2019年2月26日 の記事

中西征子さんの天界通信45 〜ハルカナウチュウノヒカリノミコト様(エーテルダブル・ 16才)から地球人へのメッセージ〜

竹下雅敏氏からの情報です。
 中西征子さんが、私のエーテルダブル(ライトボディ)を描いてくれました。中西さんの絵を見て驚くのは、姿形だけではなく、波動まで描き込んでいるところです。確かにこの絵を見ると、エーテルダブルのみの波動しかありません。
 前回、私のプラズマ体を描いた時も同様でした。
 このことの不思議さは、例えば、表裏が白い紙に私の名前を書くと、その紙は私のすべての身体の波動を出していることからわかります。なので、どの身体の波動も読み取ることができるのです。身体だけではなく、心の波動も意識の波動も読み取れます。
 しかし、このイラストからは、エーテルダブルの波動しか読み取れないのです。なので、エーテルダブルに意識を合わせることができない人には、この絵から何も感じられないということになるかと思います。
 各身体については、2018年10月17日の記事を参照してください。
(竹下雅敏)
————————————————————————
中西征子さんの天界通信45


<通信者:中西征子>
<通信日時:2019年2月24日>

<ハルカナウチュウノヒカリノミコト様(エーテルダブル・ 16才)から地球人へのメッセージ>

「地球の友なる皆さん!
今、“しあわせ”ですか…?
それとも、地上の混乱にうんざりして、ネガティブになっていませんか…?

ネガティブな波動は地上の混乱に一層の混乱を増し加えるだけです。

当面の心配や不安は、「ガヤトリー・マントラ」と「愛のマントラ」を3回ずつ繰り返し唱える事ですみやかに解消されていきます(最後に“オーム シャンティ シャンティ シャンティヒー”はいりません)
ぜひ試してみて下さい。
スピードと効率の良さは天下一品と言えるでしょう(笑)

更に今も毎日降り注がれている宇宙と天の川銀河のセントラルサンからの光を、私の肉体、竹下雅敏の先日の時事ブログ(2019年2月18日)の提案に従って、毎日無理のない程度行ってみて下さい。

きっと解放感と共に、ポジティブな力がみなぎるのを感じられるでしょう。

今、闇の勢力は追いつめられ、自暴自棄ともいえる暴走を始めました。

それらの状況を、冷静に楽観的に見守って下さい。
悪事は暴かれ、ひとつとして見すごされる事はありません。

皆さんの心の目を見開き、自分の中に宿る宇宙の真理とひとつになりましょう。

そうすれば心の平安と喜びはあなたのものとなる事でしょう。

必要な知識はあなたの中に在るのです。

気付く事、見い出す喜びは、あなたを霊的成長へと導く事でしょう。

健闘を祈ります。
ハルカナウチュウノヒカリノミコト」


ハルカナウチュウノヒカリノミコト様、メッセージをありがとうございました。
次に私からの質問をさせていただきます。

» 続きはこちらから

沖縄県民投票による圧倒的な民意が示された“この日を境に世界は変わる”!〜“あべ「李晋」教”を駆逐する十字軍が形成されつつある!

竹下雅敏氏からの情報です。
 日刊ゲンダイの言う通り、県民投票による圧倒的な民意が示された以上、“この日を境に世界は変わる”と言って良いと思います。
 ツイートをご覧になると、もはやサギゾーの正体はバレバレです。森羅万象以来、サギゾーは、“面の皮が厚い嘘つき”で、評価が固まってきたと言えるでしょう。
 私は常々、この世界は、“地底人”と“最低人”の戦いではないかと思っているのですが、最低人を騙すのは、宗教が一番手っ取り早いというのは歴史が示すところ。顔色一つ変えず、平気で嘘がつけるサギゾーのサイコパス的資質から、彼は教祖の資格があるという意見があります。
 森羅万象発言を考慮すると、ひょっとしたらサギゾーは、すでに、エル・ピョンターレを最低晋とする“あべ「李晋」教”の教祖なのではないか。
 “続きはこちらから”以降は、この邪教を駆逐する十字軍が形成されつつある様子です。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
沖縄投票は圧倒的な辺野古NO この日を境に世界は変わる 上
引用元)
(前略)

