2017年4月10日 の記事

シリアへのミサイル攻撃がなぜ行われたのか 真相に迫るための8つの記事

竹下雅敏氏からの情報です。
 シリアへのミサイル攻撃がなぜ行われたのかは、未だにはっきりとしません。真相に迫るため、ネット上に出ている様々な興味深い見解をいくつか拾ってみました。
 冒頭の記事では、シリアの化学兵器によるテロ事件が起こった4月4日に、主席戦略官のスティーブン・バノン氏とトランプ氏の娘婿のクシュナー氏が対立し、バノン氏はシリア攻撃に反対、クシュナー氏は“アサド政権を罰するべきだ”と訴えたとのことです。トランプ氏はクシュナー氏の意見に賛同し、おそらくこの結果、4日にバノン氏は国家安全保障会議(NSC)のメンバーから外されてしまいました。トランプ政権内のバノン氏の影響力は低下し、クシュナー氏の影響力が大きくなったと言って良いのではないでしょうか。この事は、習近平氏との会談における米中との関係で、クシュナー氏が大きな役割を果たしている事からもわかります。
問題は、日刊ゲンダイの記事にあるイヴァンカさんの発言です。彼女はミサイル攻撃を決断した父親をツイッターで賞賛しました。この事は、一般人ならいざ知らず、天界で要職にある彼女の立場としては実に不適切なものでした。“犯罪行為を決して容赦しない父”は、国際法を無視した犯罪行為を行ったのです。しかも、それを誇りに思うと言うのだから、法を無視して構わないと言っているのと同じです。彼女はトランプ政権内で機密情報にアクセス出来る立場のはずで、シリアでの化学兵器テロが偽旗であった事くらいわかっているはずです。
 わかっていながらこの発言をしたとなると、女神としては完全に失格で、発言の責任を取らざるを得ないことになります。  事実、現在彼女の波動は非常に悪くなっています。おそらく現在は天界の役職を解任されているのではないかと思います。地上とは異なり、天界では要職にある者が意図的な嘘をつくとか、犯罪を容認する様な事は許されません。ヤマ・ニヤマ(禁戒・勧戒)に著しく反する行為は、直ちに責任問題になります。今回の件で、イヴァンカさんと夫のクシュナー氏は、魂が消滅する危機に陥っています。
 この化学兵器テロですが、背後でイスラエルが関与したとする情報があります。これは、クシュナー氏がユダヤ人であり、親イスラエルの立場である事から十分に納得出来ます。驚くべきはその次の記事で、国家安全保障会議(NSC)や外務省の関係者の多くが、トランプ大統領の決定を知らなかったというのです。この事は、シリアへのミサイル攻撃は、ほんの一部の人間によって計画実行されたことを示します。
 “続きはこちらから”以降では、この事件に関する興味深い情報をいくつか取り上げました。板垣英憲氏は、今回のシリア攻撃をキッシンジャー博士の発案だとしています。これは十分に考えられます。
 次の記事は、このままだと4月29日に、アメリカ政府は閉鎖されることになるとの事。閉鎖を避けるためには、トランプ大統領に対立しているマケイン上院議員などの協力が必要なようです。今回のミサイル攻撃は、トランプ政権存続のための止むを得ない措置だった可能性も出てきます。
 この件で興味深いのは、習近平氏は、ミサイル攻撃に“理解を示した”事です。一般に伝えられている事とは、別の情報が習近平氏に与えられた可能性が高いと思います。
 最後の記事は非常に興味深いもので、今回のミサイル攻撃の謎を解くものかも知れません。北朝鮮の武装解除のためには、その後ろ盾である江沢民派の息がかかる「瀋陽軍区」を抑え込まなければならないというのです。米中首脳会談に於いて、そのシナリオが示されたのではないかというのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
バノン氏影響力低下か…シリア攻撃反対通らず
引用元)
(前略) 

