2021年11月17日 の記事

キンバリー・ゴーグエンさん(Kimberly Goguen)のインタビュー動画の記事解説の訂正

竹下雅敏氏からの情報です。
 キンバリー・ゴーグエンさん(Kimberly Goguen)のインタビュー動画の記事の解説をしているのですが、2ヶ所、誤りが見つかりましたので訂正します。
 11月13日の記事で、「アヌンナキはシュメール・メソポタミアの神(悪魔)で、母星は牡牛座α星アルデバランの惑星ニビルです」と説明しました。アヌンナキはシュメールの神話から、「惑星ニビル」と結び付けられているのですが、3月11日の記事にある通り、ニビルは「牛飼い座ε星Aイザル」の惑星です。
 しかし、こちらの記事でエレナ・ダナーンは、「1920年代にアルデバラン(おうし座α星)のヒューマノイドETと協力を始めたとされるマリア・オルシックについて」の話の中で、“アヌンナキは見た目が人間に似たグレイです。彼らの言葉では「アヌンナキニ」と言って、それは「人間に似ている」という意味です。…彼らはオリジナルのアヌンナキニではなく、その子孫のコロニーです。彼らはドラコ・レプティリアンの集合体と協力しています”と説明しています。
 このようにアヌンナキは「牡牛座α星アルデバラン」に結び付けられているのです。実はシュメール神話の最高神アン、エンリル、エンキらの恒星系はアルデバランなのですが、紀元前1754年以降の最高神マルドックの恒星系はイザルなのです。
 もう一つの誤りは、「ダムとは、シュメール・メソポタミアの冥界神のこと」と説明したのですが、「ダム」とはpopoちゃんの2020年10月2日の記事に出てきた「DUMB(Deep Underground Military Base : 深層地下軍事基地)」のことである可能性を排除できないでいました。
 ただ記事の中で、「レベル6以下の地下にダムが住み着いている」とあり、この翻訳が正しければ、「DUMB(深層地下軍事基地)」はあり得ません。しかし、記事に出て来るアブラクシスとは、恐らくグノーシス主義の文献に出て来るアブラクサス(Abraxas)のことだろうし、アルデブランはアルデバランのことだろうと思いながら、誤訳の可能性を排除できずにいました。
 そうしたところ、読者の方から「A Hierarchy in Shambles (Kim Goguen – Part 2)」を教えていただきました。この中に、「ここには少なくとも36の他の人種がいるが、彼らは地表の下にいた。彼らは、地下深くの軍事基地(DUMB)で働かされていた」、「彼らのレベルから下のDUMBSをすべて吹き飛ばしたのは、この他の種族だった」と言う記述が見つかりました。
 従って、記事の中に出て来る「レベル 6 以下の地下にダムが住み着いている」と言うのは、“デストロイヤーはレベル 6 以下の地下の「DUMB(深層地下軍事基地)」に住み着いていた”と言うのが、本当なのかもしれません。
 いずれにせよ、誤った解説をしてしまい、申し訳ありませんでした。ただ、「ダム」に関しては完全な誤りではなく、レベル 6 以下の地下の「DUMB(深層地下軍事基地)」に住み着いていたデストロイヤーを支配していたのが、シュメール神話の「冥界神ダム」であったことは事実です。
 デストロイヤーは、先の「A Hierarchy in Shambles」の中に説明があり、「ブラック・マジシャンは、デストロイヤーとも呼ばれ…地球に逃げ込み、非常に長い間、地中深くの非常に低いレベルの平面に身を隠していました」と書かれています。
 10月1日の記事で、コーリー・グッド氏がマヤ人とアンシャールの案内により、南極の基地にいるレプティリアンの様子を見たときに、「マントを羽織った魔術師階級のような者たち」がいたという事でした。彼らが「ブラック・マジシャン」であり、デストロイヤーだと思われます。こうしたマントを着た魔術師のようなレプティリアンを支配していたのが、「冥界神ダム」だったのです。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
11/6-その1 DSと戦っているユニバーサル・カウンシルについて
引用元)
(前略)
地球上にはマンティスやドレイコ(ドラコニアン)以外に36種族の地球外生命体(彼等は人間のゲノムをいじくり人間を操作してきた。)が住み着いておりアヌンナキが地球を完全に支配しているわけではない。アヌンナキはアブラクシスとマンティスという種族とパートナーを結んだ。
(中略)
ドレイコが2016年に地球から追放された後、36種族が地球のレベル6よりも低い層のダム(この意味がわかりません。)を破壊した。そして女王(ユニバーサルカウンシル側?)が地球を統治するようになった。
(中略)
ウクライナの山には悪魔の巨大なポータルがあった。この山を管理し、山の中に生息する悪魔の生命体(アルデブラン)と連携して活動しているのがブラックサン(地下、闇の世界、多元的宇宙を支配している組織)。
(中略)
地球内部に住み着いている地球外生命体の殆どが人類を嫌っている。
(中略)
地球内部は、150万年前に地球戦争で戦ったデストロイヤー(サタンの右腕)が支配している。ルシファーはダークオーバーロードと呼ばれている。デストロイヤーが地球を破壊できないように、UPUユニバーサル・プロテクション・ユニット(宇宙保護部隊)が地表にエネルギーを張ってデストロイヤーを地球内部に閉じ込めた。しかし2019年12月にデストロイヤーは地球内部から逃げ出したためUPUによって殺害された。

