2017年6月1日 の記事

[Sphere-Being Alliance]コズミックディスクロージャー: 開示後の世の中 〜地球人の意識レベルと情報開示〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 今日の最初の記事で、Yutikaさんが地球製UFOのTR-3Bに関する情報を取り上げていました。実は、コーリー・グッド氏はこうした情報が出てくることをすでに伝えていたのです。なので、この動きは情報開示の計画に沿ったものと考えられます。
 コズミック・ディスクロージャーの「開示後の世の中」と題する記事の要点のみ要約しました。コーリー・グッド氏によると、こうした情報開示は、“下位レベルの軍情報部プログラムの一部”だとのことです。彼らは、情報の全面開示を避けるために、こうしたレベルの低い情報を小出しにする方向で調整しているようです。
 こうした情報の部分開示では、彼らが過去に行ってきた悪魔崇拝などの邪悪な犯罪や、ET情報なども隠されるようです。彼らの言い分は、地球人は、“あまりにも様々な信念体系にプログラムされていて… (ETのような)高い次元の存在に対して、主権を委ねず崇拝もしないで接する事は難しい”ため、もしも、情報の全面開示を行えば、地球は大混乱になり、各地で暴動が起こり、多くの死者が出ると考えているようです。
 コーリー・グッド氏によると、これはその通りのようで、彼らは実際に社会実験を行ったようです。その結果、キリスト教の信念体系を持っている人々ほど、情報開示後の混乱が大きく、暴力的になるという結果が出ているとのことです。
 時事ブログではこれまで何度も、地球に介入しているETたちは、高いレベルの存在ではないと言っています。まして、神ではありません。なので、主権を委ねたり、崇拝する必要もないのですが、現在の地球人の意識レベルでは、テレポーテーションを自在に行うような存在に対しては、これまでと同様に神と崇め、その前にひれ伏すということになりかねません。
 これは、地球人の意識レベルが、残念ながら個人として成熟した段階に到達していないという事なのです。念力で物を動かしたり、空中を浮遊したり、壁をすり抜けたりすれば、地球人は驚愕しますが、そんな事が出来たからといって、彼らの性格が良いわけでも、悟りを得ているわけでもありません。
 さらに、映像配信などで私が伝えているのは、宗教的に悟りを得た聖者と呼ばれる者たちが、2007年以降の天界の改革において、ことごとく消滅したという事実です。悟りを得ても、根性が悪ければどうにもなりません。彼らは本来の意味で聖者ではなかったということになります。
 イエス、マイトレーヤ、ブッダ、クリシュナ、サナット・クマーラ、ルシファー… 、崇拝の対象は人によって様々です。こうした人格神ではなく、抽象的な概念で神を崇拝する者も居るでしょう。要点は非常に簡単で、“皆さんがどんなに熱心に、いかなる神を崇拝しようとも、救われる事は無いだろう”ということです。なぜなら、ほとんどの地球人が、これまで崇拝してきたこれらの神、あるいは神の子と称する者たちは、彼らの悪事が暴かれ、ことごとく天の裁きによって、滅ぼされてしまったからです。
 文末、“完全開示のシナリオの中では、さらなる驚愕の事実がある”と書かれていますが、少なくとも記事ブログで、私が出している情報を先に見ている人たちは、かなりのレベルで免疫が出来ていると思われます。
 例えば、コーリー・グッド氏の出す情報は、全てではありませんが、その大部分は極めて正確なものです。しかし、彼の情報を信奉している人たちは、いわゆる球体連合の宇宙人を正義の見方だと捉えていると思います。しかし、彼らと地球人との間にカルマが無ければ、ここにやって来ることも無かったでしょう。
 時事ブログでは、彼らが人間の姿をしていないのは、かつて悪魔崇拝に陥ったからだと指摘しました。現在の試練を乗り越えれば、彼らは元の人間の姿に戻してもらえるでしょう。しかし、私の情報が彼らの怒りに触れたらしく、彼らの中の多くの者が、私を殺そうとしました。即時にカルマが返り、彼ら自身が消滅してしまいました。
 このように、事実が開示されると激怒する者がいるのです。記事にある通り、情報の部分開示を支持している者たちの背後に、ETたちが居る理由が、よくわかると思います。さらに、情報の全面開示を支持しているETたちも、別の思惑があるのです。コーリー・グッド氏もコブラのグループも、彼らに操られているのですが、残念ながら、彼らは、そのことに気付いていません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コズミックディスクロージャー: 開示後の世の中 シーズン6 エピソード14
転載元)
(前略) 

