2019年2月13日 の記事

[コーリー・グッド氏の最新情報]地球内部に住んでいるという古代地球離脱文明の女祭祀アリーの発言に強い偽善性!

竹下雅敏氏からの情報です。
 コーリー・グッド氏の最新情報です。アリー(カーリー)は、地球内部に住んでいるという古代地球離脱文明の女祭祀です。彼女はグループの中で非常に高い地位にあるようです。
 コーリー・グッド氏の夢の中で、彼女は“アセンションとソーラーイベント”を話題にし、“体内から金属を排出すること…の重要性”を語っていたとのことです。
 そして、今の重要な時期の“最大の敵は私たち自身のカルマである”とし、新たなカルマを生まないように気をつけるべきだと言っています。
 こうした彼女の発言に、古代地球離脱文明の人々の偽善性を強く感じます。コーリー・グッド氏は、初期のコズミック・ディスクロージャーにおいて、古代地球離脱文明の人々が、イルミナティ(カバール)と協力関係にあったことを暴露しています。彼らが見下していたカバールが科学力をつけ、レプティリアン・ドラコニアンと同盟を組み、自分たちを滅ぼそうとしていることに気づき、あわてて古代地球離脱文明の7つのグループが緊急会合を開いたという話でした。もっともその会合が実を結ぶことはなく、いくつかのグループに分かれたということでした。
 コーリー・グッド氏によると、古代地球離脱文明の人々は純潔種で、宇宙人によって遺伝子操作された地表の私たち人類は混血種で汚らわしく、戦争、天変地異などで滅びるのがふさわしいと認識していたようです。
 “続きはこちらから”の“悪魔崇拝のNWOエリート”の思想をご覧ください。古代地球離脱文明の人々は、こうした悪魔崇拝のNWOエリートたちと共同して、彼らが虫けら以下とみなす私たち人類の駆除に協力し、地球環境の破壊を手伝っていたのです。ケムトレイルなどはその最たるものでしょう。
 ケムトレイル散布に関して、女祭祀アリーに大きな責任があるのは、私の直感からもはっきりとしています。その上で、体内から金属を排出することの重要性を説くのです。これが偽善でなくて何でしょう。
 本人はどういうつもりかわかりませんが、最大の敵は私たち自身のカルマ”だと言っています。映像配信の教育プログラムでは、カルマの測り方を教えています。この方法でアリーのカルマを測ってみると良いでしょう。ひどい状態であるのがすぐにわかります。特にプラズマ体以上のカルマはものすごくひどいです。
 ただ、現在のアリーは既に魂(ジーヴァ)が滅びており、プラズマ体も存在しないので、今では「狭義の肉体」しか残っていません。なので、狭義の肉体のカルマは別として、プラズマ体以上の身体のカルマを測るのは、ひょっとしたら特殊な能力が要るかも知れません。
 彼女の言うソーラーイベントが来れば、身体が発火して滅びてしまうのは、彼女自身だということになりそうです。幸いなことに、ソーラーイベント(ソーラーフラッシュ)とか、ポールシフトなどのこの連中の悪巧みは成立しません。
 彼らは、コーリー・グッド氏を通じて、ソーラーイベントを人々の潜在意識に定着させ、現実にそれを引き起こすことを目論んでいるのですが、時事ブログでお伝えしているように、魂(ジーヴァ)を無くした者は、共同創造集団意識を使うことができません。
 彼女に関しては、言わなければならないことが沢山ありますが、今回は文字数の関係で、このくらいにしておきます。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
コーリー・グッド 2019年2月11日 情報更新
(前略)
私はアンシャールの長老「エル・リル(El Lil)」とアリー(アンシャールの女司祭)に直接会っただけでなく、アリーとは夢の中での不思議な会合でも会っています。それは薄明かりの洞窟で行われる会合で、アリーは直接私には語りかけず、洞窟内にいる他の人々に何か教えたり、備えさせたりしているようです。