周波数の異なる多次元の生命体が地球に住み着いている。なぜなら地球は多次元構造だから。地上には人類がおり、地下のレベル6の層には人類と地球外生命体がいる。レベル6以下の地下にダム(別の地球外生命体?)が住み着いている。

ドレイコはこの地球のロード(領主)だった。独立記念日まではドレイコの配下の者たちは奴隷だった。ドレイコの上にいたのが軍を使っていたアブラクシス。昔、マンティスがテクノロジーを伴ってルシファーに関する取引をした。以降、人類は家畜になった。
(以下略)
————————————————————————
メソポタミア 神様名リスト
引用元)
ダム
別名・別綴り/
性別/男性
守護都市/イシン

【主な役割】
治癒神/豊饒神/冥界神

【神話・資料別エピソード】
ドゥムジ/タンムーズに良く似た属性を持つ神。古代のシュメールでは冬は豊饒の神ダムが冥界へ移り住んだからだと考えられており、ちょうどその時期にティグリス・ユーフラテス川の増水が発生した。エジプトのナイルの増水と異なり、メソポタミアの増水は時に大洪水となって集落を飲み込む恐ろしいものであった。
両親はイシンの守護者ニンイシンナとパビルサク。

●「ダム神挽歌」
冥界へ下ったダムの復活を祈願する歌。「ダム神が鯉の洪水を生んだ」という一節があり、これは冬季に降った雨が川を増水させることを指している。

» 続きはこちらから

ワクチン副作用・ワクチン後遺症に関する重要なポイントと、それぞれの病態についての解説

竹下雅敏氏からの情報です。
 「データ分析屋さんの独り言」さんの一連のツイートが見事で、ワクチン副作用・ワクチン後遺症に関する重要なポイントが網羅されています。しかも、各ツイートではそれぞれの病態についての簡潔な解説があります。
 (3)の「スパイク蛋白が損傷DNAの修復とV(D)J遺伝子再構成を阻害」と言うのが、少し分かりにくいかも知れないので、In Deepさんの記事を貼りつけました。
 “SARS-CoV-2 のスパイクタンパク質がDNA修復を損なう”のだとすれば、癌になりやすくなるという事でしょう。また、“V(D)J 組換えを阻害する”のだとすれば、記事の中で引用されている「自己免疫疾患とワクチン」の抜粋から、多様な抗体の形成や、T細胞による免疫の仕組みに異変が起こり、免疫不全を引き起こす可能性が出て来ることになります。
 こうした事柄に加えて、「血栓」、「成熟リンパ球破壊による免疫低下」、「プリオン病、ヤコブ病、狂牛病」の懸念があるとすれば、トランプ元大統領を含むワクチン推進派の連中は、“ワクチン接種によって人々をゾンビにしようとしている”と見て間違いないでしょう。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)
 
 
 
 

» 続きはこちらから

[Twitter]最後挨拶してるのかっこいいな

ライターからの情報です。
少し長めですが

最後、カッコいい

見れます♪
(メリはち)
————————————————————————
配信元)

