月別アーカイブ: 2月, 2022

元駐ウクライナ大使の馬渕睦夫氏が語る、「政治情勢を理解する上での基本」 ~ウクライナ危機の真相について

竹下雅敏氏からの情報です。
 ロシアとウクライナの問題を知るには、元駐ウクライナ大使の馬渕睦夫氏の話を聞くことが、最も適切ではないでしょうか。
 馬渕氏は、“エリツィン時代に幅を利かせていたオルガルヒ(新興財閥)がロシアの天然資源を握り、メディアを握り、エリツィン政権の背後に居てロシアを牛耳っていた。そういう状況で、プーチンが2000年に大統領になり、オルガルヒを潰して行った。ベレゾフスキー(メディア・自動車)、グシンスキー(メディア・金融)、アブラモビッチ(石油)、ホドロコフスキー(石油)、アベン(金融)、フリードマン(金融)という人たちだが、みなユダヤ系です。
 ユダヤ系は、ソ連が崩壊してロシアの実権を握った。彼らの手からロシア人の手に取り戻したのがプーチン大統領。今、トランプ大統領がディープステートの手から自分たちの手に、つまりアメリカのピープルの手にアメリカの政治を取り戻そうとしているのと同じ構図。これが今の政治情勢を理解する上での基本です。”と言っています。
 6分45秒からは、ウクライナ危機の真相について。現地(ウクライナ)では、現在のウクライナ政権に連なる幹部たちが、みなマケインやジョージ・ソロスに直接会ったり、連絡をして話し合っているシーンが残っていて、記念写真まで撮っている。
 2014年2月にクーデターでヤヌコビッチ政権が倒れ、ポロシェンコ政権になった。四者協議で停戦合意が出来ると、ネオコン、ソロスたちが猛反発をする。彼らのターゲットはプーチン。
 国家の枠を超えた軍事集団が、民営化された戦争をやっている。東ウクライナも、ウクライナの傭兵とロシアの傭兵同士が戦っており、国家の正規の軍隊が戦っているのではない。四者協議の停戦合意が守られないのは、国家の枠を超えた軍事集団が現地で戦っているから。
 イーゴリ・コロモイスキーはユダヤ系オルガルヒで、ドニプロペトロウシクの州知事、イスラエルとキプロスとウクライナの三重国籍者で、ウクライナ第三の富豪だった。このコロモイスキーは東部の中心地帯の知事として、アゾフ大隊という私兵の武装集団を持っていた。彼らがロシア人を虐殺していた。
 アゾフ大隊の旗はハーケンクロイツ。コロモイスキーはユダヤ系。それがユダヤ系を虐殺したナチスのハーケンクロイツの旗を振りながら、東ウクライナでロシア人を虐殺しているというのが、ウクライナ危機の真実である。
 “メディアだけを見ていたら、知らないうちに洗脳されているという状況”だと言っています。
 こうした「政治情勢を理解する上での基本」を把握したうえで、テレ東の「駐日ロシア大使に直撃」をご覧になると、非常に良く分かると思います。
 “続きはこちらから”のFNNの報道は完全にフェイクであり、何としてもプーチン大統領を独裁者に仕立て上げたいという思惑から作られた映像であるのが、すぐに分かると思います。トカナの記事の方が、事実を伝えています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
日本人が知らないプーチン大統領の本当の狙い  馬渕睦夫(元ウクライナ日本大使館大使)
配信元)
————————————————————————
駐日ロシア大使に直撃 未公開インタビュー(2022年2月23日)
配信元)

» 続きはこちらから

フリン切断部位の「PRRA」を含む19塩基の特異的な配列は、2016年2月4日に出願された米国特許9,587,003(特許出願人:Moderna Therapeutics)に見られる独自の配列と100%逆一致することがわかった ~モデルナのCEOですら言及する「武漢研究所が人工的にウイルスを作成して流出した可能性」

