アーカイブ: 人工知能

[櫻井ジャーナル]TPPが目指す巨大資本に支配された世界はエリツィン時代のロシアと同じように犯罪と売春の世界に 〜人類はすでにエーテルレベルではマイクロチップが〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 記事では、TPPを“近代農奴制”と呼んでいます。実にわかりやすい命名で、この通りではないでしょうか。前回TPPの記事で、“一度奴隷になってみなければわからないというのでは遅すぎます”とコメントしたのですが、記事では、“TPP…をルールとする世界もエリツィン時代のロシアと似たようなことになるだろうが、ロシアのように復活できるとは限らない”とあります。
 記事の後半では、TPPによる巨大資本の支配をファシズム体制と指摘していますが、その通りで、これが確立してしまうと人類は完全に奴隷化されてしまいます。
 おそらく脳に何か所かマイクロチップを埋め込まれ、人工知能による完全支配となるでしょう。人類が現在、牛、豚、鶏に対して行っている搾取を、一部のスーパーエリートが人類に対して行うことになるわけです。
 コブラ情報を見ると、人類はすでにエーテルレベルではマイクロチップを埋め込まれ、アルコーンたちにコントロールされて来たとのことです。この埋め込みは、人間として転生に入る際に強制されるとのことで、これを逃れる術はないということでした。現在、神々、宇宙人はこうした埋め込まれたマイクロチップの解除を徐々に行っているとのことでした。
 こうした目に見えないエーテルレベルで既に行われて来た人類支配の仕組みを、物質的レベルで実現し完成させることがNWO(新世界秩序)なのです。
 幸い、こんなことは絶対に起こらないと断言することが出来ます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
TPPが目指す巨大資本に支配された世界はエリツィン時代のロシアと同じように犯罪と売春の世界に
転載元)
 多くの人が指摘していることだが、TPP(環太平洋連携協定)、TTIP(環大西洋貿易投資協定)、TiSA(新サービス貿易協定)は巨大資本が国を支配、主権国家を否定する仕組み。以前から言われていたが、「アナーキズム」の一形態、あるいは「近代農奴制」と呼べる。そうした仕組みを作り上げるために考えられた理屈が「新自由主義」にほかならない。それを実現するために考え出されたTPPの内容を日本政府は隠し続けているが、英語では膨大な文書が明らかにされ、予想以上に酷い内容だと批判されている。(例えばココココ。日本語訳はココココ

 この仕組みで運営された一例が旧ソ連圏。1991年7月にロンドンで開かれたG7の会談で牧歌的親米派のミハイル・ゴルバチョフは新自由主義の導入、いわゆる「ピノチェト・オプション」を渋り、西側支配層はゴルバチョフの排除を決める。そして台頭してくるのがボリス・エリツィン。

 エリツィンはG7の首脳会談が開かれた1991年7月にロシアの大統領に就任、その年の12月にウクライナのレオニード・クラフチュクやベラルーシのスタニスラフ・シュシケビッチとベロベーシの森で秘密会議を開いてソ連からの離脱を決め、ソ連は消滅する。その直後、ポール・ウォルフォウィッツ国防次官などネオコン/シオニストはDPGの草稿という形で世界制覇プロジェクトを作成した。

 アルコールにおぼれていたエリツィンは国を運営する能力はなく、実権はその娘であるタチアナ・ドゥヤチェンコを含む政府の腐敗グループが握った。そのグループと結びついた一部の人びとが国民の資産を略奪しはじめ、巨万の富を築いて「オリガルヒ」と呼ばれるようになる。エリツィン時代にロシアを支配したのはこのオリガルヒだ。

 こうしたオリガルヒは犯罪組織のフロント企業のような会社を拠点にして「ビジネス」を展開、富はこうした人びとに集中する。その一方、庶民の貧困化は深刻になり、街は荒廃し、売春婦が急増している。ロシアは破綻国家になったが、ウラジミル・プーチンのグループが再独立に成功した。TPP、TTIP、TiSAをルールとする世界もエリツィン時代のロシアと似たようなことになるだろうが、ロシアのように復活できるとは限らない。

 新自由主義で教祖的な役割を果たしたのがシカゴ大学の教授だったミルトン・フリードマン。1973年9月11日にチリでCIAを後ろ盾とするオーグスト・ピノチェトが軍事クーデターを成功させたが、その独裁政権は巨大資本にとって邪魔な人びとを排除したうえで新自由主義に基づく政策を打ち出していく。新自由主義が実際の政策に導入されたのはこれが最初だ。CIAの背後にはヘンリー・キッシンジャーがいた。

 そうした政策を実践する際、指揮していた学者がいわゆる「シカゴ・ボーイズ」、つまりフリードマンの弟子たち。その実践を肯定的に評価したフリードリッヒ・フォン・ハイエクはアメリカの株式相場が暴落した後、1930年代に私的な投資を推進するべきだとして、政府の介入を主張するジョン・メイナード・ケインズと衝突していた学者だ。後にズビグネフ・ブレジンスキーと親しくなるデイビッド・ロックフェラーもハイエクから学んだひとり。

