アーカイブ: ニール・キーナン

19/3/24 ニール・キーナン更新情報:街に新たな保安官がやってきた――タダ乗りはもう終わりだ 後半

 久しぶりのキーナン氏情報です。前半では、フルフォード氏との軋轢の深刻さが明らかとなりました。
 本日後半では、韓国とインドネシアが対カバール戦で頼もしい結果を現在収めている様子が描かれています。果たして日本はどこ行った……あ、愚問ですよね、相済みません。安倍のような小物ですら駆除できてませんし、そもそも東洋の金塊を強奪して加害者に貢いだ“名誉白人”ですから後回しっすよね……(しかも敵視されているフルフォード氏も住んでいらっしゃるし)。

 それにしてもカバール側の作戦が、拙い。ただただ、ひたすらに拙い。判を押したようにリピートするのではなく、もちっと役者を入れ替えて、ひねりを効かせたまえ。
 フルフォード氏の週刊記事でも毎度思うのですが、なんでここまで諸々劣化しているのだか。人々の衣食住に毒を混入しまくって、ケムトレイルや電磁波だのを日々ばら撒いて、とにかく知能を低めないと誤魔化せない理由がよく分かります。
 そもそも論なんですが、地球に閉じ込められ、天の裁きからも地上の裁きからも逃げられないのだから、口座の帳簿をいじくって大金をゲットしたところで何になるよ? 激しく意味不明。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン更新情報:街に新たな保安官がやってきた――タダ乗りはもう終わりだ 後半
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ

インドネシアと韓国


山々だの、白いコブラだの、猿やニシキヘビだのから離れて、国際【担保】口座群の資産を盗もうというカバールの現在の計画へと今一度戻ってみよう。

分かっている人間からすれば、奴らが何百年もの間計画してきたことを実行に移しているのは一目瞭然である:奴らは再び東洋から盗もうと試みているのだ……インドネシアから、そして其の他のアジア地域から。

この前のベトナム首脳会談は、金融の裏口取引付きいんちきを伴う政治ショーに過ぎなかった。少なくとも朝鮮戦争の正式な終結くらいはと期待していた、アジア諸国の大半は落胆していた。

イ・ジョンス会長(米国在住)とファン会長(ロンドン在住)という最後の長老二名にも関わらず、今や韓国はカバールと訣別する準備が整っている。


アメリカ原住民をカモにした怪しげな銀行


注目すべきもう一つの分野は、2005年に設立された5つの国際準備預託銀行(IRDB)だ。

どれもモンタナ州に拠点を構えており、その幾つかはインディアン居留地内にある。

パク・チョンは、見積ると26兆米国ドルもの価値を有する韓国内の2つの掩体壕を違法に動かした。
【※この筆者がよくされる誤表記かと。朴槿恵(パク・クネ)の父親で、同じく韓国の大統領だった朴正煕(パク・チョンヒ)のことだと思います。】

こういった尋常でないビジネス取引に気が付いて、尋常でないパズルのピースを繋げていくのに、どれほどの“異様な違和感”を要するというのか。【※「こんな大金が動けばアホでも気が付くわ」と言いたいのでは。】

世界銀行のキム・ヨン総裁【※あるいは米国風に「ジム・ヨン・​キム」】は、引退するにあたってモンタナ州に住めると知って大変嬉しそうだった……となると浮かんでくる疑問は――「一体全体どうして?」
答え:金(かね)の流れを追え!

連邦準備制度や米国財務省の承認、ましてや米国大統領や議会への一報もなしに、どうやってこのような資産が米国へ入り込んだのだろうか?

これはアメリカの納税者をこの先、何世代にも渡って隷属化するベイルアウトなのだろうか?
【※「ベイルアウト」:倒産を避けるための公的資金注入による救済】

というよりそもそも、こういった資産の所有権は奴らにはない! 盗まれた資産なのだ! 所有権は国際【担保】口座群を最初に預け入れた人々に属しているのであって、唯一の管財人アマナーすなわちニール・キーナンに信託されている。これら資産は即座に返されるべきなのだ!

