アーカイブ: 海外情報の翻訳記事

23/4/10 フルフォード情報英語版:ユダヤ人は悪魔崇拝者を倒した後、神殿を再建する

 今回のレポートによると、中国を訪問したマクロン大統領は次のことを決めたとされています。
  • 中国の「一帯一路フォーラム」に参加することを約束
  • NATOを捨ててBRICS同盟とその提案する相互安全保障に参加することに基本的にほぼ同意
  • 中国軍とアジア太平洋のフランス軍部隊との「交流を深める」ことを決めた
  • 米国が引き起こした台湾の危機に際して、台湾を支援しないことを約束
 早速、アメリカや欧州からは「裏切り」との声があげられています。また、この訪中の際には「イランとサウジアラビアの外相が同時に中国に滞在し、フランスの外相と会談していた」とのこと。ちなみにマクロン訪中については、すでに時事ブログでも取り上げています。
 “ロシアの安全保障会議副議長ドミトリー・メドベージェフが「世界の誰もウクライナを必要としていないため、ウクライナは消滅するだろう」”と語ったように、「ゼレンスキーがオーストリア議会で演説した際に、オーストリアの政治家たちが退席した」(動画あり)ようです。また、メドベージェフ氏は「戦前の人口4,500万人であったウクライナには、現在2,000万人程度しか残っていない」とも述べています。
 “ロシア側は、国連がノルドストリーム・パイプラインの破壊行為について国際的な独立調査を拒否したことで、国連自体の信用を完全に失墜させた”と指摘しており、国連、そして国際刑事裁判所も、ロックフェラーのものであるとの認識のようです。彼らの弱点である「完全な秘密主義が彼らが生き残るための唯一の方法」が崩れ、“つまり、「超国家的で高度に組織化されたカルト」が崩壊している”ということらしい。
 “トランプを罪に問う動きは、偽バイデンの周囲に非常に現実的な影響を及ぼしている”とし、“法的な前例ができたことで、バイデンやオバマなどは、ポルノ女優に金を払ったという疑惑よりもはるかに重大な犯罪で起訴される可能性が出てきた”と言っており、オバマ前大統領のケニア逃亡や、アマゾンのジェフ・ベゾスが行方不明であることを取り上げています。
 「米国の金融システムは今、確実に崩壊している。3月以来、預金者は銀行システムから2兆ドル近くを引き出し、今や銀行はお金を貸すことができなくなっている。商業銀行の融資は3月29日までの2週間で1050億ドルも減少し、米国史上最大の落ち込みとなった」とのこと。「また、アメリカの請求書未払いのために、アジアはアメリカに物を送るのを止めたようだ。アメリカ貿易の40%を扱うロサンゼルス港とロングビーチ港が閉鎖された」と言っており、その理由として「(日本銀行総裁の)後任の植田和男氏は、どうやら米国の請求書の支払いを止めてしまった」ことを挙げています。
 陸上自衛隊ヘリコプター消息事故についても触れており、“すべてのトランスポンダー【訳注:受信信号に何らかの応答を返す機器の総称】が「不可解にも」オフになっていた”と指摘しています。このヘリに搭乗していた日本陸軍第8師団の坂本雄一中将については、「アメリカから日本本土を守る準備を整えていた」とし、「八咫烏の情報筋によると、この師団は北朝鮮において、アメリカのホワイトハットと日本帝国軍が協力して、日本と韓国両国を悪魔の影響から解放するために活動しているとされている」とのことです。
 長年、ナチスと関係があり「世界有数の悪魔崇拝者であるダライ・ラマが、来るべきアジア解放の動きの一環として、倒されようとしている」そうです。「彼が倒れれば本当のパンドラの箱が開く」といっていますが、はてさてどんなものが飛び出してくるのやら。
(ぺりどっと)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:ユダヤ人は悪魔崇拝者を倒した後、神殿を再建する
転載元)