竹下雅敏氏からの情報です。
 1月1日の記事で紹介したのですが、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)にはSARSウイルスにはない「フリン切断部位」と呼ばれる特徴的な部分があります。「フリン切断部位」はスパイクタンパク質のS1受容体結合ドメイン(RBD)と、ウイルスと宿主細胞の膜の融合を仲介する2番目のS2ドメインの間の部分です。
 フリン切断部位の「PRRA」を含む19塩基のゲノム配列を調べると、“SARS-CoV-2が発見される以前に、この特殊な配列をゲノムに持つウイルスは人類に知られていない”のですが、モデルナの特許には完全に一致するものがあるということでした。
 今回の記事はこの内容をイラスト入りでわかりやすく紹介したものです。記事によれば、この19塩基の特異的な配列は、「2016年2月4日に出願された米国特許9,587,003に見られる独自の配列と100%逆一致することがわかった。」とのことです。
 「なぜSARS-CoV-2にモデルナ社の特許配列が含まれているのか?…なぜこの情報は隠蔽されてきたのでしょうか?」とありますが、常識があれば新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が「生物兵器」であることを疑わなければならないのに、「なぜ他の科学者はこのことを論じないのでしょうか?」。
 そして、誰が隠蔽して来たのでしょうか。メディアはもちろんですが、「陰謀論者」と見なされている人たちまでもが、“新型コロナウイルスは存在しない”という攪乱情報を垂れ流すのは何故でしょうか? こうした誤情報で、誰が得をするのでしょうか? 得をするのは、新型コロナウイルスの研究所での作成に協力した人や、資金援助をした機関、そしてこの陰謀に関与した国ではないでしょうか。
 この観点から、こうした誤情報を出し続けた人たちを見れば、中国との繋がりがあるのが分かるでしょう。あるいは陰謀に関与した組織との繋がりがあると見て良いでしょう。意図的に誤情報を出し続けたなら、波動が闇に落ちます。そうでなければ、工作員に操られていることが分かるのです。
 さて、J Sato氏のツイートによると、モデルナのCEOですら、「武漢研究所が人工的にウイルスを作成して流出した可能性」に言及したとのことです。真実を追求する人々に追い詰められて、ようやくここまで来ました。彼らが第3次世界大戦を作りだそうとするわけです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
研究室リーク説 - SARS-CoV-2 Furin Cleavage siteの特許遺伝子との関連性を示す新記事
研究室漏洩説は突然のMODE(RNAがヒントを与える)
(前略)
著者らはSARS-CoV-2とコウモリのRaTG13コロナウイルスとの間の突然変異の違いについて論じている。このコウモリのウイルスはSARS-CoV-2に最も近い既知の親戚で、ゲノムは96.2%同一である。すべての相違点のうち、3ヌクレオチドを超えるものは1つだけで、それは12ヌクレオチドを含み、4アミノ酸をコードするフリン切断部位(FCS)である。
(中略)
著者らは、この配列の特異的な特徴は、2つの連続したCGGコドンであると述べている。彼らがBLAST検索(塩基配列やタンパク質配列を比較するNIHのツール)を行ったところ、2016年2月4日に出願された米国特許9,587,003に見られる独自の配列と100%逆一致することがわかった。そして、この特許の出願人は(中略)… Moderna Therapeuticsであり、現在もそうであることがわかると思います。


さらに詳しく調べてみると、一致したのは上記の12塩基の挿入だけでなく、19塩基の長い配列にまで及んでいることがわかった。
(中略)
なぜSARS-CoV-2にモデナ社の特許配列が含まれているのか?(中略)… なぜこの情報は隠蔽されてきたのでしょうか? なぜ他の科学者はこのことを論じないのでしょうか?
 
この論文で注目すべきもう一つの点は、中国農業科学院ハルビン獣医研究所のXin Yinが編集したものであることです。さらに、同学院のJitao Changが査読しています。これは中国がModernaに丸投げしているのだろうか? もし何か下心がないのなら、なぜ中国はこの情報の公開を許可したのだろうか?
 
SARS-CoV-2がどこから来たのか、その答えにますます近づく素晴らしい記事である。
————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

[YouTube]「ラ・カンパネラ」をアンパンマンピアノで弾いてみた!

