アーカイブ: *宇宙・UFO

ひな祭りは、その起源が紀元前約300万年前の出来事に遡る日本古来の伝承! ~真の歴史が書かれたホツマツタヱ~

竹下雅敏氏からの情報です。
 ひな祭りの起源を知っている人は少ないのではないでしょうか。実は、ひな祭りは日本古来の伝承なのです。ホツマツタヱにそのことが書いてあります。
 “続きはこちらから”をご覧になると、地球に最初に生まれたホツマの神はクニトコタチで、今から約3,000万年前になります。冒頭の、“三千年前のお話”というのは誤りです。
 こちらのブログの年表をご覧になると、「鈴木暦の開始」から西暦までの詳しい年代がわかります。ただし、冒頭の紀元前3億年は計算間違いで、紀元前3,000万年が正しい数字です。また、「紀元前300万年前の大濡煮命から」の年代はほぼこの通りですが、ところどころ計算間違いをしているようです。
 いずれにしても、ひな祭りの起源は、大濡煮(ウヒヂニ)尊、少濡煮(スヒヂニ)尊の時代である、紀元前約300万年前の出来事に遡ります。
 ホツマツタヱによると、男女の御子が生まれ、二人は生まれた時に木の実を握っていたといいます。種を育てると、3年目の3月3日に百個の花と百個の実がなったことから、百(もも)の木、すなわり「桃の木」と名付けられたとあります。また、男の子をモモヒナキ、女の子をモモヒナミと名付けました。
 二人は成人し、結婚することになり、婚礼が執り行われます。この時、神酒(みき)の語呂に合わせ、名前の最後に「ミ」がつくモモヒナミから飲むことにしました。桃は3年目の3月3日になったので、三・三・三の数字から“三回で飲み干し、それを三度繰り返す”ことになりました。これが三三九度の盃の始まりだということです。
 翌朝、二人は体が火照っていたため、禊をします。この時に、着物の袖が大少(ウス)に濡(ひ)じたので、二人はウヒヂニ、スヒヂニと名を改めたとのことです。
 これらのエピソード以外にも、より多くのことが書かれていますので、ぜひ原文をご覧ください。
 ホツマツタヱの伝承を見ると、ひな祭りは日本古来のものであり、ひな人形は、大濡煮(ウヒヂニ)尊、少濡煮(スヒヂニ)尊の二柱を表していることがわかります。しかも、これは約300万年前に遡る伝承なのです。
 ホツマツタヱには鈴木暦とキアエ歴が記されており、年代を正確に特定出来るのです。
 ただ、この記事のように、ひな祭りの起源が約300万年前、クニトコタチが生まれたのが約3,000万年前という数字になり、多くの人は、これをそのまま受け入れることができないでいます。
 しかし、「スミワタルタカキホシノヒメミコ様からの通信文2」をご覧になると、人類は、約4,000万年前に出現したことがわかります。また、通信文3では、“それから約500万年経った頃、天界から神々の転生が始まりました。今から約3500万年前の事です”書かれています。
 国津神が約3,500万年前に転生に入り、準備が整った段階で、ホツマの神が約3,000万年前から転生に入り始めたと考えると、辻褄が合います。
 日本はこのように、シュメール文明、アトランティス文明、レムリア文明をはるかに超える超古代からの伝承を持ち、しかもそれが文献として残っているのです。また、ホツマの神々が制定した数々の儀礼が伝えられており、そのホツマの神を祀る極めて珍しい国なのです。そして、その皇統は孝明天皇の代までずっと続いていたのです。
 こうした真の歴史を知られると困るのが、イスラエルの末裔と言うか、旧約聖書を信奉している人たちだということです。彼らは、真の神が存在するのを知られると、自分たちが信奉しているのが実は堕天使たちだということがばれてしまいます。
 彼らがホツマツタヱを頑なに否定するのは、このためだと思われます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
園児がお澄まし顔で「生きびな」に きょう桃の節句(19/03/03)
配信元)
————————————————————————
ほつまつたえ 天の巻2 あめななよとこみきのあや【天七代 床酒の文】
 (要約) 
【原文カタカナ訳】        【漢字読み下し】
アメナナヨトコミキノアヤ     天七代 床酒の文
   