フランスのマクロン大統領による中国訪問


Jews to rebuild temple after defeat of Satanists
By
Windlander
April 10, 2023
15 Comments
Humanity is about to wake from a long and terrible nightmare. An ancient Satanic cult that has terrorized us for millennia is facing final defeat. The Jewish people are planning to celebrate their release from Babylonian slavery by building a new temple. This time it is expected to last forever. A new Golden Age is about to dawn for humanity. That is the big picture behind recent news events.
人類は、長く恐ろしい悪夢から目覚めようとしている。何千年もの間、我々を恐怖に陥れてきた古代の悪魔崇拝が、最終的な敗北に直面しているのだ。ユダヤの人々は、バビロニアの奴隷からの解放を祝して、新しい神殿を建てようとしている。今度こそは永遠に続くと期待されている。人類に新たな黄金時代が幕を開けようとしている。それが、最近のニュースの背景にある大きな流れだ。

Now that the Satanists have been defeated in Ukraine, a final battle is about to take place to mop up the last major Satanist strongholds in Europe, the US and Asia, multiple sources agree. ウクライナで悪魔崇拝者たちが敗北した今、ヨーロッパ、アメリカ、アジアにおける悪魔崇拝者の最後の主要拠点を掃討するための最終決戦が行われようとしている、と複数の情報筋が同意している。

The biggest event in the war to liberate the planet last week was the French and British Rothschilds throwing the Rockefellers and their fake President Biden under the bus. This was the story behind the visit to China by French slave President Emmanuelle Macron and European Commission President Ursula von der Leyen. 先週の地球解放戦争における最大の出来事は、フランスとイギリスのロスチャイルドが、ロックフェラーとその偽物のバイデン大統領を見捨てたことだ。これは、フランスの奴隷大統領エマニュエル・マクロンと欧州委員会委員長ウルスラ・フォン・デア・ライエンによる中国訪問の裏話である。

In diplomacy, appearances show who is really in charge. This is why Macron flew on his own Airbus A330 with a group of media, business and cultural figures while von der Leyen was forced to take a 14-hour commercial flight to the capital, complete with a four-hour layover in the Middle East. While in China President Xi Jinping “treated von der Leyen in a way that made it a bit humiliating,” said one French official, 外交では、体裁を整えることで誰が本当の責任者なのかがわかる。そのため、マクロン大統領はメディアやビジネス、文化人たちと一緒に専用エアバスA330で移動し、フォン・デル・ライエンは中東での待ち時間4時間を含む14時間の民間便でのフライトを余儀なくされた。中国にいる間、習近平国家主席は「フォン・デル・ライエン氏を少し屈辱的な方法で扱った」と語ったと、あるフランス政府関係者は述べた。


https://www.msn.com/en-xl/news/other/france-s-macron-ends-trip-to-china-with-pact-to-bolster-business-military-ties/ar-AA19Bci6

» 続きはこちらから

23/4/3 フルフォード情報英語版:新世界秩序、地球を征服する500年の計画に終止符を打つ

 今回より担当させていただくことになった、ぺりどっとです。英語が堪能だという事実は微塵もなく、むしろ苦手な部類。そんな自分がよもや、こうした翻訳に携わることになったことは、ただただ驚天動地の出来事なのです。(そういえば最近も、驚天動地のiPS真相という記事がありましたっけ。)DeepLなどの機械翻訳たちとにらめっこしながら、よりよい和訳をなんとか探っているといったところです。どうぞよろしくお願いいたします。