読者の方からの情報です。
玩具のピアノで
まさかのクオリティ!ブラボー!
(Sakura)
盛り上がるバイキンマンと、ハラハラするアンパンマンを
絶妙のカメラワークが捉える!
(まのじ)
————————————————————————
ついに限界突破!?「ラ・カンパネラ」をアンパンマンピアノで弾いてみた! - リスト - La Campanella - Listz - クラシック - CANACANA
配信元)

米欧がロシアへの経済制裁を表明「SWIFT排除」「ロシア中央銀行への制限措置」〜 苫米地氏「影響は限定的、むしろグレートリセットの始まりに見える」

 「米欧がロシアへの経済的制裁を行うことで合意した」という報道がネット上に現れたタイミングで、Sho-Momo様からZeroHedgeの記事「EUと米国、『選択されたロシアの銀行』をSWIFTから追放し、ロシア中央銀行を制裁することに合意」の翻訳が届きました。国際銀行間の送金・決済システムSWIFTからロシアの「特定の銀行」を排除すること、さらに、その排除の影響を緩和させるようなロシア中央銀行の介入を制限する措置も課すと表明しています。しかしロシアのどの特定の銀行なのか、ロシア中央銀行への制限的措置がどのようなものになるか明らかではないため、その影響ははっきり示されていません。「大規模な銀行取引とドル化を引き起こし、急激な売り浴びせと外貨準備の流出、そしておそらく、ロシアの金融システムの完全な崩壊につながるだろう」と述べるエコノミストがある一方、苫米地英人氏のツイートが参考になりました。ロシアはかつてクリミア併合時にSWIFT排除の脅威にさらされたことから、ロシアと旧ソ連邦一部をカバーする決済システムSPFSを構築し、すでに稼働しています。さらに中国がSWIFTに対抗して稼働している国際決済システムCIPSがロシアの銀行を排除しなければ、国内外ともに中・長期的な影響は限定的ではないかと見ています。苫米地氏は、むしろロシアのSWIFT排除は「グレートリセットの始まりにも見える」と述べていました。2024年の日本の新札導入に合わせてタンス預金100兆円の「吐き出し」をさせ、預金封鎖の可能性をも示唆していました。
(まのじ)
————————————————————————
配信元)



» 続きはこちらから

22/02/21 フルフォード情報英語版:米国だけではなく西洋全体が経済的にも道徳的にも破綻している

 2月21日フルフォード ・レポート(英語版)です。ロスチャイルド家やロックフェラー家などのハザール・マフィアのトップが破産したため、英国王室が毎年人間の生け贄を捧げていた動画がMI6に届いた。MI6によると、彼らは脅迫で権力を保持するために、すべての政府機関のすべての絵画にはカメラがついている。これが汚職撲滅が難しい理由。
 カナダ議会の議長が、国会議員からの政府内の誰がロスチャイルドの世界経済フォーラムのために働いているのかという質問に答えなかった動画あり。
 先週末【2月の第3週】ロスチャイルドとロックフェラーの高官たちがベルリンに集まり、破綻への対応としてウクライナでの戦争を派手に主張。彼らがアルバニア人らの傭兵を雇う理由は、正規の米軍を使えないから。米軍はFRBの破産を救済するためにロシアと戦争を始めない。CIAによるとロシアはイスラエルの強力な組織の頭を破壊する。ウクライナ政府は暗号通貨を合法化。ホワイトロック・マネジメントの創業者によると、これでウクライナに世界中の暗号投資家がスピーディーにやってくることを期待している。
 カナダ秘密情報局が世界経済フォーラムのために働いているカナダ政府のリストを紹介。トルドー首相は合法的な首相ではないということで逮捕、自宅軟禁中。渡航、報道・公開を禁止。パスポートも取り消し。竹下先生の記事に「カナダのジャスティン・トルドー首相は、既に消えているようです。」確かに体外のチャクラ測定不能。
 私たち全員が個人的に直接行動を起こす必要があるとし、フルフォード氏自身は日本外国特派員協会の理事会を311の福島大量殺人事件の隠蔽参加したため戦争犯罪、マスク着用強要、プレスイベント参加拒否されたことでの経済的損失で刑事・民事の両面から告発予定。
 有名な弁護士であるライナー・フェルミッシュ博士は、アンソニー・ファウチ、世界保健機関(WHO)事務局長のテドロス・アダノム、ビル・ゲイツ、ブラックロック、ファイザー&クリスチャン・ドロステンを起訴。【ユリシスさんの記事に、この弁護士はジョージ・ソロスと深いつながりのある人物として正体が書かれています。】習近平も偽パンデミックに関与していることが中国本土で拡散される許可が出た。東西の秘密結社は、人類が解放されるまで戦い続ける。
(popoちゃん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フルフォード情報英語版:米国だけではなく西洋全体が経済的にも道徳的にも破綻している
投稿者:ウィンドランダー 