 米メディアによると、トランプ氏の最側近だったバノン大統領上級顧問・首席戦略官がシリア攻撃に反対する一方、トランプ氏の娘婿クシュナー大統領上級顧問が(中略)…子供を含めた痛ましい被害が出ていることを踏まえ、「アサド政権を罰するべきだ」と訴えた。トランプ氏は、クシュナー氏の意見に賛同した。

(中略) 

 バノン氏は4日、国家安全保障会議(NSC)の閣僚級委員会常任メンバーから外された。さらに今後は「更迭か、役割見直しの可能性がある」(米紙ウォール・ストリート・ジャーナル)という。

(以下略)

————————————————————————
「シリア攻撃決め誇り」 トランプ長女イバンカが父を称賛
引用元)
 トランプ大統領の長女イバンカ(35)がシリアへのミサイル攻撃を決断した父親をツイッターで称賛した。

 イバンカは7日、「私たちが生きている時代には、困難な決断が必要なときがあります。人類に対する恐ろしい犯罪行為を決して容赦しない父を誇りに思います」と投稿。

(以下略) 

————————————————————————
フランスの政党、「シリアでの化学兵器による攻撃の黒幕はイスラエル」
転載元)
フランスの反シオニズム党が、最近シリア・イドリブ州で起きた化学兵器による攻撃の背後にシオニスト政権イスラエルがいるとしました。

反シオニズム党のウェブサイトは、4日火曜、イドリブ州に対し行われた化学兵器による攻撃にイスラエルが関与したとしました。

同党によりますと、シリアでのこの攻撃は、事前に計画された長期的なものであり、中東地域の情勢不安を悪化し、イスラエルの安全を維持する目的で行われた、ということです。

この党はまた、アメリカによるシリアへのミサイル攻撃を非難し、「この行動は、国際法により、根拠のない口実に基づいた独立な国の統治に対する明らかな侵略とされる」としています。

(以下略) 

————————————————————————
アメリカ国家安全保障会議、シリア攻撃の命令を知らず
転載元)
アメリカ国家安全保障会議と外務省が、トランプ大統領のシリアへのミサイル攻撃の決定を知らなかったとしました。

イルナー通信によりますと、アメリカの情報筋が7日金曜伝えたところによりますと、アメリカ国家安全保障会議や外務省の関係者の多くが、トランプ大統領の決定を知らなかったと伝えました。

(以下略) 

» 続きはこちらから

[創造デザイン学会]シリアの化学兵器:例の犯行者によるもう一つのニセ旗攻撃 〜 NATO のグラディオ作戦が北レヴァントで腕試し

竹下雅敏氏からの情報です。
 4月4日のシリアでの化学兵器によるテロが偽旗であった事は明らかです。トランプ政権は、シリアへのミサイル攻撃を習近平氏との会談の最中に実行することを予め決めていて、化学兵器のテロ事件の前から準備をしていたはずです。これは専門家の共通の見解であることを、スプートニクは主張していました。なので、化学兵器のテロ事件は、シリアへのミサイル攻撃の口実のはずです。
 問題は、トランプ政権がなぜこのような暴挙に至ったのかです。この記事はシリアへのミサイル攻撃に全く触れていないことから、訳者の方は、“これが書かれたのは、シリアでの化学兵器テロの直後のよう”であるとしています。結論としては、この化学兵器テロが起こされた理由として、NWOグローバリストによる大イスラエル計画のためのものだとしています。確かに、9.11以降の一連の戦争の必然的帰結だと言えるでしょう。
 ただ、ペンタゴンが第3次大戦を回避する方向で動いているため、このような単純な解釈では説明出来ないものを感じます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
シリアの化学兵器:例の犯行者によるもう一つのニセ旗攻撃 (上)
NATO のグラディオ作戦が北レヴァントで腕試し
転載元)
(前略) 

SOTN(State of the Nation)
April 6, 2017
 

(中略) 

4 月 4 日に、シリアの Shaykhum で起こった化学兵器の爆 発は、西側諸国が、見えてきた平和のシナリオを急いで方向転換するために仕組んだ、謀略 だったことに疑いの余地はない。