David: 開示の本線としてもっとも考えられるシナリオはどんなものですか。(中略)…


Corey: そうですね。彼らが使っている三角形や卵形飛行機についての目撃報告や写真、動画が出回り始めることは確実でしょう。(中略)…これらの三角形飛行機は TR-3B と分類されています。

 

(中略)…このDIA(国防情報局)やNSA(国家安全保障局)のプログラムは暴露される寸前ですが、それでもその技術レベルは精々いまの技術より50年先のものにすぎません。国際宇宙ステーション(ISS)を辛うじて上回る程度です。(中略)…これらの人工衛星にいるのは数人程度ですが、もっと大きくて円形の宇宙ステーションもあります。(中略)…下位レベルの軍情報部プログラム(MIP)の一部です。(中略)…ETの情報を隠しつつ、こういう情報で誤魔化しておいて、小さい断片を少しずつ出していきます。(中略)… 地球同盟とこれらの秘密シンジケートの間に、人類は完全開示に耐えられないという合意に達したことは確かです。(中略)…彼らはすべての悪事を隠し通そうとするつもりです。

(中略)…

私たちはあまりにも様々な信念体系にプログラムされていて、何かを崇拝しないといけないような生き方を慣らされてきました。霊的にも技術的にも私たちより高い次元の存在に対して、主権を委ねず、崇拝もしないで接することは難しいと思います。

(中略)…

おそらくその前に、ある種の経済システムの転換が起きると思います。東側が支配する新しい経済システムが立ち上がり、負債の免除を含むジュビリー(聖なる年)が訪れるでしょう。いままでの支配システムから受けた被害の程度に応じて、人々は一定額のお金を支払われるでしょう。それが起きると、いままで億万長者として居座っていた人たちは状況を改められ、他人とは大差のない状態にさせられるでしょう。(中略)…「来月には経済の崩壊が起きて新しい経済システムが立ち上がる」という話を腐るほど聞いてきたでしょ? (中略)…彼らは包括的な合意に達していて、そのプロセスを始めています。(中略)… 

David: この議論の中で、ETはどの程度関わっていますか。(中略)…

Corey: いいえ、議論に加えていません。でも、ETと会っているシンジケート側同様、同盟側もまた特定のETグループと会っています。(中略)…要するに、交渉の席では、どちらもETグループの代理になっているのです。
(中略)…

完全開示の実現は地球上の全人類の心理状態や感情に影響を与えるでしょう。大変な時期になると思います。なぜなら、個人的な信念体系を持っている人なら、誰しもその瞬間から試練を受けるからです。(中略)…

David: (中略)…完全開示のシナリオの中では、さらなる驚愕の事実があるともあなたは言われましたね。

Corey: ええ。私でも驚かされるのだから、きっと私がすでに知っている奴隷貿易などの闇のプログラムではないでしょう。

(以下略) 