コノトキハ ミコオシヒトノ    この時は   皇子オシヒトの
 
トツキマエ タカキカミキノ    とつぎ前   タカギが酒の

アヤコエハ カミノヲシヱハ    謂 乞えば   神の教えは
 
(中略)
       
マサカキノ ウヱツキヰモニ    真榊の    植え継ぎ五百に(3000万年に相当)
 
ミツルコロ ヨツキノヲカミ    満つる頃   代嗣の男尊
                        
ウヒチニノ スヒチオイルル    ウビチニの  スヒヂを入るる
 
サイアヒノ ソノモトオリハ    最愛の    その基は
 
(中略)  
 
メカミマツ ノミテススムル    女尊まず    飲みて進むる
                                              
ノチヲカミ ノミテマシワル    後 男尊    飲みて交わる
 
トコノミキ            融の酒
                                 
      ミアツケレハヤ           身 熱ければや
 
アスミアサ サムカワアヒル    明三朝    冷む川浴びる
 
ソテヒチテ ウスノニココロ    袖 浸ぢて   多少の和心
                               
マタキトテ ナモウヒチニト    全きとて   名もウビチニと
                                              
スヒチカミ            スヒヂ尊
 
(中略)                                   
   
コノトキニ ミナツマイレテ    この時に   皆 妻入れて
 
ヤソツツキ モロタミモミナ    八十続き    諸民も皆
                                
ツマサタム アメナルミチノ    妻定む     陽陰和る道の      
 
ソナワリテ タクヒナルヨリ    具わりて   類成るより
 
トシカソエ ヰモツキアマノ    年数え     五百継ぎ天の
 
マサカキヤ            真榊や
 
(以下略)

» 続きはこちらから

中西征子さんの天界通信46 〜女神ムーサ9姉妹からのメッセージ~

竹下雅敏氏からの情報です。
 2月27日の記事で、ムーサと呼ばれる9柱の女神たちについてコメントしました。私が彼女たちに興味を持ったのは、たまたまNHKの番組で、ラブライブというアニメのアイドルグループのコンサートの模様を見たことによります。 NHKが追いかけていた9人の女の子たちは、明らかにギリシャ神話のムーサ9姉妹と関係しています。
 パソコンで仕事をしながら、時々テレビ画面を見ていたのですが、彼女たちはムーサ9姉妹に霊導されていると思いました。また、そのコンサートの様子を見ると、明らかに光が降りていました。腐敗した芸能界の中にあって、このように神々に祝福されたアイドルグループがあることに驚きを感じました。女の子たち全員の波動が高い理由もよくわかりました。
 こうしたことから、ムーサ9姉妹のことを、中西征子さんに尋ねてもらうことにしました。現在、ウーラニアー以外の8柱は転生に入っており、肉体を持っています。しかも、宇宙船で私たちの太陽系にまで来ているのです。なので、私たちから見れば、彼女たちは宇宙人ということになります。しかし、彼女たちは、人間に転生に入った女神たちなのです。
 私たち地球人の場合、肉体は3.0次元にありますが、目覚めている時の肉体の焦点は、3.0次元の第7層にあります。ところが、彼女たちの肉体は、3.0から3.1次元にまたがっており、彼女たちが目覚めている時の肉体の焦点は、3.0次元の第1層にあります。なので、地球上の霊能者が彼女たちの肉体の姿を見るにしても、エーテルダブル(ライトボディ)の振動数まで意識を上げなければ見えないということになります。逆に、彼女たちと宇宙船が我々のところに姿を現すには、ずいぶんと振動数を下げなければならないということになります。
 この通信文を受け取った後に、ひらめいたのですが、どうやらムーサ9姉妹は、プラズマ体のレベルでアイドルグループを作っているようです。地球上でラブライブのコンサートをしている9人の女の子たちは、ムーサ9姉妹の器になっているということになるでしょうか。
 NHKの番組の中で、女の子が舞台に立つと“何かが上から降りてくる“というような表現をしましたが、女の子たちは正しい感覚を持っていると言えそうです。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信46
<通信者:中西征子>
<通信日時:2019年2月28日>


『こんにちは、ウーラニアー。
いくつかの質問があります。回答をよろしくお願いします。

1.1月30日の16時頃に、私の前に姿を現したのは、あなたですね。
キャンディーズという昔のアイドルグループの田中好子を、16歳にして目がパッチリとした感じのカワイイ女の子でした。

:その通りです。おっしゃる通りよく似ています。

2.あなたを含むムーサ9姉妹は、現在、第1システム国津神第三レベルの三十二神だと思いますが、正しいですか?