(中略) 

バシャール・アルーアサド大統領にとって、耐久力ある平和の建設への正しい方向が見えて いた。そういうとき、平和プロセスを妨害する最も手っ取り早い方法は、例によって、アサドを、自国民への化学兵器攻撃という、恐ろしい罪状で責め立てることだった。

(中略) 

この化学兵器攻撃は、シオニスト—アングロ・アメリカ枢軸(ZAA A)によって、いくつかの目標達成のために行われたものである(1)。ZAAA の指導層は、彼らの見込みのない“拡大 イスラエル”(Greater Israel)計画を、絶対に諦めようとしていない。

(中略) 

しかしプーチンのロシアは、そのような邪な計画の実行を許すつもりはない。(「プーチンのロシアは“拡大イスラエ ル”計略を吹き飛ばす」 http://stateofthenation2012.com/?p=23524 )
http://themillenniumreport.com/2015/12/greater-israel-the-zionist-plan-for-the-middle-east/

シリアとロシアには動機がない
(中略) 

ロシアが平和会談を危険にさらすことはありえない。プーチンは一刻も早 く、中東ですべての軍事行動を終わらせようとしている。

(中略) 

シリアのアサドも、ロシアのプーチンも、 どこでも大いに火の付きやすいような地域で、残虐行為を行う理由は全くない。明らかな戦 争犯罪を犯すようなことをすれば、それは、現行のジェノサイドや強制移民の背後にいる、 “ビッグ・オイル”の利益に奉仕するだけである。世界中がそれを知っている。

(中略) 


ホワイト・ヘルメット団 

ホワイト・へルメット団」が、シリアの戦争犯罪シーンに登場すれば、それは常 に、ヤラセ救助仕事である。このフェイク集団は、北レヴァントの真の侵略者たちの創った もの(で道具)にすぎないことが証明されている。ホワイト・ヘルメット団は、モサド—CIA の合同情報作戦以外の何ものではないことを示すいくつかの話が、ネット上に発表されて いる。

(中略) 

シリア人権監視団 

次に、同じくらい滑稽な、Rami Abdurrahman(オサマ・スレイマン)の創設した「シリア 人権監視団」がある。彼はまた、シリアの戦場で観察されたと言われる多くの物の、唯一の “解釈者”である。しかしスレイマンは、英国コヴェントリーの快適な自分のオフィスにい て仕事をしている。シリアの彼の観察者ネットワークが、どうして、大きな爆撃や戦争犯罪 について、露米の軍隊を合わせたよりも、またスパイが地方にいるさまざまな情報機関より も、良質のリアルタイムの情報を奇跡的に送れるのかは、わからない謎である。

「プロパガンダねつ造サイクル:“シリア人権監視団”は米英政府から資金を得ている」
http://themillenniumreport.com/2016/09/propaganda-spin-cycle-syrian-observatory-for-human-rights-is-funded-by-us-and-uk-governments/

(中略) 

Steve Bannon の NSC からの排除と時期を合わせたニセ旗 

シリアのニセ旗攻撃と全く同時に起こった、もう一つの注目すべき展開は、国家安全保障会 議(NSC)からのスティーブ・バノン大統領補佐官の予期せぬ排除だった。アメリカの軍事 介入路線を変えさせるポイントとなる人物は、彼と前国家安全保障アドバイザー、マイケ ル・フリン(Michael Flynn)の 2 人だった。

(中略) 

バノンが排除されたタイミングを考えると、トランプが、シリアについての正確な情報を得 られるようしてくれる人物は、ホワイトハウスには誰もいないかもしれない。

(以下略)

» 続きはこちらから

[YouTube]運転しようとする飼い主を止める犬 

竹下雅敏氏からの情報です。
 そっかぁ。妻の手をそっと握って、肩に置けばいいんだな。
(竹下雅敏)
————————————————————————
運転しようとする飼い主を止める犬
配信元)