以下の写真はデニス・ランバート、IRDBの会長だ。


デニス・ランバート――会長
――韓国の江原道(カンウォンド)原州(ウォンジュ)市の国際準備預託銀行
――香港IRDBの国際準備預託銀行グループ会長。
住所:韓国の江原道(カンウォンド)原州(ウォンジュ)市;
業務:金融。現行。国際準備預託銀行。

» 続きはこちらから

19/3/24 ニール・キーナン更新情報:街に新たな保安官がやってきた――タダ乗りはもう終わりだ 前半

 昨年キーナン氏がM1を上回る権限を持つアマナーに選ばれて以来、あまり公けには出来ないものの、カバールとの戦いが激化しているようです。ちなみに「アマナー」の定義はこちらから。
 今回の記事の新情報は次回後半に多く詰まっており、この前半は既に皆さんご存知のブレトン・ウッズ協定や債券盗難事件が中心なのですが、フルフォード氏との軋轢がここまで深かったとは予想外で、どーしたもんかなぁと思いまして……以前ご紹介したジェームズ・ボンドのモデル、ヴァン・デ・ミーア博士が御存命であれば、二人の仲は修復されていたかもしれません。あるいは最近たて続けにフルフォード氏の記事に登場した亡きアルバート伯とか。
 思ったのですが、これって毎度の如くP2ロッジが諸悪の原因じゃないですか? 当時フルフォード氏はP2に騙され毒殺されかけてキーナン氏への不義理(※P2の犯罪者連中を紹介しちゃった)を詫びるどころじゃなかったでしょうし、キーナン氏は盗難に遭ってフルフォード氏の境遇を思いやるには色々と余裕がなかったのでしょう。
 その内に連絡が途絶えて、今じゃフルフォード氏側は「キーナンは殺されて偽者がなりすましている」と主張し、キーナン氏側は「フルフォードは向こうに取り込まれて偽情報を発信している」と応戦する始末。P2には、カルマの重さを自覚して挽回に努めて頂きたい――あるいは余計なことを一切せず、消えてくださるのが人類全員のためかも。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン更新情報:街に新たな保安官がやってきた――タダ乗りはもう終わりだ 前半
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ

現在、対カバール戦が激化


アマナーとしての儀式の一環で、インドネシアの元スカルノ大統領の部屋にいるニール・キーナン

世界規模の金融借金奴隷制度を究極的に終わらせるため、戦いがひっきりなしに続けられている。

果敢にもニール・キーナンおよびKグループが世界の舞台で、とりわけインドネシアでこの諸悪の根源と対峙するようになり、【戦いは】急速に激化した。

インドネシアはニール・キーナンという存在に、彼らのため戦ってくれる真の戦士を見出してきた。決して諦めることなく、諦めるということを知らぬ者。この世界を変えてしまう重大な究極の戦いで勝利を収めるため、今日まで何度も躊躇することなくその身を危険にさらしてきた者。

【これまでの】情報を更新し、新情報や新たに顔を覗かせつつある情報を明確にするべく、【まずは】過去の重要な出来事を今一度見返していこうと思う。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

歴史的な詳細に関しては、「金塊の歴史年表」をご一読あれ。
特に以下の章:「4.02 1944年ブレトン・ウッズ協定:力ある者たちの共同クーデター」)【※日本語翻訳版はこちらから。】

» 続きはこちらから

19/1/15 ニール・キーナン更新情報:全てを結集させて――時は満ちた

 ニール・キーナン氏のチームからの情報です。昨年12月27日にも更新されていたのですが、8月末に翻訳したこちらの記事とかなりの部分で被っていたので、保留していました(プラス金塊史で詳しく扱った三兆ドル訴訟のまとめでした)。
 ちなみに追伸部分で書かれていたのは、長年キーナン氏の右腕として通訳を務めていたインドネシア人ネルの裏切りについて。どうも別チームを結成して掩体壕を勝手に開けようとしたようです。しかも長老たちに「キーナン氏は承服済みだ」と嘘の報告までして、掩体壕の場所をゲットしたみたいです。ネルが指示通りに動いていれば、インドネシアはこの前発生した津波被害への救済資金を手にしていた筈でした。

 この12月の記事で言及していましたが、キーナン・チームはレッド・ドラゴン大使は完全な騙りだと非難しています。そしてベンジャミン・フルフォード氏に関しては以前は評価していたけれど、今ではロクに分かっちゃいないから相手にしない、という姿勢です。
 対してフルフォード氏は本物のキーナン氏が殺されて、ある時点から偽者が成り代わったと主張しています。