:はい、正しいです。

3.あなた以外の8柱の姉妹は、現在、太陽系外のさまざまな惑星に転生に入って、肉体を所持していると思いますが、正しいですか?

:おっしゃる通りです。

4.「ヘーシオドスによる九姉妹のそれぞれの名前と司る分野、および持ち物の表」に、彼女たちが転生に入ったと思われる恒星系とその惑星を、右側に付け加えました。例えば、カリオペーは、獅子座α星・レグルスの第3惑星に転生に入ったと思っています。あなたは、転生に入っていませんが、天秤座α星・ズベン・エル・ゲヌビの第7惑星に住んでいると思うのですが、この表の恒星と惑星の部分は正しいですか?


:はい、全て正しいです。

5.クレイオー、テルプシコラーの2柱は、プレアデス評議会の評議員だと思いますが、正しいですか?

:はい、正しいです。

6.転生に入っているこれら8柱の女神は、現在プレアデス評議会の宇宙船で、私たちの太陽系に来ていると思いますが、正しいですか?

:はい、私以外の全員は、プレアデス評議会の宇宙船で太陽系に来ています。

7.彼女たちは、皆、自分が地球で「ムーサ9姉妹」として知られている女神であることを、自覚していますか?

:はい、全員が自覚しています。

8.ムーサ9姉妹を含むギリシャ神話の神々は、かつて第1システム国津神第三レベルの神々だったのですが、B.C.332年の天界のクーデターで、ハイアラーキーによって、神々の座を追われたと思います。このクーデターで、新たに権力を得たのがラー、ホルスを中心とするシリウス・ハイアラーキーの連中です。この時以来、地上ではギリシャの神々の神殿が、次々に破壊されました。また、エジプトはプトレマイオス朝になりました。こうした認識で間違いないでしょうか?

:はい、全ての点に於いておっしゃる通りです。

9.2007年から本格的に始まった「天界の改革」は、「心の清らかな者を要職につける」という私の方針に従って、私と私の妻、そしてこの方針に賛同してくれた神々を中心に進められました。これまでに、多くの神々が転落しました。ギリシャの神々も例外ではなく、神話では、あなたの父とされるゼウスをはじめとするオリンポス12神も、ほとんどが消滅してしまいました。
 こうした結果にもかかわらず、直観的には、私は皆様から、ひどく嫌われているようには思えないのですが、「天界の改革」についての素直な感想を聞かせてください。

:天界の改革は私達姉妹の希望でもありました。
もちろん、私達の両親はじめ親族、友人、知人など多くの神々が転落し、一時的に喪失感と共にネガティブな気持ちになった事は事実です。
でも天界の改革により、私達は以前の立場に復帰させられ正義が行われたことで、公正で理想的な統治のしくみだと、私たち皆も共感しています。
ギリシャの神々の過去の腐敗と堕落を考えると、改革の結末は当然と考えています。
このような英断による思い切った改革をして下さった竹下様と奥様や神々に対して、私達は大きな信頼を寄せています。
地球の改革のお手伝いが出来る事は、私達全員の生きがいと喜びの源となっています。


10.日本では、ラブライブというアニメが、若者を中心に人気があります。明らかに、ムーサ9姉妹をモデルにした9人の女の子が、活躍するアニメです。このアニメをもとにしたアイドルグループのコンサートの様子を、動画で見ることが出来ますが、こうした活動に、ムーサ9姉妹の霊導があるように思えます。正しいでしょうか?