17/4/3フルフォード情報英語版:ロックフェラーの死が権力の空白状態をもたらし、アメリカと日本は内戦すれすれの状態

 デイビッド・ロックフェラーの死亡が公となり、その権力の争奪戦が激化しているとのことです。昭和から平成にかけて、ロックフェラーの影響下で、どのように日本が搾取されていったか(恐らく多くの見せしめの死もあったでしょう)、そしてロックフェラーの失脚とともに、世界の支配層と日本の皇室、政治家に起こっている変化を伝えています。
 米中首脳会談の最中を狙いすましたアメリカのシリア攻撃は、これまでのトランプ政権の方針からしても、非常に理解の難しいところでした。
 そんな中、昨日5本目の時事ブログにより、現状の複雑さの背後を知ることができました。安倍政権も同様、予断を許さぬ状況ではありますが、決定的な方向転換の好機であることも間違いなく、文字通り「檻の中で会う」のか、覚悟を問われているようです。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ロックフェラーの死が権力の空白状態をもたらし、アメリカと日本は内戦すれすれの状態
投稿者:フルフォード 

デイビッド・ロックフェラーの死は権力の空白状態をもたらし、蹴り散らさなければ、米国と日本国内で内戦になりかねない状況を作り出している、とCIA、ペンタゴン、日本の軍事情報筋は伝える。

CIAの麻薬取引派閥、連邦準備制度理事会の傀儡政治家と彼らに雇われている殺し屋たちと一戦を交えるために、米軍がワシントンDCに行軍してもおかしくない状況にある、と彼らは言う。

一方、日本では、日本の軍事情報筋によると、東京の傀儡政権を中心とした米国支配下にある勢力と、大阪エリアの国粋主義者+北朝鮮連合勢力との間に分裂が起きているという。


皇位をめぐる権力争い




今上天皇の明仁(あきひと)の事実上の譲位は、皇位をめぐる権力争いをもたらしたと、皇室に近い右翼筋は述べる。日本の右翼連合は、明仁天皇が裕仁(ひろひと)昭和天皇の実の息子ではなく、デイビッド・ロックフェラーの代理人だったという新事実に混乱に陥っているという。その為、徳仁(なるひと)皇太子への継承を求めるグループと、一方、明治時代以降の外国からの干渉を受けてきた天皇家を入れ替えることを強く求める別の勢力との闘いが激化している、と彼らは言う。京都を本拠地とする八咫烏結社は、日蓮宗派や台湾人や北朝鮮人とともに、このような抜本的な変化を推進している。彼らは、皇位を狙う対立候補の一人として、小野寺直(おのでらなおし)氏を推している、と情報源は加える。

https://kauilapele.wordpress.com/2012/03/19/benjamin-fulford-3-20-12-rival-emperor-stakes-claim-to-japanese-throne-shows-evidence-he-is-the-real-deal-the-10-commandments-were-given-to-his-ancestors-by-celestial-beings/

現在の皇室を支える東京の支配者層も、徳仁皇太子については懸念があるという。彼の妻、雅子皇太子妃は、創価学会のメンバーであり、それを理由に、日本の天皇の職務の本質である神道祭祀に参加することを拒否しているというのだ。また、雅子妃は、ロックフェラーの仲間である小和田恒氏の娘でもある、と彼らは注意を促す。しかしそれでも、雅子妃なしでも、様々な神道儀式を行うことを徳仁皇太子が約束するのなら、現在の権力者層は、喜んで皇太子に協力していく気があるという。さもなければ、彼らは現在の支配者一族の中から別の後継者を探すことになるだろう。おそらくは、継承権をもつ息子のいる文仁親王だろう、と彼らは言う。