長崎県の川棚町石木川で社会見学を行なった小学校教師が理不尽な文書訓告処分 〜 石木川ダム建設を進めたい行政の「報復的」処分か

 長崎県東彼杵郡の川棚町という自然豊かな場所に石木川という小さな川があります。小さな川ですが、100種類以上の生物が生息し、地域の人々は代々美味しいお米を作ってきました。長崎市の小学校の先生が児童を引率して「地域を流れる石木川での希少生物探しや、戦争遺構の見学、ダム建設に反対する住民たちから話を聞くなど」生き生きとした社会見学をされたそうです。美しい日差しの中、子ども達はいい体験ができただろうなと思えました。ところがその報道があった直後、引率した先生が突然に学校長から文書訓告処分を受けました。理由は「子ども達の感想文を学校外に提供した」という理不尽なものでした。子ども達が書いた感想やお礼を地元の人々に渡したことがいけなかったらしい。
しかしそれはこじつけで、真相はダム建設を進めたい長崎県の「報復的な」処分と見られ、引率した先生は「教育行政が教育内容にまで介入することは不当行為なので今後一切やめていただきたい」と処分を不服とする審査請求を起こしました。
 長崎県が進める石木川ダムとは、総工事費353億円を佐世保市民が負担する公共事業で「佐世保市の水の確保」と「川棚川の洪水防止」が目的とされています。ところが給水量が不足するという佐世保市の予測は実測を無視した有り得ないもので、洪水防止もダムが役立つという根拠はなく長崎県知事ですら「石木ダムなしで対処できる」と明言しています。莫大な負担を市民に押し付けてまでダムを作る理由が無いにも関わらず、ダム建設を理由に住民の土地家屋が取り上げられようとしています。
 石木ダム工事差し止め訴訟では一審、二審とも住民側が敗訴しています。10/21福岡高裁の判決では「快適な生活を営む権利などの平穏生存権の内容が抽象的で不明確なため」認めないという、およそ法律家とは思えぬ行政におもねったものでした。土地家屋を強制的に取り上げられることが抽象的でしょうか。
 川棚地域の様々な歴史や自然を知り、住民の方が直面するお話を聞くことは、教科書では学べない有意義な社会勉強になったはずです。長崎市教育委員会は、こうした学びの機会を正しく評価し、子ども達の学びを妨げない判断をしてほしい。メディアも住民の立場に立って、ぜひとも丁寧に報道してほしいと思いました。多くの人々の目が注がれますように。
(まのじ)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
配信元)

» 続きはこちらから

ぴょんぴょんの「利権の御三家 ― その3財政投融資」 ~意図しないことに使われている私たちのお金

しばらくぶりに開けた引き出しは、
黒ごま満載の、ゴキのスイートホームと化していた。
何ごとも、密室にして放っておくとエラいことになる。
今回も、知らないことばかりで苦戦したけど、
開かずの引き出しを開けることで、見えたものはたくさんあった。
(ぴょんぴょん)
————————————————————————
ぴょんぴょんの「利権の御三家 ― その3財政投融資」 ~意図しないことに使われている私たちのお金

財政投融資ってなに?


「特別会計こそ第一の予算であり、財政投融資はそれに次ぐ第二の予算、一般会計は単なるたてまえ予算といっても過言ではないのだ。」

くろちゃん、補助金や特別会計の、利権の話はもう飽きたよ。
もっとおもしろい話ないの?

ほんならば・・突然ですが、クイズ!

ええっ!?

以下の共通点は何か?
「もんじゅ」「原発」「長良川河口堰」「高速道路」「東京湾横断道路」「スーパー林道」「成田空港」「ODA(政府開発援助)」「学生の有利子奨学金」「住宅金融公庫の住宅ローン」。


長良川河口堰
Author:M.Kawai[CC BY-SA]

どれも大きなプロジェクトってこと?

いい線行ってるが、
答えは、財政投融資(ざいせいとうゆうし)を受けたプロジェクト。
IWJ

財政投融資ってなに?

よし! 食いついたな。
財政投融資とは?
「税負担に拠ることなく、国債の一種である財投債の発行などにより調達した資金を財源として、政策的な必要性があるものの、民間では対応が困難な長期・低利の資金供給や大規模・超長期プロジェクトの実施を可能とするための投融資活動です。」(財務省

わあ〜 むずかし〜い!

そうかな、意味は通ってるんだが、じゃ、これならどうだ。
財政投融資とは?
「公共性の高い事業に対して、政府が国のお金を出したり貸したりすることです。」
ベネッセ 教育情報サイト

わかりやすーい!

こっちは、「進研ゼミ」の回答。

財務省も「進研ゼミ」を見習ってほしい。

とにかく、「もんじゅ」や「原発」みたいな大きなプロジェクトには、国がカネを出したり、貸したりしてるってことだ。

もんじゅ
Author:Nife[CC BY-SA]

» 続きはこちらから