安倍政権は、もはや言い逃れのできない「辺野古ノー」の声を沖縄県民から突き付けられた。

(中略)

この民意を黙殺して安倍政権はこれまで通り、抵抗運動を強制排除できるのか。

抵抗する側には「圧倒的な民意」という後ろ盾がハッキリ示されたのだ。力ずくで建設を進めようとする政権側には何もない。今回の投票結果は安倍政権が、ついに基地建設の大義を失ったことを意味する。

(中略)

もし、示された民意と正反対の施策が進められてしまったとしても、(県民投票の)以前と以後では違う世界が待っていると思っている」――。

第160回直木賞を受賞した作家の真藤順丈氏の言葉だ。

(中略)

辺野古問題はきのうで一変。徐々に政権が追い込まれる姿が見えてきた。

(以下略)
————————————————————————
配信元)




» 続きはこちらから

[虚構ネタ]つ、ついにこの時が…

竹下雅敏氏からの情報です。
スクープ!
してやられた虚構新聞。
リプ欄も、ノリノリです!
(まのじ)
————————————————————————
配信元)




沖縄県民投票から一夜明け、安倍政権はこれ見よがしの暴走を続ける 〜 追い詰められているのは無法の官邸側ではないか

 沖縄県民投票の結果、辺野古反対は43万票を超え、圧倒的な民意が示されたと言えます。
 明けて25日、安倍首相は「投票結果を真摯に受け止め」、「基地負担軽減に向けて全力で取り組み」、これからも沖縄県民に「ご理解いただけるよう全力で対話を続け」、よって「引き続き辺野古移設計画を推し進める」という脳が腸捻転を起こしそうな結論を出しました。この日、岩屋防衛相も、3月予定の新区域への土砂投入を前に進めると発表しました。わざわざ投票結果を軽んじるような形でのこれらの記者会見に、この政権の悪辣さがよく表れています。
 そして大手メディアは、何の論評も加えることなく安倍様のコメントを報じますが、ネット上では容赦無く「辺野古が唯一の解決策」という「嘘っぱち」を暴き、その背後に宇部興産や大成建設という「オトモダチ企業」の利権があることや、NHKは「県民投票には法的拘束力が無い」と強調する前に、辺野古埋め立ての法的根拠が無いことを報道すべき、という本来メディアが果たすべき指摘を見ることができます。
 県民投票の圧倒的な結果にも関わらず安倍政権の弾圧は変わらない?
いや、連中が依怙地になればなるほど、窮地に追い詰められているように見えるのです。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)

————————————————————————
安倍首相「真摯に受け止め負担軽減取り組む」 県民投票
引用元)
安倍晋三首相は25日朝、沖縄の県民投票で辺野古埋め立てへの反対票が72・15%にのぼったことについて、「投票の結果を真摯(しんし)に受け止め、これからも基地負担軽減に向けて全力で取り組んで参ります」と記者団に語った。引き続き辺野古移設計画を推し進める姿勢を示した

 首相は「単に辺野古に新たな基地をつくるということではなく、普天間基地を全面返還し、移設するための基地であることもご理解いただきたい」と説明。「日米が普天間基地の全面返還に合意してから20年以上実現されていない。もうこれ以上先送りすることはできない」と語り、「これまでも長年にわたって県民のみなさまと対話を重ねてきたが、これからもご理解をいただけるよう全力で対話を続けていきたいと考えている」と述べた。

————————————————————————
新区域への土砂投入進めると防衛相
引用元)
岩屋毅防衛相は25日、米軍普天間飛行場の移設工事を巡り3月に予定している新区域への土砂投入について「準備が整い次第、一歩ずつ前に進める」と国会内で記者団に述べ、従来方針通り工事を行う意向を示した