秋篠宮文仁親王[パブリック・ドメイン


現在の皇室の権力を維持しようとするグループは、機関の方が実際の血筋よりも重要なのだと主張している。

» 続きはこちらから

自民党関係者からの情報提供:今話題の学園の隠された目的…麻薬ルート確保とマネーロンダリング

 自民党関係者の方から鋭い洞察が含まれる情報を寄稿していただきました。寄稿者は、瑞穂の國記念小學院(安倍晋三記念小学校)の隠された目的が、麻薬ルートの確保とマネーロンダリングだと大胆に推理しています。
 森友学園の籠池氏が中心となってこうしたことを企んでいたわけではないと思います。企んでいたとすれば籠池氏に目を付けていた有象無象の勢力ではないかと思います。
 マネーロンダリングにカジノが使われるのは有名な話ですが(詳しく知りたい方は、苫米地氏の動画が大変参考になります)、維新がカジノ誘致に熱心でカジノ法案に執着していたのも、記事で指摘されているような背景があっためではないかと思えてきます。
 また、松井府知事が森友学園に認可適当を出した当時の教育長は、認可適当となったとたん辞任し、その2ヶ月後にはセガサミーの役員になったという裏・週刊金曜日の情報がありました。裏・週刊金曜日の編集長は「セガサミーといえばもう明らかにカジノなわけですね。(教育の規制緩和を進める)一方でカジノ推進のところに何か布石を打っている」と指摘しています。
 また瑞穂の國記念小學院(安倍晋三記念小学校)建設に安倍夫婦が関与していたことは明らかになってきていますが、安倍首相の方も祖父・岸信介の代から麻薬とは因縁が深いと思います。安倍首相本人もY組の金庫番と、アッキーは元組長と親密写真が撮られています。政治家というのはそうした世界と切っても切れない関係にあるのでしょうか。
 もしそうだとすると、記事の内容にも信憑性が出てきます。
(編集長)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
大阪の自民党関係者からの情報提供

pixabay[CC0]


森友学園に件について情報提供します。

(中略) 

私はこの森友学園に関連するメンバーが全て不正選挙のメンバーと同じことで、この学園はおそらく麻薬の運搬の隠れ蓑(中継地)にする予定だと直感しました。

港のある選挙区から材木団地、ガソリンスタンドなどを経由しながら全国に麻薬を運びます。ガソリンスタンドも隠れ蓑に使われています。

ここで森友学園のある場所が豊中ということで重要なことに気がつきました。

(中略) 

赤い部分が豊中市
Wikipedia



(中略) 

なぜ、ここまで豊中にこだわるのか?


pixabay[CC0]


車を運転する人は知っていると思いますが豊中IC(関西人は豊中ジャンクションと言ってますが)は、阪神高速、名神高速、中国自動車道が交差する大阪一の交通の要です。

つまり、和歌山・大阪(阪神)と中国・山陰地方(中国道)と京都、名古屋(名神)の全ての高速道路に通じる大阪唯一の重要拠点なのです。

おそらく、広島方面からの麻薬(◯◯議員が関与しています。スーパー林道という道はそのために作られた道路だと聞きました)、和歌山からの麻薬(××議員、△△議員あたりが関与?)、京都(中略)…京都は同和利権、暴力団利権が神戸と大阪同様ひどいです)からの麻薬。

解放同盟を通じて、京都の□□議員と大阪の◇◇さんは若いころから知り合いですね。同和利権仲間です。カジノ利権は京都大学の人脈が絡んでいます。(中略)… 

(中略) 

位置マークは豊中ジャンクション
Googlemapより


広島、京都、名古屋を一直線に結ぶ麻薬ルート確保が森友学園の隠された目的です。

学校法人と宗教法人を使い、北朝鮮からの麻薬をマネーロンダリングするのです。
マレーシア、シンガポール、マカオのカジノが主なマネーロンダリングの舞台です。

もちろん、不正選挙も同じメンバーが関与しているのは不正選挙利権と麻薬利権がヤクザの2大利権だからでしょう。おいしくてやめられないのです。

金正男氏暗殺も何か関係があるかもしれないですね。

» 続きはこちらから