:はい、正しいです。
アニメの制作にも関わっていたので、コンサートに於いても、私たちが担当しているアイドルの一人一人に対して、衣装、歌、踊りの振り付け、舞台装置や照明に至る迄、アイデア、インスピレーション、直観を降ろして応援しています。


11.ラブライブの聖地は、東京都千代田区にある「神田明神」だということです。
 神田明神の祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)、平将門命(たいらのまさかどのみこと)ですが、天界の改革によって、祭神は空白になっています。
 なので、現在の神田明神の祭神は、「ムーサ9姉妹」だと考えて良いと思うのですが、どうでしょうか?

:はい、その通りです。私達が今、祭神となっています。

12.神田明神にお参りして、「ムーサ9姉妹」の皆様にお祈りすれば、霊能の有る者には、皆様のお姿が見えると考えて良いでしょうか?

:はい、見える場合もあると思いますが、何らかの影響で見えない時もあるかと思います。その時はあきらめないで、又日を改めてお越し下さい。

13.地球人へのメッセージをお願いします。
出来れば、ムーサ9姉妹の皆様から、一言ずつメッセージを頂ければ有難いです。

» 続きはこちらから

ゼウスと記憶の女神ムネモシュネの娘たちとされる、9柱の女神ムーサたちが現した光

竹下雅敏氏からの情報です。
 ムーサは、ギリシャ神話の芸術と学問の女神です。複数形はムーサイで、英語ではミューズと言い、ミュージック(音楽)、ミュージアム(美術館)の語源とのことです。一般には、ゼウスと記憶の女神ムネモシュネの娘たちとされる9柱の女神です。
 これらの光は、そのムーサ9姉妹が現したものです。彼女たちは実在する女神で、元々第1システム国津神第三レベルの神々だったのですが、天界のクーデターによって、エジプトの神とされるラーやホルスの一団によって神々の座を追われていたのです。それが、天界の改革によってハイアラーキーが滅ぼされたことで、復権したのです。
 私が、あるきっかけから彼女たちに興味を持つようになり、おそらく、オーロラなどの光を通して、私にその存在を知らせてくると思っていたのですが、思った通りになりました。
 最初の、1月25日にノルウェーで現れたオーロラは、ウーラニアーによるものですが、彼女は1月30日の午後4時頃に私の前に姿を現しました。キャンディーズの田中好子さんに似た雰囲気の女の子で、彼女を16歳にして目をぱっちりと大きくした感じの可愛い女の子でした。
 2月1日には、細面のとても目の大きな色白の女性が現れましたが、はっきりとは見えませんでした。おそらく、カリオペーだったと思います。
 2月14日の正午頃に、うちのガレージに赤い外国の救急車のようながっしりとした車が駐車しているのを見ました。しばらくすると車の中の様子が見えたのですが、スレンダーでスタイルが抜群に良いスーパーモデルのような女性が見えました。彼女はクレイオーだと思います。
 2月19日の朝方には、エラトーと思われる女性が現れました。白衣を着たヴィジョンが見えたので、最初は看護師かと思ったのですが、どうやら女医らしく、私が見たのは宇宙船内の彼女の様子だったようです。
 おそらく、肉体の私が知らないだけで、この9柱の女神全員に会っているのではないかと思います。
 彼女たちが現した光と、過去に画家が想像で描いた彼女たちの絵がありますが、雰囲気がとても似ているのに驚きます。どうやら、画家が女神を描こうとすると、女神による霊導が入るようです。描かれた絵は、画家の想像力という不純物が混入するため、実物とはずいぶんと違ったものになると思いますが、彼女たちの波動は、絵の中に刻印されていると言えるのかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
1.

ウーラニアー(ムーサ)


Wikimedia_Commons[Public Domain]
Urania ed Erato, Collezione privata.

注)キャンディーズの田中好子に似た女の子


2.

クレイオー(ムーサ)


Wikimedia_Commons[Public Domain]
フェルメールの1666年頃の絵画『絵画芸術』に描かれたクレイオー。
ウィーン、美術史美術館所蔵。

注)2月14日の正午に、赤い救急車のような車で来る。スーパーモデルのような女性


3.