(画像は引用元が挿入、出典:SpherebeingAlliance

私は(夢の中で)周囲を見回して、あちらこちらにいる他の人々の特徴を見ることができたのですが、彼らはみなアリーの話を聞くためにそこに来ているのだと気付きました。彼女はアセンションとソーラーイベントについて話していました。その話題の一つが、ほとんどの人間が体内にアルミニウムやその他の合金を多量に取り入れてしまっているため、ソーラーイベントが起きた時に、多くの人々の肉体が極度に激しい電磁気エネルギーを伝導し、自然発火してしまうものでした。体内から金属を排出すること、精神のバランスだけでなく肉体のバランスを保つ(健康に気をつける)ことの重要性が語られていました。
(中略)
彼らはこのエネルギーの変遷期において、私たちの最大の敵は私たち自身のカルマであると言っています。カルマとトラウマを癒やすことが極度に重要であるとともに、新たなカルマを生まないように特に気をつけることが必要です。
(中略)
もし私たちが今のエネルギーを良い方に活用できれば、素晴らしい未来を具現化できるでしょう。実際の所、闇の側も光の側もこのエネルギーによってあまりに精神的に消耗しているために、このエネルギーの高まりを有利に利用できずにいるほどなのです。(中略)… 私たちのほとんどはそれを利用するにはまだあまりにもかけ離れて調子外れな状態にあると聞いています。
(以下略)

» 続きはこちらから

自衛隊の新規隊員募集に対して、実際は約9割の自治体から情報提供を受けているとし、サギゾーの発言が嘘であったことを岩屋防衛相が認める ~むしろ自治体の9割が協力している事の方が問題

竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で、サギゾーは、“自衛隊の新規隊員募集に対して、都道府県の六割以上が協力を拒否していると指摘”し、自衛隊の違憲論争に終止符を打つため、改憲が必要だと強調しました。
 ところが、岩屋防衛相は12日の記者会見で、“実際は約9割の自治体から情報提供を受けている”とし、サギゾーの発言が嘘であったことを認めました。
 細かい内容は、毎日新聞の記事をご覧ください。記事で太字にしている部分では、“約9割の自治体が防衛省職員に対して住民基本台帳の閲覧を認めている”とのことです。
 buuさんは、サギゾーの発言に対して、辞職モンの嘘だとツイートしていますが、ひょっとしたらサギゾーの頭では嘘をついているつもりはなく、細かい事柄が全く理解できないのではないかとも思えます。
 これに対し、“続きはこちらから”のBuzzap!では、“むしろ自治体の9割が自衛隊員募集に協力している事の方が問題だ”と指摘。本人の了解を得ずに自治体が個人情報を勝手に防衛省に提供して良いのか。自治体が名簿提供を拒否している方がまともだという気がします。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
自衛隊募集、9割が協力 「6割は協力拒否」の自民大会首相発言を修正
引用元)
(前略)
 岩屋毅防衛相は12日の記者会見で、安倍晋三首相が10日の自民党大会で自衛隊員募集に関して「都道府県の6割以上が協力を拒否している」と発言したことについて、実際は約9割の自治体から情報提供を受けていると事実上認めた。野党側は「自衛隊を憲法に明記する必要性を強調するため印象操作した」と批判している。
(中略)
岩屋氏は会見で、募集対象者(18、22歳)の情報提供について、全国1741市区町村のうち、4割から氏名や住所などの資料提供があるが、6割から「協力していただけていない」と説明。しかし、「3割は(自治体が)該当情報を抽出して閲覧」、「2割は防衛省職員が全部を閲覧して自ら抽出しなければならない」、「1割はそういう協力もいただけていない」と述べ、実際は約9割の自治体が防衛省職員に対して住民基本台帳の閲覧を認めていることを認めた。 

 防衛省担当者によると、台帳閲覧を認めていない自治体も、学校などでの説明会開催や広報活動などには協力しており、全く協力していないのは全国で「5自治体のみ」という。
(以下略)
————————————————————————
配信元)
 
 

» 続きはこちらから

[Twitter]おそロシア  豪雪の中ブランコを楽しむ方法

読者の方からの情報です。
さっすが豪胆なロシアの人たち。

子どもはどんな状況下でも外遊びしたくなるのが、
普通!
これを叶えさせるのが大人達。
大人の体力半端無いロシアならではな気がします
(メリはち)
————————————————————————
配信元)

