独逸の伯林で見た、聞いた、感じた社会問題、教育問題 ~第89楽章 あまりにも無知である・・

 7月になり、2021年の後半がスタートしました。ベルリンから何を書こうか・・やはりワクチン問題になってしまいます。

 ベルリンのワクチン接種率、多くの方が1回目を終了していますので、宗教学講座 中級 第66回スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文の解説3(前半)にて解説されていたように、ベルリンでも、「ゾンビ・ アポカリプス(ゾンビによる世界の終末)」の序章がはじまっていると言えるかもしれません。
 暑くなってきましたので、窓をいつも開けていますが、救急車のサイレンが1日に数回聞こえます。以前は救急車のサイレンなど聞こえなかったのに・・これもワクチン接種の増加のせいでしょうか・・。
 ギリシャではワクチン接種をした若者に150ユーロを支給するという制度もあると聞きました。なんというひどい制度でしょう。
 息子の友人の中でも、純粋ドイツ人は接種してしまっていますが、ロシア系、アラブ系など移民系友人は気づいていて、接種しないとのこと、親も危ないとわかっていると聞きました。きっと、ロシア系、アラブ系ニュースの方がドイツの主流メディアよりまともな情報が流れていると感じました。
 本当に、メディア支配がどれだけその人に影響しているのか?によって違ってくることがわかりました。テレビを家の中に設置するだけで、電気代が高くなりますし、映画もドラマも長々と時間の無駄ですので、テレビは手放したほうがよいと思いました。
 そんな中で、ドイツ全体が欧州サッカー開催中にLGBTを推進するレインボーカラーに覆われてしまっていますが、ペドフィリアとの関係にまでは、気づきが及んでいないことがわかります。
(ユリシス)
————————————————————————

今、ワクチンが踏み絵になっている


最新の映像配信を拝見して、あなたならどうするの? 今、ワクチンが踏み絵になっている・・ワクチンを打つ時点で頭がおかしい・・との解説で、今、すぐに見ておかなければいけない内容でしたので、本当に多くの方が映像配信を見て、気づいてほしいと思いました。

息子の移民系友人が気づいていたことから、やはり、大手メディア信仰者、野心のある方、上層部であると思っている方、偉そうな視野が狭い方を中心に、それに寄生する、長いものにまかれろ系の方々がワクチン接種をしている場合が多いような気がしました。

そんな中、いらっとするレインボーカラーがベルリン中心部の駅にも登場。


LGBTに対して、多くの方が、差別をしない・・という意味で良いものだと思わされ、こちらの記事も、そのような観点からサッカーとLGBTについて書かれています。LGBTが民主化の寛容と多様性と語られていますが、ペドフィリア合法化と関係していることを知ったら、どれだけ驚くことでしょう。本当にこの世の中は普通の人が悪い方へ導かれる仕組みが作られていると驚愕してしまいます。LGBTに反対しているハンガリーや東欧系、アラブ系の方が悪い影響を受けていない、まだましであることがわかります。


注目のコロナ記事


さて、コロナ記事から、注目をした内容を取り上げてみます。

https://unser-mitteleuropa.com/neueste-infos-zum-corona-wahn-aktualisierung-taeglichneue-infos-zum-corona-wahn-aktualisierung-taeglich/

7月2日から5日までの記事の大事なポイントを取り上げてみます。

ワクチン接種モルモットになることに反対する人が増えている。
接種拒否者はワクチンを安全だと感じていません。ワクチンを継続的に接種しなければいけないことを知っています。

・ローターバッハは、予防接種拒否者に対して罰金を科すと脅迫

SPDの健康の専門家カール・ローターバッハは、ワクチン廃棄を防ぐために、ワクチン接種に懸念があった人たちに対して、拒否をすると罰金であると脅迫して、ワクチンを打たせてしまいました。

・製薬業界やパンデミックの受益者にとって、もたらされる利益、数十億ドルは増え続ける必要がある。ワクチン効果がないほど、さらなるワクチン接種が必要になります。

ワクチンは効果なし。したがって、ワクチン接種を受けた人の検疫も行われます。
デルタ変異種は、真実を冷静に明らかにします。変異種は、今後のワクチン需要のために、恐ろしい戦術として推進されます。新しい研究によると、2回接種した人は、接種していない人よりも8倍高い死亡率。また、英国からの報告によると、Covidで死亡した62%がワクチン接種を受けています。 多くの人が早々と接種しているイスラエルでさえ、コロナ収束には向かっていません。