 同記事にはフルフォード氏の12月17日の記事同様、エリザベス女王がもうすぐ300人委員会のトップを辞任することが短く言及してあって、世界の動向分析については一致しているんですけどね。
 ここは各ドラゴンの上の方が介入するなりして、いーかげんに足並みを揃えませんか。現状だと、手先となって動いている人たちが雨後の筍のごとく、各自勝手にプロジェクト立ち上げようとしちゃってますよ?
 もうね、人材とか叡智を結集させるという意味でも、もちっと効率化を目指しましょうよ。キーナン氏やフルフォード氏は欧米への広報窓口でもあるのだから、力を合わせれば天下無敵なのに。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ニール・キーナン更新情報:全てを結集させて――時は満ちた
転載元)
投稿者:ニール・キーナン&Kグループ

新チーム結成


時として永遠【に変わらない】ように見えることもあるが、新年にあたり我々はニール・キーナンと共に、新たな素晴らしいKチームを結成しているところだ。何よりニールが引っ張ってくれるお蔭で、この新しい一年は新たな生命力と活力でもって我々を団結させてくれる【ことだろう】。

今回集結した一人一人が様々な専門的な才能を有しており、物事を斬新な目線で捉えることの出来る人物だ。


ネルの裏切り


便宜上、【話は】掩体壕が開かれたというところから始めねばならないだろう。
【※と書いているのですが、最後の動画でキーナン氏が新たなテクノロジーの資金援助のためにも、「インドネシアにこれから戻って、掩体壕を開けなきゃね」と話しているので、まだなのじゃないかと。確か前回、開けようと掩体壕の麓まで来て、ネルが別の集団を待機させているのが発覚してキャンセルになった筈なので。】

皆が御承知のように、マルタ・ウィバワ、通称ネルは単に翻訳者であるに留まらず、残念ながら非道な計画を抱えていた。

なんでまた経済的に自活もできず、嘘も吐き、重大なミスも犯し、しかもそれが一度だけではないというのに、そんな人間に耳を貸そうとする人間がいるのやら。

【ネルは】本当は知っていたのに、刑務所から出してもらうための必要資金を得るため知らないフリをして、自身の家族の一員を非難したこともある。

今やネルの本性が明らかになったことで、その誠実さを我々に証明済みだと判明している人々と進んでいこう【と思う】。

ということで、我々は内部を一掃した。新たに生まれ変わったチームでもって、この先進んで行くことを楽しみにしている。沢山の人が、世界中のあちこちから参加しているのだ。

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

» 続きはこちらから

地球ニュース:レッド・ドラゴン大使 第2回 その4

 紅白ドラゴン会談の最後の20分の部分です。その3の終わりでベンジャミン・フルフォード氏が抜けてしまい、後は大使にどうやってこれまで抑圧されてきたテクノロジーを公表していくのかを伺っています。
 大使は各国や各企業が健全な技術競争を繰り広げることで、必然的に開示されていくと考えているようです。

 にしても宇宙人の存在よりも、UFOの燃料の方が知られたくなかっただなんて、脱力しましたわ。結局は金(かね)なんかいっorz
 ティムさんはとっても善良な方なので、ひたすら全人類の幸福を願っているようなのですが、野心に憑りつかれたエリートは「全員がハッピー」では納得しないと思います。「自分たちだけがハッピー」だからこその優越感でしょう。それに、やっぱり悪事を犯したらちゃんと裁かないと人々が納得しないと思います。

 さらにルイーザさんが指摘するまで、私は「昨今の技術革新は目覚ましい」と感じておりました。携帯が何Gにアップする云々て、健康被害を考えたらそこまでの機能は必要ないですし、確かに一般自動車はずーっとガソリンですし……あれ、そんなに進化してない?! むしろ後退してます。
 メディアが派手に喧伝しているから、すっかり騙されていました。色々と気付いていたつもりなんですが、洗脳ってコワイです。エリート層は小惑星で鉱物採掘して幾ら稼げるかを皮算用している時代なのに。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
レッド・ドラゴン大使 第2回 その4


現在世界を動かしているのは中国


第323回の金魚さんレポート特別版、その4は56分40秒辺り、ベンジャミン・フルフォード氏が抜けた後の様子です:

ルイーザ:大使、別の質問を一つさせてください。世界規模の通貨リセットでは、中国が本当に大きな役割を果たしています。世界中で、です。例えばアフリカを見ると、中国は沢山の国々のインフラへ、もの凄く投資しています。もう現時点では中国がこの惑星の皇帝です。その点について、どう思われますか?