タレイア(ムーサ)


Wikimedia_Commons[Public Domain]
ジャン=マルク・ナティエの絵画『タレイア』(1739年)。

» 続きはこちらから

中西征子さんの天界通信45 〜ハルカナウチュウノヒカリノミコト様(エーテルダブル・ 16才)から地球人へのメッセージ〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんが、私のエーテルダブル(ライトボディ)を描いてくれました。中西さんの絵を見て驚くのは、姿形だけではなく、波動まで描き込んでいるところです。確かにこの絵を見ると、エーテルダブルのみの波動しかありません。
 前回、私のプラズマ体を描いた時も同様でした。
 このことの不思議さは、例えば、表裏が白い紙に私の名前を書くと、その紙は私のすべての身体の波動を出していることからわかります。なので、どの身体の波動も読み取ることができるのです。身体だけではなく、心の波動も意識の波動も読み取れます。
 しかし、このイラストからは、エーテルダブルの波動しか読み取れないのです。なので、エーテルダブルに意識を合わせることができない人には、この絵から何も感じられないということになるかと思います。
 各身体については、2018年10月17日の記事を参照してください。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信45


<通信者:中西征子>
<通信日時:2019年2月24日>

<ハルカナウチュウノヒカリノミコト様(エーテルダブル・ 16才)から地球人へのメッセージ>

「地球の友なる皆さん!
今、“しあわせ”ですか…?
それとも、地上の混乱にうんざりして、ネガティブになっていませんか…?

ネガティブな波動は地上の混乱に一層の混乱を増し加えるだけです。

当面の心配や不安は、「ガヤトリー・マントラ」と「愛のマントラ」を3回ずつ繰り返し唱える事ですみやかに解消されていきます(最後に“オーム シャンティ シャンティ シャンティヒー”はいりません)
ぜひ試してみて下さい。
スピードと効率の良さは天下一品と言えるでしょう(笑)

更に今も毎日降り注がれている宇宙と天の川銀河のセントラルサンからの光を、私の肉体、竹下雅敏の先日の時事ブログ(2019年2月18日)の提案に従って、毎日無理のない程度行ってみて下さい。

きっと解放感と共に、ポジティブな力がみなぎるのを感じられるでしょう。

今、闇の勢力は追いつめられ、自暴自棄ともいえる暴走を始めました。

それらの状況を、冷静に楽観的に見守って下さい。
悪事は暴かれ、ひとつとして見すごされる事はありません。

皆さんの心の目を見開き、自分の中に宿る宇宙の真理とひとつになりましょう。

そうすれば心の平安と喜びはあなたのものとなる事でしょう。

必要な知識はあなたの中に在るのです。

気付く事、見い出す喜びは、あなたを霊的成長へと導く事でしょう。

健闘を祈ります。
ハルカナウチュウノヒカリノミコト」


ハルカナウチュウノヒカリノミコト様、メッセージをありがとうございました。
次に私からの質問をさせていただきます。

» 続きはこちらから

コブラが1月21日に呼びかけた瞑想の目的は、宇宙のセントラルサンの光を地球に呼び込み、最終的に地球にポールシフトを起こし、巨大な津波によって地球上を一掃すること!