フランシスコ法王の不機嫌そうな表情は第三次世界大戦の画策に失敗したため 〜ルシファーの処刑〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 スプートニクによると、フランシスコ法王はきわめて不機嫌そうな表情をしているが、これはどうやら、“トランプ大統領との会談から立ち直っていない”ためだとのことです。
 “続きはこちらから”以降の板垣英憲氏の情報によれば、フランシスコ法王は第三次世界大戦を起こす目的で、トランプ大統領と金正恩の仲介役を引き受けようとしたらしい。米朝和平の立役者という演出に成功し、ゴールドマン・ファミリーズ・グループ(300人委員会)の中で実権を握る予定だったのではないかと想像されます。しかし、この目論見は“見事に潰された”ようです。
フランシスコ法王の終始不機嫌そうな表情を見れば、板垣氏の情報が、非常に正確であるとわかります。また、今日の情報によれば、ブレジンスキーの死去に対して、キッシンジャー博士が“泣いて馬謖を斬るような結果になった”と言っていることから、ひょっとしたらブレジンスキーは、これらの一連の混乱の責任を取らされた可能性があります。
 フルフォード氏は、フランシスコ法王の神はルシファーだと言っていますが、この場合のルシファーは、コブラの言うキメラグループのトップにいた人物のことです。おそらく、地球にやって来てから2万5千年以上肉体を保持してきた者だと思われます。そのルシファーですが、今日処刑されました。
 ハイアラーキーにとってのルシファーはサナット・クマーラで、とうに処刑されて存在しません。これで、カバールがルシファーと呼んでいた者も処刑されました。ただ、彼らにとってルシファーという名前は地獄の大王を表す称号のようなものなので、また別の誰かがルシファーを名乗るかも知れません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
フランシスコ法王が不満そうな表情をしたのはなぜ?SNSで議論【写真】
転載元)
ローマのフランシスコ法王は29日にカナダのトルドー首相と、そして先週にはトランプ大統領とその家族と会談したが、すべての写真で極めて不満そうに見える。どうやら、フランシスコ法王は唯一、トルドー大統領が魅了できなかった人物のようだ。

スプートニク日本


ツイッターでは、フランシスコ法王がトランプ大統領との会談から立ち直っていないとの書き込みも見られる。


さらに、フランシスコ法王は単に政治家を好いていない、もしくはトルドー首相がカラフルな靴下の話でフランシスコ法王をうんざりさせたのだろうと推測するものもいた。トルドー首相はカラフルな靴下が好きなことで知られている。

とはいってもやはり、トルドー首相との会談でフランシスコ法王が笑っている写真も見つかった。


» 続きはこちらから

[ゆるねとにゅーす]【加計疑獄】和泉首相補佐官に続き、木曽功内閣官房参与も前川前次官に圧力をかけていたことが判明!木曽氏は加計学園理事&学長!

 加計学園・ズブズブ疑惑ニュースはつづく。
 「総理が自分の口から言えないから、私が言うんだ」「早く進めてほしい」などと、開学に向けて圧力をかけていた和泉・首相補佐官につづき、あらたに木曽功・内閣官房参与も、加計学園の獣医学部開設に圧力をかけていたことがわかりました。
 しかもこの木曽という人物は、「2016年から加計学園の理事と系列の千葉科学大学の学長に就任」しており、みずからが前川氏に会って、「国家戦略特区制度で、獣医学部を新設する話、早く進めてほしい。文科省は(国家戦略特区)諮問会議が決定したことに従えばいいから」と話をしたとのこと。
 それについては木曽氏も、「前川さんと会い、様々な話をしたのは事実です。獣医学部の件も話したと思いますが、加計学園理事としてで、内閣官房参与として会ったわけではありません」と回答しました。
 この内閣官房参与とは、Wikiによれば「首相の“相談役”的な立場の非常勤の国家公務員である。首相に対して直接意見を言い、また情報提供や助言を行う。いわゆる“ブレーン”、“側近”的存在」。
 ブレーンに加計学園の関係者を入れてること自体が、安倍政権が加計学園ベッタリであることを証明しています。
 政府自らが、共謀罪のお手本を見せてるよね。もしも、政府関係者だけに共謀罪が適用されるのなら、大歓迎だな。
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【加計疑獄】和泉首相補佐官に続き、木曽功内閣官房参与も前川前次官に圧力をかけていたことが判明!木曽氏は加計学園理事&学長!
転載元)
どんなにゅーす?