 今回の記事の要約ポイントを箇条書きにしてみました。
  • 大航海時代に世界中に宣教師を派遣して、「執拗な征服と略奪の戦争を500年以上にわたって引き起こし」、それを正当化させた教義を、バチカンが放棄した。
  • 「300人委員会のトップはアジアの秘密結社にメッセージを送り、地球のための多極的新秩序を交渉するよう依頼した」ようですが、「こうした動きは、上海協力機構とBRICSが今や世界の人口とGDPの約80%を支配しているからだ」とのこと。
  • ウクライナ戦争でのロシア勝利がきっかけとなり、「世界政治における米国やその他の非友好的な国々の支配の名残をなくす」というロシア外交戦略が新たに発表。
  • 「フランスのデモ隊は、もはや年金が盗まれたことについてではなく、ロスチャイルドの傀儡であるエマニュエル・マクロン大統領をギロチンにかけることを望んでいる」とのこと。
  • 「NSA【アメリカ国家安全保障局】によると、スイスではUBS銀行がクレディ・スイスを買収した後、債券の支払いを拒否し、サウジアラビアや他のOPEC諸国の資産をすべて押収している。」
  • “アメリカ人の83%がトランプの起訴は政治的な動機によるものだと考えているため、「トランプ」に対する攻撃は民主党に大きく裏目に出ている。”
  • アメリカでは大規模な金融犯罪が暴露され始めているとされ、「シリコンバレー銀行の救済は、133億ドルの資金を持つ10人の中国人億万長者を助けるためだったことが、今、判明している」とのこと。また、「長年にわたって暗号通貨市場を操作して入手した」とされるビットコインの件でも、「米国政府が3月14日に9,800枚のビットコインを売却していたことが文書で明らかになりました。これにより、ビットコインは数分で9%以上急落した。さらに41,500ビットコインを年内に4回に分けて売却する予定だと伝えられている」とのこと。そのため、「これらの行為は、市民に銀行に対する反乱を引き起こしている。3月最終週には、大手銀行が1290億ドルの預金を失い、週次では過去最大の流出となった。」
(ぺりどっと)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:新世界秩序、地球を征服する500年の計画に終止符を打つ
転載元)

侵攻や虐殺を正当化するための教義


New World Order ends 500 year plan to conquer the planet
By
Benjamin Fulford
April 3, 2023
35 Comments
On March 30th, the Vatican renounced the Doctrine of Discovery. It was a once in 500-year news event that went almost completely unreported in either the corporate or alternative media.
3月30日、バチカンは大航海時代の教義を放棄した。これは500年に一度のニュースであったが、企業メディアや代替メディアではほとんど報道されなかった。
https://press.vatican.va/content/salastampa/en/bollettino/pubblico/2023/03/30/230330b.html
This doctrine -first put forth by Popes in 1452- allowed Christians to murder, enslave and steal the land of non-Christians around the world. It led to over 500 years of relentless wars of conquest and pillage by the West against the rest of the world. That is why Spanish conquistadors would pull out a bible, ask Aztecs and Incas to obey its teachings and then start slaughtering them when they refused. It is what Americans used to justify the genocide of first nations. More recently, it was used by George Bush (Pecce) Jr. to justify a massive invasion of the Middle East. この教義は、1452年にローマ教皇によって初めて発表され、キリスト教徒が世界中の非キリスト教徒を殺害し、奴隷にし、土地を奪うことを可能にした。この教義は、西洋諸国による、世界の他の地域に対する執拗な征服と略奪の戦争を500年以上にわたって引き起こした。スペインの征服者が聖書を取り出し、アステカやインカの人々にその教えに従うよう求め、彼らが拒否すると虐殺を始めたのはそのためだ。これは、アメリカ人が最初の先住民族の虐殺を正当化するために使ったものである。最近では、ジョージ・ブッシュ(ペッチェ)・ジュニアが中東への大規模な侵攻を正当化するために使用した。

Now, the Roman Empire is saying “We are sorry we tried to subjugate the entire planet to the obedience of a Caesar.” Pope Francis says: “Never again can the Christian community allow itself to be infected by the idea that one culture is superior to others, or that it is legitimate to employ ways of coercing others.” 今、ローマ帝国は、「地球全体をシーザーの服従に従わせようとしたことを反省している」と言っているのだ。教皇フランシスコは、「キリスト教共同体が、ある文化が他より優れているという考えや、他を強制する方法を採用することが正当であるという考えに感染することを、二度と許してはならない」と言っている。

There is also talk again of replacing Francis with an African Pope. This may be the real reason talks have again emerged about him resigning “for health reasons.” Vatican watchers note: また、フランシスコをアフリカ系のローマ法王に交代させるという話も再び出てきている。これが、「健康上の理由」で辞任するという話が再び浮上した本当の理由かもしれない。バチカンウォッチャーはこう指摘する。