MI6: 英国王室が最近まで毎年人間の生け贄を捧げていた証拠ビデオを入手


It is not just the US but the entire West that is bankrupt: both financially and morally “What do you do if a public figure you know of as a nice old lady has chopped a child’s head off, drunken their blood and eaten their heart?” responded a top MI6 figure when asked why Queen Elizabeth II had “tested positive for Covid” i.e. been arrested. エリザベス2世が「Covidの陽性反応」、つまり逮捕された理由を聞かれたMI6 【《英》軍事情報活動第6部】の幹部は、「あなたが知っている素敵な老婦人のような公人が、子供の頭を切り落とし、血を飲み、心臓を食べたとしたらどうしますか?」

We heard before from a cousin of the Queen that the British Royals (until recently) had annual human sacrifices at Balmoral Castle. Now we know the details because video evidence of this has been given to MI6. 以前、女王のいとこから、英国王室が(最近まで)バルモラル城で毎年人間の生け贄を捧げていたという話を聞いた。その証拠となるビデオがMI6に提出されたので、詳細を知ることができた。


ロスチャイルド家やロックフェラー家などのハザール・マフィアのトップが破産したので秘密が明かされている


The reason this is coming out now is that the Rothschild family and other top Khazarian mafia bosses like the Rockefellers have gone bankrupt. They have been pulling out all their blackmail cards, such as the one they had against the Queen, in a desperate bid to stay in power. “It is a compromise and control mechanism and it exists worldwide,” says MI6. “Every painting in every government office has a camera in it,” MI6 continues, explaining why it is so hard to “drain the swamp.” 今になってこのようなことが明らかになったのは、ロスチャイルド家やロックフェラー家などのハザール・マフィアのトップが破産したからだ。彼らは、権力を維持するために、女王に対して持っていたような、あらゆる脅迫カードを取り出している。「これは妥協とコントロールのメカニズムであり、世界中に存在している 。」とMI6は言う。「すべての政府機関のすべての絵画にはカメラがついている。 」とMI6は続け、「汚職撲滅 」が難しい理由を説明している。

“A lot of people are forced to do it with a gun to their head” the source continued while noting that “A lot of the worlds’ military has also taken part in human sacrifice.” 「多くの人が頭に銃を突きつけられて強制的にやらされている」と情報源は続け、「世界の軍隊の多くも人間の生け贄に参加している」と指摘した。

This explains why I saw a look of sheer horror on the faces of George Soros and Paul Wolfowitz when I asked them about the families that own the Federal Reserve Board. They must have been recalling their own bloody initiations into the top ranks of power. ジョージ・ソロスとポール・ウォルフォウィッツにFRB(連邦準備制度理事会)のオーナー一族について尋ねたとき、彼らの顔に恐怖の表情が浮かんだのはこのためである。彼らは、自分たちが権力の頂点に立つための血まみれの儀式を思い出していたに違いない。


カナダ議会:議員の質問に答えなかった議長


It also probably explains why the speaker of the Canadian House of Parliament was too scared to answer a question from an MP about who in the government worked for the Rothschild’s World Economic Forum (see below later in the report for the answer). また、カナダ議会の議長が、国会議員からの政府内の誰がロスチャイルドの世界経済フォーラムのために働いているのかという質問に、怖くて答えられなかった理由もおそらく説明がつく。

Video Player 00:00
00:56
Even Canadian elected officials aren’t allowed to question the World Economic Forum ties to Canada’s Parliament – Prepare For Change カナダ選出の議員でさえ、世界経済フォーラムとカナダ議会との結びつきを疑問視することは許されない - Prepare For Change

» 続きはこちらから
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 27