アーカイブ: 秘密宇宙プログラム

[Sphere-Being Alliance]コズミック・ディスクロージャー: 視聴者からの質問パート1

竹下雅敏氏からの情報です。
 秘密宇宙プログラムに関与していたコーリー・グッド氏への質疑応答です。大変面白い内容だと思います。
 この中で、高度な科学技術を有していたナチス・ドイツがどうして戦争に負けたのかという質問の、かなり本質的な回答がコーリー・グッド氏によって与えられています。確かに当時のブリル協会の人たちは、ドイツが戦争に勝つか負けるかなど何の関心も持っていませんでした。ただ、敗戦が濃くなったことで、自分たちの目標達成に延滞が起こることを気にしていただけです。
 コーリー・グッド氏が言う“彼らが負けたとは思えませんね”という言葉の意味は、第二次世界大戦後、南極へと逃れた彼らが戦後どのように国際社会に関わったかということを知れば、よく理解出来ます。
 これらのことは、このデーヴィッド・ウィルコック氏のコズミック・ディスクロージャーのシリーズの中で、詳しく語られています。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
コズミック・ディスクロージャー: 視聴者からの質問パート1:シーズン2、エピソード13
転載元より抜粋)
cd_s2_ep12_viewer_question_pt1_cvr_specialQA

DW:「コズミック・ディスクロージャー」にようこそ。私は司会のデイヴィッド・ウィルコックです。コーリー・グッドを迎え、秘密宇宙プログラムについて話しています。今回は、皆さんからの質問を印刷して持ってきました。

初めの質問はbanjoman1437からです。我々のいる星団が高次振動地域へ入域している、ということですが、実際、銀河に高次振動域が元々あって私達の星団は物理的にその中へ移動しているのですか?

CG: YESです、銀河の中心から常に大規模な光線が放たれています。銀河は巨大なトーション・フィールド(歪み領域)です。フィールドの一部は黄道面になっていて北と南のように分かれていて、それぞれの領域がそれぞれに異なる方向へ回転しているのです。

DW: 銀河には実際のところ2種類の星があり、二重反転をしています。一つは時計回り、もう一つは反時計回りです。

CG: 我々の太陽系やここ近辺の星団は言われての通り、この巨大なトーション・フィールド内を回転しています。そして我々は銀河の異なる領域に入っていっているところです。少なくとも1930年代から、高密度の雲、高エネルギー粒子の領域にです。

DW: 宇宙プログラムの人々はその雲のサンプルを採取してきたと。そのお話しをしていただけませんか、驚きの内容でしたからね。

CG: 彼らは長時間、惑星間飛行体に乗って移動したんです。

DW: 彼らは雲の中まで飛んで行ったのですか?

CG: 雲のフィールドまで、ぎりぎり近くまで行ったんだと思います。

DW: NASAが公に認めましたね。我々は「ローカル・フラッフィー」(ふわふわしたもの)という雲のようなもの中に入っていっていると。

CG: 遅くとも1930年代から、その雲の小さなリボン状のところに入っています。

DW: そうですね。このエネルギー・フィールドに入ってゆくと、人の行動に問題が出てくることは?

CG: 行動面や精神面で問題が表れます。彼らはこの周波数やエネルギー・フィールドもテストしたんです。秘密裏に人々をこのエネルギーにさらしていたんです。

DW: かなり道理に反する行為ですね。その人達はどうなったんですか?

CG: その人の両極性によって結果は異なりました-- その人がどういう人か、によって結果は異なる。もしソルジャー(兵士)的・猟奇的な人だと、精神が破綻します。潜在的に精神疾患を持っている人はそれが顕著に表れます。その人の両極性が表れる。かつてないほど、本質が表面化するんです。

» 続きはこちらから

[嗚呼、悲しいではないか!]フルフォードレポート英語版(12/29) 〜コズミック・ディスクロージャーは最先端の情報〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 今回のフルフォードレポートは、今年1年の出来事をざっと振り返っています。
 興味深いのは文末部分で、米軍運営のラジオ局において、米宇宙指令の宣伝をしていたとのこと。フルフォード氏によれば、“おそらく開示の人々は正しく、秘密の宇宙計画は押入れから出ようとしている”とあります。
 コーリー・グッド氏などの秘密の宇宙プログラムでかつて勤務していた人々の暴露情報を、フルフォード氏は正しい情報であると言っているわけです。今や、デーヴィッド・ウィルコック氏のコズミック・ディスクロージャーは最先端の情報だということです。興味のある方はご覧下さい。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――
フルフォードレポート英語版(12/29)
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[D・ウィルコック]秘密宇宙プログラムに20年間勤務していた、コーリー・グッドの情報開示 【後半】

 昨日の続きです。
 今回も年齢退行(若返り)や四肢復元の話が出てきますが、どうしてそのテクノロジーを人類に解放しないのかという問いに対して、やはり支配層以外には"豊かさではなく欠乏を"という精神構造のようです。
 本日公開された宗教学講座では、140歳を過ぎても20代前半の美貌を保っている女性チャネラーが写真付きで紹介されていますが、その女性の波動は最悪のようで、心が浄化されていない状態で、そうした技術の恩恵を受けても、悪事に利用されるだけなのが分かります。
 人類が心の浄化に取り組み、正しい世界観を共有すること抜きに、真の発展はあり得ないのだと思います。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
秘密宇宙プログラム
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

[D・ウィルコック]秘密宇宙プログラムに20年間勤務していた、コーリー・グッドの情報開示 【前半】

 とても興味深い内容でした。要約したものを二回に分けて掲載します。
 秘密宇宙プログラムに20年間勤務していたというコーリー・グッド氏が、情報開示してくれています。読んでいただくと、ワープ、タイムトラベル、若返り、再生医療などの科学技術が既に存在していることが想像つくと思います。
 秘密宇宙プログラムについては、こちらのコブラ情報が参考になりました。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
秘密宇宙プログラム
記事配信元)
本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。
1 2 3 4 5 6