The health episode involving Pope Francis appears increasingly indecipherable. The given versions are not only different. They are also in contradiction with each other. フランシスコ法王にまつわる健康エピソードは、ますます解読不能に見える。公式に発表された情報が異なるだけでなく、互いに矛盾している。
https://ilsismografo.blogspot.com/2023/03/vaticano-card-sandri-gia-lunedi-scorso.html

» 続きはこちらから

23/3/27 フルフォード情報英語版:欧米の金融システムが8兆ドルの崩壊を迎え、革命が起こる

 3月27日(月)のフルフォード・レポート(英語版)です。レポートは、依然、ホワイトハット、トランプ大統領、中国が善人、ヒーロー的であるという見解です。現在、多くの国で革命が起こっているということで、今回のレポートはそれがメインです。
 レポート内では、アメリカがアジアなどに借金の返済をし続けるために多くの国から強奪し続け、その一例としてノルドストリームパイプラインの爆破を挙げています。”例えば、ノルドストリームパイプラインを爆破して、ヨーロッパ人にロシアに支払う価格の4倍でアメリカから液化天然ガスを買わせるようにした。そのため、EUのアメリカからの液化天然ガス輸入総額は、2021年と比較して2022年には154%増加した。それに伴い、欧州の生活水準が下がったのは言うまでもない。これが今、ヨーロッパが炎上している理由の一つである(詳しくは後述)。”
 メキシコのロペス・オブラドール大統領は、先日ノルドストリームパイプラインの爆破はアメリカの仕業であることを堂々と言っていました。(ここのところずっとメキシコはアメリカ共和党から叩かれ続けているので、大統領も黙っていません!😊)こちらのSPUTNIK(日本語版)”メキシコ大統領、米国による「ノルドストリーム」爆破疑惑をやり玉に挙げる”でもそのことが取り挙げられていると編集部から聞きました♪

イスラエル
”状況は、「アバターのネタニヤフは、怒った大勢の市民が自宅を襲撃したため、避難所に逃げ込むことを余儀なくされた 。」というところまで来ている。”

フランス
“マクロンは来週、助けを求めて中国に飛ぶことを望んでいる…”

ドイツ
”ドイツの野党AFD党は、「もしシーモア・ハーシュが(ノルドストリームパイプラインの爆破に関与したということ)正しければ、ドイツのオラフ・ショルツ首相は反逆を犯したので辞任しなければならない 。」と言っている。”

アメリカ
”米国のいわゆるバイデン大統領も中国の習近平国家主席との電話会談を実現しようとしているが、今のところ冷遇されている。”

エジプト:BRICSに正式加盟

アフリカ
”先週、40人のアフリカ諸国首脳がモスクワでプーチン、習近平と会談した。…ほぼ同時期に、チャド【北アフリカ中央部の共和国】は多国籍石油大手エクソンモービルから炭化水素や探鉱許可を含むすべての資産を国有化している。”

ウクライナ戦争
”ウクライナでの戦争は、いずれにせよロシアが勝利している。現状では、10万人のウクライナ兵が戦略的重要都市であるバクムート(別名アルチョモフスク)に閉じ込められている。ロシアのショイグ国防相とトルコのフルスィ・アカル国防相が、黒海について合意に達したことがわかった。…

 最後に個人的なお知らせです。🙇‍♀️昨年、メキシコの極上スペシャルティー・コーヒー(食べ物の極上レベルの波動測定、こちらの映像配信で紹介されています♪)の虜になってしまったpopoちゃんは、旦那さまのお店(メガネ屋)の店舗内に小さなカフェをオープンすることになりました。今年に入りその準備に何かとパタパタしてまして、フルフォード・レポートの翻訳修正は今回が最後になります。次回からぺりどっとさんにバトンタッチになります!メキシコの極上スペシャルティー・コーヒーやロペス・オブラドール大統領のニュースなど、少し落ち着いたらまたメキシコ便りでお伝えできたらいいなと思っています。気長にお待ちいただけたら嬉しいです。🤗🙏☕️🙇‍♀️☕️🙏🤗  👋👋👋💕💕💕
(popoちゃん💖)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:欧米の金融システムが8兆ドルの崩壊を迎え、革命が起こる
転載元)

ハザール・マフィアの傀儡指導者の崩壊間近か?