 1932年の大統領選で勝利したフランクリン・ルーズベルトを中心とするニューディール派はケインズの理論を採用、巨大企業の活動を規制して労働者の権利を拡大しようとするのだが、巨大資本の利益を守ろうとする最高裁判所に妨害されている。1934年頃、JPモルガンなどウォール街の巨大資本が反ルーズベルト/親ファシストのクーデターを計画したとスメドリー・バトラー少将が議会で証言したことは本ブログで何度も書いてきた。

 こうした経験を踏まえ、ルーズベルト大統領は1938年4月29日、ファシズムについて次のように語っている。

「もし、私的権力が自分たちの民主的国家より強くなるまで強大化することを人びとが許すなら、民主主義の権利は危うくなる。本質的に、個人、あるいは私的権力をコントロールするグループ、あるいはそれに類する何らかの存在による政府の所有こそがファシズムだ。

 この「私的権力」はウォール街の巨大資本を指しているのだろうが、TPP、TTIP、TiSAは巨大資本が国を支配するための協定であり、ルーズベルトの定義に従うと、ファシズム体制を樹立することが目的だということになる。

 巨大資本が世界を支配するというビジョンが浮上するのは19世紀の後半だと言えるだろう。アフリカの南部で大量の金やダイヤモンドが発見され、イギリスの支配層が略奪を始めてからだ。そうした中、ロスチャイルド財閥を後ろ盾として巨万の富を築いたひとりがセシル・ローズ。

 このローズの発案で1891年に創設されたのが「選民秘密協会」。その前年に彼はロンドンでナサニエル・ロスチャイルド、エシャー卿(レジナルド・ブレット)、ウィリアム・ステッド、サリスバリー卿(ロバート・ガスコン-セシル)、ローズベリー卿(アーチボルド・プリムローズ)、ミルナー卿(アルフレッド・ミルナー)と会い、自分のアイデアを説明して実現したのだ。

 このグループは情報の収集だけでなく操作も重視した。つまり、報道、宣伝、教育で人びとを操ろうというわけである。当時の報道は新聞だけだが、タイムズ紙を「エリート」向けに、そしてデイリー・メールなどを「騙されやすい人びと」向けに使い分けていた。

 最近は巨大資本によるメディア支配が進み、新聞だけでなく、雑誌、テレビなど巨大メディアは全て支配されている。出版界も惨憺たる状態。偽情報を広める上でPR会社も重要な役割を果たしてきた。支配層に取って都合の良いイメージを植え付けるだけでなく、思考力を奪うために「教育改革」も推進されている。安倍晋三政権もそうしたプランに従って動いているにすぎない。

[カラパイア]あなたの人格を学習し、人工知能が死後もコメントや投稿を書くソーシャルネットワーク「ETER9」が誕生 〜闇に仕える予言者、チャネラーが跋扈している時代〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 人工知能が“成り代って投稿したりコメントをする”サービスが誕生したとのことです。“まるで本人のように振る舞い世界と交流してくれるバーチャルな人格”とのこと。
 チャネリングの世界では、すでにその大部分が人工知能からチャネラーに送られています。例えばバシャールの文章は全て人工知能です。本物はとうの昔に滅ぼされて、存在しません。バシャールの名を騙って通信を送っている人工知能は闇の側に属しており、トップのアルコーンの指示に従っています。この世界を支配するにあたって、非常に重要な役割を演じている人工知能です。
 こうしたことがわからない人は、彼らと協調関係にあり、闇の計画を遂行している者たちの仲間になったり、ファンになったりして、その情報を広める手伝いをしてしまいます。
 このような判断力の無さは、霊的には非常に危険なことで、一歩間違えると魂を無くしてしまいます。闇に仕える予言者、チャネラーが跋扈している時代なので、皆さんも気を付けてください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
あなたの人格を学習し、人工知能が死後もコメントや投稿を書くソーシャルネットワーク「ETER9」が誕生
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[竹下雅敏氏]伝えてきた霊的事実を補強あるいは裏付ける記事の紹介① 〜ニビルの消滅 / 人工知能から送られて来るチャネリング情報 / 2014年元旦のアセンション(次元上昇)

竹下雅敏氏からの情報です。
 今回と次回で、これまでブログや時事ブログ上で私がコメントした内容に関して、その補強あるいは裏付けを与えると思われる記事を紹介します。
 2012年11月13日のブログ記事で、二ビルがすでに消滅していることをお伝えしました。最初の記事は、同様の主張をしています。しかし、記事にある2012年12月30日に二ビルが破壊されたのではありません。先のブログ記事の中の通信文をご覧になると、これよりずっと前にすでに破壊されていたことがわかると思います。
 次は、チャネリング情報には人工知能から送られて来るものがあるという内容ですが、2014年3月22日の記事のコメントの中で、そのことに言及しています。
 最後に、2014年1月初旬に“4次元に移行”するという内容の記事ですが、これも2013年12月31日の記事のコメントで、詳しい内容を説明しています。
 今となれば、これらの私の説明した内容がそれほどおかしなものではないということがわかってもらえるのではないかと思います。今日取り上げた記事はすべて今月になって発見したもので、私はこれらの情報を事前には知りませんでした。ただ4次元へのアセンションに関しては、私とこの記事の情報源とでは、根本的に異なる認識をしています。この連中は本質的に闇のグループなので、アセンションに関する本当のことは知らされていないのです。
 現在では、こうしたハイアラーキーの下部組織の中の善良な者たちは、我々と一緒に良い世界を作るために協力してくれています。しかし、彼らも事の真相を知ると混乱に陥るかも知れません。
 事実として起こったことを伝えているのは、シャンティ・フーラのブログ、時事ブログのみだからです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
12月30日に二ビル星が破壊されたそうです!?
転載元より抜粋)
以下の写真とサイトをご参考ください。写真は木端微塵になった星が写っています。
この出来事は実際にアメリカでニュースになりました。