» 続きはこちらから

ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 外伝31 ― フランクフルトの秘密会合

 安倍ペテン政権の無脳外交のオカゲで、北方領土と言われてきた場所は完全に「日本固有の領土」とは主張できなくなったラシイ。
 領土や主権が再注目されるようになったわけですが、一般的には国家構成要素は領土、国民、主権とされるようです。しかし、独立国家の構成要素には、本当は「通貨発行権」を正式に加えるべきでしょう。
 国家が通貨を「貿易や産業の需要に合わせて適切な割合で発行」する権利が奪われていたら、名前は独立国家でも主権を奪われていると同義です。逆に名称は植民地でも、そこに領土があり国民が住み、通貨発行権という最も大事な主権があれば実質は独立国家です。
 「ボストン茶会事件」と同年の1773年、フランクフルトで秘密会合がもたれていました。主催者はマイヤー・アムシェル・ロスチャイルド。会合の内容は、全世界のマンパワーと資源を独占的に完全支配するための世界革命計画であり、25の行動計画が示されます。
 その具体的内容は、集ったメンバーの資金をプールして利用し、銀行制度で世界人民の冨と資源を徹底的に収奪するのを中心に置いています。また、そのための行動計画では、あらゆるペテン、虚偽、欺瞞、裏切り、嘘の喧伝のプロパガンダ等、手法は駆使しなければならないとしています。
 現在の日本マスコミによる「嘘の垂れ流し」状態を鑑みても、この秘密会合の内容に沿って、約240年間世界が動かされてきたであろうことを認めざるを得ないのです。
(seiryuu)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 外伝31 ― フランクフルトの秘密会合

初代ロスチャイルドが示した25の行動計画書 ~フランス革命は計画の実現


Wikimedia Commons [Public Domain]

英国の革命の結果として得られた経済成果など、ここに出席された方々からの目的への協力、および入念に練り上げられた改訂(革命)計画の実行について賛同を得られた場合生じるフランス革命で獲得されることになる報酬に比べれば、まるで取るに足りません。」(『闇の世界史』101頁)

このような切り出しで始まったとされる1773年フランクフルトでの秘密会合主催者は当時弱冠30歳のマイヤー・アムシェル・ロスチャイルド世界奴隷完全支配のための世界革命計画の会合です。

『闇の世界史』によると、マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドは秘密会合を次のように続けたとあります。

「マイヤー・ロスチャイルドは自らの革命計画を明かした。自分たちの資産をまとめて巧みに利用すれば、大衆を失業させて飢餓寸前の状態に陥れる経済的悪化状況を生じさせることは可能であり、巧みに練り上げたプロパガンダを利用すれば、その経済的悪状況を、国王、その廷臣、貴族、教会、企業家、雇用者のせいにすることも可能である、と。

また、宣伝者を雇って、浪費やら不道徳行為、不正、虐待、迫害のからむ事件についてあることないことを言いふらさせれば、支配階級に対する憎しみ、復讐心を煽ることができ、汚名を着せるための事件をでっちあげれば、計画全体に干渉しかねない人々の評判を落とすこともできる、と。」

このフランクフルトでの秘密会合については他にも複数の情報源があり、実際にこの世界革命計画の秘密会合はあったと思われます。この秘密会合で12名の参加者に対して、マイヤー・ロスチャイルドは世界革命計画25箇条を示します。そして現実にその後の世界の歴史は、秘密会合で示された世界革命計画25箇条に沿って動いていったのです。

これは秘密会合がもたれた証拠にもなるでしょう。実際にすぐ実現したのは、世界革命計画25箇条の16に「フリーメーソン内部に大東社の創設」とあり、現実に1773年同年に、フランスのフリーメーソンに大東社ロッジ創設が果たされているのです。計画の現実化です。そしてこのフリーメーソンロッジに、大東社が創設された意味は非常に大きいのです。

大東社のシンボル「マリアンヌ像」
Author:Paul Lecreux [CC BY-SA]

もともとフランスのフリーメーソンの主流は、ポジティブなテンプル騎士団のジャコバイト派でした。ところが、この大東社ロッジがフランスのフリーメーソンの主流となって、1789年勃発のフランス革命に繋がったのです。秘密会合の主題が現実となったのです。このことの一部は外伝2で触れています。

さて疑問となるのが、このような世界を揺るがす秘密会合を、当時弱冠30歳のマイヤー・ロスチャイルドがなぜ主催することが出来たのか?です。これについて『ロスチャイルドの密謀』の中で太田龍氏が、その背景としてモーゼス・メンデルスゾーンとヤコブ・フランクの存在を指摘されています。そしてこの太田龍氏の見解はその通りだと思えます。

» 続きはこちらから