Western financial system suffers $8 trillion implosion, revolution follows
By Windlander
March 27, 2023
82 Comments
The collapse of the Western financial system is a mathematical certainty because recent rate hikes created at least an $8 trillion loss for financial institutions. Governments have been trying to foist this on the people. Revolution will be the result. This is why unprecedented unrest is overtaking France, Germany, Pakistan, Israel and many other places.
最近の金利引き上げで金融機関に少なくとも8兆ドルの損失が生じたため、欧米の金融システムの崩壊は数学的に確実なものとなっている。政府はこれを国民に押し付けようとしている。その結果、革命が起こるだろう。フランス、ドイツ、パキスタン、イスラエル、その他多くの場所で未曾有の不安が押し寄せているのはそのためだ。

There is also a global awakening to the fact the so-called “rules-based world order,” means rule by genocidal, Satan-worshipping criminals. This means mass arrests and war crimes tribunals are inevitable. また、大量虐殺を行い、悪魔の犯罪者による支配を意味するいわゆる「ルールに基づく世界秩序」という事実に対する世界的な目覚めもある。つまり、大量逮捕と戦争犯罪法廷が避けられないということだ。

The question now is which Khazarian mafia puppet leader will be first to fall, Emanuelle Macron of France or Benyamin Netanyahu of Israel? Whoever it is, they will be followed in short order by the fake President Joe Biden in the US, Justin Castrudeau in Canada, Olaf Scholz in Germany and Ursula von de Leyen of the EU., Other dominoes to fall will include the fake Pope Francis, and puppet leaders in Pakistan, South Korea, Japan etc. 問題は、フランスのエマニュエル・マクロンとイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ、どちらのハザール・マフィアの傀儡指導者が最初に倒れるかだ。それが誰であれ、アメリカの偽大統領ジョー・バイデン、カナダのジャスティン・カストルドー【トルドー】、ドイツのオラフ・ショルツ、EUのウルスラ・フォン・デ・ライエンがすぐに続くだろう。他のドミノ倒しには、偽フランシス法王やパキスタン、韓国、日本などの傀儡指導者が含まれる。

Since the bankruptcy of the Western Khazarian mafia ruling class is the cause of the political turmoil, let us first look at the latest developments on this front. The basic story is that no matter how hard you try to avoid reality, eventually, it finds a way of catching up. The KM started avoiding reality first by allowing banks to lend $100 for every $8 they have; these are the so-called “BIS rules.” This is dangerous because it means more than ten times leverage. Then, since this was falling apart, Bill Clinton Rockefeller upped the ante by allowing 1000 or more times leverage, This turned most of the Western financial system into a giant hallucination known as derivatives with countless $ gazillion (an imaginary but very large number) being batted around inside bank supercomputers. 欧米のハザール・マフィア支配層の破綻が政治的混乱の原因であるため、まずこの面での最新の動きを見てみよう。基本的な話は、どんなに現実逃避をしようとしても、結局は現実が追いついてくるということである。ハザール・マフィアはまず、銀行が8ドルごとに100ドルを貸し出せるようにすることで現実逃避を始めた。これはいわゆる「BIS【国際決済銀行】ルール」である。これは、10倍以上のレバレッジを意味するので危険だ。そして、これが崩れてきていたので、ビル・クリントン・ロックフェラーが1000倍以上のレバレッジを認めて、レベルアップした。このため、欧米の金融システムの大半は、デリバティブという巨大な幻覚と化し、銀行のスーパーコンピューターの中で何億兆ドル(想像上の数字だが非常に大きな数字)が飛び交っている。