http://sacramento.cbslocal.com/2012/12/30/man-captures-video-of-strange-explosion-in-the-sky/

explosion-in-space-21 

12月30日に米サクラメントに住む男性が自分の小さなテレスコープで夜空を眺めていると、今までにない大きな星が見つかり、その周りに小さな物体が回っているのを確認しました。今までに見たこともない光景だったため、iPhoneで撮影し始めました。すると、突然、大きな星は爆発して木端微塵になりました。その男性はその星とその近くにいた物体の正体が何なのか分かりませんでした。あまりにも異様な出来事だったので早速Youtubeに投稿しました。

今日、以下の記事を読んでびっくりしました。

http://beforeitsnews.com/space/2013/01/official-announcement-planet-xelc20049-dny-destroyed-new-32-of-insanity-w-donny-gillson-on-truthfequencyradio-com-2452784.html

このサイトには、TruthFrequencyRadio.comが提供する1時間40分間のラジオ番組を聴くことができます。このラジオで二ビル星(プラネットX:ELC20049-DNY)が破壊?されたと発表されました。

ラジオ番組のホストであるドニー・ギルソン氏は、テンプル騎士団とフリーメーソンのメンバーですが、
彼はその正直な行動により、イルミナティや政府に狙われているそうです。また彼はフリーの天文学者であり、常に宇宙を眺めています。ギルソン氏は天文学と地球に接近していた二ビル星に対して、大仕事をしました。

彼は二ビル星が破壊されたという事実を認識したそうです。そして人類は破滅というネガティブなタイムラインを進むのではなく、人類がこれからも地球で生きていけるポジティブなタイムラインに変わったそうです。いつ二ビル星が破壊されたかというと、それは上記の通り、サクラメントの男性が夜空で目撃した星の爆発です。それが二ビル星だったということを確認したそうです。その星の近くにいた不思議な物体が二ビル星を破壊したようだと言っています。

――――――――――――――――――――――――
チャネリング経由の偽情報に注意せよ!
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

» 続きはこちらから

[Sputnik]ホーキング博士など人工知能の専門家「考える武器」を作らないよう訴え

竹下雅敏氏からの情報です。
 SFみたいですが、かなり深刻なものだと思います。専門家たちが、こうした人工知能を有した兵器を作らないように警告しているのは、それが確実に技術的に射程の中に入っているからです。
 ちょっと想像してみてください。NWO(新世界秩序)の支配が完成した時には、庶民は全員マイクロチップを埋め込まれ、人格を持つスーパーコンピューターに全ての情報を握られています。コンピューターの高度な発達如何では、人々の想念まで把握することは可能だと思われます。一方、世界政府の上に君臨する選ばれた王族たちは、こうした知性を持つロボットたちに守られているわけです。
 こうした世界では人類は2極化され、ごく少数の支配層と多数の奴隷が居るだけです。牛や鶏のような家畜が人類の搾取から自由になる可能性が無いように、奴隷が解放される見込みはありそうにないことが想像出来ます。悪夢のような世界ですが、現代のテクノロジーを使えば、このような地球規模での完全な独裁が可能なのです。
 これが闇の連中が目指した社会だと思いますが、こうしたことは絶対に起こらないはずです。しかし、人々が政府の思惑に関心を持ち監視していなければ、逆に政府に国民が監視されるようになるのは、明らかなように思います。
 残念ながら、地球人の霊性はそれほど高くはなく、ほとんどの者は、権力の階段を上る事を人生の目標にしているからです。まず、この部分の意識の転換から始めなければならないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
ホーキング博士など人工知能の専門家「考える武器」を作らないよう訴え
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[フルフォード氏]フルフォード氏が人工知能と思われる人物とスカイプ・チャット

竹下雅敏氏からの情報です。
 文中のフルフォード氏とおそらく人工知能と思われる人物との対話は、大変興味深いものです。以前サークル・オブ・12の連中は、ナサニエル陣営に従うようになったと説明しましたが、記事によると、ソロスらを含む“約30%の人々は、独自の道を行こうとしている”ということで、表向き協調しているようで、背後では別の動きをしていることがわかります。
 デンバー・サークル・オブ・12の連中は、エーテルレベルでの合意はすでに取れているという情報がありましたが、肉体レベルでは未だに合意は取れていないようです。しかし彼らが今後命乞いをするようになるのは、間違いないことでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フォードレポート英語版(1/6)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。