・加計学園疑惑について、前川前文科省事務次官が安倍政権からの圧力を告発している中、和泉首相補佐官に続き、木曽功内閣官房参与も加計学園の獣医学部開設に圧力をかけていたことが判明した。

木曽内閣官房参与は、2016年から加計学園の理事と系列の千葉科学大学の学長に就任。木曽参与は前川氏に会って獣医学部の開学についても話をしたことも認めており、「加計学園理事としてで、内閣官房参与として会ったわけではない」と話しているという。

加計問題 内閣参与も特区推進を前川氏に要請 

(中略) 

前川氏によれば、昨年8月下旬、木曽氏は次官室を訪ね、次のように要請したという。

「国家戦略特区制度で、今治に獣医学部を新設する話、早く進めてほしい。文科省は(国家戦略特区)諮問会議が決定したことに従えばいいから

(中略) 

木曽氏は、元文科省の官僚で、前川氏の3期先輩にあたり、14年4月から内閣官房参与に任命されていた。一方、16年4月からは加計学園理事兼千葉科学大学学長にも就任しており、加計学園の利害関係者でもあった。

木曽氏は「前川さんと会い、様々な話をしたのは事実です。獣医学部の件も話したと思いますが、加計学園理事としてで、内閣官房参与として会ったわけではありません」と回答した。

この問題では、前川氏は木曽氏の要請の翌月上旬に、和泉洋人首相補佐官から「総理が自分の口から言えないから、私が言うんだ」と特区推進を要求されたと証言している。

【文春オンライン 2017.5.31.】









» 続きはこちらから

[Twitter]性行為の同意を紅茶に例えた動画をあの人へ…

竹下氏からの情報提供です。
 誰か…、砂かけばばあに動画を教えてやってくれ。
(竹下雅敏)
————————————————————————
配信元)

————————————————————————
配信元)


ディスクロージャーが背後で既に始まっている!?

 宇宙産業のテクノロジーが少しずつ公開されていっているようです。あるいは偽情報だとしても、関連用語を拡散して民衆の潜在意識の中に浸透させて、ディスクロージャーに備えようとしているのでしょうか。新しい時代の夜明けを感じさせる話題でしたので、門外漢のざっくり記事としてご紹介します。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ディスクロージャーが背後で既に始まっている!?



最近、ジャーナリストのジョーダン・セイザー氏の動画シリーズをよく見るのですが、5月16日版に面白い情報がありました。

軍部だか宇宙産業界だかが情報をリークし始めている模様です。ディスクロージャーが始まっているのでしょうか。なんと、宇宙船関連の特許がグーグル検索でヒットする時代に! 静電気帯電シリンダーの回転による三点スラスター(推進装置)が2003年公開、トライアングル型宇宙船は2006年公開。


 
この「三角形のUFO」って、UFO界隈で有名なTR-3Bのことじゃね? と只今ネットで騒ぎになっています。きっかけは、5月14日のとあるYouTube動画番組です(※おっさん三人がTR-3Bやその他の極秘開発された戦闘機の性能を嬉々として語るというオタクな番組でして……ガチ文系な私も記事を書くために頑張って視聴しましたが、えーと……察してください)。

なんとコメント欄に、「それ、特許公開されてるよ」とリンクを貼る視聴者が現れたのです。その人によると、特許には宇宙船の質量を減らすための水銀を使ったエンジンが欠けているらしいんですけどね。(セイザー氏も別動画で解説してくれてたんですが、水銀はプラズマに変換できるらしく、TR-3Bの中央の丸い部分で、水銀を逆回転のボルテックスで回して圧をかけて、宇宙船の重量と重力を共に89%無効化して浮遊させる云々……寝ていいですか)。

コメントに注目した動画主がその件を新たな動画で報告すると、コーリー・グッド氏もツイートで拡散。で今に至るという訣です。

 

TR-3B(コードネーム:アストラ)という宇宙船は、NRO(国家偵察局)とNSA(国家安全保障局)とCIA主導のオーロラ計画(航空宇宙技術開発計画)の一環として作られました。エリア51を含む米軍基地に長年勤務したエドガー・フーシェという航空電子工学の技術者が1998年に内部告発したブラック計画(米軍極秘計画)の1つ。

マッハ9のスピードで、水平方向にも垂直方向にも飛行が可能です。宇宙人から得たリバース・エンジニアリングを利用していると言われています。開発されたのは80年代からで、90年代になるとテスト飛行が始まり、一般人の目撃情報も上がるように。つまり、地球製の巨大有人宇宙船(フットボール競技場2つ分の大きさ)なんですよ。

» 続きはこちらから