» 続きはこちらから

23/3/20 フルフォード情報英語版:人類を解放する史上初の世界革命が始まろうとしている

 本業ご多忙のpopoちゃんに代わって、本日はまのじコメントで参ります。きっと彼女ならば「スーパーローング😱!!」と言いそうな長いレポートです。それだけ世界中で大激変が起きてるということなのでしょう。フルフォード氏言うところの「ハザール・マフィア」が駆逐されていく状況に間違いはないと思いますが、その先、残った勢力がいかなるものになるのか気をつけておきましょう。

クレディ・スイス銀行の破綻は、BIS、IMF、世界銀行、そして国連を崩壊させる

フランス国民の意識の高まりは、マクロン排除だけでなく「アドレナクロム」の闇を暴く

オランダの農民党の躍進は、マーク・ルッテと彼の世界経済フォーラムの傀儡にとっての大敗北
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:人類を解放する史上初の世界革命が始まろうとしている
転載元)

史上初の世界革命が進行中〜世界からハザール人が掃討されている


First ever world revolution about to liberate humanity
By Benjamin Fulford
March 20, 2023
275 Comments
What is happening now has never happened before in human history. We are witnessing the first-ever world revolution. The riots in France, the US military disobedience of fake President Joe Biden, the unification of the Muslim people, the collapse of Credit Suisse and many more events around the world are all interconnected signs of this. It is all part of the overthrow of a hidden ruling class that has presided over the planet for thousands if not tens of thousands of years. The final result will be both mind-boggling and liberating for humanity and earth life in general.
今起きていることは、人類の歴史上、かつてないことだ。我々は史上初の世界革命を目撃しているのだ。フランスの暴動、ジョー・バイデン偽大統領の米軍への不服従、イスラム教徒の統一、クレディ・スイスの破綻など、世界中で起きている多くの出来事は、すべて相互に関連した兆候だ。すべては、何万年とは言わないまでも、何千年もの間、この地球を支配してきた隠れた支配階級の打倒の一部なのだ。最終的な結果は、人類と地球生命体全体にとって、驚異的であり、かつ解放的なものとなるだろう。

Before we go look at all the events unfolding though, let us try to grasp the big picture. My former professor Sa’adullah Ghausy -who was Afghanistan’s Ambassador to Japan before the Russians invaded his country- said the best way to understand international relations is to think of countries as individual people. So, with that in mind, here is the big picture: しかし、その前に、全体像を把握する必要がある。私の恩師であるサアドゥラ・グハウジーは、ロシアに侵略される前のアフガニスタンの駐日大使であったが、国際関係を理解する最善の方法は、国を一人の人間として考えることだと言った。そのことを念頭に置いて、全体像を説明する。

An African, a Chinese, a European, an Indian and a Khazarian find themselves stranded on a deserted island. The Khazarian says to the African “You go and collect food, firewood and other resources.” To the Chinese he says “You make tools and build shelter and furniture for us.” To the Indian he says “You cook and clean and take care of the various chores.” To the European he says “You beat up the African, the Chinese and the Indian if they disobey.” To all of them he says, “Once you have finished your tasks go collect sea shells and shiny rocks for me.” Then he says to the group, “After you have prepared everything, I will take the best food and most comfortable furniture and give you what is left over.” アフリカ人、中国人、ヨーロッパ人、インド人、ハザール人が無人島に取り残されていることに気づく。ハザール人はアフリカ人に「お前は食料や薪などの資源を集めてこい」と言う。中国人には「お前は道具を作り、我々のためにシェルターや家具を作れ」と言う。インド人には「あなたは料理や掃除、様々な家事の世話をする」と言う。ヨーロッパ人には、「アフリカ人、中国人、インド人が逆らったら殴るんだ」と言っている。そして、「自分の仕事を終えたら、貝殻や光る石を集めてきてくれ」と言うのだ。そして、「すべての準備を終えたら、一番おいしい料理と一番快適な家具をとって、残ったものをあげよう」と言うのだ。