ツイートはシャンティ・フーラが挿入

レッド・ドラゴン大使(以下、「大使」)ええ、正しいです。我々【中国】はおっしゃる通り、現時点では世界皇帝なのです。アフリカに限られた話ではなく、アメリカでもそうです。アメリカの債務の大半を所有しているのですから。

主人に借金している人間は、【その主人の】奴隷にも借金しているのだと言います。

世界征服ということでアメリカと中国の唯一の違いは、アメリカのエネルギー【資源】の方が大きいこと。もし中国の方が大きければ、アメリカに取って代わったことでしょう。【中国は】アメリカと【表立って】競うだけのエネルギーがないのです。

» 続きはこちらから

地球ニュース:レッド・ドラゴン大使 第2回 その3

 今日もフルフォード氏が、ぐいぐい大使から内部情報を引き出そうとしています。昨年10月の第一回目では、大使は断言を避けてのらりくらりと躱していたのですが、今回はかなり詳しいことを話してくださっています。
 ファミリーの一員ではなく対外的なスポークスマンを任されているという立場上、そして昨年秋まで2年間ほど黙っているようにファミリーから通達されていたこともあって、あくまで自分の個人的な意見では、という語り口ですけどね。

 大使がフルフォード氏は結構いい線言っていると評価したのは、時事ブログにも登場したこの種の調査のことじゃないかと思います。ピラミッドの目は、別人物の図ですがここら辺。ようは1ドル札に描かれた、プロビデンスの目です。
 民主党の上院下院の両トップ「ナンシー・シューマー」の言い間違いが予期せぬジョークとなったのは、向こうではお似合いのカップリングだと思ったら、二人の名前をくっつけて呼ぶのが流行っているからだと思います。ウィリアム王子とキャサリン妃(愛称ケイト)なら「ケイリアム」と、通常は合体させて一つにするものの、多分そんな所でしょう。
 にしても2019年には表面上も変わってくれるかと思いきや、あと3年て! まだまだ忍耐力が試されそうです(泣)。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
レッド・ドラゴン大使 第2回 その3


南極の様子が気になります


第323回金魚さんレポート特別版として、紅白の龍の特別会談がゾロ目の1月11日に収録されました。今回はその2の続き、40分から56分過ぎまでです:

ルイーザさんが、エムスリー氏に取り上げたいトピックがないのか訊ねます。

ティム・エムスリー氏(以下、TE)フェイスブックで5時間ほど前から拡散している話題があるのですが、ニューヨークの青い光のことで、カバール連中の抽出【作戦】だったとか云々。グアンタナモ湾ではなく、南極に移動させるのだと。

私もちゃんと読んでいないものの、それはそれで興味深いなと思った訣で……偽情報の法螺話かもしれませんが、南極や極秘宇宙計画のことを話していたので――。


ベンジャミン・フルフォード氏(以下「BF」)私には南極に関する情報源があって、【実際に】米国大統領選挙の日に南極にいた【人物】なのですが、ローマにいて、私も会ったことがあります。実在の人物で、ネットの創作物じゃありません。彼に訊いておきましょう。


ルイーザ:ですね、あそこら辺では色々とありますから。【真相が】判明するといいのですが。


ディスクロージャーにはあと3年くらい


BF:大使に話を戻して、金融システムをコントロールしているファミリーについてさらに質問したいのですが……ディスクロージャーを巡っての予定はどうなってますか?


レッド・ドラゴン大使(以下、「大使」)それは彼らが全ての手順をしっかり詰めて、その後にくる話です。なので現実的に見ておそらく次の3年以内で出始めるようになるんじゃないかと思います。

新たな番人たちがきちんと配置されてからですね。彼ら【ファミリー】は貴方【ベンジャミン】や私などの人間を長らく監視しており、【資質を】試したり、何をしているのか見守っているんです。【これからも】私たちの言動がちゃんとしたものであれば、このディスクロージャーに参加させてもらえるかもしれません。

私が知っているのは、ファミリーの本当の話を映画化する計画があるということです。人々が観れるようにね。それが将来的には準備されています。


ルイーザ:それは南極に繋がる話ですよね、何故なら人類の本当の歴史については我々も扱ってきましたし、ベンジャミンも前に言ってましたし。ということは大使、これは本物の透明性を確保するという計画の一部なのでしょうか?


大使:そうです。ただし実現するためには、この惑星に【これまでとは】異なる構造を立ち上げねばなりません。そして――。

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11