衆議院予算委員会・統計不正問題を追及する小川淳也議員 〜 「霞が関の人事権を全権掌握した史上初の官房長官」に対して霞が関の不祥事の責任を問う

 4日に瞠目の質問をした小川淳也議員が、12日衆議院予算委員会で勤労統計不正問題の第2弾となる質問に立ちました。
田中龍作ジャーナルで要点を簡潔にまとめておられましたが、今回も気迫のある明快な質問で、のらりくらりはぐらかしの閣僚答弁が機能しない場面もしばしば、実に気持ち良いです。菅官房長官の木で鼻をくくった答弁も想定済みとばかり、その姿勢を厳しく叱責しました。
 前回の追求への人々の反響は大きく、統計不正の問題もさることながら、背景にあるこの政権の体質に脅威を感じると言う多くの国民を背に受けて追求すると表明しました。
 賃金水準を引き上げるためにデータから省かれてしまった日雇い労働者の賃金ですが、経済実態を知る上でそれがどれほど重要なものであったか、最後に小川議員はその本質を述べました。社会的に強いとは言えない人々に対して、政府がその賃金水準を把握することは、つまり政府が彼らの生活をしっかり把握している、というメッセージなのだと。そして飾り立てた数字ではなく、政府は国民生活の実際に迫りたい、そこに関心があるのだというメッセージにもなるのだと述べました。
 そうか、長らく忘れていたけれど、政府は国民のことを心配すべきものだったのだ。
その本来から大きくかけ離れた現政権の姿をくっきりと見せ、まともな政権ならばできることを要求する見事な質問でした。
最後にざっくり書き起こしの要約をしました。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
【アベノミクス偽装】 問題の2015年、菅官房長官は厚労省から説明を受けていた
引用元)
(前略)
 学識経験者などからなる「検討会」(※)において、勤労統計は変更されないという結論が出たのに、なぜか総務省の統計委員会に議論が召し上げられた。※正式名称:「毎月の勤労統計の改善に関する検討会」

 統計委員会は申請主義をとっている。各省が申請して初めて統計委員会が開かれるのだ。

 ところが麻生大臣の鶴の一声が出る直前の2015年6月、「未諮問審査事項」という聞きなれない概念が作り出された。長年諮問してない統計は、俺たち(官邸)から見直しを指示するというトップダウンの形式にまでなったのである。

 麻生大臣の鶴の一声はこの年の10月に開かれた経済財政諮問会議で飛び出した。会議の議長は安倍晋三首相。学識経験者などからなる「検討会」は、政治的意図の入る調査方法に反対していた。麻生大臣の方針とは逆だったのである。

 鶴の一声以降、検討会は開かれていない

(中略)

 小川議員は「最近、この厚生労働省の勤労統計研究会、そして統計委員会の委員に対して、官邸官僚、総理や官房長官の秘書官、補佐官が当時の経緯をあまり外でしゃべるなと圧力をかけているという噂がある」ことも明らかにした。

 実際、委員たちに当たって当時の経緯を聞いているが、彼らの口がだんだん重くなってきているという


» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「地べたから立ち上がる」

 いつも静かな田舎でも、選挙になると、ああ、うるさい!
 たまに、にぎやかもいいけれど、名前の連呼は騒音だ。
 1人でも、故郷を思って立ち上がる、候補者がいてくれたらありがたい。
(ぴょんぴょん)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ぴょんぴょんの「地べたから立ち上がる」


ぴょんぴょん村のポンポコさん議員


いつも静かなぴょんぴょん村は、今だけ、にぎやかだね。

そういやあ、今度の日曜は選挙だったな。

ここに越してきたばかりのとき、お隣りの人が話してくれたんだけど。
ぴょんぴょん村には、ポンポコさんちゅう議員がおってのぉ。
そん人ぁ、かれこれ40年くれえ、ここの村会議員をしとるが、いつもトップ当選なんじゃ。」

なんか、「日本昔ばなし」みてえな語り口だな。


ポンポコさんは、共産党の議員さん。

へえ? ぴょんぴょん村は、共産党がトップ当選か。

なんでそんなに人気があるの? って聞いたら、
ポンポコさんは、みんなの意見を聞いちくれるんじゃ。
たとえば、ほれ、ここいらは夜になるとまっ暗になるじゃろ?
ポンポコさんに相談すっと、議会に掛けあっち、街灯をつけちくれるんじゃ。」

懐かしいな、大分弁の「ち」連発。

そんなこんなで、みんながお世話になってるって。

議員てのは、選挙の時だけ頭を下げるが、通った途端に知らんぷりと思ってたが。
民の意見を汲み上げて実行に移す、議員としての役割を実行してきたんだな。

自分を応援してくれる人だけに、手厚くする人が多いのにね。

あべぴょん!

しかも雨が降る日も、嵐の日でも、近くの道端に立って演説してるポンポコさん。

ここいら、家はパラパラしかねえのに?

議会の前は、ぼくたちに言いたいことはないかと聞いてるし、
議会が終わると、報告のためにまた、道端に立つ。

そういう地道な活動を、議員になって以来40年、続けてるのはスゴイ。

実は最近、演説してるポンポコさんを間近で見てたら、ジェレミー・コービンを思い出した。

ジェレミー・コービン氏
Author:Sophie Brown[CC BY-SA]

» 続きはこちらから