Then one night while the Khazarian is asleep, the other individuals get together and say “the Khazarian does not do anything so why should we work for him?” To the European, the others say “He keeps you drugged and poisoned so that you obey him; if you work with us we will help you detox, give you his sea shell collection and make sure you get a bigger share of the food.” ある夜、ハザール人が眠っている間に、他の人々が集まって、「ハザール人は何もしないのに、なぜ我々は彼のために働かなければならないのか」と言う。ヨーロッパ人に対し、他の人たちは「彼はあなたに薬と毒を飲ませ、彼に従わせる。私たちと一緒に働けば、解毒を手伝い、彼の貝殻コレクションを与え、食事の取り分を多くするようにしよう」と言う。

So, the next morning the others tell the Khazarian he will have to work if he wants to keep eating and sharing the island with the others. When he tells the European to go beat the others up, he is rebuffed. He then threatens to poison everybody, blow up the island etc. but it is a bluff and basically, he is going to have either work or get thrown to the sharks. そこで翌朝、他の人たちはハザール人に、このまま食事をして島を共有したければ働けというのだ。ヨーロッパ人に「他の連中を殴ってこい」と言っても、拒絶される。それで、みんなを毒殺する、島を爆破する、などと脅す。しかし、それはハッタリであり、基本的には(ハザール人は)働くか、サメの餌食になるかのどちらかであるという。

That in essence is what is happening in the world now. それは要するに、今世界で起きていることなのだ。

In the Middle East, for example, the various countries of the region, including Egypt, Turkey, Iran and Saudi Arabia have decided to stop handing over their oil to the Khazarian mafia in exchange for numbers on bank computers. That is why fake President Joe Biden has been forced to drain the strategic oil reserve. たとえば中東では、エジプト、トルコ、イラン、サウジアラビアなど、この地域のさまざまな国々が、銀行のコンピューターの数字と引き換えに、ハザール・マフィアに石油を渡すのをやめることにしたんだ。だからこそ、偽大統領のジョー・バイデンは戦略石油備蓄を排出せざるを得なくなったのだ。

No wonder Moussa Ibrahim, former spokesman for Muammar Gaddafi: “What is happening between Saudi Arabia and Iran under Chinese control is not a small thing, it is a change of international power.” ムアンマル・カダフィの元報道官であるムーサ・イブラヒムが言うのも無理はない。"中国の支配下にあるサウジアラビアとイランの間で起きていることは、小さなことではなく、国際的な力の変化なのだ。"

(See attached well-done short interview video) (よくできたショートインタビュー動画参照)

Video Player 00:00
01:49

The same is happening with China and other Asian countries who are now demanding payment in real things like gold and physical products from the United States and other Western countries. 中国をはじめとするアジア諸国が、米国をはじめとする欧米諸国に対して、金や現物などの実物での支払いを要求するようになったのも同じことだ。

In Africa, a large group of countries has asked for Russian help to stop the French Rothschilds etc. from stealing their resources. アフリカでは、フランスのロスチャイルド家などが資源を盗むのを阻止するために、大きな国のグループがロシアの助けを求めている。

This alliance between the global south, the global east and Western white hats is leading to an implosion of the Western financial system and regime change in a variety of countries. グローバル・サウス、グローバル・イースト、そして西洋のホワイトハットの間のこの同盟は、西洋の金融システムの崩壊と様々な国の政権交代を引き起こしている。

