその身を危険にさらしてきた者。

【これまでの】情報を更新し、新情報や新たに顔を覗かせつつある情報を明確にするべく、【まずは】過去の重要な出来事を今一度見返していこうと思う。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

歴史的な詳細に関しては、「金塊の歴史年表」をご一読あれ。
特に以下の章:「4.02 1944年ブレトン・ウッズ協定:力ある者たちの共同クーデター」)【※日本語翻訳版はこちらから。】

» 続きはこちらから

19/1/15 ニール・キーナン更新情報:全てを結集させて――時は満ちた

 ニール・キーナン氏のチームからの情報です。昨年12月27日にも更新されていたのですが、8月末に翻訳したこちらの記事とかなりの部分で被っていたので、保留していました(プラス金塊史で詳しく扱った三兆ドル訴訟のまとめでした)。
 ちなみに追伸部分で書かれていたのは、長年キーナン氏の右腕として通訳を務めていたインドネシア人ネルの裏切りについて。どうも別チームを結成して掩体壕を勝手に開けようとしたようです。しかも長老たちに「キーナン氏は承服済みだ」と嘘の報告までして、掩体壕の場所をゲットしたみたいです。ネルが指示通りに動いていれば、インドネシアはこの前発生した津波被害への救済資金を手にしていた筈でした。

 この12月の記事で言及していましたが、キーナン・チームはレッド・ドラゴン大使は完全な騙りだと非難しています。そしてベンジャミン・フルフォード氏に関しては以前は評価していたけれど、今ではロクに分かっちゃいないから相手にしない、という姿勢です。
 対してフルフォード氏は本物のキーナン氏が殺されて、ある時点から偽者が成り代わったと主張しています。

 同記事にはフルフォード氏の12月17日の記事同様、エリザベス女王がもうすぐ300人委員会のトップを辞任することが短く言及してあって、世界の動向分析については一致しているんですけどね。
 ここは各ドラゴンの上の方が介入するなりして、いーかげんに足並みを揃えませんか。現状だと、手先となって動いている人たちが雨後の筍のごとく、各自勝手にプロジェクト立ち上げようとしちゃってますよ?
 もうね、人材とか叡智を結集させるという意味でも、もちっと効率化を目指しましょうよ。キーナン氏やフルフォード氏は欧米への広報窓口でもあるのだから、力を合わせれば天下無敵なのに。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン更新情報:全てを結集させて――時は満ちた
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ

新チーム結成


時として永遠【に変わらない】ように見えることもあるが、新年にあたり我々はニール・キーナンと共に、新たな素晴らしいKチームを結成しているところだ。何よりニールが引っ張ってくれるお蔭で、この新しい一年は新たな生命力と活力でもって我々を団結させてくれる【ことだろう】。

今回集結した一人一人が様々な専門的な才能を有しており、物事を斬新な目線で捉えることの出来る人物だ。


ネルの裏切り


便宜上、【話は】掩体壕が開かれたというところから始めねばならないだろう。
【※と書いているのですが、最後の動画でキーナン氏が新たなテクノロジーの資金援助のためにも、「インドネシアにこれから戻って、掩体壕を開けなきゃね」と話しているので、まだなのじゃないかと。確か前回、開けようと掩体壕の麓まで来て、ネルが別の集団を待機させているのが発覚してキャンセルになった筈なので。】

皆が御承知のように、マルタ・ウィバワ、通称ネルは単に翻訳者であるに留まらず、残念ながら非道な計画を抱えていた。

なんでまた経済的に自活もできず、嘘も吐き、重大なミスも犯し、しかもそれが一度だけではないというのに、そんな人間に耳を貸そうとする人間がいるのやら。

【ネルは】本当は知っていたのに、刑務所から出してもらうための必要資金を得るため知らないフリをして、自身の家族の一員を非難したこともある。

今やネルの本性が明らかになったことで、その誠実さを我々に証明済みだと判明している人々と進んでいこう【と思う】。

ということで、我々は内部を一掃した。新たに生まれ変わったチームでもって、この先進んで行くことを楽しみにしている。沢山の人が、世界中のあちこちから参加しているのだ。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11