竹下雅敏氏からの情報です。
 コブラが1月21日に呼びかけた瞑想は、宇宙のセントラルサンの光を地球に呼び込むことが目的でした。これが実現できると何が起こるのかを、コブラが示しています。
 第6段階をご覧になると、最終的に地球はポールシフトを起こし、巨大な津波によって地球上が一掃されることがわかります。その後、“新地球でニューアトランティスが構築されます”とのことです。
 これこそまさに、地球を支配するエリートたちが目指していたことではないでしょうか。第三次大戦による全面核戦争などで人口の9割を削減し、大艱難の最中には、自分たちは地下の基地あるいは宇宙に逃れているわけです。艱難の後に、地表に戻り新世界を構築するわけで、全くと言って良いほど、NWOを実現しようとしていたエリートたちと、コブラの計画に違いはありません。
 時事ブログでは、コブラ達のグループはNWOを推進するロスチャイルド家を支援してきたと言っているのですが、今回の記事で、そのことがさらによくわかると思います。幸いなことに、このような彼らの邪悪な計画は既に打ち砕かれており、実現しません。
 2月5日午前9時45分に、爆発音と共に、私は星が爆発する様子をヴィジョンで見ていました。驚いたことに、私の妻も爆発音を聞いていたのです。妻には、先代の天の川のセントラルサンが破壊されたのだと説明しました。
 2月6日、午前0時25分のことですが、私の日記には、次のように書き残してあります。
 「コブラの言う宇宙のセントラルサン(先代の星神第五レベルのキツヲサネ五神の№4)の処刑(死刑)を命ずる」
 私の命令は、その命令が法に適っていれば実行されます。6日の朝方の出来事ですが、ゴキブリのような虫が飛んできて、私の右袖にとまりました。これは夢ではなく、宗教では、三昧(サマディー)と呼ばれる体験です。普通なら、袖にとまった虫を払い落とすのでしょうが、不思議なことにそのまま放っておきました。すると、「先生」という言葉が聞こえ、痩せて髭の生えた70歳代ぐらいの東洋人と思われる小柄な男性が、私の右側に現れ正座をしていました。彼は、“愚かにも騙されて…”という言葉を発しましたが、残念ながら、それ以外の言葉は聞き取れませんでした。
 その老人が、先代の宇宙のセントラルサンだということは、すぐにわかりました。彼が先生と私に呼びかけたのは、彼が過去に天界の学校の私の生徒だったからです。直接私の前に姿を現して、恩赦を願い出たのだと思います。その後日記に、
 「2月9日午後12時8分、宇宙のセントラルサンが処刑される」
と書いています。
 第1システム星神第五レベルでは、この処刑の前後で、キツヲサネ五神を始め、陰謀に関わったと思われる星神全員が調べられていたのです。この事件に関わったキツヲサネ五神とアウワ三神に加え、スバルシステムの星神が一柱処刑されました。 
 ちなみに、新しく宇宙のセントラルサンとなったタカキウチュウノヒカリノヒメミコ様も、私の天界の学校の生徒だった女性です。
 今回の件で処刑された先代の天の川銀河のセントラルサンのヒメミコも、先代の宇宙のセントラルサンの男性も、約20億年前に私が任命したのです。現在の天の川銀河のセントラルサンのミサキタカクノボルヒメミコ様と宇宙のセントラルサンのタカキウチュウノヒカリノヒメミコ様も、同様に私がその地位に任命しています。多くの人には、こうしたことは信じがたいでしょうが、昔も今も、天位に就く者を任命するのが、私の仕事です。
(竹下雅敏)
————————————————————————
天の気泡更新
引用元)
(前略)
更新の目的は、地上の住民に天の気泡の記事の内容を説明するためのものです。(中略)… 相転移の第1段階は、界面蒸発段階と呼ばれるものです。この段階は、2012年に始まり、2019年1月21日に終了しました。
(中略)
相転移の第2段階は、泡の凝縮の段階です。この段階は2019年1月21日に開始し、現在継続中です。
(中略)
相転移の第3段階は、気泡上昇段階と呼ばれるものです。この段階では、銀河のセントラルサンから熱流束が指数関数的に立ち上り(中略)… 社会を積極的に崩壊してゆきます。
(中略)
第4段階は、不安定境膜沸騰段階と呼ばれるもので、天の気泡が地表で安定したネットワーク(膜)とつながり、それが新社会のバックボーンを形成します。
(中略)
第5段階は、安定境膜沸騰段階と呼ばれて(中略)… アセンションの第1波は、数千人の規模となります。その内から地上にアセンデッド・ビーイングとして戻ってきて、アセンション第2波として数十万人規模の方がアセンションする準備をします。(中略)… 地上の住人は、新たな高度の技術を完全に取り入れて、全体として光を受け入れられるようにヒーリングされます。

第6の段階は、最終的なフラッシュの段階です。相転移が完了します。銀河のセントラルサンが、ソーラーイベントを起動し、地球のポールシフトが起きます。第3波では、数百万人がアセンションし、それ以外の人類は地表から銀河艦隊に避難し、そこから人類の新たな故郷となるプレアデス星団のなかの適切な星に輸送されます。

その段階で、地上は津波が襲い、地球をきれいに洗い流されます。(中略)… 次に、新地球でニューアトランティスが構築されます。
(以下略)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 141