» 続きはこちらから

23/3/13 フルフォード情報英語版:ロックフェラー/バイデンのホラーショーが崩壊し、3月の狂気が始まる

 3月13日フルフォード・レポート(英語版)です。今回はフルフォード氏によって書かれています。フルフォード氏によるとシリコンバレー銀行(SVB)の破産ニュースは、ハザール・マフィア支配網の崩壊というニュースから注意を逸らすためのものだったという見解です。竹下先生の3月14日の2つの記事によると “ウクライナが負けていること、ワクチンで多くの被害が出ていることから人々の目を逸らすには、シリコンバレー銀行の破綻は、このタイミングしか無かったのかな、と思います。”「アレックス・ジョーンズ氏も指摘しているように、“小さい地方銀行への信用をなくして破綻させ、連邦準備制度理事会(FRB)を保有しているグローバリストの6大銀行に集約して、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を導入し、キャッシュを殺す計画”だと見た方が良い。しかし、キンバリー・ゴーグエンさんの情報によれば、中央銀行デジタル通貨(CBDC)は失敗する運命にあるようです。ただ、失敗した時の世界の混乱は、経済が破綻し、一時169万パーセントのインフレになったベネズエラのように、人々は物々交換で生き残る道を模索するようになるのでしょうか。それとも、その時のために新しい金融システムが背後では準備されているのでしょうか。
 popoちゃん的に印象的だったのは、スイスのパスカル・ナジャディ氏がインターポールにワクチンと生物兵器の戦争犯罪、大量虐殺、人道に対する罪での逮捕を求める令状を発行したというところで、たくさんのリストの中に習近平、トランプ氏、プーチン大統領がしっかり入っててびっくりしました!😱

BIS【国際決済銀行】とスイスの中央銀行の金塊保管庫は空っぽ

イランとサウジアラビアの合意の秘密条項
”イランの情報筋によると、この合意の秘密の条項は、イランが核保有国として認められ、サウジアラビアもハザール・マフィア核脅迫を食い止めるために核抑止力を持つことになったということだ。”

ハザール・マフィア支配の米ドル終了、米ドルは正式に国連ドルに

スイスのパスカル・ナジャディ:インターポールの全194加盟国の警察当局にワクチンと生物兵器の戦争犯罪、大量虐殺、人道に対する罪での逮捕を求める令状を発行(リストあり)

ポーランドの情報筋:デンマークの研究でビル・ゲイツ愛用ワクチンをした子供の死亡10倍


ポーランドの情報筋:ウクライナ国境から約40キロ離れたボグダンカ鉱山で割腹されたウクライナ軍人の遺体発見

ダグラス・マグレガー大佐:ウクライナ大統領、本質的に敗北認める
”悪魔の大統領ヴォロディミル・ゼレンスキーは、本質的に敗北を認め、政治的な西側、特に米国に対して、「ここに来て、我々のために戦争に勝ってくれ。」さもなければ、「もう終わりだ。」と嘲っている。”

ロシアの極超音速ミサイルが多くを破壊
”先週、ロシアの強力な極超音速ミサイルの一斉射撃が、管制センター、計画センター、防空壕、レーダーを破壊した。内部関係者によると、アメリカ人を含む将校の間で大きな損失が出たという。”
(popoちゃん💖)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:ロックフェラー/バイデンのホラーショーが崩壊し、3月の狂気が始まる
転載元)

シリコンバレー銀行のニュースは、ハザール・マフィアの支配網の崩壊から注意をそらすためのものだった?


March madness begins as Rockefeller/Biden horror show implodes
Don’t be fooled by the Silicon Valley Bank (SVB) sideshow, what is really happening is the Rockefeller/Biden horror show is imploding. Let’s be clear, so-called President Joe Biden, Janet Yellen, the Rockefellers etc. are all criminals who are about to face justice. To see what a joke this regime is, watch the so-called “leader of the free world” say “they had to take the top of my head off a couple of times to see if I had a brain…”.
シリコンバレー銀行(SVB)の余興に騙されてはいけない。本当に起きているのは、ロックフェラー/バイデンのホラーショーが崩壊しつつあることだ。はっきり言っておこう、いわゆるジョー・バイデン大統領、ジャネット・イエレン、ロックフェラー家などはすべて犯罪者であり、正義の裁きを受けようとしているのだ。この政権がいかにふざけたものであるかは、いわゆる「自由世界のリーダー」が「私に脳があるかどうか確かめるために、何度か頭のてっぺんを外さなければならなかった...」と言うのを見ればわかるだろう。

Video Player 00:00
00:12

No wonder Russian dementia care facilities are using Biden on their posters ロシアの認知症ケア施設がバイデンをポスターに起用するのも当然だ。


» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 160