こちらの記事には、変異種について書かれています。

https://unser-mitteleuropa.com/public-health-england-geimpfte-menschen-sterben-dreimal-haeufiger-an-der-deltavariante/


デルタ変異種について、英国政府は、すでにワクチン接種を受けた人は、ワクチンを受けていない人よりも3.25倍死亡する可能性が高いことを認めています。

デルタ変異種で死亡した50人が2回のワクチンを接種していました。ワクチン接種した27,192人のうち合計70人が死亡し、これは0.26%の死亡率に相当。一方、ワクチン未接種の53,822人のうち44人が死亡しました。これは0.08%の死亡率に相当。
接種を受けていない場合、変異種で死亡するリスクが非常に小さいことを示しています。

一方、接種を受けた人は、接種を受けていない人よりも、変異種で死亡するリスクが600%高くなります。未接種の人々よりも2回ワクチン接種の死亡率が6倍高い。
ワクチン依存性抗体増強(ADE)が免疫系の損傷を引き起こし、接種を受けた人は病気になりやすくなる。ワクチン接種キャンペーンは、変異種が優勢になる速度を加速させる。

Author:Matthew Prior[CC BY-SA]

この記事は、イスラエルの保健当局からの報告であり、イスラエルでのデルタ変異種に感染した成人の半数以上がワクチンを接種しています。「イスラエルでデルタ変異種に感染した成人の約半数は、ファイザー社のワクチン2回接種です」とウオールストリートジャーナルは書いています。

したがって、デルタ変異種はワクチン接種を受けた人々にとってより危険です。しかし、大手メディアと政治家はワクチン接種を受けるように推奨。ジョー・バイデンは、デルタの変異種の口実を利用して、アメリカ人に接種をするように推奨。アンソニー・ファウチはアメリカ人に接種を受けるように促し、さらにデルタの変異種を使って人々を怖がらせています。

ワクチンでも、LGBTについてでも、ほとんどの人が大手マスコミや権威の情報に揺さぶられてしまっています。ドイツでもノーベル賞を出している研究所などもありますので、まさか、誤った推奨をするわけがないと思わされ、ワクチンをすれば大丈夫であると思わされてしまっています。

また、イギリスではマスクをしなくても大丈夫になりましたので、ワクチン接種者が変異種に感染爆発になりそうな・・恐ろしい事態です。ドイツでマスクをしなくてもよいとなったとしても、この状況下ではマスクは手放せないかな・・。


人間はあまりにも無知である


最新の映像配信では、人間はあまりにも無知である・・と解説されていましたので、ソクラテスの無知の知を思い出して、プラトンの映像配信を見ることにしました。
 ・宗教学講座 初級 第189回プラトンの哲学(無知の知)
 ・宗教学講座 初級 第190回プラトンの哲学(イデア)

プラトンの青銅像

ソクラテスが当時のソフィストたち(哲学者たち)を皮肉こめて「人間並み以上の知」であると言いましたが、本当の知者が誰であるかをプラトンに教え、プラトンは本当に知らなかったことを知ったとのこと、ソクラテスは、西洋においてはっきりと悟りを得た人とのことでした。

このギリシャ時代のソフィスト達(哲学者達)とは、つまり、悟りを得ていない今の時代の権威のある方々といえるかもしれません。悟りを得ていたら、御用学者にはならないでしょうし、治験の行われていないワクチンを推奨することはないでしょう。

プラトンでさえ実際に見ていないと語られていたイデアの世界。ワクチンをしてしまえば、イデアの世界にたどり着くことはできなくなりそうです。

ワクチンを避けて、ヤマ・ニヤマを守り、ガヤトリーマントラの除霊と浄化を毎日行っていきましょうね!

愛に満ち溢れていることがわかること、なんと美しいのでしょう
言葉はいらない。そのままでいい。
カリール・ジブラン


Writer

ユリシス

東西冷戦時代を身近に感じられるドイツの首都在住。豪州の出会うと幸せになれると言われる、めったに出会えない青い蝶、ユリシスがいる、(ほとんど毎日会っていた!)トロピカルな街から移り住みました。世界に国境はない、人種も言語も関係なく、心で通じ合えるが信条。英、独、インドネシア語を学びました。1985年の人民服を来ていた時代の上海、1988年のベルリンの壁、1992年のインドネシアの民主化運動を目の当たりにする。
現在、東洋医学セミナーを勉強中。体癖はたぶん、2−8かな?しかし、3、5、10も入っているような気がする。

わかりやすく、音楽のように流れるような、軽快な文章をお届け出来ればと思います。小学生でもわかるように簡単で、本質をついた内容に努めてまいります。



Comments are closed.